★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 31105983

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
bar1
Ponpoko8b蜜蜂
bar2
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 里子のブログ 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new 本物商品だけ!ぽんぽこ笑店 『放知技』データベース


過激なオッサンたちの未来先読みスレ -34-

1:飯山一郎 :

2018/05/07 (Mon) 22:25:35

host:*.dion.ne.jp
極東アジアは,いま,金正恩の主導で歴史的な激動期に突入した.なにしろ何十年も続いた一触即発の冷戦状態を一発で胡散霧消させた『板門店宣言』.次の大問題は(金正恩と文在寅が切望する)アメリカの朝鮮半島からの撤退!それは,(儲かる)冷戦!に固執する米国軍産をトランプが如何に処理するかに懸かっている.さぁどうなる?
665:mespesado :

2018/06/10 (Sun) 11:30:05

host:*.itscom.jp

>>657 伊吹さん

> 外国にばら撒くと日本が豊かになると言う事が実感も理解もできません
> のでご教授頂けたら幸いです。


 この「実感できない」という部分は実は私も同感ですw

 でも海外にばらまくと、なぜか現地の生活者も日本の企業も儲かるという

メカニズムは、最近のてげてげで飯山さんも解説しておられますし、私もか

つてその機序を解説したことがあります↓

http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16340424/263/


 さて、そのメカニズムはともかく、ともかく実感が伴わないのは事実だ、

と仰りたいのですよね?↓


> 今まで外国にばら撒いても日本の庶民の生活は良くなっていません。
> 三橋貴明さんは国内にばら撒かなければ景気や庶民の生活は良くならな
> いと言っています。


 さて、こういう問題は、根源にさかのぼって考察する必要があります。

 経済問題の究極はオカネじゃありません。国民が十分なモノやサービスを

享受できるかどうか、がすべてです。日本では、世の中が供給過多の時代に

移行して久しいのに、未だに供給不足の時代に最適化している「オカネのル

ール」を変更しないために、消費者が十分消費できなくて苦しんでいるので

す。

 そこでこのオカネのルールの変更とは、例えば「財源」などという、通貨

発行権を持つ国家にとっては意味のない概念に縛られることなくオカネをじ

ゃんじゃん刷ってベーシックインカムを支給し、一方の「税金」などは国家

の収入じゃなくて通貨の回収に過ぎないのだから、PB(プライマリーバラ

ンス)など意味のない概念だと悟り、税金などという制度はさっさとやめて

しまって、かわりに超大金持ちがワルサをしないための「強制預り金制度」

に変更してしまう、というのが究極の解決法になると思います。

 でも、こんな国民が素朴に信じているオカネの常識を根本から否定するよ

うな「大改革」は、国民がついていけるはずもないので、時間稼ぎが必要で

す。そのために、現段階では、見かけ上は現在のオカネのルールを変更しな

くてもできる「海外へのオカネのバラマキ」を行うのが次善の手段なのです。

 もちろん、「海外へのオカネのバラマキ」によってまず恩恵を受けるのは

海外に進出する力量を持つ大企業だけです。問題は企業が将来を不安視して

いるために内部留保に勤しみ、従業員に十分還元しないし、仮に還元しても、

今度は消費者が将来の収入に不安を感じるから貯金に勤しむので十分消費し

ない。これが伊吹さんなどが感じている「日本が豊かである実感がない」こ

との正体です。(ちなみに中国などのように、従業員を引き連れて海外進出

しても、その海外進出した従業員に十分給与を還元できないのだから意味が

ありません。むしろ現地の雇用まで奪うのかと海外から非難を受けるだけで、

いいことはありません。)

 要は、(特に日本人がとりわけ将来に対して心配性なのが原因でもあるん

ですが)まずは企業の将来収益が安定するようにすることが、企業に内部留

保をため込もうとするのを防ぐのに必要不可欠で、それには海外での受注を

前年度割れせずに「継続的に」続けることが必須です。そのために、政府は

海外へのバラマキは増やしこそすれ、減らすべきではありません。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.