★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 39010845

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


世界☆一郎会☆連絡用スレッド

1:堺のおっさん:

2019/01/06 (Sun) 15:28:30

host:*.enabler.ne.jp
2018年11月25日に大阪で行われた「飯山一郎氏を送る会」に

大勢の飯山一郎ファンが集いました。

その後、飯山先生の意思を引き継ごうと各地で地方の一郎会を

結成、開催していこうと有志が動いています。

このスレッドは、リアルな交流を通じて飯山一郎氏の業績を

これからの生き方に反映していこうという有志のための連絡スレッドです。

一郎会の開催企画や、参加希望者の連絡用スレッドとしてご利用ください。

宜しくお願いいたします。
111:hhhfhfjjf :

2019/09/29 (Sun) 18:13:53

host:*.darknet.dev
tps://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12249030107.html
安倍晋三首相が、トランプ大統領に、取り入るために、
明日11日(アメリカでは10日)に、持って行く日本からの資金は、
なんと4500億ドル(51兆円)だそうだ。gdggd
110:亀さん:

2019/09/27 (Fri) 00:32:44

host:*.t-com.ne.jp
>>109

「川上遥かとJINMO展」にも参加された由、よかったですね。彼の音楽は本物です…、と書いても、「歌を歌わせれば本職の落語家すらも腹を抱えて笑う」という小生なので、眉唾もんだな…(爆) ともあれ、ウオッチャーさんの域には、トテモトテモ達しませんwww

ところで、11月10日のミニ東京一郎会、今も続々と申し込みが来ています。モー、あの池袋の会議室でミニ集会を開催することに決定です。

ミニ東京一郎会に参加を申し込んでいただいた皆様、一人一人に必ずメールを受信した旨の返信を出していますので、万一届かない象という方がおられたら、再度小生宛てにメールしてください。よろしくお願いいたします。今のところ、参加申込の締め切りは10月31日一杯です(20名の定員に達したら、途中でも締め切る予定)。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
109:猿都瑠 :

2019/09/26 (Thu) 23:43:41

host:*.au-net.ne.jp
まほろば会の当日に本人に直接宣言してJINNMO氏の「精神核」を入手。

まだ届いていないし、聞いてもいませんが(-_-;)

まほろば会の翌翌日に。

今日からJINMOギャラリーで始まりました”川上遥かとJINMO展”。
オープニングイベントが20:00からありました。
JINMOが演奏し、遥かが音に反応して絵を描きました。

これにも参加。

漆作家の山岸さんと天童さんに挟まれて、静かに撮影。

貴重な時間を過ごすことが出来ました。
108:亀さん:

2019/09/22 (Sun) 02:19:34

host:*.t-com.ne.jp
>>106

vagabundo1431さんも過去、何度も山浦さんの話に耳を傾けたものと思います。ともあれ、もっと多くのお話をお聞きしたかっただけに、残念でなりません。今後は拙ブログに山浦さんからお聞きした裏史、幸い記録に残してあるので、今後は支障のない範囲で記事にしていく所存です。日本の為ということもあり、公開を山浦さんも許してくれることでしょう。


>>107

> 亀さん長男氏

そうですか、バカ息子も参加した…、知りませんでしたwww


> 新まほろば会始動。

あと数年で小生、まほろば会や東京一郎会から身を引きます。そのあたりは、拙稿「美に生きる」に書いた通り。
__________
飯山さんは古希を過ぎたあたりから隠居生活に入ったし、古希の天童さんも間もなく引退生活に入る。お二人の先達を見倣うわけではないが、小生も前々から同様なことを考えており、あと3年したら、まほろば会や東京一郎会から身を引く。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1714.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というワケで、猿都瑠さん、

> 燃える放知技初心者とおっさん達のスレでも立ち上げましょうか?(笑)

お任せしますので、宜しくお願い致します!



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
107:猿都瑠 :

2019/09/21 (Sat) 23:07:24

host:*.au-net.ne.jp
新まほろば会始動。

本日、亀さん長男氏と一郎会参加者二名で参加して参りました。

場所を変えての新たな始動。

更に活動的になると思われます。

参加者の方々から、放知技に書き込むハードルが高いとのご意見。

燃える放知技初心者とおっさん達のスレでも立ち上げましょうか?(笑)
106:vagabundo1431 :

2019/09/21 (Sat) 22:45:51

host:*.au-net.ne.jp

>>105

Sr.Tortuga

そうですか。天童さんからもうダメと伺ってはいましたが・・・。これも時代の移り変わり
ですかね。

合掌
105:亀さん:

2019/09/19 (Thu) 18:48:57

host:*.t-com.ne.jp
★まほろば会

今月21日の開催予定の「まほろば会」、今回より会場が変更になりました。新しい場所は銀座になりますが、場所が非常に分かりにくいとのことで、天童さんが地図を作成してくれるとのことです。現在、二名の方から私信で明後日参加するというメールが届いていますので、お二方には地図が届き次第メールで送ります。その他にも参加してみたいという方がおられましたら、小生宛てに私信でメールしてください。折り返し地図を添付して返信いたします。

開始時間は午後三時からです。


亀さん拝
104:亀さん:

2019/09/18 (Wed) 03:02:53

host:*.t-com.ne.jp
その後もミニ東京一郎会への参加申込が小生宛てに届いています。当初は数名ていどと予想していたので、ルノアールあたりを会場にすればE-だろうと思っていましたが、思っていたより参加者が増え出しましたので、民間の会議室を借りるかどうか、検討中です。

予定ですが、午前10時に参加者にメールした会場(喫茶店か民間の会議室)に直接お越しください。会場お知らせのメールは11月に入ってから送信します。三時間ほどsuyapさんの話に耳を傾けた後、午後一時から夕方(または深夜)まで、池袋界隈の飲み屋を何件か梯子するという、前回の東京一郎会と同じスタイルになります。

参加者がさらに増えた場合、喫茶店でなく民間の会議室にしたいと思いますが、会議室といっても20名も入れば一杯なので、今回のミニ東京一郎会、20名に達したら締め切らせていただきますので、予めご了解願います。

※ 一部の参加申込メールが、何故か「迷惑メール」のフォルダに入っていました。よって、参加を申し込まれた方には、小生から必ず受信した旨の返信を送っていますので、万一メールが届かないという場合、削除してしまった可能性大です。その場合、申し訳ありませんが、参加申込の再送信をお願いいたします。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
103:亀さん:

2019/09/15 (Sun) 14:43:14

host:*.t-com.ne.jp
>>101

今日発行の『みち』の校正をしていました。相変わらず公望さん、訂正箇所が多いwww

ところで、天童さんから回答があり、11月10日(日)に参加するそうです。朝から酒を酌み交わしつつ、楽しい一日にしませう!



亀さん@人生は冥土までの暇潰し

【追伸】
今日発行の『みち』で、プロのミュージシャンであるJINMOさんの記事、実に興味深かった…。御母堂が臨死体験をしたことは前号あたりでJINMOさん書いていましたが、ナント! 本人も同体験をした、というようなニュアンスの行があり、ビックリ仰天ですwww
102:亀さん:

2019/09/14 (Sat) 02:49:33

host:*.t-com.ne.jp
>>101

suyapさん、先々月の東京一郎会は、実に〝小生らしい会合〟でした。昼間から酒は酌み交わすわ、(特に夜の帝王こと堺のYさんから)スケベーな話が飛び交うわで、初めて参加した人たちは腰を抜かしたんではと、今でも心を痛めています…(爆)

> 上野のパンダ

男パンダが飯山さんなら、女パンダはsuyapさんだと、小生はかねがね思っていました。まぁ、あまり構えることもなく、気軽にヤップ島のことをお話しください。それもなるべく会合の前半でお願いします。そうしないと、皆さん酔いが回って、全く予想をしていなかった話題に展開するのは必定…(大爆)

まぁ、日本滞在の良い(悪い???)土産話になるんではないでしょうか。当日はよろしくお願いいたします。会場や時間は後に参加を申し込んだ方々に、11月に入ったら私信でお知らせします。天童さんもドーセ暇だろうから、声をかけてみます(笑)



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
101:suyap :

2019/09/13 (Fri) 19:24:40

host:5.62.22.147

>>99 亀さん

ご提案ならびにお声かけありがとうございます。

このところ、放知技が開けないことが多く(新しいVPN入れたせいかも)

反応が遅くなりごめんなさい。

上野のパンダほどカワユクないし、芸もないので、みなさん、あまり期待しない

でね。石貨の話とミクロネシアの伝統カヌーについては、ちょっとご説明できま

すが(汗)

おカネだけじゃカタがつかない暮らしも良いもんだにゃ~と...ワケワカメ

100:亀さん:

2019/09/13 (Fri) 04:57:22

host:*.t-com.ne.jp
>>99

早速、電話での問い合わせや参加申込のメールがありました。締め切りを10月31日としましたが、参加者が多くなりそうだったら、締め切りを早めるかもしれません。その場合はご容赦のほどwww



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
99:亀さん:

2019/09/12 (Thu) 02:22:59

host:*.t-com.ne.jp
★ミニ東京一郎会のお知らせ★

ヤップ島に永住(??)しているsuyapさんが一時帰国します。
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16675542/800/

よって、11月10日(日)に、東京の池袋でミニ東京一郎会を開催します。天童竺丸さんに声をかける他、suyapさんと石幣について熱論を交わしたい方、ヤップ島に関心のある方は御参加ください。なを、参加を希望する方は小生のGメール宛てにご連絡ください。小人数であればルノアールといった静かな喫茶店、大人数になった場合は七月に使用した民間の会議室を利用する予定です。取り敢えず、参加申込の締め切りは、会場確保の都合で10月31日(木)の20:00p.m.までとさせていただきます。


ちなみに、suyapさんは翌日の11日(月)にヤップ島に帰国します。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
98:亀さん:

2019/08/27 (Tue) 06:28:15

host:*.t-com.ne.jp
本スレを個人的な連絡に使用して申し訳ありません。

多分、過日の東北一郎会でお会いした方、あるいは東京一郎会でお会いした方だと思いますが、小生のことを天童竺丸さんと勘違いしているのか、天童さん宛てのメールや電話が小生宛てに入っていました。多分、小生の電話番号とメルアドを間違えて登録したものと思われますので、お手数ですが再度確認の上、天童さん宛てにメールなり電話をしてください。

なお、最近は携帯を机の引き出しに入れっぱなしのため、携帯を確認するのは週に一~二回度程度です。よって、確実なのは、常に留守番モードにしている拙宅の固定電話にメッセージを入れていただくか、メールを送ってください。なお、固定電話にメッセージが入っていないのは、すべて勧誘電話として無視しています。



毎日毎日100通を超えるスパムメールが届いている亀さん@人生は冥土までの暇潰し
97:WARNING :

2019/08/17 (Sat) 21:55:17

host:*.emeraldonion.org
FC2 暴力団 フロント企業
96:加計呂麻島より :

2019/08/17 (Sat) 18:34:03

host:*.ocn.ne.jp
堺の先生へ

このたび仙台に
皆様が自由無料にお使い出来る
空間 openn 致し候でしたのが

https://ozigi.info/
見て頂けると
掛け軸かけ候でした。
実は私は東アジア・日本史には
あまり縁なく候ですが、その掛け軸は
魯迅先生の知己を得る事
人生最高の幸なり、なる意なる書でした。

国益国籍
確かにそれで時代は推移する
んでしょうが

情報・通貨、共に
想定外外々な変化遂げるのでは
と思い候です


その時
共通通貨、これ如何
でしょうか


私はこのような場所
open しえたので
中国の方、ロシアの方、半島の方
国益立場を超え
この場所で自由交流して頂き
飯山先生の自由闊達なTension
継承する場所になればと
思っておりました 。
95:はぐらめい:

2019/08/17 (Sat) 07:28:30

host:*.omn.ne.jp
>>94

亀さん、拙文お読みいただいてありがとうございます。

まずもって、

>安倍昭恵さんのことを、「平成の瀬織津姫」

ということでそのリンク先に行ってみたら、
そこにあったのは安倍昭恵さんではなくて、野間健氏で驚きました。
(安倍昭恵さんはこっち→http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-883.html?sp
野間氏がごく親しい友人であることを任さんから告げられてきたところでしたから。
亀さん流八艘飛びのなせる技にあらためて驚嘆。
おかげで読み応えのある野間氏の文章に接することができました。
なんとかまた任さんとお会いしたいと思いました。
秋に赤湯温泉においでになるかもしれません。
その時にはここでお知らせするようにします。

大阪の会合で遠くからお顔を拝見しただけの野崎晃市博士を思いつつ大連の街を通り過ぎてきました。
何と言っても満州の空気を吸ってきたことがうれしかったです。
親しい土地に思えました。

亀さんのご指摘で、
我々の先輩による白頭山天池への御神璽鎮斎が
第19師団の全面協力のもとに挙行されたことをあらためて認識させられました。
いつも行き当たりばったりの私で、
行って帰ってそれから振り返って自分の行動の意味がおぼろげながらわかってくる
というパターンの繰りかえし、まさに今回もそれで、
亀さんからいただいたいろんな情報、ほんとうにありがたいです。
今西さんの名前が出てきたのも驚きです。
今西さんと梅棹さんたちの「白頭山探検記」、
だいぶ前に手に入れたのですが、まさか自分が行くことはあるまいと思って
今は手元にありません。返してもらうことにします。

天童さんと安西さんはかねてよりひとかたならぬ敬意をはらっている方です。
亀さんを通してだんだんお近づきになれそうでうれしいです。
まほろば会に参加の機会を狙っています。その節はよろしくお願いします。

94:亀さん:

2019/08/17 (Sat) 04:06:39

host:*.t-com.ne.jp
はぐらめいさん、ご無沙汰しております。東北一郎会では大変お世話になりました。

さて、玉稿「長白山行」シリーズ計12本を読ませていただきました。
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2019-07-31

大連には野崎晃市博士が住んでおられますが、その大連に立ち寄り、二百三高地所縁の地を訪れた由、羨ましく思いました。そして、白頭山にも登られたとのこと、小生も一度は登ってみたいと思っていた山です。白頭山と言えば、民族派ジャーナリストの山浦義久さんが、白頭山について多様な角度で語っておられたのを思い出します。たとえば、以下のような発言…
__________
朝鮮の白頭山を護っているウリ集団。白頭山が噴火した時、石が十和田湖まで飛んだ。その十和田湖から持ってきた祠(道祖神)が、今日の白頭山の山頂に飾ってある。白頭山は神聖な御山である。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________
現在の国土交通省の前身は内務省であるが、その一局に台湾、朝鮮などを管轄としていた土木建設局があった。当時の吉田茂は内務省が解体されるのを事前に察知、吉田の甥っ子の白石宗城を使ってパシコンを設立させた。そのパシコンをバックアップしていたのが白洲次郎であった。これにより、パシコンの背後に控えていたのが、英国であることが一目瞭然である。なお、白石は新日本窒素肥料(チッソ)社長を歴任している。
嘗ての第19師団は北鮮の白頭山信仰を研究するセクションであった。これはパシコンの白石が関係していた。このあたりを知るには、小説であるが柳広司の著した『ダブル・ジョーカー』(角川書店)が面白い。
白頭山信仰に繋がる「シベリア・シャーマニズム」を研究していたのが今西錦司、梅棹忠夫らであった。従って、今西らは大本教に関係していた。すなわち、パシコンが絡んでいた。
パシコンと繋がりのある安藤忠雄が山梨県竜王町で開発を進めている。表向きは高麗の里開発。しかし、裏では神世界に関係? ここで、中韓国境の延吉(中国・吉林省東部・延辺朝鮮族自治州の州都)に迎賓館ホテルがあるが、このホテルを設計したのが安藤忠雄である。安藤忠雄は白頭山信仰に造詣が深い。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________
飯山一郎氏、マヨ氏、亀山は、邪馬台国は遼東半島にあったと主張するが、違う。また、関西でも九州でもない。真の邪馬台国は秋田にあった。秋田と北朝鮮の白頭山は深く繋がっているのである。(栗原茂氏も山浦氏の秋田説に同意)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

また、シリーズ後半で瀬織津姫について言及されていますが、道友の安西正鷹さんが安倍昭恵さんのことを、「平成の瀬織津姫」と高く評価していたことがあり、そのあたりは少し拙ブログにも書きました。
http://toneri2672.blog.fc2.com/category11-7.html

瀬織津姫、まほろば会で天童竺丸さんが大祓詞を奏上する際、登場するので以前から関心がありました。その意味で、はぐらめいさんと天童さん、そして安西さんは多くを語り合えるように思います。

次は、どのような旅行記が登場するのか、今から楽しみにしております。ありがとうございました。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
93:堺のおっさん :

2019/08/14 (Wed) 21:09:07

host:*.spmode.ne.jp

加計呂麻島よりさん

オープンおめでとうございます。

次回の東北一郎会の会場を作っていただき

誠に感謝にたえません。

その際は、駆けつけたいと。

よろしくお願いいたします。
92:加計呂麻島より :

2019/08/14 (Wed) 18:03:58

host:*.ocn.ne.jp
飯山先生
ご一門の皆様
ご健勝の事と察します。

さて私事ご連絡
今月、ご一門の皆様方
来仙の折、気軽に集えし処
になればと、こちらを
https://ozigi.info/
open 致しました

当然然々無料にて
お料理は出ませんが
金々Beerなどは冷やしてます

ぜひ御来仙の折は
お立ちより下さいませ!
でした 。


91:猿都瑠 :

2019/07/27 (Sat) 01:36:38

host:*.eonet.ne.jp
>>90

ままりんさん。

まほろば会、是非行きましょう(笑)

野崎博士とメッさんと亀さんと一緒に天童さんにお会いした時に、東京に来てる癖に来ないんだよって言われたので(爆)

残りの回数も多くないので、出来るだけ参加したいと思っています。

何よりも東京一郎会の話題の中で、ままりんさんの占めるウエイトが非常に大きかったので、自分もお会いしたいのですよ(笑)

翌日は東京ミニ一郎会をするも良しと思っていますので、是非是非是非~~~
90:ままりん :

2019/07/26 (Fri) 23:25:37

host:*.infoweb.ne.jp
>そして、>>84で八戸のマタタビさんが仰せのように、初参加したお姐さんたちも、
>飯能の高倉健(西洋のアラン・ドロン)を目の前にして、ウットリしていたに違いありません- ( ̄^ ̄)キパッ 

えっ??? (・_・ 三・_・)キョロキョロ

寅さんといううわさは耳にはさんだような・・・ ( ̄ω ̄) ハテ?

((-ω-。)(。-ω-))イエイエ あたくしの記憶違いですね、アラン・ドロンさま (˙꒳˙* ) ✧

・・・ありがとうございます。ここを読んで、大分気が楽になりました( ̄▽ ̄)=3。

>飯能の高倉健を見に来るだけでも、参加するだけの価値がありますんで、次回は是非!!

ありがとうございますm(_ _)m。実は八戸のマタタビさまの
書き込みにあった『JINMOさんの物質や肉体だけではなく精神にDNAが発見される時』、
あたくし、すんなり納得で、是非お話を拝聴致したく思っています。

天童さまは雲の上の人と感じてしまいます。お花畑から片足抜け出したくらいのときに
黒い貴族の記事読んで「はっ???∑(OωO; )」と、本当に、頭を金づちでゴ~ンと
叩かれたような衝撃を受けたこと、忘れられません。
なので、と~~~くからお姿拝見出来たら、とてもうれしいです !|ू・ω・` )
89:亀さん:

2019/07/26 (Fri) 16:15:38

host:*.t-com.ne.jp
>>88

先ほど、別件で天童さんと電話で少し話をしました。先週末に参加された皆様に宜しくとのことです。また、一部の方がまほろば会に参加したいので頼むと伝えたところ、大歓迎とのことでした。小生の場合、直前になってみないと分かりません。すべて、海外のお姉ちゃん次第デス。

> 天道さん

天童よりも天道の方がE-鴨…(爆) 小生の場合は亀さんではなく、神さんと今度は呼んでくださいね!

冗談はともかく、彼はそうしたことは全く気にしない方なので大丈夫です。それよりも、堺のYさんに伝授された女性を口説く術、来年再会するまでに幾度か試してみると良いかもしれません。小生も早速昨日新婚ホヤホヤの看護婦さんに試してみましたwww 堺のYさんは流石にその道のプロフェッショナルです!!!



モー呑んでいる亀さん@人生は冥土までの暇潰し
88:八戸のマタタビ :

2019/07/25 (Thu) 18:15:14

host:*.bbtec.net
 いつも放知技に書き込む時はプレビューを見て何回か文章を直してから投稿していたのですが、今回はとても疲れていて直さずにそのまま投稿してしまい今改めて読み直して細かな書き間違いはともかく天童竺丸さんの名前を間違えて書いてしまい本当に申し訳ございませんでした。

 そして天童さんが「これからは大激変の時代が来る。大激変ということは何かを失うということ。最近不可解な痛ましい事件が多くなってきているのも大激変の時代が始まっている表れなんだ。だからあなた達も何かを失うかもしれないという覚悟をもって生きていってほしい」とおしゃっていたことを書き足したいと思っていたのでここで書き込ませていただきます。
87:亀さん:

2019/07/25 (Thu) 03:53:45

host:*.t-com.ne.jp
先週の東京一郎会で話題に出た、乳酸菌農業関連のHP作成に取り掛かったのですが、最後にHPを作成したのが15年前、大分作り方を忘れているようで、以下は15年前、最後に作ったHP… 
http://www.nextftp.com/tamailab/

完成したら、「乳酸菌・アミノ酸農業を語る」スレに発表しますので、もうしばらくお待ちください。

>>96 vagabundo1431さん

> 今回初めて「みち」と「一郎会」が合体。

飯山さんが亡くなった当日、『みち』をテキストに飯山さんが講義をしている様子を撮った、野崎博士のビデオを今でも思い出しますね。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1639.html

あっ、それから、たびたび小生の携帯にメールや電話をしてくれていたこと、帰宅して気が付きました。申し訳ない…^^;


>>85 八戸のマタタビさん

はるばる青森からお疲れ様。

> JINMOさんの物質や肉体だけではなく精神にDNAが発見される時が
> 間もなく来る、そしてXである新たなる核、DNAが見つかるだろう
> という話に圧倒されました。

ウォッチャーさんに声をかけましたが、結局、JINMOさんと引き合わせるつうプランが、実現に至らなかったのは残念でした。二人に共通するのは音楽だけではなく、恐山もあります。秋ごろに恐山にウォッチャーさんと行きますので、JINMOさんの云う精神核について酒を酌み交わしながら大いに語り合いましょう。
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16074479/249/


>>84:ままりんさん

> 私も、まほろば会と、もちろん一郎会、参加してみたいですが、
> きっと聞いても話についていけないと思うんですよねぇ・・・( ᵕ_ᵕ̩̩ )。
>
> でも、端っこでお話聞いてみたいなぁ、とも思っております。
>
> その節はどうぞ宜しくお願い致します <(_ _)>。

先週初参加された幾人かの人たちも、小生宛ての私信で同じようなことを書いていました。「(放知技は)敷居が高い」と感じていたので、顔を出すのに大変な勇気が要ったと…。しかし、実際に顔を出してみて、昼間から酒を酌み交わすわ、スケベーな話題が飛び交うわで、別の意味で皆さん驚くと同時に、心底リラックスできたんじゃなんかと…

そして、>>84で八戸のマタタビさんが仰せのように、初参加したお姐さんたちも、飯能の高倉健(西洋のアラン・ドロン)を目の前にして、ウットリしていたに違いありません- ( ̄^ ̄)キパッ 飯能の高倉健を見に来るだけでも、参加するだけの価値がありますんで、次回は是非!!



飯能の健さんこと亀さん@人生は冥土までの暇潰し
86:vagabundo1431 :

2019/07/25 (Thu) 01:58:54

host:*.au-net.ne.jp

先日の東京一郎会。久しぶりに楽しい一時を過ごさせていただき、関係された諸先輩方
全てに感謝します。皆様の探求心には脱帽あるのみで、小生など自身の未熟さを露呈し
ただけでした。

また、今回初めて「みち」と「一郎会」が合体。これも必然でしたね亀さん。

今後もこの「ご縁」を大切にして行きたいと思います。


85:八戸のマタタビ :

2019/07/25 (Thu) 00:49:19

host:*.bbtec.net

 亀さん まほろば会、東京一郎会に参加された皆様この度は本当に貴重な出会いをありがというございました。

 本当はすぐにでも書き込みたかったのですが遅れてしまい申し訳ございません。

 初日のまほろば会では亀さんも取り上げていた安西さんの話とともに、JINMOさんの物質や肉体だけではなく精神にDNAが発見される時が間もなく来る、そしてXである新たなる核、DNAが見つかるだろうという話に圧倒されました。

 2次会のコーヒーショップと3次会の居酒屋で天童さんの話をじっくりと聞くことができました。

 天道さんがおしゃった「日本は神国なんだ」「外から日本に来ても三代目からは完全に日本人になってしまうんだ」「日本人は昔から相手を完全に滅ばさずに談合して共存していたんだ」と天道さんが熱く語ってくれた話に感動して目が潤みました。

 そして天道さんが初音ミクの話題をだすなど話の幅広さと柔軟さに保守の凄まじさを実感しました。

 浜松の農業王さんの飯山さんの遺志を実現させていきたいとエネルギッシュに語る姿はとても頼もしかったです。

 2日目の東京一郎会の3次会の喫茶店では待望の堺のYさんのスケベ話を特等席で堪能させてもらったばかりかYさんのスイス製の計算機の営業でのたいへんだった経験を交えて私に女性を口説くコツを教えてくださり本当にありがとうございました。

 新幹線に乗るために先に帰ることになった時参加者全員と握手をして天道さんから「あなたは話さなくてもみんなあなたのことを分かってますから」と言ってくださり感動しました。

 そして一緒のタイミングで帰ることになり池袋駅で熱い握手を交わしたvagabundo1431さん、この2日間舎弟気分を味わせてくれて嬉しかった猿都瑠さん、mespesadoさんをはじめ参加された方が一人でも欠けたら天道さんがおしゃられていた「特別な縁で結ばれた特別な会」は成立しなかったのだと思います。

 天道さんが素晴らしいメンバーが揃ったことに亀さんに「亀さんの人徳だね」とおしゃってましたが本当に楽しくかつ学びになった東京一郎会を主催してくださった飯能の高倉健もしくは上原謙の亀さん。本当に本当にありがとうございました。

 そして皆さんをつなぐ縁となっている飯山一郎さんに心から感謝を申し上げます。
84:ままりん :

2019/07/24 (Wed) 12:09:40

host:*.infoweb.ne.jp
>>81 お兄様
いつもありがとうございます m(_ _)m。

>このあたりの詳細は、「乳酸菌協会」あるいは「乳酸菌農業ネットワーク」とでも名付けで、
>近くホームページの作成に着手しますのでご期待下さい。

おお~っ゚・♪*:.。☆..。.:*・'(*゚▽゚*)'*・゜゚・♪*:.。☆..。.、すばらしいっ ٩ (*^▽^*)۶!
きっと、EG様も喜んで応援してくれることと思います ♡ (*´꒳`*)。

賢明な放知技読者には、別に目新しくも何ともない話だと思いますが、
世界の中で日本だけ、農薬、医薬品、水道中の塩素などの化学合成物質漬けで
その量と種類はまさに異常であります。

自分で摂取する大人はE~(つ~かしょうがない)として、
やはり、日本の将来を背負って立つ子供や若者のことが心配です。

農薬のない、安心でおいしい食品(もちろん、ホ free)を食べて欲しいです。

なので、乳酸菌農業ほど大切な仕事はないと思います (๑˃̵ᴗ˂̵)و。☆.:*・'。

>特に女性の参加者の皆さんは、ままりんさんのフェイスマークが大変気に入っていた様子…、
>たとえば、♪q( ̄ー ̄q) ♪ q( ̄ー ̄q) ♪ q( ̄ー ̄q)!

ありがとうございます <(_ _)>。これは何かの
お祝いのときの踊り子さんたちだったでしょうか。    (「女子だったのか・・・(ー ー;)」 by読者)

私も、まほろば会と、もちろん一郎会、参加してみたいですが、
きっと聞いても話についていけないと思うんですよねぇ・・・( ᵕ_ᵕ̩̩ )。

でも、端っこでお話聞いてみたいなぁ、とも思っております。

その節はどうぞ宜しくお願い致します <(_ _)>。
83:亀さん:

2019/07/24 (Wed) 03:30:36

host:*.t-com.ne.jp
>>82

浜松の農業王さん、今回はお会いできて嬉しく思います。そして、乳酸菌農業に関する数々の貴重なお話ありがとうございました。それから…

> 疑問等があれば、何時でもご連絡下さい。

多謝!!

なお、乳酸菌農業に関しては、堺のおっさんが立ち上げた「乳酸菌・アミノ酸農業を語る」というスレッドがありますので、浜松の農業王さんに質問等がある読者は、今後は以下のスレでお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=16049325

それではヨロシク!!



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
82:浜松の農業王 :

2019/07/23 (Tue) 16:05:06

host:*.ocn.ne.jp
21日の参加者の皆様、お疲れさまでした。
私が出しゃばり過ぎたせいで、他の皆様にご迷惑をお掛けしたことをこの場を借りて・・・。
あと、二次会の途中で逃走したことをw
申し訳ございません。
今回の乳酸菌農業の前に、乳酸菌についての知識や情報が少ないと思います。
正直、当日はビックリしました。
ある程度のヒントになるような情報をお伝えしたと思いますが、あとは参加者の皆様が個々に努力や疑問を持ちながら行えば、必ず良い結果が出てきます。
もっと短く説明をすれば、乳酸菌はただの微生物。
難しいものではなく、実は私たちの周りにいる身近な生き物。
とだけ、シツコク説明w

疑問等があれば、何時でもご連絡下さい。
81:亀さん:

2019/07/22 (Mon) 10:30:11

host:*.t-com.ne.jp
まほろば会と東京一郎会に参加された皆様、二日間にわたり、有難うございました。

初日の安西さんによる「新紙幣の肖像に秘められたサインを読み解く」は、大変刺激的な講演だったと思います。当日配布された資料に一通り目を通せば、ユニテリアンと新紙幣との深い繫がりが、一層良くお分かりいただけると思います。

まほろば会の後はコーヒーショップでは互いに語り合いを楽しみ、それから居酒屋で数時間にわたって互いの交流を深めたのですが、これが翌日の東京一郎会で思わぬ効果を発揮しました。

効果というのは、初日に初対面の〝儀式〟を済ませていたこともあり、静岡から駆けつけてくれた浜松の農業王さんを中心に、乳酸菌農業の話題で大変盛り上がったことで、殊に、参加者の一人がインタビュアの形で、浜松の農業王さんから貴重な情報の数々を引き出してくれたのは有難かったです。後にご本人は小生に「一人だけ出しゃばって申し訳ない」とヒッソリと言っていましたが、「豚でもない、お陰様で大盛況の一郎会になりました」と伝えたほどです。このあたりの詳細は、「乳酸菌協会」あるいは「乳酸菌農業ネットワーク」とでも名付けで、近くホームページの作成に着手しますのでご期待下さい。日本はもとより、世界に散らばる乳酸菌農業の実践者の横の繋がりとして、そして次世代の人たち、たとえば堺のおっさんの御子息といった、明日の日本の乳酸菌農業を背負う若い人たちへの、冥土の土産になればと思います。野崎博士の朋友も協力してくれることになり、日本語版と並行して中国版も作成していきます。英語版は、時間があれば小生が進めますが、場合によっては英語を母語とする友人に依頼するかもしれません。翻訳といえば、ままりんさんのことも話題に上り、特に女性の参加者の皆さんは、ままりんさんのフェイスマークが大変気に入っていた様子…、たとえば、♪q( ̄ー ̄q) ♪ q( ̄ー ̄q) ♪ q( ̄ー ̄q)!

話が乳酸菌農業の話題で、あまりにも〝盛り上がり過ぎた〟ので、天童さんが「亀さん、交通整理をしてくれ!」と苦言を呈していたほどでしたが、小生は「なぁに、これでE-んです。お通夜のような集いよりはマシ」と言い返しています。最初は、乳酸菌農業→ツラン→堺のYさんによる締め(締めくくりのトリ)を考えていたのですが、今回は天童さんを中心とするツランについての語り合いは割愛となりました。したがって、ツランについては次の機会を待ちたいと思います。でも、最後はもったいないので、東京まで足を運んでいただいた堺のYさんに、締めくくりをやっていただきました。本当に有難うございしまた!

ともあれ、最初は「いかにして皆さんに発言してもらうか」、「乳酸菌農業とツランが呆気なく終わってしまったら、余る時間でメスさんの尻を叩いてメスペサド理論を語ってもらったり、堺のYさんに〝体験談〟をもとに、どのように場を盛り上げてもらうか」といったことを、事前にアレコレ考えて当日の会合に臨んだのですが、そうした心配は全く無用でした。そのお蔭で、小生は黙ってビール、ではなくてコーヒーを静かに飲んでいるだけで済んだのは有難かったです。だから、これほど楽な集いはホント、初めてwww これも、皆様の活発な諸発言のお蔭です。この場を借りて改めて御礼申し上げます。

また、両日とも座った姿勢から立ち上がる際に脂汗をかくほど、まほろば会の前日にヨガの無理なポーズをやって痛めた腰、どうにか両日をやり過ごすことが出来、安堵しています。

なを、来年は7月18日のまほろば会、翌日の東京一郎会を挙行すると書きましたが、オリンピックのことをすっかり失念しており、ホテルの予約が難しくなり、加えてオリンピック関連の警備が厳しくなるということで、恒例のまほろば会の開催が未定であると天童さんに聞き及んでいます。したがって、七月のまほろば会と東京一郎会の開催は、取り敢えずペンディングとさせていただきます。来年の東京一郎会の最終的な日程が決まり次第、皆様に新しい日程をお知らせいたしますので、もう暫く(来年あたりまで)お待ち願います。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し

【追伸】
今後開催予定のまほろば会に参加してみたいという読者がおられましたら、小生宛てにメールしてください。小生も一緒に参加するように努めます。ご参考までに、今年のスケジュールは今のところ以下のとおり。
9/21(土)
10/19(土)
11/16(土)または11/23(土)
12/21(土)

なを、諸事情により、来年以降のまほろば会は開催されない可能性大です。したがって、今年がまほろば会に参加する最後のチャンスとなるかもしれません。
80:4989 :

2019/07/20 (Sat) 13:17:02

host:*.ocn.ne.jp
>>79
あっという間だったような長かったような。
ぽっかり空いた穴を埋めることは難しいです。
3.11の後、ここを訪れるようになって色んなことを学びました。

何も出来ない凡人ですが、我が国が良い方向に向かうことを願ってやみません。

ずっと気になってるのですが、
グルンバエンジンの技術は失われていくんでしょうか?

79:堺のおっさん:

2019/07/19 (Fri) 20:29:21

host:*.enabler.ne.jp

故飯山一郎氏の1周忌というのでしょうか。

急逝されてからあと数時間で丸一年が経つ。

読者の皆様。

飯山一郎氏の存在は巨大で…

飯山一郎氏のチャンネルはあまりに多すぎて…

その全体像を知るのは不可能。

とりわけグルンバの活用法においては

巷間イメージされているようなものではなかった。


さて、私の知っている飯山一郎氏は私の器の範囲であり、

その一面に過ぎないことを

あらためて思い知らされる。

それでいいのだが、

それでは飯山一郎氏と縁を結んだ意味が薄れる。

答えの出ないまま一年が経とうとしているが、

答えらしきものにたどり着くにはまだまだ時間が必要だ。

はや一年か…

しかし、急ぐ必要もないだろう。

静かにそれぞれの時をお迎えください。
78:vagabundo1431 :

2019/07/19 (Fri) 07:55:27

host:*.au-net.ne.jp

>>76

Sr.tortuga

なるほど。もう一人加えてください。「バカボンのパパ」です(笑)


77:亀さん:

2019/07/19 (Fri) 03:06:47

host:*.t-com.ne.jp
>>76

> 腹巻


腹巻と言えば、昔を思い出しますwww

__________
イギリスに入国した時、滞在金を見せろというから、腹巻きのチャックを開けて現金を見せたんだが、その時驚いた表情の入国管理官の顔を今でも鮮明に覚えている(笑)。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-186.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今から思えば、あの若い入国管理官わ、腹巻姿の小生にビックリしたのでわなく、東洋のアラン・ドロンを彷彿とさせる端正な顔立ち(!!!)の小生が、腹巻のような不思議つうか、エキゾチックなのを腹に巻いているので、きっと、驚いたつうことだったの鴨…

腹巻ついでにモー一つ…

__________
亀さんの仕事も考えてみると、毎日、時には日に何度も役回りが変わるようなもんだよ。今日やっていた仕事は、若手のファッションデザイナーの翻訳だったんだが、先ほど終わって納品(メールに添付して送信)したよ。普段はフーテンの寅さんのように腹巻き姿の亀さんが、華やかなファッション業界の翻訳をやるんだから、ホント世の中狂っているよ。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-51.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

さて、いよいよ東京一郎会が迫ってきました。当日の主テーマはツランと乳酸菌農業なんだが、これに、亀さんわ、「高倉健似か渥美清似、はたまたアラン・ドロン似」かっ、つうことで話が盛り上がることであろう…(爆) まぁ、結論は、「火を見るよりも明らか」なんだがwww

__________
もちろん、亀さんが高倉健なのか上原謙なのか渥美清なのかの議論は特に白熱しましたwww
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16675542/935/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


東洋では高倉健似、西洋ではアラン・ドロン似の亀さん@人生は冥土までの暇潰し
76:vagabundo1431 :

2019/07/18 (Thu) 08:26:05

host:*.au-net.ne.jp

Sr.tortuga

お世話になってます。

メール確認しました。フロントでは、腹巻姿のフーテンで聞いてみます(笑)
75:亀さん:

2019/07/17 (Wed) 06:27:55

host:*.t-com.ne.jp
今週末に開催する初回東京一郎会について、さきほどブログ記事をアップしました。
人類激変の時代
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1711.html

それから、メインスレにも投稿しましたが、ココにも再掲しておきます。少々気の早い話ですが、来年の夏に開催予定の第二回・東京一郎会についてです。
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16675542/953/

__________
今週末に第一回・東京一郎会を挙行します。まほろば会の会場(『みち』編集室)が手狭なため、参加人数を制限していましたが、先週末に天童さんに聞いた話では、まほろば会は広い会場を借りて行うとのこと。よって、まほろば会に参加してみたいという方が未だおられましたら、小生宛てに私信を送ってください。

それから、来年のことを言うと、鬼が笑うとかナントか言われていますが、来年、第二回・東京一郎会を挙行します。
2020年7月18日(土) まほろば会(15:00p.m.~)
2020年7月19日(日) 東京一郎会(10:00a.m.~)

来年の六月に入りましたら参加者を募りますので、今回は参加できないという読者の方、是非来年はご参加ください。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


亀さん@人生は冥土までの暇潰し
74:亀さん:

2019/07/02 (Tue) 03:30:22

host:*.t-com.ne.jp
昨日一杯で、東京一郎会の参加者募集を締め切りました。大勢の読者の参加申込ありがとうございました。なを、先程参加者の皆様には一斉メールを送信していますが、万一届いていないという場合、この投稿を一読後、小生宛てにお知らせください。

東京一郎会の報告は、拙ブログで行う予定です。

以上


亀さん@人生は冥土までの暇潰し
73:亀さん:

2019/07/01 (Mon) 10:14:42

host:*.t-com.ne.jp
■何故、ツランと乳酸菌農業なのか

今日発行される『みち』の校正を、先程までやっていました。校正しながら、強く印象に残ったのがJINMOさんの記事で、特に1970年5月、現代科学を巡る対談形式のテレビ科学番組で飛び出した、以下の発言に注目しました。
__________
 人口は対数的に増加しているし、しかも医学の進歩で寿命は延びる一方だから、世界は近いうちに老人でいっぱいになる。しかし、地球は有限で資源も限りがあるので、地球は間も無く閉鎖世界にならざるを得ず、それに対応する社会体制を考えなくてはならない。進歩はもはや終わりであって、進歩や発展という概念はむしろ悪だ。閉鎖世界では共存と自制と連帯が重んじられなければならない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1970年と言えば大阪万博が開催された年であり、当時の小生は高校三年生でした。そして万博のスローガンが「人類の進歩と調和」だったのですが、今振り返るに、我々の未来はバラ色だ、という気分に包まれていた時代だったように思います。だから、当時の社会の風潮からすれば、上掲のような発言は異端であったと云えます。しかし、半世紀近くの歳月が流れてみると、その発言が正しかったことが証明されたのです。
高齢化の国際的動向(内閣府)
https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2018/html/zenbun/s1_1_2.html

ここで、上掲の発言について付言するに、資源、殊に食糧に関しては乳酸菌が〝普及〟すれば、何も心配するにあたらないということが分かります。また、地球の資源は有限というのは確かだが、宇宙技術、AIの進展、さらには、現在が物質世界から精神世界への移行期に、現在が相当していることを思えば、地平線のかなたに幾多もの困難が待ち構えているにせよ、それを乗り越えていけるだけの知恵が我々人類にあるのだし、未来は明るい、少なくとも小生はそう思います。

それには、我々は何処から来て何処へ行くのか、そもそも我々は何者かということを知らなければなりません。それが、今回の東京一郎会で、ツランを主テーマとする一つの理由です。また、もう一方のテーマとして乳酸菌農業を取り上げるのも、世界人口の爆発、そして高齢化が避けられないにせよ、そうした現実の中にあって人類が生き残っていける、最終手段としての乳酸菌を、この機会に改めて見直すべきだと考えたからでした。

※追伸
東京一郎会、二日目の参加者数が一杯になりつつあります。満員になった場合、申し訳ありませんが二日目の参加もお断りさせていただきますので、予めご承知おきください。



亀さん@人生は冥土までの暇潰
72:亀さん:

2019/07/01 (Mon) 02:41:17

host:*.t-com.ne.jp
★締め切りのお知らせ 東京一郎会★

>>48でお伝えしました通り、本日一杯を以て、東京一郎会の参加者募集を締め切ります。本日の午後11時59分まで待ちますので、やはり参加してみたいという方は、フォーマット(>>48)に従って記入の上、小生宛てに私信を送信してください。なを、初日のまほろば会は>>68でお伝えしました通り、定員になりましので既に締め切りました。よって、本日中に申し込む方は二日目のみの参加申込となります。

ちなみに、二日目の東京一郎会で話し合う予定のテーマは、ツランと乳酸菌農業が中心となります。

ツランについては、当日参加されるツラン研究の第一人者・天童竺丸さんを中心に、ツランとは何か、ツラン誕生から昨日のトランプ・金正恩首脳対談に至るまでを語り合い、その間に意見・情報交換を行っていきます。

乳酸菌農業については、実際に乳酸菌農業を実践しているお二方が駆けつけてくれることになりましので、このお二方を中心に乳酸菌農業とは何か、乳酸菌農業の実践方法、そして乳酸菌農業の将来について、お二方の対話形式で語り合っていただきながら、都度、参加者に質問を挟んでいただく形で進めていきます。

その他、精神世界、言霊、メスペサド理論(mespesadoさんも二日目に参加予定)といった、多岐にわたるテーマの話も、流れに応じて取り上げられるかもしれません。

その後は親睦会を開催、現地解散となります。

以上


亀さん@人生は冥土までの暇潰し
71:亀さん:

2019/06/27 (Thu) 02:51:10

host:*.t-com.ne.jp
>>70

vagabundo1431さん、メール拝読!

初日のまほろば会の後、小生の部屋で挙行する二次会(三次会?)に顔を出してくれるとか、多謝! 二次会が行われる小生の部屋番号ですが、まだ予約していないので未定。よって、後で参加者への一斉メールでお知らせします。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
70:vagabundo1431 :

2019/06/26 (Wed) 13:49:05

host:*.au-net.ne.jp
>>68

Sr.tortuga

@tbd.t-com.ne.jpへ返信済みにつきご確認願います。

69:WARNIGN :

2019/06/25 (Tue) 23:13:12

host:*.tortuguero.tech
FC2 反社会的勢力
68:亀さん:

2019/06/25 (Tue) 18:09:22

host:*.t-com.ne.jp
>>67

先程、宿泊先のホテルについて、ホテル宿泊の希望・否に拘わらず、テスト送信を兼ねて参加者全員にメールを送りました。申し込んだのに届いていないという方がおられましたら、登録漏れの恐れがありますので、至急小生宛てにメールしてください。

以上、よろしくお願いいたします。


亀さん拝
67:亀さん:

2019/06/25 (Tue) 13:11:27

host:*.t-com.ne.jp
バタバタしているところへ、ウォッチャーさんから原稿が届いた!!! 今日はブログ記事が書けそうにないので、今日のアップは無しだなと思っていただけに、ウォッチャーさんの記事をアップすることで穴埋めができた。感謝カンゲキ雨霰!!!

さて、七月二十日の飯山さんの一周忌、北は青森から南は鹿児島と、全国各地から飯山さんを慕っていた読者が大勢集結してくれることになりました。初日こそ、(午後三時から)まほろば会で高尚な話を聞くことで、皆さんに満足していただき、二日目は朝から酒を酌み交わせばE-かと思っていたが、昼間から池袋の街でどんちゃん騒ぎしても周囲に迷惑、よって別のことを検討中。たとえば、天童さんを囲んでツランについて語ってもらったり、その他に参加者が関心のあるテーマについて語り合うなどした後、午後から近くの喫茶店に移動し、その後はテキトーな居酒屋に再移動して二日目の飲み会スタート、つうことも考えています。ともあれ、ホテル以外の情報については、七月二日に一斉メールで通知します。

それから七月二十日のホテルですが、まほろば会の会場近辺を予定しています。気の早い堺のYさん、モー池袋のホテルを予約したとかwww まぁ、まほろば会の開催会場に近いことだし、小生も同ホテルにします。→Yさん

同ホテルは池袋に幾つかあるので、具体的にどのホテルか念のため堺のYさんに確認後、同ホテルで良いかどうか参加者の皆さんに問い合わせますので、早めに小生宛てに返信してください。その上で小生がまとめて予約します。まほろば会が終わるのは九時過ぎなので、その後小生の部屋で二次会を深夜までやりませう。

それから、浜松市の貴婦人さん、小生宛てにメールアドレスを知らせてくださいと、事務局を通じて幾度かお願いしましたが、未だに連絡がありません。よって、当日参加するのであれば、ホテルは自身で予約しておいてください。

それから、まほろば会に参加を希望する参加者が大勢いましたので、まほろば会の参加募集は、ただ今より締め切らせていただきます。ただし、二日目は未だ少しは余裕がありますので、希望者は>>48のテンプレートを参照に、七月一日まで小生宛てに私信でお知らせください。

以上



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
66:亀さん:

2019/06/25 (Tue) 03:59:07

host:*.t-com.ne.jp
>>64 >>65

vagabundo1431さん、確かにメール受け取りました。それから、堺のYさんもメール多謝!!!

返信は後でします。なにせ、現在は海外からのお姉ちゃんから急ぎの仕事をブチコマレ、あたふたしているところです。股寝!



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
65:vagabundo1431 :

2019/06/24 (Mon) 20:57:17

host:*.au-net.ne.jp
>>63

Sr.tortuga

Gmailへメール送信済みにつきご確認願います。
64:vagabundo1431 :

2019/06/24 (Mon) 20:55:31

host:*.au-net.ne.jp
>>63

Sr.tortuga

Gmailへメール送信済みにご確認願います。
63:亀さん:

2019/06/17 (Mon) 01:35:17

host:*.t-com.ne.jp
>>62

> 未だ空席ありでしょうか?

モチノロンです! 尤も、すでに数名の申し込みがあり、、あと1~2名で打ち止めにしたいと思います。その理由は、vagabundo1431さんなら先刻承知のように、初日に皆さんを案内する、まほろば会の会場のスペース…。だから、7月1日の締め切りを待たずに、募集をストップするかもしれません。

当日は安西正鷹さんの「安西ファイル」にもとずく講話以外に、JINMO軍団もまほろば会に参加すると思うので、貴重な音楽論が披露されると思います。

では、来月に入りましたら(7月1日以降)、参加者に私信で詳細な案内を送りますので、少々お待ちください。


亀さん@人生は冥土までの暇潰し
62:vagabundo1431 :

2019/06/16 (Sun) 19:48:15

host:*.au-net.ne.jp

>>48 Sr.tortuga

未だ空席ありでしょうか?
61:たかひろ :

2019/06/02 (Sun) 11:54:24

host:*.au-net.ne.jp
>>59はぐらめいさんコメントありがとうございますよ。基本的にプラス思考というかポジティブにしてますけど、なかなか脳ミソに爆弾抱えているので、ついマイナス思考に走ってしまうことが私にあるのです。それをコメントに書かれているように励みます&#8252;&#65039;
60:はぐらめい:

2019/06/01 (Sat) 12:30:00

host:*.omn.ne.jp
アドレス間違ってます。
oshosina@omn.ne.jpです。
59:はぐらめい:

2019/06/01 (Sat) 12:27:44

host:*.omn.ne.jp
資料、DVDのご請求いただいた方に順次発送しておりますが、
メールの見過ごしなどで、発送漏れになっている場合があります。
5月31日までにご請求いただいた方へは、今日ですべて終わります。
数日経っても届かない場合は、oshosina0omn.ne.jpまでご連絡ください。
よろしくお願いします。

>>58 たかひろ様
実は私も10年来病気のデパートみたいなもので、
医者には「熊野大社の石段を登るのもダメ」と言われてもそんなわけにはいかず、
そこは明石原人さん言われる「自灯明」http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16445034/921/
少しずつあせらずのマイペース、試し試しの前進でしたが、
無理さえしなければ病気前とほぼ変わりなく過せる毎日、
「ありがたい」と思う気持ちは病気前の比ではありません。
ちなみに、たかひろさんに送った資料の表紙、広げてみて下さい。
じっと見つめたお天道さまです。
裏表紙の熊野大社のお札は令和元年の始まりの日に神社からいただいたお札です。
平成30年の元旦、NHKの「ゆく年くる年」熊野大社からの中継、
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2018-01-03
https://www.youtube.com/watch?time_continue=317&v=FLq_0gVyH-A(14:00〜)
熊野大社からの大祓詞奏上が世界に流れたその日、
なんと金正恩委員長の平昌オリンピック参加表明、
そこから世界が一挙に明るく輝き始めたのでした。
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2018-04-22
病気のありようは百人百様、ただ受け容れるところは受け容れて、
自分なりの道を探ってゆくしかなりません。
「自灯明」、放知技で知ったありがたい言葉でした。
58:たかひろ :

2019/05/31 (Fri) 12:21:04

host:103.5.140.181
はぐらめいさん、先ほど郵便局で冊子の代金振り込みしました&#8252;&#65039;本来、私が福岡や九州の一郎会を主催すべきでしょうが、脳出血により病気持ちなんで辞退したまでです。よろしくお願いいたします&#10071;
57:はぐらめい:

2019/05/30 (Thu) 06:59:08

host:*.omn.ne.jp
>>56 たかひろさん
おはようございます。
東北一郎会の波紋の広がりが感じられてうれしいです。

DVDも思ったより早くできあがってきました。
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2019-05-30
youtubeにアップするようにします。
2時間以上、こんなに長いのをどうすればいいのか息子と相談しながら
なんとかやってみます。
56:たかひろ :

2019/05/29 (Wed) 14:50:31

host:*.au-net.ne.jp
はぐらめいさん、メッサさんの講演会の小冊子が今日の朝方、届きましたよ(^-^)非常に分かりやすく勉強になります。ありがとうございますm(__)m
55:はぐらめい:

2019/05/29 (Wed) 04:51:29

host:*.omn.ne.jp
>>53 堺のおっさん
mespesadoさんの底知れぬ力に驚嘆しつつ作成した資料です。
そしてさらに、これだけの資料を見事に説明しきった講演会でした。
すごかったです。

今月末予定のビデオ、もう出来上がってきました。
月末のバタバタで通しては視てませんが、プロにお願いしたので大丈夫な出来です。
mes理論浸透の最大の武器になるはずです。
いずれyoutubeにアップしたいと思いますが、
とりあえず20枚ほどDVD作成しましたので、希望者にお頒けしたいと思います。>>47

>>54 亀さん
私も竹さんも、車でなかったら一緒に飲んでました。
54:亀さん:

2019/05/29 (Wed) 02:26:21

host:*.t-com.ne.jp
>>51

はぐらめいさん、いゃあ~、ここ数日は暑かったですね。一昨日の山形は35度だったとかwww テレビが盛んに「水分を補給しましょう」と親切にアドバイスしてくれたので、小生、忠実にアドバイスを守り、気温がうなぎ上りにさしかかった昼前からビール三昧でしたぁ~(爆)

> 「旅の気分」に朝から酒はつきもの

御意! はぐらめいさんに昼から酒を呑ませていただいたのは、天にも昇る気持ちでした!

今月のはじめ、神戸に猿都瑠さんと宿泊しましたが(温泉付きカプセルホテル)、昼飯に神戸で人気のある洋食屋さんに連れて行ってもらい、いつものように小生がビールを頼んだところ、給仕の綺麗なお姉さんと猿都瑠さん、「エッ!」つう顔をしていました。それを思い出したもんだから、山形でわ周囲の皆さんに、「昼間からwww」と思われていたんではと少し心配していましたが、どうやら杞憂のようで…(爆)


>>52
一年で最も暑い七月下旬に皇居巡り!!

でわ、猿都瑠さんが主体になって皇居巡りツアーを企画してください寝。土曜日はまほろば会があるので(東京一郎会のスタートは、まほろば会の会場に直接集合)、酒臭い状態で出席するわけにはいかないから、翌日の日曜日がいいでしょう。午前中に皇居をウォーキングまたはジョギングして、昼頃から東京一郎会をスタート、季節もちょうど真夏、昼間からビール三昧つうことで…(爆) 皆で新しい元号のお祝いをしませう! 池袋ではなくて、皇居の近くか御徒町で、東京一郎会をやるのもいいかもしれません。そこなら、終電ギリギリの新幹線で皆さん帰ることもできるし…。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
53:堺のおっさん:

2019/05/28 (Tue) 23:10:30

host:*.enabler.ne.jp

はぐらめいさん

本日、第一回東北一郎会の記念冊子

「新時代「令和」を迎えて ~明るく生きていくために~」

が届きました。

一気に読ませていただきました。

これは分かり易い!

これでわからなければ、つける薬がない!

是非、放知技の読者の皆様、並びに、政治家、官僚の皆様。

ご一読をお勧めする。

入手方法は、oshosina@omn.ne.jp、>>47から申し込んでください。

DVDもあります。

山本太郎君。あなたにもお勧めします。

まだ、きちんと理解されていないようなので。
52:猿都瑠 :

2019/05/28 (Tue) 11:55:02

host:*.au-net.ne.jp
東京一郎会、午前中は皇居散策を行い、新元号に思いを馳せ親睦を謀るwのはどうでせうか。

ただの思い付きです(-_-;)

猿都瑠@ままりんさんに返信の考慮時間中
51:はぐらめい:

2019/05/28 (Tue) 06:11:04

host:*.omn.ne.jp
>>50 亀さん
私ども(含 実行委員長の竹さん)、「旅の気分」に朝から酒はつきものでして、
奥さん同伴の堺のYさんのご様子から、「旅の気分」に気づかされたのでした。
気づくのが遅かったと反省しております。

そういえば竹さん、「きれいな奥さんだったなあ」としみじみ言っておりました。
間に東北一郎会挟んで、赤湯で二晩、蔵王で二晩、あんな旅してみたいです・・・
50:亀さん:

2019/05/27 (Mon) 05:54:34

host:*.t-com.ne.jp
>>49

> 追加資料とDVD、了解です。

よろしくお願いいたします。


> まほろば会

今回は七月となりましたが、来年は別の月にします。まほろば会は原則として第三土曜日に行われますので、来年都合がつけば、まほろば会を牽引している安西正鷹さん、そして場を提供していただいている、天童竺丸編集長に紹介させていただきます。

それにしても、熊野大社近くの公民館で弁当を食べていた時、はぐらめいさんに日本酒を勧められたのには焦りましたwww(でも、旨かったです) いかにも、小生が朝から呑んでいるのでわと、周囲の皆さんに〝勘違い〟されるのでわと…。 尤も、仕事が溜まっていなければ、朝から呑むことが多いんですがwww



と言いつつ、急ぎの仕事のない今朝、モー葡萄酒を飲んでいる亀さん@人生は冥土までの暇潰し
49:はぐらめい:

2019/05/27 (Mon) 04:46:34

host:*.omn.ne.jp
>>48 亀さん
追加資料とDVD、了解です。

東京一郎会、いつかぜひ出席したいです。
今回は祭り前で、
魚肉からネギ、ニンニク、ニラの類まで食べない潔斎(お精進)中になりますので遠慮します。
まほろば会については、亀さんが書かれるたびに関心をそそられていました。
次の機会を待ちたいと思います。
48:亀さん:

2019/05/27 (Mon) 02:54:41

host:*.t-com.ne.jp
>>47

はぐらめいさん、連絡ありがとうございました。


> ○東北一郎会に参加された方へ
>
> 追加資料お送りしたいと思いますが、お渡しした部数控えなかったので、
> 複数部ご購入の方は必要部数お知らせ頂くとありがたいです。

計六部の追加資料をお願いいたします。


> ○講演全収録のDVDも今月末ぐらいにできてくる予定です。
> 一枚のみの場合/1,500円、二枚以上の場合/1,200円×枚数 でお頒けするようにします。

計一枚お願いいたします。

改めて思うことは、はぐらめいさんと加計呂麻島さんが中心となって開催された、東北一郎会は実に素晴らしい会でした!!! 本邦初の一郎会があまりにも立派だったため、七月二十一日(日)に東京一郎会を開催する者として、相当なプレッシャーwww

でも、東京一郎会は大連式の一郎会にする予定です。つまり、講演会、懇談会、開催地の観光といったことは一切行わず、専ら飯山さんの一周忌として、酒を酌み交わしながら故人の思い出話に花を咲かせるというスタイルになります。また、来月早々、約一ヶ月ほど仕事の予約が入っており、会場の準備や資料作り等に時間が割けそうにないという、個人的な理由もあります。

ここで、「大連式の一郎会」ですが、大連の野崎博士が以下のような報告をしています。
__________
大連「一郎会」では、飯山式の大豆ヨーグルトや乳酸菌農業などの普及に努めると共に、時々集まって交流を深めることになりました。
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-9219.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
小生も大連一郎会に倣い、東京一郎会は以下のように進めていきたいと思います。
__________
東京「一郎会」は、飯山さんを偲ぶ会とし、交流を深め、情報交換を行っていく場とする。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
でも、やはり講演会といったことをやって欲しい、あるいは東京見学をしたいという方がおられましたら、ここのスレに名乗りを上げ、中心となって計画を立て、講演会場を確保したり、見学先を決めたりするといったことを行ってください。小生も時間が割ける範囲でサポートさせていただきます。

ともあれ、七月一日を期限として、ただ今より参加希望者を募りますので、希望者は小生宛てに参加希望の旨を記したメールを送信してください。小生のメルアドですが、上記の青文字になっている「亀さん」をクリックしてください。なお、参加申し込みの際、誰だかわかるように、必ず本名と放知技でのハンドル名を書き添えていただけるようお願いいたします。すでに参加申込のある天童竺丸さん、堺のYさん、浜松市の御婦人、猿都瑠さん、八戸のマタタビさんは連絡不要です。

遠方から来られる方もおられますので、前日の七月二十日(土)は小生も都内のホテルに宿泊し、ホテルで前夜祭(懇親会)を挙行したいと思います。また、当日の土曜日は世界戦略情報誌『みち』のまほろば会が池袋で行われます。会場が手狭なため参加人数は限定されますが、希望者は東京一郎会とあわせてお申し込みください。なを、まほろば会の出席希望者が多数の場合、抽選となりますので、予めご了解のほどお願い申し上げます。

最後に、以下はメールで参加を申し込むにあたってのテンプレート(必須事項)です。
__________
■氏名およびハンドル名
■現住所・電話番号・メールアドレス
■まほろば会の参加 Yes No
■東京一郎会の参加 Yes No
■ホテル宿泊希望  Yes No
■その他   当日語り合って欲しいテーマ、質問等
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
他の参加者と共有したいテーマや質問等が参加申込者からあった場合、本スレにハンドル名と併せて紹介させていただきますので、予めご了解願います。

以上、よろしくお願いいたします。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
47:はぐらめい:

2019/05/26 (Sun) 14:45:35

host:*.omn.ne.jp
○mespesadoさん講演会の資料請求いただいた方へ

追加資料5ページ分を挟んで、本日佐川便にて発送いたしました。

○東北一郎会に参加された方へ

追加資料お送りしたいと思いますが、お渡しした部数控えなかったので、
複数部ご購入の方は必要部数お知らせ頂くとありがたいです。
ご連絡無い方には一部のみお送りするようにします。

○まだ残部あります。ご希望の方は下記へメールください。
oshosina@omn.ne.jp
送付時に郵便振替用紙(赤/手数料加入者負担)同封しますので、
一部のみの場合/700円、二部以上の場合/500円×冊数の金額を
資料到着後、振込んで下さい。

○講演全収録のDVDも今月末ぐらいにできてくる予定です。
一枚のみの場合/1,500円、二枚以上の場合/1,200円×枚数 でお頒けするようにします。
発送は6月になってからですが、ご希望の方はご連絡ください。

○mespesadoさんに、白川前日銀総裁による結城豊太郎記念館での講演録を通して、
結城豊太郎について論じていただきました。
私にとってのみならず、南陽市民にとってもすごい収穫、
ほんとうにありがたいです。
拙ブログ「移ろうままに」で3回に分けて転載させていただきました。
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2019-05-23
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2019-05-25
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2019-05-26

第一回東北一郎会を南陽で開催させていただいたことにあらためて感謝です。

46:はぐらめい:

2019/05/24 (Fri) 05:27:41

host:*.omn.ne.jp
>>45 亀さん
貴重な議論の発掘ありがとうございました。
懇談会の場において、
天武天皇の話題から「日本書紀」をめぐるmespesadoさんによる問題提起、
その議論に熊野大社の北野宮司が反応しました。
突っ込んだ議論に私はついていけなかったのですが、
録音を聴いてとりわけ気になった箇所でした。
北野宮司は国学院大学の国文科出身で
県立米沢女子短期大学国文学科の教授を昨年退官しました。
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2018-02-21-1
『古事記神話研究—天皇家の由来と神話—』の大著があります。
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2016-02-12
アカデミズムの一角に位置しますが、柔軟な頭脳の持ち主です。
北野宮司が飯山史観にどう反応するか、大きな関心がありました。
飯山史観のいちばん肝の部分で接点ができた気がしました。
その議論の箇所、文字起こしするようにします。
とりあえず、
森博達「日本書紀の謎を解く―述作者は誰か 」(中公新書)を求めたところです。
45:亀さん:

2019/05/23 (Thu) 15:34:45

host:*.t-com.ne.jp
はぐらめいさん、mespesadoさんの講演会の後、宿泊先のむつみ荘で行われた懇談会で、日本書紀のうち、推古紀、舒明紀、天武紀だけ倭文臭がするという、mespesadoさんの発言は良かったですね。このあたり、本人が放知技でも言及しています。
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16557737/843/

その時の小生、ライシャワー元大使と今東光の会話を思い出していました。

__________
「慈覚の入唐、入学の旅行記ですね」

と言ったらびっくりしてね。

「私はずいぶん天台宗の人に会いましたが、いくら聞いても誰も読んでいませんでした」

「あれはシナ人が書いた文章でなく、日本の僧侶が書いた漢文なので読みいいんです。ただそれだけですよ」

「いやいや、あれまで読んでいらっしゃるとは驚いた。大変偉いことです」
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-13.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
飯山さんが日本書紀の取り扱いについて以下で語っていますが、mespesadoさんの発言は高く評価するに値すると思います。
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16216140/411/



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
44:はぐらめい:

2019/05/23 (Thu) 06:08:46

host:*.omn.ne.jp
mespesadoさん講演会/第一回東北一郎会報告(2)をアップしました。↓
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2019-05-22
43:亀さん:

2019/05/22 (Wed) 12:46:48

host:*.t-com.ne.jp
昨秋大阪で開催された「飯山一郎氏を送る会」で、献杯の挨拶をしていただいた稲村公望さんが『瑞宝中授賞』叙勲されたとのことです。おめでとうございます。
https://twitter.com/JINMOxxx/status/1130608218328059904


亀さん拝
42:mespesado:

2019/05/21 (Tue) 07:21:56

host:*.itscom.jp

 自分のウェブサイトに今回の東北での講演資料を公開しました↓

http://www.eonet.ne.jp/~mespesado/

(2. リンクの (4) がそれです)

 もし内容を見て、よろしければはぐらめいさんが講演会資料としてこの内

容を立派な冊子に仕立てていただきましたので、ぜひそれをめいさんから購

入していただき、知人の方などに拡散していただけるとありがたいです。

 消費税の増税の阻止や、更に言えば現在の日本の緊縮を反緊縮に転換する

には有権者の啓蒙といった草の根活動がどうしても必要ですので。

 私もちょっと勇気を出して、この冊子数冊を本日職場の後輩に配ろうと思

っているところです。
41:はぐらめい:

2019/05/21 (Tue) 06:27:49

host:*.omn.ne.jp
>>37 堺のおっさん
奥さんが東北のはずの堺のおっさんの不在が「上神谷」いただきつつ話題になりました。
次回はぜひお会いしてじっくりお話をお聴きしたいです。
mesさん、亀さん、出世外人さん、マタタビさん・・・
このたびお会いして親しく言葉を交わしたことで、
投稿された言葉も、お顔がうかんで伝わり方がぐんとレベルアップしているのに気づかされます。
東北一郎会が行われたことの意義をかみしめています。

>>38 出世外人さん
南陽市への評価がうれしいです。
「近世以前の都市の典型」との見立て、昨日の公民館での会合で早速披露させていただきました。
かつての繁栄の凋落に落ち込む宮内人への格好のカンフル剤になりました。

宮城勢による次回の東北一郎会、楽しみにしています。

>>39 mespesadoさん
結城豊太郎がmesさんの目から見てどういう人なのか知りたい、
そういう思いがあっての結城豊太郎記念館の設定でもありました。
「なんとなくの偉い人」はわかるけれども、
日本の歴史の流れに位置づけるとするとどうなのか、
どうもそこがピンとこなかったわけです。
まして「放知技」板では人殺し扱いされた白川前日銀総裁から尊敬を受ける人です。
館内でお聴きして私なりに理解したmesさんの所見、
「多くの人脈を活かしつつ、当時の情勢をしっかり判断し決断できた人。
しかしそれをそのまま今に当て嵌めようとするのは誤り。」
それだけでもありがたかったのですが、
さらにここで結城豊太郎について書いていただけることは、
私にとっても、南陽市民にとってもすごい収穫です。
よろしくお願いします。

>>40 八戸のマタタビさん
八戸からおいでの方がおられるというので、安藤昌益関連資料配布を思い立ったのでした。
平等主義者としてポリコレ的にもちあげられる安藤昌益も、
実は古来本然の日本感覚に拠る思想家であったとする資料を添えました。
じっくりお読み頂ければうれしいです。
以前書いた記事があります↓
「安藤昌益は「神道思想家」に近い!」https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2018-10-05
40:八戸のマタタビ :

2019/05/20 (Mon) 12:10:19

host:*.bbtec.net
 はぐらめい様

 昨日は大変お世話になりました。素晴らしい回を主催してくださりほんとうにありがとうございました。

 はぐらめい様の「参加者みんなに楽しんでもらいたい。そして南陽市の魅力を感じてもらいたい」という思いをサポートしていた宮内歴史を語る会の皆様にも感謝を申し上げたいです。頂いた小冊子をよんで勉強させていただきます。

 参加された皆様との語らいなどを通じて仕事が忙しくて最近何もできていませんが「それでいいのか」という思いが起こりました。その思いを少しずつ育てていこうと思います。 
39:mespesado:

2019/05/20 (Mon) 12:00:03

host:*.itscom.jp

 一昨日から昨日まで山形県南陽市で開催された東北一郎会。二日目に南陽

市出身の偉人である結城豊太郎を記念する「結城豊太郎記念館」や、民話の

語り部の生の語りを聴いた「夕鶴の里」、そして東北の伊勢と呼ばれる「熊

野大社」の見学と、内容の濃い2日間を過ごさせていただきました。加計呂

麻島よりさん、はぐらめいさん、本当に今回はお疲れさまでした。とても楽

しくて中身の濃い東北の旅になりました。

 さて、1日目は私の方から「本当のオカネと経済の話」と称して話をさせ

ていただきましたが、早い話、国の財政の本当の仕組みはそもそもどうなっ

ているのか、では今の日本ではその一見常識外れの事実の下で、財政政策は

本当はどうすべきなのか、というのがそのテーマだったわけですが、この話

と2日目の見学先で解説されていた結城豊太郎の業績とは大いに関係があっ

たのだとつくづく思いながら、今回記念館に掲示されている業績の一覧を順

に読み込んでいくと、この結城幾太郎という人がいかに金融や経済を理解し、

自分のできる範囲で可能なことをできる限り実行した人なのかということが

よくわかりました。この結城豊太郎や高橋是清や、この記念館での白川元日

銀総裁について、改めて思う所がありましたので、メインスレの方で書きた

いと思います。
38:出世外人 :

2019/05/20 (Mon) 08:47:00

host:*.bbtec.net
はぐらめいさん

東北一郎会では本当にお世話になりました。

普段は「ひかえめな性格」の私ですが、実際に会ってお話しできる理解者がいると思うと、ついフライング気味にいろいろな話題に食いついてしまいました。

放知技で議論の流れを知っている参加者はともかく、地元の方にはかなり???というところがあったかもしれません。

どうかご海容いただきたく・・・

南陽市の印象ですが、コンパクトながら古来の都市文化の発達した土地柄なのですね。 

熊野神社の荘重さ、広い門前町の清々しい佇まいにも大変感銘を受けました。

また「歴史を知る会」の方々、民話館や記念館の方々などから、地元の歴史や文化を大切にする思いが伝わってきました。

「都市」というと、江戸・東京のような臨海の扇状地、大平野に開けた大都市を思い浮かべますが、むしろ近世以前は奈良・京都・甲府・足利など利水の便がが良い盆地が主流ですね。

南陽市もそうした近世以前の都市の典型と感じましたが、情報化や物流の発達で、再び、都市としての活力を取り戻してきていると、そんな印象を受けました。

はぐらめいさんに配慮の行き届いたおもてなしを頂き、かなりプレッシャーなのですが、次回は加計呂麻島さんを中心に、我々で企画してみたいと思います。
37:堺のおっさん:

2019/05/20 (Mon) 08:04:41

host:*.enabler.ne.jp

>>36 はぐらめいさん

ネットの世界から、リアルな場での交流。

まあ、ある種のオフ会ですが…

その絶大な意義を実現されて、大変うれしく思います。

宮城は家内の実家があるので時々行きますので、

余計にわがことのように思います。

ビデオアップ、待ってます。

参加された皆さん、これからもよろしくお願いいたします。

36:はぐらめい:

2019/05/20 (Mon) 07:27:14

host:*.omn.ne.jp
mespesadoさん講演会と第一回東北一郎会、無事終了しました。
ご参加いただいた皆さん、ご協力いただいた皆さん、ほんとうにありがとうございました。

出世外人さんの「わかってもらえる人がいると思うとついべらべらしゃべってしまって・・・」との言葉、
インターネットによる精神的交流の基盤の上に、
普段過している日常世界とは別レベルの現実世界を体験するという、
ある意味これからの時代(「心のネットワーク」https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2019-03-18-1
を先取りした人間関係の体験、そんな贅沢な24時間だったのかもしれません。

心配した通り、講演会においでいただいた方は少なかったけど、
それだけに来ていただいた方には感謝です。
聴衆は少なくても、すごい講演でした。歴史に残る講演 だったと思います。
懇談会で加計呂麻さんが、
「mespesadoさんの経済とオカネの話は、『説』ではなくて『事実』だからすごい」と言われました。
だから「わかる」の感覚のその先、「見えてくる」のです。
「私のような主婦にもmespesadoさんのお話はよくわかる。ありがたかった。」
と堺のYさんの奥さんが言われていました。

ビデオに収めました。
懇談会で、「youtubeに流して広めよう」との話も出ました。
やらねばならないことはこれからいろいろありそうです。

>>35 亀さん
遠来のお客さん13名、堺のYさんと亀さんのおかげです。
ありがとうございました。

資料の宣伝、ありがとうございます。
2冊以上は500円にします。

古墳群報告、楽しみにしています。

>>28 堺のおっさん
おかげさまで大盛り上がりでした。
宴会も制限時間をだいぶ超えて話がはずみ、
一部屋に集まっての二次会も、私は途中から夢うつつでしたが、
出世外人さんを中心にすごかったようです。
来年は宮城勢ががんばってくれることになりました。

◎資料申込みの皆さんへ
mespesadoさん、「これからどうするか」について大事な話を付け加えて下さいました。
その補遺資料も加えてお送りしたいと思いますので、少し時間を下さい。
送料等考慮して1冊700円ですが、2冊以上500円にします。
(2冊お申し込みの場合1000円)
よろしくお願いします。


35:亀さん:

2019/05/20 (Mon) 05:50:06

host:*.t-com.ne.jp
はぐらめいさんをはじめ、南陽市の関係者の皆様ありがとうございました。

「日本の借金(財政赤字)は国民一人あたり867万円、日本の未来は暗い…」と思っていた南陽市の皆さんにとって、mespesadoさんの講演わ、マサニ天地がひっくり返るようなものだったに違いありません。

尤も、今までのmespesadoさんの一連の投稿(放知技)を追ってきた、遠方から南陽市まで足を運んだ放知技の読者にとってわ、「日本の借金なんざ心配する必要ネー。むしろ、財政赤字は減らしてはいけないノダ」と、素直にmespesadoさんの話に耳を傾けておられたことと思います。あの堺のYさんにして、「メスさんの話、素直に頷きながら聞けた」と、小生に話してくれたほどですwww。その堺のYさんご夫妻(本妻)、せっかく山形まで来たつうことで、蔵王にも酔って…、ではなくて寄って、さらに温泉宿に二泊するつうことで、互いに別れを惜しみ、涙を流しつつ赤湯駅で別れました。

小生も過去二年間にわたり、mespesadoさんの経済に関する一連の投稿を追ってきた身として、いつかは自分なりにメスペサド理論を纏めたいと思っていたのですが、ナント、ご本人が今回の五月の十連休をフルに使って、しかも食事もとらずに不眠不休で纏めてくれたつう、一冊のメスペサド理論の集大成の本になっていた…。実際に手に取ってみて思ったことですが、装丁も実に丁寧であり、メスペサド理論以外に、mespesadoさんをはじめ、放知技の有名な論客である堺のおっさんをはじめ、出世から外れた人(出世外人)、猿都瑠さんといった、豪華キャストが総登場www しかも、一冊あたり700円と手ごろな価格であったこともあり、小生も五冊ほど購入して愚息の他、世界戦略情報誌の天童竺丸編集長と、『お金の秘密』を著した安西正鷹さんの分として購入、まほろば会に今度出席した時に手渡したいと思っています。だから、天童さんと安西さん、メスペサド理論の集大成である同書を購入する必要はないです。はぐらめいさんの話では600冊ほど印刷したということですが、十冊、五冊と大量に購入した放知技の読者や南陽市の関係者が続出、残り僅かつうことで、これわ早い者勝ちだ罠(爆)。以下のはぐらめいさんの案内を参考に、今のうちに手に入れておいて損はないです。同書の入手方法は以下のとおり。
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2019-05-15

それから、個人的に収穫のあった南陽市の古墳群、実際に足を運んでみました!!! 本スレの小生の続報(以下)としてブログ記事にまとめ、近くアップする予定デス。お楽しみに!!!
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16675542/511/



南陽市の高倉健こと、はぐらめいさんとの知遇を得て、喜び一杯の飯能の寅さん…、でわなくて高倉健こと亀さん@人生は冥土までの暇潰し
34:mespesado:

2019/05/18 (Sat) 07:42:19

host:*.itscom.jp

>>33

 はぐらめいさん、講演のご準備でお世話になっております。本日はどうぞ

よろしくお願いします。
33:はぐらめい:

2019/05/18 (Sat) 07:19:01

host:*.omn.ne.jp
遠来のお客様をお迎えするに最高の快晴の朝を迎えました。
今日のこと、拙ブログに記してきたところです。
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2019-05-18

堺のおっさんからの「上神谷(にわだに)」、無事届いています。
資料も立派に出来上がりました。

早くおいでの方、とんかつ竹亭のカツサンド用意してあります。
12時から控室とってありますのでそこでご歓談ください。
講演会前の会場で「美し国 おいたま」の上映も考えています。
https://oshosina.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_e75/oshosina/E382B8E383A3E382B1E38383E38388E38080E5A496E581B4.jpg
不行届きもあるかと思いますが、
いい二日間を過していただけるようがんばります。
32:亀さん:

2019/05/17 (Fri) 12:19:42

host:*.t-com.ne.jp
http://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1558063182.jpg
>>31

はぐらめいさん、貴重な情報ありがとうございました。


> 長岡南森遺跡

同遺跡の存在を初めて知りました。関連する毎日新聞の記事を熟読した他、同遺跡に関する南陽市の諸調査報告書にもサーッと目を通してみました。明日は稲荷森古墳の他、同古墳の目の前にある長岡南森遺跡にも足を運んでみます。


> 「聖方位」に該当するかもしれない

このあたりは未だ確かなことは言えません。本投稿に張り付けた↑図↑は、今年の一月に志布志近くの東串良町にある唐仁古墳群を訪れた時、道友の絶食青年から進呈してもらった資料(p.9)に載っていた、「唐仁古墳群境丘地形測量全体図」です。一瞥してお分かりのように、真北を向いている古墳群、そして北北東(21.5°)を向いている古墳群とが混在しており、稲荷森古墳の場合、拙ブログでも指摘したように北北東を向いています。

しかし、聖方位というからには、真北から西、すなわち北北西を向いているのが本来のはずです。このあたりは、聖方位について本邦で初めて言及した、渡辺豊和の『扶桑国王 蘇我一族の真実』のp.300~303に目を通せば一目瞭然です。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1604.html

この聖方位ですが、冬至の深夜のシリウス(おおいぬ座)の位置に関係しているというのが、一つの有力な説です。つまり、シリウスは別称、「副太陽」と言われているように、我々の地球から見て、天体で太陽の次に明るい恒星であることから、太古の昔から注目されてきました。

ともあれ、なぜ日本の古墳群は真北や北北東を向いたものが多いのか、一方、古墳時代が終わった次の時代、飛鳥時代(6世紀末~710年)に入ってから造営された、たとえば飛鳥寺などは、北北西20°という正真正銘の聖方位を採っています。やはり、これは渡辺氏の謂うように、蘇我一族の進出による影響なのか、それとも他に理由があるのか…。ツランとも絡めた、今後の小生の研究テーマの一つになりそうです。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
31:はぐらめい:

2019/05/17 (Fri) 05:54:44

host:*.omn.ne.jp
>>30 亀さん

おはようございます。

あれもしなければ、これもしなければと思いつつ、
なんだか半分もできぬまま明日を迎えそうです。
不行届きはどうかご容赦を。

迂闊にも昨日になって、
亀さんブログで「稲荷森古墳」について書いていただいているのを知りました。
「聖方位」に該当するかもしれないとは、これまで考えても見ませんでした。

実は近年すぐ近くの長岡南森遺跡が、
稲荷森古墳以上の前方後円墳ではないかということで調査が進められています。
市の担当は「今のところ五分五分ということにしておきます」と控えめですが、
それなりの確信あっての調査だと思います。
ちなみに、3月9、10日、東北・関東前方後円墳研究会の
シンポジウム「手工業生産と古墳時代社会」が南陽で開催されました。
誰が行ってもいいというので行って来たのですが、門外漢にはチンプンカンプンでした。
その時の資料、亀さんに差し上げねばと引っ張り出してきています。

長岡南森遺跡について過去に記事を書いています。
昨日亀さんのブログ読んでから追記した情報もあります。
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2017-11-18

では明日お会いするのを楽しみにしています。

p.s
「寅さんとの出会い」は「寅さんの映画との出会い」でした。
亀さんの勘違いのおかげで、鎌上先生の記事を知ったのは収穫です。
鎌上和尚さんは高校の国語の先生で、宮内高校(現南陽高校)在職の頃、
お会いしたことがあります。
宮内が四神相応の好地に在ることに注目されていて、
鎌上先生がそう言われたことに私もおおいに力を得たことでした。
宮内のことをいろいろ調べられていて、
宮内の歌碑についてまとめられた論稿は参考になりました。
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2014-01-14







30:亀さん:

2019/05/17 (Fri) 01:21:04

host:*.t-com.ne.jp
はぐらめいさん、昨日の朝のメールありがとうございました。愚生、数ケ月前に目覚まし時計が壊れたため、それ以来、携帯電話を寝室に置きっぱなしです ^^; そのため、気が付くのが遅れました m(.___.)m

小生、明日は早めに現地入りします。拙ブログにも書きましたが、赤湯温泉から徒歩で10分程度のところに、稲荷森古墳があることを知ったからです。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1681.html

同古墳については、拙稿「古墳時代 13」で改めて取り上げ、古墳発祥地の南九州に点在する古墳群との簡単な比較を試みました。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1683.html

稲荷森古墳を見学した後は、赤湯駅周辺を中心に街の雰囲気を肌で感じとりたく、アチコチ歩き回る予定です。街をプラつく浮浪者のようなおっさんを見かけたら、亀さんと思って間違いありません。ちなみに、同駅や古墳周辺をGoogle Earthで確認しましたが、小生の住む町と同じような田園風景が広がっており、今から楽しみです。

では、当日は宜しくお願いいたします。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
29:はぐらめい:

2019/05/16 (Thu) 18:44:03

host:*.omn.ne.jp
>>24 堺のおっさん

ありがとうございます!
懇親会、盛り上がりまちがいなしです。
28:堺のおっさん :

2019/05/16 (Thu) 17:02:05

host:*.spmode.ne.jp

はぐらめいさん、

日本酒の上神谷、ご自宅に送りました。

明日にはつくと思います。

宜しくお願いいたします。
27:はぐらめい:

2019/05/15 (Wed) 08:05:52

host:*.omn.ne.jp
いよいよ5月18日が迫り、咋日資料印刷準備完了。
当日ぎりぎりなんとか間に合いそうです。
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2019-05-15
mespesadoさんからすごいデータ(パワーポイント93p分)を送っていただき、
それがメイン、mespesado理論の図解教科書になっています。
A4判フルカラー52ページ(表紙共)、以下の内容です。

まえがき
◎mespesadoさん講演資料 1〜30p
「本当のオカネと経済の話〜MMT(現代貨幣理論)と経済環境”相転移”について〜」
◎mespesadoさんの議論、あれこれ 31〜36p(10pt活字でぎっしり、以下同)
・mespesadoさんの「放知技」板デビュー
・「財務省による国民洗脳研修会」(in南陽)
・「mespesadoさんによる1億人のための経済講座」@移ろうままに
・mespesadoさんの思考の原点
・日本において国家財政破綻はあるか
・ポリコレ批判——若い人への期待
・そもそもの「税金」と「借金」——mespesado理論の真髄
◎「放知技」板、最近の議論から 37〜47p
・「道州制」問題から「國體」の問題へ
・皇統はなぜ男系なのか
・なぜ縄文時代や海外の王室は「女系」なのか
・「霊性」、令和のキーワード
◎飯山一郎氏への追悼抄

送料、振込手数料等も考え頒価を700円にしましたが、
講演会場での資料代は500円です。
送付ご希望の方はoshosina@omn.ne.jpにメールください。
冊子とともに郵便振替用紙(赤)を添えてお送りしますので、
届きましたら700円振込んで下さい。(来週中送るようにします)

懇親会、宿泊等申込み、明日午前中までならまだ間に合います。
mespesadoさん、亀さん。出世外人さん、堺のYさん、加計呂麻島よりさん
といったおなじみの方々のほか、地元から熊野大社の宮司さんも参加されます。
開催の要項は>>14をご覧下さい。
講演会は当日おいでいただけば大丈夫です。
よろしくお願いします。






26:たかひろ :

2019/05/01 (Wed) 10:49:16

host:*.au-net.ne.jp
おはようございます。はぐらめいさん、今、私の連絡先のメールを送りました。よろしくお願いいたします&#8252;&#65039;
25:はぐらめい:

2019/05/01 (Wed) 06:11:27

host:*.omn.ne.jp
>>19 たかひろさん
送り先、メールしていて下さい。
いい資料ができるようがんばります。

>>24 亀さん
いいですね、「ピンク集会」。


24:亀さん:

2019/05/01 (Wed) 02:52:36

host:*.t-com.ne.jp
>>23


> 亀さんの「仕切り」に期待(当てに)するところ大です。

名誉なことですが、小生が〝仕切る〟と、せっかくのインテリジュンス集会が、ピンク集会になってしまうwww

まぁ、冗談(?)はともかく、やはり主役はmespesadoさん、そして東北一郎会を発足させた、はぐらめいさんと加計呂麻島さんのお二人です。ですので、昼の部では堺のYさんの〝暴走〟を抑える黒子役に徹し、夜の部では堺のYさんの〝暴走〟を煽る仕切り役に小生は徹したいと思います m(.___.)m



令和初日を迎えた亀さん@人生は冥土までの暇潰し
23:はぐらめい:

2019/04/30 (Tue) 05:55:59

host:*.omn.ne.jp
>>22 亀さん
亀さんの「仕切り」に期待(当てに)するところ大です。
よろしくお願いします。 
22:亀さん:

2019/04/30 (Tue) 04:06:28

host:*.t-com.ne.jp
>>18

はぐらめいさん、迅速なる回答ありがとうございました。これで安心しました。温泉街の旅館に電話して、どこも満室だったら久々に(ほぼ半世紀ぶりに)野宿するつもりでいました ^^;

では、当日は宜しくお願い致します。出世外人さんが顔を出すということで、一層インテリジェンスな集いになることでしょう。

一方、堺のYさんも顔を出すということで、夜の部はとんでもない一時、つうか、どんちゃん騒ぎになりそうな予感が…。ここに、オマンゴロウさんでも加わった日にゃ、温泉街がピンク一色(painting the town red)になること間違いありません - ( ̄^ ̄)キパッ



>>20

ちょうど一年ぶりですね。酒を酌み交わす夜の部を楽しみにしています! それから、飯能スレでも紹介したように、おらが町がテレビで全国放送されます。昨年、我々が歩いた所が紹介されるかどうかわかりませんが、関東のチベットの美しさには息をのむことでせう。
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16074479/453/



平成最後の日に独り静かに酒を呑む亀さん@人生は冥土までの暇潰し
21:たかひろ :

2019/04/29 (Mon) 18:53:46

host:*.au-net.ne.jp
>>20出世外人さんコメントありがとうございます&#8252;&#65039;その時は博多でよろしくお願いいたします&#8252;&#65039;私もリハビリ頑張ります&#8252;&#65039;
20:出世外人 :

2019/04/29 (Mon) 15:01:24

host:*.bbtec.net
はぐらめいさん
一昨日は突然の電話にご対応いただき、ありがとうございます。
単なる内輪のオフ会に留まらず、mespesadoさんの講演会を地域に呼びかけたり、大変な行動力ですね!
それと、当方の投稿内容をブログで紹介してくださったとのことですが、放知技の投稿は実にいろいろなところで、いろいろな人が見ているものなんですね。
当方の投稿など、役立つようでしたら資料にご自由にお使いください。
(世界最大の木造大ホールも見てみたいです)


亀さん
はぐらめいさんにこっそり直電したら、バレちゃいましたね(笑)。
当初、ちょっとスケジュール的に無理かなと思っていたんですが、何とか都合がつきそうです。
昨年のツーデーマーチ以来ですが、再開を楽しみにしています。

たかひろさん
時期はまだはっきりしませんが、いずれ九州には調査旅行に行きたいと思っています。その際は、ぜひ博多でお会いしましょう!
19:たかひろ :

2019/04/29 (Mon) 13:43:57

host:*.au-net.ne.jp
>>18はぐらめいさん、申し訳ございませんけどよろしくお願いいたします。
18:はぐらめい:

2019/04/29 (Mon) 05:31:15

host:*.omn.ne.jp
>>16 たかひろさん

昨日から資料作成にとりかかりました。
出世外人さんの「日本史図式」も入れようと思っています。
(出世外人さん、ご了解ください。)
お出でいただけない方には、希望があればお送りするようにします。
出来具合次第ですが・・・

>>17 亀さん

出世外人さん、亀さんとはだいぶ以前からのお知り合いとお聞きしました。
亀さん効果大きいです。あらためて感謝です。

宿は、申込み頂いた方みなさん「むつみ荘」に予約してあります。ご安心ください。
予約枠内にまだ余裕あります。5月10日に一応締切りたいと思います。

◎参加を考え中の方へ

宿泊なしで当日懇親会までのご参加希望の方は、会費10,000円にします。
講演会、懇談会参加料込みです。この方は予約お願いします。
懇談会までの方は1,000円。講演会のみは500円。予約不要です。

今年年男ですが、年とって思うのは、昔はいろんなことを同時進行でできた
のができなくなったことです。ぎりぎりになってようやく目標地点が定まり
ます。「東北一郎会」も、ようやく視界に収まり出しました。いい会になる
ようがんばります。みなさんよろしくお願いします。
17:亀さん:

2019/04/29 (Mon) 03:02:21

host:*.t-com.ne.jp
>>14

はぐらめいさん、

今更ですが、宿を予約していないことに今、気づきました。初日の会場となる赤湯温泉「むつみ荘」あたりに、はぐらめいさんが小生も含め、遠方からから来る参加者の皆さんの予約を一括して行っていただけるのでしょうか、それとも個別に予約することになっているのでしょうか? 宜しくお願いいたします。


>>15
あっ、出世外人さんも参加…、これは楽しい旅になりそうです。一年で最も忙しい時期に参加…、確かにmespesadoさんの講演は聞き逃すわけにはいきませんね。

それから、堺のYさんとの再会、楽しみです。今年一月の志布志以来の再会ですが、Yさん、夜の部では互いに〝紳士〟として振舞いつつ、痛飲しませう。大阪の防音室や志布志行のサンフラワー号の時のように…。

では、幹事の方をはじめ、参加される地元の皆様、当日は宜しくお願い致します。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
16:たかひろ :

2019/04/28 (Sun) 12:24:51

host:*.au-net.ne.jp
出世外人さんの日本史図式は素晴らしいです!最近無勉強でアホになっているので参考にさせて頂きます-(笑)本当はメッサさんの勉強会の内容が凄く興味があり出席したいのですが遠すぎて欠席します。スミマセン
15:はぐらめい:

2019/04/28 (Sun) 08:28:35

host:*.omn.ne.jp
昨夜、出世外人さんにご参加頂けるとの連絡いただきました!出世外人さんから
の電話と知って、思わず「私もファンです」。

出世外人さんについては、拙ブログ記事「mespesadoさんによる1億人のための経済
談義(番外22) 「道州制」をめぐって」https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2019-04-13 
に次のように書いたところでした。

   *   *   *   *   * 

「令和」の日本がどうなるのか。そのイメージがくっきりと浮んでくる、読んで
いてゾクゾクする議論が「放知技」板で展開されました。亀さんが絶賛されてい
るように、出世外人さんの「日本史図式」がすごいです。日本の歴史を学ぶとき、
この図式が頭に入っているといないとでその理解度はまったくちがってくるはず
です。日本人の共通理解になっていいと思いました。小学生の歴史の時間から教
えるといい。

その出世外人さんの(道州制についての)見立ては、
《「令和」時代はどちらに向くのかというと、やはり地方分権化の方向で、「道
州制」的な体制は自然な流れに思えます。グローバリズムがオールドファッショ
ン化し、ネオコンが弱体化、トランプ氏やプーチン氏など、非介入路線のリーダ
ーが世界を守っています。日本も、国内をしっかり固めて、日本を取り戻す、調
整の時期に入る、といったところではないでしょうか。》
納得です。

   *   *   *   *   *

出世外人さんの議論については、このほかにも、以下で書かせていただいていま
した。
mespesadoさんによる1億人のための経済講座Ⅲ(8)「労働」について① 
「残業代ゼロ法案」https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2018-04-29
mespesadoさんによる1億人のための経済談義(番外10)
日本のdeep state https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2018-11-02

参加を迷っておられる方、まだまだ大丈夫です。
多くの御参加をお待ちしております。

14:はぐらめい:

2019/04/26 (Fri) 06:59:14

host:*.omn.ne.jp
5月18日の東北一郎会に先立って開催するmespesadoさん講演会のチラシができました。
https://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2019-04-26
宮内地区2500戸に今日市報と一緒に全戸配布なります。ご希望あればお送りします。
宮内歴史を語る会の応援をもらうことになりました。
(mespesadoさん、加計呂麻島よりさん、勝手にここまで進めてすみません。
確認いただきながらとは思いつつ、いつもせっぱつまったギリギリ仕事になってしまいます。)

講演会後の東北一郎会、これからでも大丈夫ですのでお申込みお待ちしています。
以下、再掲です。

             記

◎日程 2019年5月18日(土)〜19日(日)

 ・5月18日(土)
  14:00 「mespesadoさんによる、世界を明るく見据えることができるように
      なる経済講演会(仮題)」     
    会場 シェルターなんよう(南陽市文化会館)小ホール
https://www.jatet.or.jp/journal/data/jatet_journal_201617_vol12.pdf#search=
%27%E5%8D%97%E9%99%BD%E5%B8%82%E6%96%87%E5%8C%96%E4%BC%9A%E9%A4%A8%27
        大ホールは「世界最大の木造コンサートホール」としてギネス
        認定なってます。
        一郎会以外の方にも広くよびかけます。
        mespeadoさんに1時間ぐらい話していただいて、その後質疑応答、
        意見交換の場を設けます。

  16:30 「東北一郎会」
    会場 赤湯温泉「むつみ荘」 http://www.mutsumisou.jp/bath/
        「東北一郎会」正式発足の後、それぞれの自己紹介も含め、
        いろんな話題を出していただきます。(2時間ぐらい)

  19:00 懇親会

 ・5月19日(日)
   9:00 結城豊太郎記念館  http://samidare.jp/yuhkikinen/
  10:00 夕鶴の里(民話口演等) https://4travel.jp/travelogue/10711084
  11:30 熊野大社 http://kumano-taisha.or.jp/
  12:30 宮内公民館で昼食(とんかつ竹亭の弁当)しながら、これからのこと
      やらを懇談。
  13:30 解散

◎参加費
 ・フルコース(講演会から19日の昼食まで)16,000円。(一部参加もOK)

◎参加申込み
 ・はぐらめい宛メール下さい。oshosina@omn.ne.jp 詳細をご連絡します。
  申込みの〆切を5月10日にします。

以上、よろしくお願い申しあげます。
13:亀さん:

2019/04/03 (Wed) 11:17:01

host:*.t-com.ne.jp
>>12

はぐらめい様

お忙しい中、私信も含め、返信をありがとうございました。

では、喜んで参加させていただきます。フルコースでの参加を希望しておりますので、よろしくお願いいたします。もしかしたら、未だに長野の雪に閉じ込められている、道友の歯科&音楽ウォッチャーさんも、後期募集で応募するかもしれませんが、その節はよろしくお願いいたします。そろそろ、東京に戻ってくると思うので、連絡が小生宛てにメールで届くのではと思います。


※ 人生の大先輩である堺のYさん、という訳で参加させていただけることになりました。当日は〝色々〟と貴重な〝体験談〟をお聞きするのを、今から楽しみにしております!!



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
12:はぐらめい:

2019/04/03 (Wed) 06:00:50

host:*.omn.ne.jp
>>11

亀さん様
3日ほど留守をしていて見逃してしまい大変申し訳ありません。
大歓迎です。
よろしくお願いします。

見逃しメール、他にもあるかもしれません。
再メールあるいはこの掲示板でご連絡お願いします。

第二次募集、〆切は4月末日とします。
まだまだ多くの方のお出でをお待ち申し上げます。

はぐらめい拝
11:亀さん:

2019/04/02 (Tue) 15:26:49

host:*.t-com.ne.jp
はぐらめい様

堺のYさん御夫妻が東北一郎会に出席するということを、Yさんとのメールのやり取りで知り、締め切り日ギリギリの3月31日に参加申し込みを、はぐらめい様にメールを送信させていただいた亀さんです。

その後三日が経過しましたが、参加が可能かどうかの返信を未だにいただいておりません。そのあたり、どうなったのかお知らせ願います。なを、すでに参加者で一杯なら諦めますので、遠慮なくその旨お知らせください。



亀さん拝
10:堺のおっさん:

2019/03/26 (Tue) 10:32:08

host:*.enabler.ne.jp

東北一郎会(5月19日、山形)の申込期日が迫っております。

堺のおっさんは、どうしてもいけません。

3月末が締め切りですので、

参加希望者はお早目に。
9:はぐらめい:

2019/02/11 (Mon) 17:52:45

host:*.omn.ne.jp
>>8 堺のおっさん様

よろしくお願いします。
堺のおっさんにお出でいただけるのが何よりの応援になります。
ご検討ください。

いま熊野大社の北野達(さとし)宮司に、5月19日の神社案内お願いしてきました。
昨年米沢女子短大国文学教授を退官、万葉集、古事記に明るいです。
大著『古事記神話研究—天皇家の由来と神話—』があります。
当日時間がゆるせば昼食に入っていただこうかとも思います。
学者らしくない柔軟な頭の持ち主ですので話題が広がるかもしれません。
8:堺のおっさん:

2019/02/11 (Mon) 08:22:20

host:*.enabler.ne.jp

>>7 はぐらめい様

東北一郎会の開催おめでとうございます。

東北の地で、これからの日本を語り合う!

素晴らしいことであると。

ネットの限界を突き破った、リアルな意見交換ができると思います。

応援させていただきます!
7:はぐらめい:

2019/02/10 (Sun) 10:26:26

host:*.omn.ne.jp
★★★東北一郎会★★★

「加計呂麻島より」さん(仙台在住)の幹事役名乗りに共鳴して、とりあえず
二人でスタートした「東北一郎会」、第一回を私の地元で開かせていただくと
いうことで責任重大、いろいろ思案の末せっかくのこの機会、mespesadoさんに
無理お願いして下記の通り開催いたします。(原案5月25日でしたが、会場都合
で5月18日に変更なりました)

             記

◎日程 2019年5月18日(土)〜19日(日)

 ・5月18日(土)
  14:00 「mespesadoさんによる、世界を明るく見据えることができるように
      なる経済講演会(仮題)」     
    会場 シェルターなんよう(南陽市文化会館)小ホール
https://www.jatet.or.jp/journal/data/jatet_journal_201617_vol12.pdf#search=
%27%E5%8D%97%E9%99%BD%E5%B8%82%E6%96%87%E5%8C%96%E4%BC%9A%E9%A4%A8%27
        大ホールは「世界最大の木造コンサートホール」としてギネス
        認定なってます。
        一郎会以外の方にも広くよびかけます。
        mespeadoさんに1時間ぐらい話していただいて、その後質疑応答、
        意見交換の場を設けます。

  16:30 「東北一郎会」
    会場 赤湯温泉「むつみ荘」 http://www.mutsumisou.jp/bath/
        「東北一郎会」正式発足の後、それぞれの自己紹介も含め、
        いろんな話題を出していただきます。(2時間ぐらい)

  19:00 懇親会

 ・5月19日(日)
   9:00 結城豊太郎記念館  http://samidare.jp/yuhkikinen/
  10:00 夕鶴の里(民話口演等) https://4travel.jp/travelogue/10711084
  11:30 熊野大社 http://kumano-taisha.or.jp/
  12:30 宮内公民館で昼食(とんかつ竹亭の弁当)しながら、これからのこと
      やらを懇談。
  13:30 解散

◎参加費
 ・フルコース(講演会から19日の昼食まで)16,000円。(一部参加もOK)

◎参加申込み
 ・はぐらめい宛メール下さい。oshosina@omn.ne.jp 詳細をご連絡します。
  第一次申込みの〆切を3月31日にしたいと思います。

以上、よろしくお願い申しあげます。
6:亀さん:

2019/01/27 (Sun) 13:12:05

host:*.t-com.ne.jp
★東京一郎会★

以下の日程で東京一郎会を挙行します。

7月21日(日)午後17:00頃~21:00頃まで

飯山さんの一周忌になります。

場所は池袋を予定しています。6月に入ったあたりから、6月一杯あたりまで申し込みを受け付け、その時点で小生あてに私信でメールしてくれた人数を目安に居酒屋を予約します。

なを、前日の7月20日(土)、同じく池袋で、野崎博士がブログでアップした飯山さんの最終講義の動画で、飯山さんが教科書に使っていた世界戦略情報誌『みち』、その執筆者や読者が集う「まほろば会」があります。部屋の収容能力に限界があるため、多くて5名ていどの方を招待します。
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-9217.html

飯山さんとつながりのある、あるいは飯山さんに私淑していた読者の方々、今回は第一回目の東京一郎会ということもあり、取り敢えずは酒を酌み交わしながら、飯山さんの思い出話、国際政治・経済の意見交換、堺一スケベーなYさんのY談などを楽しみましょう…^^;

なお、以下は数か月後に『みち』に掲載されるであろう、飯山さんに関する記事で、安西ファイルの安西正鷹さんの筆です。ご参考まで。

__________
●まほろば会と「安西ファイル」
・世界戦略情報誌『みち』を発行する文明地政学協会では、協会のメンバーが8月を除く毎月1回、定期的に会合を開いて勉強会を開催している。この勉強会である「まほろば会」では、私、安西正鷹が「お金」に関する講義を受け持っている。その講義内容を記録した本レジュメ「激動する2015年以降の世界金融・経済情勢」は、2015年1月に作成を開始して以来、今回の講義(2019年1月時点)で45回目を数える。気が付けば、今年で5年目に突入することになった。時間が経つのは早いものだと、つくづく実感している今日この頃である。
・実は、「お金」に関する講義自体は2010年春頃から担当していた。当初は『みち』発行人にして、師匠である藤原源太郎先生がメイン講師を務め、不肖ながら私が前座を任されて簡単な時事解説を20~30分程度行っていた。
・しかし、あれは確か2014年末頃のことと記憶しているが、藤原源太郎先生が「もう自分は話をするのが飽きたから、次回からはお前が中心になって話せ。テーマも何でも良い。好きなだけ時間を使っていい」とのお言葉を頂戴した。「話をするのが飽きたから」というのは、建前の理由だと思う。あれはいかにも師匠らしい照れ隠しの表現であって、「そろそろ後進に道を譲らなくては」というありがたい配慮と温情が本音だったのではないかと、手前勝手に解釈している。
・それにしても、思いがけず突然、大役を仰せつかったので、おおいに焦った。『みち』で連載を始めるまで文章を書くことは苦手だった。人前で話をするのも億劫だった。そんな私が、僭越ながら、人前で約2時間前後もの長い時間にわたって講義をするというのだから、平然としていられるはずがない。それまで決していい加減に準備してきたわけではないが、それまで以上にテーマの選定と話の組み立て方に注意を払う必要に迫られた。
・幸いにして、『みち』の連載で約20年近く書き続けてきたので、文章の方はなんとかなりそうだ。しかし、話の論理構成や展開は、事前に頭に叩き込んでいても、いざその時になればうまく思い出せるかどうか、いまひとつ自信がない。プレゼンテーションやスピーチでは、通常、箇条書きにした簡単なレジュメを作成して、顧客や聴講者に配布するものである。初めはそのことを意識して資料作りをしていた。
・ところが、順番通りに話すことを書き留めているうちに、いつしかそれ自体がレジュメになってしまった。講義ではレジュメを棒読みこそしなかったが、レジュメを見ながらこれに沿って話をすると、ラクであることを正直に告白しておこう。講義では強調した点やポイントを白板に書いていたが、白板に書き切れないことか多々ある。書いては消し、書いてはまた消すという作業も繰り返し行えば、時間と手間がかかる。講師としては失格なのだろうが、曲がりなりにも講義を成り立たせるためには、やむを得ない措置だった。
・ただ、一つだけ言い訳めいたことをいわせてもらえれば、話を聞く側としては良かったのではないかと、これまた自分本位に言い聞かせている。箇条書きのレジュメは、短時間で要点を簡潔に捉えることができるメリットがある。しかし、聴講者のなかには、小生の話を聞いているうちに聞き逃してしまう、何らかの事情で中座する、疲れでふと居眠りしてしまう、といったようなことが、無きにしもあらずだった。そこで、話の内容をリアルに書き留めておくことで、聞きそびれた箇所に戻ってキャッチアップすることが可能となる。
・さらに、書き残しておくこと自体が一種の備忘録となる効用もある。聴講者が後日、もう一度読み返すかはわからないが、仮にそのような場合には、文字として記録しておくことによって前後の文脈を損なうことなく、講義の内容を「復習」していただくことができる。あいにく欠席した方も、仮想講義として疑似体験できる。そして、何よりも、講師である自分自身が過去の講義内容を振り返ることができるという点が、レジュメを文書形式で書き続ける最大の理由である。

●「安西ファイル」の名前の由来
・話す内容と時間が回を重ねるごとに増えるにつれ、当初はA4版5~6枚程度であったものが、一時期ピークで40枚程度の大容量となった。もはやレジュメではなく、論文のような体裁をとるようになった。ただ、大容量といえば聞こえは良いが、決して大作ではなかった。引用元を明かすために長文の引用を掲載したこともあり、水増ししてしまったことは否めない。
・それにもかかわらず、「まほろば会」のメンバーである「亀さん」こと亀山信夫氏が、ご自身のブログで講義内容をご紹介くださり、高くご評価していただいた。「少し話を盛り過ぎではないか」と、半ばこそばゆい心地になりながらも、決して悪い気はしない。とにかく亀山氏は、フットワークが軽くて行動が素早く、そして人脈が広い。そんな「亀さん」がブログに乗せた小生の講義資料が、乳酸菌を大量培養する装置「グルンバ・エンジン」の発明家、故・飯山一郎氏に目に留まった。
・飯山一郎氏は、2011年3月に発生したあの福島第一原子力発電所事故によって放射能汚染への人心の不安が高まったなか、ツイッターとホームページで「『乳酸菌』を摂取すると免疫細胞(マクロファージ)が増殖して、放射線障害を予防できる」と主張し、乳酸菌ブームを作り出したことで一躍有名になった。小生の講義資料は、政治や歴史にも詳しく哲学者としての顔も持つ飯山氏にも好評だったようだ。直接お会いしたことはないが、電話で挨拶程度の言葉を交わしたことがある。その際、過分なお褒めの言葉も頂戴しただけでなく、この拙いレジュメに「安西ファイル」と命名までしていただいたことを後で知った。つまり、この通称「安西ファイル」の名付け親は、飯山一郎氏なのだ。身に余る光栄である。
・小さな勉強会の一資料という位置付けを超えて、いまや飯山一郎氏や「亀さん」のブログやHPで「安西ファイル」と命名されたからには、名前負けしないように後付けでもいいから、内容をそれなりのものにレベルアップする必要がある。そのような想いが募るなかで、「安西ファイル」は少しずつ進化してきているのではないかと思っている。
・資料の内容や構成に関しては、メルマガ『内海新聞』の主宰者である武田宙大氏から貴重なアドバイスをいただき、おおいに役立たせていただいている。おかげで、「メタボ気味」だった資料を質量ともにスリム化することができた。体調の優れない藤原源太郎先生の一時的な「代打」として『みち』の誌面を埋める必要があることから、最近でこそ10~30枚にまでボリュームが増えてはいるが、一時期は6~7枚にまで凝縮した。内容に関しても筋肉質な無駄のない読み応えのあるものになったのではないかと、心密かに自負している。この場を借りて謝意を表したい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

亀さん@人生は冥土までの暇潰し
5:vagabundo1431 :

2019/01/10 (Thu) 20:19:57

host:*.au-net.ne.jp

>>4 堺のおっさん殿

残念ながら都合つかず。楽しみは次回に取っておきたいと思います。
4:堺のおっさん:

2019/01/10 (Thu) 13:55:30

host:*.enabler.ne.jp

22日から志布志でミニ一郎会が開催されます。

すでにメンバーが埋まりましたので、

飛び入りは申し訳ありませんがお受けできません。


参加メンバーの皆様にご連絡です。

集合:22日(火)、10時飯山邸

解散:23日(水)、16時

なお、大阪から志布志に向かうメンバーは

17時までにサンフラワー受付まで集合ください。

以上です。
3:suyap :

2019/01/07 (Mon) 19:06:17

host:*.fsmtc.fm

>>1 堺のおっさん

>このスレッドは、リアルな交流を通じて飯山一郎氏の業績を
>これからの生き方に反映していこうという有志のための連絡スレッドです。

思わず ”いいね!”をクリックしたくなっちゃいました^^

なかなか簡単には顔を出せない地にいますが、あちこちの会が盛り上って

いく様子を拝見するのが楽しみです。

2:加計呂麻島より :

2019/01/07 (Mon) 08:26:19

host:*.ocn.ne.jp
おはようございます!
このような場を設けて頂き
有難き哉です!

「東北に一郎会をッ!」
南陽(はぐらめい)さんの呼びかけに
そりゃいいですねと
先日ご挨拶に行って参りました


交通便利仙台もいいけど
宿泊・飲食代勘案すると
地酒持込可みたいな
静かゆったり温泉もいい哉と

原案は5月25日土曜日
山形県・赤湯温泉にて
第一回「東北一郎会」開催!でした

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.