★ 掲示板:『放知技(ほうちぎ)』 ★彡 51419037

top
金正恩2018年元旦,金正恩,五輪外交を開始!平昌五輪を大成功に導く.習近平が金正恩を超国賓待遇!金正恩が米朝首脳会談を提案,これをトランプが即断で受諾!金正恩,板門店から韓国に入り,南北首脳会談.大成功!トランプが5月中の米朝首脳会談を示唆.マティス国防長官が「駐韓米軍の撤退」を示唆!…まさしく激動の2018年だ.この激動の切っ掛けをつくり,激動をリードしてきたのは,金正恩(34)だ!今後も金正恩は世界をリードする!目が離せない.深い考察と議論が必要だ.(M部長・飯山一郎)
金正恩の真実 金王朝の“深い謎”ビビンバ!北朝鮮!
てげてげ(1) てげてげ(2) なんちゃらかんちゃら 文殊菩薩 亀さんnew きのこ組new へっぴりごしnewmespesadonew移ろうままに2new
【!!必読!!】『日本』という国名の秘密new かんだい・ネットショップ 『放知技』データベース


混沌に希望を見出す賢者の発信スレー41-

1:堺のおっさん:

2021/01/24 (Sun) 07:25:51

host:*.enabler.ne.jp
どういう訳か、本スレが消えてしまっている。

原因調査を行いますが当面、記事はここにお願いいたします。


前スレはまさに武漢ウイルスという世界を混沌の世界に変え、

希望を打ち壊すまっただ中で国家について検証してきた。

今後の世界に最大の影響を与える一つのイベントである

アメリカ大統領選挙の投票日を3日後に控え、

世界がどちらになるのか固唾をのんで見守っている。

どちらになるにも、選挙自体が混乱し政治的空白が生じる。

こうした局面で真に問われるのは明確な指針である。

日本の進む道を照らす投稿を期待したい。
619:猿都瑠 :

2021/12/04 (Sat) 14:41:30

host:*.au-net.ne.jp
暗いネガティブなニュースばかりが流れると、気分が落ち込む一方。

とにかく不安にさせようとする意図的に選ばれたネガティブなニュースは正直どうでもいい。

朝起きたら、太陽光を浴びて深呼吸しよう。

人類は誰しも地球の一員であり、太陽系の一員である。

太陽は父であり、地球は母である。

深呼吸すれば、何よりも気分が落ち着く。

そして人類にとっては無限大に等しいエネルギーを頂く事が出来る。

焦りは禁物というが、落ち着いた気分でこそ、自分の頭が余裕を持ってフル回転できるのだ。

しかし自身の能力は自分に使う物ではない。

全て他人の為に使う。

他人がどうしたら喜ぶか、元気になれるか。生き生きとするか。

少なくともそう考えるはずだ。

相手の喜ぶ顔が見たい。

すると他人に嫌な事を自動的にしなくなる自分がそこにはいないか。

人間誰しもミスをする。それに気付かない事もあろう。

気付いた時には謝る事が重要だ。

自分が傷付けるようなミスだと思わなくても、相手は傷付いているかも知れない。

謝る事で相手の傷を癒す事が出来る。

謝罪する側のエネルギーが大きい事は言うまでもない。

真摯に言葉を紡いで、心から詫びる。

その想いは、脳で認識しなくても必ず心には響いている。

人間誰しも得手不得手が存在する。

他人の為にと自身の能力を使えば、その他人の心には余裕が産まれる。

余裕が産まれると、他人を傷付け他人のエネルギーを奪ってでも自分のエネルギーを満たす必要がなくなる。

つまり気付けば慈悲の心が産まれてくるのだ。

自分さえ良ければいいと行動すれば、自分が本来すべき事を他人がやらなければならない

すると他人の余裕も消えて行く。

この悪循環の結果が、政治が悪い。である。

しかし自分さえ良ければいいという時代が余りに続いたので、もはや人類ではどうしようも無くなった。

エナジーヴァンパイアの考えで行くと、9割もの人間が他人のエネルギーを吸っているとされる。

権力者から平民まで、自分さえ良ければいいと神頼みする。

お寺でもそうだ。

その結果、神は地上に括り付けられ、仏も成仏する手助けすら出来ない。

何が言いたいかと言えば、《この世の中を変える、他人を変えるには、まずは自分から》の本当の意味だ。

まずは一歩、それを自分の最も大切な人からやってみよう、これは心からの提案である。

やがてそれは集まって輪になって、大きな渦として循環する。

自分という生命の渦も循環する。

地球上では全てを循環させてエネルギーが安定しているのだ。

これを真の安心と書いて真心、そして平和と言うのではないか。
618:亀さん:

2021/12/03 (Fri) 18:17:38

host:*.t-com.ne.jp
>>617

> イルミナティ

通りすがりさん、「イルミナティ」という言葉を頻繁に使っておられるようですが、イルミナティという組織が今日でも存在しているのでしょうか? ここで、内藤陽介氏の以下の解説動画でご覧ください(16:35あたりから)。
フリーメーソン・イルミナティ陰謀論の正体 内藤陽介 渡瀬裕哉【チャンネルくらら】
https://www.youtube.com/watch?v=yDznup31YY4

それでも敢えてイルミナティが今でも存在しているというのであれば、何故にそう思うのか、是非、通りすがりさんの持っている証明とともに、ご自身のイルミナティについての私見を述べてもらえれば有り難く思います。

以上、よろしくお願いいたします。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し

追伸
13日あたりまで仕事で多忙につき、ブログ更新はその後となります。
617:通りすがり :

2021/12/03 (Fri) 11:53:03

host:*.ocn.ne.jp
ヒラリーを大統領に迎える準備は出来てますか?

イルミナティ米国支部がボケ痴呆老人と愛人成り上がり下品女を持ち上げたのには、理由があったようだ。

ヒラリーは既に米軍が殺してるはずだが、世界中でイルミナティ配下の影武者政治家が大活躍なので問題なし。

プーチンさえロスチャイルド待望のイスラエルvsロシアのハルマゲドンに必用なので、奴らの影武者ですかね。

616:通りすがり :

2021/12/03 (Fri) 00:36:27

host:*.ocn.ne.jp
同抗原ワクチンを5回打つとバタバタ死に始める。
2023年から大混沌時代がやってくる。

医師看護師が居なくなり医療が崩壊し、機器の点検修理が出来なくなりラインラインが崩壊し大事故が頻発する。
マンションは洩れなく廃墟になる。
流通は崩壊し、行き倒れ者が溢れる。
リアル北斗の拳の世界がやって来る。

そうなったら、政治家の使命は、如何に欠けた人力を補充できるかに尽きる。
中国共産党に詣でて、余りまくっている中国人移民を如何に勝ち取るか?
岸田政権は当然それを見越して移民政策を公表している。

中国共産党の地球支配は直ぐそこまで来ている。
パンデミックもワクチンも全ては地球支配のための超限戦の一環か。
ロスチャイルドが後押ししてるので、世界は混沌時代へまっしぐら。
そのあとはユダヤ共産主義を憎むプーチンの出番ですね。
プーチン影武者は何代まで続くのか?


615:猿都瑠 :

2021/12/02 (Thu) 15:16:13

host:*.au-net.ne.jp
>>614

もしもこれからワクチソによる大量タヒ(し)が起こるとしたら、相場はどうなるのか。

各国内の生産力が落ちて金余り状態になれば、貨幣の価値は下がる一方になる。

つまり今始まったとされるインフレはそういう状態じゃないのか。

我が国は数十年のデフレで経済を回す所で肝心な貨幣が足りていない状態。

しかし中国の生産力が落ちて来ていると言われ、日本の製造業の稼働率が上がって来ているようだと。

すると自国通貨の価値が下がった投資家は、日本への投資を増加させるのではないか。

ハッキリ言えば日本の価値が再上昇すると言える。

必要以上に他国のように信用創造を増大させれば、欲は延々と増大する。

その信用創造は結局、僅かな人数の元に集められるだけではないか。

マイナンバーカードの普及にいちゃもんを付けている人々がいるが、銀行口座に毎年300万と記せばいい。

日々の生活に不安を覚える人々を救済して、本来の能力を発揮して貰う。

何故そのような政策に噛み付くのかと言うと、自分は頑張っているのにお金が貰えていない、

頑張って稼がない奴に我々の税金をあげるなんてとか、働かない奴が出てくるとか、甘やかすなとか。

全て自分さえ良ければ良いといった考えがベースにある。

まずは他人の為に何かをするのが先という精神があれば、やがてそれはエネルギーとしていずれ自分に戻って来るのだし、

今の経済が行き詰まっているのも、結局はお金というエネルギーを循環させておらず、経世済民の本来の意味には全くなっていないからであろう。

お金持ちがますますお金持ちになる。

そして次は他人をお金で支配する。

世界寡頭勢力がお金と言うツールでそれ以外の人間からただエネルギーを吸収している一方通行なのが今であろう。

人間だけが地球上での循環系に逆らった存在なのだ。

世界寡頭勢力が悪いんじゃない。

自分さえ良ければという人間ばかりになった結果、1人1人が積み重ねて産み出したとも言える。

人類我欲の象徴としての存在が世界寡頭勢力である。

まずは最も大切な人たちの為に何が出来るか考えよう。

難しい事を自分が行い、他人には易しい事を任せる。

仏法の精神でもある。

そしてその輪が広がって行けば、地球上の他の生物同様、循環系に戻る事が出来る。

考えてもみよう。

誰もやりたくない事を誰かがやってくれたのを見て、ラッキーとか、自分の時間を使わずに済んだとか、得をしたと思ってはいないか。

そしてそれが自分の思い通りにならなかった時、人間は怒るのだ。

その極致が同族で殺し合う、人間以外の生物は誰もしない戦争であろう。

ただ戦争のある世界が消滅すれば平和なのではない。

1人1人が誰に対しても悪意を持たない、相手を尊重出来る世界こそが、真の世界平和であろう。

コロナ禍という不自由な現在にこそ、自身の存在意義がより問われる。

自己中心的な時代は終わりを告げた。

人類の1人1人は神であり仏でもある。

神々ですら戦ったが、仏の世界には鬼神まで入っている。

しかし好き嫌いはなかなか無くならないし、我欲も無くならない。

仏に早くなりたいではなく、まずは一歩一歩、仏になるための魂の修練に日々励む。

これが本来の人類の生きざまだろう。

そうすれば地球新時代に生きる事の出来る人間の姿に近付けるのではないか。

もう既に気付く人々は自動運転のように行動を始めている。

考えなければならないが、地球の意思を感じなくてはならない。

先月末から今月初頭で大きく潮目が変わったと感じている。
614:猿都瑠 :

2021/12/01 (Wed) 17:39:14

host:*.au-net.ne.jp
日本の財政は大丈夫か。

デフレ時代は日本潰しの一環か。

確かにそう思えなくもない。

しかしこの世は全て逆仕掛け。

自分と思っている姿は自分ではなく、本当の自分は上に居るから。

気付かないように巧みになっている。

真の姿なら楽なのに、何故この不自由極まりないこの世に居るのか。

何度も言うが魂の鍛練の為。

実は大金持ちとかこの世を謳歌している人間って言うのは、魂は未熟なのだ。

全てではなく、この世の弱者がどうなろうが知ったこっちゃない態度を取っている連中の事だ。

ただし金銭に不自由しているからと言っても、魂が熟しているとも言えない。

要は他人の為に何を為す事が出来るか、である。

自分が高校生の時代の天台座主倪下であられる山田恵諦師の著作にこうある。

コロンビアの火山噴火で小さな娘さんが可哀想に首まで泥水に漬かって、3日ほど生きとったが、必死の救助作業も力及ばず幼い命を失った。

救出してくれてる人たちに「皆さんも少し休んでください。」というたそうだ。

仏やの。

もちろん表彰されたいが為に救助活動を行った者はいないだろう。

人は元来、仏性を持っている。

自分は尊い者であるが、自分だけが悟れば良いものじゃない。

成仏は書いた字の通り仏に成る、である。

つまり「お金」というツールは成仏出来るまでの魂レベルになれば消え去るのだ。

日本以外の他国はせっせと信用創造を行い、気が付けば日本は賃金レベルでの順位をどんどん落としている。

しかし考えてもみよう。

どの国家も信用創造を延々と続けられるはずがない。

お金がもっと欲しいもっと欲しいと物欲を満たし続けて、その行き着く先は何処だろう。

どれだけ有用な物が産み出されても、信用創造で買い叩かれる。

今に溢れるお金で買うものが無くなった時の事を考えた事があるだろうか。

いや最早、金が金を産むの世界ではないか。

欲望の赴くままに生きれば、成仏と掛け離れて行くだけだ。

心配せずとも日本は日本人を賄うだけの金融財産は充分にある。

全世界で9%の人々が飢餓状態にある世界の今が我が国内に広がって問題になっているわけでもない。

相対的貧困が問題なのだ。

本来ならば政治で一気に解決出来る問題を解決する気配すら見せない。

権力欲、支配者欲がその元凶だ。

これでもし信用創造で円が数倍になっているならば、ますます欲望を満たす争いは激化していただろう。

地球の次の時代に順応した人類になる素地創りの為の20年を超える世界史上で唯一のデフレ経済であると言えないか。

人類が成仏出来なくなって6000年。

紀元前3000年まではグレートマザーが存在していた。

「みち」の最新号の安西稿である。

つまり今幾多とある宗教の存在しない時代には人類は成仏出来ていたという事実。

現世に力点を置くか、それとも魂レベルに力点を置くか。

人間何事も1人で成せるならば、人類の存在そのものが不要だろう。

何故この世に自分が存在しているのか、生きている意味は何なのか、突き詰めて行く事が人類の究極の真理に繋がると思うのだ。
613:mespesado :

2021/11/29 (Mon) 19:08:32

host:*.eonet.ne.jp

>>607 の続きです。


> 2021年の年齢別死亡率に原因がある、という結論になります。ただし、
> そうなった場合でも、死亡率の内訳、つまりまだ公表されていない2021
> 年の(しかも死因別の)死亡率がどうなっているのかを知らなければな
> りません。これはまた別の分析が必要になる


↑と書いたところですが、人口動態統計で、5歳刻みの年齢軍団別の死亡数

が6月まで公表されているので、それを使って2021年の超過死亡数が実際に

どの程度になっているのかを、5歳刻みの死亡率の分析を用いて確かめてみ

ることにしました。

 人口動態統計から、2020年と2021年の1月から6月までの各月の男女別・

5歳刻み年齢階層別の死亡数を取ってきて、2021年各月の「実際死亡数」と、

もし2021年に2020年と同じ5歳刻み年齢階層別死亡率に従って死亡が発生し

ていたと仮定した場合の「仮想死亡数」を比較して、前者から後者を差し引

いた人数を「2020年水準を基準とした2021年の超過死亡数」とよぶことにし

て、これを表計算ソフトで実際に計算してみました。ただし、計算の都合で

10歳以上の人口のみを対象として計算しました。その結果は以下のとおりと

なりました↓

  実際死亡数 ― 仮想死亡数 = 超過死亡数
1月 137,136   132,879    4,257
2月 117,441   119,034    -1,593
3月 122,203   121,559     644
4月 116,855   115,848    1,007
5月 117,351   110,675    6,676
6月 107,493   102,472    5,021


 さて、これをどう解釈したらよいか、ということになりますが、2021年の

全国の新規感染者と死亡者のグラフ↓

https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210808-00251965

によると、1月と5月に新型コロナ死亡のピークがあります。ですから、上

記の超過死亡の一部は新型コロナによる死者と病院の逼迫による犠牲者を含

むと思われますが、死亡者も重傷者も5月を中心に対象的に分布しており、

超過死亡は4月は大したことなく6月がかなり大きいところを見ると、超過

死亡における5月の一部と6月の相当部分は、コロナ死亡や病院逼迫の被害

者のみによると考えることは難しく、時期的に考えてワ○チ○による死亡が

かなり含まれると考えた方が自然です。

 以上が年齢の要素を加味した超過死亡に関する考察で、実はこの結果はか

なり微妙なものとなっています。というのは、上では2020年の死亡率を標準

として2021年の超過死亡を考えましたが、2019年の死亡率を標準として考え

ると、実は2021年のほとんどの月の死亡数は超過死亡にならず、逆に過少死

亡となってしまいます。ただ、2020年は、コロナウイルスとのウイルス干渉

によりインフルエンザの流行が抑えられたことにより例年よりその分の死亡

が少なくなっていて、それは2021年に入っても状況は変わらないと思われる

ので、インフルの死者が抑えられているという意味で2021年とは共通状況下

にあった2020年と比較するのが妥当と思われるからです。
612:mespesado :

2021/11/29 (Mon) 12:49:28

host:*.eonet.ne.jp

>>605 >>608

 この一連の書き込みで私が何を行っているのかよくわからん、という人も

多いと思うので、整理します。

 >>605 で示したことは、2021年の年齢別死亡率に特段の異変が無かったと

仮定しても、人口ピラミッドの歪みのせいで、たまたま2021年のに実際に観

測されている超過死亡を説明することはできる。

 しかし、>>608 で示したことは、だからといって逆は必ずしも真ならず。

つまり、現実に2021年の超過死亡は多いけれども、そのことは必ずしも2021

年の年齢別死亡率に特段の異変が無かったことを示すものではない、という

ことです。
611:mespesado :

2021/11/29 (Mon) 09:29:18

host:*.eonet.ne.jp

>>608 最後にタイプミスの訂正

(誤)

かりました。その原因は、年齢別死因別統計が無いと正確なっ子とはわから

(正)

かりました。その原因は、年齢別死因別統計が無いと正確なことはわから
610:mespesado :

2021/11/29 (Mon) 09:15:44

host:*.eonet.ne.jp

>>608 あわわ、間違いだらけ!!

(誤)

ることにしました。つまり、2016年の死者数は、この2015年の人口ピラミッ

ドに2016年の実際の死亡率を乗じて算出し、2017年の死者数は、同じ2015年

の人口ピラミッドに2016年の実際の死亡率を乗じて算出し、2018年の死者数

は、同じ2015年の人口ピラミッドに2017年の実際の死亡率を乗じて算出し…

(正)

ることにしました。つまり、2016年の死者数は、この2015年の人口ピラミッ

ドに2016年の実際の死亡率を乗じて算出し、2017年の死者数は、同じ2015年

の人口ピラミッドに2017年の実際の死亡率を乗じて算出し、2018年の死者数

は、同じ2015年の人口ピラミッドに2018年の実際の死亡率を乗じて算出し…
609:mespesado :

2021/11/29 (Mon) 09:07:53

host:*.eonet.ne.jp

>>608 訂正

(誤)

 なんと!すべての年の死亡者数がキレイに揃ってしまいました。

 ということは、「年齢別死亡率をすべての年で共通にそろえると、毎年の

死亡者数がほぼ同じになる」わけですから、人口ピラミッドのデコボコの位

置のずれは関係が無いことになります。


(正)

 なんと!すべての年の死亡者増加数がキレイに揃ってしまいました。

 ということは、「年齢別死亡率をすべての年で共通にそろえると、毎年の

死亡者増加数がほぼ同じになる」わけですから、人口ピラミッドのデコボコ

の位置のずれは関係が無いことになります。
608:mespesado :

2021/11/29 (Mon) 08:53:13

host:*.eonet.ne.jp

>>607


> 例えば2020年は前年よりもマイナスの超過死亡だったりとか、2017年の
> 前年比微増、2018年の前年比微減も、現実の超過死亡データを使わず、
> mespesadoさんの推計1~3のメソッドで推計した場合、ほぼ同様の結果
> を得られるのでしょうか?


 鋭い視点だと思います。


> 多様な人口ピラミッド型にもかかわらず、各国で今年の超過死亡が激増
> していることの説明は、日本だけではできないのでは?


 そうですよね。ここが一番不思議なところです。第二次大戦の戦死者やベ

ビーブームは他の第二次大戦参加国にも見られるかもしれませんが、丙午は

日本だけですしね。どうもおかしい…。

 そこで、計算から毎年の死亡率の変化の影響を取り除き、純粋に人口ピラ

ミッドの歪みの影響だけを反映させるために、2015年から2021年までのすべ

ての年の死亡率を2019年の死亡率に置き換えた「架空の」場合を計算してみ

たんです。そうしたら、毎年の対前年死亡増加数は以下のようになりました:


 2016年:46,411人

 2017年:45,946人

 2018年:45,026人

 2019年:43,682人

 2020年:42,156人

 2021年:40,232人


 なんと!すべての年の死亡者数がキレイに揃ってしまいました。

 ということは、「年齢別死亡率をすべての年で共通にそろえると、毎年の

死亡者数がほぼ同じになる」わけですから、人口ピラミッドのデコボコの位

置のずれは関係が無いことになります。

 アレレ?どういうこと?

 2021年の人口動態統計が示す死者数の激増の原因は人口ピラミッドの歪の

せいではない、ということになると、真の原因は、やはり毎年の年齢別死亡

率の変化のせい、としか考えられない…。

 ということで、次に、今度は人口ピラミッドの方を、毎年2015年の年齢別

人口で固定して、死亡率だけは実際の死亡率を使って死亡者数を計算してみ

ることにしました。つまり、2016年の死者数は、この2015年の人口ピラミッ

ドに2016年の実際の死亡率を乗じて算出し、2017年の死者数は、同じ2015年

の人口ピラミッドに2016年の実際の死亡率を乗じて算出し、2018年の死者数

は、同じ2015年の人口ピラミッドに2017年の実際の死亡率を乗じて算出し…

という具合にして計算していくわけです。ややこしくてわかりにくいかもし

れませんが、これはつまり、人口ピラミッドの歪みが毎年1歳ずつ上にズレ

ていく影響を取り除くために、これをズレないように固定した「架空の」人

口ピラミッドによって計算をしてみたわけです。その結果は以下のとおりと

なりました:


 2016年:-13,704人

 2017年: -8,374人

 2018年:-16,302人

 2019年:-19,760人

 2020年:-38,646人


 今度は人口を固定しているので、死亡率は毎年改善している効果だけが現

れるので、毎年の死亡率が微減し続けていることを反映して、毎年の同じ年

齢の死亡者数は減る一方になるので、対前年増加死亡者数は常にマイナスに

なるわけですが、なんと!今度は2020年だけ減少幅が突出して大きい!

 つまり、この2020年の死亡者数の大幅減少は人口ピラミッドの歪みのせい

ではなく、単純に2020年の年齢別死亡率の特異性が原因であると考えざるを

得ないわけです。(ちなみに上記で2021年の欄は省いています。これは、先

の最初の表の場合は、年齢別死亡率は固定して人工ピラミッドだけ1年ずつ

ずらして計算していくので、2021年の死亡者数を計算することに意味はあり

ましたが、今回の場合は、逆に人口ピラミッドの方を毎年共通にしています

から、2021年の年齢別死亡率を例えば2019年の数字で代用しても、2019年の

死亡者数と全く同じものが再出されるだけなので、意味が無いからです。)

 ちなみに、上では人口ピラミッドを2015年のもので固定して計算しました

が、代わりに2016年のもので固定して計算しても、2017年のもので固定して

計算しても、…、2020年のもので固定して計算しても、傾向はほとんど変わ

りはありませんでした。つまり、人口ピラミッドの歪みの影響はほとんど関

係なく、単純に毎年の年齢別死亡率だけの影響で死亡者数が決まってしまい

ます。つまり、2020年の死亡者数の対前年増加が異例のマイナスになったの

は、人口ピラミッドの歪みのせいではなく、2020年の死亡率の特異性が原因

だった、と考えざるを得ないことがわかりました。

 従って、この場をもちまして、私の前言 >>605 の「結論部分」は撤回さ

せていただきます。どうもお騒がせ致しましたm(__)m


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


 そこで、じゃあ2020年の男女別・年齢別死亡率が、それ以外の年の死亡率

と何が違うのかを調べてみたところ、特に10歳未満の幼年層と77歳以上の高

齢層で、2020年の死亡率だけ他の年からかけ離れて低くなっていることがわ

かりました。その原因は、年齢別死因別統計が無いと正確なっ子とはわから

ないのですが、人生の中で最も脆弱な年齢層の死亡が減っていることから、

①新型コロナのウイルス干渉で子供も多く犠牲になるインフルの感染が抑え

られたこと、②外出を控えたため外出に伴うリスクが軽減したこと、などが

考えられますが、今のところ、真の原因はよくわかりません。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 さて、以上のような「言い訳」はいいから、皆さんの一番知りたいことは、

「2021年の人口動態統計による超過死亡の原因は何か」ということですよね。

2020年の超過死亡のマイナスが人口ピラミッドの歪みのせいでなく、2020年

の年齢別死亡率の特異性そのものが原因だった、ということがわかったので

すから、2021年についても同じことが言えます。つまり、これは人口ピラミ

ッドのせいではなく、2021年の年齢別死亡率に原因がある、という結論にな

ります。ただし、そうなった場合でも、死亡率の内訳、つまりまだ公表され

ていない2021年の(しかも死因別の)死亡率がどうなっているのかを知らな

ければなりません。これはまた別の分析が必要になる、ということになりま

す。というわけで、今回は、>>605 の分析は、早計で結論は誤りだったとい

うことの釈明まで、ということにさせていただきたいと思います。
607:suyap :

2021/11/28 (Sun) 21:35:42

host:*.cdn77.com

>>605 mespesadoさん

自らの統計作業、お疲れ様でした。
数字が絡むものはカラッキシ苦手な私には、想像もつかない仕事です^^

さて...

 >2021年の人口動態統計における現実の超過死亡の主たる原因も、
 >人口ピラミッドの歪性に由来するものと考えるべきであり、これをワ○チ○
 >副反応による死亡の影響と見ることはできない

とのことですが、例えば2020年は前年よりもマイナスの超過死亡だったりとか、2017年の前年比微増、2018年の前年比微減も、現実の超過死亡データを使わず、mespesadoさんの推計1~3のメソッドで推計した場合、ほぼ同様の結果を得られるのでしょうか?

多様な人口ピラミッド型にもかかわらず、各国で今年の超過死亡が激増していることの説明は、日本だけではできないのでは?

また、今年は2011年から10年後にあたります。ベラルーシで内部被曝の影響が人口的に顕著になってきたのも、確か10年後くらいからじゃなかったかしら?

606:猿都瑠 :

2021/11/28 (Sun) 17:02:30

host:*.au-net.ne.jp
今でこそここ最近、陽性者数の激減で日常を迎えたかのようになっている。

恐らく、コロナ禍について落ち着いて思考する最後の時間だと思う。

世界寡頭勢力は効率を重視する。

とにもかくにも効率の悪さには我慢出来ないようだ。

人類削減、自分たちが必要とする人類のみを選別したい。

その思いで戦火を延々と繰り広げて来た。

最も顕著なのはマネー争奪戦の仕掛けであり、マネー崇拝を構築し、人間の思考を奪う為には何でもした。

更にはメディアコントロール、洗脳、ショックドクトリンまで。

しかし人口は減らない。増えて行く一方。

実は核兵器も既に過去の遺物である。

核兵器誕生から日本以外で使用された事がない事実が物語っている。

原発事故も大幅な人口削減には程遠かった。

ケムトレイル、農薬、添加物と体内への毒物摂取を試みたが、それに反して寿命は延び、平均寿命はアフリカの数ヶ国を除いて60歳を大きく超えている。

世界寡頭勢力の攻撃は常に、生命への恐怖や危機、つまりネガティブ要素に尽きる。

生きる気力を奪うには、ネガティブ要素をぶつけ続ける事が最も手っ取り早い。

多種多様な疾病を産み出すも長寿が唄われるようになり、西洋医学による薬漬け医療がマネー崇拝宜しく、大手を振って歩いている。

世界寡頭勢力の攻撃は手段を選ばない。

肥った人間のエネルギーを吸うために、ありとあらゆる悪意を善人の面をして手を差し伸べて来る。

今の世界を、各国家を見てみれば、国家の上位にコロナ禍対策が来ている。

所謂DSの仕掛けが露骨なまでに現れている状況ではないか。

人口削減計画を隠さなくなったのが今現在である。

欧米諸国も米国も完全支配下に置かれた状態である。

ワクチソパスポートが無ければ何も出来ないようになりつつあるのだから。

ならば世界寡頭勢力が最も滅ぼしたい日本國はどうか。

欧米諸国のようにコロナ禍が猛威を振るっているのと比べれば、平穏そのもの。

さすが日本だと言えるのか。

いや、日本國は最後に比較にならない追い込みを見せられると考える。

この予想は正直外れて欲しい。

しかし、欧米のように終息させない状況が続いていない点。

コロナ禍の初級が終わっただけだ。

幾度と言って来たが、日本人は人類の真の姿に目覚める可能性が非常に高い民族である点だ。

目覚められては、世界寡頭勢力の天国が完成しない。

だからこそ根絶やしにしたい。

考えてもみよう。江戸時代という世界史上でも稀有な平穏な時代を。

白人勢力を排除した結果、大きな意味でのパラダイスだったではないか。

彼らの考えられないぐらいの悪意を日本は受け続けて来た。

やがて最も残虐な手法で、日本への総攻撃が始まる。

陛下や一部の政治家は身をもって知っているだろう。

しかし抗う術は恐らく無い。

平穏な時期は年末年始までは続くかも知れない。

年明けに第6派の到来、今までに無い厳しさになるだろう。

日本製の特効薬が出来たと春先に報道され、我が先にとなるだろう。

12700万人分が127gで。最も効率の良い殺戮方法だ。

阿鼻叫喚の地獄絵図が目の前に広がる。

愛する者のタヒ(し)は、人類にとって魂の喪失というエネルギーを奪う最もネガティブなダメージを生き残った者に及ぼす。

つまり、世界寡頭勢力とは、自分たちが良ければ他人がどうなろうが知ったこっちゃない存在であると定義付けられる。

前回お話しした岡潔師が祖父に唯一与えられた教訓を覚えているだろうか。

他を先にして自分を最後にせよ。である。

人類がこの世という不自由極まりない世界に送られて来たのは何故か。

魂の修練の為である。

他人の魂を磨く事で悟り、成仏出来るのである。

しかしここ6000年、成仏した人類はいない。

八百万の神々は未熟な魂に縛られて神社に釘付けである。

自身の能力で何でも出来るのに、神頼みされてしまうからだ。

神に祈るのは日々への感謝であり、仏に祈るのは御加護への感謝である。

宮島の厳島神社の横にあるお寺で一人の初老男性がこう叫んだ。

「他人の事を祈ってどうすんねん。自分の事を祈らんと。」

真逆の事を言われて、ドキっとした。

自分さえ良ければ良い。その考えが真理を更に遠ざける。

現世で一人でできるだけエネルギーには限りはあるが、神仏というこの世の真理そのもの、

宇宙空間という無尽蔵のエネルギーに充ち溢れている事を忘れている。

他人の事を先にすれば、神仏はいくらでもエネルギーを与えてくれるのだ。

今まで自分の魂が輪廻転生した過去の、そしてこの世での業《カルマ》をも返さなければならない。

更に頼みごとばかりされた神々にも成仏して頂かなければならない。

世界寡頭勢力のやって来た事は地獄の沙汰。

しかしそれは自分さえ良ければ良いといった各人の我欲のエネルギーが産み出したものである。

今回のコロナ禍も人類の所業が産み出したものなのだ。

エネルギー保存の法則はここ地球上では絶対的な真理だ。

一人一人が他人の為にとなった時に、コロナ禍は消えて人類は次の次元へと進化するだろう。
605:mespesado :

2021/11/28 (Sun) 14:14:51

host:*.eonet.ne.jp

 内容的には「コロナ・メモ」的な話題なのでしょうが、自分独自の調査に

よる結果なので、この本スレの方で書くことにします。

 毎月「人口動態統計」が公表されるたびに、今年の4月以降の「超過死亡」

が異常に多いことが話題になり、それを「ワ○チ○のせいだ!」とする分析

がネットを賑わせています。で、これに対する異論も出ていたのですが、私

としては、これらの論争に対して不満がありました。

 というのは、その分析方法が、生命保険業界のアクチュアリー(保険数理)

部門に長年籍を置いた私にとってはあまりに「杜撰」過ぎるからです。

 ただ、口先だけで文句を言っても仕方がないので、自分で実際に総務省統

計局の国勢調査に基づく男女別年齢別人口と、男女別年齢別の死亡率を使っ

て、自分でエクセルで数値計算して実態を確かめることにしました。この書

き込みは、その報告です。

 まず、日本人全体で、死亡者数が前年に比べて多いか少ないかということ

は、年齢別の人口分布の違いをモロに受けます。なぜなら、年齢によって死

亡率というのは恐ろしく違うからです。例えば、2019年を例にとると、

男性の70歳の1年以内の死亡率は1.7%なのに対し、80歳の1年以内の死亡率

は4.5%と、同じ「高齢者」にくくられても3倍近く違います。そして、日本

人の人口ピラミッドは、丙午だの、戦争とベビーブームの影響によりきれい

なピラミッドや釣鐘型に比べてかなり大きなデコボコがあります。なので、

日本人全体の死亡数だけを毎年追って行くだけでは、翌年の死亡数を予測す

るのは無理があります。やはり、男女別・年齢別に細かく調査していかない

と正しい分析はできないのです。

 そこで、次のような前提を使って計算することにしてみました:


(1)2015年の国勢調査に基づく男女別年齢別の人口をベースに、同年

   から2020年までの毎年発行される「簡易生命表」の男女別年齢別

   死亡率に従って、毎年各年齢の人口が減少していくものと仮定して各

   年の男女別年齢別人口を推計する(この際、1年経過するごとに、年

   齢が1ずつシフトしていくことに注意する)。

(2)2021年の簡易生命表はまだ発行されていないが、これを3種類の

   方法で推計する。【推計方法1】では2019年の簡易生命表の死亡率で

   代用し、【推計方法2】では2020年の簡易生命表の死亡率で代用し、

   【推計方法3】では2015~2020年の簡易生命表の死亡率の平均値で代

   用する。

(3)2015年の国勢調査の年齢別人口と毎年の年齢別死亡率だけからで

   は、2016年の0歳、2017年の0歳と1歳、…の人口が計算できな

   いことから、5歳以下の死亡者数は一斉に無視し、逆に超高齢者では、

   簡易生命表死亡率が105歳以上は公表されていないことから、それ以

   上の年齢は無視した。つまり、6~104歳での死亡数のみで比較す

   ることとした。


 以上に基いて、6~104歳での合計死亡数の、対前年での差を計算する

と、以下の結果となった。


 2016年:32,208人

 2017年:35,334人

 2018年:24,278人

 2019年:19,704人

 2020年:-5,795人

 2021年:94,578人【推計1の場合】
     44,205人【推計2の場合】
     117,311人【推計3の場合】


 なんと、2021年だけ突出して超過死亡が増えている。これは、その推計の

仕方からわかるように、2021年の「現実の死亡率」を全く使っておらず、単

に「過去の死亡状況と同じ死亡率」だったと仮定した場合の超過死亡数であ

る。つまり、これらの2021年のみ突出した死亡者数にワ○チ○死亡の影響は

全く関係ない!

 つまり、2021年の人口動態統計における現実の超過死亡の主たる原因も、

人口ピラミッドの歪性に由来するものと考えるべきであり、これをワ○チ○

副反応による死亡の影響と見ることはできない、ということです。
604:猿都瑠 :

2021/11/27 (Sat) 15:59:42

host:*.au-net.ne.jp
前回の投稿でエナジーヴァンパイアの話を出した。

宇宙空間で、そして地球上で生きる為にはエネルギーがいる。

目に見えるエネルギーもあれば、目に見えないエネルギーもある。

前者の代表が化石燃料であり、後者の代表は祈りである。

目に見えるエネルギーは視覚化されやすいのだが、目に見えないエネルギーは五感を働かせるしかない。

しかし現代人は目に見えるエネルギーを盲信しすぎてしまっている。

今ある肉体が自分自身なんだと全く疑わないからこそ、三次元世界に囚われる。

まさか真の人類の姿に気付かせずに、何も知らない気付かない人類のエネルギーを奪っている連中が居るとも知らない。

それを世界寡頭勢力と言う。

そのエネルギーを最も奪うのが、お金というツールである。

労働で得られた対価よりも、投資で得られる対価の方が大きい。

それを資本主義と呼び、負ければこの世は弱肉強食と罵倒する。

最もたちが悪いのは、信用創造を握っている連中である。

そう、彼らこそが人間のエネルギーを最も奪うのだ。

しかしこの真理だけでは、庶民は奪われるだけじゃないかと絶望しかない。

が、自身には頭脳がある。考えるのにそれほどエネルギーは消費しない。

企業体は省エネに舵を切って久しいが、自分の頭脳も省エネ化し、ハイブリッド化すれば良いのだ。

人類の真の姿があるにせよ、この地球上で肉体を維持するにはメンテナンスが必要だ。

エネルギーを奪うだけ、奪われるだけの医療ではなく、人体は本来どうあるべきかを問うしかない。

その寡頭勢力のエネルギー奪取の集大成が、今のコロナ禍である。

つまりこれを乗り越えた者だけが、コロナ禍終了後の地球で生き残る事が出来るのである。

恐らく世界寡頭勢力は無駄にエネルギーを使う人類を減らしたいと思って、コロナ禍を仕掛けている。

しかしコロナ禍を乗り越えた人類は、世界寡頭勢力の求める奴隷と真逆の種なのだ。

結果として、世界寡頭勢力の連中はほぼ消えていく。

岡潔師は祖父に唯一教えられた教訓として、他を先にせよ、自分は最後にせよと言われ続けて来た。

まず自分は他人の為に何が出来るのかを考える事だ。

たとえワクチソの話はしない方が良いと言われても、自分の護りたい人々には実際に、そしてSNS上でもその話をした。

遠方で疎遠になった人々の目に見えなかった、しかしそれも必然である。

飯山翁ではないが、救世主は現れない。

それはつまり、一人一人が己の頭で考え、誰かを助けるかどうかを問われてもいるのだ。

人類には感情が存在する。

ネガティブになればエネルギーが無くなり、ポジティブになればエネルギーに充ち溢れた感じがする。

コロナ禍はネガティブな要素が溢れている。

ネガティブになった人類のエネルギーの行き先は言うまでもない。

エネルギーが無いじゃないかと嘆く必要はあるのか。答えは否である。

日本という國は何故、神仏習合なんだろう。八百万の神々だけではなく、如来に無限の菩薩が存在する意味とは。

寡頭勢力が日本人を根絶やしにしたい理由、その答えがここにある。
603:猿都瑠 :

2021/11/25 (Thu) 14:31:49

host:*.eonet.ne.jp
【マドモアゼル・愛 】自分の時間が無くなっていく

楽しいゲーム、楽しいライン、楽しいフェースブック、、、スマホタイム、パソコンタイムが増えていき、
自分の自由な時間が段々となくなっている現代人。

自分の時間は自分を自分らしく育てる大切な時間。
それが知らない間についついSNSに夢中になることで奪われてしまっていく、、、


これが政策なのかサービスなのかは個々の判断に任せるとして、健康についても同様に考えられます。


自然界の生物に病気はほとんどありません。動物も植物も同様です。
お米作りをしたことがありますが、育たなかった稲を見たこともありません。
何千もある稲の苗は、ひとつも脱落することなく育ちます。

優秀な稲づくりは大変な努力の結果成しえたことだと思いますが、
ならば、もっと大切な人間の健康のノウハウは、さらに高度でなければおかしいはず。
本当は人間が健康に生きることは、知識の上でも確立した事柄なのではないでしょうか。
なのに、それを知らされてないだけの話しなのでしょう。

悲しい時代、悲しい地球運営と言えなくもありません。
しかし、上を恨んだり、体制に文句を言ったりするよりも、個々で目覚めるしかないのかも。アイノウが大切な時を迎えています。

https://ameblo.jp/yamatokokoro500/entry-12712173874.html


へっぴりごしさんの取り上げられた記事を読んでまさにその通りだなと。

FacebookにInstagram、Twitter、LINE、と一括りには出来ないけれども、SNSの台頭で気が付けばそればかりに時間を費やしている自分がいる。

しかし昨年度から意識的にその時間を減らすことにしている。

SNSで繋がった友達が100人、1000人と居るにせよ、こちらが意識して見ていても向こうはさほど重要視していないなって事が嫌でも分かってくるから。

以前は発信する側だったのだが、最近はそれほど発信することも無くなったのも大きいというところもある。

SNSは時間を割いて重要視するほど重いものではない。

皆、孤独を恐れて繋がりを求めている所はあるが、発信側はそれほど重みを持ってはいないということ。

しかしそれなのに生きている時間というエネルギーを投下して、のめり込む危険性に見事にハマっている。

結局の所、エネルギーを奪って人間関係の希薄さを補うどころか奪うものであるエナジーヴァンパイア的な要素が見受けられる。

時間があればあれも出来る、これも出来るはずなのに、SNS上での友人の承認欲求を満たす為に時間を費やすなら、自分の為に時間を使いたいものだ。

1日が終わって、結局何をしていたんだ、時間を無駄に費やしただけじゃないかと思うことはないか。

それよりも、たまにしか会わない人間と繋がるよりも、現実社会で繋がりを持っている人の方を大切にしようと。

そして何よりも大切なのが、自分の頭で考える時間。

飯山翁は沈思黙考と呼ばれていたが、そこに瞑想する時間も欲しい所。

が、これはゴール指向型の男性向きである。

今、男女の脳の違いに付いて女性AI科学者の著作を立て続けに読んでいるのだけれども、男女の役割は脳の仕組みによって出来上がっている。

何故人類が地球上におり、人類には男女が居るのか考えねばと。まさに神の采配と呼ぶべきものが目の前にあるのだから。

やはり世界寡頭勢力は人類の真の姿を知っており、ひとりひとり人間は神の分霊なんだと目覚めさせないように、SNSを仕掛けた気がする。

支配も結局は人類に真の覚醒を起こさせないようにする為。

お金で縛り、無駄なものにエネルギーを使わせ、上位が好き勝手出来る権力構造を造り、多くの人間を無気力にさせ堕落させ、さらにSNSやゲームで時間を奪う。

古代の書物が質、量と共に現代と比較にならないぐらいに圧倒的なのは、考えに考え抜いた時間があったのだからと思う。

それどころか縄文時代は思考以前に、地球が求めている事、つまり自分が成すべき事をテレパシーのように感じたり出来たのではないかとも思う。

目に見える技術的には進歩したのだろうが、その分、目に見えない精神的な部分は後退を余儀なくされたと。

余りに覚醒させない行為、いや悪意が加速したからこそ、人類の上位である母星の地球は、過去にないモンキーターンを僅か30年で行おうとしているのだと考えると、腑に落ちた。
602:mespesado :

2021/11/23 (Tue) 17:40:11

host:*.eonet.ne.jp

目覚めてる庶民(自頭2.0)@Awakend_Citizen

> 普通に考えたら
> ワクチン接種後に感染者が増えているのだから
> ワクチンに感染予防効果がないということでしょ

> それがなんで
> 「ワクチン接種が遅れたから感染が増えた」とか
> 「ワクチン非接種者を隔離しなかったから増えた」とか
> こじつけもいいとこ

> 現実を見ないワクチン信者はカルトと変わらないぞ

https://pbs.twimg.com/media/FEzr-jyakAA13Aq?format=png&name=small


 この人も、世界中の人達が、論理的に物を考えることができないことに相

当腹を立てていて、私もまったくだよな、と思っていた。

 しかし、ことの本質はどうもそこじゃないような気がしてきた。

 ワ○チ○推進派と反対派の対立でも感じたことだが、そこには人間の本質

として「人の脳はジレンマを嫌う」という根本性質があるのだと思う。

 どういう意味かというと、世論を見渡せば、「コロナが怖いからワ○チ○

に縋る人」と、逆に「ワ○チ○が危険だからコロナは大したこと無いと思い

たがる人」にハッキリ2分されている。

 コロナが危険だと信じている人にとっては、その恐怖から逃れるために、

コロナを抑えてくれる救世主を渇望する。彼らにとって、その救世主がワ○

チ○なのだ。だからワ○チ○が効かないとかむしろ害があるなどということ

が事実であっては困るのだ。なぜならそれだと恐怖を解消する手立てが無く

なってしまうから。だから彼らはワクチン有害論を必死になって否定する。

 逆にワ○チ○が危険であることを知った人は、これに加えてコロナも危険

だということになると、対処法としてワ○チ○は危険だから選択肢から除外

している以上、コロナの危険から逃れるすべがなくなってしまうので、その

恐怖に耐えられない。だから、その恐怖から逃れるために、コロナのリスク

の方を逆に「なかった」ことにしたい、という心理が働くわけだ。

 つまり、人間の脳は「進むも地獄、戻るも地獄」というジレンマには耐え

られないようにできているから、「進むのは危険だが戻るのは安全」か、逆

に「戻るのは危険だが進むのは安全」かどっちかであると信じることによっ

て平静を保とうとする。だから、コロナもワ○チ○もどちらも危険だ、と素

直に認めることが出来ないわけだ。

 さて、欧州や英連邦諸国で政府によるワ○チ○未接種者への迫害が酷くな

っているが、これは一概に政府がDSに乗っ取られているからだけが理由で

は無いと思う。実は、これらの国ではコロナの再感染が爆発的に広がってい

て、多くの国民は恐怖にかられている。今までは、コロナの危険を防いでく

れる救世主としてワ○チ○があった。ところが、そのワ○チ○を大半の国民

が接種したのに、一向に感染が収束する気配がない。すると、先ほどの「脳

はジレンマを嫌う」性質が発動して、「ワ○チ○が効かない」という事実を

受け入れることができない。で、その結果どう考えるようになるのかという

と、「ワ○チ○は有効だ。それなのにコロナの感染が収まらないのは、この

救世主であるワ○チ○を拒否して接種しないヤツラがいるせいだ!未接種者

こそが諸悪の根源だ!」となる。こうなると、いくら理屈で「いや、ワ○チ

○が普及しても感染率とは相関がないでしょ」とグラフを見せようとしたっ

て、ジレンマを受け入れない脳は理性さを欠いてしまっているから、科学的

な理屈に対して聞く耳を持たなくなる。これが欧州や英連邦諸国でで現在起

きていることなのである。この「狂った政府」は、単に人口削減を狙うDS

だけでなく、大多数の国民の「ジレンマを受け入れられない脳」にも乗っ取

られてしまっているわけだ。

 では、これはもうどうしようもないのだろうか?これから第6波が来ると

言われている日本でも同じことが起きるのは最早必然なのだろうか?

 ただ、一つだけ回避の方法はある、と思う。それは、「コロナの危険を防

ぐ、ワ○チ○より確実な方法がある」ことを周知してしまう、という方法だ。

そう。イベルメクチンの徹底周知だ。「コロナは危険だが、イベルでリスク

を回避することができる」と大多数の人が理解すれば、最早ワ○チ○に縋る

必要もなく、脳がジレンマに晒されることも無い。これこそが、これからの

日本をワ○チ○強制接種から救う唯一の方向性ではないか、と思う。
601:mespesado :

2021/11/22 (Mon) 14:04:52

host:*.eonet.ne.jp

>>598 の続きです。

 おでっせい@odyssey3543 さんという方が、欧州と東&南アジアの感染率

とワ○チ○接種率の推移の比較表を示してくれていました↓


https://twitter.com/odyssey3543/status/1462444754956812297

おでっせい@odyssey3543

> 西欧の高接種率で感染急増中の国々とアジアの感染激減の国々対比が興
> 味深いです。
> この違いの原因は何でしょう?

https://pbs.twimg.com/media/FEulTVTaUAIHisp?format=jpg&name=small
https://pbs.twimg.com/media/FEulWyMaIAAE3yl?format=jpg&name=small


 おでっせいさんは、その理由として、↓


おでっせい@odyssey3543

> お―っ、グラフ出してみてビックリ!
> 4カ国の見事なまでの相似曲線。
https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/case_vaccine.html?a=1&y=0&n=j&kw=India%2CIndonesia%2CJapan%2CPhilippines%2CSouth%20Korea&p=6&f=y&d=1&lg=2

> インド
https://wandersolar.com/post/20210821/

> 日本
https://yomiuri.co.jp/choken/kijironko/cknews/20210818-OYT8T50030/

https://tantotempo.hatenablog.com/entry/2021/10/10/173420

> インドネシア
https://ameblo.jp/nanoka2018/entry-12703539967.html

> フィリピン
https://kyodo.co.jp/intl-news/2021-06-23_3619505/


と呟いていて、リンク先による限り、アジアの国々はイベルメクチンを活用

しているからだ、との意見です(かのRコシミズ氏も同意見のようです)。

 しかし、日本は東京医師会が使用を「解禁」した、というだけですし、イ

ンドネシアなども同様で、そもそも「治療」に解禁しただけですから、感染

してから使うはずで、従って例えば「重症化率」が下がるとかならわかりま

すが、服用前の統計である「感染率」が下がるのは道理に合わないような気

がします。しかも、かのインドだって、もともと寄生虫の薬として国民が日

常的に服用していたのですから、もしイベルメクチンに効果があったからだ

としたら、最初から新型コロナの感染自体が起きていないはずで、2番目の

グラフではインドが一番ピークの高い感染を示しているのはなぜなのか、説

明が付きません。

 そこで、これらのグラフをよく眺めてみると、まず最初のグラフ(欧州)

と2番目のグラフ(アジア)では、感染率の規模がまるで違います。前者で

は、グラフ左半分である2021年5月までのピークが、100万人あたり

8000件規模なのに対して、後者では、インドのピークでも、100万人

あたり2000人、インドネシア・フィリピン・日本では1300人程度に

過ぎません。

 こうして規模感に大きな違いがあることに加えて、感染の増減のパターン

も違います。日本・フィリピン・インドネシア・ベルギー・ドイツ・オース

トリアでは増えたり減ったりが周期的に繰り返されていて、感染のピークも

比較的小さいです。これに対してチェコとスロバキアはピークが非常に高い。

また、オランダはその中間、インドと韓国はこれらとは違った推移を示して

います。

 そして、ワ○チ○接種率と感染率の関係を見ると、インドネシア・日本・

フィリピンでは2021年9月前後の感染ピーク時にワ○チ○接種者が増え、

その後の谷のときに感染者が激減しています。

 これに対し、欧州のドイツ・オーストリア・チェコ・スロバキアでは、ち

ょうど2021年7月頃の感染が谷間のときにワ○チ○接種が増えて来てい

るので、その効果によって、7月からそのまま9月まで感染率が底を突いて

います。つまり、これらの欧州の国では、今の日本のような状況が一足早く

訪れていたわけです。

 ところが、その後、これらの欧州の国々では再度感染が爆発して今日に至

っているところはイスラエルと同じです。

 この「感染率の再爆発」の原因は、恐らくワ○チ○の淘汰圧によるウイル

スの「耐性」株が発生したからでしょう。つまり、ワ○チ○は「もともと自

然に生じる感染の増減周期において、次回の感染の谷においてそれが非常に

激減した谷になるというメリットを持つ反面、その後耐性株を生じて酷い再

感染の山をもたらすというデメリットを持つ」ということなのではないでし

ょうか。

 なお、この「法則」に合わない国として、欧州ではオランダとベルギー、

アジアではインドと韓国があります。前者は2021年7月~9月の谷がさ

ほど激減になっていません。この理由はよくわからないのですが、ワ○チ○

接種率を見ると、この2国の接種率は他の欧州と比べて突出しています。つ

まり、この場合は、感染減少の微妙な時期にワ○チ○のデメリットの方、す

なわち耐性株が早々と生じてしまって、せっかく従来株が感染の底をついた

のを帳消しにしてしまったのかもしれません。

 一方のインドと韓国の方ですが、これら2国については、そもそも感染の

増減の周期的な動きがありません。これは、インドの場合は、それこそイベ

ルメクチンを常用していたことと関係があるのかもしれません。一方の韓国

ですが、他の国と違って感染のピークそのものが見られません。こう言うと

差別になるかもしれませんが、この国特有の衛生環境が関係しているのかも

しれません(不衛生にしていると、病原体に対する耐性は獲得しやすいです

から)。

 というわけで、まだ不明な点は多いですが、いずれにせよ「日本はイベル

メクチンで守られているから平気だ!」といったような楽観主義は禁物じゃ

ないかな、と思うわけです。
600:亀さん:

2021/11/21 (Sun) 05:16:21

host:*.t-com.ne.jp
>>597

> 天海大僧正は数え年で108歳で亡くなられた

小生は>>596で天海の年齢を取り上げましたが、1643年11月13日に亡くなったというのは天海本人、あるいは天海はもっと早くに亡くなっていて、天海(明智光秀)の子または高弟が天海の仕事を忠実に引き継いだ、というあたりは実のところ大した問題ではないと個人的には思っており、むしろ刮目すべきは、江戸時代の基礎を天海が築いたという「事実」に尽きます。

天海の成した仕事は、政治面では幕府体制の基盤を構築したということは勿論ですが、他の面でも多くの貢献を天海は行っています。これも、天海の頭脳を行動に移した徳川家康という存在があったからこそ、実現し得たと云えるでしょうね。

たとえば治水。小生は拙稿「陛下と水」で利根川を取り上げ、佐藤けんいち氏の玉稿を紹介しました。
発見に満ちている人工河川・利根川の“流域”
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56707

また、法人組織である東京建設業協会も以下のようなことを、同協会HPの冒頭で述べています。
__________
 社会資本(インフラ)整備は、整備のための投資による直接効果(フロー効果)だけでなく、生活の安全・安心や生活の質向上、さらには生産性拡大といったストック効果によって、街・都市の発展と国の成長を支えてきました。現在の首都・東京は、第二次世界大戦以降の復興や高度成長だけで成り立ったものではありません。後に「利根川の東遷 荒川の西遷」と呼ばれる、江戸幕府を開いた徳川家康による大規模治水事業こそが発展の礎となっています。
 江戸に入った家康は、水田地帯を洪水から守り、新田を開き、木材を運ぶ舟運を開発し、五街道のひとつ中山道の交通確保と江戸を洪水から守るため、利根川の流れを東京湾から太平洋沿岸の銚子へ大きく変える一方、荒川の流れも西側へと変える大事業に着手しました。その事業のおかげで、江戸の人口は100万人と当時の世界で最大級の都市に発展しました。まさに東京の礎は、ふたつの大河川の流れを人工的に変える「利根川の東遷と荒川の西遷」にあったとも言えます。
https://token.or.jp/magazine/g201605.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
つまり、「利根川の東遷と荒川の西遷」を天海が企画し、それを徳川家康が実行に移した・・・、その後の成果は、渡辺京二氏の著した『逝きし世の面影』に顕れていますね。


それにしても、以下の猿都瑠さんの言葉・・・
__________
質量の無いエネルギーを感じられるかどうか。

例えば、祈り、神力、仏法。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
高麗神社に一郎会の皆さんを案内した、在りし日を思い出します。中でも以降の猿都瑠さんの覚醒は目覚ましいものがあったと思うし、その後の読書やまほろば会への出席、あるいは津津浦浦の神社仏閣の歴訪により、人間的に一回りも二回りも大きくなったと思います。諺の「青は藍より出でて藍より青し」ではありませんが、今では小生なんか足下にも及ばない、一角の人物に成長したこと、心より祝福いたします。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
599:猿都瑠 :

2021/11/21 (Sun) 00:20:22

host:*.au-net.ne.jp
ロックダウン抗議デモが暴動に発展、警察が威嚇射撃 オランダ

https://www.afpbb.com/articles/-/3376880?cx_amp=all&act=all

日本でも遠くない未来、このような事態になるかも知れない。

接種者が9000万人を突破、数年後に人口は3000万人になってるかも知れない。

生き残る人間は恐らく、タヒ(し)と直面する事になるだろう。

自分の脳がそうなるように仕向けられる。

それも強制的に。

そこで今までの自分のこれから不要なものが炙り出され、真の自分を取り戻し始めるだろう。

人類の頂点に君臨する寡頭勢力の連中が彼らの意思で人口削減計画を実行しているつもりであろうが、

人類の上位である存在がそれを利用し、カオスを一時的にもたらしている、それが今始まったばかりである。

これからの地球上で人間として生きて行く以上、地球が許可した者のみが生き残る事になる。

残酷なまでの選別となる。

タヒと直面させられると、人間は生き残る為に脳がフル回転する。

今までの理性は飛び、新たな扉を切り開く。

まるでドミノ倒しのように隠された歴史や真実を知る事になったりする。

そしてこの世の真理をもである。

各自が何の為に人類として存在しているのか、考え抜かねばならない事態になる。

人類が存在する事由を妨害し、エネルギーを吸っている寡頭勢力が支配する時代は終わる。

魂の世界、分かりやすく言えば霊界のピラミッドは既に崩壊しフラットになっている。

次はこの三次元世界で遅れてそれが露になってくる。

自分の為にのみ、自分さえ良ければ、このような人間は消えていく。

2019年以前の世界には決して戻らない。
598:mespesado :

2021/11/20 (Sat) 16:08:42

host:*.eonet.ne.jp

 日本で10月以降、新型コロナ新規感染者が激減している件について、多く

の識者がその理由を分かりかねていて、ああでもない、こうでもない、と余

り説得力の無い説明を繰り広げています。

 しかし、各国のデータをよくよく眺めると、別に不思議で説明が付かない

というほどのこともないような気がしてきました。

 まず、そもそも「日本だけ激減している。何で?」という疑問が生じてき

た理由は、多分↓の昨年9月以降の先進国の感染率推移の比較のせいです。


https://ameblo.jp/richardneversurrender/image-12711230324-15034093850.html


 つまり、米・英・仏・独・伊・日の6カ国を比較すると、今年9月ごろか

ら、日本「だけ」感染率が激減しているからです。

 しかし、「欧米が標準で日本だけ特異」と考える西洋かぶれの考え方はや

めるべきです。なぜなら、そもそもの新型コロナに対する脆弱性が、白人を

中心とする西洋人と日本人とでは大きく違うことが当初から指摘されていた

からです。事実、上のグラフで見ても、もともと日本の感染率は、欧米のそ

れより低い水準で推移していたのです(縦軸が対数グラフになっていること

に注意)。ですから、日本は、そもそも欧米諸国と比較すべきではない。で

はどこと比較すべきか。そこで、試みに日ユ同祖論などでおなじみの、イス

ラエルと比較してみることにしましょう。

 その前に、日本の新規感染者数を対数グラフでなく、実数で表したグラフ

にリンクを貼っておきます↓


https://www.nippon.com/ja/japan-data/h00663/


 これは、第3波から第5波までを示していますが、第3波と第4波の谷間

の3月頃と、第4波と第5波の谷間の6~7月頃は、谷とはいえ、ゼロでは

ない。ところが今年10月以降は限りなくゼロです。

 以上を念頭に入れて、イスラエルの状況を見てみましょう↓


https://assets.st-note.com/production/uploads/images/66010130/picture_pc_9404d470c62d89e4fee529267dfc9edb.png?width=800


これによれば、日本と似たような感じで、昨年5月、昨年11月、そして今年

の4~7月に谷間がありますが、前2者は谷とはいえゼロではなく、最後の

4~7月の谷は限りなくゼロです。つまり、今年の6月までの状況だけを見

れば、日本の状況と大変よく似ています。ただし、「ピーク」と「そこそこ

の谷」と「ほぼゼロの谷」が生じた時期が、日本とはズレがあります。では、

このズレはなぜ生じたのでしょうか?

 一つの考え方としては、ワ○チ○の開始時期の違いがあります。

 まず、日本のワ○チ○接種率の推移は以下のとおりです↓


https://www.google.com/search?q=%E6%97%A5%E6%9C%AC+%E6%8E%A5%E7%A8%AE%E7%8E%87+%E6%8E%A8%E7%A7%BB&rlz=1C1CHBD_jaJP797JP797&oq=%E6%97%A5%E6%9C%AC+%E6%8E%A5%E7%A8%AE%E7%8E%87+%E6%8E%A8%E7%A7%BB&aqs=chrome..69i57.5631j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8


 5月頃から本格的な接種が始まり、7~8月にかけて、接種率が5割を超

えました。この5割を超えたのが、感染率の最後の山である第5波の真っ只

中であった、ということをよく覚えておいてください。

 次はイスラエルです↓


https://assets.st-note.com/production/uploads/images/66010130/picture_pc_9404d470c62d89e4fee529267dfc9edb.png?width=800


 先ほどと同じグラフですが、水色でベタ塗した部分がワ○チ○の接種率で

す。昨年12月頃から本格的な接種が始まり、今年の2~3月頃に接種率が5

割を超えました。この5割を超えたのが、今年6月まででグラフを切った時

の、最後の山の真っ只中にあります。

 つまり、イスラエルの例で分かることは、「感染率は山と谷を周期的に繰

り返しているが、感染の最中にワ○チ○接種率が5割を超えると、次の感染

率の谷はほぼゼロになる」という事実です。

 これを日本の場合に当てはめると、感染率が山と谷を周期的に繰り返して

いるのはイスラエルと同じ。そして、日本で感染の最中にワ○チ○の接種率

が5割を超えたのは、最後の第5波の最中であった、ということ。そして、

その次の谷である今年の10月以降は、まさにイスラエルと同様にほぼゼロに

なっています!

 つまり、欧米ではなくイスラエルと比較し、ワ○チ○の接種率を考え合わ

せると、現在の日本で感染率がほぼゼロになっているのは謎でも何でもない

ことがわかるわけです。

 それなのに、なぜこのような簡単な分析を誰も示していないのでしょうか?

 まずワ○チ○反対派がこの理路を見つけられなかったのは理解できます。

なぜなら、以上の理路は、「ワ○チ○が感染率激減に確かに効果があった」

ということを示唆しており、それは「ワ○チ○反対」のドグマに反する事実

なので、そのような理由付けをすることは「感情的」に受け入れられないか

らです。

 では逆にワ○チ○推進派はなぜそのように主張しないのか。それは、逆に

「ワ○チ○に効果があった」ということを認めてしまうと、もうワ○チ○接

種はもうこれ以上推進しなくてもよい、ということになってしまうので、そ

れでは今後も、特に若い層に接種を推進していきたいという思惑にとって都

合が悪いからです。

 つまり、ワ○チ○推進派にとっても反対派にとっても、イスラエルと同じ

カラクリになっていることを認めるのは都合が悪いので空っとぼけていただ

けの話であり、ちゃんと説明はつくわけです。

 我々放知技のメンバーは、ドグマに支配された思考から自由になることが

一つのミッションwですから、このような事実に基づいて冷静に考察してい

きましょう。では、この事実は何を意味するか。それは、イスラエルが日本

の約半年先を行っているということを意味しま。するとイスラエルでこの感

染者がほとんどゼロだった今年の4~7月の谷は長くは続かず、その後更に

大きな感染のピークが待っていたのことに呼応して、日本もイスラエルに遅

れること半年、おそらく来年の1~2月頃から第6波が訪れるであろう、と

いう予測を立てることができます。そうなれば、待ってましたとばかりにマ

スコミは再び恐怖を煽り、ワ○チ○パスポートの本格導入、改憲に伴う緊急

事態条項によるワ○チ○接種強制などの動きが本格化するでしょう。

 我々は今からこうした動きに対する覚悟を決めておかなければなりません。
597:猿都瑠 :

2021/11/20 (Sat) 11:57:08

host:*.au-net.ne.jp
>>596

明智光秀の生誕日は1526年。
天海大僧正の生誕日は1536年。

天海大僧正は数え年で108歳で亡くなられたとされていますが、108は仏教で言うところの煩悩の数。

明智光秀と言えば、肖像画がこの世に1枚しか存在していません。

普通にあり得ない。

そして歴史を書き換える力のあった人物と言えば、日本史上で徳川家康の右に出る者は居ないでしょう。

人類の限界を125歳とするならば、明智光秀が118歳まで生きた事は不可能ではない。

更に天海大僧正に家康は久能山から日光に菩提所を変えて欲しいと言っている。

日光には東照宮だけではなく、家光の霊廟、東照宮よりは絢爛ぶりでは劣りますが、輪王寺大猷院があります。

そして天海大僧正が眠るとされる輪王寺があり、日光二荒山神社と東照宮を合わせて日光二社一寺を形成していますね。

それを見下ろすように明智平があり、日光から一直線に江戸まで続いている。

今和尚は時の権力者と手を組んだ天台宗を嘆く場面もありますが、天海大僧正は徳川家康を神に祀る事によって、神仏習合の完成を成し遂げたと思います。

人間は本来、一人一人が悟らねばならない存在ですが、それを未熟にも成し遂げられない以上、国家という枠組みを作り、国民一人一人が助け合う、それが続いています。

悟る為には、まずは国家安泰。民が生命の危機を感じることなく日々を送れるようにせねばならない。

想像ですが、やはり権力者は人知を越えた隠れた力を持っているのでしょう。

そして名だたる名僧たちも然り。

今春聴大僧正は、天台の試験は国家一種試験なんか足下にも及ばぬほど難しいと言われてます。

つまり、天皇や家康が神の役割を演じ、仏門が官僚の指南役を担当した。

それが強固なほど安定した時代が続いたと、言えるのではないでしょうか。

一人一人が悟るまでは武力は無くならないし、また金融支配も続くでしょう。

煩悩から解放され、真の無欲になる。

自分の持っている力を他人の為に使う意味を知る。

私には力が無いからと嘆く必要はありません。

西原先生じゃありませんが、質量のあるエネルギーと無いエネルギーが宇宙に存在する。

つまり目に見える力のみを人間は認知している。

質量の無いエネルギーを感じられるかどうか。

例えば、祈り、神力、仏法。

宇宙空間を考えれば、地球上に存在する質量のあるエネルギーは皆無に近い。

しかし空間に充満している質量の無いエネルギーを人類が使えるようになる時。

それは人類が真の存在意義を知った時に、無限大の力である質量の無いエネルギーを使えるようになると言うことでしょう。

そう遠くないは無いと思います。
596:亀さん:

2021/11/20 (Sat) 10:17:29

host:*.t-com.ne.jp
>>593

> 天海大僧正

拙稿「武士の時代 15」で小生は江戸時代を指して、「このような時代の基礎を築ける者は、今のところ光秀しか思い浮かばない」と書きましたが、猿都瑠さんも同様に考えておりましたか!
__________
日本が歴史上最も安定した時代と言えば江戸時代であり、その磐石の基礎を築いたのはと問われれば、日本史上最高の権力者である徳川家康の指南役であった天海大僧正を於いて他は居ない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
作家の小名木善行氏の場合、「明智光秀=天海説には否定的ではあるものの、天海は明智光秀の子ども、あるいは優れた高弟の一人だったと考えている」ようで、確かに年齢の観点から考えると無理がありますね。しかし、このあたりについては天海=明智光秀+光秀の子または優れた門弟という線もあり得ると小生は考えています。それと似たような話として、拙稿「貴族の時代01」で小生は以下のように書いています。
__________
不比等の四人の子されている、房前(北家)、麻呂(京家)、宇合(式家)、武智麻呂(南家)は、それぞれ四部族を指しているとする、マヨ説を栗原茂さんは支持したわけだ。爾来、十年の時間が流れたが、小生は今でも完全にお二人の部族説あるいは組織説に納得しているわけではない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

> 国宝殿特別展

ウェブページを拝見しました。小生も行ってみたいが、未だ腰が完治したわけではないので、今のところ諦めるより他はなさそうです。


> 今東光

今東光と言えば、小生が腰の治療に入院した翌日、下の息子が和尚の『極道辻説法』を持ってきてくれました。息子たちが小学生だったかの時、和尚の極道辻説法シリーズを勧めたのですが、爾来二人ともすっかり和尚のファンになったようで、和尚の影響が今でも残っているんだなと、親爺として嬉しく思ったものです。

現在、和尚の『毒舌日本史』を再々読していますが、織田信長や豊臣秀吉を取り上げる際、和尚の言葉を多く引用すると思います。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
595:mespesado :

2021/11/20 (Sat) 00:11:48

host:*.eonet.ne.jp

>>594

自民党 憲法改正に向け「推進本部」を「実現本部」に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211119/k10013353421000.html?utm_int=detail_contents_news-related_002


> 憲法改正をめぐって、岸田総理大臣は、先の記者会見で、党の体制を強
> 化し、国会で精力的な議論を進めるよう指示したことを明らかにしまし
> た。


> 自民党は、先の衆議院選挙で議席を増やした日本維新の会など野党の一
> 部からの要請も踏まえ、国会での憲法論議を活発化させたい考えです。


> 実現本部では、新型コロナで課題となった緊急事態への国の対応を規定
> する項目や


↑完全にDSが維新を使って日本を欧州と同じような方向に持っこうとして

いることは明らかですね。というか、維新自体がDSの一部なんだから当た

り前か。もう、日本だけコロナが異様に収束していることなんか全く無視し

て目的に向かって邁進している、という感じです。
594:suyap :

2021/11/19 (Fri) 22:54:27

host:*.avast.com


>>592 mespesadoさん

 >何らかの形で今回の日本の衆院選挙に介入し、甘利氏を選挙区で落選さ
 >せ、更に本人を何らかの形で直接脅して比例復活で幹事長の座に留まる
 >ことをも不可能にした。

だ~か~ら~、維新が暗躍したんですぅ。
維新の蔭の創設者(ブレーン)は竹中平蔵、彼は米国DS、中国台湾DS(江蘇閥=青幇=江沢民一派)のエイジェント。今回の選挙で負かされた自民代議士の顔ぶれと、その負かし方を見れば、彼らがよく作戦を練って備えていたことがわかります。

593:猿都瑠 :

2021/11/19 (Fri) 17:34:59

host:*.au-net.ne.jp
武士の時代15

http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1899.html?sp

入院の切欠(笑)となった御仁から、比叡山の御加護があります。

その意味は自分で考えて下さいと言われて以来、比叡山に毎月お参りし、それからは天台宗のお寺巡り。

今和尚も比叡山の大僧正、著作を更に揃え、夏には寛永寺、9月には日光の輪王寺にも。

日本が歴史上最も安定した時代と言えば江戸時代であり、その磐石の基礎を築いたのはと問われれば、

日本史上最高の権力者である徳川家康の指南役であった天海大僧正を於いて他は居ない。

国宝殿特別展「戦国と比叡 ~信長の焼き討ちから比叡復興へ~」

https://www.hieizan.or.jp/archives/4919

が10月から始まっており、国宝館の特別展示は遅れての開始だったんですが、

天海所用 銀小札萌黄糸威二枚胴具足 一揃、江戸時代、滋賀・求法寺蔵(延暦寺一山)

が特別展の中心に鎮座しています。

麒麟前立付兜
銀小札萌黄糸威
二枚胴具足

堺のおっさんには電話で伝えたんですが、麒麟と言えば、まさに明智光秀じゃないか、と。

鎧と言えば、伊達政宗の鎧が真っ先に浮かびますが、恐らく天海大僧正の鎧は、徳川家康や豊臣秀吉以上の偉容で圧倒されるものでした。

天海大僧正こと慈眼大師は慈慧大僧正良源を尊敬しておられ、両大師として祀られている(寛永寺、輪王寺他)事が多いです。

慈恵大師とは、比叡山延暦寺中興の祖と言われ、別名角大師、疫病神を追い払う、病魔退散と言えばと伝えられる名僧です。

まさに今の時代に求められている方だと思います。

病み上がりの亀さんが、天海大僧正を取り上げたのが今、まさに必然でしょう。
592:mespesado :

2021/11/19 (Fri) 13:53:37

host:*.eonet.ne.jp

>>590 を書いた後でふと思ったのだけれど、例の甘利さんの衆院選での選挙

区での敗北と幹事長辞任声明。これが >>590 の件と関係あるのではないか。

 甘利さんは、何度も書いているけれども、米国の当時のDSによるTPP

への強引な誘い込みの際、日本はチーム甘利を作って米国とがけっぷちの交

渉で、相手を退散させるようなうっちゃりをかまして日本の国益を守った。

この事件は米国のDSにとってトラウマになっていたに違いない。そこで、

今回のDSは、甘利氏が幹事長の座にいると、日本に強引に改憲させて緊急

事態条項を入れさせてワ○チ○接種を強制させる企みでも、再びうっちゃり

をかまされて、彼らの企みが頓挫するんじゃないかと恐れた。そこで、彼ら

は、何らかの形で今回の日本の衆院選挙に介入し、甘利氏を選挙区で落選さ

せ、更に本人を何らかの形で直接脅して比例復活で幹事長の座に留まること

をも不可能にした。米国で大掛かりな不正選挙トランプを失脚させることに

まんまと成功した彼らにとって、これくらいの作為は朝飯前だろう。
591:mespesado :

2021/11/19 (Fri) 10:28:09

host:*.eonet.ne.jp

松田まゆみ@onigumoobasan

> 物事を論理的に考えられるかどうかと主体性があるかどうかは別。今回
> のコロナ騒ぎでは論理的思考ができる人が次々と騙されている(と思う)。
> つまり医師とか専門家などという権威の主張を鵜呑みにして従ったり同
> 調圧力に抗えなかったり。本当に主体性がある人というのはかなり少な
> いのかもしれない。

> これは日本に限らず、世界の多くの国で言えることのように思う。日本
> 人よりよほど主体性があると思っていた欧州の人達ですら、安易に《注
> 射》に飛びついてしまったのだから。


↑この意見を読んで思ったのだが、「権威の主張を鵜呑み」という部分は、

いわゆるB層の、マスメディアや世間の空気に洗脳されていて、自分で考え

るより前に、その洗脳により脊髄反射的に行動してしまう層については確か

にそのとおりかもしれないが、いわゆる「中途半端な高学歴層」の場合は、

ちょっと違うように思う。

 彼らの場合は、「鵜呑み」というよりも、「自分の専門外の分野について

は、その当該専門家の見解を尊重する」という考え方が強いような気がして

いる。学者は言うに及ばず、多くの社会人は、それなりに自分が従事してい

る仕事の分野についてはイッパシの見識を持っているという自尊心がある。

彼らも、当然最初から自分の従事する分野について詳しかったわけではない

けれども、それなりに長い期間、先輩・上司の指導を仰ぎながら、自分なり

に懸命に努力して、自分の従事する分野についてそれなりの見識を得た、と

いう自覚があるのだと思う。

 だからこそ、自分の専門分野だってそうなんだから、自分の専門外の分野

についても、その分野の専門家の見識は当然深くて、専門外の人間には計り

知れないノウハウと経験に依拠する確固たる見識を持っているはずだ。だか

ら、専門外である自分の考え方など、それに遠く及ぶはずがないのだから、

正しい理解をしたければ、餅は餅屋で、それぞれの専門家の見解に従った方

が間違いが少ない、と。

 こうしてよくよく考えてみると、最初に「B層」なんて言って一般人のこ

とを洗脳者とバカにしていたけれど、実は彼らだって、そんな単純な行動原

理によるものじゃなくて、「自分は無学なので、専門分野について自分で正

しい見解など持てるはずがないから、専門家の意見に依存するしかない」と

いう、悪く言えば「他力本願」ですが、よく言えば「謙虚」であるとも言え

るんですよね。

 なので、冒頭の引用で、松田さんは、「主体的である」人というのを、そ

ういう人たちではない人、という風に理解していると思うのですが、もしそ

うだとしたら、そういう「主体的」な人というのは、「人の専門性を尊重し

ない人」、あるいは「謙虚さが無い人」、という、何か、あまり人間社会で

迷惑な、社会性の無いすごく「変な人」ということになってしまう。

 でも、よぉぉく考えると、実は、ここには「専門家」という存在に対する

大いなる誤解があると思うのです。それは、「専門家というのは、自分が知

らない分野について正解を与えてくれる存在である」という思い込みです。

 多くの人は「え?そんなのアタリマエじゃん。だって、そうじゃなかった

ら、何のために専門家がいるの?」と思ってしまうでしょう。これは、学者

だって同じで「学問をなめるんじゃない。一人の人間にマスターできる範囲

は限られている。それぞれの分野を極めるために、役割分担として各分野の

専門家がいるのだ。」と。

 でも、これってハッキリ言って「間違い」です。これは、もう昨今の経済

学者のデタラメをよぉぉく知っているここの読者には釈迦に説法ですよね。

でもまあ、こういう社会科学の世界は「アホの集まり」だからで、人文科学

はもう少しマシで、自然科学はもっとマシなハズ。と思ってしまうところで

しょうが、ことの本質は、そんな「量的な違い」の問題ではなくて、もっと

根幹の、「専門家とは何か」という問に対する「答」のところにあると思う

のです。

 私が考える「専門家」の定義とは、「当該分野について、自明でない『発

見』や『発明』をする人」のことだ、というものです。彼らには、決して当

該分野における「正解」を求めてはいけないのです。これは、AIが登場す

る前の将棋のプロを考えてみればわかります。将棋のプロの存在意義とは、

「シロウトが考えても気が付かない妙手を発見できる」ことにあった。ひと

たび妙手が発見されれば、それがなぜ妙手なのかは、その後の指し手を実際

に調べてみれば、アマチュアでも、なぜそれが妙手なのかがわかる。しかし、

アマチュアには、その妙手を「発見」することができない。その「発見」の

ためにプロが存在するのだ、ということです。実はこれはAIが人間より強

くなった今でも実は同じで、AIの示す手が「本当に」最善であるかどうか

は、誰も確認しようがない。けれども、藤井四冠のような「超人」的プロの

存在により、ある程度、そのAIの示す手が本当にそうかどうかを、完全で

はなくても、より深く探求することが可能になるのです。ですが、これは、

藤井四冠の手を「信じる」ということとは全く違います。

 さて、学問の専門分野の話に戻ります。専門家には、当該分野の「発見」

を語ってくれれば十分です。その発見がどの程度信頼できるかは、つまり、

その結果の前提となるファクトの信頼性の問題と、そのファクトから結論に

至る論理の妥当性によって決まります。ですが、この「ファクトの信頼性」

と「結論に至る論理の妥当性」については、実は専門家に下駄を預けてはな

らない。たとえシンドくても、この部分については、シロウトである自分の

頭で確認しなければならないんですね。

 で、再び松田さんのコメントに戻るんですけれども、このうち後者の「結

論に至る論理の妥当性」については、「物事を論理的に考えられる」人なら

できると思うんです。実際、私は数学の出身ですが、同じ数学の出身で、か

つ大学の先生をしている「すまん寝」さんも、論理的に考えさえすれば正解

に到達する「正しい貨幣論」については確かに正解に達しているのですが、

コロナについては、まさに彼がファクトだと思っているところから先の演繹

の論理性についてはまことに正確なんです。ですが、その「ファクト」とや

らが、本当に事実なのか、というところのツメが甘いために、間違った結論

に導かれて、ワ○チ○を打っちゃって副反応に悩まされているとツイートで

呟いておられました。つまり、高学歴者でも罠に嵌るのが、この前者である

「ファクトの信頼性」の検証です。これはもう、徹底的に調べるしかない。

つまり時間と根気の勝負なんですね。だから、あらゆる分野でこれをやろう

としたって時間も情熱も限度がある生身の人間にはムリなんです。ですが、

今回のコロナ騒ぎのように、命が掛かっているような話に対しては、時間や

根気をこれに集中するのは、大いにその価値があることなんじゃないかな、

と思うわけです。
590:mespesado :

2021/11/17 (Wed) 18:42:26

host:*.eonet.ne.jp

【独自】「緊急事態条項」創設を優先的に、自民・茂木氏が方針…改憲論議を加速
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20211112-OYT1T50355/


>  自民党の茂木幹事長は12日、読売新聞のインタビューに応じ、衆院
> 選で憲法改正に前向きな日本維新の会や国民民主党が議席を伸ばしたこ
> とを踏まえ、改憲論議を加速し、緊急時に政府の権限を強化する「緊急
> 事態条項」の創設を優先的に目指す方針を示した。

> 今後の取り組みについて語る自民党の茂木幹事長(12日、同党本部で)
> =大石健登撮影
>  茂木氏は「新型コロナウイルス禍を考えると、緊急事態に対する切迫
> 感は高まっている。様々な政党と国会の場で議論を重ね、具体的な選択
> 肢やスケジュール感につなげていきたい」と述べた。


 例によって、CIAのポチ、読売の記事だが、これに対して「丸顔おばさん

のブログ」↓

https://blog.goo.ne.jp/marugao/e/9e4bfe272de8dfd7c2875ef19fb9a749


では、


> 維新の親分の茂木さんがさっそく本性丸出しで、改憲して緊急事態条項
> を作ってやるって息巻いてくれたおかげで、
> ツイッターのトレンドに「緊急事態条項」が出て、
> ツイッター上は緊急事態条項に警鐘をならすツイートでいっぱいになっ
> た!


との意見を挙げています。さて、この「緊急事態条項」の改憲について、次

のような、普段はワ○チ○否定派として極めてまともな内容を呟いていなが

ら、この改憲に賛成する「matatabi」さんという人の意見がある↓


https://twitter.com/matatabi_catnip

matatabi@matatabi_catnip

> 緊急事態条項とワク義務化は関係ありません。今まで緊急事態条項がな
> くても、インフル、日本脳炎、BCGなど義務化されていたワクはありまし
> たね?逆に、緊急事態条項があっても、正式にワクと承認されていない
> コロワクを義務化することは違法です。
> プロパガンダに騙されてはいけません。

> 私は、日本で具体的にどんな議論がなされているのかわかりませんが、
> もちろん内容の吟味は重要です。しかし、基本的には緊急事態条項がな
> ければ国は守れません。それに反対する人たちは、日本の国防を阻止し
> ようとしている反日勢力です。

> それから、もっと重要なのは、日本の選挙は公正に行われたのでしょう
> か?公正な選挙は民主主義の根幹です。民主主義がなければ、法も秩序
> もありません。米軍が何とかしてくれるのを待っているだけではダメな
> のです。少しずつでもいいから、自分にできることをやっていきましょ
> う。

>| 脱力主婦ともみ@Tom_soYa_Too
>| https://pic.twitter.com/ylI3uosHAJ
>|
>| こちらの動画がわかりやすいです(^^)
>| 私は反日ではありません

> というプロパガンダをメディアが流しているのですね。私には、新コロ
> と同じように、国民を恐怖で煽っているようにしか見えません。

> 念のために言うと、私は自民党案は知りません。自民党案に反対するな
> とも言っていません。世界の一般論として、国防に緊急事態条項は必要
> だと言っているだけです。

> 現在コロ関係で各国政府が暴走しているのは、緊急事態条項が原因なの
> ではありません。

> その原因は選挙です。

> 公正な選挙が奪われ、民主主義が奪われ、独裁政権が憲法や法律を無視
> していることが原因なのです。私たちは民主主義を守るために公正な選
> 挙を取り戻さなければならないのです。


 このような意見、どこかで聞き覚えがありますね。そう。米国の軍産複合

体がイラク戦争などで思い切り「宴たけなわ」なとき、日本の「集団的自衛

権」の法制化について議論がありましたが、それを思い出します。サヨクが

反対し、ウヨクが賛成する。左右の反応を見ただけだと同じような構図です。

 ですが、その後、米国による大統領選挙の大不正があったり、ワ○チ○・

プランデミックという経験を経て、もっと根源的なことに我々は気付いてし

まったような気がします。

 既に書いたことですが、自国の政府は、国民にとって、外患から守ってく

れるという頼もしい存在であるとともに、悪意のあるパワーエリートに背後

から脅され支配されてしまうと国民にとって敵になってしまう存在でもある、

という事実です(古い漫画で恐縮ですが、「リモコン」を悪い奴に盗まれて

しまった時の鉄人28号みたいなもんです)。

 日本で「集団的自衛権」の法律が通った時は、ちょうど軍産複合体による

日本への圧力が弱まってきた時期であり、「政府が国民を守る」モードに入

ってきた丁度その過渡期であったため、この「集団的自衛権」に纏わる法制

化は日本人にとってプラスになりました。

 ところが、今回の「緊急事態条項」による改憲への動きは、ちょうど逆に

政府を「敵」が乗っ取って支配しようというまさにそのときに行われようと

しているため、国民にとってはマイナスになる可能性が高い。つまり、パタ

ーンは似ているけれどもその背景がまるで逆だ、という違いがあります。

 このような違いを意識した上で、上のmatatabiさんのツイートを読むと、


> 緊急事態条項があっても、正式にワクと承認されていない
> コロワクを義務化することは違法です。


などと言うけれど、法律なんてものは、「敵」が本気を出せば、どうにでも

解釈できるものであり、この場合は法律の内容がどうのというより、空気の

流れの方が重要な意味を持つので、改憲という「流れ」を許すかどうか、と

いう視点の方が大事です。

 そして後半の


> 公正な選挙が奪われ、民主主義が奪われ、独裁政権が憲法や法律を無視
> していることが原因なのです。


という部分ですが、米国の不正選挙を見てもわかるように、選挙などという

ものは、これまた「敵」が本気を出せば、いかようにでも細工できるもので

あって、それを「構成な選挙が奪われている」と言って非難したところで、

「負け犬の遠吠え」になってしまう。

 民主主義であろうが、君主主義であろうが、はたまた独裁主義であろうが、

国民がどれだけ本質を悟っているかが一番大切なんであって、今のこの状況

では国民がワ○チ○や背後の製薬会社やパワーエリートの企みについてもっ

と本質を悟ることの方が大切。国民がそれらの真相を悟った暁には、仮に緊

急事態条項を含む改憲がなされたとしても、国民の間に流れる空気が、その

条項が悪用されることを許さないでしょうし、逆に、もし別の件で緊急事態

に対する緊急政策が必要になった場合には、それが真に国民のためになるの

なら、別に緊急事態条項を認めるような改憲をして国が強権を発動しなくた

って、国民は納得の上で自発的に国家の「要請」に従うことでしょう。
589:亀さん:

2021/11/13 (Sat) 08:43:24

host:*.t-com.ne.jp
小生は>>586で武田邦彦氏を取り上げたが、その武田氏と及川幸久氏が初の対談動画を実現させました。
【ゲスト:武田邦彦】【前半】及川幸久 The Wisdom Live Channel #18
https://www.youtube.com/watch?v=aVdeuyOesTQ

特に印象に残ったのは、江戸時代の「年貢」についての武田氏の話でした。年貢とは一体何だったのかと、経済学の話と絡めた武田氏の話に、熱心に耳を傾けている自分がいました。


>>588

> 一部のウラルやベトナムの単語が日本語の語彙の起源になっている

このあたり、ウラルについては天童竺丸さんのツラン説、ベトナムについては稲村公望さんの黒潮説を連想させます。その天童さんが貴重な日本語のルーツについての論考を、世界戦略情報誌『みち』の巻頭言で語っており、その一部は拙稿「北満州と日本列島 04」でも紹介しました。
__________
乱暴に言えば、北方からマンモスを追って日本列島にやって来た狩人たちが気候変動によって大型動物が絶滅して食うに困っていたところを、黒潮に乗って台湾からアリョーシャン列島まで自在に行き来していた生活力旺盛な黒潮の民に助けられ、一緒に仲良く暮らすことになった。……まぁー大雑把にはこんな具合だったのではなかろうか。

異なる言語が一つになるなどということは世界の言語に例がなく、まさに奇跡としか言いようがない。例えば、「~する」という言葉。この言葉は何にでもくっついて、その言葉を動詞化する。読書+する、工作+する、睡眠+する、などの言葉に違和感を感じる人はもはやあるまい。ところが、映画+する、ポケモン+する、などはまだ多少変な感じが伴うが、意味が通じないわけではない。たとえ外国語であっても、「~する」はお構いなしにくっついて、日本語化してしまう。プレー+する、サポート+する……。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


> 九州王朝説

拙稿「志布志の旅」シリーズ(01~04)にも書きましたが、仰せの『飯山説の示す南九州にゆかりのある天武朝前後の「何か」』について、やはり小生も三年前に志布志を訪問していた時、南九州の「何か」に思いを馳せたものです。

それから、北部九州の「筑紫」王朝を主張していたという、古田氏の九州王朝説ですが、飯山さんの沖ノ島に関する論考(以下)を思い出すに、北九州にも「何か」があったと小生は考えています。そのあたりについては、拙稿「沖ノ島と宗像大社」でも少しふれました。

再び『みち』の話になって恐縮ですが、『みち』の執筆者の一人である中村みつぞうさんから、「宗像大社を案内するから、来ないか?」と誘われたことがあります。残念ながら未だに実現に至っていませんが・・・。ちなみに、『文殊菩薩』でも飯山さんは沖ノ島について、貴重な記事を遺してくれました。
北九州宗像市の宗像大社には「日本建国」の“秘史”が隠されている。 そのまた“トップ・シークレット”が、宗像大社の沖合約60Kmの洋上にある玄海灘の孤島「沖ノ島」に隠されている。 それは一体どのような極秘事項なのか?
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7032.html



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
588:mespesado :

2021/11/12 (Fri) 18:05:28

host:*.eonet.ne.jp

>>586

> 小生にとって日本語のルーツ見直しのきっかけとなった貴重かつ大切な
> サイトです。


 このサイトの筆者によると、一部のウラルやベトナムの単語が日本語の語

彙の起源になっているということで、その根拠も非常に明快になっています。

 最初にこのサイトを読んだときツランが出て来て亀さんの語る史観にあま

りに符合していてビックリしたのですが、「過去の事実」がそのベースにな

っているとすれば、そりゃ当たり前ですよね。

 日本語の起源に限らず古代史もそうですが、この分野では、はっきりした

明確な証拠がある学説なんてほとんど無いですが、ある種の説には「あ、こ

れは本物だ!」と「ピンと来る」瞬間があります。つまり、「思考」だけで

は証拠不十分であっても「感覚」で本物だと感じるものがあり、自分の感性

を研ぎ澄ませていれば、その「感覚」は信じられるものになるのなのではな

いかな、と思っています。


> 故飯山さんの日本書紀観


 飯山さんの史観でなるほどと思ったのが「日本が天武天皇から始まる」と

いう部分で、これは古田史学には無い要素です。古田史学では、こと日本側

の文献については「勝者は自分に都合よく記述を改ざんする」という仮説に

基いて『日本書紀』と『古事記』を比較して分析するという手法を用いた結

果、『古事記』はそのまま史実である、という主張になっており、この『古

事記』をベースに『日本書紀』の記述の真贋を考えるという論になっている

ことから、『日本書紀』も『古事記』も共に主張していない「天武から新王

朝」などという発想自体がそもそも出てきません。

 一方、私は中国文献である『唐会要』や『冊府元亀』に記述のある「中国

の使者が遭遇した火山の噴火」の記事とか『隋書』の阿蘇山記事から、7世

紀の中国の使者の目的地が九州中南部のどこかではないか、と思っていると

ころがあり、これは古田説の九州は九州でも北部九州の「筑紫」王朝を主張

する九州王朝説とは異なり、飯山説の示す南九州にゆかりのある天武朝前後

の「何か」を示唆しているのではないかと思っていて、非常に興味深いとこ

ろです。更に『日本書紀』のα群の中の例外的なβ群が、九州に関係する中

国からの使者の記事がある推古紀(熊本付近?)と舒明紀(鹿児島付近?)

と天武紀(南九州?)だけだ、という事実も多分何かを暗示しているように

思われてなりません。


> 最近は「九州王朝説批判」、「日本古代史【文献史学】」等にアクセス
> できなくなりましたが、近畿に戻ってプロバイダを変えたためでしょう
> か?


 はい。プロバイダを関東の鉄道会社系から近畿の電力系に移しました。そ

の際、最初は数理科学と古代史のページをそっくりそのまま移行しようと思

ったのですが、まず自然科学系のページがあまりに微に入り細に入り、マニ

アックというか、本質を逸脱し過ぎた感があるため、今のページである経済

関係のページともども、もっと頭を整理したうえで、内容もスッキリさせた

ものに書き直して登録したいと考えました。当然古代史もその方針で書き直

したいと思っていて、今までの「九州王朝説批判」は、何だか批判臭が強す

ぎて、まあ「人のふんどしで相撲を取ってる」感が自分で納得できなくなっ

てきたこともあり、これも内容を変更して新規に登録し直したいと考えてい

ます。でも、実際に登録できるのはいつのことになるやらw
587:mespesado :

2021/11/12 (Fri) 10:22:54

host:*.eonet.ne.jp

 ちょっと前に、BIの問題点として、支給する側が「国家権力」であるため、

国家権力が国民の敵になってしまったフェーズでは、「敵」に国民の生存権

を握られてしまう、という問題があることを指摘しましたが、実は、BIのよ

うな「制度」が悪用される話より、もっと深刻な問題があることに気が付き

ました。


マイナポイント、段階ごとに最大2万円付与 自公が最終調整
https://news.yahoo.co.jp/articles/b55f99ef492f590d661f1f6a9c2b0ac684d52dfa


>  自民・公明両党は新型コロナウイルス感染拡大に対応するための経済
> 対策のうち、マイナンバーカード保有者への「マイナポイント」付与に
> ついて、新たにカードを取得した人に5000円分、カードを健康保険証と
> して使うための手続きをした人に7500円分、預貯金口座とのひも付けを
> した人に7500円分をそれぞれ支給する最終調整に入った。


↑これ、個々の国民の情報を政府が一元管理するマイナンバーカードを普及

させようとして餌をまく政策であることは明らかなんですが、面白いのは、

「最大2万円」とドケチな政策であること。これ、明らかに財務省が支出を

渋っているからに他ならないんですが、国民の「誤った貨幣観」による「国

の借金を増やしてはいかん」という誤解に支えられているわけです。

 ところが、もし多くの正しい貨幣論に気付いている人が望んでいるように、

「国家予算には国家の潜在供給力以外に上限は無い」ということに国民の大

多数が気付いてしまったらどうでしょう?そのとき政府は「これが民意だ」

と大義名分を得て、バンバン国民にオカネをバラ撒くと思いますか?

 もちろん財務省や国際○○資本の妨害はあるでしょうが、国民の大多数が

積極財政を支持すれば、そんなものは跳ね返せると思うのです。

 ですが、おそらく実際の政治はそのようにならない。つまり「レントシー

カーが暗躍する」ということを忘れていませんか?ということなんです。

 上のマイナンバーカードの話で言えば、今は緊縮財政がまかり通っている

ので「上限2万円」などと超ドケチな政策でマイナンバーを普及させようと

していいるので、「目覚めている国民」は、「そんなハシタ金で個人情報な

んか売らねえよ」と無視するでしょう。しかし、もし正しい貨幣論が世の中

に普及して、財務省も抵抗するのをやめたらどうなりますか?政府は恐らく

「ハシタ金」ではなく、もっと大きな金額、例えば「毎月20万円!」とい

うような大盤振る舞いの金額を提示してマイナンバーカードの普及を推進し

始めるのではありませんか?もし


#  ○○・○○両党は新型コロナウイルス感染拡大に対応するための経済
# 対策のうち、マイナンバーカード保有者への「マイナポイント」付与に
# ついて、新たにカードを取得した人に毎月5万円分、カードを健康保険
# 証として使うための手続きをした人に毎月7万5千円分、預貯金口座と
# のひも付けをした人に毎月7万5千円分をそれぞれ支給する最終調整に
# 入った。


だったら、大多数の国民は喜んでマイナンバーカードを保有し、健保や預貯

金口座と結び付けるのではありませんか?

 正しい貨幣観が知れ渡った暁には、エゴの本性である「他人に比べた優位

性」を保証するのは最早カネ・財産の多寡ではありません。他人をいかに支

配するかという「支配欲」にシフトすることは、世界の超大金持ち(パワー

エリート達)の今の行動を見れば明らかです。

 正しい貨幣論に目覚めることは、必須ではありますが、そこで止まってし

まったのではダメなのです。ことの本質は、その更に先にある、ということ

を理解しないと、いつまでたっても「羊」の地位から逃れることはできない

でしょう。
586:亀さん:

2021/11/12 (Fri) 09:31:54

host:*.t-com.ne.jp
昨日、NTTによる光回線の工事がありました。思えば、ADSLとは21年のお付き合いをしてきたことになります。ADSLへの切替直前はISDNでしたが、ADSLに切り替えてからというもの、ネット速度でイライラすることも無くなり、お陰様で仕事(翻訳)もスムーズに捗ったものです。

そして時は移り、再びの切替。自分でやるのも面倒なので、息子にネット接続のセッティングしてもらった後、ネットサーフィンをしてみました。確かに速くなったなとは思ったものの、ISDNからADSLに切り替えた時のような驚きというか、感動は余りありませんでした。いずれにせよ、長年お世話になったADSLも、後一年ほどで廃止になるとのことで、まさに時の流れを感じたものでした。

>>585

> http://www.jojikanehira.com/

う~ん、これは懐かしい。このサイトは、ちょうど1年前にmespesadoさんに紹介してもらい、小生にとって日本語のルーツ見直しのきっかけとなった貴重かつ大切なサイトです。そして、同サイトを巡って互いに少しだけ情報交換を行いましたね。
https://grnba.bbs.fc2.com/reply/17178824/939/
https://grnba.bbs.fc2.com/reply/17178824/946/


> 日本書紀

三橋貴明氏が日本書紀について語っているのを耳にしながら、同氏には故飯山さんの日本書紀観についての投稿を、一度読んで欲しいと思った次第。
https://grnba.bbs.fc2.com/reply/16427145/18/


> 古田史観

古田武彦氏の古田史観ですが、仰せの通り今日では全く顧みられなくなりました。ここで、これに関連する質問ですが、最近は「九州王朝説批判」、「日本古代史【文献史学】」等にアクセスできなくなりましたが、近畿に戻ってプロバイダを変えたためでしょうか? そうであれば、近い将来の復活を期待したいところです。


> 複数王統説

小生も、中山千夏女史や堅田直の複数王統説に賛成です。複数王統説、換言すれば王朝交替説ということになりますね。そのあたりは拙ブログでも数本記事にしており、例えば拙稿「古墳時代 10」では以下のように書きました。
__________
万世一系の話に戻るが、「三王朝交替説」を取り上げるまでもなく、過去において王朝の交替、すなわち万世一系は幾度も生物学的には断ち切られてきた。それを隠すため、上掲の飯山さんの記事にもあるように、日本書紀は応神天皇の御代について上手く胡麻化したということだ。

しかし、それでも神武天皇以来の万世一系は微動だにしない。何故なら、「霊性」の観点で見れば、間違いなく神武天皇の御代から現在にいたるまで、途切れることなく万世一系が続いているからだ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
そして、mespesadoさんの以下の結語・・・
__________
 今直ちに、というわけではないですが、結局は真実はすべて明らかにされ、

しかもそれが政治的にも民族の誇り的にも、一見不都合に見えるけれども、

人々の霊性が高まることによって、そんなことはちっとも問題にならない、

という方向に行くしかないのではないかと思うのです。だって、縄文時代に

は、「天皇」みたいな「國體」という「特別な存在」なんて存在していない

のに、時の日本列島の住民は、1万年以上の永きにわたり、戦闘行為もなく

平和に過ごしていたのですから。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ここで、「霊性」という言葉を共に用いているのが面白いところです。また、「時の日本列島の住民は、1万年以上の永きにわたり、戦闘行為もなく平和に過ごしていた」という事実、このあたりは小生も時々考え、様々な視座でブログ記事にしてきました。たとえば「共同体意識」という拙稿。それにしても、同稿で小生は武田邦彦氏の「この動画は何度も見てください※ 大変重要なお話です。【武田邦彦】」と題する動画を紹介しましたが、先ほど確認したところ削除されていたwww 真実を語る武田氏の動画に、ビッグ・テックも相当神経質になっている様子(嗤)
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1864.html

ともあれ、同動画で武田氏は霊性という言葉こそ用いていなかったものの、代わりに「共同体意識」という言葉を用いていたのは嬉しかった。以下は武田氏の動画を観た小生の簡単な感想です。
__________
上掲の動画で武田氏が何を語っているのかというと、日本の石器時代(4万年~1万5000万年前)の2万5000年間、平均寿命が30~35歳ていどだった当時の人たちは、今の水洗トイレといった便利なものがあったわけではないが、それでも彼らは幸な日々を送っていたということである(10:33~)。つまり、自分は皆と生活しているのであって、決して独りで生きているわけではない。そして、皆の喜びが自分の喜び、皆の幸福が自分の幸福、他人の子どもは自分の子どもといった具合に、現代よりも共同体意識が深く根付いていた時代だったと武田氏は指摘しているわけである。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
585:mespesado :

2021/11/11 (Thu) 10:21:00

host:*.eonet.ne.jp

>>582

 丁度 >>583 の草稿を書いていたときに既に >>582 がアップされていたこ

とに気付きませんでした。


> 第一、本当に聖徳太子なる人物が存在していたのか(小生は存在してい
> なかったという立場)?


 私も亀さんの↑の立場を知っていたので、それでも三橋さんの主義主張に

賛同する理由は理解していました。

 さて、三橋さんの史観とは、「『日本書紀』のような古代史の文献が存在

するのに、それをよほどの根拠もなく否定した史観を持つのはおかしい」と

いうことだと思うのですけれど、まあ確かに日本の古代史学界というのは、

実に杜撰な議論がまかり通っていて、これは後に経済学や憲法学のような、

世界の競争に揉まれていない「社会科学」ではもっと酷いことを知るのです

が、日本語の起源についての研究もそりゃあ酷いもんだということを知って

いた(ですから、本当に最近になって知った http://www.jojikanehira.com/

みたいな研究は間違いなくそんな酷い研究とは一線を画す鋭い研究だと思っ

ています。昔の日本語起源論は本当に酷いモノでした。)ので「人文科学」

もその研究水準はとても「自然科学」の足元にも及ばない(最近はこの自然

科学についても、思考優先で感覚を軽視した研究の土台そのものについて、

日本だけでなく世界の研究レベルに「質的」な疑問を感じているんですが)

ということを、特に「古田史学」を知ってからは実感していたのです。

 ところで、「古田史学」とは、『古事記』や『日本書紀』が描く、近畿の

「天皇家」が古代から日本の政治の中心だった、という主張に異を唱え、中

国史書に描かれる「倭國」というのが実は九州の王権を指していて、これは

近畿の大和王権とは別物であり、当時の東アジアで7世紀に至るまで日本列

島の代表と見做されていたのは「九州の倭國」の方だった、という史観のこ

とです。これは古田士独特の、「利害の無い外国の同時代史書重視」の立場

による史観ですが、これに対しては、古田氏の全盛期(1970~80年代)

には、従来説に立つ古代史の専門家はまるで歯が立たなかったのですね。し

かしその後の考古学の物証や、それまで日本人に馴染みのなかった中国史書

の全貌が明らかにされるにつれて、古田氏が証拠として挙げた論点の無理が

次々に指摘されるようになってきて、最期は『東日流外三郡誌』の偽書スキ

ャンダルの影響などもあり、この「古田史学」は、今日では全く顧みられな

くなってしまったのですね。

 しかし、じゃあ『日本書紀』の記述が全部正しくて、それが日本の古代の

歴史をそのまま反映したものなのか、というとそれも雑な議論です。実際、

中山千夏さんという昭和の有名なタレントがいますが、この方が古田さんに

感化されて古事記を自分で読み込んで、『新・古事記伝』という著書を出し

ています。それによると、実は古事記の各天皇の呼び方にある種の規則的な

変遷があって、それらを詳しく分析すると、天皇の系譜は複数の王統を途中

で繋ぎ合わせたものなのではないか、という重要な指摘をしています。他方、

考古学の分野で、堅田直さんという人が近畿の古墳の形をその長さの比率な

どから分類して、やはり同じように、天皇陵が複数の王統からなるのではな

いか、という分析をしています。つまり、「研究としては」、天皇の万世一

系を根底から揺るがすような状況証拠がいろいろ見えてきているのですね。

 こういう「日本の皇統は世界一長い」という政治的にも日本の「誇り」に

も直結するドグマと「事実」との乖離をどうするのか?

 古田さんもそうだけれど、中山千夏さんも、昭和の人だけあって、GHQ

の洗脳から抜け出ていない所もあってサヨク史観的なところがすごく感じら

れるので、彼らはこのサヨク史観が政治的に外患に悪用される危険をあまり

考えていないように感じられました。しかしだからといって国防上の問題、

あるいは民族の誇りを保つために、真実を知る研究が妨害されるのも好まし

くありません。

 今直ちに、というわけではないですが、結局は真実はすべて明らかにされ、

しかもそれが政治的にも民族の誇り的にも、一見不都合に見えるけれども、

人々の霊性が高まることによって、そんなことはちっとも問題にならない、

という方向に行くしかないのではないかと思うのです。だって、縄文時代に

は、「天皇」みたいな「國體」という「特別な存在」なんて存在していない

のに、時の日本列島の住民は、1万年以上の永きにわたり、戦闘行為もなく

平和に過ごしていたのですから。
584:亀さん:

2021/11/11 (Thu) 09:15:16

host:*.t-com.ne.jp
>>580で三橋貴明氏を取り上げたが、ブログ「へっぴりごし」でも同氏を取り上げていた。
https://ameblo.jp/yamatokokoro500/entry-12709480881.html

記事内容は「新自由主義内閣化する岸田内閣」というものだったが、その三橋氏、岸田内閣発足当時は岸田首相を持ち上げた動画を、立て続けにアップしていた時期があっただけに、ここに至ってトークダウンしてきたのも個人的に想定内だった。

第一、仮に岸田首相が「崇高な政治観」あるいは「国益」というものを抱いていたとしても、林千勝氏ではないが「草刈り場」の立場に過ぎない岸田首相、NWOの意向に反旗を翻すのは絶対できないというのは、火を見るより明らかだったからだ。

それから、三橋氏は国民民主党代表の玉木雄一郎との対談動画をアップ、玉木に期待しているようだが注意が必要だ。
国民民主党は維新と組んで利権を得ようとするただのハイエナ政党だ!
https://www.youtube.com/watch?v=b30C1_r8o00



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
583:mespesado :

2021/11/11 (Thu) 08:36:10

host:*.eonet.ne.jp

>>580


> 9割の国民が知らない「英語化は愚民化」という真実(室伏謙一×施光恒)
https://www.youtube.com/watch?v=OnemW_9d0ss


 「経済の発展と各国の言語状況が非常に関係がある」という話が非常に印

象に残った。

 日本でやたら英語教育を主張されるようになったのは、バブル崩壊で日本

人が自信を失い始めてからだ、という指摘があったが、これって、私の言う

「2度目の経済の相転移」が起きたときではないですか。これって日本の経

済がダメになった真の原因が、正しい貨幣論を知っていれば「国家が貨幣を

刷らないと経済が成り立たなくなったことが原因だ」ということに気付いた

はずなのに、あろうことか専門家も含めて気付かず、間違った原因分析によ

って英語教育に向かおうとしている…。何と言うことでしょう。

 明治の時代は、西洋ではエリートほど健康なのに、日本ではエリートほど

体が弱い、ということが問題になっていて、その原因が、外国語でなければ

学問ができなかったので、相当無理して勉強していたので体を鍛えられなか

ったから。だから明治の人は日本語で学問ができるよう苦労してきた。とこ

ろが今の日本は英語で授業を、とか明治初期の不便を繰り返そうとしている、

というのも実に鋭い指摘!

 う~む。「英語推進」って「シンコロ・ワ○チ○推進」と全く同じ構図に

なってるじゃないですかw
582:亀さん:

2021/11/11 (Thu) 08:32:54

host:*.t-com.ne.jp
>>581

mespesadoさん、拙投稿への意見投稿を感謝致します。そして、今回の意見投稿で個人的に立ち止まった(目を留めた)行は以下の通りです。

__________
 私が言いたいのは、「歴史の事実を解明する」ことと「日本人の誇りを取

り戻す」ことと「歴史について政治的に取る立場」はそれぞれ別のことだ、

ということです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
特に、「歴史について政治的に取る立場」、この文を読んで小生が咄嗟に思い出したのが拙稿「京の白足袋」でした。同稿で小生が掲示した『回廊の陰翳(かげ)』p.92で、京の表の支配者と裏の支配者という言葉が目に飛び込んできますが、今日に至っても日本の中心は未だに京都であると考える身として、mespesadoさんが仰せの「時の政府」に対して、「歴史について政治的に取る立場」をとるように仕向けた勢力、けして表舞台に出ることのない勢力の存在をヒシヒシと肌で感じたことを告白しておきます。ともあれ、こうしたテーマについては差し障りがあることから、これ以上の言及はしません。

次に、「歴史の事実を解明する」ことと「日本人の誇りを取り戻す」ことについて一言。

今回の三橋貴明氏の「唯一の天皇暗殺事件から読み解く〜聖徳太子が教科書から消されかけた謎」という動画、「歴史の事実を解明する」という視点から眺めれば、同氏の動画には違和感が残っただけでした。第一、本当に聖徳太子なる人物が存在していたのか(小生は存在していなかったという立場)? さらに、権威と権力に分けるという国家体制は、〝聖徳太子〟が世界で初めて実現したとする三橋氏の主張ですが、この権威と権力に分けるという国家体制を生み出したのはツランであった、と考えている身として到底三橋史観には、とてもではありませんが同意できません。

それはともかく、「日本人の誇りを取り戻す」という視座に立脚すれば、>>580でも書いたように、「我々の子どもや孫が、より良い未来を切り拓いていく」という三橋氏の意図には諸手を挙げて賛成であり、この点から今後も同氏をサポートしていくつもりです。そして、まさにこれに関連することですが・・・
__________
 今我々が試されているのは、歴史の事実を知ることももちろん大切ですが、

政治や民族の誇りなるものが、それとどういう関係にあるのか、その裏事情

も含めて悟ることこそが本質である、ということに個々人がどこまで気付く

か、ということではないでしょうか。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
とするmespesadoさんの結語、これは大切かつ貴重な発言です。特に「裏事情」は「歴史について政治的に取る立場」と深く関与するだけに、表層的な皇室史観や自虐史観だけで捉えようとすると、仰せの通り歴史というものを見誤りますね。

最後に、皇室史観をウヨク史観、自虐史観をサヨク史観と、今後は捉えていきたいとするご意見、「歴史について政治的に取る立場」と絡めて禿同です。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
581:mespesado :

2021/11/10 (Wed) 10:36:12

host:*.eonet.ne.jp

>>580

 ご紹介の、三橋さんの動画を見せてもらいました。

 「自虐史観のウソに気付いて民族の誇りを取り戻そう」という三橋さんの

主張は大変よく分かりましたし、そのご趣旨には100%賛成します。

 が、しかし…。

 かつて「皇国史観」の誤りを指摘する「古田史観」を支持し、後にその古

田史観の欠点も知ったという歴史学研究の紆余曲折を経たものとして、更に

は昨今のコロナ・プランデミックに対する識者の認識などを俯瞰した者とし

て、ちょっと個人的な見解を述べさせていただきたいと思います。

 三橋さんはさかんにGHQの洗脳による「自虐史観」という言葉を用いて

おり、これは保守層・ウヨク界隈ではおなじみの表現ですが、この言葉はそ

の本質を実は捉えていないと思います。なぜなら、自ら自分の母国、すなわ

ち自分の祖先が経てきた歴史を「自虐的に」捉えることを良しとする主義を

持つ、などということは、よほどのマゾヒストでなければあり得ない発想だ

からです。

 実は、この「自虐史観」の本質は、戦前の「皇国史観」に対する不満から

来るものであり、その「皇国史観」とは、「お国のために自分を犠牲にすべ

し」という主義主張のことを意味しており、それへの反発から出来上がった

史観だ、というのがことの本質だと思うのです。そういう意味で言うと、実

は「自虐史観」側の言葉である「皇国史観」という言葉も本質を捉えていな

いと思うのです。なので、今後「自虐史観」「皇国史観」のかわりに「サヨ

ク史観」「ウヨク史観」という言葉を使うことにしたいと思います。

 では「サヨク史観」「ウヨク史観」の本質とは何か。

 まず「ウヨク史観」の方ですが、これは明治維新前後に日本を植民地化し

ようとする海外、とくに欧米の勢力による外患からいかに日本人を守るか、

ということに腐心していた頃の日本の立場のことであり、外国の侵略を防ぐ

ためには、戦国時代に白人たちが宣教師を使って個々の国柄を否定して彼ら

のキリスト教のドグマによって国家意識を弱体化させようとした戦略に気付

いていた「時の政府」が、とにかく鎖国で「国家意識」を持たなかった日本

人ににわか仕込みの国家意識を速成栽培するために、急いで天皇を権威の中

心とする思想で国民を「洗脳」するために、歴史を含めてその主義主張に染

めていったことが、その「ウヨク史観」の特徴だと思われます。実際、『古

事記』や『日本書紀』はおおむね天皇を万世一系の絶対的な権威とする書き

方で書かれていますから、これを「そのまま」歴史事実として学校で教えさ

えすれば、その目的に叶うものとなったわけです(ただし、『日本書紀』に

はしばしば残虐な天皇の話が出てきますが、そういった話は教育の場ではウ

ヤムヤにされたりするわけですが)。そして、国家の存亡がかかってくる、

とりわけ第二次世界大戦のような危機時には、国家優先、個々人の自由は二

の次となるのは必然で、もともと勝算が無い事を知っていた「知識人」の間

では、次第にこの国家優先主義とそれに不可分な「ウヨク史観」への反発が

大きくなり、敗戦と同時に、GHQとは思惑が違うのに結果としての方向性

が一致したことから、GHQの「虎の威」を借りて、国家による個人の抑圧

を批判する主義に大転換するわけです。すると、思想的にも天皇が絶対的な

対象として書かれた『日本書紀』は、戦前の「大本営発表」への反省もあっ

て、「どうせ『日本書紀』のような『正史』というのは、勝者が自分にとっ

て都合の良いように歴史を書き換えているのだろう」と「気付」いた「大い

なる目覚め」によって、この史書の記述を疑うようになって、いわゆる「サ

ヨク史観」が出来上がるわけです。つまり「国家を守る主義」が、たまたま

その方針にとって都合がよい『日本書紀』の記述と合い、そこで日本が天皇

の統治する国として書かれていたことから、これをサヨクが「皇国史観」と

呼ぶようになり、戦後これを「国家権力が個人より上位にあったからこんな

悲惨な戦争に巻き込まれたんだ」として批判するサヨクが自らの国家の持つ

権力どころか戦前の国家システムそのものを批判・否定したから、これを今

度はウヨクが自国を批判するというとんでもない主義だ、ということで「自

虐史観」と呼ぶようになった、ということだと思うのです。

 さて、戦後70年以上が過ぎて、舞台裏で小細工することに長けた中国に

よる「皇室への工作」など、今度はこの国家権力を批判する「サヨク史観」

が彼等外国勢力に悪用され、日本の弱体化を狙っていることに気付いた現代

の「知識人」により、今度は外患に悪用される「サヨク史観」の危険性に気

付き、これを否定する動きが活発化し、そんな中で戦前の「ウヨク史観」を

見直す動きが出てきた…。今回の三橋さんの動画はそんな流れの中にあるよ

うに思いました。

 ただ、三橋さんは、動画の中で、「自虐史観」でも「皇国史観」でもない

正しい歴史を、ということを述べているのですが、私には、これを「正しい

歴史」と言い切れるのかというと疑問に感じます。実際、『日本書紀』が勝

者による記録であることは事実ですし、それがそのまま史実であるというの

もどうかと思うわけです。

 ただ、そうは言っても、ちょっとでも『日本書紀』に関するそんな疑問点

を指摘したとたんに、そこに飛びついて「自虐」に結び付けて日本人の「誇

り」を無くそうとする海外勢力の力が強いのもこれまた事実です。そのため、

政治的には、少し行きすぎかなと思うくらいに「ウヨク史観」にしておいた

方が今日の日本の国家防衛上は「安全」なのだろう、そういうバランスの観

点から見ると三橋さんの主張も合理性はあるのかな、と私もちょっと前まで

は思っていました。

 しかし、ここへ来てコロナ・プランデミックの登場です。これは、国家を

超えた裏社会が政府を背後から脅して有害なワ○チ○を推進し、国家を信じ

た国民を騙す全世界的な企みです。つまり、我々は再び第二次大戦前夜の日

本のような「国家による個人の自由への侵害」を経験することとなったので

す。(ちなみに三橋さんは、このコロナ・プランデミックというテーマにつ

いては一切の発言を控えており、この見地を踏まえると、また違った見解を

出していたかも知れません。)

 明治維新前後で国家が外患による危機に直面したとき国家を重視し、敗戦

で前夜で国家権力の行き過ぎの弊害があり、戦後再び外国による見えない侵

攻に気付いて再度国家重視の重要性に気付き、ここへ来て再度背後から脅さ

れたとは言え、国家による個人の抑圧を経験する…。歴史はこのような出来

事の繰り返しです。一体こんな3次元世界の中で、どのような「歴史教育」

が「正解」なのでしょう。

 私が言いたいのは、「歴史の事実を解明する」ことと「日本人の誇りを取

り戻す」ことと「歴史について政治的に取る立場」はそれぞれ別のことだ、

ということです。例えば、欧州では例えば「ホロコーストは無かった」とい

う研究をすること自体が法律で禁止されたりしていますが、そもそも事実を

究明することを法律で禁止するという行為は「政治行為」であって、「真実

を究明する」ことを目的とした「研究」ではありません。このようなことは、

外交上「事実が明かされるとマズい」というような場合にはしばしば生じる

ことですし、また米国で自分たちがネイティブアメリカンを過去に虐殺して

きたという「歴史事実」を教える米国版「自虐史観」の動きが最近ポリコレ

の一環として出て来ていますが、これが彼らの「民族の誇り」を否定する効

果を見せていることは、日本の「自虐史観」の再演かと思うほどです。また、

韓国も、「自力で独立を果たせなかった」という「事実」を受け入れると民

族の誇りが保てないので、真実の歴史が普及しないように必死になって国際

政治の場で暗躍しているのは誰もが知るとおりです。また、いくら「白人が

アジアやアフリカの地元民たちを騙して残虐な方法で植民地化してきた」こ

とが事実だとしても、その「加害者」である白人が現在でもご健在であるう

ちは、学校教育でそのまま事実として教えることは「外交上の理由で」憚ら

れるでしょう。

 今我々が試されているのは、歴史の事実を知ることももちろん大切ですが、

政治や民族の誇りなるものが、それとどういう関係にあるのか、その裏事情

も含めて悟ることこそが本質である、ということに個々人がどこまで気付く

か、ということではないでしょうか。
580:亀さん:

2021/11/08 (Mon) 10:26:27

host:*.t-com.ne.jp
今朝、三橋貴明氏の動画を観た。
唯一の天皇暗殺事件から読み解く〜聖徳太子が教科書から消されかけた謎(三橋貴明)【11/12(金)23:59までの限定公開】
https://www.youtube.com/watch?v=PoxNtXQMKrg

三橋氏は22:34あたりでグローバリズムと対抗する勢力、「ナショナリズム」を取り上げ、そのナショナリズムを形作っているものこそ、以下の三つだと主張していたが、概ね賛成である。

①日本人
②日本語
③日本史

三橋氏が自身の歴史講座に着手したのは、我々の子どもや孫が、より良い未来を切り拓いていく史料にと意図して、企画された講座だということが分かる。現在中断しているとは云え、小生も飯山史観を纏めていることもあって、三橋氏の意図が痛いほど分かる。

この三橋氏の取り上げた①~③について、いずれ飯山史観の最終章に織り込んでいく予定だが、今回は②の日本語について少しだけ言及しておきたい。そこで紹介しておきたいのが以下の動画だ。
英語ができるかどうかではなく、母国語がしっかりしているかどうか。
9割の国民が知らない「英語化は愚民化」という真実(室伏謙一×施光恒)
https://www.youtube.com/watch?v=OnemW_9d0ss

特に印象に残ったのが、対談相手である施光恒氏の以下の主張だ(35:35~)。
__________
バイリンガル教育を国を挙げて行っているシンガポールでさえ、両方の言語で一般の新聞が読めて、専門的なことについて会話が出来る国民は12~13%に過ぎない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
小生は宮本武蔵のように両刀(母語と第一外国語)を、自由自在に使える者をバイリンガルと定義しているが、施氏は「セミバイリンガル」という定義を持ち出し、「どちらの言語(母語と第一外国語)のいずれでも、難しい話(専門的な話)ができない人たちのこと」と定義。さらに、「日本でも現在行っているような英語教育を推し進めると、専門的な本は読めない・会話ができない日本人が激増する」と語る同氏の説に賛成である。


ところで、二階の仕事部屋と一階の息子の部屋の入替の後片付けが中々終わらない。今月中旬までには終わらせたいと思っていたが、とても終わりそうにないwww



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
579:通りすがり :

2021/11/07 (Sun) 19:46:12

host:*.ocn.ne.jp
Spiderman886
化けの皮が剥がれて来た国連 その10 より

化石燃料制限は肥料不足を招く。

イルミナティの真の狙いは、世界的飢餓によるゴイム大淘汰だったか。
これから地球寒冷化すれば、寒さで死ぬ人・シンコロで死ぬ人も合わさり夢の10億人も現実になる。
COP26なんてガン無視が正解だが、政治家も自分と家族の安全が大事なので、悪魔に魂を売っている。
578:猿都瑠 :

2021/10/31 (Sun) 15:42:12

host:*.au-net.ne.jp
[衆院選2021]投票所の中には午後4時終了も…3分の1が閉鎖時刻繰り上げ

 31日投開票の衆院選で、総務省は、閉鎖時刻を繰り上げる投票所が全国で1万6967か所に上ると発表した。2017年の前回衆院選より257か所増えた。

 公職選挙法は、投票所は午前7時に開き、午後8時に閉じると規定している。ただ、有権者の投票に支障を来さないと認められる特別の事情がある場合に限り、市町村選管は投票終了時刻を4時間以内の範囲で繰り上げることができるとも定めている。

 茨城県では全投票所1368か所のうち1294か所で閉鎖時間が1~2時間、繰り上がる。宮崎県内の自治体には午後4時で投票終了する投票所もある。

 総務省のまとめによると、投票所の総数は4万6466か所で、前回より1275か所減った。投票所数の削減や投票所の時間短縮は経費削減も目的とみられる。(読売新聞オンライン 八角一紀)

https://news.yahoo.co.jp/articles/61ea7f33af3efd230b9ea7eef6600140d297772a

民主主義で最も重要な国政選挙で、投票時間の繰り上げを認め、経費削減が上位に来るとわ(苦笑)

この家計脳が何よりも大問題。

政治家を罵倒する前に、1人1人が政治に意識を持つのが先。

飯山翁が小林秀雄氏を評して、小林秀雄は評論で世の中は変わらないし変えられないと発言していた事を非常に高く評価していた事を思い出した。
577:通りすがり :

2021/10/30 (Sat) 19:51:49

host:*.ocn.ne.jp
WILL増刊号チャンネル
山口敬之 荻生田「激怒」は「清和会vs宏池会」全面戦争の号砲

安倍には退場頂いて保守本流を自認する大宏池会による岸田長期政権を狙うか。

自民党も洩れなくグレートリセットの大混乱へ突入してしまうのか。



576:通りすがり :

2021/10/29 (Fri) 16:57:30

host:*.ocn.ne.jp
ロスチャイルドのユートピア実現のために、全てのゴイムをディストピアに導かねばならないか。

新型コロナ騒動は2023年まで計画されてるなら、トランプ復活は2024年か。
そうすると、高市総理総裁誕生も2024年か。
トランプ・安倍は年なので数年先も生きてるか心配だが。

ドル体制は計画通り瓦解させるのか、習近平退治まで延命させるのか。
米国の借金問題は深刻そうで、借金を半減させなければね。
ニクソンショック再びで、1ドル60円時代到来かも。
1ドル60円、それはドル体制の瓦解なのか延命なのか?

グレートリセットを生き残れるのは一握りになってしまいそう。

575:どぶ :

2021/10/29 (Fri) 01:33:26

host:*.ocn.ne.jp
ここまでずうっと読んでくると、飯山先生の後継第一人者と自認されていると思われる「堺のオッサン」がまたお書きになるようなので、
私めが先生なき後も時々はここに読みに来させていただいている私的な理由をばちいと語らせてもらいますと、
安倍が再登場した局面で飯山先生がおっしゃられたことには、再読確認するものではないので不確かですが、
安倍(若しくはその指南役)は本邦の米国属国脱却を企画する腹案があって色々のことを為しているので、期待すべき、というようなものであったかと思います。
そうかそういう期待もあるのかと思い、そのことが達成することが数年内にはあるのか?
なかった場合は先生はどう釈明するのか?もっと待てというのか、などと思っておりました。
堺先生は、その点どうお考えでしょうか?
安倍(若しくはその指南役)は、そういう大計を持ったお方であったと今もお考えでしょうか?
それとも見立て違いであったのでしょうか?
574:通りすがり :

2021/10/27 (Wed) 14:49:12

host:*.ocn.ne.jp
共産主義ディストピアの世界を克服したのはロシアだが、今は愛国教祖が君臨する全体主義国家。

ロスチャイルドイルミナティのディストピアを撃退出来るのは、奴らに対抗出来る軍部・諜報部を従えたプーチンやトランプぐらい。

日本は愛国者が少ないし対抗手段の実力部隊も無いので、ディストピア国家崩壊まっしぐら。

さて、愛国国家のロシアではワクチン接種率は30%台。水ワクチン中国では都市封鎖が最大のコロナ政策。

何故か? ワクチン人口淘汰の回避国に選ばれているからでしょう。

ロスチャイルドのユートピアの道は、米国解体⇒中共覇権⇒中共vsロシア⇒ロシアvsイスラエル⇒ヤーベ再降臨

イスラエルはワクチンパスポート断念しそうだし、人口が減ってもロシアから幾らでもユダヤ移民が来るので問題なしか。

残りの要らない国は人口淘汰へ一直線。

ザッカーバーグはフェイスブックを仮想現実構築会社に転進させて、ゴイムをディストピアに導くのに邁進中。
573:mespesado :

2021/10/27 (Wed) 00:07:01

host:*.eonet.ne.jp

 久しぶりにメインスレの方に書き込みます。

 今まで、経済が、特に日本で2回の相転移を起こし、市場に任せたのでは

うまくいかず、国家が介入しなければうまくいかない、という観点で政治を

考えてきました。

 つまり、高度成長期には、貨幣を発行している国(正確に言うと国と中央

銀行を併せた「統合政府」)が貨幣を増やさなくても、民間で需要の拡大に

伴って設備投資のために企業が銀行から借金することによる信用創造で貨幣

(正確にはマネーストック)が増え、これが経済活動の拡大による貨幣への

需要をまかなっていたのが、生活必需家電が100%普及することにより高

度成長が終焉し、不動産バブルも、その限界に近付いたことにより、ネズミ

講と同じ原理で崩壊し、今日では国が貨幣を「増産」しない限り、経済活動

の拡大に伴う貨幣需要をまかなえなくなってきたあけです。

 従来も「神の見えざる手」に任せておけず、国が市場に介入しないと資本

主義はうまく機能しない、ということはよく言われていて、大店法とか食管

制度などの各種「規制」がそれで、これらを「商売の邪魔だ」として廃止さ

せようとしたのが「新自由主義」なわけで、昨今の行き過ぎた「自由化」の

弊害により、揺り戻しを主張する人々が増えて来ているのは周知の事実です。

しかし、この種の「規制か自由化か」というのは、一長一短な所があり、必

ずしも規制を残した方がよいとは言えず、技術の進歩により、従来からの規

制が無意味になってしまい、むしろ規制を撤廃して自由にしておいた方が消

費者は得するし、生産者もいくら規制を残しておいても技術の進歩により守

りきることができない(例えば今の時代に仮に昔の「大店法」が残っていた

としても、ネットで安いところから買えてしまうから意味が無い)、という

傾向がみられるようです。

 つまり、資本主義について、規制を残すかどうか、という観点からの「修

正」というのは技術の進歩により本質ではなくなっていて、それよりも「貨

幣を意図的に増産しなければ資本主義が維持できない」という点こそが、今

日の資本主義に対する最も肝心な「修正点」である、ということが次第に明

らかになってきたと思うわけです。

 そこで、究極の「貨幣の増産」として、オカネを無から作って国民に配る

タイプの「ベーシックインカム」が必須、という話になってくるのですが、

このBIについては昔から賛否両論があり、反対論には主として「労働意欲が

無くなって生産者が居なくなる」というタイプの反対と「BIを配ったら、そ

の分企業家は賃金を下げようとする」というタイプの反対がありました。前

者は一見論理的に見えて、昔の労働倫理に縛られているだけであり、もしも

BIのせいで生産する人がいなくなっても、今の技術の進歩を考慮すると、誰

でも消費はしたいのですから、誰かが自分が消費するために勝手に生産を始

め、機械による生産は大量に出来るので、他の人にも「おすそ分け」できる

ので、生産する人が居なくて困ることにはならないと思うのです。また、後

者については、そんなケチなブラック企業は就職する人もいなくなるので淘

汰されてしまう、ということから、やはり杞憂ではないかと思われます。

 というわけで、BIについて、反対する理由は最早無いと思われてきたので

すが、コロナのプランデミックが顕わになることによって、このような観点

とは全く次元の異なるBIの問題点が出てきました。

 それは、「国が国民のためになる政治ができるのか」という観点です。経

済を市場に任せていたら、利己的な企業家の行動が暴走して消費者が不利益

を被るので国が彼らを管理する。これが今までのスキームでした。つまり、

貨幣について言えば、個々の企業家は、自らが儲けるために市場からは貨幣

を奪うインセンティブがあるので、これを野放しにすると市場の貨幣が枯渇

してしまうから、国は貨幣量を増やすという形で経済に介入する必要がある。

これが従来のスキームによる考え方です。ところが国が国民のためにと思っ

てBIを支給しようとしても、それを悪用して、国家機構の構成員を企業が背

後から脅したり買収したりして、例えば製薬会社がワ○チ○で儲けるために、

ワ○チ○を打った人だけを優遇するために、未接種な人のBIを取り上げてし

まうようなスキームを、政治家を買収して作ってしまう。つまり、本来は、

企業の利己的な暴走による不都合を防ぐために存在した国家による介入を、

企業が自らの利己的な目的の為に悪用して、企業の利己的な目的が達成され

るように市場に介入するようになる。これがコロナプランデミックが明らか

になるにつれて真の脅威であることが顕わになってきたわけです。

 このように、今後経済の必然的な流れとして必要になってくるBIも、この

悪用スキームによって企業に支配されてしまう。そういう恐ろしい世の中に

なって来てしまったわけです。

 同じような流れは、実は自民党が結党以来の目的としている「憲法改正」

にも及んでいて、実は一番危惧されるのが「緊急事態条項」です。確かに自

然災害や他国からの侵略行為があった場合に緊急を要する対策が必要になる

ことがあり、いちいち国会による立法手続きに従っていては間に合わない場

合があるので何らかの対策は必要になるわけですが、今回のコロナプランデ

ミックでは、企業がこの「緊急事態条項」を悪用する(例えばワ○チ○の強

制接種)だろうという危惧がまさに現実のものになろうとしています。

 多くの人が多数の「情報弱者」による「民主主義」の欠点に言及し始めて

いますが、それだけでは済まない。悪意を持つ企業により「立憲主義」とか

「法治国家」という近代国家の根幹をなす基盤までもが悪用されようとして

いることに目を向けなければならない。そして、その根幹にあるのは、どの

ような「制度」にしても、必ずそのウラをかいて悪用する輩が発生するので、

いくら現行の選挙制度の中であーだこーだの対策(例えば中選挙区に戻す、

など)を立てたとしても、上で述べたような、どんな制度も悪用してでも自

己の利益の為に暴走しようとする「人間の性(さが)」に踏み込んで対策を

立てないと、ディストピアの世界にまっしぐらとなるのではないか、と思わ

れるのです。
572:DNA :

2021/10/26 (Tue) 19:39:02

host:*.bbtec.net
堺のおっさんくん久しぶり。
君は君の頭脳明晰ぶりを披露しているが、根底が自民応援なのでそんな事を書いてしまう。

君が自信満々に自民党を応援してしていても、野党を恐れる理由はなんですか?
そんなに自信満々に自民党しか無いと言えるなら、野党なんて恐れるに足らないのに、なんで?

まあ、KKKと同じ論理だと俺は思ってるけど、君は絶対認めない。それこそがKKKと思想的表層も根底も同質なんだけど、
飯山一郎もだれもそこ辺りは誰も言い難そうで、、、同情するよ。

自分を不幸にしてるのが自分だったりする。
早いとこ自分を自分で解放した方がいい。
自分とみんなの幸せを望むなら、
自分と他者の解放は同時進行で推移するので、早めに切り替えた方がいいよ。
その方が楽しい。
571:堺のおっさん:

2021/10/26 (Tue) 19:19:28

host:*.enabler.ne.jp

メディアではあれこれと選挙予想が氾濫しているが

どれくらい自民が減らし、立民がいくら増やすかはある意味些末なことで

本質的な分析が見当たらない。

総裁選で自民党内部の論争が活性化し、

それにつられて、野党も財政出動の公約を打ち出し

ここに危機感を抱いた財務省トップが「バラマキ」批判を公表する。

そこがこれからの1丁目1番地なのに見事に選挙戦では封印されている。

派生する各種政策でも「コロナ対策」優先の大義名分でかき消されている。


その結果…

総裁選挙であれほど脚光を浴びた高市氏が総選挙に入ってから影も形もない。

自民党内での葛藤が垣間見える変化でもあるが

今回の総選挙では、このままでは保守票はかなりの部分が寝てしまいかねない。

案外知られていないが無党派層の中の保守層は意外と多い。

今からでも遅くない。

ややもすれば寝てしまいかねない自民支持層を確実に起し、

無党派層の保守層にも訴求するヒントが総裁選挙にはあったはずだ。

高市氏は残された時間、接戦と言われている選挙区を

駆けずり回っていただきたい。

それだけでもかなりの票が動くはずである。

高市氏を支援に呼ぶか呼ばないかは、候補者の勝手ではあるが…。

なお、派閥によって当落の偏りが今回は出ると予想。

総選挙後に派閥再編がなにがしかの形で起こるはずである。
570:猿都瑠 :

2021/10/19 (Tue) 17:48:25

host:*.au-net.ne.jp
見ていて思うのは、ワクチソ射つ射たないの二極化だけではなく、

既にこの世界が大変貌を遂げ始めていると感じている人々と、そうでない人々とに完全に二極化している事である。

飯山翁が植物性乳酸菌を広め始めたのが初期であり、亡くなってしばらくしてからのシンコロで中期が始まった。

後期は落ち着いて行く過程であり、今はそれは見えない。

シンコロに対しての捉え方、考え方が大きな分かれ目であろう。

ただ飯山翁が話す事、書く事を聞いているだけでは実は駄目であった。

それを踏まえて、自身の頭で考えねばならなかった。

飯山翁が亡くなってショックではあったが、これから一人一人が飯山翁の遺志を引き継いだ行動をせねばならない。

それを考えた場合、自分はどうであったか、である。

誰が正当な後継者だとか固執しているようでは、お話にならない事が理解できるだろう。

話は変わるが、某チェーン店の営業担当のトップと話す機会があった。

会話をする、人間にとって最も重要なコミュニケーションツールに於いて、これも二極化している事に気付いた。

殆んどが定型文だけの会話をしている、これは二人の結論となったのだが、

二人とも標準的なのが嫌だの前提があるので、お互い変わっているねという結論に行き着いた。

良い言い方をすれば個性的、変人なんだろうと。

自分よりも年長者である方の人間関係の悩みを聞くことになった上で、何で私に会いに来たがるのか、この疑問が解けなかったのだそうだ。

やはり定型文だけの会話相手だと何度も会う必要がない。

決まりきった先の見える結果と結論が待っているからだと。

しかし変人同士だと常に先が見えない。

常人は変人との化学反応によって不安を抱く部分があるのだろう。

しかし変人は常に変化を求める。

だからこそ変化を求めて、いや常人でも変化を求める人は会いに来るのでしょうと。

結局、シンコロワクチソだって、常人は射つのだろう。

半年で認可の下りたワクチソなんて今まで存在しなかったのに(普通は2年、3年、5年、10年とある)、ワクチソだと言われて、

今までの延長線上に世界が続いて行くと考えるからこそ射ったのだろう。

しかしこれが選別なんだ、これからの世の中に生き残って行く必要な人類は射たない、いや動物的な直感でそう感じるのだろう。

もし射つように仕向けられたとしても、中身が生理食塩水だったり、ワクチソの効果は人外の力が働き無効化されると考えている。

これから先は答えの無い世の中が始まるのだろう。

一人一人が沈思黙考する時代の到来である。

今は某所の喫茶店でマスターと常連の会話を聞いてるが、シンコロとワクチソの話ばかり。

初心者スレで話したパラレルワールドの世界が見えている。

何故、新規感染者が激減しているのか、全く分かっていない。

国政選挙に新規感染者数が5000人では困るからだ。

恐らく選挙終了後、また実数か分からない新規感染者数が激増し、強烈なまでに日本経済を更に縮小させる第6派の到来が待っているだろう。

ただひとつ、これからは所謂世界寡頭勢力が君臨する世の中の崩壊を徐々に見ていく事になる。

地球上に存在する肉体はアバターだということ。

三次元の肉体を使ってやっている事は、魂の修練だということ。

今の魂がかつて入っていた前世の肉体、それら全てを遡った「業」を還して行く必要がある。

霊界の反映が、地球上で表面化している。

霊界のピラミッド構造はフラットにされた。

つまりこれからは貧富の差は霧消する。

見せ掛けのトンデモと揶揄される精神世界ではない、本物の精神活動を行って行く事になる。

人類が地球の最上位に君臨しているという幻想は完全に晴れる。

地球の意思でこれからの世界が進んでいく。

まずは深呼吸しよう。

自分は母なる地球の一部、そして神様の分け御霊なのだと感じられるかどうか。

どれだけ足掻こうが、何としてでも権力を保持したい、力で他人を支配下に置きたいと思う人種はほぼ消え失せる。

自分は何をしにこの地球に誕生したのか、それと向き合う日々は既に始まっている。
569:猿都瑠 :

2021/10/08 (Fri) 16:47:39

host:*.au-net.ne.jp
「このままでは国家財政は破綻する」矢野康治財務事務次官が“バラマキ政策”を徹底批判

https://news.yahoo.co.jp/articles/d1f1f1941b474cebf58d0b55ee4fbe2067103b3c?page=1

西田参議院議員にまた喚問されれば良いw
568:どぶ :

2021/10/05 (Tue) 02:23:26

host:*.ocn.ne.jp
567:浪速のヘタレ : 2021/10/02 (Sat) 22:46:32
host:*.commufa.jp
蜀犬日吠(嗤)
566:浪速のキング◆lFQENZK8ps : 2021/10/01 (Fri) 21:37:38
host:*.spmode.ne.jp ヘタレしね

強烈ですな!

お時間もよろしいようで。

そろそろお開きに。
567:浪速のヘタレ :

2021/10/02 (Sat) 22:46:32

host:*.commufa.jp

蜀犬日吠(嗤)
566:浪速のキング◆lFQENZK8ps :

2021/10/01 (Fri) 21:37:38

host:*.spmode.ne.jp
ヘタレしね
565:堺のおっさん:

2021/09/29 (Wed) 21:02:39

host:*.enabler.ne.jp

それにしても、1票差で岸田氏を1位に据えるなんて

粋な計らい以外の何物でもない。

二回連続の投票で岸田氏が河野に負けなかったという事実は

岸田氏にとって党内をまとめるための大きなアドバンテージ。

下位連合でようやく勝った…ということと、

連続1位で押し切ったというのでは

他候補を政権に組み込む意味合いが違ってくる。

結果、親中派は重要ポストにつけなくなる。

河野総裁の可能性に反応して株価も下落したが

恢復することとなる。

一回目の投票で岸田氏一位はほとんど予見されなかったし、

マスコミの予想も所詮その程度といったところ。

河野は総裁選を通じて、党員票でも議員票でも

スタート時点から大幅に支持を失ったというところ。

なお、党員投票は私の予想どうり7割程度の投票率であったが

それは不正ができなかったし、不正の必要がなかったとも言える。

何らかの不正防止策が実行された結果でもある。

中共は介入できなかったのである。
564:堺のおっさん:

2021/09/29 (Wed) 18:35:20

host:*.enabler.ne.jp

総裁選感想

票を読み切った結果が出た。

裏返すと…

自民党は安倍氏によって完全に把握されている。

そうでなければたった1票ではあるが岸田1位はできない。

また、若手の会発足時の人数も議員票を集められずに、

議員票で高市氏にも後塵を拝した河野の演出は不可能。

ついでに、長年の宿痾であった二階の事実上の影響力消滅。

マキャベリズムの真髄を目の当たりにした。いじょ。
563:亀さん:

2021/09/26 (Sun) 12:47:53

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1632628073.jpg
>>562の堺のおっさんではないが、総裁選も大詰めを迎えつつあり、目が離せなくなった。そうした折り、目にしたのが以下の動画だ。
【右向け右】第384回 - 山田宏・自民党参議院議員 × 花田紀凱(プレビュー版)
https://www.youtube.com/watch?v=tfbrbd3K7GU

上掲の動画は『月刊Hanada』の花田紀凱氏がインタビュアを務め、毎回多彩なゲストを迎えているトーク番組だ。今回のゲストは山田宏参議院議員で、今でも同議員が杉並区長だった時、成人式のスピーチで若者に向かって語った、同氏の愛国心に満ちあふれた話に深く共鳴している。

その山田議員が高市早苗議員について多くを語っていたのだが、特に印象に残った同議員の言葉は、高市議員が昔から「勉強熱心」だったというエピソードだった。小生も高市議員の勉強量には到底及ばないものの、単なる呑み会といったお付き合いは極力避け、自分なりに森羅万象にわたる「勉強」を行ってきた結果、最近に至って漸く世の中のことが少しは分かってきたような気がしている。尤も、未だ未だ未知の世界が広がっていることだろうし、その意味では毎日が勉強、生涯にわたって書生であり続けることだろう。

なを、上記の『月刊Hanada』や『Will』、深田萌絵さんが痛烈に批判していたのに注目されたい。
保守言論誌が中国共産党の利益を守る仕組み!?
https://www.youtube.com/watch?v=PfuKFbPI1DQ

小生は『月刊Hanada』(2021年8月号)に掲載された、「安倍晋三前内閣総理大臣×櫻井よしこ 東京五輪」という記事に、「反日的な人たちがオリンピック開催に反対している」といった旨、安倍晋三前首相が発言したというニュース記事を読み、安倍氏の真意を確認すべく同誌を取り寄せたのだが、同誌の冒頭からアトキンソンの自伝書(『新・日本構造改革論 デービッド・アトキンソン自伝』)の広告以外に、同氏が経営する小西美術工藝社の二ページにわたる↑広告↑を目にした途端、同誌を読む気が失せた。
https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_litera_11837/

その花田紀凱氏については、今後の同氏の言動に注意していきたいと思っている。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
562:堺のおっさん:

2021/09/25 (Sat) 20:00:26

host:*.enabler.ne.jp

終盤に差し掛かってきた総裁選挙。

二転三転の展開が興味深かったが、

結末は誰も予想していないものになることもある。

1位河野、2位岸田、3位高市…

という序盤戦の予想から

中盤では、二階派の深慮遠謀もあって

1位河野、2位高市、3位岸田の可能性ありとなり、

今や党員票で圧倒していたはずの河野が

実際には3割獲れれば良いという調査まで出てくる始末。

であるならば…

終盤で今まで誰も予想しなかった事態、

1位岸田、2位高市、3位河野

ないしは1位高市、2位岸田、3位河野

といった結果が出てもおかしくなくなってきた。

特に最後のパターンはあり得ないと言い切れないから面黒い。

とまあ、下手な予想はこの辺で。

自民党員の皆さん。

河野とだけは投票はがきに書かないでください。

分けわかめの世論調査で次期総理トップといわれる河野、

それが党員票で大したことなかったとして、

それは世論がおかしいだけですから、

堂々と保守の世論を表明しましょう。
561:mespesado :

2021/09/25 (Sat) 09:21:43

host:*.eonet.ne.jp

【前半】第3回ニコニコ生放送「武田×松田で新型コ〇〇問題を語ります!」
~全編は概要欄から~
https://www.youtube.com/watch?v=RnMabTdMATM

 タイトルの新型コロナの話題は上記「公開部分」の動画では検閲の問題か

ら取り上げられず、中心テーマは総裁選の話。その部分もさることながら、

話題がそれたときの武田先生曰く、物理の先生をやっていた経験から、語学

ができる男の子と電気・機械のできる男の子は両立しないようだ、という趣

旨の発言が印象に残りました。
560:亀さん:

2021/09/24 (Fri) 07:23:09

host:*.t-com.ne.jp
最近、さまざまな政治・経済系の動画を観る機会が増えてきた。なかでも、この人物はと思った識者の動画は、極力観るように心がけているつもりだ。そうした識者について特に気になった人物について、小生の独断と偏見に満ちた人物評を、今回は愛国心という観点から書いてみた。

当然乍ら、愛国心を持っていないことが判る識者は、いくら立派な発言をしようと、小生は始めから疑ってかかっているし、そうした識者の動画を観ることはほとんどない。その典型例が、識者と呼ぶにはあまりにもお粗末で、今回の総裁選で己の無知無能ぶりをさらけ出した河野太郎だ。ともあれ、個人的に河野氏について「アレ?」と思ったのは、同氏の女系天皇容認発言だった。

http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1825.html

当時は、漠然と公私ともにグローバリストとの交流が多かった同氏だけに、日本の國體についての知識が底の浅いものであることを知ったのだが、今回の総裁選で愛国心が欠如した単細胞の政治家だったことが良く分かったものである。

一方、國體について直接言及していなくても、その識者が動画の中で示す振る舞いや発言に注視すれば、愛国心の有無が大凡掴めるものだ。たとえば確かな愛国心があると、個人に確信できた識者として、武田邦彦、マドモアゼル・愛、三橋貴明、江崎道朗、柏原竜一、深田萌絵、Freemanといった各氏がいる。

しかし、なかには本当の愛国心を持っているのかどうかが、個人的に未だに判断のつかない識者もいる。そうした識者の一人が林千勝氏である。確かに同氏の世界権力についての洞察力には舌を巻くものもあるのだが、日本文化に関心を寄せ、日本庭園を造成したロスチャイルド家の当主との交流もある事実は見落とすべきではなく、心情的にロスチャイルド家に肩入れしているのが手に取るように分かるのだ。逆に、ロックフェラー一族に対しては厳しい見方をしているのは面白い。例えば以下の動画が典型例だ。
ロックフェラー財団によるパンデミック予言の謎〜歴史上何度も繰り返されたワクチンビジネス裏側(林千勝)
https://www.youtube.com/watch?v=9s9XEiPfhyA

いまのところ、林氏は『近衛文麿 野望と挫折』を著していることからして、多分〝我々の側〟の識者だろうとは思っている。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
559:堺のおっさん:

2021/09/23 (Thu) 18:47:04

host:*.enabler.ne.jp

ハガキによる投票をいみじくも経験することとなったのだが、

この制度がいかに不正の温床になりやすいか改めて実感する次第。

実は、29日当日に直接投票もできるが、おそらくほとんどの党員が

ハガキによる投票を選択していると思う。

偽造対策がまるでできていないハガキ投票用紙。

中国で印刷すれば簡単にできる。

安倍氏もそんなことは百も承知のことと思うので、

なにかの対策をしているとは思うが、

それにしてもあまりに無防備だ。

特に、投票率がたとえば7割程度であった場合、

1割程度の偽造票をこっそりと紛れ込ませても確認のしようがない。

投票済みを確認する手続きがないのだ。

つまり、本当の党員による投票率は闇の中ということ。

まず、9割を超えることは無いものと思われる。


だが…、これは両刃の剣であって…

ズバリ言うのがはばかられるが…

どの陣営もやろうと思えばやれるということになる。

河野陣営が限りなく過半数に近い得票目標6割という数字を出したことで、

1回目で過半数取ることから戦略を変えた意味を考える。

現実に6割の支持はないものと思われるが、

この数字は議員票を合わせても過半数に届かないが、

「民意を曲げるのか!!」というプレッシャーを与えて…

つづいて行われる総選挙で自民議席大幅減へと誘導しようというものだ。

その場合、新総裁は選挙責任を問われるわけで、短命にならざるを得ない。

場合によっては自民を割ることも視野に入れているかもしれない。


思い込みが、総裁選を通じて醸し出されている。

河野になれば自民は総選挙に勝てる?

その幻想こそ自民党を危機に追いやる最大の仕掛けだ。

フルスペック? ハガキ投票?

政局は総裁選の結果のみならず、その後の展開にも影を落としている。
558:suyap :

2021/09/23 (Thu) 16:30:05

host:185.54.228.115
>>556 堺のおっさん、アゲイン(笑)

ツイッターなどでは、投票する候補者名を書いたはがきをむき出しで投函する写真ばかり出回っていて、セキュリティ大丈夫か?と思っていましたが、名前を隠すシールもついてるんですか?それとも都道府県によって違うのかな?

各都道府県別に票をプールしておくとなると、投票はがきの宛先が「△△郵便局私書箱〇〇番」となっていると思いますが、その郵便局の事前調査も有志グループで計画されては?
557:suyap :

2021/09/23 (Thu) 16:23:54

host:185.54.228.115

>>556 堺のおっさん

自民党員、高市支持者として、ぜひ高市事務所、ならびに信頼できる党関係者にご進言を!

ツイッターで多くのフォロワーを抱えるインフルエンサーも、この投稿内容をぜひ回してください。予防効果もあるかもしれないし。

556:堺のおっさん:

2021/09/23 (Thu) 13:20:28

host:*.enabler.ne.jp

総裁選まであと1週間。

「選挙の顔」というポピュリズム丸出しのご都合がマスコミでは幅をきかし、

まるで党員投票の多数派が国民の声であると言わんばかりだが…。

当たり前のことではあるが、国会議員票は

選挙という手続きを経て得た地位である。

たかが100万少しの自民党員票に

議員票と同じ重さを与えていること自体が問題でもある。


それは置いておき、

自民党員が投函したハガキ票は29日まで指定の郵便局に

留め置かれるという話を聞いた。

それを29日に取に行き、各県本部で集計し本部に報告するという。

郵便局におけるセキュリティーは本当に大丈夫なのだろうか。

たとえば、簡単にはがせて簡単に再度貼り付けられる

候補者名を隠すための保護シール。

別の候補者名を書いて張り替えることも簡単。

ハガキの総数が事前に分かっていれば、棄権票を

特定候補のハガキに混ぜ込むことも簡単。

要は、実際投票したが「ホンマ、これでいいの?」と思うくらい

脇が甘いシステムでもある。

岸田・高市陣営はセキュリティーを確認したほうが良いが

そのような行為が起こるとすれば…

トランプがやられたように、28日が最要注意。

それ以前もどのように保管されているのか、確認すべきと思う。

河野は最低でも6割の党員票を目指すと表明している。

実際は5割に届くかどうかとも言われているので、

10万枚程度処理をする必要がありそうだ。

アメリカでの実績を見ればさほど難しいことではない。

555:亀さん:

2021/09/21 (Tue) 11:12:28

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1632190348.jpg
プーチンについて一言。

>>553で林千勝氏と水島総社長による対談動画シリーズを紹介したが、今でも耳にこびりついて離れない、何気ない林氏の以下の発言・・・

林:「DSに目の敵にされているプーチン」

林氏も小生同様の視点でプーチンを見ていたことを知り、嬉しく思った次第だ。

ここで、トランプの姪である メアリー・トランプ(56歳)が執筆した本を巡って、スプートニク紙が以下のような興味深い記事を掲載している。
Trump’s Niece Has Theory on Why Ex-President Preferred Putin and Kim Jong-un to Macron and Merkel
https://sputniknews.com/20210905/trumps-niece-has-theory-on-why-ex-president-preferred-putin-and-kim-jong-un-to-macron-and-merkel-1083800967.html

メアリーは叔父のトランプを叩いたつもりのようだが、上記の記事の行間を読むように努めれば、何故にトランプがマクロンやメルケルよりも、プーチンと金正恩を重視したのか、そのあたりが分かるだろうし、このあたりは到底、トランプの姪には到底理解の及ばない世界と云えよう。もし、彼女が真に政治の本質を理解していたら、決してトランプ一族の蔑みを買うような本を出すことにはならなかったはずだ。

ともあれ、プーチンの人間を理解するキーワードは、「ハートランド」である。これが理解できれば、何故にDSがプーチンを目の敵にしているのか分かるはずだ
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1261.html


ところで、張り切って飯山史観のブログ記事を書くつもりでいたが、再び仕事が入ったため、新記事のアップは延期となった。よって、これから入ってくる仕事にもよるが、今週後半から来週前半にかけてアップできればと思っている。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
554:mespesado :

2021/09/20 (Mon) 16:29:32

host:*.eonet.ne.jp

https://www.youtube.com/watch?v=-AgsqIQLfyQ

↑キリスト教関連の人のスピ系動画のひとつで、何とこの人が「ワ○チ○推

進派」であることが発覚してしまった回なのだが、これ自体は付け焼刃的な

浅い知識によるマスコミに誘導された意見に過ぎないので聞く価値は無い。

しかし、それよりも、そこに付いたコメントに貴重なものがあったのでコピ

ペしておきます↓


> lydia

> 主人の仕事関係ですが某国立大学の研究で有名な誰もが知ってる○○製
> 薬と共にコロナウィルスに有効な薬品を見つけました。そして最終段階
> で外部の会社にデーターの依頼をしてそれも終わりに近づいた頃、「理
> 由を聞かないでこの仕事を無かった事にして欲しい」と仕事をキャンセ
> ルされたそうです。日本の技術が足らない訳ではありません。現実です。
> 効果ある薬があっても世に出ない。なぜでしょうか。
> 陰謀論や都市伝説では無く現実にあることです。
> 主人が直接その研究をされているトップの方に電話できいた話なので真
> 実です。
> その方はコロナワクチンは危険だから打たないと。
> 研究をされてる方が言われている事です。
> クリスチャンだからワクチン拒否という問題では無いです。

 【以下略】
553:亀さん:

2021/09/19 (Sun) 14:57:40

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1632031060.jpg
ネット界では高市早苗女史が高く評価されている。しかし、>>520でも述べたように、世界的構造(DS)の観点からみれば、誰が首相になっても変わらない。

そんな折、林千勝氏と水島総社長との対談シリーズの新動画、第6回「米国か中国かそれとも日本派か?自民党総裁選キーマン達の通信簿」が公開された。
https://www.youtube.com/watch?v=qWT8uKSQ3vM

総裁選を平面的なものから立体的に捉える上で、参考になると思う。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
552:堺のおっさん:

2021/09/19 (Sun) 12:50:55

host:*.enabler.ne.jp

昨日、総裁選挙の投票用はがきが来た。

自民党員・党友に送られるものだ。

高市早苗と書いて投函した。

巷間、一位河野、二位岸田、三位高市…

と言われているようだが、メディアの誘導だ。

それほど高市氏の支持が伸びているのは間違いない。

放知技読者の自民党員は、高市氏に投票するだろう。

1回目の投票で過半数は行かずとも高市氏の一位もあり得る鴨。

票ハガキの管理体制がどのようなものか知る由もないが、

不正は御免こうむりたい。
551:mespesado :

2021/09/19 (Sun) 10:24:31

host:*.eonet.ne.jp

 独立のサイトがコラボになっている例です。


丸顔おばさんのブログ

圧力や支配に対して、平気でいるコツ~少数派だろうと自由だよ。
まずは自分の意思を自分自身が心からOKしてあげる
https://blog.goo.ne.jp/marugao/e/badcb84ddfa9f5335fc2663bb876ec80


> プロパガンダとおぼしき記事↓

>| ブースター接種でコロナ感染率が10分の1に
>| https://medical.jiji.com/news/47173
>| 2021/09/16 18:23
>| 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンの3回目接種(ブースター
>| 接種)について、イスラエルから新たなエビデンスが示された。同国
>| ・Weizmann Institute of ScienceのYinon M. Bar-On氏らは、113万人
>| 超のリアルワールドデータを用いてファイザー製メッセンジャーRNA
>| (mRNA)ワクチン(トジナメラン)におけるブースター接種の有効性
>| を検証。SARS-CoV-2感染率は2回接種の約10分の1に低下したとN Engl
>| J Med(2021年9月15日オンライン版)に報告した。

> イスラエルで3回目接種したら、感染率が10分の1に減りました、という
> “エビデンス”とやらを時事通信が報道している。

> こりゃ、やってるだろーw、どう見ても。情報操作。
> 3回目接種の発表と同日にこれを流すということは。。

>現時点での100万人あたりの感染者数。イスラエル↓

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/68/a9/5ac73b44c2618401b100a670fab041c7.png

> 画像出典:Coronavirus (COVID-19) Cases - Statistics and Research

> たしかに直近は少し減ったようだけど、
>| 昨日(上記リンク先)のブログ記事より
>| ニューズウィークの記事より
>| 「9月14日には新たな感染者数が1万730人、直近7日間の平均は1万1027
>| 人だ。
>| 「これまでの波では存在しなかった記録だ」イスラエル保健省の新型
>| コロナ対策を率いるナフマン・アッシュは9月14日に議会の委員会にオ
>| ンラインでそう語ったと、地元メディアが伝えた。今年6月には1日の
>| 感染者数を10数人前後まで抑え込めていたが、今は過去のピークを上
>| 回る第4波の真っ只中にある。」
>|
>| 3回目の接種をはじめて、10人から1万人超えって、3回目打ったからだ
>| ろう。
>| どう見ても。

> こっちのニューズウィークの記事のほうがデータと一致している。

> こんなふうにプロパガンダを出してくる。
> そしてこういったプロパガンダのほうを、テレビ、ニュース、ツイッタ
> ーのおすすめに出てくるようにしているので、
> よっぽど疑いの目を持って、あいつらが謀略やっている前提で生きてい
> ないと、プロパガンダのほうを信じてしまう。

> そしてこちらのほうが今の社会では圧倒的多数派だ。


 この「丸顔おばさん」も非常に鋭い人です。正しく時事通信のプロパガン

ダ記事の捏造性を暴いています。しかし、この記事がどういう操作で捏造し

たのかについては触れていないのですが、よく調べると、別のツイートで、

そのカラクリが暴かれていました↓


Ars longa, vita brevis@012hR5sLoI9yonv

> ブースター接種でコロナ感染率が10分の1に
> イスラエル・113万人超のリアルワールドデータ
> ↑
https://nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2114255?query=featured_home
> 実態とかけ離れているのはなぜか?

 ↓ ↓ ↓

J Sato@j_sato

> イスラエル、3回目《接種》の効果をよく見せるために、接種6日以内の
> データをダッシュボード統計から除外していたことが判明

> なお、3回目接種6日以内の感染は3回目接種後感染の半分を占めている

> チャートを見て頂くと3回目《接種》でも魔の2週間が健在なのがひと目
> でわかる
https://pbs.twimg.com/media/E_dLX_dUYAYfN_W?format=jpg&name=small

> で、NEJMの「ブースター接種でコロナ感染率が10分の1に」論文をみて
> みた
https://nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2114255

> 極めて悪質

> その期間に発生した3回目接種後の感染の85%以上を除外して分析していた

> 85%除外したら感染率10分の1になるわな

https://twitter.com/012hR5sLoI9yonv/status/1438643937577615361
https://pbs.twimg.com/media/E_dVIdKVEAQ5Tgb?format=jpg&name=small

> Q:
> 3回目《接種》直後の魔の2週間は、3回目《接種》前より感染しやすいか?

> A:
> 3回目《接種》を開始した8月上旬のダッシュボードの数字に、除外して
> いる3回目《接種》後6日以内の感染を足すと、実際の感染数は2.4倍超
> ↓
> 3回目《接種》の魔の2週間は、未接種層や2回目《接種》半年経過層より
> も1.5~2.2倍感染しやすいと推計される

https://pbs.twimg.com/media/E_ejKQhUcAcQ16y?format=png&name=small


 つまり早い話が、ワ○チ○が利くようになるまでの期間(6日間)に感染

した人を統計から除き、それ以降の感染者がワ○チ○を打たなかった場合の

感染者より10分の1になった~、という話だったんですね。
550:OB :

2021/09/16 (Thu) 19:15:05

host:*.mesh.ad.jp
ん?

 もはやDSの興味はワクチンではない。

 今期下半期のトレンドは、中国発リーマンショックの合間の
 火事場泥棒。流石はDS、抜け目ない。
549:mespesado :

2021/09/16 (Thu) 11:08:09

host:*.eonet.ne.jp

 うずらのブログの最新エントリーへのコメント欄から↓

> 今日書店に行ったら、高市早苗著『美しく、強く、成長する国へ。私の
> 「日本経済強靭化計画」』(WAC BUNKO)といふ新書が平積みになってゐ
> たのでパラパラとめくってみました。さうしたらすごいことが書いてあ
> りました。

> 〈所得税課税最低限の引下げとセットで所得税率を一律10%程度とする
> ことで、各人が努力した分報いられるやうな税制にする。税金を払ふ人
> と貰ふ人の二分化が進むと、リスクを取って努力する人が日本からゐな
> くなってしまふので〉

> 「所得税課税最低限の引下げ」→「収入が課税最低限に達しないため現
> 在所得税を納めてゐない人からも、これからは徴収します」
> 「所得税率を一律10%程度とする」→「所得税の累進課税制度を廃止し、
> 所得税を人頭税的なものに変へる」

> かういふのを「見えてる地雷」といふのでせうか。高市は「私は経済的
> な格差を拡大する所存です」と高らかに宣言してゐます。袈裟の下に鎧
> どころのさわぎではなく、完全装甲のフルメタルジャケットや~! と
> 彦摩呂もびっくりです。

> 竹中の二匹目のどぢゃうを、橋下は狙ってゐるのかもしれません。衆議
> 院選挙後に新しい内閣が組閣されますが、そのときの入閣を狙ってたり
> して。

> 団栗2021-09-15 18:10:38

 ↓ ↓ ↓

>>団栗さん

> 高市氏の経済政策が他の2名より数歩前を行っているのは間違いありませ
> んが、積極財政派から見れば、まだまだ前近代的な思想が垣間見えます
> ね。

> 彼女の経済思想は現段階でリフレ派+αくらいのレベルだと思います。

> うずら2021-09-15 20:24:45


 うずらさんの論評はまことに的確だと思います。

 高市さんは、サヨクに言わせると「戦争も辞さず」で「ウヨク的」だとい

うのですが、それは自分がサヨクだからそう思うだけであって、私は別段ウ

ヨク的だとは思いません。それよりも気になるのは、高市さんも所詮は典型

的な日本人の好きな「努力主義・根性主義」の人だ、ということです。

 そもそも正しい貨幣論を理解するうえで、その妨げになるのが、この「努

力主義・根性主義」です。「労“道”教」と言ってもいい。ベーシックイン

カムみたいな働かずにお金を貰えるなんて不道徳だ!っていう脊髄反射的な

考え方です。これって、「勤労」に至上の価値を置く考えで、これって「労

働」に至上の価値を置く「共産主義」のスローガンとそっくりです。でも、

おそらく「勤労」を尊ぶ「労道教」の人は違う。「努力して働くこと」、つ

まり、「頭の悪い人は汗水たらして働くだけでよいが、賢い人は、人のでき

ないことを発案・工夫して、とにかくすべての人が常に苦労を伴った労働を

し続けなければならない」という考え方であり、「とにかく働けばいい。カ

ネ持ってなくても働く人の方が、カネだけ持って人をこき使う資本家より偉

いんだ」という共産主義とは一線を画しているんだ、という意識があるので

はないでしょうかね。高市さんの上述の発言の根底にはこのニオイがプンプ

ンします。もちろん緊縮財政の河野氏や財務省のひも付きの岸田さんは高市

さんに比べると全然ダメですが、「労道教」の人は、日本人のナンチャッテ

倫理観をカサにきたDSの思惑に乗せられるか、あるいは折角の積極財政を

実現するチャンスが訪れたときに、「オカネを刷る」政策を徹底できない危

惧を感じます。第二次安倍政権で、安倍さんがリフレ派の言うことに信頼を

置く方針を立てたとき、消費税増税の延期とのバーターでPBを明記してし

まいましたが、これも正しい貨幣論をきちんと持っていなかったからであり、

消費税増税延期よりPB明記の弊害の方が大きいという意識が当時の安倍さ

んの頭には無かったのでしょう。だから、真に正しい貨幣観を持っていない

高市さんについても同様な危うさを感じてしまうのです。
548:堺のおっさん:

2021/09/16 (Thu) 08:15:02

host:*.enabler.ne.jp

明日告示の自民総裁選。

二階の支援で野田聖子の立候補が確定。

この意味はメディアで報道されているようなものではない。

あらためて、二階という政治家のしぶとさを感じる。

今できる自身の影響力を残すために野田を担いだと。

今回の総裁選は、親中派の二階放逐が最大の政治目標であったが

根絶とまでは行かない政局となった。

かつての中曽根派が得意であった

キャスティングボードを獲れるポジション確保に動いている。

と同時に、分裂が現実味を帯びていた二階派の存続も確保すると。
547:mespesado :

2021/09/13 (Mon) 14:59:07

host:*.eonet.ne.jp

>>546 訂正

× 変更誘導報道記事

○ 偏向誘導報道記事
546:mespesado :

2021/09/13 (Mon) 14:54:36

host:*.eonet.ne.jp

 今回は「読売新聞」の話

https://note.com/nakamuraclinic/n/n993957da8343

> 今朝の読売新聞。

https://assets.st-note.com/production/uploads/images/61083724/picture_pc_08aa9baa3da673abb9781b03b2e3a802.jpg?width=800

> 医師が誤情報「兵庫県内で内科・精神科クリニックを運営する男性医師」。
> どうも、僕です(笑)
> しかしまぁ、7月4日のこと、もう記事にしないだろうなと思ってたら、こ
> ういう形で出してきましたか。
> 「情報源にしているのは真偽不明の海外サイトやSNS」とか「CDCなどの公
> 的機関が否定している情報」とか、とにかく僕の情報がデマだと言いたい
> わけだ。
> あのね、記者さん、逆に聞きたいんだけど、「CDCの情報こそ正しい」と
> 思っているのなら、たとえばCDCの運営するVAERS(Vaccine Adverse Event
> Reporting System)のデータとかどう思いますか?

https://assets.st-note.com/production/uploads/images/61084426/picture_pc_8f5d1c3b481daf39684539ad975141ea.png?width=800

> 死者が1万人以上いたり、重度の副反応も数えきれないほどいるけど、そ
> ういう不都合なCDCのデータは見ないんですね。
> つまらない作文みたいな記事本文もあれだけど、気になったのは表題ね。
> 『虚実のはざま 深まる断絶』ってタイトル、自分で恥ずかしくなりま
> せんでしたか?「お前が言うな」ってツッコミ待ちですか?本当は自分
> で気付いてるんでしょ?「国民を断絶させてるの、他でもない俺らマス
> コミなのにな」って。
> 気付いているとすれば悪意だし、気付いてないとすれば本物のバカだし、
> いずれにせよ、マスコミは終わってると思います。


 ところが一方で、↓


https://ameblo.jp/shamanseiren/entry-12696365326.html

> その後、発起人の片岡徹也さんから
> ジャーナリズムの解放が起きている
> という報告がありました。

> 読売新聞の広告掲載後、
> 早くも動いたテレビ局があったとのこと。

> 片岡徹也さんより

> ”CBCテレビは、名古屋を中心に、愛知県、三重県、岐阜県の3県全域約
> 492万世帯をカバーしてる放送局です。
> 地上はでこの内容が取り上げられたのは素晴らしいですね。

> まさに、僕らが目指していた ” ジャーナリズムの解放 ” が起こって
> います。
> さらにここから、僕ら市民が、この動きをどれだけ支援できるかでその
> 拡がり方が決まってくるでしょう。

> 今回の読売新聞掲載で充分に体験しましたが、僕ら一人一人が持ってい
> る力があります。
> 周囲の人も自分自身も過小評価していることが多いですが、きちんとし
> た影響力をもっていますよね。

> 継続した行動あるのみ。
> できることを改善しながら続けていきたいですね。”


 つまり、マスコミの末端の記者なんて、所詮、トップがDSに首根っこ掴

まれているから変更誘導報道記事しか書くことを許されない。彼らはしがな

いサラリーマンでしかないわけですから、それを文句言っても仕方がなく、

むしろ「広告なら載せてもらえる」という「制度の隙間」をうまく利用して

やる、っていう作戦の方が有効なのでしょうね。
545:mespesado :

2021/09/13 (Mon) 10:45:17

host:*.eonet.ne.jp

感染症を防ぐキーワードは「粘膜免疫」と「IgA抗体」。そこで、大きな期
待を集めている「乳酸菌」とは?
https://bunshun.jp/articles/-/41156?ref=special


>  粘膜表面にIgA抗体が多いほど粘膜免疫は増強され、異物は体内へ侵入
> しにくくなる。そこでIgAの生産能力を高めるために何が有効かを追求し
> た結果、最も適していた乳酸菌がLactobacillus pentosus ONRICb0240、
> 通称乳酸菌B240だった。

> 「この乳酸菌B240を摂取すると腸管が刺激され、唾液中のIgA分泌量が増
> 加することが実証されました。


↑去年の11月の記事。問題は、その乳酸菌がどのタイプかということだが…


https://sndj-web.jp/news/000357.php


> 植物由来の乳酸菌「Lactobacillus pentosus株b240」(乳酸菌B240)の
> 機能性に関する文献レビューの結果が論文発表された。乳酸菌B240はタ
> イ北部で伝統的に飲用されている発酵茶「ミヤン」から発見され、東京
> 農業大学が単離した乳酸菌。大塚製薬が生体防御機能向上の有効性を確
> 認し、これを利用した機能性飲料を開発・販売している。


 つまり「植物性乳酸菌」だ、ということなんですね。
544:mespesado :

2021/09/13 (Mon) 09:42:10

host:*.eonet.ne.jp

人口動態統計-超過死亡の内訳
https://note.com/saturn_walker/n/n36f4a3fb3477


https://assets.st-note.com/production/uploads/images/60872904/picture_pc_ea3f9cab60a848cf5e238d68e7c278cc.jpg?width=800

> 上図のように,厚労省が公表しているだけでもVちん接種後,1カ月に360
> 人が亡くなっており(ただし因果関係は無しor不明),同期間のコロナに
> よる死者数331人を上回っています。
> コロナの予防のためにコロナより多くの方が亡くなるなんて馬鹿げたこ
> とが平然と行われ,誰もこの不条理に異議を唱えない。


↑この事実、ワ○チ○を思いとどまらせるための資料として使うと効果的か

もしれませんね。
543:mespesado :

2021/09/13 (Mon) 09:05:58

host:*.eonet.ne.jp

藤井聡@SF_SatoshiFujii

> 奈良は知事が「他県で緊急事態宣言効果は見られてない」と判断し、宣
> 言がずっと発出されていません。

> にも関わらず現在収束中(左図)、かつその推移は近隣の宣言県と大差無
> し(例兵庫:右図).

> …なのに政府は宣言を延長予定とのこと…そんな政府に私達は疑問を持
> っちゃダメなのでしょうか泣き顔?

https://pbs.twimg.com/media/E-tvWM6VEAAuK0s?format=png&name=small


↑私、地元民として知事GJと思います。ちなみに、このツイートに対する

やりとりから。↓


山の上の研究室@yamanoue_lab

> しかも奈良県は大阪との結び付きが強く、大阪との通勤通学の人流は止
> まっていません。それでも緊急事態宣言の出ている大阪と増減に差はな
> いのです。

 ↓ ↓ ↓

hatsu@hatsu_kapchan

> ですね。阪神線とか兵庫まで伸びてますし。京阪神はほぼ一体です。人
> 流が宣言しようがしまいが止まらず、なのに陽性者数が減少するのは集
> 団免疫でしか説明つきませんね。インドも結局それでデルタ株流行はと
> っくに収まってますし。

 ↓ ↓ ↓

昨日の夜(白髪葱)@hdmi32

> 集団免疫は幻ですよ。感染者の増減は自然に起きる事で、ウイルスは勝
> 手に増えて勝手に減るだけの事です。


 ところが、この隣県との関係を逆に解釈する意見もありますが、↓


れんれん@renren_narako

> 奈良は大阪の属国なので、大阪次第です。
> そして、そもそも遅くまでオープンしている店が都会ほどありません。
> 普段から夜は店が閉まってるのです。
> 参考にしてはいけません。

 ↓ ↓ ↓

名取紘一@planet110703jpn

> なぜピークになって減少していくのか?パターンに向き合うべきでは。

 ↓ ↓ ↓

もごたぅ@CzrA1tHYE5PACSM

> 「パターンに向き合う」のであれば兵庫が減少を始めた約一週間後に奈
> 良が減少しているというパターンから近隣に影響を受けた可能性も考慮
> するべきでは。

 ↓ ↓ ↓

名取紘一@planet110703jpn

> 理解不能。

 ↓ ↓ ↓

名取紘一@planet110703jpn

> 緊急事態宣言を出していない長野県も出している東京や大阪と同様のパ
> ターンで増加・ピーク・減少している。長野県に隣接する緊急事態宣言
> 発令自治体はない。したがって、このパターンは緊急事態宣言の効果で
> はない。

https://pbs.twimg.com/media/E_D2N5RVkAA_HMi?format=png&name=small


 れんれんさんの反論は「理屈と膏薬はどこにでも付く」の典型でしょうが、

名取さんの切り返しは鋭いです。

 ちなみに荒井奈良県知事は、マスコミの追及にも超然としています。


荒井知事「効果が無かったじゃないですか」奈良で緊急事態宣言の要望相次
ぐも再び否定
https://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20210907/GE00040021.shtml


 ただ、この記事の中で荒井知事は「ワクチン接種の加速化を図る」と発言

したと報道しています。まあ、マスコミによる反撃の印象操作かも知れない

し、荒井知事が本当にそう思っているのかもしれませんが、ここで大切なの

は、「全国の知事の中に、気骨を持って国の方針に異を唱える人がいる」と

いう事実。こういう「地位を持つ人による反乱」が至る所で起きることが、

今後大切になってくると思います。
542:mespesado :

2021/09/11 (Sat) 13:57:42

host:*.eonet.ne.jp

すべての新型コロナ変異株に対応?
「口内に噴霧」の非mRNA型予防薬、商品化へ

https://forbesjapan.com/articles/detail/43274/1/1/1


> 「同一の抗原で繰り返し免疫化を行った場合、5回目から死亡する例が激
> 増。7〜8回繰り返すと半分近くが死亡するという動物での研究結果もあ
> る」とも東京理科大学名誉教授、村上康文氏は話す。

> 生活習慣以外には「ワクチン」しか予防手段がない現在、複数の変異株
> に対して有効と考えられる「murak抗体(ムラック抗体)」が開発され、
> 近く製品化される可能性があることがわかった。

> この「ムラック抗体」は、前出の東京理科大学名誉教授、村上康文氏
> (東京大学薬学系研究科 薬学専攻修了・薬学博士、オーダーメードメデ
> ィカルリサーチ代表取締役)が率いる研究チームとDDサプライ株式会社
> が共同で開発した抗体だ。


↑お!またもや日本人の業績か!!


> デルタ株出現までは確かに、ワクチンがパンデミック収束の切り札であ
> るとされてきました。しかし、『デルタ株』の出現で、状況は変わって
> しまいました。

> デルタ株の感染力は1人から8人にうつる、と強力で、しかも接種者でも
> 非接種者でも、ウイルス感染を広げる能力は同等、という研究結果があ
> ります。

> 突然変異はランダムに生じますが、ワクチン接種が進めば、ワクチンに
> 抵抗性のある変異ウイルスが「選択」されるようになります。

【中略】

> 変異確率の高いRNA型ウイルスで起きたパンデミックをワクチンで収束さ
> せることは、困難であって、変異株を追いかけるようにワクチンを投与
> しても堂々めぐりとなり、収束は望めないという前提で、新しい抗体の
> 開発に取り組みました。


↑ここまでの解説は、放知技の読者には耳タコなくらい周知の事実かと思い

ますが、注目すべきは以下の部分です↓


> ちなみに、従来のワクチンは毒性を排除した抗原を使用してきましたが、
> 新型コロナワクチンで抗原として用いているスパイクタンパク質そのも
> のが「毒素」であるという論文が既に発表されています。そのためにワ
> クチン接種後に強い副反応がひきおこされている可能性があります。

> このような「スパイクタンパク質の全体」を抗原とすることにより、ワ
> クチン接種者の中には抗体依存的感染増強(ADE)により重症化する
> という人が出てくる可能性が考えられます。実際、RNA型ウイルスの「デ
> ング熱」では、フィリピンで、200人以上の子供がワクチン接種後、ADE
> で死亡するという悲劇が起きています。

> 逆に受容体結合部位(RBD)のみ、いわば「はじっこだけ」を抗原とした
> ワクチン、すなわち「組み換えタンパク質型」のワクチンは副反応が弱
> く、ADEがおきる可能性が低いものと考えられます。このようなワク
> チンは安全性が高いため、今後の主流になる可能性が高いと考えます。


↑うわぁ、バラしちゃった。大丈夫なのかな?と思わずのけぞってしまいま

したよ。だって、これ、In Deep で、ファイザー社だったかどこかが、スパ

イクタンパク全体を抗原とするワ○チ○と、同タンパクの「はじっこだけ」

を抗原とするワ○チ○を同時に当局に申請して、な・ぜ・か、(ADEを引

き起こす方の)同タンパク全体を抗原とするワ○チ○が採用になって、現在

接種が行われているという闇が暴露されてましたよね。

 それから、日本のワ○チ○といえば、シオノギ社が国産ワ○チ○を開発し

ているという記事で、同社の幹部が「スパイクタンパクは体に特に問題が無

いので、これを抗原にする非mRNAワ○チ○を開発している」旨の発言をして

いましたが、これはmRNAの問題点にこそ触れているものの、まだスパイクタ

ンパクの毒性には抵触しないので、DSの「虎の尾を踏んでない」段階だっ

たのに、今回の記事は、スパイクタンパクの毒性を除去したワ○チ○を販売

するゾ、という宣言なので、DSが黙っちゃいないような気がします。今後

はこの新ワ○チ○の行方がどうなるか、要注目ですね。

 何となくですが、日本の政界はDSに脅されてグダグダになっているのに

対し、日本の研究機関の方は、「天然に」DSの裏をかくような発明・発見

を連発して、意図せずDSの邪魔をしまくっているような気がします。日本

の「真の」研究者たちよ、ガンバレ!!
541:mespesado :

2021/09/11 (Sat) 09:53:01

host:*.eonet.ne.jp

https://www.nicovideo.jp/watch/sm39312173

↑1年前の動画。「(核による武装と非民主的な独裁を許容する頭のよいト

ップに支えられた)ロシアという国家」くらいの権力が無いと、「民主主義

(別名企業独裁主義)」を採用した先進国という国家など掌で牛耳ることが

できるグローバル企業に抗うことは不可能な現代という時代を象徴している。
540:mespesado :

2021/09/10 (Fri) 23:24:15

host:*.eonet.ne.jp

河野太郎という悪夢〜日本をつぶす緊縮・改革主義者[2021 9 6放送]
週刊クライテリオン 藤井聡のあるがままラジオ(KBS京都ラジオ)
https://www.youtube.com/watch?v=0gGx9gaNpuY


 (4月の段階での問答にて)次の総理は?

「菅さん以外なら誰でもいい。ただし河野太郎以外なら。」


 なぜ河野太郎はダメ?

「緊縮主義者で改革主義者だから」

 しかも移民「超」推進論者!

 民主党政権下のの事業仕分けを進言したのが河野太郎

 改革主義者と緊縮主義者は「改革や緊縮すると日本が善くなる」と言うが、

善くなることはあり得ないので、結局ウソを付かなければならなくなるので、

基本的に嘘つきである。ワ○チ○についても推進のために嘘をついている。


↑藤井氏は、あまりその論に深みを感じない人だけど、正しい貨幣論と正し

いワ○チ○論を持っているので、ここで主張していることについては賛成で

すね。

 高市さんは、「国家主義」な保守系論客の間ですごい人気ですが、そうい

う人たちは、サヨクの逆のイデオロギーが強すぎてバランスが悪いような気

がします。大切なのは、「政治力」と「胆力」であり、「敵」にどういうや

り方で対峙できて政治をかじ取りできるかなので、中途半端な政治家が総理

になるのはむしろ危険です。従って総理の適任者とは、「正しい方向」への

ものすごい実行力があるか、又は全く逆に、「なよなよ」していて何も実行

できない(つまり敵の操縦にも乗らないので敵の思うようにも行動できない)

かどちらかだと思うのですよね。だから、高市さんが適任者なのか、岸田さ

んが適任者なのか、今の段階ではよくわからないです。
539: :

2021/09/10 (Fri) 20:58:13

host:*.bbtec.net
もし・ワ〇チ〇ぱす〇ーとが実現して。。。
ワ〇チ〇を打っていあない人はどうやって行動制限を解除できるのか・・・
いい知恵を拝借したい・・・
538:亀さん:

2021/09/10 (Fri) 10:20:16

host:*.t-com.ne.jp
先ほど深田萌絵さんの新動画を見ていたところ、昨日「スパイ防止法」を巡って集会が開かれたことを知った。松本道弘さんや稲村公望さんといった、小生が良く知る人生の先達がパネリストとして参加したようだ。多分、松本さんが参加したのは落合莞爾さんを通じて、稲村さんから参加を勧められたものと思う。
祝!!深田萌絵、不起訴。14日地検前集会は中止となりました。
https://www.youtube.com/watch?v=SZwOF6590IE

松本さんと落合さんは一緒の動画も公開している。たとえば・・・
「南北朝時代に隠された謎 天皇になる真の条件とは?」【むすびディベート・ 松本道弘×落合莞爾】
https://www.youtube.com/watch?v=ruXGXb1JFjw

ともあれ、海外、特に中国に日本の技術を盗まれていることを公言したが故に、中共から目の敵にされている深田さんにとって、高市早苗さんが総裁選に出馬することになったのは心強い。何故なら、高市女史も技術流出やスパイ法を巡り、我が国の将来に強い危機感を抱いているからだ。
【ぼくらの国会・第210回】ニュースの尻尾「高市さん絶叫」
https://www.youtube.com/watch?v=Xt8zy0whDI8&list=RDCMUCueFlCvu9XJI3EbK5s5ocWA&start_radio=1



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
537:mespesado :

2021/09/09 (Thu) 13:12:43

host:*.eonet.ne.jp

>>536

 もうちょっと具体的な予想。

 まず、航空会社がワクパスの提示を義務化する。なぜなら、国内線でも飛

行機の利用客は必ず県を跨いだ移動になるから。

 次に新幹線。新幹線は厳密には同じ県内で利用することが可能だが、のぞ

みとかでは飛行機と同じ理由でワクパス提示を強要。そのうちなしくずしで

ひかりやのぞみ、及び他の新幹線でものぞみに倣うことになる。そして一般

の私鉄や在来線も同様。

 次にスーパーだが、まずはワクパス提示者への割引から始まるが、これは

何のためにやるかというと、段階を踏んだ民意を利用してうまくことを進め

るするためでしょう。なぜなら、よく考えると、このワ○チ○接種者への割

引制度というのは、それ自体だとスーパーにとっては意味が無い。なぜなら、

(実際は違うが)大多数の国民が何となく信じ込まされているように、仮に

ワ○チ○が感染を防止するとしましょう。この場合、ワクパス提示者だけし

か店に入れない、ってんなら一応理屈が通る。なぜなら店内に未接種者を入

れないことによって店を利用する客の感染リスクがなくなることになるから。

ところがワクパス提示者が割引を受ける、という施策だと、ワ○チ○打つよ

り割高なお金を払う方がマシだから、別に割り引かれなくてもいいや、とい

う未接種者も利用するから、全然感染防止策にならず、むしろワクパス非提

示者を見せに入れた方が儲けは増えるので、経営上何のメリットも無いこと

になる。ところが、この割引制度を導入することで、コロナコワイコワイの

「客」の方が過剰に反応して、ワクパス非提示者を白い目で見て「こら、感

染するから店に入って来るな!」という空気が醸成され、そのまま「客」か

らの「強い要望」という形で押されるような形で店の方が「ワクパス提示者

以外は利用禁止」へとまっしぐらに突き進むことになる。まさに、自分は責

任を取りたくない、という意識の上から下への伝播をまことにうまく利用し

た方式ですね。お見事、とは思うけど、しかし本当に腹が立ちますね。
536:mespesado :

2021/09/09 (Thu) 12:52:48

host:*.eonet.ne.jp

【独自】接種済みなら、宣言下でも県またぐ移動OK…10月以降に「行動制限」緩和へhttps://news.yahoo.co.jp/articles/53098936dd7458f628790c772d541bba0e6d74ef


>  菅首相は経済の正常化に意欲を示しており、基本方針では、10月に
> も実証実験を始め、11月以降に本格的な緩和に踏み込む考えを掲げる
> 方向だ。


 具体案として


>  政府は現在、緊急事態宣言の対象地域などでは、旅行や出張など県境
> を越える移動の自粛を要請している。原案では、接種を終えた人は自粛
> 要請の対象外とする。


>  ワクチン接種を前提にした行動制限の緩和を見据え、接種証明書を国
> 内で利用する際の指針も近く公表する。商品の割引や店舗への入場など
> で幅広く活用を認めるが、未接種の人が就職や入学などで不当な差別を
> 受けないよう求める。


 事実上の公共交通機関やスーパー利用時のワクパスの導入だが、政府要人

がワ○チ○が感染を防がないという最新の情報を知らないはずがないのに、

かまわずしゃあしゃあとこういう政策をゴリゴリ進めてくる。また、この記

事を読む限り、政府は自分で責任を取らなくて済むように、現場にすべての

責任を押し付けようとしていますね。

 つまり、政府としては、背中を人口削減計画を推し進めるDSに脅されて

イヤイヤフランスみたいな政策を遂行しようとしている。それも総理が変わ

って方針が変わるとマズいから、お前の在任中にやれ、と脅されて。

 しかし、政府も自分たちの責任で人口削減政策を強行するのは嫌なので、

ワクパスの提示を求めることや、持たない人の利用を認めないことを「強要」

はしない。しかし、この政府のお達しを受けた交通機関やスーパーが「国策」

に「忖度」し、更に新コロコワイコワイの民意に押されて末端の事業者が事

実上の強制に走る。ここまでは見えてきますが、これに対して一般の国民が

どう反応するか。まあ、「国策」には神の声みたいに従順な日本人のメンタ

リティーでは、フランスやイタリアみたいな大規模なデモは起きないであろ

うことだけは確かな気がします。
535:小ボンボン :

2021/09/07 (Tue) 22:32:25

host:*.commufa.jp

今宵、先生が歓びそうな話のネタに遭遇したので皆さまにもご報告に参りました。

https://twitter.com/KimYojong09261

2号さん

https://twitter.com/northkoreayo2

も含め、実~に面黒いと考えましたので。


昨今のウッドショックならぬ、スチールショック(こちらもここ半年の値上げ幅が半端ないです…)

もデフレ脱却への光明と捉えまして、いざ、尋常に!!
534:猿都瑠 :

2021/09/07 (Tue) 14:52:48

host:*.eonet.ne.jp
苫米地英人
@DrTomabechi

RT 10代の副反応

https://twitter.com/DrTomabechi/status/1434881297470525440
533:mespesado :

2021/09/07 (Tue) 08:31:10

host:*.eonet.ne.jp

【1】

https://twitter.com/2opHmazhbjjHvho/status/1434991109793452034

武蔵@2opHmazhbjjHvho

> 昨夜久しぶりにNHK9時のニュースを見てみました。若者をワクチン接種
> へと誘導する内容ばかりでした。国民に絶大な影響力のあるNHKなので若
> 者のワクチン接種は進みそうです。誰が司令塔なのかわかりませんがNHK
> のやっていることは悪魔の所業としか言いようがありません


【2】

https://note.com/nakamuraclinic/n/nf70546dd3d8b

> 現在、コロナワクチンを2回接種した人は6061万人いる。日本の人口が1
> 億2630万人だというから、接種率は47.9%、つまり国民のほぼ半分が打っ
> た計算だ。
> 1回だけ接種した人も含めれば7506万人(59.4%)。ほぼ6割の接種率である。

> 一体どこまで増えるのか?
> 政府は最終的に88%に達すると見込んでいる。

 …

> 暗澹たる気持ちになると同時に、一抹の安堵も感じた。「強制でなくて
> よかった」と。憲法改正して緊急事態条項を盛り込めば、政府のやりた
> い放題になる。自衛隊員が各家庭を戸別訪問して、人権とか健康状態と
> か一切考慮せず、問答無用でワクチン未接種者に強制接種する。そうい
> うことだって可能になる。しかし9割の国民が自主的にワクチン接種完
> 了となれば、そこまで手荒なマネをする必要はなくなるのではないか。

> と、一瞬そんな期待をするんだけど、甘いかな?未接種の1割をめがけ
> て、何らかの強制措置をとる、みたいなこともあり得るかな。


【3】

https://golden-tamatama.com/blog-entry-vaccination-certificate-december.html

>|日本政府、ワクチンパスポート証明書発行12月。
>|ワクチン証明書をスマホで 政府12月発行、申請も電子化
>|
>|政府は新型コロナウイルスワクチンの接種証明書を12月からオンライン
>|で発行する。スマートフォンのアプリでQRコードを表示し、情報を読み
>|取る仕組みを想定する。証明書の申請もオンラインで済むようにする。
>|
>|6日に菅義偉首相と全閣僚が出席するデジタル社会推進会議を開く。
>|「ワクチンパスポートの電子化」の方針を決める。1日に発足したデジ
>|タル庁が取り組む重点計画に明記する。

> 接種証明書を色んなところで活用していくと言ってます。

https://youtu.be/gWf2romguq0

> はい。
> 奴らもグイグイなりふり構わず来ますね。


【4】

http://blog.drnagao.com/2021/09/post-7704.html

> こんな記事のコメント欄にこそ、真実がある。→
https://news.yahoo.co.jp/articles/e3a6634f23e6e291139e062e154e49fedc68c0ab
532:mespesado :

2021/09/07 (Tue) 08:13:05

host:*.eonet.ne.jp
↓医療現場からの生々しい話です。ご参考までに。

https://www.o-kinaki.org/1406/
531:亀さん:

2021/09/07 (Tue) 05:12:53

host:*.t-com.ne.jp
>>530

> 「話したらマズい」

御意。それが青山繁晴氏の本音です。一方、放知技も一応は公の場ですが、小生は神武天皇について「全くの架空の人物」と、ズバリ書いています。
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/17003576/337/

これは、栗原茂さんが小生に向かって直々に語ってくれたことで、その場には天童竺丸さんらも同席していましたので、栗原さんの話を耳にしています。それが、拙稿「古墳時代 10」での以下の言葉になりました。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1672.html
__________
しかし、それでも神武天皇以来の万世一系は微動だにしない。何故なら、「霊性」の観点で見れば、間違いなく神武天皇の御代から現在にいたるまで、途切れることなく万世一系が続いているからだ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
一方、小生は源太郎さんこと山浦嘉久の言葉も、拙稿「第二の天岩戸開き」に遺してします。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-745.html
__________
神武天皇に始まる現在の皇朝、神倭朝(かむやまとちょう)が終焉を迎えようとしている
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
実は、この山浦さんの言葉と通底しているのが マドモアゼル・愛氏が一年ほど前の動画で語っていた発言です。
月は見てはいけないもの、、、
https://www.youtube.com/watch?v=z5jtxqzWfMA

20:40あたりから愛氏は今上陛下について発言しているので、是非注目してください。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
530:mespesado :

2021/09/06 (Mon) 13:30:20

host:*.eonet.ne.jp

>>529

 河野さんの「皇統論」と「財政論」は、時の役職とは関係ない話であり、

ポジショントークではないから、ホンネが出ていることは確かですよね。た

だ、青山氏が最後に指摘した、河野氏の「宮家が本当にDNA的に繋がって

いるのか」論への批判は、なかなかこういった一般向けの動画での解説とし

ては難しいものがあって、青山氏も、なぜこの河野氏の主張・考え方がマズ

いかの理由は話しませんでしたが、それは答が無いのではなくて、「話した

らマズい」のでしょうね。

 「今の天皇が神武天皇のY染色体を本当に受け継いでいるか?」←こうし

た、いわゆる「科学的な見地」から見たら、恐らく答はNOでしょう。しか

し、それを実際に「発言」してしまったり、ましてや本当に「天皇家一族の

DNA調査」とかしてしまったら、一般国民が潜在意識に持っている「日本

人の一体感」の根っこを破壊してしまう…。それを青山さんは一番恐れてい

るのだと思います。つまり、政治の世界というか、我々の現実世界での利害

の問題としては、このことが「科学的に事実であるかどうか」よりも「大多

数の国民の潜在的な信仰がどうなるか」の方が大切である、ということです

ね。これは政治形態が民主主義であるか君主主義であるかを問いません。

 本当のことを言えば、すべての国民が真に賢くなって、今の天皇が神武天

皇と父系で繋がっていようがいまいが、いや、それどころか天皇という存在

が有ろうが無かろうが動じないところまで行っているなら、一閣僚が皇統に

ついてどう考えていようがどう発言しようが関係ないはずですが、しかし、

現実の国民の意識を眺めてみれば、貨幣論は間違っている人が大多数、ワ○

チ○も新コロの方が怖いからと疑問を持たずに列をなしてまで打とうとする、

そんな風景を眺めていると、とてもじゃないが、一般国民がそんなレベルに

無いことは明白だし、将来的にもそんな理想的なレベルになることは到底期

待できない以上、青山さんのように「皇統の尊厳を守る」という立場で一貫

しているのは、国民を一種の洗脳状態に置くという点で疑問を感じるのは確

かですが、「民度」の現実を直視すると、まあ仕方がない、としか言えない

ですね。
529:亀さん:

2021/09/06 (Mon) 12:29:50

host:*.t-com.ne.jp
>>525

mespesadoさん、現代は仕事に追われている身のゆえ、以下の簡単な回答でご勘弁ください。

副島氏も河野太郎氏も天皇や皇室について多々言及すれども、それは単なる上辺の言及に留まっており、お二方の言葉からは愛国心というものが微塵も感じ取れません。このあたりは、拙稿「要」に書きました。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1825.html

ともあれ、>>520にも書いたように、マドモアゼル・愛氏同様、ここ1~2年の世界はカオス状態が続くと思います。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
528:ひとことじーさん :

2021/09/06 (Mon) 12:08:47

host:*.plala.or.jp

これは怖いビックリの記事がありました。

荒川央 (あらかわ ひろし)さんの記事

『コロナワクチンによるプリオン病と神経変性の可能性について: マサチューセッツ工科大学 (MIT) の総説論文から』
https://note.com/hiroshi_arakawa/n/n6776aae9ac8c

……………………………………………………………………………………………
【略】

コロナワクチンのスパイクタンパクは血管を障害する毒性を持ち、脳の血管を傷付ける事で頭痛、吐き気、めまいやブレイン・フォグを引き起こしたり、脳梗塞などの原因となる事があります。
これは短〜中期の副反応です。

脳に対する長期的な副反応 (副作用) としては、スパイクタンパクがプリオンとして作用し、脳変性を起こす可能性が指摘されています。これはスパイクタンパクのアミノ酸配列から推定されるもので、接種から長期間が経ってみないと実際には分からない事の一つです。プリオンは微量の摂取でも長い時間の末にプリオン病を発症する事が知られており、将来的な不安要素になる可能性があります。

プリオンによって引き起こされる代表的な病気は「狂牛病」で、これはウシの病気です。正式には「牛海綿状脳症 (BSE) 」と呼ばれます。ヒトの代表的なプリオン病は「クロイツフェルト・ヤコブ病 (CJD) 」です

【略】

実は、コロナウィルスのスパイクタンパクにはプリオン様モチーフである「GxxxG」が5つ含まれている事が分かっています。次の記事ではこの事をさらに掘り下げていきましょう。

527:mespesado :

2021/09/06 (Mon) 11:05:10

host:*.eonet.ne.jp

>>526 訂正w

× 親中、媚中

○ 嫌中、媚中
526:mespesado :

2021/09/06 (Mon) 11:03:05

host:*.eonet.ne.jp

>>525

 あ、副島氏もワ○チ○の闇を分かっている人ですが、東海アマ氏は同じよ

うでも政治力学に対する理解が副島氏より深いと思われるのは、例えば対中

国では親中、媚中どちらの闇も知っているとか、相反する事案のどちらも絶

対視しないという点で、案外ジレンマを受け入れているようなところがあり、

一方的な主張で暴走しがちな論者(副島さんはその典型ですね)とちょっと

一線を画しているところがあるような気がしています。
525:mespesado :

2021/09/06 (Mon) 10:38:50

host:*.eonet.ne.jp

>>524

 最近は、昔3.11に対するネット言論人に注目していて、いつしかフォ

ローしなくなった人が多くいましたが、最近の新コロさわぎで再び覗いてみ

たら今回も積極的に発言していた、という人たちが多くいます。既に取り上

げたリチャードコシミズ氏もそうだし、それから小林よしのり氏も、副島隆

彦氏もそうですが、そんな中に東海アマ氏がいます。氏の最新のエントリー

はコレ↓


次の総理大臣
https://ameblo.jp/tokaiama20/


 この人、ワ○チ○の闇もわかっているし、そういう意味では政治力学につ

いても比較的わかっている人だと思うので、副島さんよりは遥かにマシだと

思います。ただ、微妙にちょっとどうかな、と思うところもあります。それ

は、以下の下り↓


> 2020年9月10日
> 衆院解散「10月中には」尖閣「武力行使も辞さず」河野太郎
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/44403.html

> 【河野大臣は司会者から、沖縄県の尖閣諸島をめぐり、日本が中国との
> 戦争を辞さないか問われたのに対し「国土の1センチであれ守る用意があ
> り、日米両政府は同盟に基づいて、尖閣諸島のために、武力の行使も辞
> さない。何もしなければ、国際社会が見逃した、もう1つの南シナ海にな
> りかねない」と述べました。】

>  引用以上  威勢のいい、防衛相時代の発言だが、河野太郎は、「戦
> 争・軍事大好き」の傾向があって、首相になれば、尖閣諸島に海自を送
> り込んで、軍事的衝突が起きるのは確実と考えてよいだろう。


 「戦争大好き」というより、単に「どんな分野でもポジショントークで暴

走する傾向がある」というだけなんではないでしょうか。それは結構みなわ

かっているところがあると思うので、最後の締めに書いてある↓


>  これから十日ほどの間に、岸田がよほど緻密で合理的な政策を表明し
> ないかぎり、対中軍事行動を表明している河野太郎に人気が集中すると、
> 私は考えている。


という風に単純にはならないような気もしますが、どうなんでしょうね。
524:亀さん:

2021/09/06 (Mon) 04:29:45

host:*.t-com.ne.jp
嘗て飯山さんも仰せだったが、小生も日本の〝識者〟の劣化ぶりを推し量るメルクマークとして、学問道場の副島隆彦氏の投稿に注目してきた。で、小生が最近の副島氏の発言で思ったことは、同氏が自ら自慢している知識とやらの劣化ぶり、一層酷くなり、目を覆うばかりということである。たとえば、同氏の最新の投稿「 [3245]次の首相は誰か。私のこの予想は外(はず)したくない」が典型例だ。
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/
__________
「安倍氏が高市早苗(たかいちさなえ)氏を支援へ 麻生氏も支持に回る可能性」(テレビ朝日)と 「 「お前と一緒に(オレと河野太郎まで)沈められねえだろ」声を荒らげた麻生氏 」 (西日本新聞) の記事で、私は、判断した。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
相変わらず、否、以前にも増して朝日系の情報を頼りにしているようだ(嗤)。グリコのおまけとしてもう一つ・・・
__________
自分が権力の座にしがみついていさえすればいい、という悪人(ワル者)である、安倍と麻生に対して、まだ、少しでも本当に日本国民のことを考えることのできる、河野太郎、石破茂 たちの出番まで、まだ暫(しばら)くかかる。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ここまで読めば、放知技の読者であれば同氏の政治観のレベルの低さが、手に取るように分かろうというものだ(爆)

その他にも同氏について書きたいことは山ほどあるのだが、今月は本業に追われていることもあり、このあたりで打ち止めとさせていただく。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
523:堺のおっさん:

2021/09/05 (Sun) 19:00:56

host:*.enabler.ne.jp

安倍氏後押しを受けて高市早苗が総裁選に出馬表明。

なるほどと。

宏池会系は外交では頼りない。

しかし、高市氏も経済では弱い。

その意味で、清話会を飛び出してしまった過去があるが

安倍氏が高市氏を推す目的は…

本命岸田、補助に高市といったところか。

これは考えていなかった。

また、この布陣には対小池やこれからの派閥再編の布石も垣間見える。

政局を政局の小さな目的でととらえることはあまり意味がない。
522:堺のおっさん:

2021/09/04 (Sat) 15:48:17

host:*.enabler.ne.jp

二階派は消滅とまで行かなくとも、分裂は決定的だ。

しかし、河野で総選挙を凌ぎたいという思惑の選挙に弱い二階派議員は結構多い。

しかし、そんなものでホイホイと投票する国民がそれほどいるのだろうか。

麻生氏は河野の立候補を後押ししているわけではない。

役割を与えただけだ。なので麻生派としては後押ししない。

総選挙前の政策論争総裁選でを盛り上げる「玉」として容認したに過ぎない。


その役割とは、どうしても思い切った財政出動ができない壁を

総裁選から大胆に主張し崩していくには…

緊縮派のあて馬、それも「世論」で人気の高い玉の方がより効果的。

それを超不人気の菅総理が支持し、子ネズミが後を追う。


自民の選挙に弱い若手議員が当選するには、何派に属しようが

財政出動を前面に打ち出し、自民内での主流的政策に据えることしかない。

「選挙に勝てる顔」など幻想に過ぎない。

が、そう思っている政治オンチの若手議員が多いのも事実である。

そんなどうにでも転ぶ議員などどんどん落ちればよいだけ。

次期総選挙はそうしたナンチャッテ議員を淘汰する選挙でもある。
521:mespesado :

2021/09/04 (Sat) 15:06:08

host:*.eonet.ne.jp

>>520

菅総理は「河野氏を支持」の意向 総裁選
https://news.yahoo.co.jp/articles/9a15de1407980f5fd850ae9d3e04034361f19a22


 マジで河野さんが次の総理の可能性が高くなってきました。

 菅さんは「汚れ役」を自認しているのは確かでしょうが、そもそも地方自

治体に貨幣発行権が無いことを、「国がお金を刷って、それを地方交付税で

自治体に『おすそ分け』する」とか「日銀に地方債を買わせる」という『正

しい貨幣論』に基づいた政策」ではなく、単に各自治体に「競争」させると

いう新自由主義バリバリな「ふるさと納税」を発案・実行したり、アトキン

ソンや竹中平蔵のようなDS新自由主義者の政策を推進するのを正義と考え

る政治家であることは間違いありません。いや、DSは、そこをわかってい

たからこそナショナリストの安倍さんを政権から引きずりおろし、新自由主

義者の菅さんを後釜に据えたのでしょう。ただ、「汚れ役」と「悪役」は違

う。悪役とは、自分がやることが世の中の為にならないと知って敢えて実行

するのに対し、汚れ役とは本当は世の為になることをやろうとしているのに、

反対者による抵抗に会うと、その反対者の矢面に立って自らを犠牲にしてで

もその善かれと自分で思っている政策を実行する胆力を持っていることを意

味すると思うのです。実はそういう観点だけからすると、実は河野さんも菅

さんと同じ方向性を持っており、菅さんが河野さんを推すのもそれが理由の

ような気がするんです。ただ、菅さんと河野さんが違うのは、菅さんは、自

分が善かれと思って何かを実行しようとした結果、どうもうまく行かないと

か何か変な副作用が生じたとき、ちょっと止まって考え直そうとする慎重さ

を持っているのに対し、河野さんはそこが「鈍感」なので、副作用が生じて

も構わず暴走する危険があることです。

 ちなみに三橋さんの最新エントリー↓


政局の行方と二人の逆神
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12695965597.html


では


> 河野太郎が最も「緊縮財政・新自由主義」の政治家です


と述べ、逆に積極財政とインフレ2%までPB凍結を宣言した高市早苗さん

を推していますが、この高市さん、ナショナリストで肚も座っていますが、

少しタカ派な保守の雰囲気も持っているので、これがDSとの複雑な駆け引

きで凶と出るか吉と出るかは微妙だと思います。というのは、同じナショナ

リストとは言っても、安倍さんと高市さんを比べると、ちょっと高市さんは

「一途」過ぎる。そこをDSにうまく手玉に取られてしまう恐れがある。こ

れに対して安倍さんは、一見ナショナリストのイデオロギーに染まっている

ように見えながら、手玉に取ろうとするとサッと体をいなして正面から受け

止めずに相手に肩透かしを食らわせる技を持っているように見える。ただ、

これは第一次政権での失敗を反省して身に付けたものであり、高市さんにし

ょっ端からそのような技を期待するのは無理というものです。しかも今、D

Sは必至の悪あがきで猛攻を仕掛けていますから、安倍さんのような第一次

政権の失敗を次のチャンスで取り返す、という時間の余裕は無い。そういう

点で、逆説的ではありますが、何だか頼りなくて実行力もなさそうな岸田さ

んの方が、見ている方はハラハラするかもしれないけれど、気が付いたら結

果としてDSの思惑を外していた、という結果になる可能性がもしかしたら

高いかも、と思ってしまいます。
520:亀さん:

2021/09/04 (Sat) 09:23:14

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1630714994.jpg >>519

> 岸田さんも高市さんも

お二方には無理でせうね。拙稿「世界権力vs.ナショナリズム」でも紹介し、放知技でも幾度か紹介した、例の林千勝氏のイラストにもあるように、相手はNWOだから・・・。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1874.html

ただ、同イラストの最後に記されている「従順な地球市民」になるまいと、強く反発しているのが世界的な大きな流れ(趨勢)です。このあたりの対立が1~2年は続くはずで、その間の我々は耐えるしかありませんが、最終的にはナショナリストが勝つだろうということは、 マドモアゼル・愛氏も最近の動画で述べている通りです。たとえば・・・
大衆を引き付け、次に恐怖操作する段階に
https://www.youtube.com/watch?v=Xcz44AT1W8k

不思議と同氏とは馬が合い(波長が合う)、近未来の見通しについては概ね同氏の意見に小生は同調しています。万一、NWOの天下になったとしても、人間、米・塩・水があれば、当面(数年)は生きていけます。そのくらいの覚悟で生きていきませう。
味噌・米・塩・梅干し・水・太陽 さえあれば大丈夫
https://www.youtube.com/watch?v=cHOJ09D_V-s

ところで、仕事に追われて床屋に行く暇がないwww だから、最近は↑田村のおっちゃんのようなヘアスタイルに顎髭を生やして↑、仕事に取り組んでいます (*~~*)



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
519:mespesado :

2021/09/04 (Sat) 01:51:24

host:*.eonet.ne.jp

EU、成人7割がコロナワクチン接種完了し目標達成
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-eu-vaccines-idJPKBN2FW1C1

> 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は31日、域内の成人人
> 口のうち新型コロナウイルスワクチンの接種を完了した人の割合が7割
> になり、年初に設定した目標を達成したと明らかにした。

 ↑ ↑ ↑

鳥集徹@torutoridamari

> 集団免疫ができたとか、重症者が減ったではなく、7割に打たせること自
> 体が目標だったということ?

 ↓ ↓ ↓

付箋@KDystopia

> そういうことなのでしょう。そのことによってどうなる、ということは
> 関係なく、期間と数字のノルマが与えられている。

https://pbs.twimg.com/media/E-J0J8NUcAgmlWk?format=jpg&name=360x360
> |新型インフルエンザのときに、製薬会社との癒着でワクチンを売り捌
> |きたかったのでは、という批判もあったWHO、「収束」の基準をコ
> |ロナによる死亡数や重症者数の推移ではなく、世界人口の70%が来
> |年までにワクチンを打つことと設定する模様。

> |“WHOのテドロス事務局長は12日のオンライン会見で、新型コロナ
> |ウイルスのパンデミック(世界的大流行)の終息には、来年のG7サ
> |ミットまでに「世界人口の少なくとも70%がワクチン接種を受けなけ
> |ればならない」と主張した。110億回分のワクチンが必要になるとい
> |う。”
> |18:06・2021/06/16・Twitter for iPhone


>>516

> 菅首相を「汚れ役」と見ている


 つまり、G7のメンバーの一人である日本もこのWHOのノルマを押しつ

けられ、菅総理は自らの使命としてこのWHOノルマをG7諸国の国民に押

しつけるという方針に、少なくとも表面的には同調して見せなければならな

い、という苦しい「汚れ役」を買って出ているという雰囲気は常に感じてい

ましたので、「やはりそうか」と思った次第です。

 今まで総理の立場に「しがみついている」ように見えたのも、この逃れる

ことができない「汚れ役」を最後まで責任をもって自分が被るつもりだった

ように見えます。今回の総裁選不出馬で総理が変わった場合、WHOのG7

への圧力が変わらない中で、新総理がどう対応していくのか?はたして適切

に対応できるのか?候補者の中で、とりわけ河野さんは、WHOに抗するど

ころか、自らの意思で積極的にワクパスの強引な導入など、接種強制に暴走

するんじゃないかと気がかりです。ただ、岸田さんも高市さんも、菅さんの

ように自ら汚れ役を買ってでもこの力に抗することができるのか、はなはだ

心もとない気がします。
518:亀さん:

2021/09/04 (Sat) 00:53:35

host:*.t-com.ne.jp
>>517

堺のおっさん

> 天童竺丸

了了!



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
517:堺のおっさん:

2021/09/03 (Fri) 22:51:51

host:*.enabler.ne.jp

昨年の暮れだったか。

まほろばの天童さんと菅総理の肚を電話で話させていただいた。

天童さんは、「堺のおっさんが、そう思うならそうなりますよ」と。

天童さんの言う意味がその時は分からなかったが、

要は「あなたが個人の好き嫌いのレベルではなく

天下国家の視点で考えるのなら必ずそうなるよ。」

そういう意味でおっしゃったことであると気付かされた。

亀さん、そういうことです。
516:亀さん:

2021/09/03 (Fri) 15:15:27

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1630649727.jpg >>514

堺のおっさんが菅氏を〝評価〟していることは、大部前に気づいていたが、そうした観点で菅氏の一連の言動を追っていくに、世間の菅義偉像とは真逆の菅総理像が、個人的に徐々に浮かんできた・・・。

そのあたりについて薄々気づいていた人物の一人として、freemanこと長谷川氏がいる。本稿に添付した同氏の↑画像の一部を添付↑したので眺めていただきたいのだが、何故に長谷川氏が菅首相を「汚れ役」と見ているのかは、以下の動画を観れば大凡が掴めると思う。
【日本】菅義偉「あの病気後に憲法改正に取り組む
https://www.youtube.com/watch?v=kYmLkP_edfQ

特に、9:02あたりからの長谷川氏の発言に注目していただきたい。江崎道朗氏が東京五輪を菅総理があれほどまでに周囲の反対を押し切り、強行開催した背景の一つに、「対外情報機関に匹敵する組織」の設立にあった、と指摘している点に注目していただきたいのだ。

本当は数本のブログ記事にして、発表を考えていたテーマであったが、現在は九月下旬に期限を延長してもらった仕事(翻訳)に追われており、その余裕が全くないのは残念だ



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
515:mespesado :

2021/09/03 (Fri) 13:19:44

host:*.eonet.ne.jp

Q&A なぜイベルメクチンを推さないのか?
https://note.com/jinniishii/n/n55e99014ce04


↑イベルメクチンのおかげで職場感染による「かつて経験したことがない重

い倦怠感と食欲不振」から解放された経験を持つにもかかわらず、イベルメ

クチンに否定的な人の記事。その理由は


> ①副作用・耐性のリスクがあるから

> ②他にもっといい治療法があるから

> ③コ○ナより必要とする人がいるから


ということらしいのですが、①については


shiroro@shiroro75961128

> ペルーGustavo Aguirre Chang医師の重篤度、ウイルス量、及び治療の反
> 応に応じたイベルメクチンの用量
> 急性新型コロナを治療するには、通常の0.2mg/kgよりも高用量を使う方
> が良い。Leon Calyらの研究によると、48時間以内にウイルスRNAを99.8%
> 削減するには、通常用量0.2mg/kgの35倍以上の高用量が必要


というツイートを参照しながら解説しているのですが、「通常用量の35倍」

って…

 それって早期の患者に対する量じゃないですよね?件の長尾医師は、早期

の患者なら、通常の用法で、しかも1回きりの服用で治ったと言っておられ

ましたから。

 なお、イベルメクチンとビタミンDの対比表↓


https://assets.st-note.com/production/uploads/images/60303356/picture_pc_10d67c2e4a87e7562ac9bf639b5a8913.jpeg


の「副作用」の欄で、イベルメクチンは「下痢・肝障害など」と、ビタミン

Dは「適切に使えば無し」なんて書いてるけど、それはないでしょ、という

感じ。そもそもどんな薬だって、体にとっては「異物」なんだから、まずは

肝臓に送られて、そこで解毒するんだから、どんな薬でも飲み過ぎれば肝障

害の副作用が起きるのは当然です。そりゃ、通常の35倍も服用すれば副作用

だって出るでしょう。一方のビタミンDだって、脂溶性なんですから、やは

り飲み過ぎれば充分排出されず、高カルシウム血症や、はては腎機能障害を

起こします。ちなみに「RCT」の欄も「死亡率」と「重症化」という、異

なるものを比較していて不誠実さを感じます。

 さて、問題は、表の「耐性」の欄です。この記事では、


> イベルメクチン耐性疥癬(ヒゼンダニ)はすでに報告されています

https://academic.oup.com/cid/article/39/1/e8/318131?login=true


という、疥癬の治療薬としてはイベルメクチンの耐性菌が既に存在すること

を伝えています。では、肝心の新型コロナについてはどうかというと、この

記事の筆者は「今後耐性菌が出る可能性がある」と抽象的に述べるだけです。

ところが、この件については、「いいな」さんという人が、ツイートで、イ

ベルメクチンはウイルスの増殖に欠くことのできないプロセスを妨害すると

いう機序で新型コロナに効くので、耐性菌は原理的に発生し得ない、という

ことをこれまた機序によって「科学的」に説明する論文を紹介しています。

この主張は、まあある意味現実にも符合していて、確かにインドやその他、

イベルメクチンを積極的に使用している国で感染率が激減している話はある

けれども、それが耐性菌によって効かなくなった、という話は聞こえてこな

いですよね?なので、私は「当面は」大丈夫だと思っています。ですが、そ

こは人間のチッポケな叡智を過信するべきでなく、自然は想定外ですから、

というより、今の時代には人工的な操作だって可能なんですから、この機序

を搔い潜るような変異ってのはいつか出てくることを覚悟しなければならな

い。そういう意味で、用心に越したことはないと思います。

 また、②は、ビタミンDか、イベルメクチンか、という二者択一ではなく、

適切な方を使用、又は併用すればよいでしょう。③は耐性菌が生じて、本来

の疥癬治療に効かなくなることへの批判です。ですが、「治療薬」というの

はどうしてもこのような側面があることは確かなので、功罪併せ考えること

は必要です。しかし、耐性菌を誘発すると言っても、投与する対象は、病気

にかかった人「だけ」です。これに対して「ワ○チ○」の方は、「全国民」

が対象になるので、耐性菌の発生する確率は比較になりません。そういう意

味では「イベルメクチンをそういう観点から批判するなら、ワ○チ○をそう

いう観点で批判する方がよほど重要だろう」と言いたくもなります。

 まあ、そうは言っても、かつて、日本で単なるインフルを「仕事に差し支

えるから、単に長引くのを1日か2日短くするだけの為にタミフルを処方す

る」ことを流行らせた結果、タミフル体制を持つウイルスを増やしたような

バカげたことを繰り返さないための教訓として、この記事の内容は尊重すべ

きだと思います。

 suyapuさんも、そういう趣旨で、とにかく「天から与えられた」自然免疫

をまず尊重しよう、という態度は、まさに飯山さんの思想を最も忠実に受け

継いでいると思いますから、是非今後も種々の海外を中心とする情報提供だ

けでなく、自ら実践した根性の話wと共に、いろいろ書き込んでいただけた

らいいと思っています。
514:堺のおっさん:

2021/09/03 (Fri) 12:53:07

host:*.enabler.ne.jp

菅総理が総裁選に出ないことを表明した。

二階幹事長も…、ぶら下がりでやられたな…、といった表情であった。

裏切り政治家菅総理の、最高の歴史的裏切りといってよい。

振り返れば総選挙をやるタイミングは新総裁になった直後、

すなわち昨年の10月しかなかったと言える。

麻生氏もやるべきと強く勧めたがやらなかった。

歴史にタラレバはないが…、もしあの時解散総選挙をしていれば

今の政局は違った形になったと思う。

何故やらなかったのか、菅総理は墓場まで真相を持っていくことと思う。

その真相とは総選挙で圧勝すれば、

それはすなわち中共につながる二階の権力強化にしかならないからだ。


その時期総選挙しないという菅総理、

これは菅総理、自身の最大の政治目標を

二階おろしにしぼることに腹をくくったのだと確信した。

二階を抱きかかえて一緒に引きずりおろす。


二転三転したここ数日の政局の最後のマサカが菅不出馬表明。

世間の菅評価は最悪だろうが…

私はこれで日本の新しい転換に光が見えてきたと。

たとえは悪いが徳川慶喜が悪く言われるようなものだろうか。


ただ、総裁選で岸田総裁になったとしても

総選挙ではまだ厳しい現実があるのも事実。

しかし、岸田氏らしい柔らかい表現ではあるが

大規模財政出動を公約にしている。

保守内部でも反緊縮派が台頭する舞台が見えてきたともいえる。


おまけであるが、自民の派閥は再編される。

岸田派と麻生派の合流もあるかもしれない。

二階派は…。なくなる。

中共も日本政治への影響力再構築を強いられることとなる。鴨


菅総理は良い仕事をした!

日本で私一人くらい、そう評価する人間がいてもいいだろう。
513:mespesado :

2021/09/03 (Fri) 10:26:39

host:*.eonet.ne.jp

 「マスク」についての面白いツイートがあった↓


https://twitter.com/hide1379FX8C/status/1433260751825907714/photo/1

PCR検査は感染症の診断に利用できます@q44bh4aD6wzu8Pv

> 「マスクしても感染するならマスクは意味ない」って言ってる人たち、
> 傘さしても濡れるのに傘さすんですね。

 ↓ ↓ ↓

jiaolinzehe@jiaolinzehe

> どう考えても濡れる量は減るだろ、バカか

 ↓ ↓ ↓

PCR検査は感染症の診断に利用できます@q44bh4aD6wzu8Pv

> マスクも同じですけど


 …実は、「マスクは酸欠になるからよくない」という、いわゆる逆側の主

張について、それを批判する人が、「科学的」に、酸欠になるというエビデ

ンスは無いということをトクトクと説明しているサイトがありました。そこ

では「酸素分子はマスクの網目より小さいんだから、マスクしてたって酸素

は通過するんだから酸欠になんかならない」とか「工場などで勤務時間中ず

っとマスクしている労働者もいるけど、彼らは酸欠になってますかぁ?」み

たいなことを主張していましたよ。こんなの、「感覚」的にナンセンスです。

だって、マスクしたら実際に「息苦しい」んですから、酸欠にならないハズ

がない。ここでいう「科学的」というのは、いわゆる機序が解明されたとい

う話ではなく、どうせ統計的な比較によるものだろうし、そういうのって完

全に他の条件を同一になんてできないから、そもそもそういう方法論自体が

マユツバだと思うんですよね。

 でも、この「酸欠」の話の「酸素分子」を「ウイルス」に置き換えると、

「マスクはウイルスを防ぐから効果がある」の話にそっくり入れ替わるんで

すよね。そのことを説明する風刺が、上記のツイートのやりとりだと思うの

です。
512:mespesado :

2021/09/03 (Fri) 09:24:42

host:*.eonet.ne.jp

 suyapさんが、黒川敦彦氏について


>>510

> まず「つばさの党」の黒川敦彦氏の発熱⇒PCR検査⇒イベルメクチンの
> 件は、本人の弁明を読んで私も「こいつ、なんにもわかってねえ」と思
> いました(笑)。演説では「世界の陰謀を暴露する」的な大きなことを
> 言いながら、なんでノコノコPCRを受けにいくかっ(怒)。発熱くらい
> 自分で対処しろよっ(嘲)。


>>511

> このような流れを見ると、やはり「本質を理解」しないままの烏合の衆
> の「反対運動」では、これから長い年月を戦い抜けないと思います。ま
> ず第一に、自分がしっかりと「独立した戦士」にならないと。

> だから、ちょっとした熱くらいですぐにPCRに飛びついてしまった「つば
> さの党」の黒川氏はブーッなんですよ。


という理由で批判しておられます。実は、私はこの黒川氏については、その

存在も氏の主張についても、件の字幕大王さんが言及するまで全く知りませ

んでした。

 そこで、実際に彼のツイートを読みに行くことにしました↓


https://twitter.com/democracymonst?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor


 ざっと読んだ感じでは、変な情報には惑わされず、真っ当な事実に忠実な

理解をしている通常の政治家というか活動家、といった感じでした。別に、

「根本について何もわかっていない」という感じはしませんでしたが、逆に

積極的にこの人をフォローする意義も特に感じない、そんな感想を持ちまし

た。黒川さんは、放知技やそこで紹介されたサイトなどを元に得た、自分の

持っている情報以上の情報を特に発信しているようではなく、それは、他の

論客にとっても同じであったため、他の論客が特に氏について言及すること

も無いので私も黒川氏の存在に気付かなかったのかな~と思っています。

 で、黒川さんはともかく、自分だったらどうするか、ということですが、

私なら、新型コロナへの予防としてイベルメクチンを飲むことはしないです。

なぜなら、いくら適性量なら副作用は無いとは言われていても、一応は「薬」

ですから、「虫もいるかどうかわからないのに虫下しの薬を予防に飲むのは

気持ち悪い」から。

 じゃあ、感染したら?そしたら自分で独自に入手していたイベルメクチン

を、ビタミンDや亜鉛剤と一緒に「とりあえず1回だけ」のむつもりです。

で、2回目を飲むかどうかは、効いてるかどうかを見極めてからその時判断

する。で、緊急事態宣言下の、いわゆる「危険地帯」に行くときは、予防の

ために、5-ALAのようなサプリを予め飲んでおくかもしれません(ちなみに

緑茶は既にずっと飲んでいます)。

 ちなみにPCR検査ですが、受けるかどうか決めていません。これは、別

にPCR検査を信用していないということではなく、それなりにCt値に注

意すれば意味はあると思っていて、そうではなく、検査結果によって、やれ

(所詮無意味な対処療法しか提示されないにもかかわらず)自宅待機が強要

されるとか、その後のいわゆる「社会的ルール」に一定の不合理さが常につ

きまとうからです。それに偽陽性はともかく、偽陰性の可能性は結構あると

思うので、そもそも原因不明でも、原則として、「風邪」っぽい発熱があっ

たら、医者にかかるとかPCR検査を受けに行くとかする前にイベルメクチ

ンをさっさと服用しちまった方が合理的だと思っていて、そもそも医者にか

かるか、とかPCR検査を受けに行くかどうか自体もわかりません。

 自分の免疫力を高めることはもちろんですが、別にそれだけに頼る必要も

ないので、柔軟に対応したいと思っています。
511:suyap :

2021/09/02 (Thu) 22:09:22

host:185.54.228.41

>>510
↑↑
で書いた中村篤史医師の三遊亭多歌介に触れた記事、ひとつ前のものでした:
https://note.com/nakamuraclinic/n/nf58da9e4710d

それにしても多歌介師匠の死には、おかしな感覚がつきまといます。

発症(?)と思われる記述が8月23日
入院⇒死亡が27日

それこそ中村医師の書くとおり...だと思う:
「こんなに急に死ぬかな。というか、反コロナの多歌介師匠がPCR検査受けるかな?コロナの嘘を見抜いてるんだから、絶対拒否するよね。検査を拒否したとして、コロナと診断した根拠は一体何?」

真偽不明だけど、多歌介師匠、道で倒れていたという話がある。そこにたまたま通りかかった医大生がいて心肺蘇生をした。救急搬送されたけど、結局、力及ばず、亡くなったと。

これが本当なら、、、
いよいよ俺もかなぁ、という気がしています(笑)」

オイオイオイオイ~~~
(笑)なんて書いてる場合じゃないよ、お気をつけください!

ちなみに中村医師と多歌介師匠は、8月9日に千葉の講演会で会っている:
https://note.com/nakamuraclinic/n/n30c931bb9c14

そのときの多歌介師匠の即興?落語
https://www.youtube.com/watch?v=RX3mn1n_2ew&t=414s

こんな笑いで真実を広められちゃ、そりゃ、恐いだろうね、アッチ側としては...


最近、アメリカでも反ワクを広めている人がよく「新コロ死」と報道・喧伝されている。ざーっとネットで拾っただけでも以下のとおり(それにしても多すぎるね、ゾーッとした:

8月4日フロリダ州 Dick Farrel 享年65歳(保守系ラジオ/テレビパーソナリティ)

8月15日テネシー州 Jimmy DeYoung 享年81歳(クリスチャン系ラジオパーソナリティ/牧師)

8月21日テネシー州 Phil Valentine 享年61歳(保守系ラジオパーソナリティ)

8月28日テキサス州 Caleb Wallace 享年30歳(反マスク反新コロ規制地域活動家)

8月29日フロリダ州 Mark Bernier 享年65歳(保守系ラジオパーソナリティ)

中には死後や入院中に「改心してリスナーにワクワク接種するように」と訴えたといわれる人もいるけれど、いずれも家族⇒会社を通してたり、友人⇒フェイスブックだったりして、本人直接のメッセージではない(多歌介師匠のケースも、弟弟子だかの鬼丸が、同様のこと言ってたな)。そして「すぐに病院に行かず、イベルメクチンやビタミンCやDや...云々」で悪化した...と家族に言わせてたりする。

特にまだ若いテキサスの活動家の場合は可愛そうだった。本人は病院へ行くことを拒否して、自分なりのレシピをやってたのに、奥さんや親族が無理やり入院させ、即ベンチレーターに繋がれた模様。現今、医者と名乗るものは法的な殺人者でもあり得ることを、医者にかかる前に心すべし。

というわけで、米国も日本も、ワクワク祭りの一環として、反ワクの目立つものをターゲットにした「吊るし」が大々的に行われている気配。


最後に、中村医師のブログでも触れていたビル・ゲイツ財団とイベルメクチンの件、ホントです:

Bill and Melinda Gates Foundation funds global Ivermectin clinical trial
April 1, 2021
https://covidcalltohumanity.org/2021/04/01/bill-and-melinda-gates-foundation-funds-global-ivermectin-clinical-trial/

そしてファイザーの動き:

ファイザーの動き
https://www.o-kinaki.org/1721/

このような流れを見ると、やはり「本質を理解」しないままの烏合の衆の「反対運動」では、これから長い年月を戦い抜けないと思います。まず第一に、自分がしっかりと「独立した戦士」にならないと。

だから、ちょっとした熱くらいですぐにPCRに飛びついてしまった「つばさの党」の黒川氏はブーッなんですよ。
(それとも、上記の引き続く不審新コロ死にビビったか?)
510:suyap :

2021/09/02 (Thu) 17:42:08

host:185.54.228.36

>>508 mespesadoさん

中村篤史医師について、
https://note.com/nakamuraclinic/n/n44db3f9c5994
の記事を紹介しながら論評(批判)されていますが、そのまえに、まずmespesadoさんご自身が、中村医師の立ち位置というか、医師としての学問の根拠を踏まえておかれる必要があると思います。

彼のクリニック(https://clnakamura.com/)は、内科・心療内科・精神科・オーソモレキュラー栄養療法を看板に掲げています。また中村医師は「医師だけでなく一般読者に向けて書き上げた、栄養療法/メガビタミン療法の決定版!」ともいえるA・ホッファー&A・W・ソウル共著の「オーソモレキュラー医学入門」を翻訳出版しています。

したがって新型コロナに限らず、中村医師の立ち位置は、安易な抗生剤(イベルメクチンも抗生剤です)に頼らず、ホリスティックな栄養療法+生活法で免疫力を上げて健康になる!というものです。

そしてがリンクされた中村医師の最新記事の主題は、まさに

〇そもそも新型コロナウイルスなるウイルスについて、存在証明がないでしょ?
〇(ロックフェラーが2010年に出した)『プレイブック』の予定通り、このコロナ騒動をきっかけに社会の分断が進んでいるのは間違いない
〇分断の種はあちこちにあって、これは一種の情報戦でもあると思う

というもの。そこが読めないと、なんで記事の締めが三遊亭多歌介で終わっているのかイミフメでしょ?

そういう観点から見ると、失礼ながらmespesadoさんの突っ込みはマダマダ~って感じだなあ(笑)

まず「つばさの党」の黒川敦彦氏の発熱⇒PCR検査⇒イベルメクチンの件は、本人の弁明を読んで私も「こいつ、なんにもわかってねえ」と思いました(笑)。演説では「世界の陰謀を暴露する」的な大きなことを言いながら、なんでノコノコPCRを受けにいくかっ(怒)。発熱くらい自分で対処しろよっ(嘲)。確かに私も一気に40度オーバーまで熱が上がったときはヒジョーに不安でした。こんなことで野垂れ死んだら大恥晒しじゃ!でも、そういうときに自己対処できるようにするための、日ごろからの鍛錬(といってもヨガくらいだけど)と研鑽を続けていたのです。大きな権力をもってかかってくる陰謀と戦うには、ひとりひとりがゲリラになって独立して戦う覚悟がいるのじゃ!

というわけで、「つばさの党」は支持者の半分を失ったね(笑)
覚悟のないリーダーは、いずれ化けの皮が剥がれます。

 >それで「ワ○チ○による副反応が改善する」というためには、
 >ワ○チ○に含まれていた寄生虫がワ○チ○の副反応を引き
 >起こしている原因であった、という前提が無ければ
 >この推論は成り立ちませんよね?
~~~
 >そもそもイベルメクチンって、ワ○チ○の副反応に対する効能以前の
 >問題として、新型コロナそのものに効くんじゃなかったでしたっけ?
~~~
 >新型コロナそれ自体も本当はこの寄生虫による感染症だったという
 >のでしょうか?じゃあ、あのスパイクタンパクって何?それから寄生虫病
 >って空気感染するんでしょうか?

まずファイザーの新コロワクチンの中で見つかったのが「Trypanosoma cruziという、エイズの原因となる寄生虫」というところがミソ。そして新コロ患者から発せられるウイルスのRNAの一部に、エイズやマラリア患者から出るウイルスと同様の部分が見つかっているというところが(中村医師は書いてないけれど)もうひとつのミソ。後者のミソについては、たぶん彼の記事の読者には既知の情報と思って言及を省いたのかも。
↑↑
この件をもっと言及すれば、ウイルスは身体が排出するエクソソーム、病原体ではない!や、エイズ以降の「ウイルス病原体」説+パンデミックにかかわってきた中心人物がファウチ、団体がWHO、財源は...もうご存じのとおり!というところまで行きつく。これらも、ご自分で検索・検証することをしないで、「陰謀『論』」として斜視されますか⇒mespesadoさん

 >マクロな唾液の飛散くらいは防げるから、空気感染に比べて大量に
 >ウイルスを含む飛沫の直接接触の害くらいは防げるはず

最近、新コロは圧倒的に空気感染で、飛沫感染はほとんどないという論文が出てWHOやCDCも認め始めていますね:
https://www.science.org/doi/10.1126/science.abd9149

まあこれも、「ウイルス病原体」を信じない中村医師や私から見れば、まったくのナンセンス。それよりも、はやく新参者の(新コロ&アルファ)エクソソームを迎え入れて、体内に自然免疫を確立したもの勝!ですよん。

509:OB :

2021/09/02 (Thu) 15:47:09

host:*.mesh.ad.jp
>要は、他人の意見はあくまで情報として受け取り、参考にはするけれど、
>その人の推論そのものや、ましてや結論についてはむやみに信用するべき
>ではなく、そこは自分の頭で考える(しかもそれは「思考」に偏るのでは
>なく、西洋科学に毒された現代人が忘れがち、というより否定しがちな「感
>覚」もきちんと尊重する)必要があると改めて思った次第です。

何を今更、馬>鹿か?
飯山一郎を信じても、飯山一郎の言葉は吟味しろ!
副島隆彦を信じても、副島隆彦の言葉は吟味しろ!

私OBは、常にそう書いてきたが、ここの常連の馬>鹿は、
何を学んで来たのか? ただの年寄かそれとも馬>鹿なのか?
508:mespesado :

2021/09/02 (Thu) 08:16:26

host:*.eonet.ne.jp

https://note.com/nakamuraclinic/n/n44db3f9c5994

> 「ワクチンを嫌々打った人、副反応が強かった人ほど、ワクチン推進派
> になっています。自分たちがこんな目にあって、未来に出てくるかもし
> れない障害に震えているのに、ワクチンを打たない人はズルい!自分だ
> け無傷でいようなんて、そうはさせない!」

> ワクチンを勧める理由が、ウイルス対策ではなく、私怨になっている。


 生活保護受給者はズルい!という経済クラスタの足の引っ張り合いと同じ

構図です。しかもこの感情って日本人は特に強いから、今はフランスやイギ

リスのワクパスを対岸の火事として見ている向きも多いでしょうが、今後が

心配ですね。

 閑話休題。

 ところで、このナカムラクリニックさん、次のように書いています↓


> 個人的な話として、最近分断を感じたのは黒川敦彦氏の一件。
> コロナの嘘を分かっている人だと思っていた。大橋先生を呼んで動画撮
> 影しているくらいだから、PCRのデタラメも当然理解しているものだと。

> しかし黒川氏、PCR検査を受け、イベルメクチンを服用したとのこと。自
> らの無知を露呈した格好だ。

> 「PCR以外にコロナを判定する検査はありません」
> このレベルの言葉が出るというのは大橋先生に失礼です。一体大橋先生
> から何を学んだのか?
> これがきっかけで、僕も名前を連ねていた10月2日の10万人デモの呼びか
> け人を僕は降りることになった。


↑実はこの件、先に件の「字幕大王」さんのツイートで、字幕大王さんもナ

カムラさんと同じ趣旨のことを主張していて黒川さんをディスっていたので

すが、どうにも違和感を感じていました。そして、そこでナカムラさんもデ

モの呼びかけを降りる人に含まれているのを知って、アレと思ったら、今回

のこの記事です。そして更には次のように書いている↓


> たとえば、コロナワクチン接種後の副反応に対して、イベルメクチンを
> 投与すると改善する症例がある。イベルメクチンが虫下し(抗寄生虫薬)
> であることを考えると、これは筋が通っている。

> しかし一方、イベルメクチンがどういう薬なのか、というのも考えてみ
> る必要がある。

https://assets.st-note.com/production/uploads/images/60253408/picture_pc_1c996d4e24d500b2d699e08db56050ed.jpg?width=800

> イベルメクチンは、ビルゲイツが治験に出資している薬でもある。
> この意味が分かる人なら、もうそれだけで、こんな薬を飲もうと思わな
> いだろう。


 おやおや、ちょっと前からこのナカムラさんも陰謀論的発想に傾斜し始め

たのを危惧していたのだけれど、こりゃいかん。

 いやね、陰謀論が悪いんじゃないんですよ。陰謀論の真贋を判断するのに

間接的な利害関係者間の利害問題に関する推論だけを繋げて推論する方法に

依存することが危険なんです。それは、ナカムラさんがこのドツボに嵌りか

けていることは、次の部分が端的に示している↓


> コロナ禍が始まって1年半、僕はあまりにもいろいろなことを見過ぎてき
> たせいで、当局が黒と言えば白を疑うし、白と言えば黒を疑う。そうい
> う悲しい習性が見についてしまった(笑)
> だから、イベルメクチンがコロナ騒動終局へのゲームチェンジャーなの
> か、あるいは結局、ビルゲイツの手のひらで踊らされてるだけなのか、
> 僕にはもはや判断がつかない。ワクチン反対派のなかでも、イベルメク
> チン推進派と懐疑派に分かれている状態だ。


 もちろん、こういった「間接証拠」も大事だけれど、それとは別に、イベ

ルメクチンの効果を機序によって説明する次のような論文↓


https://www.nature.com/articles/s42003-020-01577-x


も考慮に入れて、バランスを取ることも大切なんじゃないでしょうか?

 ちなみに今私は↑の論文を「解読」しようとして久しぶりに頭の体操にト

ライしているところです。自然科学系の論文には慣れているとはいえ、専門

外の分野では、知らない術語がやたら出て来てそれらに慣れるのがまず大変。

外国の純文学を読もうとするとき、登場人物の名前とその役が結び付かなく

て苦労したのと同じシンドさを感じていますw

 さて、ナカムラさんの今回の文章で一番「アレ?」と思うのは次の箇所↓


> たとえば、以下の研究。

https://www.drrobertyoung.com/post/transmission-electron-microscopy-reveals-graphene-oxide-in-cov-19-vaccines

> ロバート・ヤングがコロナワクチンを電子顕微鏡を使って詳しく研究し
> ている。
> すると、なんと、ファイザー製ワクチンのなかから、寄生虫(トリパノ
> ソーマ)が見つかった。

https://assets.st-note.com/production/uploads/images/60253292/picture_pc_e72619b57db6d263391caec9f18e6582.png?width=800

> トリパノソーマの中でも、特にTrypanosoma cruziという、エイズの原因
> となる寄生虫であると同定された。
> 体の中に注入するワクチンの薬液自体に、寄生虫がいる。これ、衝撃で
> はないですか?

> しかし、仮にワクチンの内部に寄生虫がいるとすると、うまく説明のつ
> く現象がある。

https://assets.st-note.com/production/uploads/images/60253338/picture_pc_f182da3839dc374d86c1aaab7d494a01.jpg?width=800

> たとえば、コロナワクチン接種後の副反応に対して、イベルメクチンを
> 投与すると改善する症例がある。イベルメクチンが虫下し(抗寄生虫薬)
> であることを考えると、これは筋が通っている。


↑あれ?イベルメクチンを投与すると、そのワ○チ○に入っていた寄生虫は

死ぬ。そこまではいいです。でも、それで「ワ○チ○による副反応が改善す

る」というためには、ワ○チ○に含まれていた寄生虫がワ○チ○の副反応を

引き起こしている原因であった、という前提が無ければこの推論は成り立ち

ませんよね?でも「Trypanosoma cruziという、エイズの原因となる寄生虫」

がワ○チ○による主要な副反応である血栓や循環器系の障害を引き起こすと

いう話ってありましたっけ?それに、そもそもイベルメクチンって、ワ○チ

○の副反応に対する効能以前の問題として、新型コロナそのものに効くんじ

ゃなかったでしたっけ?そこはどう説明するの?新型コロナそれ自体も本当

はこの寄生虫による感染症だったというのでしょうか?じゃあ、あのスパイ

クタンパクって何?それから寄生虫病って空気感染するんでしょうか?

 つまり、冷静に考えれば、ちっとも「うまく説明のつく現象」になってな

いわけです。

 私はナカムラさんがマスクの効用部分すらも否定した段階で「ちょっと行

きすぎじゃないか?」と思ってました(だって、マクロな唾液の飛散くらい

は防げるから、空気感染に比べて大量にウイルスを含む飛沫の直接接触の害

くらいは防げるはず。もちろんマスクの弊害はそのとおりだけど、要は必要

に応じてすればよいので、あくまでバランスが大切)けど、やはり特定の論

者の主張をすべて信用するような態度は危険だな、と改めて感じた次第です。

 それから、例のイベルメクチンの効果を1年半現場の治療実績で断言して

一躍時の人になった神戸の長尾先生についても同じで、高齢者はワ○チ○を

接種した方がよいというような主張をしているのを知りました。これは、医

療の現場の実感からするとそう主張したくなるのはわかるけれど、長尾先生

は長尾先生で、患者に直接接した実感に関する部分は信用できても、中長期

的な害に関する理論の部分が専門なわけではないので、そこは得手不得手が

あるわけだから、この先生の言についても安易に信用するべきではないでし

ょう。要は、他人の意見はあくまで情報として受け取り、参考にはするけれ

ど、その人の推論そのものや、ましてや結論についてはむやみに信用するべ

きではなく、そこは自分の頭で考える(しかもそれは「思考」に偏るのでは

なく、西洋科学に毒された現代人が忘れがち、というより否定しがちな「感

覚」もきちんと尊重する)必要があると改めて思った次第です。
507:ヒマジン :

2021/09/01 (Wed) 14:25:30

host:*.mesh.ad.jp
506:ひとことじーさんさん、初めまして、ヒマジンと言います。

スガさんの目、あれは、眼瞼下垂がでてきているのではないでしょうか。
私も、あの目が嫌なのですが、あれを手術で治したら、どんな顔になるか、それで、発言もピシッと締まって聞こえるのかと思うことがあります。
506:ひとことじーさん :

2021/09/01 (Wed) 12:07:46

host:*.plala.or.jp


昨今の政局に関する戯言

「スガさんの目」についてですが、とてもマトモとは思えない。

何かに取り憑かれているとしか見えない。

国民を救うために「大事」をなそうと決意しているのであれば、どれだけ疲れていようと

「目」はどこまでも澄み切るはず、と信じます。

しかし、己の「私利私欲」に取り憑かれていれば、どれほど健康であっても、

「目」は澄み切る事は無い、と信じます。

(過去の経験)
……………………………………………………………………………………………
小生が若かりし頃、某銀行の融資担当で1回だけ、お客さんの目に騙されたことがあります。

小さな問屋さんの社長でしたが、それまで数百万の融資を可もなく不可もなしで永年継続していた取引先です。

ある日、その社長が珍しく「必ず返済するから」と数百万円の加融資を頼まれました。

それまでは、(バツイチの憂さ晴らしでしょうか)いつも眠そうな目をして「手形の書き換え」に来店していたのですが、

その日だけは「目」が澄み切っていました。

小生はその「澄み切った目」を信じて追加融資を実行しました(店長からは少しイヤミをいわれましたがw)。

それから3ヶ月後「手形期日」なっても社長が現れません。

返済不能、即ち「倒産」です。

その日の夜、社長の妹さんが来店し事情をお聞きしました。

社長は,永年の贔屓先(メーカー)の支払だけを満額支払って銀行の融資は「死亡保険」で返済する算段で

「自殺」されたのだが、失敗して「入院中」であると説明を受けました。

約1ヶ月後、社長がお詫びに来店されたとき、開襟シャツのスキマから「生々しい痕」を見たときの衝撃は今でもハッキリと覚えています。

蛇足ですが、融資については「妹さんご夫婦」のご厚意で「代位弁済」していただき、大事には至りませんでした。
……………………………………………………………………………………………

505:mespesado :

2021/08/29 (Sun) 23:37:19

host:*.eonet.ne.jp

いいな@iina_kobe

> スライドできたぞ!
> 本日21時から #いいなライブ やります!

> 第53回 ワクチンによる「感染予防効果」と「重症化予防効果」の違いを
> 簡単に説明します。【いいなライブ】令和3年7月8日号
https://www.youtube.com/watch?v=5KP2fthg8dM

> 動画内にある「なんでか知らんけど新コロは無症状感染する」は、
> 「新コロウイルスにあるタンパク質の一つが、インターフェロンという
> ウイルスなどを認識しSOSを出す機能を阻害しているから」という事が判
> 明しました。だから、感染しても身体が気付かず、無症状感染となりま
> す。

> 新コロに感染すると、いわゆる、「防犯ベルのベルを壊されている状態」
> となります。
> なので、気付かず新コロが侵入している(無症状感染している)。という
> 事になります。

> 「ベルを修理すればいいじゃない!」って思うかもしれませんが、ベル
> を修理するには「別のドアを開け、修理に向かわなければいけない」の
> ですが、新コロは新たに開けたそのドアからも侵入しちゃうので、修理
> しようとすればするほどドアの数が増え、余計に新コロが侵入する事と
> なります。

> なので、これを防ぐには、RTPCR検査をして、無症状で感染しているウイ
> ルスを見つけ、ウイルスに物理的にくっつく抗体 (抗体カクテル) や薬
> を投与しやっつけるしかありません。身体が抗体を作り出すのを待って
> たら間に合わないのです。

> なので、mRNAワクチンを打って、抗体価を一時的に上げ、その抗体価が
> 下がるまでの間は、感染予防によりウイルスを排除できます。しかし、
> 抗体がなくなったり少なくなったりすれば、無症状感染となり、ベルも
> 鳴らないので記憶細胞からの抗体もできず、気付いたら重症化となるわ
> けです。

> なので、新コロにはワクチンは効果的ではないのです。
> 以上、なんで無症状感染が怖いのか?の解説でした。

-------------------------------------------------------------------

> これ知っててワクチンを推奨してるんだとしたら、ワクチンの作用機序
> を知らないか、ワクチン絡みの利権を持ってるか、日本人を滅ぼしにき
> てるのかのどらかっすよ。。。

> なるほど。だから今までのウイルス薬が効かないんか。
> イベルメクチンも、「インターフェロン増強効果」は発揮できないって
> 事なので、やっぱりプロテアーゼ阻害剤としての機能がメインなのだろ
> う。インターフェロン増強効果がないから効果がない!って言ってる実
> 験結果は、そりゃそうだろ。でFAやな。

> 私だって反ワクチンじゃないんだから、効くんならこれすげー!って言
> ってるよ。でも、作用機序からしても効果ないんだから、結局私の知見
> の方が正しかったわけで。

> 今日はめっちゃ賢くなった。
504:加計呂麻島より :

2021/08/27 (Fri) 19:25:57

host:*.ocn.ne.jp
以前、うん千億企業の役員と会話。意地があると。御意と思いました。その同じ方が、私は科学的判断しかしないと。? です。どちらも頷けるので、喧嘩は売りませんが、「 意地」が科学的事実なら、数値化できて目に見える形で表現出来るのですか? です。出来ようはずがありません。意地って、精神的空間にぞくする事実なので物質をフォローする科学的知見の範囲外なんだから。現代の混迷は、ある範囲では真実な指標を傲慢にも他領域まで広げて、その愚かさに気付けない。 どぉーちようもないすね ・・・
503:mespesado :

2021/08/27 (Fri) 08:52:51

host:*.eonet.ne.jp

 とりあえず新情報です↓


いいな@iina_kobe

> 新コロが流行しだして、既存の薬で効くやつないのか?って事でスパコ
> ン富嶽で解析して、その候補40種類くらいの中にイベルメクチンがあっ
> て、どれが効くかな?って解析したらイベルメクチンが1番効いたよ!っ
> てなって、

> 日本の第一波や第二波の感染者が諸外国に比べてなんであんなに少なか
> ったの?って答えが、メインプロテアーゼの変異で弱毒株だった事が判
> 明して、

https://cmg.med.keio.ac.jp/covid-19-info/20210205-2316/

> 薬作るならメインプロテアーゼの阻害剤がいいんじゃね?ってなって、
> シオノギとかが開発始めて、

> |日本における新型コロナウイルス・メインプロテアーゼ(3CLpro)変異
> |株の消長と新薬開発への手がかり
> |
> |https://t.co/APQ6d1YT2W?amp=1

> イベルメクチンがプロテアーゼ阻害剤として効果あるよ!ってことが論
> 文で証明されて、

https://nature.com/articles/s42003-020-01577-x

> 今、コーワや北里大が治験をしている。

> このどこにイベルメクチンを否定できる要素があるんだよ?

> |Identification of 3-chymotrypsin like protease (3CLPro)
> |inhibitors as potential anti-SARS-CoV-2 agents
> |
> |https://www.nature.com/articles/s42003-020-01577-x


 このツイート自体は、例のすまん寝さんのリツイートで知りました。なお、

これらのツイートに対するすまん寝さんのツイート↓


すまん寝@秩序回復・財務省廃止・反財政再建@sumannne

> 日本の第一波や第二波の感染者が諸外国に比べてなんであんなに少なか
> ったの?って答えが、メインプロテアーゼの変異で弱毒株だった事が判
> 明

> ↑これ何気に重要情報じゃねぇか。ファクタXなどやはり存在しなかった。

> ×スカ「日本はうまくやっている」
> 〇コロナα'「俺ら弱毒株」

> こうかよ。

> つまり我が国は今回も神風に守られていたようなもんだったわけだ。た
> またま我が国に回ってきたのは弱毒株だったのに、徹底的に馬鹿をやっ
> てデルタ蔓延までそのチャンスを潰したわけだな。

> ほんで、イベルメクチンがどうして効果あるのかも、そのメカニズムが
> 判明しつつあるんだな。
> 単なる経験とか言ってディスってた向き、全然言ってることが違うじゃ
> ねぇかおめぇら。

> 結局たまたま最初に来たのが弱毒株だっただけで、民度だの衛生環境だ
> のとホルホルして対策を直視する時間を失ったんだな。
> 情けない。あまりにも情けない。

> え、我が国の初動は弱毒株だったこととか全然報道されてませんよね。

> なお、イベルメクチンであっても遅すぎる投与では効果が期待できんよ
> うです。
> ここでも「無敵の人」にならんようご注意を。

> 危険な感染症の場合、その前に罹らぬこと。

> 実はデルタ侵入以前は我が国で蔓延していたのはアルファの弱毒株だっ
> たということを知らないと、デルタに対する脅威評価が根本的におかし
> くなるのも助長するわな。
> 私も知らなかったので、デルタに対する脅威評価はまだまだ過小評価し
> ていたと思う。


 イベルメクチンに関しては「おお!やっと機序が解明されてきたか!」と

いう感想で、よいのですが、もう一方の、我が国の初動は弱毒株だった、と

いうのはまだ納得できていません(だってその間外国人との人的交流は続い

てましたよね?)が、まずは引用の論文を読んでから、その後の感想は述べ

たいと思います。
502:OB :

2021/08/24 (Tue) 20:35:40

host:*.mesh.ad.jp
自己レス >>501 OB

これに相対する書き込み

> 「あかいひぐま」さんのnote
> https://note.com/akaihiguma/
> 原因と云われるSARS-CoV2ウイルスは存在しない Covid-19(症状の表現)
501:OB :

2021/08/24 (Tue) 20:24:50

host:*.mesh.ad.jp
「新型コロナウイルスは、存在しない」と信じる者に贈る


https://plaza.umin.ac.jp/~OIO/blog/2020/05/23/full-genome-sequence-of-sars-cov-2/
 「 Full genome sequence of SARS-Cov-2 」


全配列
ORIGIN
1 attaaaggtt tataccttcc caggtaacaa accaaccaac tttcgatctc ttgtagatct
61 gttctctaaa cgaactttaa aatctgtgtg gctgtcactc ggctgcatgc ttagtgcact
121 cacgcagtat aattaataac taattactgt cgttgacagg acacgagtaa ctcgtctatc
181 ttctgcaggc tgcttacggt ttcgtccgtg ttgcagccga tcatcagcac atctaggttt
241 cgtccgggtg tgaccgaaag gtaagatgga gagccttgtc cctggtttca acgagaaaac
301 acacgtccaa ctcagtttgc ctgttttaca ggttcgcgac gtgctcgtac gtggctttgg
361 agactccgtg gaggaggtct tatcagaggc acgtcaacat cttaaagatg gcacttgtgg
421 cttagtagaa gttgaaaaag gcgttttgcc tcaacttgaa cagccctatg tgttcatcaa
481 acgttcggat gctcgaactg cacctcatgg tcatgttatg gttgagctgg tagcagaact
541 cgaaggcatt cagtacggtc gtagtggtga gacacttggt gtccttgtcc ctcatgtggg
601 cgaaatacca gtggcttacc gcaaggttct tcttcgtaag aacggtaata aaggagctgg
661 tggccatagt tacggcgccg atctaaagtc atttgactta ggcgacgagc ttggcactga
721 tccttatgaa gattttcaag aaaactggaa cactaaacat agcagtggtg ttacccgtga
781 actcatgcgt gagcttaacg gaggggcata cactcgctat gtcgataaca acttctgtgg
841 ccctgatggc taccctcttg agtgcattaa agaccttcta gcacgtgctg gtaaagcttc
901 atgcactttg tccgaacaac tggactttat tgacactaag aggggtgtat actgctgccg
961 tgaacatgag catgaaattg cttggtacac ggaacgttct gaaaagagct atgaattgca
1021 gacacctttt gaaattaaat tggcaaagaa atttgacacc ttcaatgggg aatgtccaaa
1081 ttttgtattt cccttaaatt ccataatcaa gactattcaa ccaagggttg aaaagaaaaa
1141 gcttgatggc tttatgggta gaattcgatc tgtctatcca gttgcgtcac caaatgaatg
1201 caaccaaatg tgcctttcaa ctctcatgaa gtgtgatcat tgtggtgaaa cttcatggca
1261 gacgggcgat tttgttaaag ccacttgcga attttgtggc actgagaatt tgactaaaga
1321 aggtgccact acttgtggtt acttacccca aaatgctgtt gttaaaattt attgtccagc
1381 atgtcacaat tcagaagtag gacctgagca tagtcttgcc gaataccata atgaatctgg
1441 cttgaaaacc attcttcgta agggtggtcg cactattgcc tttggaggct gtgtgttctc
1501 ttatgttggt tgccataaca agtgtgccta ttgggttcca cgtgctagcg ctaacatagg
1561 ttgtaaccat acaggtgttg ttggagaagg ttccgaaggt cttaatgaca accttcttga
1621 aatactccaa aaagagaaag tcaacatcaa tattgttggt gactttaaac ttaatgaaga
1681 gatcgccatt attttggcat ctttttctgc ttccacaagt gcttttgtgg aaactgtgaa
1741 aggtttggat tataaagcat tcaaacaaat tgttgaatcc tgtggtaatt ttaaagttac
1801 aaaaggaaaa gctaaaaaag gtgcctggaa tattggtgaa cagaaatcaa tactgagtcc
1861 tctttatgca tttgcatcag aggctgctcg tgttgtacga tcaattttct cccgcactct
1921 tgaaactgct caaaattctg tgcgtgtttt acagaaggcc gctataacaa tactagatgg
1981 aatttcacag tattcactga gactcattga tgctatgatg ttcacatctg atttggctac
2041 taacaatcta gttgtaatgg cctacattac aggtggtgtt gttcagttga cttcgcagtg
2101 gctaactaac atctttggca ctgtttatga aaaactcaaa cccgtccttg attggcttga
2161 agagaagttt aaggaaggtg tagagtttct tagagacggt tgggaaattg ttaaatttat
2221 ctcaacctgt gcttgtgaaa ttgtcggtgg acaaattgtc acctgtgcaa aggaaattaa
2281 ggagagtgtt cagacattct ttaagcttgt aaataaattt ttggctttgt gtgctgactc
2341 tatcattatt ggtggagcta aacttaaagc cttgaattta ggtgaaacat ttgtcacgca
2401 ctcaaaggga ttgtacagaa agtgtgttaa atccagagaa gaaactggcc tactcatgcc
2461 tctaaaagcc ccaaaagaaa ttatcttctt agagggagaa acacttccca cagaagtgtt
2521 aacagaggaa gttgtcttga aaactggtga tttacaacca ttagaacaac ctactagtga
2581 agctgttgaa gctccattgg ttggtacacc agtttgtatt aacgggctta tgttgctcga
2641 aatcaaagac acagaaaagt actgtgccct tgcacctaat atgatggtaa caaacaatac
2701 cttcacactc aaaggcggtg caccaacaaa ggttactttt ggtgatgaca ctgtgataga
2761 agtgcaaggt tacaagagtg tgaatatcac ttttgaactt gatgaaagga ttgataaagt
2821 acttaatgag aagtgctctg cctatacagt tgaactcggt acagaagtaa atgagttcgc
2881 ctgtgttgtg gcagatgctg tcataaaaac tttgcaacca gtatctgaat tacttacacc
2941 actgggcatt gatttagatg agtggagtat ggctacatac tacttatttg atgagtctgg
3001 tgagtttaaa ttggcttcac atatgtattg ttctttctac cctccagatg aggatgaaga
3061 agaaggtgat tgtgaagaag aagagtttga gccatcaact caatatgagt atggtactga
3121 agatgattac caaggtaaac ctttggaatt tggtgccact tctgctgctc ttcaacctga
3181 agaagagcaa gaagaagatt ggttagatga tgatagtcaa caaactgttg gtcaacaaga
3241 cggcagtgag gacaatcaga caactactat tcaaacaatt gttgaggttc aacctcaatt
3301 agagatggaa cttacaccag ttgttcagac tattgaagtg aatagtttta gtggttattt
3361 aaaacttact gacaatgtat acattaaaaa tgcagacatt gtggaagaag ctaaaaaggt
3421 aaaaccaaca gtggttgtta atgcagccaa tgtttacctt aaacatggag gaggtgttgc
3481 aggagcctta aataaggcta ctaacaatgc catgcaagtt gaatctgatg attacatagc
3541 tactaatgga ccacttaaag tgggtggtag ttgtgtttta agcggacaca atcttgctaa
3601 acactgtctt catgttgtcg gcccaaatgt taacaaaggt gaagacattc aacttcttaa
3661 gagtgcttat gaaaatttta atcagcacga agttctactt gcaccattat tatcagctgg
3721 tatttttggt gctgacccta tacattcttt aagagtttgt gtagatactg ttcgcacaaa
3781 tgtctactta gctgtctttg ataaaaatct ctatgacaaa cttgtttcaa gctttttgga
3841 aatgaagagt gaaaagcaag ttgaacaaaa gatcgctgag attcctaaag aggaagttaa
3901 gccatttata actgaaagta aaccttcagt tgaacagaga aaacaagatg ataagaaaat
3961 caaagcttgt gttgaagaag ttacaacaac tctggaagaa actaagttcc tcacagaaaa
4021 cttgttactt tatattgaca ttaatggcaa tcttcatcca gattctgcca ctcttgttag
4081 tgacattgac atcactttct taaagaaaga tgctccatat atagtgggtg atgttgttca
4141 agagggtgtt ttaactgctg tggttatacc tactaaaaag gctggtggca ctactgaaat
4201 gctagcgaaa gctttgagaa aagtgccaac agacaattat ataaccactt acccgggtca
4261 gggtttaaat ggttacactg tagaggaggc aaagacagtg cttaaaaagt gtaaaagtgc
4321 cttttacatt ctaccatcta ttatctctaa tgagaagcaa gaaattcttg gaactgtttc
4381 ttggaatttg cgagaaatgc ttgcacatgc agaagaaaca cgcaaattaa tgcctgtctg
4441 tgtggaaact aaagccatag tttcaactat acagcgtaaa tataagggta ttaaaataca
4501 agagggtgtg gttgattatg gtgctagatt ttacttttac accagtaaaa caactgtagc
4561 gtcacttatc aacacactta acgatctaaa tgaaactctt gttacaatgc cacttggcta
4621 tgtaacacat ggcttaaatt tggaagaagc tgctcggtat atgagatctc tcaaagtgcc
4681 agctacagtt tctgtttctt cacctgatgc tgttacagcg tataatggtt atcttacttc
4741 ttcttctaaa acacctgaag aacattttat tgaaaccatc tcacttgctg gttcctataa
4801 agattggtcc tattctggac aatctacaca actaggtata gaatttctta agagaggtga
4861 taaaagtgta tattacacta gtaatcctac cacattccac ctagatggtg aagttatcac
4921 ctttgacaat cttaagacac ttctttcttt gagagaagtg aggactatta aggtgtttac
4981 aacagtagac aacattaacc tccacacgca agttgtggac atgtcaatga catatggaca
5041 acagtttggt ccaacttatt tggatggagc tgatgttact aaaataaaac ctcataattc
5101 acatgaaggt aaaacatttt atgttttacc taatgatgac actctacgtg ttgaggcttt
5161 tgagtactac cacacaactg atcctagttt tctgggtagg tacatgtcag cattaaatca
5221 cactaaaaag tggaaatacc cacaagttaa tggtttaact tctattaaat gggcagataa
5281 caactgttat cttgccactg cattgttaac actccaacaa atagagttga agtttaatcc
5341 acctgctcta caagatgctt attacagagc aagggctggt gaagctgcta acttttgtgc
5401 acttatctta gcctactgta ataagacagt aggtgagtta ggtgatgtta gagaaacaat
5461 gagttacttg tttcaacatg ccaatttaga ttcttgcaaa agagtcttga acgtggtgtg
5521 taaaacttgt ggacaacagc agacaaccct taagggtgta gaagctgtta tgtacatggg
5581 cacactttct tatgaacaat ttaagaaagg tgttcagata ccttgtacgt gtggtaaaca
5641 agctacaaaa tatctagtac aacaggagtc accttttgtt atgatgtcag caccacctgc
5701 tcagtatgaa cttaagcatg gtacatttac ttgtgctagt gagtacactg gtaattacca
5761 gtgtggtcac tataaacata taacttctaa agaaactttg tattgcatag acggtgcttt
5821 acttacaaag tcctcagaat acaaaggtcc tattacggat gttttctaca aagaaaacag
5881 ttacacaaca accataaaac cagttactta taaattggat ggtgttgttt gtacagaaat
5941 tgaccctaag ttggacaatt attataagaa agacaattct tatttcacag agcaaccaat
6001 tgatcttgta ccaaaccaac catatccaaa cgcaagcttc gataatttta agtttgtatg
6061 tgataatatc aaatttgctg atgatttaaa ccagttaact ggttataaga aacctgcttc
6121 aagagagctt aaagttacat ttttccctga cttaaatggt gatgtggtgg ctattgatta
6181 taaacactac acaccctctt ttaagaaagg agctaaattg ttacataaac ctattgtttg
6241 gcatgttaac aatgcaacta ataaagccac gtataaacca aatacctggt gtatacgttg
6301 tctttggagc acaaaaccag ttgaaacatc aaattcgttt gatgtactga agtcagagga
6361 cgcgcaggga atggataatc ttgcctgcga agatctaaaa ccagtctctg aagaagtagt
6421 ggaaaatcct accatacaga aagacgttct tgagtgtaat gtgaaaacta ccgaagttgt
6481 aggagacatt atacttaaac cagcaaataa tagtttaaaa attacagaag aggttggcca
6541 cacagatcta atggctgctt atgtagacaa ttctagtctt actattaaga aacctaatga
6601 attatctaga gtattaggtt tgaaaaccct tgctactcat ggtttagctg ctgttaatag
6661 tgtcccttgg gatactatag ctaattatgc taagcctttt cttaacaaag ttgttagtac
6721 aactactaac atagttacac ggtgtttaaa ccgtgtttgt actaattata tgccttattt
6781 ctttacttta ttgctacaat tgtgtacttt tactagaagt acaaattcta gaattaaagc
6841 atctatgccg actactatag caaagaatac tgttaagagt gtcggtaaat tttgtctaga
6901 ggcttcattt aattatttga agtcacctaa tttttctaaa ctgataaata ttataatttg
6961 gtttttacta ttaagtgttt gcctaggttc tttaatctac tcaaccgctg ctttaggtgt
7021 tttaatgtct aatttaggca tgccttctta ctgtactggt tacagagaag gctatttgaa
7081 ctctactaat gtcactattg caacctactg tactggttct ataccttgta gtgtttgtct
7141 tagtggttta gattctttag acacctatcc ttctttagaa actatacaaa ttaccatttc
7201 atcttttaaa tgggatttaa ctgcttttgg cttagttgca gagtggtttt tggcatatat
7261 tcttttcact aggtttttct atgtacttgg attggctgca atcatgcaat tgtttttcag
7321 ctattttgca gtacatttta ttagtaattc ttggcttatg tggttaataa ttaatcttgt
7381 acaaatggcc ccgatttcag ctatggttag aatgtacatc ttctttgcat cattttatta
7441 tgtatggaaa agttatgtgc atgttgtaga cggttgtaat tcatcaactt gtatgatgtg
7501 ttacaaacgt aatagagcaa caagagtcga atgtacaact attgttaatg gtgttagaag
7561 gtccttttat gtctatgcta atggaggtaa aggcttttgc aaactacaca attggaattg
7621 tgttaattgt gatacattct gtgctggtag tacatttatt agtgatgaag ttgcgagaga
7681 cttgtcacta cagtttaaaa gaccaataaa tcctactgac cagtcttctt acatcgttga
7741 tagtgttaca gtgaagaatg gttccatcca tctttacttt gataaagctg gtcaaaagac
7801 ttatgaaaga cattctctct ctcattttgt taacttagac aacctgagag ctaataacac
7861 taaaggttca ttgcctatta atgttatagt ttttgatggt aaatcaaaat gtgaagaatc
7921 atctgcaaaa tcagcgtctg tttactacag tcagcttatg tgtcaaccta tactgttact
7981 agatcaggca ttagtgtctg atgttggtga tagtgcggaa gttgcagtta aaatgtttga
8041 tgcttacgtt aatacgtttt catcaacttt taacgtacca atggaaaaac tcaaaacact
8101 agttgcaact gcagaagctg aacttgcaaa gaatgtgtcc ttagacaatg tcttatctac
8161 ttttatttca gcagctcggc aagggtttgt tgattcagat gtagaaacta aagatgttgt
8221 tgaatgtctt aaattgtcac atcaatctga catagaagtt actggcgata gttgtaataa
8281 ctatatgctc acctataaca aagttgaaaa catgacaccc cgtgaccttg gtgcttgtat
8341 tgactgtagt gcgcgtcata ttaatgcgca ggtagcaaaa agtcacaaca ttgctttgat
8401 atggaacgtt aaagatttca tgtcattgtc tgaacaacta cgaaaacaaa tacgtagtgc
8461 tgctaaaaag aataacttac cttttaagtt gacatgtgca actactagac aagttgttaa
8521 tgttgtaaca acaaagatag cacttaaggg tggtaaaatt gttaataatt ggttgaagca
8581 gttaattaaa gttacacttg tgttcctttt tgttgctgct attttctatt taataacacc
8641 tgttcatgtc atgtctaaac atactgactt ttcaagtgaa atcataggat acaaggctat
8701 tgatggtggt gtcactcgtg acatagcatc tacagatact tgttttgcta acaaacatgc
8761 tgattttgac acatggttta gccagcgtgg tggtagttat actaatgaca aagcttgccc
8821 attgattgct gcagtcataa caagagaagt gggttttgtc gtgcctggtt tgcctggcac
8881 gatattacgc acaactaatg gtgacttttt gcatttctta cctagagttt ttagtgcagt
8941 tggtaacatc tgttacacac catcaaaact tatagagtac actgactttg caacatcagc
9001 ttgtgttttg gctgctgaat gtacaatttt taaagatgct tctggtaagc cagtaccata
9061 ttgttatgat accaatgtac tagaaggttc tgttgcttat gaaagtttac gccctgacac
9121 acgttatgtg ctcatggatg gctctattat tcaatttcct aacacctacc ttgaaggttc
9181 tgttagagtg gtaacaactt ttgattctga gtactgtagg cacggcactt gtgaaagatc
9241 agaagctggt gtttgtgtat ctactagtgg tagatgggta cttaacaatg attattacag
9301 atctttacca ggagttttct gtggtgtaga tgctgtaaat ttacttacta atatgtttac
9361 accactaatt caacctattg gtgctttgga catatcagca tctatagtag ctggtggtat
9421 tgtagctatc gtagtaacat gccttgccta ctattttatg aggtttagaa gagcttttgg
9481 tgaatacagt catgtagttg cctttaatac tttactattc cttatgtcat tcactgtact
9541 ctgtttaaca ccagtttact cattcttacc tggtgtttat tctgttattt acttgtactt
9601 gacattttat cttactaatg atgtttcttt tttagcacat attcagtgga tggttatgtt
9661 cacaccttta gtacctttct ggataacaat tgcttatatc atttgtattt ccacaaagca
9721 tttctattgg ttctttagta attacctaaa gagacgtgta gtctttaatg gtgtttcctt
9781 tagtactttt gaagaagctg cgctgtgcac ctttttgtta aataaagaaa tgtatctaaa
9841 gttgcgtagt gatgtgctat tacctcttac gcaatataat agatacttag ctctttataa
9901 taagtacaag tattttagtg gagcaatgga tacaactagc tacagagaag ctgcttgttg
9961 tcatctcgca aaggctctca atgacttcag taactcaggt tctgatgttc tttaccaacc
10021 accacaaacc tctatcacct cagctgtttt gcagagtggt tttagaaaaa tggcattccc
10081 atctggtaaa gttgagggtt gtatggtaca agtaacttgt ggtacaacta cacttaacgg
10141 tctttggctt gatgacgtag tttactgtcc aagacatgtg atctgcacct ctgaagacat
10201 gcttaaccct aattatgaag atttactcat tcgtaagtct aatcataatt tcttggtaca
10261 ggctggtaat gttcaactca gggttattgg acattctatg caaaattgtg tacttaagct
10321 taaggttgat acagccaatc ctaagacacc taagtataag tttgttcgca ttcaaccagg
10381 acagactttt tcagtgttag cttgttacaa tggttcacca tctggtgttt accaatgtgc
10441 tatgaggccc aatttcacta ttaagggttc attccttaat ggttcatgtg gtagtgttgg
10501 ttttaacata gattatgact gtgtctcttt ttgttacatg caccatatgg aattaccaac
10561 tggagttcat gctggcacag acttagaagg taacttttat ggaccttttg ttgacaggca
10621 aacagcacaa gcagctggta cggacacaac tattacagtt aatgttttag cttggttgta
10681 cgctgctgtt ataaatggag acaggtggtt tctcaatcga tttaccacaa ctcttaatga
10741 ctttaacctt gtggctatga agtacaatta tgaacctcta acacaagacc atgttgacat
10801 actaggacct ctttctgctc aaactggaat tgccgtttta gatatgtgtg cttcattaaa
10861 agaattactg caaaatggta tgaatggacg taccatattg ggtagtgctt tattagaaga
10921 tgaatttaca ccttttgatg ttgttagaca atgctcaggt gttactttcc aaagtgcagt
10981 gaaaagaaca atcaagggta cacaccactg gttgttactc acaattttga cttcactttt
11041 agttttagtc cagagtactc aatggtcttt gttctttttt ttgtatgaaa atgccttttt
11101 accttttgct atgggtatta ttgctatgtc tgcttttgca atgatgtttg tcaaacataa
11161 gcatgcattt ctctgtttgt ttttgttacc ttctcttgcc actgtagctt attttaatat
11221 ggtctatatg cctgctagtt gggtgatgcg tattatgaca tggttggata tggttgatac
11281 tagtttgtct ggttttaagc taaaagactg tgttatgtat gcatcagctg tagtgttact
11341 aatccttatg acagcaagaa ctgtgtatga tgatggtgct aggagagtgt ggacacttat
11401 gaatgtcttg acactcgttt ataaagttta ttatggtaat gctttagatc aagccatttc
11461 catgtgggct cttataatct ctgttacttc taactactca ggtgtagtta caactgtcat
11521 gtttttggcc agaggtattg tttttatgtg tgttgagtat tgccctattt tcttcataac
11581 tggtaataca cttcagtgta taatgctagt ttattgtttc ttaggctatt tttgtacttg
11641 ttactttggc ctcttttgtt tactcaaccg ctactttaga ctgactcttg gtgtttatga
11701 ttacttagtt tctacacagg agtttagata tatgaattca cagggactac tcccacccaa
11761 gaatagcata gatgccttca aactcaacat taaattgttg ggtgttggtg gcaaaccttg
11821 tatcaaagta gccactgtac agtctaaaat gtcagatgta aagtgcacat cagtagtctt
11881 actctcagtt ttgcaacaac tcagagtaga atcatcatct aaattgtggg ctcaatgtgt
11941 ccagttacac aatgacattc tcttagctaa agatactact gaagcctttg aaaaaatggt
12001 ttcactactt tctgttttgc tttccatgca gggtgctgta gacataaaca agctttgtga
12061 agaaatgctg gacaacaggg caaccttaca agctatagcc tcagagttta gttcccttcc
12121 atcatatgca gcttttgcta ctgctcaaga agcttatgag caggctgttg ctaatggtga
12181 ttctgaagtt gttcttaaaa agttgaagaa gtctttgaat gtggctaaat ctgaatttga
12241 ccgtgatgca gccatgcaac gtaagttgga aaagatggct gatcaagcta tgacccaaat
12301 gtataaacag gctagatctg aggacaagag ggcaaaagtt actagtgcta tgcagacaat
12361 gcttttcact atgcttagaa agttggataa tgatgcactc aacaacatta tcaacaatgc
12421 aagagatggt tgtgttccct tgaacataat acctcttaca acagcagcca aactaatggt
12481 tgtcatacca gactataaca catataaaaa tacgtgtgat ggtacaacat ttacttatgc
12541 atcagcattg tgggaaatcc aacaggttgt agatgcagat agtaaaattg ttcaacttag
12601 tgaaattagt atggacaatt cacctaattt agcatggcct cttattgtaa cagctttaag
12661 ggccaattct gctgtcaaat tacagaataa tgagcttagt cctgttgcac tacgacagat
12721 gtcttgtgct gccggtacta cacaaactgc ttgcactgat gacaatgcgt tagcttacta
12781 caacacaaca aagggaggta ggtttgtact tgcactgtta tccgatttac aggatttgaa
12841 atgggctaga ttccctaaga gtgatggaac tggtactatc tatacagaac tggaaccacc
12901 ttgtaggttt gttacagaca cacctaaagg tcctaaagtg aagtatttat actttattaa
12961 aggattaaac aacctaaata gaggtatggt acttggtagt ttagctgcca cagtacgtct
13021 acaagctggt aatgcaacag aagtgcctgc caattcaact gtattatctt tctgtgcttt
13081 tgctgtagat gctgctaaag cttacaaaga ttatctagct agtgggggac aaccaatcac
13141 taattgtgtt aagatgttgt gtacacacac tggtactggt caggcaataa cagttacacc
13201 ggaagccaat atggatcaag aatcctttgg tggtgcatcg tgttgtctgt actgccgttg
13261 ccacatagat catccaaatc ctaaaggatt ttgtgactta aaaggtaagt atgtacaaat
13321 acctacaact tgtgctaatg accctgtggg ttttacactt aaaaacacag tctgtaccgt
13381 ctgcggtatg tggaaaggtt atggctgtag ttgtgatcaa ctccgcgaac ccatgcttca
13441 gtcagctgat gcacaatcgt ttttaaacgg gtttgcggtg taagtgcagc ccgtcttaca
13501 ccgtgcggca caggcactag tactgatgtc gtatacaggg cttttgacat ctacaatgat
13561 aaagtagctg gttttgctaa attcctaaaa actaattgtt gtcgcttcca agaaaaggac
13621 gaagatgaca atttaattga ttcttacttt gtagttaaga gacacacttt ctctaactac
13681 caacatgaag aaacaattta taatttactt aaggattgtc cagctgttgc taaacatgac
13741 ttctttaagt ttagaataga cggtgacatg gtaccacata tatcacgtca acgtcttact
13801 aaatacacaa tggcagacct cgtctatgct ttaaggcatt ttgatgaagg taattgtgac
13861 acattaaaag aaatacttgt cacatacaat tgttgtgatg atgattattt caataaaaag
13921 gactggtatg attttgtaga aaacccagat atattacgcg tatacgccaa cttaggtgaa
13981 cgtgtacgcc aagctttgtt aaaaacagta caattctgtg atgccatgcg aaatgctggt
14041 attgttggtg tactgacatt agataatcaa gatctcaatg gtaactggta tgatttcggt
14101 gatttcatac aaaccacgcc aggtagtgga gttcctgttg tagattctta ttattcattg
14161 ttaatgccta tattaacctt gaccagggct ttaactgcag agtcacatgt tgacactgac
14221 ttaacaaagc cttacattaa gtgggatttg ttaaaatatg acttcacgga agagaggtta
14281 aaactctttg accgttattt taaatattgg gatcagacat accacccaaa ttgtgttaac
14341 tgtttggatg acagatgcat tctgcattgt gcaaacttta atgttttatt ctctacagtg
14401 ttcccaccta caagttttgg accactagtg agaaaaatat ttgttgatgg tgttccattt
14461 gtagtttcaa ctggatacca cttcagagag ctaggtgttg tacataatca ggatgtaaac
14521 ttacatagct ctagacttag ttttaaggaa ttacttgtgt atgctgctga ccctgctatg
14581 cacgctgctt ctggtaatct attactagat aaacgcacta cgtgcttttc agtagctgca
14641 cttactaaca atgttgcttt tcaaactgtc aaacccggta attttaacaa agacttctat
14701 gactttgctg tgtctaaggg tttctttaag gaaggaagtt ctgttgaatt aaaacacttc
14761 ttctttgctc aggatggtaa tgctgctatc agcgattatg actactatcg ttataatcta
14821 ccaacaatgt gtgatatcag acaactacta tttgtagttg aagttgttga taagtacttt
14881 gattgttacg atggtggctg tattaatgct aaccaagtca tcgtcaacaa cctagacaaa
14941 tcagctggtt ttccatttaa taaatggggt aaggctagac tttattatga ttcaatgagt
15001 tatgaggatc aagatgcact tttcgcatat acaaaacgta atgtcatccc tactataact
15061 caaatgaatc ttaagtatgc cattagtgca aagaatagag ctcgcaccgt agctggtgtc
15121 tctatctgta gtactatgac caatagacag tttcatcaaa aattattgaa atcaatagcc
15181 gccactagag gagctactgt agtaattgga acaagcaaat tctatggtgg ttggcacaac
15241 atgttaaaaa ctgtttatag tgatgtagaa aaccctcacc ttatgggttg ggattatcct
15301 aaatgtgata gagccatgcc taacatgctt agaattatgg cctcacttgt tcttgctcgc
15361 aaacatacaa cgtgttgtag cttgtcacac cgtttctata gattagctaa tgagtgtgct
15421 caagtattga gtgaaatggt catgtgtggc ggttcactat atgttaaacc aggtggaacc
15481 tcatcaggag atgccacaac tgcttatgct aatagtgttt ttaacatttg tcaagctgtc
15541 acggccaatg ttaatgcact tttatctact gatggtaaca aaattgccga taagtatgtc
15601 cgcaatttac aacacagact ttatgagtgt ctctatagaa atagagatgt tgacacagac
15661 tttgtgaatg agttttacgc atatttgcgt aaacatttct caatgatgat actctctgac
15721 gatgctgttg tgtgtttcaa tagcacttat gcatctcaag gtctagtggc tagcataaag
15781 aactttaagt cagttcttta ttatcaaaac aatgttttta tgtctgaagc aaaatgttgg
15841 actgagactg accttactaa aggacctcat gaattttgct ctcaacatac aatgctagtt
15901 aaacagggtg atgattatgt gtaccttcct tacccagatc catcaagaat cctaggggcc
15961 ggctgttttg tagatgatat cgtaaaaaca gatggtacac ttatgattga acggttcgtg
16021 tctttagcta tagatgctta cccacttact aaacatccta atcaggagta tgctgatgtc
16081 tttcatttgt acttacaata cataagaaag ctacatgatg agttaacagg acacatgtta
16141 gacatgtatt ctgttatgct tactaatgat aacacttcaa ggtattggga acctgagttt
16201 tatgaggcta tgtacacacc gcatacagtc ttacaggctg ttggggcttg tgttctttgc
16261 aattcacaga cttcattaag atgtggtgct tgcatacgta gaccattctt atgttgtaaa
16321 tgctgttacg accatgtcat atcaacatca cataaattag tcttgtctgt taatccgtat
16381 gtttgcaatg ctccaggttg tgatgtcaca gatgtgactc aactttactt aggaggtatg
16441 agctattatt gtaaatcaca taaaccaccc attagttttc cattgtgtgc taatggacaa
16501 gtttttggtt tatataaaaa tacatgtgtt ggtagcgata atgttactga ctttaatgca
16561 attgcaacat gtgactggac aaatgctggt gattacattt tagctaacac ctgtactgaa
16621 agactcaagc tttttgcagc agaaacgctc aaagctactg aggagacatt taaactgtct
16681 tatggtattg ctactgtacg tgaagtgctg tctgacagag aattacatct ttcatgggaa
16741 gttggtaaac ctagaccacc acttaaccga aattatgtct ttactggtta tcgtgtaact
16801 aaaaacagta aagtacaaat aggagagtac acctttgaaa aaggtgacta tggtgatgct
16861 gttgtttacc gaggtacaac aacttacaaa ttaaatgttg gtgattattt tgtgctgaca
16921 tcacatacag taatgccatt aagtgcacct acactagtgc cacaagagca ctatgttaga
16981 attactggct tatacccaac actcaatatc tcagatgagt tttctagcaa tgttgcaaat
17041 tatcaaaagg ttggtatgca aaagtattct acactccagg gaccacctgg tactggtaag
17101 agtcattttg ctattggcct agctctctac tacccttctg ctcgcatagt gtatacagct
17161 tgctctcatg ccgctgttga tgcactatgt gagaaggcat taaaatattt gcctatagat
17221 aaatgtagta gaattatacc tgcacgtgct cgtgtagagt gttttgataa attcaaagtg
17281 aattcaacat tagaacagta tgtcttttgt actgtaaatg cattgcctga gacgacagca
17341 gatatagttg tctttgatga aatttcaatg gccacaaatt atgatttgag tgttgtcaat
17401 gccagattac gtgctaagca ctatgtgtac attggcgacc ctgctcaatt acctgcacca
17461 cgcacattgc taactaaggg cacactagaa ccagaatatt tcaattcagt gtgtagactt
17521 atgaaaacta taggtccaga catgttcctc ggaacttgtc ggcgttgtcc tgctgaaatt
17581 gttgacactg tgagtgcttt ggtttatgat aataagctta aagcacataa agacaaatca
17641 gctcaatgct ttaaaatgtt ttataagggt gttatcacgc atgatgtttc atctgcaatt
17701 aacaggccac aaataggcgt ggtaagagaa ttccttacac gtaaccctgc ttggagaaaa
17761 gctgtcttta tttcacctta taattcacag aatgctgtag cctcaaagat tttgggacta
17821 ccaactcaaa ctgttgattc atcacagggc tcagaatatg actatgtcat attcactcaa
17881 accactgaaa cagctcactc ttgtaatgta aacagattta atgttgctat taccagagca
17941 aaagtaggca tactttgcat aatgtctgat agagaccttt atgacaagtt gcaatttaca
18001 agtcttgaaa ttccacgtag gaatgtggca actttacaag ctgaaaatgt aacaggactc
18061 tttaaagatt gtagtaaggt aatcactggg ttacatccta cacaggcacc tacacacctc
18121 agtgttgaca ctaaattcaa aactgaaggt ttatgtgttg acatacctgg catacctaag
18181 gacatgacct atagaagact catctctatg atgggtttta aaatgaatta tcaagttaat
18241 ggttacccta acatgtttat cacccgcgaa gaagctataa gacatgtacg tgcatggatt
18301 ggcttcgatg tcgaggggtg tcatgctact agagaagctg ttggtaccaa tttaccttta
18361 cagctaggtt tttctacagg tgttaaccta gttgctgtac ctacaggtta tgttgataca
18421 cctaataata cagatttttc cagagttagt gctaaaccac cgcctggaga tcaatttaaa
18481 cacctcatac cacttatgta caaaggactt ccttggaatg tagtgcgtat aaagattgta
18541 caaatgttaa gtgacacact taaaaatctc tctgacagag tcgtatttgt cttatgggca
18601 catggctttg agttgacatc tatgaagtat tttgtgaaaa taggacctga gcgcacctgt
18661 tgtctatgtg atagacgtgc cacatgcttt tccactgctt cagacactta tgcctgttgg
18721 catcattcta ttggatttga ttacgtctat aatccgttta tgattgatgt tcaacaatgg
18781 ggttttacag gtaacctaca aagcaaccat gatctgtatt gtcaagtcca tggtaatgca
18841 catgtagcta gttgtgatgc aatcatgact aggtgtctag ctgtccacga gtgctttgtt
18901 aagcgtgttg actggactat tgaatatcct ataattggtg atgaactgaa gattaatgcg
18961 gcttgtagaa aggttcaaca catggttgtt aaagctgcat tattagcaga caaattccca
19021 gttcttcacg acattggtaa ccctaaagct attaagtgtg tacctcaagc tgatgtagaa
19081 tggaagttct atgatgcaca gccttgtagt gacaaagctt ataaaataga agaattattc
19141 tattcttatg ccacacattc tgacaaattc acagatggtg tatgcctatt ttggaattgc
19201 aatgtcgata gatatcctgc taattccatt gtttgtagat ttgacactag agtgctatct
19261 aaccttaact tgcctggttg tgatggtggc agtttgtatg taaataaaca tgcattccac
19321 acaccagctt ttgataaaag tgcttttgtt aatttaaaac aattaccatt tttctattac
19381 tctgacagtc catgtgagtc tcatggaaaa caagtagtgt cagatataga ttatgtacca
19441 ctaaagtctg ctacgtgtat aacacgttgc aatttaggtg gtgctgtctg tagacatcat
19501 gctaatgagt acagattgta tctcgatgct tataacatga tgatctcagc tggctttagc
19561 ttgtgggttt acaaacaatt tgatacttat aacctctgga acacttttac aagacttcag
19621 agtttagaaa atgtggcttt taatgttgta aataagggac actttgatgg acaacagggt
19681 gaagtaccag tttctatcat taataacact gtttacacaa aagttgatgg tgttgatgta
19741 gaattgtttg aaaataaaac aacattacct gttaatgtag catttgagct ttgggctaag
19801 cgcaacatta aaccagtacc agaggtgaaa atactcaata atttgggtgt ggacattgct
19861 gctaatactg tgatctggga ctacaaaaga gatgctccag cacatatatc tactattggt
19921 gtttgttcta tgactgacat agccaagaaa ccaactgaaa cgatttgtgc accactcact
19981 gtcttttttg atggtagagt tgatggtcaa gtagacttat ttagaaatgc ccgtaatggt
20041 gttcttatta cagaaggtag tgttaaaggt ttacaaccat ctgtaggtcc caaacaagct
20101 agtcttaatg gagtcacatt aattggagaa gccgtaaaaa cacagttcaa ttattataag
20161 aaagttgatg gtgttgtcca acaattacct gaaacttact ttactcagag tagaaattta
20221 caagaattta aacccaggag tcaaatggaa attgatttct tagaattagc tatggatgaa
20281 ttcattgaac ggtataaatt agaaggctat gccttcgaac atatcgttta tggagatttt
20341 agtcatagtc agttaggtgg tttacatcta ctgattggac tagctaaacg ttttaaggaa
20401 tcaccttttg aattagaaga ttttattcct atggacagta cagttaaaaa ctatttcata
20461 acagatgcgc aaacaggttc atctaagtgt gtgtgttctg ttattgattt attacttgat
20521 gattttgttg aaataataaa atcccaagat ttatctgtag tttctaaggt tgtcaaagtg
20581 actattgact atacagaaat ttcatttatg ctttggtgta aagatggcca tgtagaaaca
20641 ttttacccaa aattacaatc tagtcaagcg tggcaaccgg gtgttgctat gcctaatctt
20701 tacaaaatgc aaagaatgct attagaaaag tgtgaccttc aaaattatgg tgatagtgca
20761 acattaccta aaggcataat gatgaatgtc gcaaaatata ctcaactgtg tcaatattta
20821 aacacattaa cattagctgt accctataat atgagagtta tacattttgg tgctggttct
20881 gataaaggag ttgcaccagg tacagctgtt ttaagacagt ggttgcctac gggtacgctg
20941 cttgtcgatt cagatcttaa tgactttgtc tctgatgcag attcaacttt gattggtgat
21001 tgtgcaactg tacatacagc taataaatgg gatctcatta ttagtgatat gtacgaccct
21061 aagactaaaa atgttacaaa agaaaatgac tctaaagagg gttttttcac ttacatttgt
21121 gggtttatac aacaaaagct agctcttgga ggttccgtgg ctataaagat aacagaacat
21181 tcttggaatg ctgatcttta taagctcatg ggacacttcg catggtggac agcctttgtt
21241 actaatgtga atgcgtcatc atctgaagca tttttaattg gatgtaatta tcttggcaaa
21301 ccacgcgaac aaatagatgg ttatgtcatg catgcaaatt acatattttg gaggaataca
21361 aatccaattc agttgtcttc ctattcttta tttgacatga gtaaatttcc ccttaaatta
21421 aggggtactg ctgttatgtc tttaaaagaa ggtcaaatca atgatatgat tttatctctt
21481 cttagtaaag gtagacttat aattagagaa aacaacagag ttgttatttc tagtgatgtt
21541 cttgttaaca actaaacgaa caatgtttgt ttttcttgtt ttattgccac tagtctctag
21601 tcagtgtgtt aatcttacaa ccagaactca attaccccct gcatacacta attctttcac
21661 acgtggtgtt tattaccctg acaaagtttt cagatcctca gttttacatt caactcagga
21721 cttgttctta cctttctttt ccaatgttac ttggttccat gctatacatg tctctgggac
21781 caatggtact aagaggtttg ataaccctgt cctaccattt aatgatggtg tttattttgc
21841 ttccactgag aagtctaaca taataagagg ctggattttt ggtactactt tagattcgaa
21901 gacccagtcc ctacttattg ttaataacgc tactaatgtt gttattaaag tctgtgaatt
21961 tcaattttgt aatgatccat ttttgggtgt ttattaccac aaaaacaaca aaagttggat
22021 ggaaagtgag ttcagagttt attctagtgc gaataattgc acttttgaat atgtctctca
22081 gccttttctt atggaccttg aaggaaaaca gggtaatttc aaaaatctta gggaatttgt
22141 gtttaagaat attgatggtt attttaaaat atattctaag cacacgccta ttaatttagt
22201 gcgtgatctc cctcagggtt tttcggcttt agaaccattg gtagatttgc caataggtat
22261 taacatcact aggtttcaaa ctttacttgc tttacataga agttatttga ctcctggtga
22321 ttcttcttca ggttggacag ctggtgctgc agcttattat gtgggttatc ttcaacctag
22381 gacttttcta ttaaaatata atgaaaatgg aaccattaca gatgctgtag actgtgcact
22441 tgaccctctc tcagaaacaa agtgtacgtt gaaatccttc actgtagaaa aaggaatcta
22501 tcaaacttct aactttagag tccaaccaac agaatctatt gttagatttc ctaatattac
22561 aaacttgtgc ccttttggtg aagtttttaa cgccaccaga tttgcatctg tttatgcttg
22621 gaacaggaag agaatcagca actgtgttgc tgattattct gtcctatata attccgcatc
22681 attttccact tttaagtgtt atggagtgtc tcctactaaa ttaaatgatc tctgctttac
22741 taatgtctat gcagattcat ttgtaattag aggtgatgaa gtcagacaaa tcgctccagg
22801 gcaaactgga aagattgctg attataatta taaattacca gatgatttta caggctgcgt
22861 tatagcttgg aattctaaca atcttgattc taaggttggt ggtaattata attacctgta
22921 tagattgttt aggaagtcta atctcaaacc ttttgagaga gatatttcaa ctgaaatcta
22981 tcaggccggt agcacacctt gtaatggtgt tgaaggtttt aattgttact ttcctttaca
23041 atcatatggt ttccaaccca ctaatggtgt tggttaccaa ccatacagag tagtagtact
23101 ttcttttgaa cttctacatg caccagcaac tgtttgtgga cctaaaaagt ctactaattt
23161 ggttaaaaac aaatgtgtca atttcaactt caatggttta acaggcacag gtgttcttac
23221 tgagtctaac aaaaagtttc tgcctttcca acaatttggc agagacattg ctgacactac
23281 tgatgctgtc cgtgatccac agacacttga gattcttgac attacaccat gttcttttgg
23341 tggtgtcagt gttataacac caggaacaaa tacttctaac caggttgctg ttctttatca
23401 ggatgttaac tgcacagaag tccctgttgc tattcatgca gatcaactta ctcctacttg
23461 gcgtgtttat tctacaggtt ctaatgtttt tcaaacacgt gcaggctgtt taataggggc
23521 tgaacatgtc aacaactcat atgagtgtga catacccatt ggtgcaggta tatgcgctag
23581 ttatcagact cagactaatt ctcctcggcg ggcacgtagt gtagctagtc aatccatcat
23641 tgcctacact atgtcacttg gtgcagaaaa ttcagttgct tactctaata actctattgc
23701 catacccaca aattttacta ttagtgttac cacagaaatt ctaccagtgt ctatgaccaa
23761 gacatcagta gattgtacaa tgtacatttg tggtgattca actgaatgca gcaatctttt
23821 gttgcaatat ggcagttttt gtacacaatt aaaccgtgct ttaactggaa tagctgttga
23881 acaagacaaa aacacccaag aagtttttgc acaagtcaaa caaatttaca aaacaccacc
23941 aattaaagat tttggtggtt ttaatttttc acaaatatta ccagatccat caaaaccaag
24001 caagaggtca tttattgaag atctactttt caacaaagtg acacttgcag atgctggctt
24061 catcaaacaa tatggtgatt gccttggtga tattgctgct agagacctca tttgtgcaca
24121 aaagtttaac ggccttactg ttttgccacc tttgctcaca gatgaaatga ttgctcaata
24181 cacttctgca ctgttagcgg gtacaatcac ttctggttgg acctttggtg caggtgctgc
24241 attacaaata ccatttgcta tgcaaatggc ttataggttt aatggtattg gagttacaca
24301 gaatgttctc tatgagaacc aaaaattgat tgccaaccaa tttaatagtg ctattggcaa
24361 aattcaagac tcactttctt ccacagcaag tgcacttgga aaacttcaag atgtggtcaa
24421 ccaaaatgca caagctttaa acacgcttgt taaacaactt agctccaatt ttggtgcaat
24481 ttcaagtgtt ttaaatgata tcctttcacg tcttgacaaa gttgaggctg aagtgcaaat
24541 tgataggttg atcacaggca gacttcaaag tttgcagaca tatgtgactc aacaattaat
24601 tagagctgca gaaatcagag cttctgctaa tcttgctgct actaaaatgt cagagtgtgt
24661 acttggacaa tcaaaaagag ttgatttttg tggaaagggc tatcatctta tgtccttccc
24721 tcagtcagca cctcatggtg tagtcttctt gcatgtgact tatgtccctg cacaagaaaa
24781 gaacttcaca actgctcctg ccatttgtca tgatggaaaa gcacactttc ctcgtgaagg
24841 tgtctttgtt tcaaatggca cacactggtt tgtaacacaa aggaattttt atgaaccaca
24901 aatcattact acagacaaca catttgtgtc tggtaactgt gatgttgtaa taggaattgt
24961 caacaacaca gtttatgatc ctttgcaacc tgaattagac tcattcaagg aggagttaga
25021 taaatatttt aagaatcata catcaccaga tgttgattta ggtgacatct ctggcattaa
25081 tgcttcagtt gtaaacattc aaaaagaaat tgaccgcctc aatgaggttg ccaagaattt
25141 aaatgaatct ctcatcgatc tccaagaact tggaaagtat gagcagtata taaaatggcc
25201 atggtacatt tggctaggtt ttatagctgg cttgattgcc atagtaatgg tgacaattat
25261 gctttgctgt atgaccagtt gctgtagttg tctcaagggc tgttgttctt gtggatcctg
25321 ctgcaaattt gatgaagacg actctgagcc agtgctcaaa ggagtcaaat tacattacac
25381 ataaacgaac ttatggattt gtttatgaga atcttcacaa ttggaactgt aactttgaag
25441 caaggtgaaa tcaaggatgc tactccttca gattttgttc gcgctactgc aacgataccg
25501 atacaagcct cactcccttt cggatggctt attgttggcg ttgcacttct tgctgttttt
25561 cagagcgctt ccaaaatcat aaccctcaaa aagagatggc aactagcact ctccaagggt
25621 gttcactttg tttgcaactt gctgttgttg tttgtaacag tttactcaca ccttttgctc
25681 gttgctgctg gccttgaagc cccttttctc tatctttatg ctttagtcta cttcttgcag
25741 agtataaact ttgtaagaat aataatgagg ctttggcttt gctggaaatg ccgttccaaa
25801 aacccattac tttatgatgc caactatttt ctttgctggc atactaattg ttacgactat
25861 tgtatacctt acaatagtgt aacttcttca attgtcatta cttcaggtga tggcacaaca
25921 agtcctattt ctgaacatga ctaccagatt ggtggttata ctgaaaaatg ggaatctgga
25981 gtaaaagact gtgttgtatt acacagttac ttcacttcag actattacca gctgtactca
26041 actcaattga gtacagacac tggtgttgaa catgttacct tcttcatcta caataaaatt
26101 gttgatgagc ctgaagaaca tgtccaaatt cacacaatcg acggttcatc cggagttgtt
26161 aatccagtaa tggaaccaat ttatgatgaa ccgacgacga ctactagcgt gcctttgtaa
26221 gcacaagctg atgagtacga acttatgtac tcattcgttt cggaagagac aggtacgtta
26281 atagttaata gcgtacttct ttttcttgct ttcgtggtat tcttgctagt tacactagcc
26341 atccttactg cgcttcgatt gtgtgcgtac tgctgcaata ttgttaacgt gagtcttgta
26401 aaaccttctt tttacgttta ctctcgtgtt aaaaatctga attcttctag agttcctgat
26461 cttctggtct aaacgaacta aatattatat tagtttttct gtttggaact ttaattttag
26521 ccatggcaga ttccaacggt actattaccg ttgaagagct taaaaagctc cttgaacaat
26581 ggaacctagt aataggtttc ctattcctta catggatttg tcttctacaa tttgcctatg
26641 ccaacaggaa taggtttttg tatataatta agttaatttt cctctggctg ttatggccag
26701 taactttagc ttgttttgtg cttgctgctg tttacagaat aaattggatc accggtggaa
26761 ttgctatcgc aatggcttgt cttgtaggct tgatgtggct cagctacttc attgcttctt
26821 tcagactgtt tgcgcgtacg cgttccatgt ggtcattcaa tccagaaact aacattcttc
26881 tcaacgtgcc actccatggc actattctga ccagaccgct tctagaaagt gaactcgtaa
26941 tcggagctgt gatccttcgt ggacatcttc gtattgctgg acaccatcta ggacgctgtg
27001 acatcaagga cctgcctaaa gaaatcactg ttgctacatc acgaacgctt tcttattaca
27061 aattgggagc ttcgcagcgt gtagcaggtg actcaggttt tgctgcatac agtcgctaca
27121 ggattggcaa ctataaatta aacacagacc attccagtag cagtgacaat attgctttgc
27181 ttgtacagta agtgacaaca gatgtttcat ctcgttgact ttcaggttac tatagcagag
27241 atattactaa ttattatgag gacttttaaa gtttccattt ggaatcttga ttacatcata
27301 aacctcataa ttaaaaattt atctaagtca ctaactgaga ataaatattc tcaattagat
27361 gaagagcaac caatggagat tgattaaacg aacatgaaaa ttattctttt cttggcactg
27421 ataacactcg ctacttgtga gctttatcac taccaagagt gtgttagagg tacaacagta
27481 cttttaaaag aaccttgctc ttctggaaca tacgagggca attcaccatt tcatcctcta
27541 gctgataaca aatttgcact gacttgcttt agcactcaat ttgcttttgc ttgtcctgac
27601 ggcgtaaaac acgtctatca gttacgtgcc agatcagttt cacctaaact gttcatcaga
27661 caagaggaag ttcaagaact ttactctcca atttttctta ttgttgcggc aatagtgttt
27721 ataacacttt gcttcacact caaaagaaag acagaatgat tgaactttca ttaattgact
27781 tctatttgtg ctttttagcc tttctgctat tccttgtttt aattatgctt attatctttt
27841 ggttctcact tgaactgcaa gatcataatg aaacttgtca cgcctaaacg aacatgaaat
27901 ttcttgtttt cttaggaatc atcacaactg tagctgcatt tcaccaagaa tgtagtttac
27961 agtcatgtac tcaacatcaa ccatatgtag ttgatgaccc gtgtcctatt cacttctatt
28021 ctaaatggta tattagagta ggagctagaa aatcagcacc tttaattgaa ttgtgcgtgg
28081 atgaggctgg ttctaaatca cccattcagt acatcgatat cggtaattat acagtttcct
28141 gtttaccttt tacaattaat tgccaggaac ctaaattggg tagtcttgta gtgcgttgtt
28201 cgttctatga agacttttta gagtatcatg acgttcgtgt tgttttagat ttcatctaaa
28261 cgaacaaact aaaatgtctg ataatggacc ccaaaatcag cgaaatgcac cccgcattac
28321 gtttggtgga ccctcagatt caactggcag taaccagaat ggagaacgca gtggggcgcg
28381 atcaaaacaa cgtcggcccc aaggtttacc caataatact gcgtcttggt tcaccgctct
28441 cactcaacat ggcaaggaag accttaaatt ccctcgagga caaggcgttc caattaacac
28501 caatagcagt ccagatgacc aaattggcta ctaccgaaga gctaccagac gaattcgtgg
28561 tggtgacggt aaaatgaaag atctcagtcc aagatggtat ttctactacc taggaactgg
28621 gccagaagct ggacttccct atggtgctaa caaagacggc atcatatggg ttgcaactga
28681 gggagccttg aatacaccaa aagatcacat tggcacccgc aatcctgcta acaatgctgc
28741 aatcgtgcta caacttcctc aaggaacaac attgccaaaa ggcttctacg cagaagggag
28801 cagaggcggc agtcaagcct cttctcgttc ctcatcacgt agtcgcaaca gttcaagaaa
28861 ttcaactcca ggcagcagta ggggaacttc tcctgctaga atggctggca atggcggtga
28921 tgctgctctt gctttgctgc tgcttgacag attgaaccag cttgagagca aaatgtctgg
28981 taaaggccaa caacaacaag gccaaactgt cactaagaaa tctgctgctg aggcttctaa
29041 gaagcctcgg caaaaacgta ctgccactaa agcatacaat gtaacacaag ctttcggcag
29101 acgtggtcca gaacaaaccc aaggaaattt tggggaccag gaactaatca gacaaggaac
29161 tgattacaaa cattggccgc aaattgcaca atttgccccc agcgcttcag cgttcttcgg
29221 aatgtcgcgc attggcatgg aagtcacacc ttcgggaacg tggttgacct acacaggtgc
29281 catcaaattg gatgacaaag atccaaattt caaagatcaa gtcattttgc tgaataagca
29341 tattgacgca tacaaaacat tcccaccaac agagcctaaa aaggacaaaa agaagaaggc
29401 tgatgaaact caagccttac cgcagagaca gaagaaacag caaactgtga ctcttcttcc
29461 tgctgcagat ttggatgatt tctccaaaca attgcaacaa tccatgagca gtgctgactc
29521 aactcaggcc taaactcatg cagaccacac aaggcagatg ggctatataa acgttttcgc
29581 ttttccgttt acgatatata gtctactctt gtgcagaatg aattctcgta actacatagc
29641 acaagtagat gtagttaact ttaatctcac atagcaatct ttaatcagtg tgtaacatta
29701 gggaggactt gaaagagcca ccacattttc accgaggcca cgcggagtac gatcgagtgt
29761 acagtgaaca atgctaggga gagctgccta tatggaagag ccctaatgtg taaaattaat
29821 tttagtagtg ctatccccat gtgattttaa tagcttctta ggagaatgac aaaaaaaaaa
29881 aaaaaaaaaa aaaaaaaaaa aaa

500:mespesado :

2021/08/24 (Tue) 13:18:35

host:*.eonet.ne.jp

米国におけるワクチンによる1,517,211名の負傷者と9,027名の死亡者を記録
した後、FDAはファイザー社のCOVID-19ワクチンを全面的に承認した
https://note.com/akaihiguma/n/n70f786de3cbc


> 米国政府のワクチン有害事象報告システム(VAERS)に記録されたファイ
> ザー社COVID-19ワクチンによる1,517,211件の傷害と9,027件の死亡を受
> けて、FDAは本日、16歳以上の人に対するファイザー社COVID-19注射の完
> 全な承認を行いました。
499:mespesado :

2021/08/24 (Tue) 13:11:42

host:*.eonet.ne.jp

松田まゆみ@onigumoobasan

> もう一度紹介するけれど、この連載記事は必読。なぜ、こんなおかしな
> ことになっているのか、謎が解ける。2021年1月29日の記事だけれど、ま
> さにこの通りになっている。視野を広げて感性を研ぎ澄ませないとこの
> 問題は見えてこない。


コロナの真相とその先に潜むデータ覇権争いという新たな脅威(1)
https://www.data-max.co.jp/article/39815

コロナの真相とその先に潜むデータ覇権争いという新たな脅威(2)
https://www.data-max.co.jp/article/39857

コロナの真相とその先に潜むデータ覇権争いという新たな脅威(3)
https://www.data-max.co.jp/article/39867

コロナの真相とその先に潜むデータ覇権争いという新たな脅威(4)
https://www.data-max.co.jp/article/39911
498:mespesado :

2021/08/24 (Tue) 08:22:39

host:*.eonet.ne.jp

 コロナ関連サイト紹介の追加です。とりあえず2つ


「あかいひぐま」さんのnote
https://note.com/akaihiguma/


松田まゆみさんのtweet
https://twitter.com/onigumoobasan
497:猿都瑠 :

2021/08/23 (Mon) 22:40:44

host:*.au-net.ne.jp
インフルエンザは毎年のように新型インフルエンザと言っていた。

しかしシンコロはcovid-19と言われた2019年以来ずっと新型コロナと言われ続けている。

2019年のコロナウイルスであるなら、旧型だろうと何故誰もツッコミを入れないのか。

旧型コロナウイルスであるなら、ただの風邪の一種。

新型コロナウイルスには何種もの変異株ガーって、少しは頭を使いなさいよ。

マスクで脳が酸素不足だから、頭が回りにくいのも原因か。

今は耐える時ですの連呼。

耐えるのが美徳の我が国なのは考えもの。

言い方を変えれば、ネガティブ本能そのもの。

今は冷静にとか言ってるが、日本国民のほとんどが扇情的だからこそ、マスク装着率99%超なんでしょう。

尤もアホ臭いと思って、マスク装着してる人々も一定数は居るんですが。

正直言いまして、飯山一郎式健康法を続けていれば、恐いもの無し。

若返りホルモンである成長ホルモンの出る22:00~3:00の時間帯には就寝している。

植物性乳酸菌空間の保持。

ネガティブな人々には近付かない。

日々、自分が生きている事に感謝する。

自分は最後、他人の為に祈る。

神仏に感謝する。

割と簡単には出来ません。

モンキーターンをした地球上で生きていく為の条件でもあります。
496:はぐらめい:

2021/08/23 (Mon) 13:14:58

host:*.omn.ne.jp
>>492

mespesadoさん、ありがとうございます。
あわてて直しました。→https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2021-08-23
495:通りすがり :

2021/08/23 (Mon) 12:56:08

host:*.au-net.ne.jp
ハワイの内部告発者の動画です、消される前に拡散お願いします。
https://www.youtube.com/watch?v=isukn3W_z34
494:mespesado :

2021/08/23 (Mon) 12:19:37

host:*.eonet.ne.jp

北里大学教授が開発した
コロナワクチンより効く薬!?
〜しかし、強引に握りつぶしたWHOの闇
https://in.tsutsumimika.jp/ttuk1_2108_9800_bun0
493:mespesado :

2021/08/23 (Mon) 12:13:14

host:*.eonet.ne.jp

Rr.和の町医者日記
http://blog.drnagao.com

↑時の人長尾クリニックさんのブログです。
492:mespesado :

2021/08/23 (Mon) 08:34:31

host:*.eonet.ne.jp
>>491

 すいません。めいさんのブログの当該内容の最新記事について、ミスプリらしき部分を

見つけてしまいましたので、同記事のコメント欄にコメントを付けさせていただいたので、

よろしくお願いします。
491:はぐらめい:

2021/08/23 (Mon) 06:03:16

host:*.omn.ne.jp
山形県では、県内市町村議会に対して「新型コロナウイルス感染症の取扱いを
指定感染症二類相当から五類感染症に引き下げることを求める意見書提出についての請願」
提出に向けて動き出しています。

全国にも広がって欲しいです。→https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2021-08-23
ご連絡いただけば資料等送ります。oshosina@omn.ne.jp

以下、請願内容です。

       * * * * *

新型コロナウイルス感染症の取扱いを指定感染症二類相当から五類感染症に
引き下げることを求める意見書提出についての請願書  

 コロナ禍をいかにして収束させるかは全国民最大の関心事であり願いです。
目の前の報道に一喜一憂するのではなく、足元から現状を正しく見つめ、
ひとつひとつ解決の方途を探ってゆかねばなりません。


 そもそも新型コロナの騒ぎの拡大は、未知ゆえの過剰な恐怖から、
コレラ(三類感染症)より危険な二類相当の指定感染症とされたことに由来します。
そのことによって、無症状の病原体保有者も含めた感染者には
入院勧告、就業制限、濃厚接触者の外出自粛要請といった規制が生じるとともに、
社会的には緊急事態宣言発令等による行動制限措置が可能になり、
全国民的に社会活動が著しく制限されることになりました。
新型コロナが二類相当の指定感染症であっていいのかどうかの検証こそが、
コロナ禍収束に向けての第一歩です。


 新型コロナで騒がれるようになって1年半、
令和3年8月19日現在の山形県内感染者数は2,660人(0.25%)、
死者数は47人(0.004%)、致死率1.7%です。
99.75%の県民は感染していなくて、
99.996%の県民は新型コロナで死んでおりません。
全国もほぼ同様の数値です。


 明治時代前半、日本はコレラに苦しみました。
明治19(1886)年の山形県のコレラ患者数2,217人、
そのうち1,510人が亡くなっています。致死率は実に68%でした(全国患者数155,923人 死者数108,409人 致死率70%)。
 
 これに比して新型コロナでは、
検査で陽性とされて社会生活上大変な思いをする人はあっても、
実際に新型コロナ感染症という病気に罹って苦しむ人を見ることは滅多にないというのが現実です。


 五類感染症である季節性インフルエンザは、特効薬やワクチンがある中で、
毎年1千万人を超える患者が発生し、関連も含めて死亡者は約13,000人です。
比較して新型コロナの昨年1年間の死亡者数は3,466人、
割合も全死亡の0.25%であり、冷静に判断すれば、
感染症としてはインフルエンザと同じ五類感染症相当で良いことは
だれの目にも明らかであり、
多くの専門家の意見でもあります。


 五類感染症であれば、医療機関指定の制約も外れることで、
治療を必要としている方はどの医療機関でも受診できるようになり、
人口当たり世界一のベッド数を誇る我が国において、
医療崩壊は起こり得なくなります。
また国民も、指定感染症二類相当ゆえの諸々の規制から自由になることで、
正常な経済社会活動を取り戻せる道筋が開けてくることはまちがいありません。


 以上の事から、一日も早い国民生活正常化のために、
新型コロナウイルス感染症を現在の指定感染症二類相当から五類感染症に
すみやかに変えることを、
貴議会として国に対して要望する意見書を提出していただくことを、
地方自治法第124条の規定により請願いたします。

   
490:mespesado :

2021/08/23 (Mon) 00:20:57

host:*.eonet.ne.jp

>>489 訂正

× >>438

>>488
489:mespesado :

2021/08/23 (Mon) 00:19:08

host:*.eonet.ne.jp

 今月の15日に、私は >>457


> 何を言いたいのかというと、「ワ○チ○を接種した人は、新型コロナに
> 感染したときの死亡のリスクが減った」のではなくて、「ワ○チ○の接
> 種後に新型コロナで死亡するはずだった人は、既にワ○チ○接種の時点
> で死亡していただけだ(つまりワ○チ○接種者の新型コロナ死亡率計算
> の分母からは除外されている)」という可能性があるのだ。


と憶測を書きましたが、>>438 で紹介した内科医hamanseirenさんが、既に

今月1日のエントリー↓


最近のコロナ事情
https://ameblo.jp/shamanseiren/page-13.html


で、同じ方向性の考えを述べておられるのを見つけました↓


> 接種後の死亡者の中には、
> 基礎疾患を有する方々も多く
> コロナで重症化したかもしれない方が
> ワクチンで死亡してしまった

> ↓

> だから、高齢者のコロナ入院患者が減っているのではないか
> といった議論をできる場が欲しいと
> 思っています。
> これも、あくまで私見であり、皆さんそれぞれが
> この現象をご自身で考えるきっかけになれば幸いです。


 まあ、7月頭からカウントすると、ワ○チ○死亡が新型コロナの死亡数を

(前者が過小評価、後者が過大評価の疑念があるにもかかわらず)上回って

いることから考えても、ナンセンスな考えではないと思ってはいましたが、

医師の目から見てもそういう考え方はあり得るということなんですね。
488:mespesado :

2021/08/22 (Sun) 18:13:26

host:*.eonet.ne.jp

↓また一つ、ワ○チ○の危険性を理解している内科医のブログの紹介です。


内科医hamanseirenのブログ
https://ameblo.jp/shamanseiren/
487:猿都瑠 :

2021/08/22 (Sun) 18:13:09

host:*.au-net.ne.jp
しかし大マスコミのシンコロ狂想曲もよくも続きますな(苦笑)

自粛による経済低迷が加速すれば、広告収入やスポンサー離れもやがて加速するって言うのにw

某勢力の手羽先で日本経済崩壊を命じられていて、上層部の自分たちだけは助かると裏で手形を切られているなら話は別ですがw

検査数が増えれば陽性者数は増える←イマココ

問題は陽性者数が少なかった頃と増えた今の陽性者の割合。

検査した母数を言わない。

そもそもPCR検査の陽性イコール感染の前提は正しいのか。

シンコロだけがなぜ陽性イコール感染なのか。

無症状で風邪です、インフルエンザですって話は聞いたことがあったか。

そもそも純粋にシンコロで亡くなった人が他の感染症のデータと比較しての考察がなされないのは何故か。

全世界で毎年結核で150万人、インフルエンザで60万人は亡くなったんだが、シンコロだけが何故特別視されるのか。

とまぁ一般的な人々はこのような疑問を抱き続ければ良い。

日本政府の対応と言えば、一部の正義感溢れる実は他力本願な国民の不満を適当に流しつつ、のらりくらりと耐え忍んでいるw

現在3才未満の子ども達のIQが78と言う(平均は100)。

子ども達の未来の為にと言いつつ、酸素不足を発生させ、マスクで表情を隠し、己の頭で考える事を放棄した結果がこれ。

大都市で子ども達とすれ違うと、マスクをしていない自分の顔を見て驚く顔を時々見る。

必ず微笑み掛けてあげるんだけど、大人のほとんどは誰も気にしている様子はない。

シンコロになれば食を失い収入を失う可能性、つまり《死》を意味するのが新しい生活様式。

他人への責任を執拗に問う連中はその刃が己自身に向けられた時、他人へ問うていた責任を取る覚悟はあるのか。

結局は自分だけが良ければ良い、どこか無意識にそう思っているのだろう。

シンコロとはこれから露になる新しい地球で必要か不必要かを選別される試験の一種でもある。

絶対的に支配者層は崩壊する、つまりピラミッド構造は平面になる。

自由だと思っていた自身が本当は不自由で束縛されていたと真に気付いた時、精神を病む人々は爆発的に増加すると思われる。

ピラミッド構造崩壊後の世界に人類の本当の姿を知り、真の解放を得る良い世界と思えるか、絶望しか感じないか。

恐らくこれから先は「トンデモ」と言われる精神世界が表面化してくる。

新しい地球で自分は何を成すべきかを真剣に考え、地球上の存在意義を嫌でも問われる事になっていくだろう。
486:mespesado :

2021/08/22 (Sun) 14:31:46

host:*.eonet.ne.jp

>>485

 この件については東海アマ氏のブログ記事↓から情報を得ました


https://ameblo.jp/tokaiama20/entry-12693427456.html


>  ファイザー社は、エロ薬、パイアグラを出したことで知られるが、今
> 回の新型コロナワクチン以外に、世界的な新薬を開発したことはない。
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC

>  それが、なぜ突然、世界医薬品界をリードする驚異的な有効率を持つ
> 新ワクチンを提供できたのかについては不信感が残る。
>  ファイザーは、ナイジェリアでトロバンという髄膜炎の新薬の治験を
> 行ったが、200人の子供が身体障害を受け、11人が死亡した。

>  ナイジェリア政府は、インフォームド・コンセントを適切に得たかど
> うかについて疑わしいとしてファイザーを起訴した。ファイザーは、薬
> 物検査に関するすべての規制を満たしていると法廷で主張した。最終的
> に、ファイザーが総額7500万ドル(83億円)の損害賠償をカノ州に支払
> うことで和解した。

>  ファイザー社は「汚い医薬品産業」として知られ、厚労省から業務改
> 善命令を受けているが、官僚との癒着を得意としていて、今回のワクチ
> ン認可も胡散臭いものがある。
485:mespesado :

2021/08/22 (Sun) 14:26:30

host:*.eonet.ne.jp

 >>482

 一方でこちら↓はファイザー社のナイジェリアにおけるトロバン薬害の話

https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=40126
484:mespesado :

2021/08/22 (Sun) 12:52:18

host:*.eonet.ne.jp

 荒川央先生の最新エントリー↓


立体構造から予測されるデルタ変異株への抗体依存性感染増強 (ADE)
: Journal of Infectionに掲載された論文より
https://note.com/hiroshi_arakawa/n/n8188bf00b5e3


↑デルタ株のスパイクタンパクは、従来株の感染増強抗体である「1054」抗

体に対し、より強い親和性を持ち、従ってワ○チ○接種などで、この従来株

の1054抗体を持っていると、デルタ株がACE2もFc受容体も持たない細胞にも

感染してADEを引き起こす可能性がある、という研究結果の報告です。
483:mespesado :

2021/08/22 (Sun) 12:34:36

host:*.eonet.ne.jp

>>481

 第二弾www


「抗体カクテル療法」国は自宅投与に慎重な姿勢示す
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210822/k10013216381000.html?utm_int=detail_contents_news-related_004


↑www

 よくもまあ、ここまで執拗に治療法をディスれるもんですよねぇ。

 まあ、奴らも必死だからなんでしょうけど
482:mespesado :

2021/08/21 (Sat) 23:01:45

host:*.eonet.ne.jp

薬害イレッサ事件
http://iressabengodan.com/about/


↑サリドマイドと並ぶ大薬害事件。このイレッサという肺がん治療薬を販売

したのが、件のアストラゼネカ社であるというのがまた闇が深い。
481:mespesado :

2021/08/21 (Sat) 22:52:57

host:*.eonet.ne.jp

「イベルメクチンこそ新型コロナの特効薬」を信じてはいけない5つの理由
https://news.yahoo.co.jp/articles/de6e6465983c718629f51603f771e99358cbb87d


↑やっぱり出てきましたねw

 絵に描いたようなタイトルの記事ですなw
480:イバンカ :

2021/08/21 (Sat) 18:29:41

host:*.dion.ne.jp
金子さんと小松さんだなー
479:mespesado :

2021/08/21 (Sat) 10:44:09

host:*.eonet.ne.jp

「YouTubeで削除された動画や過去に配信した動画を振り返る...」

の名で、>>470 のシリーズが過去に Youtubeで投稿され、削除となった動画

が、nicovideoに再登録されたものです↓


【2020年12月配信】日本でワクチンが始まる前に何を語っていたのか...
現状と比較してどうなったのか?
2021/08/21 00:43
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39213664


【2020年8月配信】PCR陽性=感染者これは意図的な企み!
世界はワクチン=人口削減に向かっている
2021/08/13 00:51
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39171534
478:mespesado :

2021/08/21 (Sat) 10:18:48

host:*.eonet.ne.jp

2021.08.20リチャード・コシミズ新型コロナウィルス戦争324
「イベルメクチン善意のマルチ商法」でコロナ禍を根絶する。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39210583


 Richard Koshimizu 氏による「善意のマルチ商法」とは?↓

> ここからがRKからの提案である。感染者の方で希望者には、在庫保有
> 者が、条件付きでイベルメクチンを少量、提供する。絶対条件:対価は
> 取らない。とってはいけない。ただし、条件付き。①服用後の「顛末」
> をRKブログにご報告いただく。②服用者は、自ら、イベルメクチンを
> 個人輸入し、備蓄する。そして、周囲に感染者が発生したら、自分が受
> けたのと同じ条件付きで、少量を提供する。この方法で、市中の「イベ
> ルメクチン密度」を上げていく。誰でもイベルメクチンを手に入れられ
> る環境を作りたい。日本は、政府や厚労省の妨害にもかかわらず、イベ
> ルメクチンでコロナ禍を解決する。世界各国が、日本を見習う。結果、
> ワクチン人口削減はとん挫し、ビルゲーツらは、エプスタイン型の終焉
> を遂げる。
> イベルメクチンを提供してもいい対象者:新型コロナ感染者(初期・中
> 等)・ワクチン副反応の酷い人。(重傷者は、イベルメクチンだけでは
> 治癒しない場合がある。)
> イベルメクチンを提供できない人:予防目的の服用を希望する人。(自
> 分で、個人輸入してください。)
477:mespesado :

2021/08/21 (Sat) 09:35:46

host:*.eonet.ne.jp

>>476


尾身会長「接種証明活用の議論迫っている」
https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000225890.html


> 新型コロナ対策分科会・尾身茂会長:「9月の末か10月の中ごろになると、
> 恐らく希望者は(ワクチンを)接種できる。そうなっても、国民の7割と
> か打っても、感染が下火になることは絶対にない」

>  尾身会長はそのうえでワクチンの接種や検査の陰性を証明できた人が
> 経済活動を再開できるようにするなど新たなルールを議論する時期が迫
> っているとの考えを示しました。


↑ほらね。やっぱりそういう方向にわざと誘導している。
476:mespesado :

2021/08/20 (Fri) 13:12:44

host:*.eonet.ne.jp

 フランスを筆頭に「ワ○チ○パスポート」政策を強行に推し進めているが、

日本は、今の状況を見る限りそこまでしないだろうと思っている人が多いよ

うだが、それはちょっと楽観的過ぎるような気がする。

 例えば、↓


https://news.yahoo.co.jp/articles/bc393601405a87a24efe395bd401f91656d66431


の国別接種率の比較を見ると、どうも接種率が50%に達した国から強硬的

なパスポートの導入が行われているように見える。しかも、ワ○チ○に感染

防止効果が無いことが明らかにされても、一切構わずこの政策を緩める気配

が無い。一方、日本は現在38%だが、


> 日本では今月中に国民の半数が、来月中に6割が2回の接種を終える見通
> しとされる。


というのだから、今月末から来月にかけて、「突如」強行的な導入が行われ

る可能性が十分ある、しかもイベルメクチンの方が感染防止、重篤化防止に

遥かに効果があると国民の多くに知られてきたとしても、かまわず強行して

くる可能性がある、と思って用心していた方がよいだろう。
475:猿都瑠 :

2021/08/20 (Fri) 03:28:58

host:*.eonet.ne.jp
甲野善紀@shouseikan

>昨夜、衝撃的な話を聞いた。あまりにも衝撃的で今も信じられない思いでいる。しかし、その話は四半世紀も親しく付き合っている名越康文・名越クリニック院長から聞いた話で、その内容は現在のCOVID-19の感染対策のことである。

>私がこの対策で一番危惧していることは、幼い子ども達が周囲の親や、大人が顔の半分以上を覆うマスクをし、消毒を以前にくらべればはるかに多くしていることで、子ども達の情緒の発達や自然免疫の形成が阻害されることなのだが、⇒

>この事に関して、なぜその事が感染対策の関係者の間で真剣に考慮されないのか、本当におかしいと思っているので、「どうしてこの事が話題にならないのでしょうか?」と名越院長に聞くと、「そんなこと、科学的には何も証明されていない事でしょう。⇒

>ですから、科学的を標榜する医者や関係者は、全然気になんてしていないのですよ」との答え。

>私はひっくり返るほど驚いて「だって、多少頭のまわる人なら、誰が考えてみてもわかることじゃないですか」と言うと、「いや、数字にしてハッキリと表れないことは無いことと同じで、そういうふうに考えるのが科学的に正しい事なんですよ」との答え。

>私が呆然としていると、名越院長は続けて「僕も大いに気になりますよ。ですから『サンデー毎日』の取材で、いま先生が危惧されている事と同じような事を話して、それが記事にもなったんですけど、予想通り反応はゼロでした」

>私は思わず「いや、でも少し頭が回る人なら当然子ども達のことは気になると思いますけど…」と言うと⇒

>「いや、もう多少気になっても、『ああ、そっちの考えに乗ったら、今の道から外れるからダメだな』という思考の反射が身についているんですよ。ですから、その話題には乗らないようになっているんです」⇒

>「つまり、そういう考えは文学のようなもので、『科学として取り上げるべきではない。だから無視していい』となるんですよ」との答え。

>私が、ただただ呆れていると、「いや先生とはずいぶん長いお付き合いですから、こんな事は十分承知されていると思っていたんですけど…。」と名越院長。

>そこで私が「じゃあ人間がどんどんロボットのようになってもいいという事ですか」と聞くと、「いや、もうそんな事、関心ないんじゃないですか。とにかく、生きてさえいればいい。そしてそれに関するデータの数字が全てですから…」。

>私は悪い夢を見ているようで、今もって信じられないが、「『科学的である』ということの実情はこうなのだ」と名越院長は断言する。そして、「これでわかったでしょう?僕が歌の世界にのめり込んで、いまシンガーになっていることが…」と、最後に私に告げられた。


有名な武術研究者である氏。

https://yakan-hiko.com/kono.html

人類の失った、いや失わされた「感覚」を研ぎ澄まされた方であるのは間違いはない。

支配者にとって最も困るのは、元来生物の持つ「感覚」が彼らの流す「情報」や「教育」によって、「思考」が最も大切だと教え込まれた、いや「洗脳」されコントロール下の外に出られてしまう事だから。

科学なんてのも彼らにとって都合の良い「道具」であって、事実何も知らない無知な人間世界の中で最も優れた「思考」という事実ではまるで無いのだ。

今回のシンコロ騒動は元来あった「科学」が根底から覆って、支配者層にとって都合の良い世の中造りの為に露骨な書き換えがメディアを通してさも新しい「正しい」科学に書き換えられていっている事象に過ぎない。


煽られれば戦中の隣組宜しく、凄まじいまでのマスク着用の同調圧力を見れば、戦中から一般的な人間の精神なんて何も変わっていない事は自明。

人類の持っているポテンシャルを取り戻す為に、感覚を研ぎ澄ませる、これから最も必要なもの。

某所で同じ駅から電車に乗り込んで来た両親と小学生女子姉妹がマスクをせず普段通りの会話をして乗り込んで来る一家を見て、凄まじいまでのエネルギーを感じた最近。

飲食店の店長などに聞いても、テレビで言う感染症対策とやらをこれでもかとしているのに、相変わらず何も変わらないから営業時間は緊急事態宣言が出ようが変えないと、薄々気づいてはいる。

そして夜な夜な飲食店街に出かける若者たちも、何も変わらない、我々が経済を回しているという自負を持っているようだ。

いくら洪水のようにテレビ洗脳をしようが、徐々に化けの皮は剥がれてきている。

次なる手は恐らくワクチンパスポートなんだろうが、これを強制するのかどうか。



支配者たちは「強制」したいのだろうが、自分なんかは何事も「共生」しかないだろうと考えている。

地球内で唯一「循環」から外れた驕った人類の中から、いつ気付くのか、そして自分が何者で何処から来たのかを何人が知るのか、今はそこに興味がある。
474:シマジロウ :

2021/08/19 (Thu) 21:03:10

host:*.enabler.ne.jp
>>473

ご返信ありがとうございます。
概ね、仰せの通りかと。

例えについてですが、ワクチンの嘘もバレ、財政も、経済政策も、外交・国際関係も、
国防についても、無茶苦茶というか、国益になっていないんじゃないか?

というか、国益になっている活動が、思い当たらないです。

と、自分も含め、気づき始めている方は、増えているように思います。


なので、それこそ何かあった時の保険。で、実際は、医者に鉛筆舐めて貰うか、と言っても、皆は無理があるので、
(ワクチンパスポートをやけに急いで作ってますが)偽造証明書(アプリ)つくるか。という流れも、あるかも知れないですね^^
473:mespesado :

2021/08/19 (Thu) 17:51:56

host:*.eonet.ne.jp

>>472

 私以外にも、例の法条文を取り上げて同じことを主張する人が何人もいる

ことが、はぐらめいさんのブログのコメント欄などを見てもわかりますが、

しかし「附則第七条に云う対象者は国会議員及び公務員とする」という政令

が出ているという話は私も聞いたことはありませんし、実際、出ていないで

しょう。そもそも今の段階で、もしもそんな露骨な政令を出してしまったら、

たちまち政令の発見者に拡散され、非難轟轟。国民は驚き、ワ○チ○推進は

ストップ。その結果、闇勢力の人○削○計画は潰えてしまうでしょう。

 思うに、この条文は、皆の接種がほぼ完了し、かつワ○チ○のウソがバレ

始めたとき、急遽、上に書いたような「法律上根拠を持つ」政令を発出して、

「何で上級国民のお前らは打たないんだ!」と非難されたときに「いや、法

律と政令で決まってるからね」とシラを切って、裁判を起こされるのを防ぐ

ための「保険」だと思うのです。
472:シマジロウ :

2021/08/19 (Thu) 12:21:02

host:*.enabler.ne.jp
〉〉423
メッセさん、質問失礼します。

掲示板のメッセさんの言い分は、???だったので、何回も読み返しました。
しかし、政令で定めることはできる。とはありますが、政令で上級国民は打たなくていい、と発令された。という証拠は見当たりません。推測の域はでません。

政令は、官報にのり、以前自分も法務部にいたので、大会社は、定期購読し、毎日のように、回覧しています。

そしたら、誰かが気づくはずです。
そのことから、寧ろ、自分は、政令は出ていないと推測します。

おバカな自分にも分かりやすく、ご説明、お願いできないでしょうか?

471:mespesado :

2021/08/18 (Wed) 10:12:57

host:*.eonet.ne.jp

CDCがPCR検査の廃止を発表
https://ameblo.jp/typhoon1224/entry-12689799244.html


> アメリカ疾病管理予防センター(CDC)が、7/21(水)に、新型コロナのPCR
> 検査を、2021年末で廃止にすることを、発表しました。


 この意図が何なのかについて、色々憶測が飛び交っていました。そんな中

で、「通常のインフルと区別が付かないことがバレ始めたからだろう」とい

う意見もありました。ところが、はぐらめいさんの最新エントリーにおける、

井上先生の講演会の質疑応答によれば、↓

https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2021-08-17


> Q PCRの信頼性について。インフルエンザがコロナに数えられたことでイ
>  ンフルエンザが激減したと考えられないか。

> A それはあり得ません。PCRがインフルエンザとコロナを区別できないと
>  いうのは大ウソです。PCRというのは、遺伝子の100個ぐらいの配列を
>  もとに比較していきます。そういう意味では、インフルエンザの遺伝
>  子とコロナの遺伝子の100個のところで、同じような遺伝子を配列した
>  ところはほとんどありません。ですから適正にPCRを使う限りは、イン
>  フルエンザをコロナとカウントすることはあり得ません。


 同じような意見は、例の荒川央先生の最新記事↓でも、


たくさんの疑問
https://note.com/hiroshi_arakawa/n/ne01e73fd71db


> コロナウィルスとインフルエンザウィルスをPCRで区別できない話を聞く
> 事もあります。確かに「コロナパンデミック」の期間中「インフルエン
> ザ感染者は激減」していましたし、PCRの検査結果自体を私は大きく疑っ
> ています。ただ、コロナウィルスの死骸のかけらや類似のコロナウィル
> スがPCR陽性となる事はあっても、PCRの原理上、さすがにインフルエン
> ザウィルスの遺伝子とコロナウィルスを混同する事までは考えにくいの
> です。


 やはり「インフルと区別が付かないから止める」説は成り立たないようで

す。じゃあ本当の理由は何か?

 ところで、PCR検査の結果が出るまでにどれだけ時間がかかるのか?

 その答の一つ↓


PCR検査の結果はいつ出るのか【新型コロナ】 by ヒロオカ クリニック
https://www.h-cl.org/column/when-will-the-results-of-the-pcr-test-come-out/


> PCR検査の結果が出るまでの期間は「翌日」「2~3日」など、医療機関に
> よって異なる

> はじめに当院では、受診者様に精度面でのご安心をいただける様、国内
> 最大手の検査機関に検査を依頼しております。結果はPCR検査をした翌日
> には、電話で受検者様にお知らせしています。
【中略】
> 検査結果が出るまでの時間は医療機関によって異なります。
> 例えば板橋区(東京都)は公式サイトで、区内の医療機関がPCR検査の結
> 果を出すのは、おおむね2、3日かかるとアナウンスしています。
> また、都内のある病院では、結果判明に検査から1、2日を要すると案内
> しています。

> 結論として、医療機関でPCR検査を受けた場合、PCR検査の結果が出るま
> での時間は「早ければ翌日、長くても3日」の医療機関が大半と覚えてお
> いて間違いないでしょう。


 で、>>465 の長尾先生の話↓


> イベルメクチンを使ってる先生方はもう、こんないい薬はない、翌日に
> はウソのように症状が消えると言っている。ところが『そうじゃない』
> っていう論文があるっていうわけ。これはよく見ると、投与するタイミ
> ングが遅いんですよ。だから、診断されて即飲むことが一番大事なんで
> す。


 これらの情報を組み合わせると…

 最近になってイベルメクチンが非常に有効であることが結構明らかにされ

てきてしまった。そしてそれは、新型コロナに感染したとわかったら、でき

るだけ速やかに処方しなければいけない。ところが、PCR検査を使うと、早

ければ検査の翌日、遅くとも2~3日で判定結果がわかってしまう。すると、

その判定結果が出てから直ちにイベルメクチンを服用すれば治ってしまう。

これは人○削○を目論む「彼ら」にとって大変都合が悪い…。

 ええ、もちろんこれは単なる妄想ですけどねw
470:mespesado :

2021/08/18 (Wed) 07:23:30

host:*.eonet.ne.jp

シリーズ:《テレビじゃ絶対伝えない新型コロナとワクチン》
日本人がまたやった!実験でコロナを100%阻害した5-アミノレブリン酸を
知っているか?だがこれも悲しい運命を辿る...
2021/08/18 00:37
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39198860?ref=search_key_video&playlist=eyJ0eXBlIjoic2VhcmNoIiwiY29udGV4dCI6eyJrZXl3b3JkIjoiXHUzMGIzXHUzMGVkXHUzMGNhIiwic29ydEtleSI6ImhvdCIsInNvcnRPcmRlciI6Im5vbmUiLCJwYWdlIjoxLCJwYWdlU2l6ZSI6MzJ9fQ&ss_pos=8&ss_id=297f5aba-3c02-4050-9ecd-9b9a44ed0067
469:亀さん:

2021/08/18 (Wed) 03:34:36

host:*.t-com.ne.jp
背乗りやTSMCでネット住民の注目を集めている深田萌絵さん、今度は稲村公望さんとの対談シリーズを始めた。
稲村公望氏対談「日本郵政民営化の失敗」
https://www.youtube.com/watch?v=15FJTe5koyo

それから、「原口一博×三橋貴明」というタイトルの動画に目が留まり、「アレ? 原口氏に三橋氏との議論の相手が務まるのかwww」と、疑問に思い動画にアクセスしてみたが、どうやら三橋氏が講師として、立憲民主党の勉強会に招聘されたもののようだ。三橋氏にとっては己の専門分野ということもあるが、立て板に水、実に説得力のある分かりやすい解説だった。三橋理論のお復習いをするに、丁度良い動画だと思った。
【原口一博×三橋貴明】日本の未来を創る勉強会に緊急登壇!~緊縮財政を転換せよ!
https://www.youtube.com/watch?v=qGu_f1hboRU



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
468:mespesado :

2021/08/17 (Tue) 23:51:10

host:*.eonet.ne.jp

#465
長尾は重症患者を診てないくせに!と揶揄する皆さんへ
2021/08/17 12:00
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39192303


 それから、これはあのリチャード・コシミズなのですが、意外にも、よく

纏まった動画でお薦めです↓


https://www.nicovideo.jp/watch/sm39192746?ref=search_key_video&playlist=eyJ0eXBlIjoic2VhcmNoIiwiY29udGV4dCI6eyJrZXl3b3JkIjoiXHUzMGIzXHUzMGVkXHUzMGNhIiwic29ydEtleSI6ImhvdCIsInNvcnRPcmRlciI6Im5vbmUiLCJwYWdlIjoxLCJwYWdlU2l6ZSI6MzJ9fQ&ss_pos=4&ss_id=de6a8667-712a-4c8b-94c2-1587228dd56a
467:mespesado :

2021/08/17 (Tue) 12:56:35

host:*.eonet.ne.jp

#431
因果関係不明…ワクチン接種後の死亡について考える
2021/07/14 12:00
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39027098

466:mespesado :

2021/08/17 (Tue) 12:03:11

host:*.eonet.ne.jp

>>465

 長尾和宏さんは、医療法人社団裕和会理事長で、長尾クリニック院長だそ

うです。>>465 の前後を含め、最近の動画もリンクしておきます↓


#456
ウソ? ホント? ワクチンを打った人のほうが感染しやすい!?
2021/08/08 12:00
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39128295

#457
5分でわかる!抗体カクテル療法「ロナプリーブ」って何?
2021/08/09 12:00
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39128340

#458
医療崩壊・経済破綻・増える自殺者……今すぐ5類に変更を!
2021/08/10 12:00
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39131465

#459
自宅療養に方針転換~菅首相、言葉足らずです!
2021/08/11 15:25
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39163485

#460
菅総理!自宅療養のためには在宅主治医は不可欠です。
2021/08/12 12:00
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39167406

#462
菅総理!今すぐ国民にイベルメクチンを配ってください。
2021/08/14 12:00
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39177971

#463
ワクチンを3回打つ人、1回も打てていない人‥‥。
2021/08/15 12:00
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39180545

#464
規制解除で感染者が減!?日本がイギリスになれない理由
2021/08/16 12:00
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39182997


 おまけ↓

#425
ワクチン接種後死亡350人超…科学的な態度をとるということ
2021/07/08 12:00
https://www.nicovideo.jp/watch/sm38996097


 ちなみにワ○チ○についてはことさら反ワ○チ○でもワ○チ○推進でもな

いようですが、新コロナでもワ○チ○でも共通に血栓が生じることとか、そ

の機序についてもしっかり解説していて、後遺症のこと、今のワ○チ○が人

体実験であるということ、更にワ○チ○のことをyoutubeに上げると削除さ

れる話とかしていて、非常に冷静沈着な人だと思いました。

 なお、カクテル療法の効果が非常に高いこととか、新型コロナの2類指定

を5類に下げるべきだということを感染防止の観点から主張しています。
465:mespesado :

2021/08/17 (Tue) 10:47:48

host:*.eonet.ne.jp

長尾和宏コロナチャンネル

#461
イベルメクチンを推す僕を批判する皆さんへ、これだけは聞いてほしい。
2021/08/13 12:00

https://www.nicovideo.jp/watch/sm39172552?ref=search_key_video&playlist=eyJ0eXBlIjoic2VhcmNoIiwiY29udGV4dCI6eyJrZXl3b3JkIjoiXHUzMGIzXHUzMGVkXHUzMGNhIiwic29ydEtleSI6ImhvdCIsInNvcnRPcmRlciI6Im5vbmUiLCJwYWdlIjoxLCJwYWdlU2l6ZSI6MzJ9fQ&ss_pos=2&ss_id=e994e1e3-130a-4137-b914-ee56c0c16e6e


↑この動画の3:30~6:00のところを文字起こししておきます。その後半に、

>>462 の2つの相反する情報の謎に対する長尾先生の答もあります。

--------------------------------------------------------------------
イベルメクチンはもうその場で飲んで、一回飲むだけ。簡単です。で、これ
は二千円なんですよね、一回分ね、約二千円。これ、ネットでも買えるんで
すね。で、問い合わせが毎日すごいあって困るんだけど。先週ですね、東京
都保険医協会の先生方に、イベルメクチンの講演をした。そうしたらですね、
東京都ではもうイベルメクチン無いっていうわけ。でよく訊いたら、疥癬の
薬で、疥癬で皮膚科医が使っている薬局は入荷できるけれども、それ以外の
所は、取引実績がない薬局には入れてくれないっていうわけです。どうも国
から圧力がかかってるんですね。で、イベルメクチンは、効きます。アメリ
カの医師の団体、イギリスの医師の団体が『イベルメクチンは重症化率も死
亡率も抑える一番いい薬だ』って声明を出しているんですね。これ、6年前
に、日本人ですよ、大村智先生がノーベル賞を取った薬ですよね。メイド・
イン・ジャパンなんですよ。しかし、メルク社は、更に新薬、高い新薬を開
発しているために、イベルメクチンの治験にもうお金を出さないし、興味が
ないって言ってるわけです。それならば、ということで、名古屋にある興和
っていう会社が何億円か出して、医師主導治験を北里研究所ですね、大村先
生んとこでね、まあやろうということなんですけど、ところがですね、これ
は北里研究所に入院させて、そこでイベルメクチンを投与する、飲ませる人
と飲ませない人。そんなことを研究してても埒が明かない。だから、開業医
がやるべき、ということで、東京都医師会の先生方が協力する、って言って
たんですけども、先週訊いたらですね、もう東京都医師会は協力しない…。
何で協力しないの?こんないい薬が、全世界で35億回の人が使ったんです
ね。凄いですね。アフリカではもう一杯命が救えた、だからノーベル賞貰っ
てるんですね。で、イベルメクチンを使ってる先生方はもう、こんないい薬
はない、翌日にはウソのように症状が消えると言っている。ところが『そう
じゃない』っていう論文があるっていうわけ。これはよく見ると、投与する
タイミングが遅いんですよ。だから、診断されて即飲むことが一番大事なん
です。予防投与もいいんですけども、数があれば予防投与もしたい。だけど、
開業医で診断して、即治療ができるイベルメクチンができることが一番いい
です。
--------------------------------------------------------------------
464:加計呂麻島より :

2021/08/16 (Mon) 21:12:48

host:*.ocn.ne.jp
以前にも
投稿したのですが
改めてですね

飯山先生のすごい所は
1,000年後でも
その時の歴史学者の方の
研究対象たいえるだろうと

何ゆえ?
飯山先生は多岐に渡る
レポート発せられたけど
その乳酸菌に関するレポート知見は
人類の遺産と言っても過言でないと


先生は免疫系に関するレポート
残されましたが
それは乳酸菌に関する深い知見の
応用編に過ぎないのです

今回の騒動
そんな対処療法ですり抜けられるんですか?
飯山先生が御尊命なら
語らず、でしょうか
君、今まで俺のレポート
ちゃんと読んでんたん?
でしょうか
463:亀さん:

2021/08/16 (Mon) 13:59:10

host:*.t-com.ne.jp
先ほど仕事の息抜きに、西田昌司参議院議員の動画を一本観た。
https://www.youtube.com/watch?v=GaOGz-dwHDU

同動画の中で、西田氏は林千勝氏の『近衛文麿 野望と挫折』を取り上げ、高く評価しているのを知り、心から嬉しく思った。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し

【グリコのおまけ】
フリーメーソン・イルミナティ陰謀論の正体 内藤陽介 渡瀬裕哉【チャンネルくらら】
https://www.youtube.com/watch?v=yDznup31YY4
462:mespesado :

2021/08/16 (Mon) 13:17:21

host:*.eonet.ne.jp

↓こういう記事が出たかと思えば、


63にのぼる論文のメタ分析で、イベルメクチンの驚異的な治療・予防効果が
判明。インドの複数の州はすでにイベルメクチンでパンデミックは完全に終
了済。しかし、どの国も一切報じず
https://indeep.jp/victory-of-ivermectin-in-india-is-blackout/


↓一方で、こういう記事が出る。


新型コロナの治療にイベルメクチンは「何の効果もない」ことが調査で示される
https://gigazine.net/news/20210813-ivermectin-no-effect-covid-treatment/


 一体どっちが正しいのか??

 この2つの記事を比べると、いずれも「効果の機序による解明」のような

純粋理論によるものではなく、「データの統計的な調査報告」であるという

点では共通していますが、根拠となる統計データの「タイプ」が異なること

がわかります。

 前者が「試験ではない、現実の統計情報をベースにした統計調査結果」で

あるのに対し、後者は「試験(テスト)による統計調査結果」であること。

 試験というのは、例えば製薬会社が認可して欲しいがために恣意的な操作

を行っているのではないかというのは「公然の秘密」になっているくらいで

すから、どうしてもうさん臭さが付きまといます。それに対して現実のデー

タ(例えば人口動態統計の分析)は、そういうデータに対する事前の操作が

できないという点が大きな違いです。

 尤も、「現実のデータ」から分析する場合でも、その結果に与える要因と

して考慮漏れの事実がないかどうか注意する必要があるのは確かですが、し

かし「論より証拠」を突き付けている面は否定できません。本当は、機序も

含めて完全に解明されるのがよいのでしょうが、仮にイベルメクチンに効果

が無かったとしても、別の用途とはいえ現実に副作用もなく使われているの

ですから、(治療薬だったら多少の副作用はやむを得ないと言えても)予防

策に過ぎないくせに危険があることが明らかなワ○チ○よりはマシだという

判断をするのは不合理でも何でもありません。

 とにかく今までのマスコミ以外の媒体をも使った情報戦で、敵も必死であ

ることは、こういった状況からも読み取ることができます。
461:mespesado :

2021/08/16 (Mon) 08:52:54

host:*.eonet.ne.jp

 例のDaigoのyoutube炎上事件について、↓のような論評がある。


DaiGo炎上問題、「問題提起」だろうと「個人の感想」だろうと許されない
意見はある
https://www.newsweekjapan.jp/fujisaki/2021/08/daigo.php


> 8月7日、タレントで「メンタリスト」のDaiGoが、生活保護受給者や、い
> わゆる「ホームレス」の生の価値を軽んじる趣旨の動画をYouTubeに投稿
> し、大問題になった。
【中略】
> ひろゆきやDaiGoに共通する問題がある。それは人権問題を含むあらゆる
> トピックを「ディベート」の俎上にあげて、全てフラットにコンテンツ
> 化してしまうということだ。
【中略】
> しかし前述したように、世の中には議論してはいけない意見もある。


↑何か世論に迎合しているような雰囲気でごまかされてしまうが、「議論し

てはいけない意見がある」そうだ。これこそポリコレの最たるものであり、

いかにもポリコレの本拠地である欧米系雑誌に載った意見っぽい(筆者は日

本人だが)。

 このDaigoの意見の何が本質的に悪いのかというのは「絶対不可侵の人権

問題のタブーを犯した」からではなく、例のすまん寝さんを含む一連の人達

が以下のようにツイートしているところに本質があると言っていいと思う↓


くまから@カラクリ倶利伽羅峠@kumakara01

> 人命すらコスパ論で片付けるようになった風潮の弊害

> こういう人らは相模原障害者施設殺傷事件の植松を批判できないでしょう。

> 言ってる事は構造的に同じ。

 ↓ ↓ ↓

すまん寝@秩序回復・財務省廃止・反財政再建@sumannne

> 「批判できない」などという甘いもんじゃありません。
> 植松を英雄視する向きが多数みられたことは特筆すべきでしょう。

 ↓ ↓ ↓

きときと@toki_nomi

> Daigoなんて、租税教育の観点からすれば何も間違っていないんですよ。

> ※だから租税教育を否定しなければならないのですが。

> Daigo発言、あれは差別なんて言葉で片づけちゃいけないと思います。あ
> の発想は財政再建であり、やまゆり園事件の植松と同じですよ。

> 流石に批判が多くて少し安心しましたが、ああいう発想はかなりの日本
> 人の中にありますからね。じゃなきゃ公務員バッシングも生活保護バッ
> シングも起こるわけがない。

 ↓ ↓ ↓

すまん寝@秩序回復・財務省廃止・反財政再建@sumannne

> Daigoとやらの発言、金がないんだろうとか深読みかましてる人もいたけ
> ど、ああいう内容を素で当然のことだと思ってる敗戦日本人の方が多数
> 派だという事実を直視した方が良いよ。炎上目的で分かっててやってる
> 奴などほとんどいません。

> 冗談抜きで、租税教育の内容を正しい前提として話を詰めたら植松が正
> 解になりますもん。私が考えても植松以外の結論が出ませんので。

> 何がおかしいのかと突き詰めれば、前提となる租税教育、すなわち「財
> 源は税金」が間違っていることになる。

> ところが大半の人は前提がおかしいと考える知能がないため、「植松が
> 正解」で話が終わってしまうんですよ。そりゃ警察と司法官憲は法律の
> 関係で植松を取り締まるしかないんですけど、財政サイドからすれば
> 「何がいかんのだ?」という話になってしまうわけです。

 ↓ ↓ ↓

ビアンコロッソ@passionXavier

> 植松は何処にでもいる、そうあなたの心の中にも。

 ↓ ↓ ↓

すまん寝@秩序回復・財務省廃止・反財政再建@sumannne

> 結論が植松になってしまった、これはどこかがおかしいぞと思うか、結
> 論が植松になってしまった、だから俺も植松しようと思うか、そこらへ
> んが境目です。

> 敗戦日本は教育その他の事情により植松に誘導されるが、本当に植松す
> るかどうかが防衛ラインでしょう。本来なら元から絶っておくべきでは
> あるが。

> 「財源は税金・赤字は悪」の単純な教義が正しいと思い込むと、マジで
> 国民全般を生かしておく理由を失いますよ。
> 実際政治行政にせよ民間社会にせよそうでしょう。ここ数年は特に国民
> とか構成員の安全についてまともに考慮している素振りが見られない。

> いわゆる弱者はタヒねと普通に考える遍在する植松の問題の他に、ものの
> 善悪を「税金」でしか思考できなくなってる問題もありますな。

> トリエンナーレ不敬事件、外国公館による日本国法無視の問題、その他
> いろいろあったが、基本的に世論はこれらを「税金」で議論していた。
> これは間違ってる。

> 不敬事件←敗戦日本人は「公金を使った」ことを問題視していたが、当
> 然問題の本質は不敬展示そのものです。

> 外国公館による法律無視←敗戦日本人は「罰金を払え」と噴き上がった
> が、事の本質は軍事外交問題で、接受国の法律を遵守する義務。

> こういう倒錯も租税教育その他財務省プロパガンダの影響。

> これは自称保守もリベラルも同レベルだと思うんだが、公金を使ったか
> らダメで、私費だったら不敬でも反日でも大して問題にもしない奴がほ
> とんどだし、外国公館による義務違反も罰金さえ払えば良いのかという
> ね。

> ねじ曲がってるんですよいろいろ。

> 結局納税と労道て敗戦日本で最後に残った道徳になっちまってるんだよ
> な。しかも極めて強固。

> はっきり言って、場合によっては人を殺しても良いが納税だけはしろよ
> みたいなところがある。

> 不敬大逆、一般人による正当な理由なき殺人、外国による軍事外交義務
> 違反などよりも納税しないことの方が罪が重いと思われてるんだから、
> 真人間はやってらんねーよ。


 結局、「自由な議論をポリコレによるタブーで封じなくてもいい」んです

ね。正々堂々と言論で議論し尽せばよい。しかし、例えばこの問題は、財源

論の部分で大多数の国民が錯覚に囚われていることが最大の問題点であった。

しかしそれだけではない。財務省の裏工作によって、国民の誤解を「わざと」

解けないようにしている闇の力の問題がある。今回の新型コロナやワ○チ○

の問題もそうです。要は、物事の正しい認識を持つことは言うの及ばず、そ

れに加えて闇の勢力やそこにぶるさがる利権者による意図的な洗脳があるこ

とも認識しなければならない。そこがこの問題の本質でしょう。
460:OB :

2021/08/15 (Sun) 18:08:45

host:*.mesh.ad.jp
自己レス(追加)
>血小板等が関わる血液凝固・線溶系に影響を与えることないことも重要

人間の「免疫系」と同様に「血液凝固・線溶系」も不明な点が多いから
むやみにイジルと崩壊する。

ワクチン過多は、結果的に「免疫系」を崩壊させる疑いがある。
「血液凝固・線溶系」も、シーソーゲームであり、微調整が必要である
459:OB :

2021/08/15 (Sun) 17:49:07

host:*.mesh.ad.jp
自己レス
>再生されない血管壁は、ボロボロの状態になり出血と血栓が入り混じる治療困難となる。


こうなる前に、https://tourokuhanbaisha.com/archives/1705
人体での止血作用のメカニズムは、明確になっていないようですが、ウサギなどの動物実験では、細い血管での血管透過性を抑制し、
血管抵抗値を強め、止血作用を発揮すると考えられています。
その為、血小板等が関わる血液凝固・線溶系に影響を与えることないことも重要な特徴です。

458:OB :

2021/08/15 (Sun) 16:07:55

host:*.mesh.ad.jp
>つまり、もともと健康な多数派に比べて循環器系に弱
>点を抱えた人が、新型コロナとワ○チ○接種のいずれの場合でも共通の餌食
>になっているのではないか、つまり新型コロナで死亡する要因を持った人は、
>ワ○チ○を接種した場合も同じ要因で死亡のリスクがある、ということであ
>る。何を言いたいのかというと、「ワ○チ○を接種した人は、新型コロナに
>感染したときの死亡のリスクが減った」のではなくて、「ワ○チ○の接種後
>に新型コロナで死亡するはずだった人は、既にワ○チ○接種の時点で死亡し
>ていただけだ(つまりワ○チ○接種者の新型コロナ死亡率計算の分母からは
>除外されている)」という可能性があるのだ

お得意の先読みし過ぎだね。これを勝手読みと言い、将棋では負ける。

私は、循環器系に弱点を抱えているから(肺血栓塞栓症でワーファリン中)、
ファイザー筋注ワクチン忌避第一位(主治医と要相談)だが
https://www.mhlw.go.jp/content/000739391.pdf

私は、岡田名誉教授の「血管内皮細胞の再生は7回まで説」が重要だと考えている。
再生されない血管壁は、ボロボロの状態になり出血と血栓が入り混じる治療困難となる。

大動脈解離も起こるだろうし、血栓閉塞(脳、心臓、肺)も起こるだろう。
ただし、老人にはワクチンの副作用は起こり難く、新コロの症状の方が重い傾向があった。
逆に、若年には、新コロの症状は軽く、ワクチンの副作用は重過ぎる。

だから、老人の重症化防止は、ワクチン2回後接種後、半年以内なら、ワクチンの重症化
緩和の効果だと考えている。
これは、イスラエルの報告書のJPSIKADOCTORの説明をYoutubeで見れば納得できるだろう
457:mespesado :

2021/08/15 (Sun) 15:42:36

host:*.eonet.ne.jp

 >>451 では、同調圧力に対する切り返しの話をした。しかし、自分の身近

な人が接種したいと言ってきた場合に再考を促す話はまた別だろう。

 >>451 でも特に「ワ○チ○が重篤化を防ぐ効果」までは相手の土俵に立つ

というか、否定していないわけだが、最近の新型コロナによる死者が減少し

ている事実について、私は当初これは、変異種が弱毒化しているせいではな

いかと思っていたけれど、次のような「ワ○チ○には効果がある」と主張す

る動画がある↓


新型コロナ新規感染者の99.7%&新規死亡者の99.5%が「ワクチン未接種者」
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39021495


 つまり、変異種は何ら弱毒化しておらず、ワ○チ○を接種すると、確かに

死亡は防げるらしい、という海外の「データに基づく」主張だ。

 つまり、日本で最近の新型コロナ死亡者が激減している理由は、高齢者へ

の接種が行き届いてきたためではないか、ということを示唆するものである。

これを見ると、ワ○チ○を早く接種しなきゃ、と思う人も増えてくるかもし

れない。

 しかし、本当にそうなのか?別に上記動画のデータを疑っているわけでは

ない。そうではなく、「ワ○チ○接種者の重篤化(死亡)率が低い」という

「データ」から、「ワ○チ○接種に新型コロナ感染時の重篤化(死亡)防止

の効果がある」という結論を導く、その「論理の道筋」に疑問があるのだ。

 新型コロナの死者も、ワ○チ○の死者も、いずれも循環器系の障害が主な

死因となっている。しかも、いずれの場合も死亡に至るケースは稀であると

ころは共通している。つまり、もともと健康な多数派に比べて循環器系に弱

点を抱えた人が、新型コロナとワ○チ○接種のいずれの場合でも共通の餌食

になっているのではないか、つまり新型コロナで死亡する要因を持った人は、

ワ○チ○を接種した場合も同じ要因で死亡のリスクがある、ということであ

る。何を言いたいのかというと、「ワ○チ○を接種した人は、新型コロナに

感染したときの死亡のリスクが減った」のではなくて、「ワ○チ○の接種後

に新型コロナで死亡するはずだった人は、既にワ○チ○接種の時点で死亡し

ていただけだ(つまりワ○チ○接種者の新型コロナ死亡率計算の分母からは

除外されている)」という可能性があるのだ。これがもし当たっているとす

れば、これこそ文字通りの「生存者バイアス」ではないか。

 いずれにせよ、命に関わることなのだから、安易に印象論で誤った方向に

流されないよう、用心に用心を重ねた方がいいだろう。
456:はぐらめい:

2021/08/15 (Sun) 04:33:10

host:*.omn.ne.jp
先にお知らせした井上正康先生講演会、今日は山形会場(14:00 山形ビッグウイング)、明日は米沢会場(13:30 米沢市民文化会館)ですが、
先生のお身体の都合でzoomでの講演会になりました。
先生の講演会の真骨頂である質疑応答の時間もたっぷりありますし、
終了後、参加者同士が思いを語り合う交流会も予定通りです。
資料集も用意しております。申し込みなしの参加も可能ですので、
一日中雨になりそうですが、近隣の方ぜひお出かけください。

資料集の「あとがき」のつもりで書いた文、転載させていただきます。

   * * * * *

 昭和22年生まれの私は、戦争の記憶がまだ生々しい時代に育ちました。
アメリカによる占領政策がひたすら過去の日本を貶(おとし)めることにあったこともあり、
戦時中のバカバカしさについて、耳にタコができるくらい聞かされたものでした。

 祖父の死後、戦前の凛々(りり)しい祖父の写真を見て、
どこか頼りなげだった私の知る祖父との落差に驚かされました。
戦時中祖父は町内の役員として、先頭に立って金属供出に走り回りました。
兵器製造に向ける金属不足を補うということで、
各家庭のあらゆる金物類を供出させられることになったのです。
大切な指輪を泣く泣く出した人もあったそうです。
祖母は当時の祖父について、いささかの軽侮(けいぶ)をこめて語ったものでした。それに対して沈黙するだけの祖父でした。
そんな祖父がある時、
「あの戦争、敗けてよかった」と洩らしたことがありました。
いちばん辛い思いをしていたのは、
時代の圧力に抗しきれず”理不尽さ”に屈した祖父だったのです。
そんな時代が今と重なります。
これから何年か経って今の時代をふりかえり「バカげた時代」と思うようになる、
そんな気がします。

 どうしてこんなことになっているのかをずーっと考えてきました。
そしてたどり着いたのが「優生学」という考え方でした。
要するに、人間の都合に合わせて人口をコントロールしようとする考え方です。
神も仏もない”人知過信”の行き着く果てをそこに見ます。
 フランスの未来学者ジャック・アタリが、40年前のインタビューでこう言ったそうです。
《 人口削減はまず高齢者から始めます。
なぜなら、60~65歳を超えると、人々は生産性がない状態で長生きし、
それは社会に多大なコストがかかることになるからです。

次に弱者、次に役に立たない人たち。彼らは数は増えるが、社会の役に立ちません。
そして何よりも最終的には、愚か者が対象です。

これらのグループを対象とした安楽死をおこないます。
安楽死というものは、すべての場合において、
私たちの将来の社会において不可欠な選択肢でなければなりません。》(ジャック・アタリ『未来の人生』)

これを読んで思わず身震いしました。
アタリはマクロン仏大統領を担ぎ上げた中心人物です。
そのフランスでは今「ワクチン・パスポート」の義務化が進められ、
その一方で大規模な抗議活動が全土に広がっています。

 日本ではどうか。
マスコミで一切問題にされることもないままに
「予防接種法施行規則の一部改正案」が7月半ば国会を通過、
7月26日から「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書」の発行が始まって、
ワクチン接種義務化への道筋がつけられています。
実はこの法律については昨年12月、
政治家と公務員(官僚)はワクチン接種をしなくてもいい内容に改正されていることも、
国民には全く知らされていません。

 今何よりも大切なのは、外からのいいかげんな”知”に惑わされることなく、
自分の”五感”に立ち返ることです。
新型コロナで恐ろしいのは、病気そのものの恐ろしさではなくて、
たまたまの陽性判断で「感染した」と騒がれることの方がずっと怖い、
そんな縛(しば)りから早く自由になって、
自分の感覚で考えてみることこそがひとりひとりに求められています。
その一助になってくれることを切に願って作ったこの冊子です。
ご活用ください。

(令和3年8月13日 墓参りを終えて記す)

   * * * * *

資料集、ご希望あれば送ります。ご連絡ください。→oshosina@omn.ne.jp
455:猿都瑠 :

2021/08/15 (Sun) 03:47:41

host:*.eonet.ne.jp
所謂、一般的な学歴ってのは所詮、支配者側にとっての支配する為の道具に過ぎない。

思考が最上位に来る事で、動物的な部分、危機感だったりの感覚が希薄になってしまう、実はこれが一番支配者側が求める事。

その結果、極一部の人間たちにとってのみ都合の良い世の中が現在は形成されている。

自分は分かっていると上から目線の者は恐らく、トンデモが始まったよと言いたいんだろうけど、実は地球上で人類のみが「循環」から外れている存在。

「思考」が徹底的に管理された結果が、「地球上の循環」からはみ出してしまっている。

誰がどう考えたって、今の状態で地球の資源を食い潰してこの先がある訳が無い事は知っている、けれども止められない。

だから必然的に、強制的に今現在の人類世界がこのまま続かないようになって行く。

21世紀以降に産まれた人類はそれがおおよそ組み込まれているが、20世紀以前に産まれた人類は大いなる力で選別される。

シンコロの登場は悪意を持った人類が画策したにせよ、結果は悪意を持った連中、支配層の思い通りにはならない。

断言は出来ないが、もしワクチン摂取が強制されたとしたとしても、必要な人類は何の影響も出ない。

いかにこれから支配者側が仕掛けるような似非循環型の世界では無い世界を構築する側に辿り着けるか、そして生きている事に感謝をし、自分たちが生かされている事に感謝が出来るかどうか。

そして自分が何者なのか、何のために今現在地球に人類として存在しているのか、それに気付けるかどうか。

安西ファイルではないが、666の悪魔の数字を567(コロナ=56億7000万年後に弥勒菩薩が救済する)なのが今であり、369(弥勒)になるのがこれから人類の一人ひとりであると。

※6+6+6=18 5+6+7=18 3+6+9=18

454:mespesado :

2021/08/14 (Sat) 21:33:38

host:*.eonet.ne.jp

ワクチン接種にためらうのは超高学歴と低学歴層に二極化
――米大学の研究結果
https://bonafidr.com/2021/08/13/%e3%83%af%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%b3%e6%8e%a5%e7%a8%ae%e3%81%ab%e3%81%9f%e3%82%81%e3%82%89%e3%81%86%e3%81%ae%e3%81%af%e8%b6%85%e9%ab%98%e5%ad%a6%e6%ad%b4%e3%81%a8%e4%bd%8e%e5%ad%a6%e6%ad%b4%e5%b1%a4/

> 躊躇と学歴の関係はU字型の曲線を描き、学歴の低い人と高い人の間で
> も高い躊躇が見られることがわかった。修士号を持っている人が最も躊
> 躇(ちゅうちょ)しておらず、博士号を持っている人が最も躊躇してい
> ることがわかった


↑前に日本のどこかのシンクタンクがワ○チ○接種をためらうのは低学歴が

多い、などという研究結果を発表していたと思うのだが、実は…という話で

すね。大学卒以上をまとめて「高学歴」としてくくってしまうと、人数の関

係から大学卒・修士卒がメインになってしまい、「低学歴ほどワ○チ○をた

めらう」になってしまう。高学歴を更に分けることによって、本質が暴かれ

た感じです。

 つまり、「低学歴」の人は、「思考」ではなく「感覚」を大切にするから

ワ○チ○のうさん臭さが「感覚」でわかるのに対し、「中途半端な高学歴」

の人は、学校のお勉強、すなわち教科書をいかに暗記するか、問題を解くテ

クニックをいかにマスターするか、が得意な人ということだから、政府や権

威筋が誘導する内容を疑うという発想が無く、とにかくひたすら覚えようと

するわけですね。ところが、博士課程のような「超高学歴」者は、「感覚」

より「思考」優位ではあるけれど、きちんと自分で調べて自分の頭で考える

癖がついているから、政府やマスコミの洗脳に騙されない、ということなの

でしょう。、
453:mespesado :

2021/08/14 (Sat) 11:08:43

host:*.eonet.ne.jp

>>451 の内容の関連動画↓

https://www.nicovideo.jp/watch/sm39109986
452:mespesado :

2021/08/13 (Fri) 15:49:50

host:*.eonet.ne.jp
>>451 訂正

× 同調圧力に

○ 同調圧力において
451:mespesado :

2021/08/13 (Fri) 15:47:45

host:*.eonet.ne.jp

 ちょっと前にも示唆したことがあったと思いますが、ワ○チ○接種の同調

圧力に「お前が接種しないから感染が防げないんだ。自分だけよければいい

のか!」という理屈で非難されたときの切り返話法ですが、


《切り返し案その1》

 「何言ってるんだ。お前は耐性菌というのを知らないのか。お前らが新型

 コロナに対する恐怖心でワ○チ○にすがって多数の人が接種すると、ウイ

 ルスの方もワ○チ○にやられないように突然変異で耐性の強いウイルスが

 出現してしまう。ナントカ株とか新種のウイルスが猛威を振るっているの

 はそのせいだろう?こっちこそお前ら接種者の方が迷惑だ!」


 この切り返し案以外に、最近は接種者の間でクラスターが発生する事例が

多く発生してきたせいで、ワ○チ○がどうも感染防止に効果が無いことがわ

かってきたせいか、今度はワ○チ○は感染は防げないけれども、重篤化を防

ぐ効果はある、と言い出して、相変わらず接種を勧奨し続けています。です

が、この「論点ずらし」のおかげで、「お前が接種しないから感染が防げな

いんだ。自分だけよければいいのか!」と言われたときの第2の切り返し話

法とし次のような話法が成立しますよね:


《切り返し案その2》

 「あれれ?ワ○チ○が感染を防ぐってんなら、自分だけでなく他人にもワ

 ○チ○接種を強要するのも一定の論理性があるけれど、ワ○チ○を接種し

 ても感染は防止できないんでしょう?だったら他人にワ○チ○を接種させ

 たってあなたの感染防止に何の意味も無いじゃん。え?でも重篤化が防げ

 る?だって重篤化を防ぎたいなら防ぎたい本人が接種すれば済む話だよね?

 貴方にとって他人である私が接種したって『貴方の』重篤化が防げるわけ

 じゃないんだから大きなお世話だよ!」
450:mespesado :

2021/08/13 (Fri) 15:16:32

host:*.eonet.ne.jp

>>449

 私が >>448 のリンク先の記事をいくつか読んだ限りでは、そのサイトの

中の人(←死語?)の短所というか特徴として


① 非常に正義感が強い。ただし、「善悪」にとらわれ過ぎていて、やや極

  端に厳しい正義感で、某カメラ会社の社員が手当の不正支給を受けてい

  た件に対する会社の処分が甘すぎる、懲戒免職にすべきだ~と主張して

  いて、ちょっと引いた。

② DSのラスボスをフリーメイソンであると主張していて、ちょっとその

  あたりの認識が浅いと感じられた。

③ 国家予算の財源が税金だと書いてあるところがあって、そういう意味で

  正しい貨幣観を持っていない(これは単なる揚げ足取りではなく、正義

  感が強い人ほど例えばBIのような一見「楽して得する」話に対する拒

  否感は強いので正しい貨幣観を受け入れにくいのではないかと気になる)。


といった点が見られます。まあ、それを分かった上で読めば、十分参考にな

る貴重なサイトだとは思います。
449:suyap :

2021/08/13 (Fri) 14:08:53

host:185.54.228.101

>>448

ファイザーと創価の関係とか知りませんが、ファイザーは世界的な薬剤コングロマットのひとつ。そしてモデルナもアストラゼネカもジョンソン&ジョンソンも、今回の新コロパンデミック陰謀を聞きつけて我先にワクチン競争に参入。すでに武田を始めとして日本の多くの薬剤会社が外資に乗っ取られている以上、マイノリティの日本の資本家がどーのこーのできる段階ではありませぬ。

現在進行中の新コロ世界大戦を理解し、先を読み解くためには、ちんけな井の中に視野を限定せず、世界規模で動きを読む努力が不可欠です。

新コロワクチン販売にあたって、ファイザーが各国政府と交わした密約は、すでにあちこちで暴かれています:

Leaked Document Reveals ‘Shocking’ Terms of Pfizer’s International Vaccine Agreements
https://childrenshealthdefense.org/defender/leaked-document-terms-pfizers-international-vaccine-agreements/

Information security expert on revealed Pfizer agreements: ‘There’s good reason Pfizer fought to hide the details of these contracts’
https://americasfrontlinedoctors.org/frontlinenews/information-security-expert-on-revealed-pfizer-agreements-theres-good-reason-pfizer-fought-to-hide-the-details-of-these-contracts/

‘Held to ransom’: Pfizer plays hardball in Covid-19 vaccine negotiations with Latin American countries
https://www.statnews.com/2021/02/23/pfizer-plays-hardball-in-covid19-vaccine-negotiations-in-latin-america/

つまり政権政党の立場でこの密約を真っ向から否定することは、自民にはやりづらいという大人の事情もあるのかもしれないってことね。

448:mespesado :

2021/08/13 (Fri) 09:20:41

host:*.eonet.ne.jp

 はぐらめいさんの最新エントリーのコメント欄でめいさん自身が紹介して

いるブログ記事のトップページです↓


世直しご意見番の世間にもの申す!
https://sekennimonomousu.com/


 とても真摯で、しかも読みごたえがあるので、ご参考までに
447:mespesado :

2021/08/12 (Thu) 21:58:45

host:*.eonet.ne.jp

 >>421 でリンクを貼った、人口動態統計による本年3~5月の「超過死亡」

がワ○チ○による超過死亡であるとする分析の件ですが、最近、同じ厚労省

の人口動態統計において、死亡の死因別内訳が本年3月分まで公開されまし

たので、それについて分析してみることにします。

 死因について、昨年と本年で差が大きいもの(約500人以上)のみを抜

粋することにし、1月分を①、2月分を②、3月分を③と書いて、本年と昨

年の死者数の差(本年-昨年)を転記すると、

--------------------------------------------------------------------
総数:①8361 ②2082 ③4417

悪性新生物<腫瘍>:①471 ②△882 ③△2

循環器系の疾患:①2504 ②113 ③1065

肺炎(誤嚥性肺炎は除く):①△1665 ②△1677 ③△1120

症状・所見で他に分類されないもの:①2286 ②1321 ③1502

老衰:①2018 ②1197 ③1355

その他の特殊目的コード(=新型コロナ):①2669 ②2149 ③1083
--------------------------------------------------------------------

 以上です。ちなみに△はマイナスを表し、また、最後の新型コロナという

区分は昨年1月はまだ存在せず、昨年2月からできた区分のようですが、当

初の昨年2月は10人、昨年3月も56人しかカウントされていません。

 さて、これから何がわかるかというと、肺炎が昨年より減少していますが、

これは昨年の新型コロナによる死亡は、まだ新型コロナの区分が無い、もし

くは設定されたばかりなので、最終的死因である肺炎としてカウントされ、

今年の分はその分が新型コロナとしてカウントされたためと思われます。

 従って、新型コロナそのものによる昨年と比べた「超過死亡」はこの両者

の合計として、


新型コロナの超過死亡(推測値):①1004 ②472 ③△37


という数字が得られます。これは、新型コロナによる超過死亡は真冬の1月

には見られるけれども、春になった3月には超過死亡はほとんど無くなって

いることを示していると思います。

 次に注目すべきは「循環器系の疾患」で、1月と3月に超過死亡の山があ

ります。これはスパイク・タンパクの毒性により、新型コロナでもワ○チ○

でも同じ機序で毒性が見られるということですから、上記の話と組み合わせ

ると、1月の超過死亡は新型コロナによるもの、対する3月の超過死亡はワ

○チ○によるものではないかと推測されることになります。

 あと怖いのは、「症状・所見で他に分類されないもの」と「老衰」で、後

者は高齢化により老衰による死亡が増えていくのは当然にも思えるのですが、

もしかすると、ワ○チ○による死亡者で、基礎疾患が無いにもかかわらず因

果関係が認められなかったケースがこれらの中に含まれている可能性も十分

あると思います。
446:mespesado :

2021/08/09 (Mon) 23:37:15

host:*.eonet.ne.jp

>>431

 S・バクディ&K・ライス著『コロナパンデミックは、本当か?』が届い

たので一気に読みました。

 その中から、特に印象に残った部分を引用しておきます。まずは、ドイツ

の連邦政府機関である疾病管理のためのロベルトコッホ研究所(RKI)が、

政府の正式見解以外のところで発せられる大丈夫だという声をかき消すよう

に、今回の新型コロナの恐怖をやたら煽っていた理由を説明した部分です↓


--------------------------------------------------------------------
 しかし、真相はまるで違ったものだった。それは、5月にドイツ内務省の
ウェブサイトに以前は機密扱いされていた文書が公開されて、明らかになっ
た。その衝撃的な内容は、世間の噂話が真実であったことを証明するものだ
った。3月中旬に作成された記録文書には、コロナウイルス対策会議の一部
が記されていた。驚くべきことに、恐怖で国民をコントロールすることが、
流行を管理するための公式のアジェンダとされているのだ。ようやくこれで
パズルのすべてのピースが埋まった。すべてが、計画されていたのだ。実際
の死者数を発表したところで、「たいしたことがないという印象を与える」
だけなので、数としては大きな感染者数を意図的にアナウンスした。最も重
要な目的は、大衆に圧倒的なショック効果を与えることだったのだ。一般大
衆に命に関わる根源的な恐怖を抱かせるため、3つの項目が挙げられている。

1 新型コロナで死ぬということを、《ゆっくりと溺れ死ぬ》イメージで、
  詳細に記述することで、人々を恐れさせる。死を、緩慢な窒息死によっ
  てイメージすることは、極端な恐怖心を喚起する。
2 子供たちが、死のウイルスを気づかずにまき散らし、親を殺す危険な感
  染源であると人々に告げる。
3 新型コロナ感染の後遺症に関する注意喚起を拡散する。それが正式に証
  明されていなくても、人々を怖がらせることになる。

 これらの作戦をすべて実行すれば、すべての意図した対策措置を、人々は
容易に受け入れるだろう。【p.109~111】
--------------------------------------------------------------------


 政府見解と非公式な声の関係がまるで日本と同じですね。ということは、

漏洩していないだけで、日本でも秘密のアジェンダがあるのでしょうね。

 また、次の部分も「やっぱりな」という感じです↓


--------------------------------------------------------------------
 今回ほど強烈ではなかったが、パンデミックによるワクチン騒ぎを、我々
はすでに経験している。
 2009年にちょうど同じことが豚インフルでおこったではないか。この
ような致死性の高いパンデミックを止めるには、ワクチンがどうしても必要
であるとされた。そしてワクチンは驚異的な速さで生産され、世界中に大量
に販売された。
 2009年以前は、パンデミックには3つの基準を満たす必要があった。
【最初の二つは略】

・病原体は、重篤で高い死亡率を示す病気を引き起こすものであること。

 豚インフルの結果は、この基準の最初の2つには適合したが、3つ目には
適合しなかった。パンデミックの宣言についてはWHOの資金提供者である
製薬産業界からの強い圧力があった。WHOは天才的な一打で、ゴルディア
スの結び目を切った(「難題を一刀両断に解くが如く」の意)。パンデミッ
クは、病気が深刻であろうがなかろうが宣言できるように基準を変えたのだ。
 更に2010年にパンデミックの定義は、「新しい病気の世界的蔓延」と
まで単純化されたのだ。
【中略】
 パンデミックを宣言すれば、特に製薬会社などには多くの可能性が開けて
くる。ところで、WHOという巨大な組織はその資金の80%を外部からの寄
付、特に製薬会社からの寄付に頼っている。【p.194~196】
--------------------------------------------------------------------


 そして更に以下のように述べています↓


--------------------------------------------------------------------
 RKIとドロステン氏は、副作用の危険性についてほとんど実験検査され
ていないH1N1ワクチンを全国民に接種することを推奨した。
 ドイツ政府と連邦各州は全ドイツ国民用に6千万本のワクチンを購入した。
しかも、ほとんど安全性がPCR検査されていないアジュバンド(免疫増強
剤)入りのワクチンは一般国民用で、政府高官らに対してのみアジュバンド
が入っていないワクチンが用意されたのだ。
 もう一度言うが、これが起こったのは、豚インフルがこれまでのインフル
エンザの中で最も弱い無害なインフルエンザであることが、すでに明らかに
なっていた時点のことなのだ。【p.198~199】
--------------------------------------------------------------------


 この事実は、思わず >>423 で指摘した法律を想起させますね。
445:mespesado :

2021/08/09 (Mon) 15:50:35

host:*.eonet.ne.jp

>>440 >>444


 この件に関して次のような動画があります↓

宮崎「消費税増税の反省は?」高市「ありません」
https://www.nicovideo.jp/watch/sm25129395


 これについて、三橋さんの最新エントリー↓


https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12691174195.html


に付いたコメントで次のような投稿がありました↓


> 「政界が面白くなってきました」とか「安倍元総理が推す高市早苗議員を
> 始めとする財政拡大親米派との戦いになる。」とか、
> どう洗脳されたらそういう認識になるんでしょうね?

https://sp.nicovideo.jp/watch/sm25129395?ref=twitter_cap_off

> まずはこれを見てみよう↑
> 宮崎哲弥「消費税増税の反省は?」高市「ありません」
> しかも番組中、言ってることがコロコロ変わる。
> 典型的な嘘つき人間です、コイツは。

> 信者「これは今の高市ではない!今は積極財政派だ!」

> あのさあ、
> 積極財政派だったら長期投資を主張するでしょ?
> 高市はしたの?
> してないでしょ?

> 麻生、安倍、民主党、菅。
> 全員短期的に財政拡大してんですよ。
> 一時的にPB黒字化もしてんですよ。
> この人達積極財政派ですか?

> 違うでしょ?

> 長期投資を主張して初めて積極財政派なんですよ。
> ちゃんと脳味噌使おうね。
> 信者じゃあなかったらの話だけど…


 一方、次のようなコメントも…


> 昨日、積極財政を主張する政治家はおかしな失脚の仕方をすると書きま
> したが、もしかすると高市議員は国際金融資本から指示を受けて積極財
> 政論を言い出したのかもしれません。彼らの内部で日本統治戦略の路線
> 変化があったのでしょう。これは米国でバイデン政権が超大型の財政出
> 動を打ち出してパラダイムが変化したことと調和しています。


 確かに竹中氏の例もあることだし、経済政策に関しては奥の院の作戦が変

わっただけかもしれません。ただ、高市さんの消費税増税に関する発言は、

2014年のことであり、当時は正しい貨幣のカラクリに気付いた人はほとんど

いなかった時代であり、最近の「パラダイム・シフト」により、高市さんも、

本当に考え方が変わったのかもしれません。何となく、上の過去の動画と亀

さんの挙げた最近の動画で、高市さんの声の凄みが変化しているのを感じま

す。そこに確かに何かが秘められているようにも感じます。
444:亀さん:

2021/08/09 (Mon) 01:55:11

host:*.t-com.ne.jp
>>440

mespesadoさん、高市さんの人物を知るには、以下の動画がお薦めです。
高市早苗スペシャル これが私の生きる道・【渡邉哲也show】246 Vol.1 20210604
https://www.youtube.com/watch?v=edxSumCoBGs&t=261s

高市さんについては、NHKに対しても堂々と対峙するだけの気骨を見せており、安倍前総理と絡めてブログ記事にするつもりでした。残念ながら、今はその余裕なし。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
443:mespesado :

2021/08/08 (Sun) 19:37:14

host:*.eonet.ne.jp

>>442 の記事に対するツイッター上の論評↓


(..)すまん寝@秩序回復・財務省廃止・反財政再建@sumannne

> 新型コロナ: 職域接種の範囲どこまで 伊勢丹の感染、98%外部社員: 日
> 本経済新聞
https://nikkei.com/article/DGXZQOUC061520W1A800C2000000

> ワクチンに「感染防止効果」はないので、これは別の要因じゃねぇかな。
> その要因が情状酌量の余地のないものである可能性も含めて。


↑はははw。ワ○チ○は当然のように推進派だった「すまん寝」さんにまで

疑いの目で見られてるwww

 この人、数学屋さんだから、論理的な思考は完璧で、ただ前提となるファ

クトを知らなかったから、当初はバリバリのワ○チ○推進派だったけど、こ

の人をヲチしてると、次第に基礎知識を得るにしたがって、「なぜ治療薬で

はなく、ワ○チ○ばかり推進するのか」に疑問を持ち始めている。そして今

回のツイート。もう論理的に考える人を騙すことはほとんど無理な段階に来

ている、ということなのでしょう。
442:mespesado :

2021/08/08 (Sun) 18:47:33

host:*.eonet.ne.jp

 またまた巧妙なワ○チ○推進記事↓


職域接種の範囲どこまで 伊勢丹の感染、99%外部社員
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC061520W1A800C2000000/


↑本当に、恐怖を煽る記事については、これでもか、これでもか、とよくも

まぁ思いつくもんだ(呆

 これ、3.11のとき、いくら政府の要人が、事故近隣県の農産物を「美味し

い!」とアピールして食べてみても、放射能が危険であることが変わるわけ

でないのと同じように、今回の件でいくらコロナ感染の危険を煽ったところ

でワ○チ○の危険性が変わるわけではないのだから酷いもんだ。
441:suyap :

2021/08/08 (Sun) 18:20:54

host:185.54.228.57

>>439

あっ、ソース貼るの忘れてました。ツイッターで拾った情報です:
https://twitter.com/Awakend_Citizen/status/1424214784535252993

ついでにこっちも:
https://twitter.com/Awakend_Citizen/status/1424215784599871491
440:mespesado :

2021/08/08 (Sun) 18:11:42

host:*.eonet.ne.jp

高市前総務相、自民総裁選に立候補の意向 月刊誌で表明
https://www.asahi.com/articles/ASP865J8SP86UTFK00Z.html


>  自民党の高市早苗前総務相(60)が、10日発売の雑誌「文芸春秋」9月
> 号で、来月末に迫る菅義偉首相の自民党総裁任期満了に伴う総裁選に立
> 候補する意向を表明する。


> 経済政策「アベノミクス」の柱の一つである財政出動の不十分さを指摘。
> インフレ率が2%に届くまでは、プライマリーバランス(国と地方の基礎
> 的財政収支)の黒字化目標を「凍結」し、財政出動を優先すべきだとし
> た。


 珍しく希望の持てる記事であり、しかも三橋さんも最新エントリー↓


高市前総務相「PB凍結」を旗印に自民党総裁選挙に立候補
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12690980786.html


で、


>  ポイントは、
> 「コロナ脱却まで、PB黒字化目標を凍結する」
>  ではなく、
> 「インフレ率が2%に届くまで、PB黒字化目標を凍結する」
>  と、なっている点です。


と解説しています。

 さて、高市さんといえば、総務大臣だった2016年の2月8日の予算委員会で

の「放送法違反による電波停止命令を是認する発言」でDSの筆頭ポチである

マスコミを敵に回し、以来、例えば今年の3月においても未だに文春で「報

復攻撃」を受けていて、それに対する抗議の声明を出しています↓


『週刊文春』の記事は悔し過ぎる!
「行政の公正性」に特に注意を払ってきた者として
https://www.sanae.gr.jp/column_detail1297.html


 なので、マスコミを敵に回した中での総裁選出馬がどのような結果になる

のかは予断を許しませんが、今回は、敢えて(?)この「文春」の月刊誌の

方を使って総裁選出馬を表明し、しかもDSのみならず財務省まで敵に回す

PB凍結を打ち出すなど、強敵相手に「全面戦争」を仕掛ける気概が読み取

れます。普通なら、こんな候補は事前にあっさり潰されるのが今までのパタ

ーンですが、高市さんなので、そこは先刻承知の上であえて歯向かっている

ようにも見えます。何か秘めた作戦があるのか?

 一般論を考えると、DSとは(例えば新型コロナ関係で)何かとバーター

取引をしている可能性もありますが、彼女には今のところそういった気配は

見られません。しかし、もし今後何かがあれば、それに伴って何らかの兆候

が見えてくることでしょう。

439:亀さん:

2021/08/08 (Sun) 18:05:57

host:*.t-com.ne.jp
来月中旬頃に締め切りの仕事に追われ、当面は気の抜けない日々が続きそうです。

さて・・・

>>438

suyapさん、事後報告ですが、図表を拙新記事に貼らせていただきました m(._.)m
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1892.html



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
438:suyap :

2021/08/08 (Sun) 13:15:01

host:185.54.228.57
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1628396101.jpg ↑↑
どこがパンデミック!

PCR検査の陽性者には、膨大な数の無症状者(発症していない人)を含み、99.9%の日本人がコロナに感染しておらず、99.99%の日本人がコロナで死んでおらず、コロナに感染して重症化するのは、日本の人口の0.00085%!

これのどこがパンデミックか?

※急激に感染者が増えている都市では、PCR検査数が断トツに伸びている地域です。誰かが後ろで仕組んでいるのはミエミエ。

437:OB :

2021/08/08 (Sun) 02:01:30

host:*.mesh.ad.jp
自己レス
>>424:OB : 2021/08/04 (Wed) 03:14:03 host:*.mesh.ad.jp
>他の掲示板を覗いたら「内乱? 内輪揉め?」
>まあ、私はその掲示板に書く資格は無いからよいがね
>副島 重たい掲示板 感情移入して文章を書いてるね

あーあ、ついに、重たい掲示板で「師弟?」の大ゲンカに発展
436:mespesado :

2021/08/07 (Sat) 20:20:50

host:*.eonet.ne.jp

https://www.youtube.com/watch?v=mwK-H6A_B8o

↑これも面白い
435:mespesado :

2021/08/07 (Sat) 11:26:14

host:*.eonet.ne.jp

【海外の反応】外国人が感動するウォシュレットが海外で普及しないヤバい理由!
https://www.youtube.com/watch?v=WSd1V4G8ZuM


↑いわゆる「日本スゲェ」動画ではあるが、この動画については、以下の二

つの意味で示唆に富んでいると思う。

 その一つ目(前半部分)。

 一般に、多くの人にとって、特に不便を感じていないモノでありながら、

高価過ぎるモノは、なかなか売れない。ところが日本におけるウォッシュ

レットもそんなモノのひとつだったのだが、バブル経済で国民全体のハブ

リが良くなると売れ始め、その結果、技術改善の設備投資によりコストダ

ウンができて万人に普及するようになったらしい。これは、高度成長下の

白物家電と同じ軌道に乗って成功したということではないか。つまり、今

のような低成長下で緊縮財政を続けている現状では、貨幣が足りないので、

上記のようなプロセスが働かず、「多くの人が現状に特に不満を感じてい

ないけれどももっと便利になる技術が開発されているモノ」が普及するの

が阻まてしまっている事例が相当あるのではないか。実にもったいない!

ということ。

 2つ目(後半部分)は、今回のコロナ騒ぎが清潔性へのニーズを後押しし

た結果、それが海外での普及を後押ししたらしい。コロナ騒動は負の面が強

調されることが多いが、テレワークの推進でブルシットジョブの多さに多く

の人が気付いたことだけでなく、こんないい面もあったのだな、と改めて思

った次第。
434:はぐらめい:

2021/08/06 (Fri) 06:05:14

host:*.omn.ne.jp
井上正康氏講演会「正しく理解し、正しく恐れる」ために
大阪市立大学医学部名誉教授・健康科学研究所 現代適塾 塾長・前 宮城大学副学長

◎山形会場
と き ● 8月15日(日)午後2時から(2:00〜3:30 講演 3:30〜4:30 質疑応答)
ところ ● ビッグウィング大会議室
会費(資料代)●一般1,000円/学生500円/高校生以下無料
*5:00〜6:30 交流会を行ないます。(無料)
*キッズスペースあります。

◎米沢会場
と き ● 8月16日(月)午後1時30分から(1:30〜3:00 講演 3:00〜4:00 質疑応答)
ところ ● 米沢市民文化会館(会場向かいの市営駐車場をご利用ください。3時間無料になります。)
会費(資料代)●一般500円/高校生以下無料
*4:00〜 交流会を行ないます。(無料)


主催●井上正康氏講演会実行委員会
7/3·4に仙台で開催された井上先生講演会の山形県参加者が中心となって結成されました。
共催●SOCIAL PLATZ・置賜獅子の会
問合せ先●oshosina@omn.ne.jp

   * * * * *

それぞれの持ち場でひとりで思い悩んでいたのが、この講演会に向けて結集し、
ひとつの大きな流れになりつつあるのを感じます。
「孤独ではなかった、仲間がいる!」と勇気づけられます。
交流会は、そういう思いをぶっつける場です。
近隣の方、ぜひご参加ください。
433:suyap :

2021/08/05 (Thu) 21:12:14

host:185.54.228.38

早いうちから新コロ流行の怪しさに気づき、米国内で「新コロの早期自宅手当」を啓蒙してきたピーター・マッカルー医師(Dr. Peter McCullough)は、CDC内の内部告発者によると、(6月末現在)新コロワクチン接種による死者は、全米ですでに5万を超していると言ってます。

https://www.algora.com/Algora_blog/2021/06/27/dr-peter-mccullough-whistleblowers-inside-cdc-claim-injections-have-already-killed-50000-americans

それ以外にも非常に重要なコメントがたくさんあったので、上記リンクの一部を訳してみました。

-----------ここから-------------
新コロウイルスは生物兵器であり、ワクチンはその生物兵器の「第2段階」であるとマッカルー医師は述べている。

「このバイオテロ第1段階の展開では、人々を恐怖に陥れて隔離し、ワクチンを受け入れる準備をすることが目的だった。そしてワクチンはバイオテロ作戦の第2段階だ。呼吸器系をやられる新コロウイルスも、その後のワクチンも、このバイオテロ研究のターゲット、機能獲得実験の成果であるスパイクタンパクを人体に送りこむ」

「バイオテロの第一波は呼吸器系のウイルスで、世界中に広がり、多くの人口の約1%という比較的少ない人数に影響を与えたが、大きな恐怖を生み出した」

このウイルスは主に複数の既往症を持つ50歳以上をターゲットにしており、子供にはほとんど影響がなかった。また、60万人以上に及ぶ米国人死亡者の85%は、症状の初期から中期にかけて複数の薬剤投与による治療をしていれば死なずに済んだとマッカルー医師は述べている。この病気の初期段階では、呼吸困難などの症状が悪化しない限り、病院には行かずに家にいるように言われ、その結果、多くの人が手遅れとなり、人工呼吸器を装着されて死んでいった。

また、ヒドロキシクロロキンやイベルメクチンなどの初期の新コロ治療薬への圧力は、「ワクチンの開発と密接に関連している」と述べている。

すでに利用可能な治療薬・治療法への圧力がなければ、政府は、モデナ、ファイザー、ジョンソン・アンド・ジョンソンが急いで市場に投入した3つのワクチンに緊急使用許可を合法的に与えることはできなかっただろう。

「政府は実際に新コロ患者の早期治療を阻止しようとしているので、私たちは在宅患者ガイドを作成した」

(そして今) 「私たちは、ワクチンに対する人々の見方を変えるための活動している。すでに世間はワクチンを受け入れているが、私たちはその流れを少しずつ変えていかなければならない。米国では4月8日以降、接種率が低下している。ほとんどの予防接種センターが空になっている」
-----------ここまで-------------

ここにきて、世界中の政権がワクチン・パスポートだの、強制ワクチン接種だの呼応しはじめたのは、「気づいた」人々が増えてきたせいもあるのかもね。

上記でも述べられているように、新コロワクチン接種はバイオテロの第2段階。ここでスパイクタンパク(とその永久体内製造機能)を埋めこんでおいて、第3段階は...「奴ら」の好きな時にいつでも「病気」を流して新たなパンデミック(スキャムデミック=偽パンデミック)を作ることができる!

いやはや、移動の自由を取り戻すまでに、いったい何年かかるやら...でも、まだまだ諦めない!

432:mespesado :

2021/08/05 (Thu) 11:34:07

host:*.eonet.ne.jp

 来ましたよ、来ましたよ、プロパガンダがw↓


高校生のワクチンに対する誤解に驚いた…!
若い世代の「ワクチン不信」の根にあるもの
https://news.yahoo.co.jp/articles/8ffbc1ec5d5695294317c6e37ebebc10bb1bf78b


>  先日、高校で子宮頸がんなどを予防するためのHPVワクチンに関する授
> 業を行った際、事前のアンケートである生徒のそんなコメントを目にし
> たという、産婦人科専門医の稲葉可奈子さん。この生徒に限らず、誤解
> によりワクチンに対して不安を抱いている若者は少なくないという。


>  一方で、いくつかの研究や調査(※1)により、若い世代ほどコロナワ
> クチンを接種したくない割合が多いことが明らかとなっています。また、
> 30~40代を主とする1,438人の男女を対象にした意識調査(※2)によると、
> 自身の子どもへのワクチン接種について17%が接種させたくない、29%
> はわからない、と回答しています。自身や子どもへの新型コロナワクチ
> ン接種をためらう理由として多いのは、いずれの調査においても「副反
> 応や安全性への懸念」です。


↑「お、最近の高校生は情報リテラシーが高いな」としか思えないのだが、


>  授業では、HPVワクチンは決して危険なワクチンではないこと、それが
> ちゃんと研究と検証により確認されていること、そして、新型コロナワ
> クチンについても全世界でしっかりモニタリングされており、現状想定
> されうるメカニズムで将来的なリスクは懸念されていない(あれば実用化
> されていない)ということを説明し、理解されました


↑こういう、エビデンス抜きの「結果」だけ教える今日の教育こそが、まさ

に「洗脳教育」以外の何ものでもないのだが…


>  HPVワクチンの積極的勧奨はすぐに再開できるわけではなく、差し控え
> を決定した副反応検討部会での検討が必要となります。検討する上での
> エビデンスはこの8年の間に十分に蓄積されています。


↑ここまで行くと、まさに「虚偽情報」ですね。しかも、この文章の筆者自

体が具体的な「エビデンス」の妥当性について自分の頭で考えてないっぽい。

いいかげんにしろ!と言いたい(言っても無駄ですがw)。
431:mespesado :

2021/08/05 (Thu) 09:20:44

host:*.eonet.ne.jp

>>426 >>428 >>430

 はぐらめいさんが、最新のエントリー↓

https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2021-08-05

で、私の投稿を紹介してくださっている中で、冒頭に、このスチャリット・

バクディ博士の著書について紹介されています。そこで、この著書『コロナ

パンデミックは、本当か?: コロナ騒動の真相を探る 』について Amazon の

頁を読みに行ったら、最初に表示されたレビューが秀逸でしたので、ここに

紹介させていただきます↓

--------------------------------------------------------------------
 マスコミが垂れ流す情報を鵜呑みにせず、代替メディア等を利用して自分
で情報収集することを心掛けている人達の間では、2020年の遅くとも3月頃
には、COVID-19パンデミックなるものが恐らくは史上最大規模のショック・
ドクトリンに利用されているらしいことが明らかになっていた訳だが、人々
の恐怖感を煽り、パニックに陥れて思考停止させる為に用いられた数々の科
学的トリックについては、世界各地の専門家達が早くから警告を発していた。
彼等は本やブログ記事、講演やYoutube動画等によって精力的に情報拡散に
努め、同時に公開書簡や署名運動や請願書等によって具体的な政策変更や
COVID-19の再評価等を要求して来た訳だが、マスコミやソーシャルメディア
では元々酷かった検閲が更に強化され、公式見解に異を唱えるそうした異端
者達の声は、自分で情報収集に動こうとしない人達の目には殆ど触れること
は無かった。更に「ファクトチェック」などと称して彼等の信用失墜を図る
記事も量産され(因みにファクトチェックと称して逆にフェイクニュースを
広めるのは、西側プロパガンダ装置ではよく見掛ける手口である。しっかり
行間を読めば反論の体を成していない記事も多いが、中にはうっかり槍玉に
上げている「隠謀論」の方が正しいことを示してしまっている記事も有って
笑える)、現在起こっているのが99%対1%の情報戦に他ならないことを明ら
かにした。
 本書"Corona Fehlalarm?"はそうした戦いの中で何とか生き残って、ドイ
ツを始め世界各国の多くの人々に、今起こっていることの真相に気付かせて
くれた本である。COVID-19パンデミックの非科学的な「対策」の誤りやリス
ク評価のデタラメさ、メディアの堕落や「専門家」達の利益相反による腐敗
については、他にも多くの医療や疫学等の専門家やジャーナリスト等が指摘
して来たが、本書は類書の中でも特にバランスが取れていて全体への目配り
が行き届いており、予備知識が無い素人にも容易に読み進められるので、こ
の史上最大規模のパンデミック詐欺について理解する為の入門書としては最
適である様に思う。この世界規模の狂言については他にも何十何百と云う嘘
や誤情報が入り乱れて巨大な偽の脅威のイメージを作り上げているので、探
求しようと思えば果てが無いが、本書は欺瞞の戦場に乗り出す際に必要な基
本的知識の多くを押さえてくれているので、本書の内容を理解しておけば、
COVID-19について日々報じられる情報の何処が間違っているのか、正しい情
報を得る為には何処を探せば良いのか、或る程度自力で判断出来る様になる
だろうと思う。
 2011年の3.11後、企業や政治家や専門家やマスコミの余りの無責任さに呆
れ果てた私達は、必死になって、正しい警告を発してくれる人間を探した。
あの時は科学的根拠の無い安心や安全が垂れ流され、今回は科学的根拠の無
い恐怖やパニックが煽られており、方向性は真逆ではあるが、2020年の3.11
(WHOが恣意的な定義に基付いてCOVID-19の流行はパンデミックであると宣
言し、同時に、Covid Action Platformを掲げる世界経済フォーラムとの提
携と云う重大な利益相反行為が発表された日)後も、すべきことは全く変わ
らない。適切な知識と良心を持った専門家を探すのだ。本書の著者両名は、
間違い無くその中に含まれるべきだろうと思う。

 星をひとつ減らしたのは、英語版と比べての評価だ。
 ・ドイツ語原本では中国を差別したりプーチンを揶揄したり、マスコミの
偽情報に踊らされる人々について歎いてみせたり、事態の理解には何等助け
にはならない余計な文章が幾つか含まれていたのだが、英語版ではこれら蛇
足部分はさっぱり削除されていた。だが日本語版では何故か復活させられて
いる。余計な文章は寧ろ理解の妨げになると思う。
 ・Kindle版についてだが、本文中の注から巻末の注一覧へのジャンプリン
クが所々貼られていない。
 ・英語版では参考文献にはタイトル、著者名、出典とURLが記されている
のだが、ドイツ語版と日本語版は何故かURLだけ(英語版では全体の4割が注
である)。こうした本では読者が著者の言い分を受け入れるだけではなく、
自分自身でソースを当たって情報を確認する作業が何よりも大事だと思うの
で、英語版の方が格段に親切である(確認し切れていないのだが、版に依っ
てはリンク先が微妙に違っていることも有る様だ)。

 先にも述べた様に最近は検閲が強化されており、Amazonとて例外ではない。
私が気付いただけでも2020年には3冊のCOVID-19検証本("Proof That Face
Masks Do More Harm Than Good"、 "Covid-19 - The Greatest Hoax in
History"、"The Case Against Masks:Ten Reasons Why Mask Use Should
be Limited")の取扱いが中止になった。本書とて何時削除されるか判った
ものではないから、COVID-19パンデミックの真相を知りたいなら、後でと言
わず早急に手に入れておいた方が良いと思う。

 付記:原題『コロナ誤警報?』は恐らく、2020年5月にドイツ内務省から
流出した内部文書が、「COVOD-19の危険性は過大評価されており、これはグ
ローバルな誤警報である」と報告していた事実を受けているのだと思われる。
専門家チームによるこの報告書を内務省は黙殺し、代わりに、科学的には無
意味な厳格なCOVID-19「対策」に合致する様な計算モデルを出すよう、研究
者達を雇い入れた。「対策」を正当化する為に科学的事実が捩じ曲げられた
のである。そしてヒトラーが「共産主義者のテロの脅威」を捏造して全権委
任法を通した様に、メルケルは「共産主義の中国から広まった殺人ウィルス
の脅威」を捏造して公衆衛生保護法を通し、絶対的な権力を手中に収めた。
正に1933年の再来である。著者の一人であるパクディ博士も参加しているド
イツ・コロナ調査委員会は、コロナ危機は「コロナ・スキャンダル」と改名
されるべきであり、責任者達は人道に対する罪で刑事訴追されるべきである
と主張し、現在訴訟手続きを進めている。
 ドイツはCOVID--19パンデミック詐欺の重要な震源地のひとつである。
「殺人ウィルス」と云う虚像を作り出した元凶はPCR検査だが、現在世界の
PCR検査の7割で使用されているプロトコルを書いたのは、ドイツのシャリテ
大学病院(2020年8月には、恐らくはCIAとMI6から貰った情報を基に、西側
が飼っている対ロシア工作員である「ナワリヌイはノビチョクを盛られた」
と云う荒唐無稽な主張を行い、且つ詳細の説明や具体的な証拠の提示は一切
拒否した胡散臭い大病院である)のドロステン教授のチームだが、11/27に
は23人の専門家グループがこの論文の10の欠点を指摘し、撤回を求めている。
そればかりか現在ドロステン教授には博士号詐称の疑いまで持ち上がってい
る。付け加えるなら同11月にはポルトガルの裁判所がサイクル閾値35以上の
PCR検査陽性反応の誤検知率は97%以上に達すると云う結論を採用して、PCR
検査結果のみに基付いて隔離を命じることは違法であるとの画期的な判決を
下し、12月にはパニックを煽って来た張本人であるWHOすらPCR検査について
警告を発せざるを得なくなった。
 砂上の楼閣はどんどん崩れつつある。今後の展開は要注目だが、どうせマ
スコミは報じないだろうから、更に興味を持たれた方々は自分なりにアンテ
ナを張っておくことをお勧めする。
--------------------------------------------------------------------
430:mespesado :

2021/08/05 (Thu) 08:22:39

host:*.eonet.ne.jp

>>428

↓スチャリット・バクディ博士のプロフィールとコンパクトなアピールの動画です。

https://ameblo.jp/source-message/entry-12689598116.html



429:mespesado :

2021/08/05 (Thu) 08:04:52

host:*.eonet.ne.jp

↓本当によくできた動画だと思う

https://www.youtube.com/watch?v=VsKXssO6Na0
428:mespesado :

2021/08/05 (Thu) 00:03:42

host:*.eonet.ne.jp

>>426

 さて、スチャリット・バクディ医師・博士の動画の内容の要約と論評です。

 この話は前半と後半の2つに分かれていて、前段は part1~part6 で「新

型コロナは大したことがない」という内容を、後半の part7~part9 は「ワ

○チ○は危険だ」という内容です。面白いのは、この動画、どうやら youtube

ではないようなので、削除ができないからなのか、この動画を貼られたtwitter

社は「ワ○チ○は危険だ」とする内容の part7 と part8 を「センシティブ

な内容が含まれている可能性のあるメディアです。」という表示にして、張

り付けた動画を隠すという手段に出ていますw。「…のある“メディア”で

す」ってwww。自分達と同じお仲間のお約束を守らないメディアに対して

煙たがってる様子が実に面白いwww

 さて、本題に戻って、この動画の内容ですが、前半は、要するに、新型コ

ロナに対する自然免疫を、ほぼすべての人が実は最初から持っていたことが

最近の論文によって明らかにされた、だから新型コロナは「致死的で危険な

新たな病気」なんかではない、ということを述べています。具体的に、どう

明らかにされたかというと、人間の免疫システムというのは、過去の罹患の

際に作った抗体の記憶のストックを持っており、しかも結構抗体の違いに対

して柔軟に対応ができる。そこで、新たに外から入ってきたウイルスの抗原

が記憶のストックに似た形であれば、その抗体(IgG と IgA)が直ぐに用意

できて直ちに抗原を迎え撃つことができるが、記憶のストックに全く似てい

るものが無ければ、新たに抗体(IgM)が作られることになるが、そのため

には約4週間ほどの時間がかかる。そこで、今回の新型コロナのウイルスを

体内に入れてみたところ、被験者全員から抗体 IgG と IgA が見出された、

というのです。これは、新型コロナウイルスの抗原が、ほぼすべての人の免

疫システムの記憶にある抗体で対応できたことを示している、ということを

意味します。そして、免疫システムの記憶にある抗体の柔軟性ですが、通常

のインフルの抗原はむしろ手強くて、人間の自然免疫の柔軟性で対応できる

幅を超えて変異するので、免疫システムの記憶では対応できないことが生じ

るが、新型コロナは実はそのような手強い変異をしないので、人間の免疫シ

ステムが持つ過去の記憶の範囲でほぼ完全に対応できることがわかった、と

いうわけです。

 次に後半ですが、人間の免疫システムは、ウイルスによる侵略に対して、

まずそのウイルスの抗原に対する抗体ができて、それが抗原と結合してウイ

ルスが人体の細胞に取りつくのを防ごうとするが、これが突破されて人体の

細胞に感染してしまったら、免疫システムの一つである「リンパ球」が、ウ

イルスに感染してしまった細胞を察知し、そのリンパ球の一つであるナチュ

ラルキラー細胞が、取りついかれたウイルスによってウイルスの製造工場に

改変されてしまった人体の細胞を「殺す」ことでウイルス工場を破壊して病

気を直そうとします。一方、バクテリアや真菌が人体に侵略してきた場合は、

まず抗体がそのバクテリアに結合し、それを白血球がやってきて食べてしま

う、という形でバクテリアを退治するわけです。この「リンパ球」によるシ

ステムと「白血球」による2種類のシステムを、博士は「海軍」と「空軍」

という例えで表現しています。さて、ここで本題です。今回の新型コロナに

対するRNAワ○チ○を接種すると、この免疫システムはどのように作用する

かという問題ですが、体内に注入されたmRNAは血流に入りますから、これは

血管を形作る細胞がmRNAを取り込むことを意味し、その取り込んだスパイク

タンパクを生産し始めます。するとこんな「異物」を放出する細胞の「異常」

を察知した「リンパ球」は、直ちにウイルスに感染した細胞に対する行動と

同じ行動を取る、すなわちこのmRNAを取り込んだ細胞に対して攻撃を始めて

しまいます。これが、ワ○チ○接種の副反応として血栓などの循環器系の障

害が生じる理由になります。更に悪いことに、この細胞から放出されたスパ

イクタンパクという抗原に対して約4週間後、抗体が作られ、この抗原を作

っているmRNAを取り込んだ血管を構成する細胞をバクテリアだと誤認識した

「白血球」により、この血管を構成する細胞が食べられてしまいます。この

「リンパ球」と「白血球」という2つの免疫システムの総攻撃にあって、血

管を構成する細胞群は悲惨な結果になる、というわけです。

 以上がこの動画の主張の要約ですが、ここで恐ろしいのは次の点です。今

まで新型コロナのワ○チ○の危険性は、主として次の2点が問題であるとさ

れてきました。その一つは、mRNAを直接注入するという遺伝子ワ○チ○であ

ることの中長期的な危険であり、このmRNAが本来のmRNAのように必要なタン

パクが作られると自然に分解するのを防ぐため、分解しにくいように改変さ

れていることから、この生き続けるmRNAがどのような影響を人体に与えるの

かという中長期的なリスクが未解明のため、そのことに対する不安(例えば

人体に対するDNAへの逆転写の可能性や、それに伴う癌の発生)。これが一

つ。もう一つは、新型コロナの抗原であるスパイクタンパクそれ自体が人体

に害があるのではないか、という不安、これが第二の問題点でした。しかし

これらの問題は、中長期的なリスクの「可能性」が問題であるか、もしくは

抗原それ自体が人体に有害な場合に限り問題がある、という話だったのです

が、今回の博士の説明によると、これは新型コロナに限らず、mRNAワ○チ○

という方式そのものが持つ「原理的な問題点」である、という意味で「致命

的」であると思われるのです。その致命的な欠点を暴露してしまった part7

以降がツイートで非表示にされたのもむべなるかな、ということです。ある

いは放っておくと、このツイート自体が消される可能性もあるほどワ○チ○

推進側にとって致命的な「不都合な事実」であると言えるかもしれません。
427:mespesado :

2021/08/04 (Wed) 15:27:05

host:*.eonet.ne.jp

>>426 でバクディ博士が言及している論文だそうです↓


https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2352396421002036

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0249499

https://academic.oup.com/cid/advance-article/doi/10.1093/cid/ciab465/6279075
426:mespesado :

2021/08/04 (Wed) 14:29:49

host:*.eonet.ne.jp

https://twitter.com/purplep76858690

↑このpurplepearlさんが、以下の全9編からなる貴重な動画を提供してく

れているので、ここに文字起こし(というか、字幕を拾ってつなげたもの)

をしておきます↓


Dr Sucharit Bhakdi PhD
スチャリット・バクディ医師・博士
微生物及び感染症・免疫学
「新型も旧型も差ほど変わらない。その違いを免疫は認識できない。」


part1
--------------------------------------------------------------------
今日は朗報です。つい最近、科学論文が発表され、その内容が、この茶番全てを一掃するような内容なのです。これまで信じられてきたのは、Sars-Cov-2ウイルスは、非常に新しく、私たちの免疫システムは、それを認識できないと言う話でした。そのため、いざと言う時、免疫反応が間に合わず、私達の命を救うことのできる抗体を作ることができないと言うのです。だからこそ、私達は、ワクチンを受けなければならないし、全世界がワクチン接種を受ける必要があると言うのです。ここ数週間で発表された科学論文は、私が言ったように、このような話に終止符を打つものです。分かったことは、Sars-Cov-2ウイルスと、その子孫は、これまでの普通のコロナウイルスとあまり変わらないので、その違いを免疫システムが認識できないことです。では、この図を使って説明しましょう。
--------------------------------------------------------------------
part2
--------------------------------------------------------------------
では、この図を使って説明してみましょう。これが免疫システムです。免疫システムには、多くの構成要素があります。その一つが抗体です。免疫システムは、ウイルスなど、新たな敵に出会うと作用します。免疫システムが、このウイルスを前に見たことがあると、記憶しているかどうかによって、反応が遅くなったりします。最初の反応は非常に遅く、抗体が作られるまでに約4週間かかります。これらの抗体は、IgM、免疫グロブリンMと呼ばれています。もし、免疫システムが以前に、このウイルスを見たことがあるとすると、免疫システムは記憶を持っているので、すると、すぐに別の抗体が作られます。それらの抗体は、IgGとIgAと呼ばれ、これらは免疫記憶細胞から作られた抗体と言うことです。これらの抗体には、主に2つの機能があります。一つは、抗体が戦うべきウイルスであれば、抗体は、ウイルスが細胞に侵入するのを防ごうとします。これが、本来のコロナに対する抗体の役割です。防御抗体と呼ばれていますが、それは、細胞がウイルスに感染するのを防ぐからです。もし、細胞が感染してしまったら、裏でリンパ球が働いて、細胞が感染していることを認識します。このリンパ球の1種、ナチュラルキラー細胞は、この細胞を殺す役割があります。細胞が殺されると、ウイルス工場が破壊され、ウイルスが生成されなくなります。あなたは回復し、仕事に戻れることになるんです。
--------------------------------------------------------------------
part3
--------------------------------------------------------------------
抗体のもう一つの機能、主な機能は次の通りです。もし、抗体が、バクテリアや真菌に対して作られた場合、これらの抗体がバクテリアに結合することで、免疫システムの、別のアームが活性化されます。これは、いわゆる補体と呼ばれていますが、抗体の作用を補完するものだからです。そして、白血球です。白血球は食べる細胞ですね。これらの細胞は血液中に存在し、常に循環しています。バクテリアが血中に入り込み、抗体でコーティングされるのを待ちます。それからバクテリアを食べるのです。このようにして、あなたはバクテリアに対する抗体によって守られているのです。このように、免疫システムには大きく分けて2つの主要なアームがあります。一つはリンパ球で、ウイルスや、ウイルスに感染した細胞に作用するもので、もう一つは、白血球で、バクテリアに対抗します。海軍と空軍のようなものです。空軍と、海軍です。どちらも本当に致命的です。通常は、すべてのウイルスと、バクテリアの両方に対応しています。さて、問題は、私たちの免疫システムは、新しい、いわゆる新型とされるSars-Cov-2に対し、本当に認識不能なのか、との疑問ですが、これはとても簡単に答えられます。そのためには、注入する必要があるんです、このウイルスや、ウイルス遺伝子を体内に入れるんです。そして、免疫システムがこの遺伝子に対する抗体を作るのに、どれだけの時間がかかるかを見るのです。アメリカの3つの独立した研究グループが、先週この研究を行い、発表しました。これらの論文は誰でも見ることができます。そして2つの疑問が生じるのです。1つ目は、抗体の反応が早かったのか遅かったのかと言うことです。これは速い、これは遅いと言うことになります。30日と、10日です。
--------------------------------------------------------------------
part4
--------------------------------------------------------------------
こちらは速く、こちらは遅いですね。それぞれ30日と10日です。或いは5日ですね。もし速いとしたら、その抗体は正しいラベルを持っているでしょうか?IgGとIgAですね。或いは間違ったラベルでしょうか?どう思いますか?これから皆さんに尋ねようとしているのですが、米国の研究では、血液中の抗体の出現率を、毎日測定したんです。注射を打つべきだ、と主張する人は言うでしょう。「もちろんですよ、IgM抗体があったのは、認識しなかったからですよ」と。しかし実際には、反対の結果になりました。注射を打った人全員が、IgGとIgAに反応したことを発見したんです。注射後数日以内にです。これは絶対的な証拠で、記憶細胞による、免疫システムのいわば想起反応です。どうしてこんなことが起きるのでしょう?答えはシンプルです。ご覧下さい。これはウイルスの手、つまり、掴む手です。これがスパイクです。このスパイクは、細胞への扉の取っ手を掴みます。細胞に入るためですね。抗体がやってきて、ワニのようにアゴに押し込んでいきます。口は開いていて、ワニが口を閉じるのを止めます。もちろんこれは、完全に正しいわけではありませんが、全体像は掴めるでしょう。さて、この鍵ですが、口に入るための鍵ですね。もちろん完全には、はまりませんが、このように、指を1本か2本分形を変えるだけで、中に入れるんです。これがその遅いですよ、コロナウイルスと、インフルエンザウイルスの違いです。インフルエンザとは、酷い症状の方です。それが実際にはパンデミックの原因となったんです。なぜなら、インフルエンザウイルスは、手の形全体を完全に変えられるんです。例えば、手の形がこんな感じに変わるんです。そうなると、あなたの抗体はその手に合わなくなります。
--------------------------------------------------------------------
part5
--------------------------------------------------------------------
インフルエンザウイルスは、手全体を変えることができるので、手の形が突然こうなったりするんです。そうすると、あなたの抗体はそれに適合しなくなります。これはコロナウイルスには決してできないことです。できないのです。ですから、指の形を変えるしかないのです。それだけでは、免疫システムを欺くことはできません。それほど単純なんです。これはすべての変異種に該当します。ですから、忘れてください、誰かに、変異種に対して免疫がない、と言われたとしても。事実はもちろん、免疫システムは無駄遣いしませんよ。抗体をロッカーに入れておくイメージで、銀行にお金を預けるのと似ています。ポケットからお金を出して、撒き散らすようなことはしないでしょう。必要な時に、銀行からお金を引き出すのです。それが、免疫システムに起きることなのです。素晴らしいことに、デンマークから発表された別の論文では、別の論文ですよ。それによると、真の意味で、このSars-Cov-2に感染すると、全く同じことが起きると言うことです。つまり誰でも感染した人は、そしてたとえ無症状であっても、症状がないんですよ、ウイルスが喉に入ってきて、少し像所くして、また吐き出されるのです。しかし、それでも、免疫システムは、IgGやIgA抗体を作って反応します。つまり、あなたは銀行にお金があると言うことです。この意味するところは、宜しいですか?親愛なる皆さん。集団免疫は、既に存在しています。ですが、宝物のように鍵をかけて保管されているのです。しかしそれは、いつでも好きな時に動かせるのです。これは、犬と飼い主のようなものです。犬は免疫システムで、飼い主は、この場合はウイルスになるでしょうね。ですから、ウイルスである飼い主が、家に近づき戻って来た瞬間、犬はウイルスが近づいてきたことを察知して、尻尾を振り、吠え始めます。飼い主に向けて抗体を出しながら、お帰り、と言うのです。
--------------------------------------------------------------------
part6
--------------------------------------------------------------------
犬とは免疫システムのことです。主人とは、このケースの場合はウイルスですよ。そして、ウイルスが家に近づいてくると、戻ってくると、犬はウイルスが来たことを感知します。尻尾をふり始め、それから吠えだします。抗体を出して、主人に挨拶をするんです。ですから、わかりますか?このウイルスというのは、常に正面ドアから入ってくるんです。あなたの喉に行き、増殖するのには何日もかかります。もし喉で増殖したなら、問題はありません。肺に入った時にだけ致死的になるのです。しかし、今や分かりましたね。これが十分な時間であることが、あなたにとって、私にとって、誰にとってもです。なぜなら、デンマーク論文が示したからです、99%以上が。。。そこらの人全員ですよ、この宝を持っているのです。喉にです。持っているんです。そして動員するのです、IgGやIgA抗体をです。たとえウイルスが喉の中にいてもです。さて、これは素晴らしいニュースではないですか?思うに、我々に分からせてくれますよね、理解させてくれるんです、我々が、このパンデミックの恐怖を払拭できることをです。そして、素晴らしい世界に戻れるのです。友のところに戻り、愛する人に戻り、手を握り、喜びを分かち合うのです。パンデミックは、存在しません。致死的で危険な新たな病気としては。
--------------------------------------------------------------------
part7
--------------------------------------------------------------------
さて、良いお知らせの2つ目は、それは、この注射が、不必要になるだけでなく、また、もしもこの注射が、例えどんな危険性があったとしても、中止しなければなりません。有益性がない上、もし、危険性があるだけならば、医師や関係当局は、注射を行わない義務があります。さて、ここで非常に憂慮すべきことをお話ししましょう。とても憂慮すべきことなので、このお知らせは、良いお知らせと同じくらい重要です。これについても、最近発表された論文からの情報です。それではこちらの図に戻りましょう。お話ししたように、こちらの接種組は、IgGとIgA抗体が直ぐに来ました。その後2~3週間経って、そして2回目の注射を打ちました。すると、IgGとIgA抗体値が、直ちに上昇し続けたのです。これがブースター注射の働きですよ。しかし、非常に注意して聞いて下さい。ご覧下さい。これは血管壁、そしてこれがあなたの血液です。これで分かったのは、体内に注射された遺伝子が、血流に入ります。そしてこれが確実であると分かったのは、この遺伝子が血管を覆う細胞に入ると言うことです。なぜなら、注射された遺伝子がこれらの細胞と接触するからです。
--------------------------------------------------------------------
part8
--------------------------------------------------------------------
これで分かったのは、体内に注射された遺伝子が、血流に入り、そして確実なのが、この遺伝子が血管を覆う細胞に入ると言うことです。なぜなら、注射された遺伝子がこれらの細胞と接触するからです。さて、血管壁を覆う細胞が、このようなスパイクを生成し始めるとどうなるでしょうか。スパイクは、細胞によって生成され、細胞の表面から突出して、血流に入ります。良いですね。さて、これらの細胞は、リンパ球に認識されますが、この、神秘な力から与えられたリンパ球は、これらの細胞を殺すため、あるいは、ウイルスタンパク質を作っている細胞を殺すために生まれてきます。これらのリンパ球は、血管壁を攻撃することになります。これが血栓形成への最初の道であり、ご存知のように、世界中のいたるところで起こっています。最初の注射後の、最初の段階における、危険性は最悪であり、もしキラーリンパ球が攻撃し始めたら、それ自体、既に恐ろしいことなんですが、しかし、最初の7日から10日の間は、まだ抗体ができていません。ところが、3~4週間後には、血液中に大量の抗体ができています。もしこれが繰り返される、つまり、血液中にスパイクを出し始めたら、恐ろしいことになります。今度はキラーリンパ球が攻撃するだけでなく、抗体や補体、白血球も攻撃するのです。このスパイクを生成している細胞をバクテリアと考えて攻撃し、血管壁の細胞を食べようとするからです。
--------------------------------------------------------------------
part9(終)
--------------------------------------------------------------------
このスパイクを生成している細胞を、バクテリアと考えて攻撃し、血管壁の細胞を食べようとするからです。さて、このように空軍と海軍が、単一の細胞を標的にした攻撃は、これまでになかったものです。このような状況はありません。なぜならば、ウイルスかバクテリアのどちらかと戦っているからです。前身に影響する混合感染症は、実際にはほとんど知られていないからです。ですから、ユニークな状況が生まれたわけです、つまり、今回の注射によってそのような状況が生まれたのですが、ある意味では非常に興味深いことですね、それは、結果がどうなるかは誰にも分からないからです。しかし、その境界線の向こうが非常に恐ろしく、最悪で、悲惨であれば、私は、その答を知りたいとは思いませんし、その答えを皆さんに知って欲しくもありません。ですから皆さんには決断して欲しいのです、2回目の注射を打たない、と。2回目だけでなく、その後もずっとです。あなたの命を危険にさらすからです。それが今の私の確信です。特に最近発表された論文により確信を得たのです。これが私が今日、言わなければならない最も重要なことでした。皆さんがこれらの論文に目を通し、話し合ってくれることを願っています。そして、私の同僚である、医師や科学者も同じようにして、一緒に考えてくれることを願っています、これには一抹の真実があるかも知れないとして。もしそうだとしたら、結末は必ず、終わりのないものになるか、非常に単純なものになるか、です。とにかくやめるべきことは、直ちにすべてを止めるべきことなのです。
--------------------------------------------------------------------


 同時通訳的な翻訳なので、ややわかりにくい文章になっていますが、この

内容の要約と論評は、別稿で書きたいと思います。
425:mespesado :

2021/08/04 (Wed) 08:48:47

host:*.eonet.ne.jp

 以前に他スレで言及した「字幕大王」さんの京都講演会の動画が登録され

ているツイートです↓


https://twitter.com/purplep76858690


①から⑥まであるようです。
424:OB :

2021/08/04 (Wed) 03:14:03

host:*.mesh.ad.jp
他の掲示板を覗いたら「内乱? 内輪揉め?」
まあ、私はその掲示板に書く資格は無いからよいがね

副島 重たい掲示板 感情移入して文章を書いてるね
423:mespesado :

2021/08/03 (Tue) 21:18:47

host:*.eonet.ne.jp

 マドモワゼル愛さんの動画で言及があった予防接種法についてのコメント

があまりにも衝撃的だったので、自分で法律を調べてみました。

 すると、確かに去年の12月9日に、「予防接種法及び検疫法の一部を改

正する法律」の改正に関する厚生労働省からの通達がありました↓


https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T201210G0070.pdf


 それによると、「第二 改正法による予防接種法の一部改正」として


> 一 予防接種の実施に関する事項
> (1)厚生労働大臣は、新型コロナウイルス感染症のまん延予防上緊急
>    の必要があると認めるときは、その対象者、その期日又は期間及
>    び使用するワクチンを指定して、都道府県知事を通じて市町村長
>    に対し、臨時に予防接種を行うよう指示することができるものと
>    すること。この場合において、都道府県知事は、当該都道府県の
>    区域内で円滑に当該予防接種が行われるよう、当該市町村長に対
>    し、必要な協力をするものとすること。(附則第7条第1項関係)
> (2)市町村長が行う予防接種を第6条第1項の規定による予防接種と
>    みなして、規定を適用するものとすること。(附則第7条第2項関係)
> (3)一の(1)の予防接種を行うために要する費用は、国が負担する
>    ものとすること。(附則第7条第3項関係)
> (4)一の(1)の予防接種を行う場合において、第8条又は第9条の
>    規定は、新型コロナウイルス感染症のまん延の状況並びに予防接
>    種の有効性及び安全性に関する情報その他の情報を踏まえ、政令
>    で、当該規定ごとに対象者を指定して適用しないこととすること
>    ができるものとすること。(附則第7条第4項関係)


 この中で、注目すべき部分は、(4)の規定です。ここで「第8条又は第

9条」とあるのは、予防接種法↓


https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=79015000&dataType=0&pageNo=1


の第八条と第九条のことで、


> (予防接種の勧奨)

> 第八条 市町村長又は都道府県知事は、第五条第一項の規定による予防
>     接種であってA類疾病に係るもの又は第六条第一項若しくは第
>     三項の規定による予防接種の対象者に対し、定期の予防接種で
>     あってA類疾病に係るもの又は臨時の予防接種を受けることを
>     勧奨するものとする。

>   2 市町村長又は都道府県知事は、前項の対象者が十六歳未満の者
>     又は成年被後見人であるときは、その保護者に対し、その者に
>     定期の予防接種であってA類疾病に係るもの又は臨時の予防接
>     種を受けさせることを勧奨するものとする。

> (平二三法八五・追加、平二五法八・旧第七条の二繰下・一部改正)

> (予防接種を受ける努力義務)

> 第九条 第五条第一項の規定による予防接種であってA類疾病に係るもの
>     又は第六条第一項の規定による予防接種の対象者は、定期の予
>     防接種であってA類疾病に係るもの又は臨時の予防接種(同条第
>     三項に係るものを除く。)を受けるよう努めなければならない。


 さて、問題となるのは、上記の通達で、この予防接種を勧奨もしくは受け

るよう努力義務を課している予防接種法の条文を、「政令で、当該規定ごと

に対象者を指定して適用しないこととすることができるものとする」と書い

てあることです。ちなみにこれは、実際の「予防接種法及び検疫法の一部を

改正する法律」↓


https://www.mhlw.go.jp/content/000686924.pdf


の第七条の4にも、実際に同じ条文が書かれています↓


> 第七条

>   4 第一項の規定による予防接種については、第二項の規定により
>     適用する第八条又は第九条の規定は、新型コロナウイルス感染
>     症のまん延の状況並びに当該感染症に係る予防接種の有効性及
>     び安全性に関する情報その他の情報を踏まえ、政令で、当該規
>     定ごとに対象者を指定して適用しないこととすることができる。


 この条文で言う「適用しないこととする」という「対象者」ってどういう

人を指すんでしょうか?ちょっと考えると、これは「持病などを持つので接

種することが危険を伴うような人」のことかな?と思ってしまうかもしれな

いですが、そういう人のことは、元の「予防接種法」自体の第七条で既に規

定されています↓


> 第七条 市町村長又は都道府県知事は、第五条第一項又は前条第一項若
>     しくは第三項の規定による予防接種を行うに当たっては、当該
>     予防接種を受けようとする者について、厚生労働省令で定める
>     方法により健康状態を調べ、当該予防接種を受けることが適当
>     でない者として厚生労働省令で定めるものに該当すると認める
>     ときは、その者に対して当該予防接種を行ってはならない。


 ええっ???

 ということは???

 つまり、「予防接種法及び検疫法の一部を改正する法律」の第七条の4に

規定する「対象者」って、「予防接種」を健康上の理由以外の理由で「免除」

される人、という意味に取るほかないですよね???

 つまり、言い換えると、これは、今回の予防接種を受ける「努力義務」を、

「上級国民」は免除されるっていうことを「堂々と法律で定めている」とい

うことに他ならないのではないでしょうか。

 何じゃこりゃ???
422:mespesado :

2021/08/03 (Tue) 08:09:41

host:*.eonet.ne.jp

https://ameblo.jp/rinrinrinrin8880/entry-12689866255.html


↑のブログ記事に張り付けられた動画↓


https://youtu.be/Uzhub-ey6TQ


と、記事からの抜粋↓


> この動画を観られた方のコメント

> 今の「ワクチン打たないもの非国民!」という状況は、戦前大恐慌後で
> 日本のGDPがどんどん改善し、ピークになろうてしていた昭和12年に何故
> か「贅沢は敵だ!」というポスターが日本全国にばら撒かれたのに似て
> いる。


 動画のワ○チ○の話も衝撃的だけれど、上記の引用部分にある「贅沢は敵

だ!」の話も私には衝撃的でした。これって日中戦争が勃発したときの「国

民総動員法」にまつわる一連の話かと思い込んでましたが、実はアヤシいの

ですね。景気が良くなると、それに水を差すことをわざわざするっていうの

は、江戸時代の相次ぐ「ナントカの改革」の話で知っていたけれど、「贅沢

は敵だ!」の話もそうだったのか!しかも、こちらは鎖国中じゃなくて、近

代というかむしろ現代の話だし、国際ナントカ資本が絡んだ話だったのかも

しれないですね。
421:mespesado :

2021/08/03 (Tue) 01:53:52

host:*.eonet.ne.jp

>>418 でリンクを貼った記事↓


https://note.com/info_shinkoro/n/nc9b6eed433de


では、人口動態統計による「超過死亡」がワ○チ○による超過死亡であると

結論付けていますが、同じ人口動態統計における超過死亡を、単なる新型コ

ロナによる超過死亡であるとみなしているツイートがあります↓


https://twitter.com/fusu3/status/1419966164478857217


> 5月の人口動態調査速報が公開されていました。大阪府、兵庫県ともに5
> 月の死者数も多く、4月と合わせるととんでもないことになっています。
> 大阪と兵庫で合わせると3500人くらいは超過死亡か?


 これ、一見すると、確かに >>418 でリンクを貼った


https://www.yomiuri.co.jp/national/20200720-OYT1T50204/


の読売新聞の記事のグラフ(灰色が死亡)で、今年の4・5月に大量の死亡

が発生しているのと呼応しているように見えます。

 ところが、>>418 でリンクを貼った論証記事によると、2021年のコロナ死

者数は、


> 1月:2,456 人  2月:2,132 人  

> 3月:1,263 人  4月:1,041人

> 5月:2,800 人


だそうです。あれれ?先ほどの読売新聞のグラフでは、1月・2月の死亡者

はほとんどゼロなんだけど?どうなっているの?どっちが正しいの?

 そこで、他の情報を探したところ、毎日新聞の記事↓


https://mainichi.jp/articles/20210730/ddm/001/040/164000c


を見ると、何と、1月・2月にも、4月・5月と同程度のピークがあるでは

ありませんか!こちらなら、>>418 でリンクを貼った論証記事とも整合性が

あります。これらはまた、時事通信による累積死亡者のグラフ↓


https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042600816&g=soc


とも整合性があることがわかります。

 なんと!読売新聞のグラフは「ウソ」だった!

 そうなると、>>418 でリンクを貼った論証記事の最初の方のグラフ(今年

1月からの全国の月別死亡者数の対前年比較折れ線グラフ)で、1月も2月

も特に超過死亡が無いのに、4月・5月は超過死亡がある、という事実は、

上で紹介した「左 ふす」さんのツイートの主張するような、「4月・5月

の超過死亡はコロナ死亡による超過死亡である」という仮説とは整合性が無

いことになります。

 やはり、>>418 でリンクを貼った記事が主張するように、「4月・5月の

超過死亡はワ○チ○による超過死亡である」という説の方が整合的であるこ

とがわかりますね。
420:mespesado :

2021/08/01 (Sun) 09:55:07

host:*.eonet.ne.jp

 本日の三橋さんの最新エントリー↓


切り札は「ワクチン」ではなく「補償」だ
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12689686698.html


はちょっと興味深いと思いました。と言っても、表題にあるワ○チ○とは全

く関係ない話ですが。それは、今回のコロナ禍には既視感があるという話で、


>  昨日、このまま「緊縮財政+疫病対策」が続き、やがて「補償なきロ
> ックダウン」といった狂った政策が法律化されると、
> 「我々国民が、サバイバルのために、不法化する」
> と、書きました。

>  まさか、日本人がそんな・・・・、と、思われた方がいるかも知れま
> せんが、歴史的に「先例」があるのですよ。


と述べて、大東亜戦争直後の食糧危機の話を挙げています。そこで、米軍による

爆撃で鉄道網が麻痺し、食糧輸送が滞った話や、1945年のコメ生産が40年

ぶりの不作になり、水稲の作況指数は平年の3分の2に落ち込んだという話を挙

げたうえで、戦後の食糧危機の第三の要因として


> 都市部で闇市が勃興し、食料配給制を管轄した農林省と「闇市」との間
> で「市場競争」が生まれてしまったこと。農村部の農民からしてみれば、
> 生産した農産物を政府に供出するよりも、闇市に流す方が儲かるという
> 話になってしまったのです。


という要因を挙げています。三橋さんは、


>  無論、上記は敗戦後の食糧不足は、「供給能力不足」という、どうに
> もならない状況で起きた悲劇です。


と述べて、今回のコロナ危機は、戦後の食糧危機とは違って、正しい貨幣観

に基づいて貨幣さえ発行すれば対処できる、と続けているのですが、実は、

戦後の食糧危機も、最初の2つの要因は仕方ないとしても、上で引用した3

つ目の要因は、実は対処できたはずだよな、と思ってしまいました。

 なぜなら、この「農水省」と「闇市」との間に「市場原理」が生まれてし

まった理由は、「農水省」すなわち「政府」が「闇市」という民間と同じ貨

幣のルールで争ったから生じてしまったわけです。つまり、この状況で、政

府は闇市の業者より高額の貨幣を農家に払って、国民には安く提供ればよか

ったのです。ちなみに、農家への支出と消費者からの収入の「差額」の「財

源」は、闇市業者には不可能だが政府にはできる方法、すなわち貨幣を「刷

る」ことで対処すればよかったわけです。

 つまり、戦後の食糧危機のうち、全部とは言わないまでも、少なくとも3

分の1は、今回のコロナ禍と同じ「政府(+国民)の貨幣観の誤り」が原因

だった、と言えるのではないでしょうか。
419:亀さん:

2021/07/31 (Sat) 12:12:30

host:*.t-com.ne.jp
>>417

mespesadoさん、

> 副島氏が監修してるので期待していなかった

「青は藍より出でて藍より青し」という諺が脳裏に浮かびました(爆)

『カバールの正体』を取り上げたはぐらめいさん、お見事です!



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
418:mespesado :

2021/07/31 (Sat) 09:31:11

host:*.eonet.ne.jp

 いわゆる「ふざけた」サイトの「真面目な」記事↓


https://golden-tamatama.com/blog-entry-mrna-vaccine-warn.html


 ここで、感染者:

https://golden-tamatama.com/wp-content/uploads/2021/07/WS20201216MJR5VD6001660.jpg

と、死亡者:

https://golden-tamatama.com/wp-content/uploads/2021/07/WS20201216MJR5VD6001661.jpg

それぞれの推移のグラフが掲げられています。でも、これらが日本のことな

のか、外国のことなのか、説明が無いのでわかりません。このブログの筆者

さんは


> しかし、以下は死者数。
> ダダ下がり中。
> 誰も死んでない。


と論評してますが、この二つのグラフだけを見ると、死亡者のグラフは、感

染者のグラフより約一カ月遅れのタイムラグがあるように見え、それだと、

死亡者のピークが今後一か月後に生じるかのように見えます。

 ところが、この筆者は、東京都の動向も貼っています↓


https://golden-tamatama.com/wp-content/uploads/2021/07/E7WcSO1UcAA5eVU-768x709.jpg


 これで見ると、確かに死亡者は減っていますね。両者の情報に齟齬がある?

 どういうことかよくわからないので、読売新聞の記事を見ると↓


https://www.yomiuri.co.jp/national/20200720-OYT1T50204/


 ここに貼ってあるグラフは日本の状況ですが、これを見ると、6月くらい

までは死亡者数が感染者数に一カ月遅れで連動していたのが、7月あたりか

ら、その連動が成立しなくなってきている。

 つまり、最初の2つのグラフは外国の動向であり、少なくとも日本国内で

は、デルタ株が主体となっていることは海外と同じであるにもかかわらず、

感染力は強いが危険は減少しているということなんでしょう。ああ、それな

のに…↓


https://twitter.com/amema23127444


 マスコミの論調、まさに『カバールの正体』の帯に書いてあるとおりです

ね↓


> 諜報機関が報道機関を使って偽情報をばらまいているわけではなく、報
> 道機関自体が元々カバールにとって都合のいい情報を流して世論調査を
> するために作られた組織であり、そこから国家諜報機関が生まれた。こ
> れが正しい順序です。(第6章本文より)
417:mespesado :

2021/07/31 (Sat) 09:05:51

host:*.eonet.ne.jp

 はぐらめいさんのブログの『カバールの正体』シリーズで関心を持ち、同

書を買って読みました。何と、今年の7月に出たばかりの新刊なんですね。

 最初は >>396


> 副島氏が天童竺丸さんの『悪の遺産ヴェネツィア』、そして藤原肇氏の
> 『オリンピアン幻想』に、まったく目を通していないのが手に取るよう
> に分かった。


と書かれた、その副島氏が監修してるので期待していなかったのですが、

きちんとかバールの起源について、フェニキア、カルタゴ、ベネツィアあた

りから記述を始めてるし、いわゆる奥の院の支配について、古代から現在ま

での歴史を一通り綺麗にまとめてあり、今まで私が断片的に知らされてきた

ファクトが順を追って記載してあり、「世界史の教科書」として非常に役立

つ、歴史学の「ハンドブック」だな、と思いました。
416:亀さん:

2021/07/30 (Fri) 10:30:57

host:*.t-com.ne.jp
>>339

自己レスです。「黄昏のNHK」と題するブログ記事、先ほどアップしました。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1891.html



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
415:加計呂麻島より :

2021/07/29 (Thu) 18:43:06

host:*.ocn.ne.jp
8月15日 終戦記念日
NHK BS で特攻隊に関する番組
放送なされるとの由

あるご縁で
その中での、いちインタビューシーン
先日、仙台の拙宅にて収録せしでした
( しばらく前より貸スタジオとして運営してたので )
飯山先生がおられた
志布志と知覧はすぐそこだ 
でした

2021、今
あの方達が今の日本の礎
築いてくれたんだ、って
思う方、幾人おられることでしょう

時代は常にある意味冷たいですね
60年後70年後に
その時の正誤を
検証する人は稀です

いつまで続くコロナ不安
これも60年後70年後には
検証する人もいないのでしょうか
414:亀さん:

2021/07/29 (Thu) 02:59:14

host:*.t-com.ne.jp
>>413

suyapさん、レス有り難う。

> 歌御会始

十年以上前、皇室の内情に詳しい栗原茂さんに、「亀ちゃん、歌御会始での天皇の御製や皇后の御歌(みうた)は、皇室版〝ツイート〟だよ」と教えて戴いた時、成る程と思ったものです。要するに、お立場上、直接国民に〝本当の思い〟を伝えるわけにはいかないので、そのあたりを御製や御歌に籠めているのだよという栗原さんの教えだったというわけです。爾来、小生は新旧ブログに時折ですが歌御会始を取り上げています。例えば、最近だと、「祈りの御歌」と題したブログ記事を書いています。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1665.html


> 深田萌絵さん

>>412で紹介した彼女の動画、「東京地検、萌絵起訴へ?解放軍を救い国民を挫く日本の闇」を観て、大分疲れている様子だったので心配していましたが、今朝の新動画「【反PLA法案】 国内における解放軍関連の活動を公けにする」を観る限りは、元気を取り戻したようなので安堵しています。
https://www.youtube.com/watch?v=DJdSlQuzp8E
__________
深田萌絵さんには、中国、台湾、日本、世界権力への歴史的、ならびに政治&政治家というものへの洞察を、より深めていっていただきたいものだ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
まぁ、長い目で見てやりませう(笑)。ともあれ、日本の半導体企業を護りたいという、彼女の祖国日本を想う気持ちが変わらない限り、今後も応援していくつもりです。


さて、>>412でお伝えした愚生の仕事ですが、件の翻訳会社からメールが届き、正式に小生が請け負うことになりました。ただ、翻訳するファイルの最終的な準備が残っているようで、実際に着手するのは早くて今週の土曜日あたりからになりそうです。一度スタートすれば、9月初旬あたりまでは放知技への投稿、あるいはブログ更新が出来なくルなるかもしれません。その間、suyapさんとmespesadoさんとで放知技を盛り上げて頂戴寝!



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
413:suyap :

2021/07/28 (Wed) 15:26:38

host:185.54.228.76

亀さん

>>404

 >小生は色々と考えた末、不敬罪の代わりに「不敬事件」と書きました。

これはタイプの指がすべってしまいました。亀さんのご指摘のとおりと思います。

それにしても、現代の「歌御会始」の様子、皇族方全員が洋装なのにはビックリしました。ウィキを見ると、戦後すぐのころは、少なくとも女性皇族方はまだ着物姿が大勢に見られます。礼の表し方として立つべきか座るべきかにしても、服装にしても、時代と共に大きな変遷を経ていることが見えてきます。

私が住む島の笑い話として、こんな言い伝えがあります。19世紀後半にやってきたスペイン総督に呼ばれた島の統領、総督の部屋に入ってくるなり、スペイン総督は一応敬意を表して椅子から立ち上がって迎えた。しかし椅子を勧められた島の棟梁は、(下賤な外国人の)総督が立っているので座るわけにはいかない。しばらく「さあ座れ」「いや御前が先に座れ」のやり取りが続いたあと、誰かに教えられた総督が、「貴殿の島では立つことは無礼だそうだが、私の国では立つことで敬意を示す」と説明して事なきを得たとか。


>>412
深田萌絵さん、事情聴取から拘留に進まず、ひとまず解放されて良かったですね。

>>411 シマジロウさんが紹介されたURLから、昨日の東京地検不当拘直前ライブを見ていたら、なんと萌絵ちゃん、70年代の新左翼張りにアジってる!あれはかなりドン引きでした。彼女の語彙に垣間見えるヒダリっぽさ(たとえば日本と言わず「この国は」とか)が常々気になっていたのですが、取り巻きにヒダリ界隈も多いのかな。あのアジテーションは練習でもしてたの?

そして萌絵ちゃんの演説のあとに登場したのが、つばさの党(元オリーブの木)の黒川敦彦さん。「日本の既存政党は、左も右も、行きつくところ〇ダヤ・金融資本=お中華」という視点で、萌絵ちゃんに抜けている重大なポイントだと私が思っているところを突いてくれて、そーだそーだと思っていると、ついでに山本太郎を批判と言うか茶化し始めたところで、聴衆の一部からブーイング。黒川氏にしても、いまだにモリカケで安倍批判をしている人なので安心はできないけれど、「背乗りとの闘い」という経験の中で、右に走った萌絵ちゃんが右からのバッシングでいろんな左がかりに取り込まれつつあるのかも...というビミョーな不安。

アメリカに渡ったあとの彼女は、「バイデン政権下でもアメリカは中国とちゃんと対峙している」とか、「日本の検察はCIAが操っているというけれど、とんでもない。今は中国の意のままになっている」とか言い始めているが、そもそも彼らを後ろで操るパワーへの視点が完全に脱落。

深田萌絵さんには、中国、台湾、日本、世界権力への歴史的、ならびに政治&政治家というものへの洞察を、より深めていっていただきたいものだ。

412:亀さん:

2021/07/28 (Wed) 04:24:39

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1627413879.jpg

>>410

自己レスです。今日も元気に起床して仕事部屋のパソコンを立ち上げたところ、東京地検に出向き、四時間にわたって〝拷問〟を受けたという、深田萌絵さんの報告が動画でアップされていたので、いの一番に観てみた。
東京地検、萌絵起訴へ?解放軍を救い国民を挫く日本の闇
https://www.youtube.com/watch?v=hX3UbxgnPtA

東京地検の成り立ちを知る身として、ある程度想像していた通りの深田さんの報告だった。この東京地検の正体については、拙稿「スノーデンファイル」に大凡を書いているので、関心のある読者に一読していただけたら幸いだ。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-757.html

東京地検の正体についてだが、そのあたりを見事に炙り出した漫画の一コマを、上掲の拙稿で小生は紹介している(↑本投稿にも添付↑)。これは、佐藤優氏が東京地検の〝拷問〟を受けていた時の一コマで、「モサド」という言葉が佐藤氏の口から飛び出した途端、東京地検の態度がガラリと変わり、何事も無かったかのように翌日には佐藤氏は〝釈放〟されている(笑)。
__________
東京地検特捜部が佐藤氏から〝モサド〟という言葉を耳にした途端、慌てて佐藤優氏を釈放するという一コマであり、日本の権力との繋がりを見事なまでに炙り出している。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ところで、上掲の拙稿に目を通した読者は、「スノーデン」、「イスラエル」、「プーチン」、「IT戦争という名の第三次世界大戦」といった言葉が目に飛び込んできたことだろう。ここで、最近公開された及川幸久氏の以下の動画をご覧いただきたい。
2021.7.26【世界】世界が震撼‼️今海外で騒動になっている全てを盗むスパイウエア ペガサスの実態をお伝えします!【及川幸久−BREAKING−】
https://www.youtube.com/watch?v=ZrmyBoQWr3M&t=618s

拙稿で取り上げた、「スノーデン」、「イスラエル」、「プーチン」、「IT戦争」という小生のキーワード、今回の動画で及川氏も言及しているのに注目していただきたいのだ。何故、スノーデンなのか、イスラエルなのか、プーチンなのか、IT戦争なのかといった詳細は、及川氏が動画の中で語っているので、それにより大凡を掴んでいただければと思う。

ところで、今朝起床してメールをチェックしたところ、締め切りが九月初旬という翻訳の仕事の打診が届いていた。語数にして16万ワード(英語)、今回の場合は機械翻訳ソフトを最近導入したという、長年のお付き合いのある欧州の翻訳会社からの打診だ。この機械翻訳という代物、グーグル翻訳を使用したことのある読者なら既にお気づきのように、機械翻訳の訳文は判読するのに骨が折れる訳文であり、それを〝自然な日本語〟にしてくれというのが今回の主な依頼内容である。従って、実際に届いた機械翻訳の訳文(日本語)の質如何では、九月初旬という締め切りには間に合わない恐れがあるが、それでも良ければ承る旨の返信を小生は出している。最終的にスタートということになれば、今日明日にもファイルが届き、一ヶ月半ほど仕事に没頭せざるを得なくなると思う。従って、ブログ記事も九月中旬あたりまではアップできない。そのあたり、予めご承知おきください。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
411:シマジロウ:

2021/07/27 (Tue) 12:01:28

host:*.enabler.ne.jp
深田さん、東京地検不当拘直前ライブ集会中です。
https://www.youtube.com/watch?v=hyl8qB3tLPs&list=RDCMUCM3yhFc0-fBFuvqx1Vg2YNQ&index=4
410:亀さん:

2021/07/27 (Tue) 11:36:13

host:*.t-com.ne.jp
ブログ「へっぴりごし」で、マドモアゼル・愛氏の最新動画、「トヨタ・スズキ・ダイハツが手を組んだ」を紹介していた。
https://ameblo.jp/yamatokokoro500/entry-12688780617.html

小生は上掲の動画に加えて、武田邦彦氏の以下の動画もお勧めしたい。
【特選ログファイル】トヨタ、未来の街づくりへ ~武田邦彦の「ホントの話。」第81回配信より~
https://www.youtube.com/watch?v=ZbtgBQ0yupY

車についての武田氏の話は、車関連の翻訳が仕事の70%前後を占める小生にとって、車の未来を考えたり、仕事をする上で大変役立っている。

また、武田氏の話はTSMCという、外省系の台湾半導体メーカーから、日本国内の半導体メーカーを護ろうと必死に闘っている、深田萌絵さんの動画を思い出せるに充分だ。その深田さん、7月27日に東京地検へ出頭するとのこと、GHQの流れを汲む東京地検が深田さんに対して、どのようなことをするのか、小生は固唾を呑んで見守っている。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
409:亀さん:

2021/07/27 (Tue) 10:30:35

host:*.t-com.ne.jp
>>408

> その「不敬事件」とやらが、最終的に国益を損なうことになる
> 国民の「國體」意識の消失に繋がらないかどうか、という視点
> で論じることが大切

mespesadoさん、禿同!


> 河野太郎

以前小生は「河野太郎の天皇観」と題する拙ブログ記事を、渡邉正次郎さんを通じて本人にメールして戴いたことがあります。小生のような一介の素浪人が送るよりも、現役の国会議員に最も恐れられている渡邉さんを通じてなら、少なくとも河野氏あるいは秘書が拙稿に目を通したはずですが、その後本人や秘書から連絡が無いところをみると、残念ながら小生のメッセージは伝わらなかったようです。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1803.html

その後の河野氏は行革相に就任していますが、ワクチンを巡る言動は目を覆いたくなるものがありました。例えば、ワクチンを打つと流産するといったネット界隈の話題を、「デマ」だと片づける(決めつける)あたり、総理大臣の器にあらずと思った次第です。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
408:mespesado :

2021/07/27 (Tue) 08:23:31

host:*.eonet.ne.jp

>>402 >>403 >>404


 天皇陛下のオリンピックの開会宣言で、総理大臣や東京都知事が着席した

ままで、途中から起立したことが話題になり、炎上している件について。

 これ、「けしからん」とか「いや、そんなことはない」などと「議論する」

のって、あまり意味が無いような気がします。

 「天皇を尊ぶ」という概念。これ、例の河野大臣が、以前に皇統の本質を

理解していないとやり玉に挙がったときと、本質的には一見すると同じこと

のように見えるのですが、微妙に違うと思います。

 そもそも皇室を尊ぶことの「人類にとって」あるいは「日本人にとって」

の「実利的」な意義は、「國體」と「政体」が分離していることによって、

「海外からの政治工作による国家の分断」に対する非常に強力な抵抗力を発

揮することにある、とこの掲示板でも喝破されていますが、それは本当にそ

のとおりであると思います。

 でも、ものごとを分析する立場の「識者」自らが、この「國體」と「政体」

の分離を促す「手段」に過ぎない「天皇を尊ぶ」という感情それ自体に取り

込まれてはいけない。あくまで「天皇を尊ぶ」という事象を「外から」眺め

て論評した方がよいと思うのです。つまり、河野大臣の件の発言は、国務大

臣という重い立場にある要人が、「天皇の尊厳」を相対化してしまうような

発言をすることにより、国民がそれに感化されて「天皇の尊厳」を軽視する

ようになり、それがひいては国民が普段無意識に持つ「國體」という意識を

失うきっかけになり、そこで「しめた!」とばかりに外患がササッとやって

来て、日本の分断工作を成功させてしまう…、我々が心配するとすれば、こ

こでしょう。

 ところが、今回の総理大臣の「不敬事件」は、ただのウッカリミス(?)

であり、河野大臣のようなメッセージ性は無いように思います。つまり、我

々のような「識者の立場で発言する」人間にとっては、何らかの「不敬事件」

が起きたとき、「不敬だから」として脊髄反射的に反応するのではなく、そ

の「不敬事件」とやらが、最終的に国益を損なうことになる国民の「國體」

意識の消失に繋がらないかどうか、という視点で論じることが大切だと思う

のです。

 さて、多くの人がある種の理想を投影している縄文時代には、「天皇」な

んて、まだ存在していませんでした。天皇の存在が(変な表現ですが)奏功

するようになったのは、弥生時代以降、他民族との抗争が生じるようになっ

てからです。つまり、我々にとって、実利的に「天皇という尊い存在がある

と都合がよい」理由は、この他民族との抗争が今日でも存在しているからで

す。むしろ本質で考えるならば、「天皇の尊さを引き継ぐ」ことより、「他

民族との抗争を解消する」ことの方が本質であり、それはそう簡単に実現す

るものではないけれども、あくまで主眼はそちらの方にある、ということを、

我々は忘れてはならないと思うのです。

 そういう視点から今回の「事件」を眺めるとき、むしろ総理大臣への非難

を誘導して、菅総理より「本当は」有害な人物を、次の総理に据えようとす

る勢力の作戦にまんまと乗ってしまう心配をした方がよいのではないかと思

います。
407:mespesado :

2021/07/27 (Tue) 07:55:37

host:*.eonet.ne.jp

>>406

 やや紛らわしいので訂正:


× ワ○チ○を接種しても重篤化する可能性が高いから

○ ワ○チ○を接種しても、その副反応が重篤化する可能性が高いから
406:mespesado :

2021/07/27 (Tue) 07:52:20

host:*.eonet.ne.jp

>>405

 一言だけ、「プロパガンダ」の方の記事に対してツッコむとすれば…

 このプロパガンダ。基礎知識を持ってワ○チ○反対を主張する人には届き

ませんよね。例えばス○イ○タ○パ○それ自体が、コロナ感染時にも、ワ○

チ○接種時にも重症化の原因になっている、という知識を持っている人から

すれば、この記事の見出しを見ても、単に「おや、このコロナ感染し重症に

なった若者、最期まで、コロナ重症化とワ○チ○の害についてわかってなか

ったのだな(だってコロナ感染で重症化する体質の人は、同じ機序によって、

ワ○チ○を接種しても重篤化する可能性が高いから)」と思うだけですから。
405:mespesado :

2021/07/27 (Tue) 07:44:23

host:*.eonet.ne.jp

 はぐらめいさんが、最新のエントリー↓


https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2021-07-27-1


で「反面教師」?として取り上げた、恐怖心からワ○チ○接種を奨励するか

のようなサイト↓


「ごめんね、もう手遅れなの」コロナ感染し重症になった若者が最後に医
師に懇願すること「今からワクチンを打ってください」
https://karapaia.com/archives/52304299.html


ですが、目的が何なのかはともかく、個別の生々しい事例による露骨なプロ

パガンダになってます(同様なことはワ○チ○反対派もやってますが)。

 さて、本投稿の目的は、この記事への論評ではなく、このサイト「カラパ

イア」の別の記事の紹介です↓


東アジアでは2万年前にもコロナウイルスが大流行していた可能性。ヒトゲ
ノム研究で明らかに
https://karapaia.com/archives/52303588.html


> 日本を含む東アジアで、ヒトゲノムにコロナウイルスの痕跡

>  オーストラリア・アデレード大学やアメリカ・アリゾナ大学などの研
> 究グループが目をつけたのは、コロナウイルスと作用する「ウイルス相
> 互作用タンパク質」の情報を持つ遺伝子変異だ。

>  これは大昔に我々の祖先がコロナウイルスと遭遇したことを示す痕跡
> と考えることができる。

>  1000人ゲノムプロジェクトのデータを利用して、世界26グループのゲ
> ノムを解析。すると問題のタンパク質が、日本、中国、モンゴル、北朝
> 鮮、韓国といった東アジアの人々に存在していることが判明した。


 確か In Deep さんのところの記事だったと思いますが、人間の遺伝子に、

太古に流行した種々のコロナウィルスの遺伝子が、まるでコピーみたいに人

間の遺伝子配列の中に紛れ込んでいて、そのコピーを持つウィルスには感染

しないようになっていること、そしてこれは人間だけでなく、他の哺乳類に

ついても同じである旨が紹介されていたのを思い出しました。

 すると、上で参照した記事は、日本を含む東アジアで今回の新型コロナの

感染が他地域に比べて著しく抑えられていることの一つの原因を示している

と言えそうです。
404:亀さん:

2021/07/26 (Mon) 19:08:53

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1627294133.jpg
>>403

suyapさん、レス有り難うございます。

> やはり「立たない」ほうが、日本人の礼儀感覚からは正解なのではないか

そのあたりについては、小生は何とも言えないなぁ・・・

確かに仰せのとおり、「1964年の昭和天皇のときは、全員着席」していますね。一方、同じスポーツ大会でも、毎年開催される国体の場合はどうか? 本投稿に添付した写真は第61回国民体育大会当時における、天皇陛下(現上皇陛下)の開会宣言ですが、全員が起立しています(本投稿に添付した写真を参照)。

ともあれ、スポーツ大会における天皇陛下の開会宣言時において、これといった「決まり」があるのかどうか、今の小生にはよく分からないですね。

しかし、一方で毎年一月の歌御会始では、このあたりは実に厳格です。例えば、御製が披講される時、天皇陛下以外は皇后陛下も含め、全員が起立します。以下のサイトに掲載されている写真でご確認ください。
https://www.kunaicho.go.jp/culture/utakai/utakai.html

こうしたシーンを歌御会始以外にも見てきたので、尚一層、今回の東京五輪における陛下の開会宣言時の周囲の立ち振る舞い、個人的に大変な違和感を抱いた次第です。

> 不敬罪

小生は色々と考えた末、不敬罪の代わりに「不敬事件」と書きました。何故なら、不敬罪は既に昭和22年に廃止されているからです。ともあれ、天皇陛下への敬意が最も欠如していたのは、suyapさんが「台無しにしたのが、ユリコ」と仰せだった、あの都知事だったと思います。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
403:suyap :

2021/07/26 (Mon) 13:43:37

host:185.54.228.58


>>402 亀さん

>そもそも、首相や都知事ごときが、天皇陛下と同列で座っていること自体が
>異様な光景に映ったのだし、それに加えて陛下が開会宣言をされる時も、
>この連中は座ったままだった・・・。実に、目を覆いたくなる光景でした。

まずは下記のYoutube画像、1936年から2016年のオリンピックの開会宣言集をご覧ください。宣言発令者以外、時と場所によって様々、立ったり座ったりしています。1964年の昭和天皇のときは、全員着席しています。

https://www.youtube.com/watch?v=qDkWH3G-Dr4

私もメディアに切り取られた画像を見たとき、はじめは亀さんや多くの人と同様の感想を持ちましたが、極少数ながら、「同列に並んだ天皇の横で立つほうが失礼」という意見をツイッターなどで目にするようになってから、「?」と思い始めたんです。

思えば、エライさんの前で脊髄反射のようにサッと恰好良く「立って」敬意を表する欧米系文化に染まった地に住みながら、いまだに慣れない私がいるのでした。こちらの文化も、本来はエライさんの前では「頭を下げる」のが礼儀なのに、欧米文化に染まったセージカやショーバイニンらは、フォーマルな席で州知事とか議員ごときが何かやるときにも、サッと立つんです。

そんなこんなを鑑みると、今件でいえば、やはり「立たない」ほうが、日本人の礼儀感覚からは正解なのではないか、と今は思います。

それを台無しにしたのが、ユリコ。そもそも天皇の宣言の真っ最中に、しかもひな壇で、モゾモゾ動くほうがよっぽど不敬だ。それに釣られた菅さんも不甲斐ないっちゃ不甲斐ない。

長野冬季のときには会場アナウンスで起立を促したっていうけど、今回はどういう手はずになってたのか知らない。立つのか、座ったままか、誰の頭からもまーったく飛んでたってのも、それまでのゴタゴタから考えると十分にアリエルし、でもまあ、暦年のオリンピック開会宣言を眺めてみれば、「いろいろあって良いんじゃね、オリンピックって所詮はこんなもん」と、そんなに目くじら立てるような事でもないって気持になってきますよ。

それよりも「ん?」と思ったのは、ここ放知技にまで「座ったまま不敬罪」論が当然のごとく語られるほどに、多くの日本人がメディアの煽りに載せられていることに気づけないこと。こっちのほうが大問題ですぜ(笑)。

それよりも私の違和感は君が代をオカシな衣装の女歌手ひとりに歌わせたこと。いつのまにか「国歌斉唱」が「国歌独唱」になっている!これは日本だけの傾向ではないようですが、とっても違和感。1964年オリンピックの国歌演奏シーンもぜひご覧ください:
https://www.youtube.com/watch?v=uj8XRlEbXg4

402:亀さん:

2021/07/26 (Mon) 06:06:47

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1627247208.jpg
お陰様で週末を潰して取り組んだ仕事(翻訳)が先ほど終わり、メールに添付して無事に納品できました。今日は月曜日、夕方あたりからヨーロッパ、深夜にはアメリカから新たな仕事が舞い込むかもしれないが、その時はその時で頑張るしかないなと思っています。それにしても、この歳になっても現役で仕事を頂けること、実に有り難いことだと思っています。


>>401

> まず最初の「学問の不自由」ですが、学問の真髄と言える域に至るには、
> いわゆる「教科書」をマスターするだけでは絶対に到達できない

御意。それが、「世の中に普及している〝経済学の常識という罠〟に、もしかしら田村氏も陥っているのではという直感が働いた」(>>385)という小生の記述となった次第です。そして、「上記の動画で、残念ながら田村さんは、このカラクリまでは説明していなかった」(>>383)というmespesadoさんの言葉を引き出した時は、思わず「やったー」と心の中で叫んだものです。

ともあれ、上掲のmespesadoさんの『「教科書」をマスターするだけでは絶対に到達できない』という世界があること、小生も歴史や天文(ビッグバン説等)の分野で、常日頃思っていたことでした。だから、mespesadoさんが〝甘ったれずに〟、経済分野で学問の自由の道を歩んでおられるように、小生も歴史や天文といった分野で、自分なりの学問の自由の道を今後も歩んでいくつもりです。


ところで、東京五輪が開催されてから今日で四日目ですが、その間は夕食時にテレビのニュースでその日の競技結果を知る程度だし、五輪関係の録画は一切していません。それは兎も角、小生が最も腹立たしく思ったのは、開会式での菅首相と小池都知事による、天皇陛下を蔑ろにした態度です。以下の動画をご覧ください。

天皇陛下 開会宣言 菅 小池 立たない
https://www.youtube.com/watch?v=9ZiX1vxJ3Ck

そもそも、首相や都知事ごときが、天皇陛下と同列で座っていること自体が異様な光景に映ったのだし、それに加えて陛下が開会宣言をされる時も、この連中は座ったままだった・・・。実に、目を覆いたくなる光景でした。ブログ記事「要」を書いた身として、到底許すことのできない所為です。

http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1825.html

ご参考までに、本投稿に添付した画像は、流石に座ったままでは拙いと気づいた小池都知事が、盆暗の菅首相を睨んでいる瞬間のカットシーンであり、この直後に二人は慌てて立ち上がっています。多分、小池都知事が菅首相の手を叩くといった、ことをしたのだろうと小生は想像しています。

この不敬事件、大勢の識者が同様に問題視しており、以下は今回の不敬事件を取り上げた動画例です。

■マドモアゼル・愛(5:55~)
大統領就任式で始まり東京で終わる不思議な旅
https://www.youtube.com/watch?v=ilbcpOBVVk8&t=900s

■島倉大輔
【東京五輪2020開会式】天皇陛下の開会宣言で着席したままの菅総理と小池都知事。
https://www.youtube.com/watch?v=IQQ2DpF6Dkc

マドモアゼル・愛氏ではないが、確実に〝連中〟の時代が終わりを迎えつつあるようです。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
401:mespesado :

2021/07/25 (Sun) 08:30:36

host:*.eonet.ne.jp

>>400

 こちらこそ、仕事で忙しい中、光速のご返事ありがとうございました。


> ともあれ、黒い貴族については、拙稿「悪の遺産ヴェネツィア」を一読
> ください。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-769.html


 この記事、亀さんの過去記事は主要なものは既に読んだはずなのですが、

今回は初めて読んだ気がしています。実際初めてなのか、読んだことを忘れ

ていただけなのかは思い出せませんが、これを読んでつくづく思ったのは、


# 学問の不自由





# 「甘ったれるんじゃねえ」というお叱り


の二つの(天の?)声です。

 まず最初の「学問の不自由」ですが、学問の真髄と言える域に至るには、

いわゆる「教科書」をマスターするだけでは絶対に到達できない、というこ

とを今回は思い知らされました。これは、自分でも、経済学というのがまさ

にその典型的な例であり、いわゆる主流派の経済学の教科書は、そのベース

それ自体が「供給不足の時代を無自覚に当然の前提として書かれている」と

いう致命的な欠点があるために、いくら教科書をマスターしても、正しい議

論に到達できない、ということは自分でわかっていたつもりでした。そして、

これは製○会社に支配された医学の教科書もまたしかり。そして、亀さんの

リンク先の記事は、「歴史学」もまたそうであることを教えてくれている。

歴史学というのは因果な学問で、利害当事者が「現代」も存在しているため、

近代史を中心に、「本当のこと」が、判明していても、「オトナの事情」に

よって、教科書には書けない、という場面がしばしばあります。これはGH

Qの洗脳の話でわかるとおりですし、近世についても、「近代民主主義」の

「夜明け」とも称せられる「フランス革命」の本質が「成金企業家による王

侯貴族からの権力簒奪」であったことまでは、民主主義絶対視の今日では、

タブーでこそないものの、そういう「本質」は、露骨過ぎて、その成金企業

家とやらへの忖度などのオトナの事情により、やはり学校教育で採用される

教科書には書けない。ですが、実は、そんな現代に近い時代だけでなく、現

代に生きる人に直接利害などありそうもないと普通は考えられている「古代

史」にも実は大きなタブーが存在していることを、リンク先で紹介されてい

る『悪の遺産ヴェネツィア』の終章は教えてくれていると思います。

 これを私は「学問の不自由」と名付けてみました。これは、欧州における、

「ホロコーストを否定するような学問の禁止」のような露骨な禁止政策だけ

でなく、表面上は禁止はされていないけれども、教科書だけ読んでいても決

して気付くことができないことなので、事実上、学問の「自由」が存在して

いないのと同じことになってしまうことによります。

 ですが、もし、他人からの押し付けではなく、自らの意思で、学問をしよ

うと考える人が、「教科書に書いてないんだから知らないのはアタリマエだ。

オレのせいじゃねぇ」などと言おうものなら、私が2番目の#に書いたよう

に、「甘ったれるんじゃねえ」とお叱りがある。それもまた、当然の話だと

思います。だって、現に上のリンク先の『悪の遺産ヴェネツィア』の内容は、

天童竺丸氏が(そして同様に悟っている亀さんご自身も)、そんな「学問の

不自由」の中で、ちゃんと古代から現代に至る真相を実際に掴んでいるわけ

ですから。

 ともすると、純粋な思弁だけで、経済学で大多数の人が目覚めていない、

「貨幣の真実」に気付いちゃったりすると、思わず「俺ってスゲー」と有頂

天になりがちですが、他方でワ○チ○の真実みたいに、純粋な思弁だけでは

正しい理解が得られない、きちんと医学・生理学的事実を、ほんの基礎の部

分でもいいから勉強しないと、真相に到達できない、という学問分野もある

のだ、という自戒が必要ですね。そして、更に、まさか「古代史」の知識が

「現代」の、それも単なる「歴史学」という一種「道楽」の世界の範疇で閉

じているのではなく、我々の日常の生活や、場合によっては命までも左右す

る「実学」の世界の理解にも甚大な影響を与えているという学問分野もある

のだ、ことを、恥ずかしながら、私も今改めて実感した次第です。
400:亀さん:

2021/07/25 (Sun) 03:33:25

host:*.t-com.ne.jp
mespesadoさん、亀レスになって申し訳ない。飯山さんのように打てば響くような、核心を突いたレスを書きたかったところですが、>>396を投稿した後にメールをチェックしたところ、時差の関係で未だ金曜日の夕方だったアメリカの翻訳会社から、二~三日はかかりそうな量の仕事(翻訳)が入っていたwww 締め切りは月曜日の朝9時(現地時間)なので、時差を上手く活用して今日と明日と頑張れば、相手の指定する期限内に提出できそうです。よって、以下、まとまりのない簡単なレスになってしまいましたが、ご容赦ください。

その前に訂正です。

× 副島孝彦
○ 副島隆彦

副島センセーに叱られそうだな・・・(爆)


ところで、>>396は天童竺丸さんの『悪の遺産ヴェネツィア』、そして藤原肇氏の『オリンピアン幻想』に目を通した読者を念頭に書いたものなので、両書とも読んでいないmespesadoさんをはじめとする読者には、一体全体何のことやらと、ピンと来なかった箇所も多かったと思うし、その点は申し訳なく思います。

なを、アマゾン等で確認したところ、『オリンピアン幻想』は古書でも入手できないようだし、『悪の遺産ヴェネツィア』に至っては、小生が同書をブログで幾度か推薦したこともあり、今でも時々読者から入手方法についてメールでの問い合わせが来るのですが、入手先である肝心なホームページ「みち」が閉鎖になったため、もはや同書を入手することは不可能です。
https://www.michi01.com/

それでも、小生の新旧のブログや放知技の投稿で、断片的ではありますが両書について言及していますので、そのあたりを検索して参照してください。

さて、以下、mespesadoさんが疑問を呈してくれた幾つかの項目、全てを詳細に回答もしくは解説する時間的な余裕が今はないので、以下のレスのみでご勘弁ください。


>>397

> 今回のオリンピックの開催について、その背後でDSが操っているのだ~
> というような意見にはどうしても首をかしげざるを得ない

真に近代オリンピックを牛耳っているのはDSでもなければ、ロスチャイルドでもなく、連中の親玉である黒い貴族です。

ウィキペディアの「ピエール・ド・クーベルタン」項でも解説しているように、近代オリンピックの父とされるクーベルタン男爵(ピエール・ド・フレディ)は、今問題となっているIOCの創立メンバーの一人でした。

そして、上掲のウィキペディア項の冒頭に、クーベルタンの遠祖「フレディ (Fredy) 家は元はイタリアから来た家系」とあるように、文字通り三千年という伝統を持つ黒い貴族の下っ端の貴族であり、そうした流れを汲む一人がクーベルタンだったということになります。だから、今のIOC会長が「ぼったくり男爵」と揶揄されているバッハなのも頷けると思います。

ともあれ、黒い貴族については、拙稿「悪の遺産ヴェネツィア」を一読ください。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-769.html



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
399:mespesado :

2021/07/24 (Sat) 09:57:26

host:*.eonet.ne.jp

 ちょっと鋭い指摘だなぁと思ったので、メモ↓


竹林の一愚@earthhackpost

> ふと思ったんだけどBIがあると働かなくなる~、と言う人達は小中高大、
> そして就職と生まれてこのかた一日の空白もなくなんらかの組織に所属
> し続けてきた人たちなのではなかろうか? 常に組織からの圧力によっ
> て指示されるばかりで真の内的な創造力を感じたことのない人達という
> ことだ。

 ↓ ↓ ↓

平野(R)麗か@5lllwb8xIvrz7ON

> 常に何らかの圧力や指示によって行動を決定してきたから、そこから解
> 放される最低限の生存を保障されると他人は(自分も)働かなくなると
> いう発想に至るのか。その視点はなかった。
398:mespesado :

2021/07/24 (Sat) 09:02:06

host:*.eonet.ne.jp

>>397

> ここには、サヨクというよりは、単に「ムシャクシャするから何でも反
> 対」な、昭和の社会党みたいな勢力による単なるイヤガラセの憂さ晴ら
> し以上のものを感じませんよ。


と書きましたが、ちょっと「訂正」を。

 これ、毎日新聞なので、安倍さんが3つの敵と称していた「財務省」「国

際○○資本」「サヨク野党」の内の最後の「敵」じゃないですか。つまり、

彼らの今回の「過去のスキャンダルでオリンピック関係者を失脚させた」真

の目的は、このスキャンダルによって現在の自民党の無能さを世間に見せつ

けることによって、次の選挙での野党による政権交代を企んでいるんですねw

 いやね、この左翼系ポリコレ勢力というのは、海外では確かに強い勢力を

持っていて、実際、欧州を人権ポリコレで移民だらけにしたり、最近では米

国のトランプ大統領を引きずり降ろしたり、相当な力を持っていますから、

最近はボロが出過ぎて弱体化し始めたとは言え、まだまだ侮れない勢力です

が、こと日本ではどうかというと、全くのヘタレ勢力であり、維新のような

新自由主義は大阪や「意識高い系」の若年層の一部で強化されているのに、

ポリコレ左翼勢力はほとんど風前の灯火です。なので、この勢力の存在を、

>>397 ではコロッと忘れていましたが、確かに単なるイヤガラセなんかでは

なく、一応、欧米では勢力を持つのでそれにあやかった「政治行為」の一環

ではあったのですね、あまりにもショボいことは確かではあるんですが。
397:mespesado :

2021/07/24 (Sat) 08:13:23

host:*.eonet.ne.jp

>>396

 オリンピックやワ○チ○について、DSとか黒い貴族とかがどの程度関与

しているのか、その手の本を読んだことがあまりないのでよくわからないの

ですが、いろいろ飛び込んでくる状況を観察した範囲での感想を述べると…

 まずオリンピックですが、副島さんの意見↓


> アメリカの大富豪たち(マサチューセッツ州やペンシルバニア州に隠れ
> 住んでいる、社会の表面には決して出てこない、巨大地主たちで大企業
> の株もたくさん持っている)からなるディープ・ステイトは、「オリン
> ピックなんか、やめてしまえ」である。


 これ、よくわからないですが、日本でもトヨタなどのグローバル企業がC

M取りやめを表明したことと関連するんでしょうかね?よくわからない。そ

もそも今回、IOC会長が何が何でも開催せよ、と主張していて、これは↓


https://www.asahi.com/articles/ASP5B4VPFP5BUTQP00Q.html


の記事にもあるように、


>  まず大きいのが、テレビ局からの放映権料だ。IOCは、2032年までの夏
> 冬6大会における米国内での放映権について、米NBCと76億5千万ドル(約
> 7780億円=当時)の契約を結ぶなど、収入の約7割をテレビ放映権料から
> 得ている。たとえ無観客でも、大会が開かれれば、放映権料を受け取る
> ことができる。

>  IOCは支出の約9割を、アスリート育成や世界各国の五輪委員会や競技
> 団体への分配に使っているとしている。仮に大会が中止になり、放映権
> 料を払い戻すことになれば、特にマイナー競技の団体は分配金が減って
> 資金難に陥る可能性がある。


ということですから、「アメリカの大富豪たち」の一つであるテレビ局の都

合からするとオリンピック開催には賛成のはずで、そこからの資金供給に依

存しているIOCも賛成なのは当たり前。一方、トヨタとかは、国民の間に

賛否両論のあるオリンピックのCMを流すことで企業イメージが悪くなるこ

とを懸念しての判断でしょうから↓


https://gendai.ismedia.jp/articles/-/85390?imp=0


副島氏の言うような単純なものではなく、大企業と言えども、オリンピック

に対する利害はバラバラなのではないでしょうか。

 一方、今回のオリンピックについては、開催直前になって、大会関係者の

過去の言動が暴かれて辞任や解任が相次ぎました。これを、個々のスキャン

ダル言動があった人に対して単純に「けしからん!」と脊髄反射するのはポ

リコレに毒された人たちで、何かアヤシイぞ?と思うのが普通ですよね。だ

って、これって、「過去のスキャンダルを暴く」ことによって「自分達の利

権にとって不都合な政治家」を失脚させるのは、政治の世界の常套手段であ

り、今回の辞任・解任劇も、同じパターンだからです。でも、これって、背

後に闇の勢力がいて、その計画に従っているのか、というとそんなに大層な

ものではないような気がします。だって、今回のスキャンダル報道で関係者

を非難してるのって、主としてあのサヨク系メディアの要である毎日新聞が

煽っているだけじゃないですか。ここには、サヨクというよりは、単に「ム

シャクシャするから何でも反対」な、昭和の社会党みたいな勢力による単な

るイヤガラセの憂さ晴らし以上のものを感じませんよ。それに、そもそもオ

リンピックを止めさせることによって何か得する勢力ってあるんでしょうか?

どうにも思いつきません。ですから、今回のオリンピックの開催について、

その背後でDSが操っているのだ~というような意見にはどうしても首をか

しげざるを得ないです。

 これに対してワ○チ○の方はどうでしょうか?国際的にもフランス、英国、

そしてイタリアと、国家によるワ○チ○の強制○○の動きが強まっています。

例の○○○○クリニックのブログによれば、製○会社の政治力がものすごく、

彼らが政治を牛耳っているどころか医学部の教育まで支配しているというこ

とらしいので、多くの医師がこぞってワ○チ○推進の片棒を担いでいるのは

さもありなん、とわかるのですが、この話、製○会社がラスボスとは思えな

い。なぜなら、In Deep さんも暴いているように、今回安全なワ○チ○と危

険なワ○チ○を両方開発した会社が、なぜか危険な方が認可されてそれを積

極的に販売しているとか、その結果、人が大量に○ぬので、彼らの顧客も減

ってしまい、企業戦略としても不利なはずなのに、なぜか強力に推進してい

るという不思議現象があり、これは、彼らもその背後にいるはずの○○削減

計画を企む真のラスボスに脅されているから、と考えるのが合理的な判断だ

と思うからです。

 詳しい裏事情を知っている人から見たら、こういう意見は幼稚過ぎる見解

なのかもしれませんが、そういう事情に疎い私としては、今日のいろんな現

象を、見るにつけて、このように感じた、ということを書かせていただいた

わけで、真の事情を知る方にとってはお目汚しでしかなかったですね。どう

も失礼しました。
396:亀さん:

2021/07/24 (Sat) 04:32:29

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1627068749.jpg
>>395

自己レスです。昨夜の東京五輪の開会式ですが、一応(テロといったこと等)何事もなく〝無事〟に終わったようだ。NHKが三時間ほどに及ぶ、開会式の生中継の放送を予定していたので取り敢えず録画しておいたが、多分観ることはないと思う。東京五輪についての何等かのブログ記事を書くようなことがあれば、確認したい箇所のみを観ることはあるかもしれないが・・・。

さて、昨夜は熱帯夜にも拘わらず熟睡できたこともあり、日付が変わる直前に起床できた。早速に仕事部屋のパソコンを立ち上げたところ、目に飛び込んできたのがマドモアゼル・愛氏の動画で、しかも生中継中だった。
オリンピック開会式が終えました
https://www.youtube.com/watch?v=n4n5Y8gOPyw

最近はマドモアゼル・愛氏の動画を、殆ど欠かさずに観るようにしている。何故なら、グローバリズム(金儲けしか念頭にない極一握りのビッグブラザー、すなわち支配層の主義)の綻びが、日本はもとより世界的な規模で目に付くようになった今日、間もなく反グローバリズム(グローバリストに支配されている我々民衆)の世界が到来するであろうという、マドモアゼル・愛氏の主張に同意しているからである。

マドモアゼル・愛氏は西洋占星術の視座から、二年以内に反グローバリズムの世界が到来すると主張しているのだが、小生はグローバリストvs.ツランの視座から、もう少し時間がかかると思っている。それはともかく、反グローバリズムの世界になるという点では、マドモアゼル・愛氏と小生のそれとは一致しているが、その根底となる思想・視座は同氏のそれとは異なっているのも確かだ。

ところで、>>394でsuyapさんが張ってくれた以下の画像ファイル・・・
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1626951373.jpg

これは林千勝氏の作成した図で、ナポレオン戦争(1815年のワーテルローの戦い)の情報戦で、巨額の富を得た〝新しい〟成金のネイサン・メイアー・ロスチャイルド以降、ロスチャイルドの時代が続いているわけだが、小生が過去の投稿で幾度か書いた、カルタゴ以来の黒い貴族の実態について、林氏の視座に全く入っていないのは残念といつも思っている。

そんな折、副島孝彦氏が「 [3192]明日のオリンピック開会式、直前のゴタゴタについて 」と題して、以下のような投稿を行っていた。
__________
 今、世界を支配しているディープ・ステイト the Deep State は、大きくふたつに分裂しているようだ。古くからのディープ・ステイトであるヨーロッパの王族と貴族どもは、「何が何でもオリンピックを開催せよ」である。それに対して、アメリカの大富豪たち(マサチューセッツ州やペンシルバニア州に隠れ住んでいる、社会の表面には決して出てこない、巨大地主たちで大企業の株もたくさん持っている)からなるディープ・ステイトは、「オリンピックなんか、やめてしまえ」である。 
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この行から、副島氏が天童竺丸さんの『悪の遺産ヴェネツィア』、そして藤原肇氏の『オリンピアン幻想』に、まったく目を通していないのが手に取るように分かった。

天童さんの本を読んでいれば、DSが「大きく二つに分裂している」などといった馬鹿な事を書くはずがないし、藤原氏の本を読んでいれば、オリンピックは未婚の若い欧州貴族にとって、最高の婚活の場である事実を明確に知ることができたはずだ。つまり、欧州貴族と知己になり、本当のオリンピックの実態を述べた貴重なレポートこそ、藤原氏の『オリンピアン幻想』に他ならないのである。

東京五輪に話を戻すが、今朝の産経新聞の記事で最終聖火ランナーが誰あろう、全仏オープンで試合後の記者会見を拒否した、あの大坂なおみ選手だったことを知り、マドモアゼル・愛氏ではないが、商業主義(金儲け主義)の五輪終焉を肌で感じた次第である。無論、大坂選手のBLM支持という政治的思想、個人的には全く同意できないが、聡明な彼女のこと、いずれBLMの正体に気づいてくれるだろうと期待している。
最終聖火ランナーは大坂なおみ 大会のテーマを象徴
https://www.sankei.com/article/20210724-QMXRQBKBMBI3XBIOWK6AQGKTGA/?outputType=theme_tokyo2020



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
395:亀さん:

2021/07/23 (Fri) 06:51:13

host:*.t-com.ne.jp
本日は東京五輪の開会日。しかし、冷たいビールを片手にテレビ観戦という気分には全くなれないし、今日は多分昼寝をしていると思う(爆)。それに較べて1964年当時の東京五輪、民意が一つになった感のあった五輪に対する熱気、それはそれは物凄いものがありました。小学校の六年生だった当時、先生方が全校生徒を一堂に集め、テレビで五輪開会式を観戦されてくれたという、在りし日を今では懐かしく思い出します。しかし、今回の東京五輪は直前になって、不祥事の連続(オンパレード)であり、今回の五輪には元々関心がなかったのだが、尚一層関心が薄れましたwww

> 日本列島

小生はブログで多角的な観点から、日本列島に関する記事を計159本ほど書いています。
http://toneri2672.blog.fc2.com/?q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%88%97%E5%B3%B6&page=1

たとえば・・・

奇跡の日本列島
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1473.html

そうした風土で育まれた日本民族という気質、時には「お人好し」といった具合に酷評されていますが、小生は寧ろ誇りにすら思っています。

> ナショナリズムよりも「ローカリズム」のほうが、私の考えている定義にはピッタシカンカン

禿同、今日見る「日本人の心」あるいは「日本人のナショナリズム」を誕生させたもとは、我々が居住する日本列島だし、しかも何万年という、気の遠くなるような時間をかけて熟成された民族的気質、大切にしていきたいものです。飯山さんも日本列島は、世界中の国々が喉から手が出るほど欲しがっていると、時々仰せだったのを思い出します。

これから、mespesadoさんとsuyapさんとの間で、交わされるであろう「ナショナリズム」、時々小生も参戦させていただきます。その前にNHKの前田会長宛の質問公開状風の記事や、飯山史観はもとよりグローバリズム(金儲けに血眼な一人切りの人たち)vs.反グローバリズム(グローバリズムの犠牲になっている我々大衆)の間で繰り広げられている闘い、といった記事も予定していますが、暑くてなかなか気分が乗りません(爆)。

> 大昔の生活が現代にインテグレイテッドして生き返る=地球も生き返る

まぁ、ここ数年の内に反グローバリズムの世界が実現するのではと、個人的には楽観しています。なにはともあれ、その日までお互いに元気でいませう。

さて、今日の午前中に来客があり、その準備もあるので、本日はこれにて打ち止めぇ~



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
394:suyap :

2021/07/22 (Thu) 19:56:13

host:185.54.228.3
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1626951373.jpg
>>392 >>393

>>392 亀さん

> あっ、それはね、mespesadoさんの言う「2つの主義(グローバリズムとナショナリズム)」と、
> suyapさんが考えている「2つの主義」は、視座が異なるというか、そもそも定義が互いに
> ズレているからです - ( ̄^ ̄)キパッ

にゃるほど。suyapのドタマには、mespesado語は難解すぎますぅ(汗)

しかしながら思うに、グローバリズムの対語としては、ナショナリズムよりも「ローカリズム」のほうが、私の考えている定義にはピッタシカンカンではないかと。ナショナリズムというと、その地域の歴史や含まれる範囲、はたまた政治的立ち位置まで、含まれる範囲が広すぎますもんね。

天の氣、地の氣をとおして、日本列島に生まれ育った人に染みこんでいるフィーリングに加え、まずは地産地消、その地が人々に与えてくれる生きる糧を大切に育て、余ったものを他の地に「輸出」する。これを、地球上のすべてのコミュニティで行えば、大昔の生活が現代にインテグレイテッドして生き返る=地球も生き返る...なんてのは、呑気な夢想家のほざきでしょうかw

現代の、とくに都会で買い食い暮らししかしていない面々は、農業にしても漁業にしても、すぐに「効率」をお考えになるでしょうが、本当は相手(植物、動物)と天地の氣のペースにお任せし、人間はその手助けをして環境保全に努めてこそ、毎年の収穫が与えられる、という事項。

というわけで、mespesadoさんが引用された三内丸山遺跡の栗林の話は、ただの机上の夢想にしか見えません。

>>393 

>> 栗林は個人の所有物ではないのか?稲作のように、限られた場所で集中
>> 的に作業を繰り返さなければ収穫できないわけではないからです。稲作
>> のような「人手によって作られる」ものは、作った人がその権利を有し
>> たいと考えるでしょう。しかし、栗の実は、ある意味、ほったらかしで
>> も勝手に実るわけです。

栗林も栗の実が落ちて発芽するがままにしておいたら、ちゃんとした林にはならないし、かといって栗の木ばかりにしてもマズイ。ある程度の収穫を期待するためには、長年を通じた当時の人々の自然観察と試行錯誤があったはずです。

また稲作も、現在でも復活している人がいますが、何も水田に集中的に植えるのが米作りではありません。逆に言うと、今みさなんが「これが稲作」と思っている方法は、植物としての稲にとっては相当なストレスで、単位面積の収穫は格段に上がるかもしれないけれど、栄養価も味もマズイ(笑)。稲だって栗程度の労働+観察思考で立派に収穫できますよ。

上記両方とも、単一作物の集約的農業という発想しかできない方には、理解不能化もしれませんが。それに、本来、稲が育たなかった地域で育てようとすると、人間にも稲にもストレスがかかりますね。

ローカリズムによった社会では、大人も子供も全員、1日数時間、なんらかの「食料生産活動」への従事を義務づけること!
↑↑
これは夢想家suyapの理想コミュニティです。


mespesadoさん

> それにもかかわらず、相変わらず今日の菅政権下でグローバリズムが遂行
> されるのはなぜか?

あっはっは、わかっておられるくせに...くっくっ

菅さんは2019年5月にワシントンに呼ばれて、それを条件に安倍さんのあとを受けたんだから、本人も承知の上でしょうよ。

それよりも、短絡的にベーシックインカムを押すことは大反対です。
それこそ、ワン・ワールド推進派の望んでいること=求めるのはストなし・低賃金労働の「従順な地球市民」ってわけ。

※リンクは亀さんがいつぞやアップされた、林千勝さんのNWOチャート。これ便利ですね!

393:mespesado :

2021/07/22 (Thu) 13:50:08

host:*.eonet.ne.jp

 グローバリズムvsナショナリズムの対立が経済問題の本質でないのなら、

じゃあ何が本質か。ツイッターで「のらねこま」の名前で呟いている方のブ

ログ↓


ネコでもわかる経済問題
https://noranekoma.blogspot.com

> おカネを有難がって、おカネに振り回されるのは人間だけ。経済の本質
> はおカネではない。大切なのは生活に必要なモノであって、おカネが幾
> らあってもモノが無ければ人は不幸になる。そこを原点に経済のあるべ
> き姿を見つめ直してみたいと思います。


と前口上に書かれていて、いつも私が主張していることと同じなので、注視

しているのですが、その中の最新エントリー:


縄文の栗林とベーシックインカムの共通性
https://noranekoma.blogspot.com/2021/07/blog-post_21.html


> ベーシックインカムは縄文時代の、三内丸山遺跡にあったという広大な
> 栗林と同じようなものだと思うことがあります。どういうことか。

>  縄文時代、三内丸山遺跡では、人々が何世代にも渡って集落の近くに
> 栗の木を植え、広大な栗の林を形成していたといいます。何世代にも渡
> って人々が積み上げてきた「資産」のようなものです。この資産は集落
> のすべての人の共有財産です。しかも、ほとんど労働を必要とせず、放
> 置していても勝手に栗の実が大量に収穫できるわけです。【中略】なぜ
> 栗林は個人の所有物ではないのか?稲作のように、限られた場所で集中
> 的に作業を繰り返さなければ収穫できないわけではないからです。稲作
> のような「人手によって作られる」ものは、作った人がその権利を有し
> たいと考えるでしょう。しかし、栗の実は、ある意味、ほったらかしで
> も勝手に実るわけです。人間は拾って食べるだけ。しかも、人々が生活
> する上で十分な量が収穫されるのなら、喧嘩して奪い合ったり、「この
> 栗の木はおれの木だ」と必死に独占権を主張する必要はありません。


↑ここに「新自由主義」の本質が説明されているように思います。つまり、

大した労力も無しに消費のための生産が可能である間は、人々は所有権の

主張のような世知辛いことは主張せず、仲良くできるのに、生産に労力が

必要になればなるほど、所有欲が強まって世知辛くなる、という話ですね。

これは実は現代にも通用する話で、高度成長期は生活必需家電が右肩上が

りで勝手に売れたので、儲けも右肩上がりで給料も右肩上がり。これは労

力に比べて消費生活の豊かさが大きかったので世の中は世知辛くなかった。

これに続くバブル時代も、余ったお金で投資すればするほどいくらでも儲

かったから、やはり同じように、世の中は世知辛くなかった。ところが、

その後の低成長下では、働けど働けど、世の中の貨幣が減っていくのだか

ら、一向に儲からないし、所得も下がる。つまりゲインに比べて労力が大

きい時代に突入したので世知辛くなってしまったわけですね。その世知辛

さを正当化する理論を、現代では「新自由主義」と呼んでいるに過ぎない。

 さて、上でリンクした記事の後半には次のように書かれています↓


>  しかし時代は流れ、すべての資産が誰かに所有される時代になると、
> そんな生活は夢のような話になってしまいました。確かに、生産効率か
> ら言えば、生産性の高い生産主体に資本を所有させたほうが、より少な
> い資本でより多くの成果物を得ることができますので、生産の総量とし
> てはより多くなります。しかし、すべての人々を満足させるための分配
> の仕組みが確立されていないため、争いが絶えることはありません。

> そして、人工知能やロボットのような「完全自動生産機械」が急速に進
> 化しつつある現代、曲がりなりにも分配のシステムとして機能してきた
> 「労働市場」「賃金(労働の代価)」という考え方は、崩壊に向かいつ
> つあります。


 この内容には思わず「おや?」と疑問を感じてしまいます。この文章の筆

者は、「皆が資産の所有権を主張するようになった“から”世の中がおかし

くなった」と考えているように見えます。しかし、それなら、昔の人間だっ

て、バカではないのですから、それなら「すべての資産が誰かに所有される

時代」になんか移行しなければよい。つまり、いつまでも資産は皆の共有財

産のままにしておけばよかったのではありませんか?

 私が思うに、縄文時代の「共有財産」の考え方が終焉し、「資産が誰かの

所有物になった」ことには必然的な外的要因があるのではないかと思います。

その一つの可能性は「気候の変化」です。三内丸山遺跡があるのは東北地方

ですが、弥生時代以降の東北地方は、冬になると雪に覆われ、食べ物は無く

なってしまう。そうなると、自然の恵みに頼ることはできなくなり、農耕の

ような、「人為的な労働」によって食べ物を生産するしか生き延びる方法が

無くなる。そうなると、この筆者も上で「稲作のような「人手によって作ら

れる」ものは、作った人がその権利を有したいと考えるでしょう。」と述べ

ているように、生産のための労力を提供した人が何らかの特別な利益を与え

られないと、集団における生産のためのインセンティブが維持できなくなる

わけです。現代のことを考えてみると、「生産の為に、従来以上に労力を提

供しないと集団の生活が維持できない」という状況に陥った時に、新自由主

義的な発想が芽生え、皆の賛同を得て、その考え方が暴走するように見えま

す。そして、それまで集団を保護するような集団の掟を守っていたのでは、

効果が出て来ないとなったとき、「規制緩和」が推進されることになる。こ

の集団が「国家」であるとき、「規制緩和」が国家の否定、つまりナショナ

リズムの否定によるグローバリズムになるのだと思います。ただ、科学技術

の発展が不十分だった昔は、供給力が不十分ですから、一度「鎖国状態」か

ら「開国」すると、今までの生活では知り得なかった豊かな世界を見てしま

うので、欲求が暴走し、グローバリズムが衝突し、その結果闘争になり、闘

争疲れで内向きになり、今度はナショナリズムが盛り上がる。ところがナシ

ョナリズムを続けていると、市場が閉じているので閉塞感が高まり、再びグ

ローバリズムへ、ということを繰り返していたわけですが、今日ではその前

提であった「供給力」に何の不足も無いのですから、このような歴史上のグ

ローバリズムとかナショナリズムを繰り返す必要は最早無く、溢れる供給力

の御利益を皆で享受すればよいだけなはずです。

 それにもかかわらず、相変わらず今日の菅政権下でグローバリズムが遂行

されるのはなぜか?もちろん「財政赤字は良くない」などという「貨幣観の

誤り」が蔓延していることが直接の原因のように見えるけれども、それはあ

くまで表層的な理解に過ぎないと思います。多くのツイッター上の反緊縮論

者が、まるで示し合わせたように全員ワ〇チ〇推進論者であることが、彼ら

のものごとの表面的で軽薄な理解を表していると思うのですが、この最後の

主張はまたまた説明不足ですね。また稿を改めて論じたいと思います。
392:亀さん:

2021/07/22 (Thu) 05:10:36

host:*.t-com.ne.jp
suyapさん、別スレで書いておられた飯山さんの命日についての投稿、実に感慨深く読ませていただきました。
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16507984/359/

小生は第一報(飯山さんの訃報)を堺のおっさんからの電話で、アルゼンチンに向かって日本を飛び立つ前日に受け、暗澹たる思いで機上の人となったのを思い出しました。そうか、あれからもう三年も経ったわけか、まさに光陰矢の如し・・・
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16074479/342/


>>390

> このグローバリズムとナショナリズム論、なんかしっくりいかないんだよね~♪

あっ、それはね、mespesadoさんの言う「2つの主義(グローバリズムとナショナリズム)」と、suyapさんが考えている「2つの主義」は、視座が異なるというか、そもそも定義が互いにズレているからです - ( ̄^ ̄)キパッ

たとえば、>>388でmespesadoさんは、幕末の我が国の現況について以下のように書いています。
__________
幕末に、産業革命で経済活動が飛躍的に伸び、国内需要だけでは閉塞感があった西洋から「開国」を迫られ、賢い日本は「文化」と「技術」はグローバル化を選んだけれども、政治ではナショナリズムを選び、危機を回避・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
実はこれ、飯山さん本人が主張しておられた「外圧説」と、深く結びついた話なんです。つまり、黒船という「外圧」によって今までの鎖国政策をかなぐり捨て、最終的に西洋列強のグローバリストの仲間入りを果たしたことで、東洋で唯一の列強の一国に伸し上がったのが日本というわけです。

ただ、こうは書いても、所詮は世界のグローバリストという、お釈迦様の掌の上の孫悟空という、日本の置かれた基本的な立場は幕末から今日に至るまで、基本的にまったく変わっていないのも確かです。

ともあれ、mespesadoさんの>>388を熟読玩味し、このあたりを飯山史観の最終章で取り上げるにあたり、慎重に筆を進めなければならないなと小生は思ったのだし、それが>>389の「飯山史観の編集を進めている身として、思わず背筋を伸ばした」という記述になったわけです。

ともあれ、mespesadoさんは西洋というグローバリズムに拮抗し、日本としてのアイデンティティを保つ術として、〝外面的〟にはグローバリストという仮面を、ナショナリズムという素顔に被ったということをmespesadoさんは言いたかったのだと思います。


一方、suyapさんの考えるナショナリズムですが、国によって国家の成り立ちが異なることもあり、ナショナリズムの定義が多種多様となるので、ここでは我が国だけに限定するとすれば、日本は古来から(縄文時代より遙か以前の太古の昔から)ナショナリズムの列島だったと思います。

ここで思いを致すべきは天童竺丸さんのツラン説であり、シベリアに点在する巨大墳丘墓(クルガン)が、後に日本の古墳の原型となったように、ツランの「権威」と「権力」を分けて統治するという政治思想(体制)も、後の日本の「権威」を天皇が受け持ち、「権力」を時の権力者が受け持つことで、日本を統治していく体制が整ったということになりますね。加えて、北半球で一定の面積を有する唯一の温帯列島こそ、我々の日本列島であり、この列島の存在が大きくモノを言ったと思うのだし、このあたりの理由というか背景は、過去の拙ブログ記事でも幾度か取り上げているので、ここでは割愛します。

ともあれ、suyapさんが仰せの「ナショナリズムは「地場に根差した」人々による活動の総称」の解説、大雑把ですが上記のようになるかと・・・。

ところで、以下の記述・・・

> 地球の「氣」は、最終的にその方向へ向かっているのではないかと希望的観測を持って見ています。

suyapさんが仰せの通りになるだろうと、本投稿では断定できないものの、昨今のグローバリストらの動きの出鱈目ぶりが、誰の目にも明らかになりつつことを思うに、そうした可能性大です。そのあたりを西洋占星術の視座から語っていたのが、 マドモアゼル・愛氏の以下の動画です。
今必要な占星術「月・土星・冥王星」
https://www.youtube.com/watch?v=BNlYy_r165w

suyapさんが西洋占星術について、どのように捉えているのかは知りませんが、小生の場合、二十代の頃に手にした門馬寛明の『西洋占星術』以来、自分なりに西洋占星術を独学し、多少は体験したきたこともあり、マドモアゼル・愛氏の〝我々の時代〟が二年後に来るという主張、今の時点では信じたいという気持ちが強いです。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
391:OB :

2021/07/21 (Wed) 21:22:50

host:*.mesh.ad.jp
別スレで mespesadoさんが書いていた「RNAからの逆転写(DNA)」の逆転写酵素について
私が昨年調査したことを以下に書く

1.多くの医者が医学生の頃には、RNA(ウイルス)側に逆転写酵素が必須であると
  研究により決定され、エイズウイルス側が持つ逆転写酵素阻害剤などに応用されたが


2.ヒト細胞ではテロメラーゼ活性は非常に僅かにしか存在しないため、長い間、その詳細は
  不明であったが、1997年にヒトの逆転写酵素(hTERT)遺伝子はクローニングされた(3, 4。
  5番染色体短腕上に位置し16のエクソンからなっている。
  詳細は「 https://www.tmig.or.jp/J_TMIG/genome300/TERT.html


3.よって、RNA(ウイルス)側に逆転写酵素が無くても、構造上は、逆転写酵素は人体に
  元々内在する(ただしテロメラーゼ活性は非常に僅か)。
  そこで、この活性を増強する要因が必要であるが、この要因を現代社会では、または
  例のワクチンでは、実現した可能性を考慮する必要がある。
390:suyap :

2021/07/21 (Wed) 12:10:00

host:185.54.228.58


>>388

算数もマトモにできない頭なので、mespesadoさんのカキコにはほぼついて行けてないのだけど、このグローバリズムとナショナリズム論、なんかしっくりいかないんだよね~♪

つまり、それぞれの「イズム」の主体が見えないというか、見ようとしていないというか...

グローバリズムを押している主体は言わずもがな、「カネカネカネ、オカネがすべてよん」の、「地場」を失った流浪の民、良く言えば「コスモポリタン」、悪く言えば「守銭奴」、つまり「ベニスの商人」に登場するシャイロックですね。ちなみにこの小説も「グローバリズムとナショナリズム」の立ち位置の違いの葛藤を描いている気がしないでもないw

対してナショナリズムは「地場に根差した」人々による活動の総称。往々にして、グローバリズムへの抵抗として現れるんではないでしょうか。外からの脅威がなければ、「愛村心」や「愛国心」なんて発想すら生まれないですもんね。

で、人間だけでなく地球(あるいは宇宙を含めてもOK)全体の有限(いまのところは)な資源を大切に循環活用して生きていかなければ、生命体としての生存の場すら危うくなりつつある現在、どういう指向性が最適であるかという発想が大事になるわけで、そうなると、「イマだけ、モノだけ、カネだけ」では行き詰るのは目に見えている。

また持続可能な資源の有効循環という発想やその工夫を得るためには、やはり自分の場、ゲレンデ、地に根を生やした土地、がないと、その地の自然や人文環境(天地の氣)の十分な観察はできず、しょぜん上っ面の頭の中だけの「学問」になってしまう。いまの「科学」といわれている学問のほとんどはコレでしょ。

だから理想としては、大昔の人類発祥時のように、まず全地球上あちこち津々裏々で小さな部族・民族集団が自治することを主体とし、なおかつ、それらが現代の通信機能を駆使して優位につながっている社会。決してワン・ワールドではない多様な社会。つまりグローバリズムとは真反対の社会を目指すしかないように思われます。

そして、地球の「氣」は、最終的にその方向へ向かっているのではないかと希望的観測を持って見ています。

その方向性にシフトできなければ、地球は...ジ・エンド...でしょう。



389:亀さん:

2021/07/21 (Wed) 04:39:31

host:*.t-com.ne.jp
打てば響くような〝光速〟回答、誠に有り難うございました。これで、小生が>>385で書いた「経済活動からオカネを「消去」して、消費の豊かさだけでモノを考えると、これは単なる経済活動の自殺行為でしかない」というmespesadoさんの発言の真意、これで明瞭に理解することができました。感謝申し上げます。

仰せのとおり、>>386でmespesadoさんが書いた「消費するために生産する」という経済活動の根本原則、考えてみれば空気のように普段は意識することのない、あまりにも当たり前な原則なだけに、ともすれば忘れがちな根本原則ですね。だから、改めて指摘されると、成る程、確かにそうだと腑に落ちました。
__________
>>386

「消費するために生産する」という、経済活動の根本原則から考

えると、日本人のやってることは、オカネを消去してみれば、単なる「タダ

働き」であり、日本人はバカを見ている、ということになりますよね?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
そして、この「タダ働き」というmespesadoさんの指摘、今までの愚生の視点に欠けていたものだけに、ボクシングで言えば強烈なボディブローを喰らったような気分でした。小生は十代の海外放浪生活の後、専門学校で貿易を学び、その後は半導体製造装置のベンチャーメーカーで海外営業を一人で担当したり、最後に勤めた一部上場企業でも東京支社の海外営業部に籍を置いていたこともあるものの、当時は「タダ働き」という視点が完全に欠けていたのを、今更ながら気づかされた次第です。

また、工場の海外移転も本田技研で体験しましたが、当時は「日本人が労働市場から締め出されてしまうので、日本人は0生産して0消費する」のは当たり前、本田技研が会社として大きくなっていくことを良いことだと思っていたし、「そもそも働く場それ自体が失われてしまうので、その結果、自分たちが消費する権利も全くもらえない、という悲惨なことになる」ということは全く意識していなかった(気づいていなかった)ものです。それは1970年代から1980年代にかけて、日本国内の自動車需要をカバーするのに国内工場で目一杯だったし、アメリカへの輸出分は米国現地に工場を建設して車を生産するという発想を当然のように受け入れていたものです。このあたり、mespesadoさんが時々言及しておられる白物家電の背景と共通するものがあったと思います。

それから>>387ですが、新自由主義を経営陣と労働者の二つの視点で眺めた、mespesadoさんの指摘、目から鱗とは正にこのことです。有り難うございました。

最後に、>>388でmespesadoさんが仰せの「2つの主義(グローバリズムとナショナリズム)の対立によって歴史を解釈したり、国際的問題の解決案をこのような視点から眺めるのは、思考を束縛するものでしかないのではないか」、その行を目にした時、飯山史観の編集を進めている身として、思わず背筋を伸ばしたことを告白しておきます。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
388:mespesado :

2021/07/20 (Tue) 11:54:43

host:*.eonet.ne.jp

>>387

 さて、最後にグローバリズムとナショナリズムの問題について論じたいと

思います。この2つの主義は、実はどちらが絶対に良いということではなく、

歴史上、この両者が繰り返されてきた、とはよく言われる話です。まず、金

本位制下で、中世のヨーロッパ人の経済活動は最初は自国内に閉じていまし

た。そりゃそうで、言葉が通じる人相手に商売した方が楽ですから当然そう

なります。つまり、この時代は無自覚なナショナリズムの時代と言えます。

ところが、金本位制ですから、経済の拡大に合わせて必要な貨幣が増えない

ので、経済は閉塞するため、一部の勇敢な人たちは海外に航海して他地域の

富を奪うようになります。いわゆる大航海時代であり、これは無自覚なグロ

ーバリズムといえなくもありません。そして戦国時代の日本にもこのグロー

バリズムの影響が訪れ、宣教師たちによる植民地化という真の思惑を察知し

た秀吉、家康らの機転により、日本は「鎖国」というナショナリズムの道を

選び、危機を回避します。しかし、この状態は永遠には続かず、幕末に、産

業革命で経済活動が飛躍的に伸び、国内需要だけでは閉塞感があった西洋か

ら「開国」を迫られ、賢い日本は「文化」と「技術」はグローバル化を選ん

だけれども、政治ではナショナリズムを選び、危機を回避しますが、この一

連の賢さを持つ日本に恐怖を感じた西洋列強により、第二次大戦を仕組まれ、

敗戦、そしてGHQによる徹底洗脳により、遂に日本のナショナリズムは瓦

解させられ、グローバリズムに取り込まれます。ところがここでも日本は賢

く立ち回り、軍事については自分は関与せず、自国優先の経済活動により経

済発展します。この幕末以降の日本の行動というのは、ナショナリズムとか

グローバリズムという枠では説明できないものではないでしょうか?つまり、

「グローバリズム」とか「ナショナリズム」のように見える行動は、人々の

命運を左右湯する他の要因があって、それに対処する手段がたまたま自国優

先のように見えたり国境の垣根を開放したりしているように見えるだけであ

って、このような2つの主義の対立によって歴史を解釈したり、国際的問題

の解決案をこのような視点から眺めるのは、思考を束縛するものでしかない

のではないかと考えています。ところが今、高度成長とバブル崩壊による低

成長の閉塞感のもとで新自由主義が勃興し、それは企業の収益減が国民を守

るための各国の法律と対立することから、企業が取った戦略が、大航海時代

や産業革命時に流行ったグローバリズムと類似していることから、あたかも

グローバリズムvsナショナリズムがことの本質であるかのように捉える人が

多いようですが、ことの本質はそこには無いのではないか、と考えています。
387:mespesado :

2021/07/20 (Tue) 11:22:53

host:*.eonet.ne.jp

>>386

 ついでなので、「新自由主義」というものをオカネを消去した目で考察し

てみることにします。

 >>386 の後半で解説したのは、日本人の中でも、あくまで「平均的労働者」

の観点から描いたものです。しかし、「経営陣」に属する人から眺めると、

話はだいぶ違ってきます。多国籍企業であれば、経営陣も多国籍だったり、

日本人経営者でも外国に長く住んだりしますから、彼らの企業が生産したも

のは国内販売されたものだろうが海外に輸出されたものだろうが、あまり区

別なく自由に消費できますよね。つまり10生産して、国内販売の7も、海

外販売の3も自由に消費できますから、この点でタダ働き感は無いものと思

われます。また、海外に工場をシフトしても、自分たちは相変わらず経営陣

としての地位は安泰ですから、経営者自身が「労働市場から締め出されるリ

スク」はありません。なので、経営陣自身には何も悲惨なことは起きないの

です。そして、更にここに「新自由主義」でおなじみの「自己責任論」が加

わります。給料の傾斜配分ってヤツです。しかしながら、実際は人間の能力

なんてそんなに差はありませんから、無理やり格差をつけた「傾斜配分」に

よって有利な配分を受けた人は、「実質的な労働量」に比べて「消費する権

利」をより多く貰えることになります。これは、7生産しても、この「優遇

評価」により10生産したのと同じだけの「消費する権利」を貰えるので、

海外に流出した3を除いた国内での消費量である7がその人の実質的な生産

量である7と釣り合っているので、この人たちにとっては、やはりタダ働き

感がありません。そしてあおりを受けた労働者はますますタダ働き感を強め

ることになります。同じ企業の中でなく、異種間企業でこの現象が生じたの

が、いわゆるブル・シット・ジョブとブラック企業ですね。そして、前者の

労働者が「勝ち組」、後者の労働者が「負け組」と称され、前者の人が後者

の人に対して「自己責任論」を振りかざして不平不満をシャットアウトする

わけです。これがオカネを消去して眺めた「新自由主義」の本質ということ

になります。
386:mespesado :

2021/07/20 (Tue) 10:54:28

host:*.eonet.ne.jp

>>385

> 「経済活動からオカネを「消去」して、消費の豊かさだけでモノを考え
> ると、これは単なる経済活動の自殺行為でしかない」というmespesadoさ
> んの記述、今一ピンと来ません。


 すいません。ここらあたりは他の部分の説明に比べてかなり端折ってしま

ったので、もう少し詳しく書きますね。

 まず、オカネの視点で考えると、日本企業は日本国内でモノが売れなくな

ってきたので海外の需要に期待して輸出に活路を見出すだけでなく、コスト

カットのために海外の安い賃金に目を付けて工場を海外に移転します。この

一連の動きによって、今まで国内で売れて円で儲かっていたのが、外貨での

儲けにシフトし、賃金支払も、海外の安い労働者にシフトすることで、支出

を押さえることができ、その結果、「企業」は確かに儲けを確保することが

できます。

 ところがこのプロセスからオカネを消去して眺めると、国内販売から輸出

にシフトするということは、労働者の労働は変わらないですが、生産された

商品は日本人が消費するかわりに外国人が消費することになります。つまり、

せっかく日本人が汗水たらして労働して「生産活動」を行っても、その結果

労働者である日本人が受け取るべき「消費する権利」は、働いた当の日本人

ではなく、その消費財を生産したわけではない外国人が受けることになりま

す。これは「消費するために生産する」という、経済活動の根本原則から考

えると、日本人のやってることは、オカネを消去してみれば、単なる「タダ

働き」であり、日本人はバカを見ている、ということになりますよね?そし

て、次に工場の海外移転により、日本人は生産者としての立場も剥奪され、

その結果、労働できず、従って消費する権利も奪われることになります。単

なる輸出へのシフトだけなら、日本人も労働者ではあり続けるので、自分の

労働の全部がタダ働きなのではなく、労働の結果である製品の販売量の一部

は未だ国内需要に回されるので、自分達の消費する権利も減りはしたものの

まだ行使できるのですが、それでも、10生産して、そのうち7しか自分達

で消費できないなら、10の生産行為のうち3はタダ働きということになっ

てしまいます。しかしここまでなら、日本人は単なる「お人好し」だなあ、

で済みますが、これから更に、工場の海外移転が進むと、今度は日本人が労

働市場から締め出されてしまうので、日本人は0生産して0消費する、すな

わち確かに「タダ働き」は無くなるけれど、そのかわりそもそも働く場それ

自体が失われてしまうので、その結果、自分たちが消費する権利も全くもら

えない、という悲惨なことになるわけですね。

 これが「オカネを消去して低成長下の日本人が今まで行ってきた経済活動

を眺めた結果」です。
385:亀さん:

2021/07/20 (Tue) 06:23:39

host:*.t-com.ne.jp
>>383>>384

mespesadoさん、貴重な指摘を有り難う!!! 小生、>>376で以下を書いて投稿した後、mespesadoさんから何等かのコメントがあれば有り難いなと、密かに思っていただけに嬉しかったです。
__________
田村氏は経済の基礎を徹底的に学んできた人物であるだけに、日本と世界の経済を見る眼は確かなものがありました。特に共鳴したのが、三橋氏ではないが今の日本人に大切なのが、「ナショナリズム」という視座であると主張した田村氏、思わず心の中で拍手を送ったものです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
アダム・スミスに始まってケインズに至るまで、古典、マルクス、ケインズという経済学三大思想を田村秀男氏が徹底して学んだことを知り、それまでは田村氏については国際政治学者というイメージが強かっただけに、経済学についても一家言を持つだけの水準に達しているとは夢にも思ってもいませんでした。ただ、それだけに世の中に普及している〝経済学の常識という罠〟に、もしかしら田村氏も陥っているのではという直感が働いたのも確かでした。しかし、亀の頭ではそれが何かかが分かなかったので、mespesadoさんの指摘があれば有り難いなと思っていたところです。

さて、小生にとって目が点になったmespesadoさんの記述が>>384にあり、それは以下の行です。
__________
つまり、円と外

貨を区別しないで単に「オカネ」だとしか思わない人には、「輸出で儲け、

生産は安い海外に工場を移せばウハウハ儲かる」と思うかもしれないけれど、

経済活動からオカネを「消去」して、消費の豊かさだけでモノを考えると、

これは単なる経済活動の自殺行為でしかない。それに未だに気が付かずにオ

カネの観点でしかモノを見ることができない大多数の国民と政治家のせいで、

経済の本質においては「自傷行為」を続けている、というのが今日の日本な

わけですね。これは、グローバリズムとかナショナリズムとかの問題という

よりも、単に「オカネだけでしか経済を見ない主義」というか「オカネでし

か経済を見れない症」とでもいうべき「無自覚のイデオロギー」というか、

単なる「ビョーキ」ですよね。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ここでmespesadoさんに質問です。

最初に、「輸出で儲け、生産は安い海外に工場を移せばウハウハ儲かる」という行、仰せの通りだと思います。例を挙げれば中国本土への工場進出。せっかく中国で工場を建設して生産活動を開始したとしても、中共は海外企業が得た収益の国外持ち出しを禁止していることから、儲けた金は中国国外に持ち出すことはできない。だから、そのまま中国に残すしかない(死蔵するしかない)という現実がありますしね。

ただ、小生が理解できないのは、「経済活動からオカネを「消去」して、消費の豊かさだけでモノを考えると、これは単なる経済活動の自殺行為でしかない」というmespesadoさんの記述、今一ピンと来ません。このあたり、亀の頭でも分かるように、お時間のある時に再度解説をお願いできれば有り難く思います。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
384:mespesado :

2021/07/19 (Mon) 12:32:35

host:*.eonet.ne.jp

>>383

 動画の中で、アメリカは、トランプ政権であれ、バイデン政権であれ、ナ

ショナリズムが機能して財政出動で国民を救うような方向に行ったけれども、

日本はそうなっていないと嘆いていますが、この辺は、日米の経済の相転移

が異なることによるところも大きいでしょう。米国は先に日本との技術競争

に敗れ、供給力はあるのに品質の差で売れず、国内生産が国内消費に繋がら

ず、「貿易赤字」になった。これは「赤字」という語は入っているけれども

別に貿易「赤字」それ自体が経済破綻を起こすわけではなく、当面は輸入で

消費がまかなえるのなら破綻は生じない。何せ、米国のドルは基軸通貨なん

ですから、まさに「欲しいモノは何でも手に入る」です。ただ、長期的視点

で見た場合、企業は作っても売れなければ作らなくなるから、ひいては供給

力の毀損を引き起こす原因となる、という点が実は本当の問題点だったのだ

けれども、当時の米国は、そこまで気が付いておらず、(家計の赤字と同じ

で)単に貿易「赤字」だから大変だ~、と「勘違い」して手を打ったので、

結果的に国内の供給力を増強することとなる「アメリカ・ファースト」つま

り「ナショナリズム」に舵を切ることができた。まさに「怪我の功名」とい

うか、「勘違いがたまたまいい方向に働いた」というわけです。ところが日

本の場合、低成長に移行したとき、「ジャパン・アズ・ナンバー・ワンな我

々がこともあろうに不況になったのはおかしい。これはきっとナマケモノの

せいだ!」と「勘違い」して当時の米国のジャパンバッシングに同調して新

自由主義が世論受けし、経済を「オカネの有無」の問題と勘違いし、国内で

作るより外国で作った方が安く上がって支出をケチれるからといって海外に

工場を移した。まずそもそも輸出で儲けたところで外貨が稼げるだけであり、

そうして得られた外貨は輸入にしか使えない。つまり、輸入の為に使った残

りの外貨は国内では使用できないんだから、国内にブタ積みされるだけなの

で「意味が無い」。言い換えると、その余った外貨を稼ぐための労働は「タ

ダ働き」になってしまう。それに加えて、製造工場を海外に作れば、賃金は

外国人に支払われるので、国内の生活者の収入は増えない。つまり、円と外

貨を区別しないで単に「オカネ」だとしか思わない人には、「輸出で儲け、

生産は安い海外に工場を移せばウハウハ儲かる」と思うかもしれないけれど、

経済活動からオカネを「消去」して、消費の豊かさだけでモノを考えると、

これは単なる経済活動の自殺行為でしかない。それに未だに気が付かずにオ

カネの観点でしかモノを見ることができない大多数の国民と政治家のせいで、

経済の本質においては「自傷行為」を続けている、というのが今日の日本な

わけですね。これは、グローバリズムとかナショナリズムとかの問題という

よりも、単に「オカネだけでしか経済を見ない主義」というか「オカネでし

か経済を見れない症」とでもいうべき「無自覚のイデオロギー」というか、

単なる「ビョーキ」ですよね。

 私がサヨクとか保守とかどうでもいい、あるいはナショナリズムとかグロ

ーバリズムとかの問題じゃない、と最近感じているのは、こういうことが原

因です。
383:mespesado :

2021/07/19 (Mon) 12:12:41

host:*.eonet.ne.jp

>>376

> そんな折、以下の動画を観ました。
> 深田萌絵、学生時代の恩師に叱られるLive
https://www.youtube.com/watch?v=t3VJfpvjxak


 亀さん、興味深い動画の紹介どうもありがとうございます。

 ここでゲストに迎えられた産経新聞の経済記事の良心である田村秀男氏で

すが、要するにデフレが悪い。そしてデフレの本質は「賃金デフレ」である

ことであり、これがデフレがなぜ悪いのかということの本質である、という

ところが最も印象に残りました。

 ここを私の勝手な解釈でもう少し詳しく補うと、高度成長期にはインフレ

だったわけですが、経済成長に伴うインフレ期では、まず最初に物価が上が

る。だから「近視眼」的な庶民は、まずこれに対してブーブー言う。ところ

が、しばらく時が過ぎてから賃金が上がり始める。しかもその上昇率は、物

価の上昇率より賃金の上昇率の方が大きいので、最初ブーブー言っていた庶

民もそんなことは忘れて賃金が物価より増えた(つまり実質賃金が増えた)

ことに満足する、というカラクリになっていたわけです。これは当然の話で、

賃金というのは、まず会社の売り上げが増えないと引き上げることができな

い。なので、まず会社の売り上げを増やすために、物価が引き上げられる。

そしてその結果、会社が儲かって賃金も引き上げが可能になる。だから、そ

こにどうしてもタイムラグが生じる。そして次の疑問として、じゃあ何で物

価上昇率より賃金上昇率の方が大きいのかというと、高度成長期の主力商品

であった白物家電の場合を例にとって説明すると、生活必需家電の普及率が、

ゼロから徐々に増え始める、つまり購買客数が増え続けるからですね。つま

り、個々の企業の従業員数は変わらないのに、家電普及率の上昇に伴って、

その会社の売上個数が増えるので、その会社の利益の従業員一人当たりへの

還元率(分け前)が増え続けるからです。じゃあ、その増えた賃金を構成す

る「貨幣」の「増加分」は、どこから来たの?国が貨幣を増発してもいない

のに?なぜ?という問に対する答は、企業が増産のための設備投資の為に銀

行から借金をして信用創造で国全体の貨幣が増えたからですよね。

 で、以上のインフレ時に起きる出来事を逆にすれば、デフレ時に何が起き

るかがわかる。つまりデフレ期には、まず物価の下落が先に生じる。「わー

い!物価が下がった!嬉しい」と喜んでいたのもつかの間、しばらくしてか

ら今度は賃金も下がる。しかも賃金の下がり幅は物価の下落率より大きい!

その結果、実質賃金が下がり、みんなが一様に貧しくなる、というわけです

ね。ではその「貨幣」の「減少分」はどこから来たのかというと、「徴税」。

特に消費税です。不況で設備投資が増えず、信用創造による貨幣の増加が無

いため、徴税された分だけ市場から貨幣が消滅していくことになるからです。

 上記の動画で、残念ながら田村さんは、このカラクリまでは説明していな

かったけれども、これって動画の中でも少し言及していたナショナリズムの

欠如、裏を返せばグローバリズムというイデオロギーの台頭が根底にある、

というより、むしろ逆なんじゃないかと思うのですね。まず「生活必需家電

の完全普及」に伴う「高度成長」の終焉という「物理世界」の「相転移現象」

が先にあって、グローバリズムの台頭は、単にその帰結として生じただけの

ことではないか、と思うんですね。

 ちょっと長くなるんで、この件は次の発言で。        (続く)
382:ひとことじーさん :

2021/07/18 (Sun) 18:56:36

host:*.plala.or.jp

ワクチンにまつわる「言論統制」はアメリカでも凄まじいモノがあるようですね。

長文ですが参考記事(Microsoft翻訳ベースで)


【GATEWAY PUNDIT】記事より

2021年6月14日の記事

「ウェイン・ルート:この華麗な英雄医師は、CDC官僚と民主党の政治家は大量殺人と人道に対する罪を犯す可能性があると言います」

……………………………………………………………………………………………
ウェイン・アリン・ルート 著

私はCovid-19の効果的な治療を受けたことを1年以上前から知っています。
何十万人ものアメリカ人が救われたかもしれない。

私は全国シンジケートラジオ番組「ウェイン・アリン・ルート:生とフィルタリングされていない」のゲストとして
12人の優秀な医師をアメリカのラジオネットワークにゲストとして迎え入れ、
Covid-19の病気の患者にHCQ(ヒドロキシクロロキン)を使用して彼らの成功について話したので、
私はこのシンプルで安全で安価な治療について知っていました。

しかし、人は他のすべての上に際立っていました。
彼の名前はウラジーミル・ゼレンコ博士です。
クリエイターズ・シンジケートが2020年7月にシンジケートした1年前の全国紙コラムからの抜粋です。
それはトランプ大統領への嘆願として書かれました。

「大統領、これは私が今までに書いた中で最も重要なコラムです。
私たちはCovid-19の治療に成功しています。
今、私たちはそれを実行に入れるあなたからの行政命令が必要です。

この華麗なニューヨークの医師(ウラジーミル・ゼレンコ博士、MD)は2,200人のCovid-19患者を治療しました。
彼はリスクの低い患者に対して100%の成功率を持っています。
ヒドロキシクロロキン、硫酸亜鉛、Z Pak抗生物質を使用したリスクの高い患者の成功率は99.3%です。
彼はそれを「ゼレンコ議定書」と名付けました。それは動作する相乗効果です。
亜鉛とZ Pakがなければ、薬物ヒドロキシクロロキンは効果的に機能しません。

成功へのもう一つの鍵は、症状が現れた5日以内にこの3部構成のプロトコルを使用することです。
患者がICUで巻き上がる前に、早期に使用する必要があります。
ヒドロキシクロロキンのいくつかの研究が失敗した理由です。.
彼らは硫酸亜鉛を使用したことがなく、プロトコルを開始するには遅すぎました。

ゼレンコ博士の患者のうち2200人のうち2人だけが死亡した。
その2つのうち、1人はすでに癌を持っていました。
もう一つは非常に古く、プロトコルを使用する前にCovid-19ですでに非常に病気でした。
その時には、ほとんど常に遅すぎます。

私たちは皆、ゼレンコ博士のレジメンに従う必要があります。しかし、私たちはできません。
医師はいわゆる「トランプ薬」を処方しません。
リベラル派、メディア、FDA、政府官僚など、トランプに信用を与えたくない人はいない。
政治は何千人ものアメリカ人を殺している。

大統領、私たちは行政命令が必要です。
直ちに。。。すべての病気のアメリカ人は、この「ゼレンコ議定書」を選択する自由を持っている必要があります。
私たちは選択する権利があります。私たちは生きる権利がある。

もしトランプ大統領がファウチ博士の代わりにウラジーミル・ゼレンコ博士とCDC、WHO、FDAの腐敗した官僚の話を聞いていればいいのに。

それは1年前のことです。
この1年間に何十万人ものアメリカ人が不必要に亡くなりましたか?これは大量殺人じゃないの?

あなたは最新の見出しを見たことがありますか?
複数の研究は、世界中のHCQ(ヒドロキシクロロキン)の使用が死亡を減少させ、
生存率を84%、100%、1つの研究で200%増加させたことを示しています。
HCGは本当に動作します。そ
して、それはゼレンコ博士が「重要な成分」(硫酸亜鉛)と呼ぶものがないのです。
彼はまた、アイフェルメクチン(Ivermectin)と呼ばれる別の非常に効果的な薬をお勧めします.

ゼレンコ博士のおかげで、私は1年前からHCQ、亜鉛、イベルメクチン(Ivermectin)についてリスナーに知らせました。

しかし、これらすべての新しい研究と事実の証拠があっても、
YouTubeは数時間前にHCQとアイフェルメクチン(Ivermectin)で早期治療を宣伝するビデオを宣伝したとして、
米国上院議員ロン・ジョンソン(R-ウィスコンシン州)を停止しました。
YouTubeはそれを「医療誤った情報」と呼んだ。

Covid-19の治療が、人命を救うために世界中の複数の研究で証明され、中傷され、検閲され、
ソーシャルメディアによって禁止されている理由を尋ね始める時が過ちです。
彼らは救命情報を禁止するのは誰ですか?
救命情報を「医療の誤った情報」とラベル付けするのは誰ですか?
何千人もの人々が不必要に死んだら、彼らのために何が入っていますか?
誰かが明らかにこの詐欺で不潔な金持ちになっています.

私はほんの数日前に私のショーへの帰りの訪問でそれについてゼレンコ博士に尋ねました。
「Covid-19の入院前治療は意図的に抑制された。
救命情報と投薬は意図的に抑制されました。
60万人の死んだアメリカ人のうち、私たちは51万人を救うことができました。
アメリカ国民は残虐行為を受け、大量殺人と人道に対する罪の犠牲者である。

私はゼレンコ博士にこの今後の悲劇に対する彼の解決策を尋ねましたか?
「ナンバーワンは、すぐにゼレンコ議定書による入院前の治療を支持し、それをケアの標準にします。
第二に、我々はこれらの犯罪者を裁判にかけなければならない。

アーメン。
……………………………………………………………………………………………

出典:
https://www.thegatewaypundit.com/2021/06/wayne-root-brilliant-hero-doctor-says-cdc-bureaucrats-democrat-politicians-guilty-mass-murder-crimes-humanity/?ff_source=Twitter&ff_campaign=websitesharingbuttons
381:mespesado :

2021/07/18 (Sun) 07:52:21

host:*.eonet.ne.jp

「ケルブランの原子転換」という話がある。例えば以下のエントリー↓


原子転換の臨床応用1
https://note.com/nakamuraclinic/n/nbd0c7049f732


 ニワトリにカルシウムを与えずに育てても、ちゃんとカルシウムで作られ

たカラを持つ卵を生むという謎からこのような説が出たらしい。


> 「原子は生成不滅で、別の原子に変化することはない」というのが高校
> の化学の教科書の教えるところである。
> しかしこれはあくまで原則であって、原則には例外がつきものである。
> たとえば窒素にアルファ粒子を照射すると酸素になるし、重水素を加速
> 衝突させるとヘリウムになる。本来"生成不滅"のはずの原子が、人工的
> に強いエネルギーを加えることで、別の原子に変化したわけだ。
> この現象は原子転換(元素変換;transmutation of the elements)と呼ば
> れており、化学的事実として広く認められている。
> しかし、"同様の現象が生体内で起こっている"と主張すると、たちまち
> "トンデモ"の扱いを受ける。フランスの化学者ルイ・ケルブランは生物
> 学的原子転換(biological transmutation)を提唱したが、この説は学界
> の主流派からいまだに異端視されている。


 そこで、「正統派」であるはずのWikipediaを見ると…↓


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%83%A9%E3%83%B3


 そして

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6%E7%9A%84%E5%85%83%E7%B4%A0%E8%BB%A2%E6%8F%9B


> 生物学的元素転換(Biological Transmutations)とは、生物の内部で特定
> の元素が別の元素に転換したと称する疑似科学の一種を示す言葉である。
> 様々な科学者がその存在を示唆する研究を古くから行っていたが、この
> 現象が科学的に証明がされたことは一度もない。


 おやおや、どこかで聞いたようなセリフ「証明がされたことはない」です

か。でも記事のどこを読んでも否定する根拠が示された形跡も無いようです

ね。科学界も随分と頑なというか、「唯物的でそれ以前の科学界の常識に反

する主張は胡散臭い目で見られてシカトされる」という一種の「信仰」に支

配されているようです。まあ、この「原子変換」みたいな、我々の命や生活

を脅かさない分野で科学者がそういう態度を取っているだけならあまり実害

も無いですが、こと昨今喫緊のテーマである〇〇〇〇の接〇の話になると、

そうもいきません。冒頭のリンク先のブログに次の記事がある↓


https://note.com/nakamuraclinic/n/n2c876f619a67


 昨年末の記事ですが、全くもってごもっとも。なのに、このテの記事だけ、

なぜか「何者か」によって、冒頭に次のような「警告」が出る↓


> 新型〇〇〇〇〇〇〇に関係する内容の可能性がある記事です。
> 新型〇〇〇〇〇〇〇感染症については、必ず1次情報として厚生労働省や
> 首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、
> 相談窓口の情報もご確認ください。また〇〇〇〇〇〇〇に関する情報は
> 首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての
> 関連記事に本注意書きを一時的に出しています。


 面白いね。もし「真っ当な科学に反する記事に惑わされないための警告」

として「親切心」から付けられた警告だったなら、「ケルブランの原子変換」

の方だって同じことなんだから同様な警告が出されてしかるべきだと思うん

だけど、そっちの記事にはこんな警告は出て来ないw

 明らかにしかるべきスジからの大きな力が働いていることは明らかですよ

ね。ちなみに、このサイトは「〇〇〇〇クリニックのnote」として有名なサ

イトなんですが、〇ー〇ルで「〇〇〇〇クリニック」と「note」で検索をか

けても表示されません。もう露骨過ぎるというか、何というか…。本当にす

ごいですな。
380:OB :

2021/07/18 (Sun) 02:12:59

host:*.mesh.ad.jp
この人達が指摘して危惧している通り

https://matsuya.i-ra.jp/e1214461.html

https://nippon-saikou.com/5781

379:OB :

2021/07/18 (Sun) 02:07:19

host:*.mesh.ad.jp
以下は、間違い

この結果により、トランプは「大統領過渡期強化法」に基づき、選挙結果の無効を合法的に宣言できる大義名分を得たからだ。
(野崎晃市は、近頃痴呆に見える)

正しくは、このPDFに書いてある通り
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11488108

378:通りすがり :

2021/07/17 (Sat) 19:56:56

host:*.ocn.ne.jp
8月にトランプ復帰?

バイデンはそれまでに中共を暴発させるしかないね。

中国地方政府は大赤字でも習近平は補填できる金が無い?

地方反乱を防ぐ為にも、台湾進攻しか無くなった?

麻生と岸が台湾を死守すると言ったんだから、8月頭に第三次世界大戦へ突入か?

7月下旬から中共は南シナ海で実弾演習を行います。

トランプがやってくる前にイルミナティの勝負どころが来た。
377:OB :

2021/07/17 (Sat) 11:48:59

host:*.mesh.ad.jp
及川幸久さんの「メイン チャンネル」がバン(1週間)されたね。

トランプに復帰の可能性があると言うことか?
376:亀さん:

2021/07/17 (Sat) 05:28:13

host:*.t-com.ne.jp
自己レス兼亀レスです。>>350で小生は以下のように書きました。
__________
なを、現役の国会議員宛てに渡邉さんを通じて、深田さんのファイルを送付するかどうかは、実際に深田さん本人あるいは事務局から、小生宛てに直接ファイルを送信してきた場合のみとします。多分、ここ数日かかる仕事中に届くものと期待していますが、そのあたりは後で報告します。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
その後、深田さん本人あるいは事務所から何の返信も無かったので、深田さんのことで動くことは無かったのですが、漸く一昨日の7月15日に事務所から例のファイル二通が届きました。遅れたのは多分、小生が深田さんにファイル申請時、渡邉正次郎さんとの関係を書いたためと思いますが、その渡邉さんからは一昨日電話連絡をいただき、「政治と政治かを糺す」運動が漸く軌道に乗りそうです。

そんな折、以下の動画を観ました。
深田萌絵、学生時代の恩師に叱られるLive
https://www.youtube.com/watch?v=t3VJfpvjxak

深田さんの学生時代の恩師って、誰だろうと興味津々で動画を観たところ、ナント田村秀男氏www。田村さんは小生の好きな保守派の論客の一人ですが、まさか深田さんが田村さんを恩師として崇めているとは知らなかった・・・。これで、田村氏が深田さんのバックにいるということを知り、個人的に実に嬉しく思ったものです。

動画で田村氏は、我が国の将来を握っているのは政治家であり、彼らへの働きかけは非常に大切だと主張していましたが、まさに渡邉さんの現在の運動と一致します。よって、いずれ渡邉さんと田村氏を引き合わせてみたいと、漠然と考えるに至りました。

また、我が国の政治と政治家を糺すこと以外に、田村氏は経済の基礎を徹底的に学んできた人物であるだけに、日本と世界の経済を見る眼は確かなものがありました。特に共鳴したのが、三橋氏ではないが今の日本人に大切なのが、「ナショナリズム」という視座であると主張した田村氏、思わず心の中で拍手を送ったものです。

さて、仕事(翻訳)の切れ目がなく、なかなかブログ記事を書いている余裕がありません。今月は記事のアップはゼロ鴨www



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
375:奥田 正行 :

2021/07/16 (Fri) 17:09:49

host:*.zaq.ne.jp
国内外で五輪等開催中止を予測ないしは要求する声が尽きませんが、これについて、
雑誌Economist元編集長ビル・エモット氏(IISS理事長)は、以下の記事で、
日本の「緊急事態」は実際には緊急事態と呼ぶべきものではなく、米中では、このような
状況で五輪等大会中止はありえないと述べ、これに係る以下ツイートでは、全くの正論と
称賛されていることを報告します。

なお、ツイート主の鈴木 一人(すずき かずと)氏は、国際政治学者で、現職は東京大学
大学院公共政策学連携研究部・教育部教授、国連安保理イラン制裁専門家パネル委員、
北大大学院教授などを経て現職に至ります。


記事:日本の状況を客観的に見れば、コロナによる五輪「中止」はあり得ない
THE TOKYO GAMES WILL GO ON
newsweek 2021.07,14 18:05
ビル・エモット(ジャーナリスト、英エコノミスト誌元東京支局長)
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/07/post-96696.php

>・・7月23日の開会式が目前に近づいた今も、東京五輪を取り巻くムードは悲観的なままだ。
>新型コロナウイルス感染症の流行を理由に、国内外で五輪の開催中止を予測もしくは
>要求する声が尽きない。大会のオフィシャルパートナーの1つである朝日新聞まで、
>開催中止を求める社説を掲載した。・・

>医療関係団体も、五輪開催が日本の医療システムに耐え難い負荷を課すと警鐘を鳴らし
>ている。実際、日本政府は7月8日、東京に4度目の緊急事態宣言を発令することを決めた。

>しかし、日本の状況は、新型コロナの感染拡大が深刻なインドやブラジルとはまるで
>違う。人口1億2500万人の国で、7月7日の新規感染者数は2191人、死者は14人に
>すぎなかった。
>日本の新型コロナウイルス感染症による累計死者数は1万5000人足らず。これは、
>イタリア(人口は日本の約半分)の約10分の1、アメリカ(人口は日本の2.5倍余り)の
>約40分の1にとどまる。・・・

>しかし、日本の状況は、「緊急事態宣言」という言葉のイメージほど深刻ではない。
>緊急事態宣言の下でも、飲食店の深夜営業と酒類提供の中止が求められる以外は、市民
>に対して極力慎重に行動するよう呼び掛けられる程度だ。コロナ禍における日本人の
>生活は、ヨーロッパなどに比べるとかなり平時に近いのだ。・・・

>・・大半の先進国とは異なり、日本では、過去1年半の総死亡者数が平時より少なかった

>・・日本の「コロナ危機」により東京五輪が中止されることはあり得ない。そもそも、
>現在の日本は「危機」と呼べるような状況ではないからだ。・・

>もし、この夏の五輪の開催地がアメリカや中国の都市だったら、今の日本のような感染
>状況で五輪を中止するだろうか。中止することは考えられない。
>東京五輪が中止されることがあるとすれば、それは世界の国々の選手団が参加を拒否し、
>開催を取りやめざるを得なくなるケースだけだ。東京五輪は、予定どおりの日程で幕を
>開ける可能性が高い。


ツイート:Kazuto Suzuki 2021.07.15 12:03
https://twitter.com/KS_1013/status/1415507330460917768
@KS_1013

>日本のことを良く知る、雑誌Economistの元編集長でIISS理事長のビル・エモットさんの
>コメント。日本の「緊急事態」は実際には緊急事態と呼ぶべきものではなく、米国や
>中国でこのような状況で中止することはありえないと、全くの正論を述べている。

>(上記記事引用)
374:通りすがり :

2021/07/15 (Thu) 23:10:53

host:*.ocn.ne.jp
デカップリングか戦争か(中共覇権or中共崩壊)。

コロナワクチンを打って、ベルギーかシンガポールにでも逃げる資産家が続出しそうです。


373:通りすがり :

2021/07/15 (Thu) 22:58:13

host:*.ocn.ne.jp
闇のクマさんより

ウイグル人強制労働防止法が上院で全会一致で成立。
下院も通るでしょうね。

ユニクロ・無印は欧米撤退です。
日立等も撤退。

世界はデカップリングか戦争へと突き進む。
デカップリングなら、日本は親中と親米で真っ二つにデカップリング必至です。
中国が言っていたように、日本国家は崩壊し中国日本省(中国管理)と日本自治区(米国管理)にデカップリングへ。
372:suyap :

2021/07/15 (Thu) 20:29:51

host:185.54.228.124

本日、文殊菩薩に掲載された記事、「閻麗夢の化けの皮が剥げる」について:
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-10231.html

閻麗夢(Li-Meng YAN、以下Yan女史)氏とは、香港大学で2019年末から新コロウイルス研究に携わり、2020年4月にアメリカに亡命した中国の女性研究者です。彼女の亡命には、昨年9月に発覚したハンター・バイデンのハードディスクの情報元となった在米中国人のユーチューブ・チャネル路徳社をやっているLudeこと王定剛(Wang DingGang、以下Lude)氏が、元トランプ側近のスティーブ・バノン氏に頼み、同じく亡命者である大富豪の郭文贵(Miles Guo Wengui、以下Miles Guo)が資金源となって実現したと言われています。

上記のそれぞれはつい最近まで良好な関係だったと思われますが、ここにきて急にMiles Guoが、Yan女史とLudeに対して誹謗中傷人格攻撃を始め、彼の配下の中国人に彼らをアタックするように命ずる中国語の画像を配信し始めたのです。実際に見てみると、Yan女史はLudeを寝取ったとか、外人の男にすり寄る阿婆擦れとか、中国人を貶める国賊とか、ほんとうに酷くて汚い言葉で罵り続けており、これじゃMiles Guo自身の評価を落とすなというレベルです。

いったい何がどうしてこうなった!?のか、トランプ支持者の多くも現在「ポカーン」状態なのですが、以下が想定されている「原因」かも、のいくつかです。

1)Miles Guoは、やはり習近平の手下だった。
彼は浙江上海閥=江沢民一派を叩いても、決して習近平のことは悪く言わないので有名でした。習近平は密かにトランプを応援していて、アメリカ側から江沢民一党を叩くためにMiles Guoを亡命させたけれど、Yan女史やLude氏は、彼の敵、浙江上海閥系の中共否定派についたので態度を変えた...?彼は香港の実業家で人権活動家、袁弓夷(ElmerYuen)氏のこともボロカス言ってます。つまり在米中国人の内ゲバ?

2)GETTR絡み
先月までトランプのスポークスマンをしていたジェイソン・ミラー氏がCEOとなった新SNSのゲッター。不思議なことに未だにトランプはアカウントを開きません(ジェイソンは何度も「トランプの席は確保してある」と言ってますが)。そしてトランプ・ファミリーも、トランプと極近しい人たちも、まだシーンとしています。

もうかなり知られてきましたが、このゲッターの出資者の「ひとり」がMiles Guoなのです。ゲッターの中で彼がどのくらいの影響力を持っているかわかりませんが、一説では実質的なオーナーだとも言われています。そして...現在、Yan女史やLude氏の自宅に、Miles Guoの煽りを受けて「抗議者」が押し掛けているのですが、その中にカナダ国籍の若い女性がおり、そのボーイフレンドがゲッターのコーダーとして働いていることが判明しました。
https://twitter.com/LawrenceSellin/status/1415566228006084617

ちなみに上記リンクのローレンス・セリン氏は、現在精力的にYan女史を援護しているひとりです:
https://twitter.com/LawrenceSellin/

というわけで、在中国の野崎先生には毎度申し訳ないですが、以下のリプライを「文殊菩薩」が自動ツイートされるページにしておきました:
------------------------------

どっちの化けの皮が剝がれつつあるのか、まだわかりません。Gettrの後ろにいる郭文贵こそ、CCP習近平の駒かもしれないし。いまだにトランプがGettrに加わらないもの興味深いところ。Solomon Yue(俞懷松)も閻麗夢を励ましている:
https://twitter.com/SolomonYue/status/1415347727144079360

------------------------------

371:通りすがり :

2021/07/15 (Thu) 17:58:55

host:*.ocn.ne.jp
今日も感染者増加とバカ騒ぎ。

オリンピック選手と接する多くの人が毎日のようにPCR検査。

陽性の半分以上が感染者ではないので、サイクル数を増やしてPCR検査するほど感染爆発を演出できる。

全く馬鹿げた詐欺戦法。
370:奥田 正行 :

2021/07/14 (Wed) 09:33:27

host:*.zaq.ne.jp
7月13日、大阪地方裁判所は武建一(連帯労組関西地区生コン支部執行委員長)に対し、
同人の威力業務妨害行為について懲役3年及び執行猶予5年の判決を言い渡したとのこと
です。関連記事を紹介します。


記事:関生支部トップに有罪判決 一部は無罪 大阪地裁
産経  2021.07.13 11:09
https://www.sankei.com/article/20210713-IO7WBGHMPVK5FJGCHBCAJSGVFI/

>運送業者のセメント出荷を妨害したなどとして威力業務妨害などの罪に問われた
>「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」執行委員長の武建一被告(79)
>に、大阪地裁(佐藤卓生裁判長)は13日、懲役3年、執行猶予5年の判決を言い渡した。
>恐喝罪でも起訴されていたが、同罪については無罪とした。求刑は懲役8年だった。

>被告側は「賃上げを求める正当な団結権行使」と無罪を主張していた。

>起訴状によると、組合員らと共謀し平成29年12月、大阪市内の出荷拠点で車両の
>出入りを妨害したなどとしている。

>29年3~7月に生コン支部の提携業者と契約するよう商社の大阪支店長に迫ったと
>して、恐喝未遂罪などでも大津地検に起訴され、大阪地裁の公判に併合された。

369:奥田 正行 :

2021/07/12 (Mon) 18:05:14

host:*.zaq.ne.jp
日本共産党が、次期衆院選政権公約から「日米安保廃棄」を除外とのことです。

これについては、日米安保条約・地位協定は、今の日本を毒する根源で、戦争屋・ネオコン・
ジャパンハンドラーズの最強の道具であるため、その廃棄を願ってやみませんが、
日本共産党が選挙のため「日米安保廃棄」を政権公約除外とすることは、誠に残念です。

当方は支持者ではありませんが、日本共産党は孤高の存在であった欲しかったと
考えます。関係記事を紹介します。


記事:共産「日米安保廃棄」政権公約から除外へ
朝日 2021.07.09 18:06分
https://www.asahi.com/articles/ASP795X2HP79UTFK011.html

> 共産党の田村智子政策委員長は9日の記者会見で、党綱領で掲げている日米安保条約の
>「廃棄」について、次期衆院選の政権公約には盛り込まない考えを示した。

> 田村氏は「今度の衆院選は政権交代を目指したい。立憲民主党などとの政策の一致点
>を公約に掲げることになる」と説明した。そのうえで「目指す連立政権のなかで、安保
>条約廃棄は一致点として求めないことはすでに表明している」と語った。

> ただ、党の綱領を変えるわけではないとし、「党独自として目指すべき方向と(政権
>公約を)二段構えで出していくことで議論している」と述べた。

コメントプラス:前田直人(朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
2021年07月09日21時21分 投稿

>【解説】共産党は綱領に「日米安保条約を、条約第十条の手続き(アメリカ政府への
>通告)によって廃棄し、アメリカ軍とその軍事基地を撤退させる。対等平等の立場に
>もとづく日米友好条約を結ぶ」明記しています。一方、昨年3月に示された志位和夫
>委員長の見解・・・


ツイート:森岡正博  2021.07.11 11:42
https://twitter.com/Sukuitohananika/status/1414052433475510275
@Sukuitohananika

>地味だが注目中:「共産「日米安保廃棄」政権公約から除外へ」

>(上記記事引用)
368:通りすがり :

2021/07/11 (Sun) 20:37:18

host:*.ocn.ne.jp
情報通のホリエモンやひろゆきがワクチン打った最大の理由は、危なくなったら海外に逃げるためでしょう。

イルミナティは第三次世界大戦を計画しているかどうか。

米中激突で一番被害にあうのは日本ですかね。
367:通りすがり :

2021/07/11 (Sun) 20:31:50

host:*.ocn.ne.jp
ワクチン打って死んだ人は556人になった。
でも因果関係ありとするのは1人だけか。
そのほかは、たまたま死んだだけ。

片や、PCR検査しても9割は、ほぼ無症状。
こっちは、たまたま死んでも洩れなく死者にカウントされる。

世界は、イルミナティ(貴族・政治家・官僚・資本家・マスゴミ・研究者)に支配されている。


366:堺のおっさん:

2021/07/11 (Sun) 09:10:25

host:*.enabler.ne.jp

G20、法人税最低15%合意 巨大IT税逃れ防止も 共同通信
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6398389

麻生財務大臣が「100年に一度の変革」と。

15%…

まあ手始めといったところか。

あすのNY市場の反応が楽しみではある。
365:はぐらめい :

2021/07/07 (Wed) 17:59:47

host:*.omn.ne.jp
速報!ワクチン接種後死亡報告 556名に(新たに200名) 

今日18時より開催される厚労省のワクチンの接種後の副反応について検討する
厚生科学審議会 (予防接種・ワクチン分科会 副反応検討部会)に向けて、
2/17から7/2までの、ワクチン接種後死亡として報告された事例等の報告がありました。

それによると、6/23発表の356人から200名増えて556名になっています。

https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2021-07-07-1


364:堺のおっさん:

2021/07/05 (Mon) 10:02:20

host:*.enabler.ne.jp

都議選挙の結果についてはどちらが勝ったとかよりは

政治的流動性が強まったということが重要だ。

特に都市部において、岩盤支持層が少数化しており

結果として無党派層が増加。

この無党派層は簡単に取り込むことができない。

ましてや単純な選挙共闘で支持を得られるものでもない。

秋の総選挙は予想をするのも危険なほど流動化している。
363:はぐらめい :

2021/07/05 (Mon) 07:21:22

host:*.omn.ne.jp
井上正康先生の講演会に行ってきました。

「世界中が『しまった』と思い始めている」とのことでした。
https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2021-07-05-1
362:suyap :

2021/07/03 (Sat) 22:19:03

host:185.54.228.119

>>360 訂正

×イラクに甘く

〇イランに甘く
361:suyap :

2021/07/03 (Sat) 22:17:07

host:185.54.228.119

>>358 続きです。

https://health.economictimes.indiatimes.com/news/pharma/us-secures-almost-entire-world-stock-of-covid-19-drug-remdesivir/76740724

トランプ政権は昨年7月8月9月のレムデシビル世界生産量の9割を確保していた。

これより先、(レムデシビルを製造する)ギリアド製薬は供給確保のために、インド、エジプト、パキスタンのジェネリック医薬品メーカーとの非独占的な任意のライセンス契約を結んだ。

(記事ではこれらの国が中低所得層の多い発展途上国であることに触れたうえで)契約では、これらのジェネリック医薬品メーカーは技術提供を受け、それぞれの国の規則や法律に従って、独自に薬価を決めることができるとなっている。

WHOが新コロのパンデミック終了を宣言するか、あるいは新コロ撲滅のために有効な新薬またはワクチンが開発されるまで、レムデシビルのロイヤルティはフリーにする。
    ↑↑

これ読むと、トラ政権とギリヤドはいい仕事してるなーと思えるけど...

中共が手を伸ばす前に先手を打ったのかもね。

(記事が出たのは昨年7月)

360:suyap :

2021/07/03 (Sat) 21:51:39

host:185.54.228.119

>>359 奥田さん

バイデン政権の向こう見ずな「撤退」は、新たな紛争の糸口を作るのが本当の目的と思われます。現にイラクに甘く、イスラエルに辛いバイデン政権では、中東の安定は???

359:奥田 正行 :

2021/07/03 (Sat) 18:06:48

host:*.zaq.ne.jp
7月2日、米政府は、アフガニスタン駐留米軍が8月末までに完全撤退の見通しを発表
とのことです。関連記事を紹介します。

トランプ前政権は完全撤退を目指しタリバーンとの合意により駐留米軍を約1万3千人から
約2500人まで減らしたものの、最終的に駐留軍をゼロにするかは、タリバーンの攻撃
停止・和平交渉進展等の条件付きでした。
 しかし、バイデン政権は、9月11日期限で条件なしの完全撤退を積極的に表明、これは
「条件付撤退ではアフガニスタンに永遠にとどまることになる。」との判断があるとの
ことです。

バイデン政権発足前予想では、戦争屋、ネオコン、DSが儲かる戦争を永久に続けるため、
撤兵はないと思われていましたが、ここでは、トランプ前政権より駐留米軍撤兵の意志が
強いと思われます。今後、他の米軍駐留戦場で撤兵が続くかを見極めたいと考えます。


記事:米軍のアフガン撤退、8月末までに完了 米政府発表
時事 2021.07.03 04:28
https://news.yahoo.co.jp/articles/1cb1e03e5f8f0276fa7dad79c0b3800205a58e6b

>【AFP=時事】米政府は2日、アフガニスタンに駐留する米軍が8月末までに完全撤退する
>との見通しを発表した。

> ジョー・バイデン(Joe Biden)大統領は、アフガニスタンで20年にわたり駐留を
>続けた米軍の完全撤退の期限を9月11日に設定していた。

> 2日には、アフガニスタンで米軍が主要拠点としてきたバグラム空軍基地(Bagram
>Air Base)からの撤収を終えたことが明らかになり、完全撤退が近いとの見方が浮上。
>だがジェン・サキ(Jen Psaki)大統領報道官は記者会見で、米軍はアフガニスタンから
>8月末までに完全撤退すると表明した。【翻訳編集】 AFPBB News
358:suyap :

2021/07/03 (Sat) 15:20:37

host:185.54.228.116

>>357 堺のおっさん

>レムデシベルの用途特許をアビガンのように

 >人民解放軍が取得する可能性はあるのかどうか。
     ↑ ↑

アビガンを中国国内の用途特許申請して間もなく、昨年2月にレムデシベルもやってました

米ギリアドの新型ウイルス薬、中国の研究所が国内の特許申請
Bloomberg News 2020年2月6日 7:17 JST
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-05/Q58XZET0G1KZ01

ブルームバーグ会員じゃないのでフル記事を読めないのですが、見出しに「承認されるかどうかは不明-知的財産権を巡る懸念再燃も 」とありますから、アビガンよりも手こずるかもしれませんね。

それよりも心配なのはイベルメクチンのほう...

つらつら思うに、まず武漢はじめ中国国内で感染爆発させたのは、中国軍部としては、密かに効果的な治療薬の研究・治験を進めるためだったんじゃないかと。となると、ますます「武漢研究所からの事故漏洩」というより、中国共産党&軍部も絡んだ「意図的な漏洩」説の説得力が高まりますね。そしてそれがバレ始めたら、現在の共産党政権の存続は危うくなる。

357:堺のおっさん:

2021/07/03 (Sat) 08:00:41

host:*.enabler.ne.jp

レムデシベルの用途特許をアビガンのように

人民解放軍が取得する可能性はあるのかどうか。

やりかねない。
356:堺のおっさん:

2021/07/02 (Fri) 09:39:59

host:*.enabler.ne.jp

中国共産党100周年式典の感想。

中華人民共和国成立を宣言する毛沢東を習近平が真似ているとも。

しかし、圧倒的に熱量が低い。

習近平はいまだ中共も中国も掌握しきれていない。

覇権のレベルで言えば、毛、鄧にはまだほど遠い。

覇権とは結局のところいかに敵を粛清するかにかかっている。

競争相手をすべて消すことが覇権の本質。

習近平は先人ほどの粛清をやり切れるだろうか。
355:堺のおっさん:

2021/07/02 (Fri) 08:08:39

host:*.enabler.ne.jp

「イベルメクチンで感染者数・死亡者数を劇的に減らせる」米国の医師団体が提言 
未だに流通しない裏事情とは
https://news.yahoo.co.jp/articles/28c4b390754e64836fdb8ef6835d9a4d35418dc6

イベルメクチン…

ジェネリックで生産可能。
354:Ninkyo Iiyama :

2021/07/01 (Thu) 13:04:26

host:*.zaq.ne.jp

朝日新聞大阪社会部の記事ですが、

銚子電鉄、株主が総会で廃線進言 煎餅販売を「本業に」

https://www.asahi.com/amp/articles/ASP6Z6WYRP6ZUDCB00K.html?

あと1年

国の20年度税収、コロナ禍でも過去最高 60.8兆円に
巣ごもり需要など好調、企業の「K字」回復映す

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE304AK0Q1A630C2000000/?n_cid=BMSR2P001_202106301430

"人にやさしく THE BLUE HEARTS "

https://youtu.be/1AB1vpo1y-Q

"電光石火 "

https://youtu.be/lntiTCsPu2c

Ninkyo Jomon

https://youtu.be/tl_bGfSOU9s





353:suyap :

2021/07/01 (Thu) 11:56:56

host:185.54.228.51

>>351

情報シェアありがとうございます。

それにしても、日本政府のこの周回遅れの対応はなんなんだろう...

アメリカでは多くの州がワクワク・パスポートの発行を否定しているし、昨今ではイギリス政府も否定した。シンガポールに至っては、「コロナとの共生」を堂々と発表。こうなっては、お人よし(?)の日本人に売りさばくしかないっつー、いつものパターンの悪寒。

世界の動向はいまや「地球温暖化詐欺」の喧伝にシフトしつつあります。ワクワク拒否の皆さん、気を強くもって堂々と逃げ切りましょうぜ!


352:はぐらめい :

2021/07/01 (Thu) 11:18:44

host:*.omn.ne.jp
>>351 「いつもROMです」さん

下記意見送信しました。

   * * * * *

厚労書HPの「新型コロナワクチンについて」の「接種を受ける際の同意」には、
《職場や周りの方などに接種を強制したり、
接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。》
と明記してありますが、
証明書発行によって、差別を助長することになるのは明らかです。
「海外情勢を踏まえて」とのことですが、
新型コロナワクチンはまだ治験中のワクチンであり、
また死亡報告356人をはじめとする副反応による健康被害の届出状況から判断すれば、
一旦立ち止まる勇気こそが必要です。
むしろワクチン接種を促すことになるであろう証明書発行に対しては、強く反対します。
351:いつもROMです。 :

2021/06/30 (Wed) 20:15:59

host:*.tokai.or.jp
よそからの完全コピペですが貼り付けさせていただきます。

以下

【至急!シェア拡散大歓迎】

皆さん、おはようございます。
昨日は温かいメッセージありがとうございました。

ところで今日はお願いです!!

ワクチンパスポートに関するパブコメの締め切りが明日中(7/1)に迫っているとのことです。

ファイザー社元副社長イートン氏が「これが導入されたら終わりです」と言っていたのが、ワクチンパスポートです。

これが導入されると、公共施設、公共の交通機関、大企業や政府自治体への就職、学校への進学等、あらゆる場面でワクチンを打ってない人が行動制限を受け、事実上のワクチン強制システムが導入されることになります。

パブコメは、内閣府と厚労省の2本立てになっています。同様の内容でかまいませんので、同じ思いの方は、皆で拡散し、絶対に阻止しましょう。

https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCM1031_CLS&id=095210830

https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495210110
350:亀さん:

2021/06/30 (Wed) 14:06:59

host:*.t-com.ne.jp
>>349

ご紹介の深田さんの動画は、既に拝見しています。
保守言論誌が中国共産党の利益を守る仕組み!?
https://www.youtube.com/watch?v=PfuKFbPI1DQ

矢島義也や大樹総研に関する記事は、未だ目を通していませんが、明日の朝一番から数日間かかるであろう仕事(翻訳)を終えたら、早急に読んでみます。


> DMします。

実は、放知技の読者の一人が親切にも二通のファイルを添付し、小生宛てに私信で送付してくれました。だから、送らなくても大丈夫です。


> まずは渡邉正次郎さんに、矢島義也、大樹総研について質問してみてください。

小生もそのつもりです。住吉会絡みとなれば、なおさら渡邉さんから直接情報を得るのが一番の近道です。ただし、公の場である放知技で公開できる内容は、渡邉さんの承諾を得た範囲内に限定させていただきます。

なを、現役の国会議員宛てに渡邉さんを通じて、深田さんのファイルを送付するかどうかは、実際に深田さん本人あるいは事務局から、小生宛てに直接ファイルを送信してきた場合のみとします。多分、ここ数日かかる仕事中に届くものと期待していますが、そのあたりは後で報告します。

では、仕事の準備に戻ります。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
349:suyap :

2021/06/30 (Wed) 13:19:29

host:185.54.228.151

>>348 亀さん

>今のところ背乗りの証拠書類は送られてきていませんが、

私は動画が公開されて間もないうちにリクエストしたら、彼女がまだ太平洋上を飛んでいるであろう時間帯に返信がきました。もし亀さんのところに届かないようならお知らせください。DMします。書類は法務省と東京高検への告訴状形式になっており、同意されれば署名捺印して届けるようになっています。

中国残留孤児の帰国制度をつかった、この手の背乗りがかなり横行しており、中国政府当局、在中国日本公館(外務省)もグルであることが伺えます。

>送られてきたら菅首相をはじめ、国会議員全員に渡邉正次郎さんを通じて転送してもらう予定です。

>>347で紹介した萌絵さんの最新動画と、そこに貼ったリンクを確認いただけましたか?

キーワードは矢島義也、大樹総研。

私は矢島は日本製エプスタイン(ただしスポンサーは中国)、大樹総研は静岡絡みで松下政経塾、維新(=パソナ)+地下に住吉連合など893の大所帯じゃないかと推察中。プチエンジェル事件の裏も日中ヤクザだったよね。

矢島義也関係記事のダイジェスト
http://hodotokushu.net/kaiin/kiji20131025a.html

まずは渡邉正次郎さんに、矢島義也、大樹総研について質問してみてください。

348:亀さん:

2021/06/30 (Wed) 05:49:58

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1624999798.jpg

>>337

自己レスつうか亀レスです。

> 【衝撃】米政府が、UFO情報公開へ。米軍の1000年先をゆく「驚異の技術能力」。オバマ元大統領発言の波紋。| 2021/6/22投稿動画
https://www.youtube.com/watch?v=2On4TRu8Cn8

6月26日に公開されるということで、大いに期待していたのだが、実際に公開されたのは以下のような動画だった・・・
Long-anticipated 'UFO report' finally released. No, it's not aliens.
https://www.livescience.com/pentagon-releases-ufo-report.html

小生は宇宙人(aliens)の死体、あるいは宇宙人と対話をしているシーンが登場するものと思っていたのだが、どうも過去のテレビ番組の見杉のようだワイwww


>>347

> 深田萌絵

suyapさん、深田さんのどの動画かは忘れましたが、件の動画から↑カット↑し、本投稿に添付した深田さんの懇願、「力を貸してください」に対して、協力する旨の私信を小生は6月28日に送信しています。今のところ背乗りの証拠書類は送られてきていませんが、送られてきたら菅首相をはじめ、国会議員全員に渡邉正次郎さんを通じて転送してもらう予定です。ただ、今の菅首相は五輪とワクチンで頭が一杯だろうから(笑)、渡邉さんや小生のメールを一瞥する心の余裕もないと思うので、時間のある安倍元総理や実弟の岸信夫議員あたりに、渡邉さんの私信や小生のブログに目を通してもらえたらと思っています。

ともあれ、何等かの進展がありましたら、本スレッドに報告させていただきます。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
347:suyap :

2021/06/29 (Tue) 18:17:16

host:185.54.228.88

中国人背乗りや半導体利権と戦っている深田萌絵さん、無事に帰国してYouTube配信している:

保守言論誌が中国共産党の利益を守る仕組み!?
https://www.youtube.com/watch?v=PfuKFbPI1DQ

萌絵ちゃんには世界の政治経済&武力衝突まで動かしている「世界のフィクサー」という視点が欠けているように思えるので、彼女がこの動画で挙げている相関図は、まだまだだな~という感想を持っているのだけれど、彼女が言うところの「銀座のフィクサー」がいったい誰のことを差しているのか、気になったので調べてみた:

----------------------------------
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/10160558/
「菅総理」を抱き込む怪しい「政商」の正体 特捜部のターゲットになったことも

「令和の政商」矢島義也氏の正体
http://www.johoyatai.com/3291

謎のシンクタンク「大樹総研」とは……
http://www.hunter-investigate.jp/news/2018/07/-200719-2009-200012625-3-200315427-201019.html

消えた200億円で東京地検特捜部が狙う「大樹総研」と「JCサービス」
http://hunter-investigate.jp/news/2019/09/-10jc-200719-200020032009-201019-jc-5000-nhkmaneo.html

大樹総研
http://taiju-ri.jp/
----------------------------------

つまり矢島義也ってヒト、ジェフリー・エプスタインの日本版だったってこと?(爆)

そういや、90年代から2000年初めにかけて、変な色仕掛け事件が相次いでなかったっけ?中には明らかにお中華ヤクザ絡みっぽいものも...w

維新のシナリオ書いてるのが竹中平蔵で、それとバトってるのが2F。どっちもお中華なのになぜバトるというのが、現時点で萌絵ちゃんの相関図に抜けてる視点...かな。
346:suyap :

2021/06/27 (Sun) 19:17:46

host:185.54.228.132

>>345 mespesadoさん

ありがとうございました。
日本政府のワク注推進は、すんごいことになってますね。しかも7月末までという区切りが、いやはやなんとも...w 「オリンピック開催のための実績(数字)づくり」ってのが見え見え(爆)

金に釣られて患者にプロモする業者(医者)がどれくらい出るのかなあ?
345:mespesado :

2021/06/27 (Sun) 12:51:24

host:*.eonet.ne.jp

>>344

 これについては、6月23日に、国から、具体的には「厚生労働省健康局

健康課予防接種室」から各都道府県、市町村、特別区の衛星主観部局に事務

連絡が出ているようです↓


https://www.mhlw.go.jp/content/000797250.pdf


> 【請求額】
>(診療所)
> (a) 週 100 回以上の接種を7月末までに4週間以上行う場合には、週
>   100 回以上の接種をした週における接種回数に対して回数当たり
>   2,000 円
> (b) 週 150 回以上の接種を7月末までに4週間以上行う場合には、週
>   150 回以上の接種をした週における接種回数に対して回数当たり
>   3,000 円
> (c) 50 回以上/日の接種を行った場合には、1日当たり定額で 10 万円


 金額も、厚生労働省の連絡どおりのようですね。
344:suyap :

2021/06/27 (Sun) 12:04:52

host:185.54.228.26
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1624763092.jpg
>>339 亀さん

了解です。


ところで冒頭の添付画像を拾ったのですが、東京都だけの話でしょうか?

ワクチンの個別接種を行う「診療所」への「協力金」について

1週間当たり接種回数 協力金単価
100回~149回 2000円/回
150回以上 3000円/回

1日当たり接種回数 協力金単価
30~49回 85000円/日
50~59回 100000円/日
60回以上 175000円/日

すっげ~~~!
343:mespesado :

2021/06/27 (Sun) 11:52:38

host:*.eonet.ne.jp

>>342


塩野義製薬が新型コロナワクチン開発に挑むワケ/上
https://mainichi.jp/premier/health/articles/20210330/med/00m/100/009000c


↑今年4月の開発者へのインタビュー記事(ただし有料記事なので、無料部

分のみで考察します)。


>  接種が始まっているワクチンは遺伝子の一部を投与し、体内で抗原を
> 作らせるタイプですが、私たちのワクチンは工場で作った抗原を投与し
> ます。


 明確に従来タイプ(つまり遺伝子注入タイプではない)であることを宣言

しています。さて、この記事には後編があり、そこで日本と外国の気質の違

いについて述べられています↓


新型コロナワクチン開発 「それでも海外についていけなかった」/下
https://mainichi.jp/premier/health/articles/20210330/med/00m/100/013000c


> 日本は「平時バイアス」が強いということです。平時バイアスとは、通
> 常のやり方に固執しようとする思考です。これは政府だけではなく、社
> 内、学会、医療界全体、メディアにもあるのではないかと思います。欧
> 米、特に米国では、事が起きると「今は『戦時』のようにとらえるべき
> だ。やるべきことは最低限に抑えても先に進もう」というコンセンサス
> がすぐに形成されます。ところが、日本は「そんなことをやっていいの
> か」「普段だったら許されない」という指摘が出てきます。そして、欧
> 米は過半数が「GO(進めよう)」と言えば前進しますが、日本は全員の
> 賛成が求められ、決断が遅くなりやすいのです。


 確かにこういう気質の違いが、今回の対策の遅れの要因になったことは否

めないと思います。そして、この記事は次のように続きます↓


>  そもそも、医薬品に対して、欧米は「効くことが一番大切。さらに安
> 全性があればなお良い」、日本は「安全性が第一。そのうえで効果の高
> いものを探す」という考え方の違いもあります。


 この気質の違いは、一概に欧米の方がよいとも言い切れません。例えば、

非常に致死率の高い傷病などに対する「治療薬」の場合は、安全性よりも、

まずは薬効があるかどうかが優先されます。だから欧米の考え方の方が合理

的と言えるでしょう。しかし、それはそもそも「病気になった後」の「治療

薬」の場合の話です。惑珍というのは、問題となる病気にかかっていない人

が予防のために受けるものであるはずです。その場合は、薬効よりも安全性

の方を優先すべきだ、というのは一定の合理性がある考え方です。つまり、

この場合は日本人の考え方の方が合理的だとも言えるのです。それが証拠に、

今回の塩野義の惑珍は、安全性を重視したからこそ、遺伝子注入型を避けて、

従来タイプの抗原注入型の惑珍を選んだのではないでしょうか。

 ところで、この安全性と効用のどちらを優先するか、という欧米と日本の

考え方の違いには、欧米流の「カネ儲けのためには他人の命は二の次」の思

想がどうもチラつきます。つまり、極端な話、「安全性を100%にするた

めにコストをかけるよりは、安全性を完璧にしなくても、被害に遭った患者

に対する補償金を支払った方がトータルで安上がり」ならば、平気で後者を

選ぶ、という気質が感じられるのです。昔の日本は、製造業の不良品率につ

いても「不良品を絶対に出さない。なぜならいくら不良品率が低くても、不

良品をつかまされた消費者にとっては100%だから」という、本田宗一郎

みたいな気骨があったものですが、今日のようなソフトウェア開発では、欧

米流の「プログラム開発にバグは当たり前。バグが発見されたら、後から修

正プログラムを売って更に儲けられる」くらいにしか考えてないように見え

ます。まあ、こういうのが「新自由主義」の本質なんでしょうね。
342:mespesado :

2021/06/27 (Sun) 10:50:51

host:*.eonet.ne.jp

へっぴりごしさんのブログで知った塩野義製薬開発の国産惑珍↓


<独自>塩野義の国産ワクチン 年明け6千万人分供給可能
https://www.sankei.com/article/20210626-YDYNH6WAJFJ3VBPJRBRWHBXNLY/


 記事によると…


> 塩野義のワクチンは「遺伝子組み換えタンパクワクチン」と呼ばれる。
> 新型コロナの遺伝子の一部を基に昆虫細胞でタンパク質を培養して作る。
> すでにインフルエンザワクチンなどで実績がある技術だ。


 いわゆるmRNA惑珍でもDNA惑珍でもない、抗原となるタンパク質を注射す

る方式のようだ。その点では今使われている惑珍より安全に見える。でも、

問題は、その抗原となるタンパク質は何を採用しているのかだが…。

 昨年7月に次の記事が出ている↓


塩野義製薬、組換え蛋白質ワクチンは複数の候補品の免疫原性を評価中
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/07/20/07217/


>  時間があれば、最適な抗原は何かを検討したいが、現状、スパイク蛋
> 白質を否定するほどの理由は無いので、スパイク蛋白質を抗原とする。


 一年前の記事であり、当時はスパイク蛋白それ自体が重症化の原因である

ことは未だ十分認識されていなかったので、このような方針になったのかも

しれないが、現在の開発状況はどうなんでしょうね。気になるところです。

ただ、惑珍という方式そのものが、ウイルスの一部を構成する蛋白質から採

らなければ抗原になり得ない以上、今回の頃菜では、そのウイルスの一部で

ある蛋白質そのものが体に害がある以上、どんな機序の惑珍を開発するにし

ても、あまり期待できるものではないような気がします。やはり「治療薬」

の開発の方が本筋ではないのでしょうか。

341:はぐらめい :

2021/06/26 (Sat) 08:11:46

host:*.omn.ne.jp
『新型コロナワクチン接種中止』の嘆願書提出記者会見に参加してきました。

とりあえずの報告です。→https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2021-06-26
340:通りすがり :

2021/06/25 (Fri) 00:31:59

host:*.ocn.ne.jp
「新」経世済民新聞 三橋貴明 公式チャンネルでも改正銀行法のヤバい売国法を取り上げてます。

DS(中共)謹製生物兵器で世界上にゴーストタウンを作って、中国人上陸の下地作りは順調。
DNA/RNAワクチンで独裁強権体制に反対するゴイムを根絶やしにする。
パンデミック中のドサクサに紛れてDS(中共)支配を末端まで拡充させる法整備も順調。

NWOを覆すにはトランプ復活しかないか。
飄(つむじ風)では米軍によるDS粛清が粛々と行われていると言っている。
トランプの7~8月復活を期待します。


339:亀さん:

2021/06/24 (Thu) 17:47:06

host:*.t-com.ne.jp
>>333

suyapさん、「ワクチン接種を巡る総合的な私見のブログ記事」を約束していましたが、その前にNHKについての記事を書かなければならなくなりました。と申しますのは、NHKの受信料は母の口座から自動的に引き落としの形になっていましたが、母が逝去がした時に小生は件の通帳を解約しています。そのため、NHKは母の通帳から受信料を自動引き落としできなくなった次第です。

それから一年半が経過し、漸くNHKの集金担当の方が本日拙宅を訪れ、未払いの受信料支払いを要求してきました。そこで当方は担当者に語ったことは、支払うのにやぶさかではいし、NHKさんもなかなか良い番組も放送していると相手を持ち上げた後、しかし、NHKのニュース報道姿勢について疑問に思うことが多々あり、幾つか質問させていただきたいのだが宜しいでしょうか、と相手に詰め寄った次第です。結局、近く別の担当者に拙宅に訪問していただき、小生の質問に答えていただくことになりました。

NHKに関する多くの小生の記事をはじめ、NHK関連の書籍、ネット記事、動画が溜まっていますので、それらを整理しつつ、別の担当者の訪問を待ちたいと思います。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
338:通りすがり :

2021/06/23 (Wed) 23:24:25

host:*.ocn.ne.jp
イルミナティの人口削減兵器が、アストラゼネカ・ファイザー・モデルナのワクチンでしょう。
中共生物兵器の新型コロナ対策は、中共対策を真似るのが一番安全。
増殖阻害薬と不活化ワクチンと徹底した隔離。

人口削減兵器で中国人以外のゴイムを間引きして、減ったところに独裁政権に従順な中国人ゴイムを送り込み乗っ取る。
これで世界各国が独裁体制に反抗しなくなる。イルミナティNWO暗黒独裁体制の確立です。
337:亀さん:

2021/06/22 (Tue) 16:07:23

host:*.t-com.ne.jp
>>335

はぐらめいさん、以下、興味深く拝読しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

VMAT2遺伝子(小胞モノアミン伝達物質2)の仮説。
人が霊的な体験をするとき共通の脳反応が見られる。
モノアミンという化学物質が脳の意識を変化させる。
脳の情報処理に変化がでてきて、
物質を超越した情報を察知でき霊的体験ができる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

それに対して、VMAT2阻害剤なるものが、ワクチンに混入されているとのこと・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━
・・・中略・・・

VMAT2阻害剤は、この遺伝子をシャットダウンするために、
意図的にワクチンに入れられている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

小生が>>330で添付した以下のカットシーン・・・
http://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1624250275.jpg

そして、米国の主要メディアが言い出しっぺのワシントン・ポスト紙に倣い、、武漢ウイルスの自然発生説から人為説に大きく方向転換したこと等、拙稿「上等国民」に書いた以下の小生の記述・・・
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1881.html
__________
綻びを見せ始めたNWO、台頭しつつある世界の婆娑羅との対立
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これはどうやら、単なるNWOの劣化という話だけでは、済まされないような気がしていました。だから、6月26日に公開されるというUFO報告書、本当に米軍の千年先をゆくUFOテクノロジーが明らかになるのかどうか、固唾を呑んで待ちたいと思います。その上で、さらに自身の考察を重ねていく必要があるのか否か、判断したいと思っているところです。

【衝撃】米政府が、UFO情報公開へ。米軍の1000年先をゆく「驚異の技術能力」。オバマ元大統領発言の波紋。| 2021/6/22投稿動画
https://www.youtube.com/watch?v=2On4TRu8Cn8



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
336:わっぱ :

2021/06/22 (Tue) 13:38:02

host:*.au-net.ne.jp
>>332 suyap さん

ありがとうございます!

ありました!
たぶんFC2動画にアップし直されたみたいです!


https://video.fc2.com/content/20210620YTp6taDQ?fbclid=IwAR3mVKSRrzb8-2puSe3J0B1mNvjWSeS1a7gzAyaiSvSR37b3AI-xH0aJGQI
335:はぐらめい :

2021/06/22 (Tue) 06:23:43

host:*.omn.ne.jp
>>326 亀さん

『人のために祈ると超健康になる!』(高橋徳)、
現実的世界と宗教的世界の垣根を取っ払ってくれる快著です。

折も折、次のような情報にショックを受けています。(「In Deep」メルマガ 6/18)

   * * * * *

━━━━━━━━━━━━━━━━━

VMAT2遺伝子(小胞モノアミン伝達物質2)の仮説。
人が霊的な体験をするとき共通の脳反応が見られる。
モノアミンという化学物質が脳の意識を変化させる。
脳の情報処理に変化がでてきて、
物質を超越した情報を察知でき霊的体験ができる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

「へえ」と思いました。

 > 人が霊的な体験をするとき共通の脳反応が見られる。

という遺伝子があるんだと。

それで調べていましたら、いろいろとありまして、
これは陰謀論とも結びつけられているようですけれど、
「プレアデス人」という言葉が出て来る海外のサイトもありました。

そのひとつには、以下のようにあります。


2020年9月の英国のブログより
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《ワクチンと神の遺伝子》

この偽のパンデミックを終わらせることを約束する新しいワクチンは、
人間が魂のないドローンに過ぎないように、
私たちの共感と思いやりを殺すナノ粒子を含むだろうというのが私の意見だ。

これは、人類の右脳機能、
特に精神性と感情を扱う領域をシャットダウンすることによって行われる。

これは本質的に、人類を、深刻なレベルの思考や感情を持たない
無機の生物学的ドローンに「委譲」する。

「神の遺伝子仮説」によれば、スピリチュアリティには遺伝的要素があり、
その遺伝子(VMAT2)は、神の存在やより大きな宇宙へのつながりの感覚など、
神秘体験に関連する感覚に寄与することによって 1つの要素を構成する。

ひとつの研究では、心理学者のロバート・クロニンガー氏が開発した
自己超越スケールを使用し、
3つのサブスケールを使用してスピリチュアリティを定量化している。

そこには、
「トランスパーソナル・アイデンティティ」(より大きな宇宙へのつながりの感覚)
そして、
「神秘主義」(ESPのような証明されていないものを信じる開放性)

がある。

VMAT2阻害剤は、この遺伝子をシャットダウンするために、
意図的にワクチンに入れられている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   * * * * *

としたら、まさに「最終戦争」です。
334:亀さん:

2021/06/22 (Tue) 01:46:28

host:*.t-com.ne.jp
>>333

> 楽しみにしています。

suyapさんに、そう言っていただけること光栄であり、実に嬉しく思います m(._.)m

> 漏洩は事故ではなく、故意

全く以て禿同です。

なを、来週は大量の仕事が入る予定なので、忙しくなる前に、新記事はなるべく今週中にアップしたいと思っています。いつものように、アレ? と思うような記述がありましたら、指摘していただけると有り難く思います。急ぎ訂正させていただきます (*~~*)

ところで、以前ご紹介いただいたAiryというソフト、なかなか使い勝手がいいですね。YouTubeによって多分削除されるであろうと判断した動画は、大抵ダウンロードしています。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
333:suyap :

2021/06/21 (Mon) 16:19:58

host:185.54.228.41

330 名前: 亀さん

「ワクチン接種を巡る総合的な私見のブログ記事」をご執筆予定とのこと、楽しみにしています。

実は私もつらつらと同様のことを考え続けておりまして、2014年にオバマ政権が米国内でのウイルス機能獲得実験を禁止したこと(表向きの理由は軍の研究所で漏洩事故があったことになっていますが)と、以後、秘密裏に中国・武漢に実験を卸していた件は、繋がっている、むしろ計画的...であったとしか考えられません。

つまり事はファウチと武漢の研究者だけの間で起こったわけではなく、いわゆるディープステート側の深遠なパンデミックウォー計画の一環として予定通りだったのではないかと。だから、漏洩は事故ではなく、故意であったろうというのが、私の現在の見解です。
332:suyap :

2021/06/21 (Mon) 15:58:18

host:185.54.228.41

>>331 わっぱさん

お久しぶりです!

ファイザーの件の内部文書については、Youtubeではないですけど、中村篤史先生がブログで取り上げておられます:

コロナワクチンは卵巣に蓄積する
https://note.com/nakamuraclinic/n/n2364df97d65d

同じく中村先生の最近のブログで、ワクチン接種者の身体になぜ磁石がくっつくのか、興味深く取り上げておられます:

コロナワクチンとグラフェン
https://note.com/nakamuraclinic/n/n97655c40652c

磁性化mRNA、電磁波、ハイドロジェル
https://note.com/nakamuraclinic/n/n0980c291fdb1

本日の文殊菩薩でも、
ワクチンの磁性ナノビーズが血栓の原因
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-10207.html
と同様のことと思える記事を書いていますが、いかんせん、相変わらずソースを全く提示しないまま...w

上記記事で野崎先生がいうところの「磁性ナノビーズ」とは、
------------------------
温度、歪み、磁場のコントロールにより磁化したグラフェンにおける磁性領域の観察』
https://www.nature.com/articles/s41598-020-78262-w
------------------------
(中村記事:https://note.com/nakamuraclinic/n/n97655c40652c
のことと思われます。

ということは、アストラゼネカに限ったことではなく、むしろmRNAワクチンのモデルナやファイザーのほうがよりリスクが高いはず。

まったくもって、おそろしや~の世界です。

331:わっぱ :

2021/06/21 (Mon) 15:13:30

host:*.au-net.ne.jp
久し振りの投稿で恐縮ですが、
真偽がはっきりわかりませんがファイザーから出ている資料があるようです。
これを日本語で詳しく解説された方のYouTubeがあったのですが削除されたようです。
私は英語がまるっきりわかりませんが、英語が理解できる方であれば内容がわかるはずです。
既に他の方が投稿されていたらごめんなさい<(_ _)>

https://cdn.pfizer.com/pfizercom/2020-11/C4591001_Clinical_Protocol_Nov2020.pdf?fbclid=IwAR3Vmp5xN_XHCERLvrwFbDOYe5gtfzU_F5HyFGqsn30jO_9HAI6EF_LJ_PQ
330:亀さん:

2021/06/21 (Mon) 13:37:55

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1624250275.jpg

>>328

> この動きに対して妨害行為がどうなるか

実は現在、ワクチン接種を巡る総合的な私見のブログ記事を、執筆しようとしているところでした。取り上げを予定している幾つかのワクチン接種に関するテーマで、ワクチンと闇の勢力についての情報収集も終えていますが、その中で真実に迫った動画が一本ありました。
【今、世界はどうなっている?】林千勝×水島総 第3回「ロスチャイルド家の手練、コロナとチャップリンのプロパガンダ戦略」[桜R3/6/19]
https://www.youtube.com/watch?v=4PyQTLx6Alg

同動画の18:30あたりから観てみてください。本投稿に添付した↑カットシーン↑は、ブログ記事に用いる予定のものですが、先にアップしておきます。

因みに、間の勢力とワクチンの関係について、拙稿「お家の事情」でも小生は以下のように書いています。
__________
ワシントン・ポストが従来の新型コロナの自然発生説から、人工説に切り替える形で自ら過去記事を否定、新型コロナは武漢で人為的に作られ、世界に広まったものであると主張をガラリと変えたのである。そして、他の大手マスコミも右に倣えとばかりに、自然発生説から人工説に切り替えたのだが、そうした変化が何故起きたのかについて、読者は注意を向けるべきだ。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1888.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


亀さん@人生は冥土までの暇潰し
329:mespesado :

2021/06/21 (Mon) 12:39:21

host:*.eonet.ne.jp

>>328

 おっと、MADE IN JAPAN は間違いでしたね。米国産だ。
328:mespesado :

2021/06/21 (Mon) 12:36:34

host:*.eonet.ne.jp

 MADE IN JAPAN の新型頃菜の新たな治療方法「抗体カクテル療法」につい

て↓


https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=71071


> 抗体カクテル療法は、ウイルスのスパイクタンパク質の受容体結合部位
> に非競合的に結合する2つの異なる抗体医薬品を同時に投与するもの。
> これにより、新型コロナ(SARS-CoV-2)に対して中和活性を示し、ヒト
> 集団で現在蔓延しているスパイクタンパク質に変異を持つウイルス株を
> 防御することが期待されている。


↑さぁて、この動きに対して妨害行為がどうなるか。闇の勢力(特に惑珍推

進サイド)の悪行が炙り出される事態になるのかどうか。ヲッチしていきた

いと思う。
327:mespesado :

2021/06/21 (Mon) 08:54:27

host:*.eonet.ne.jp

今朝見たツイッターのトレンド話題から2つ


意味がないのに横行しているムダな仕事トップ3
https://twitter.com/i/events/1406430251316436994

↑これの元記事はコチラ↓

https://toyokeizai.net/articles/-/434457


 最初はマイクロソフトという外資系に勤める人の新自由主義的観点からの

胡散臭い記事かな~と思って読んでいったら、全然そんなことはなく、極め

て真っ当な、いちいちご尤もな記事だった。まさにコロナによる「働き方の

根本見直し」を促す良記事でした。

 さて、もう一つの話題はコチラ↓


ワクチン接種と妊娠の関係性のデマに河野担当相
「科学的にそういうことはない」 時事通信報道
https://twitter.com/i/events/1406514655451770885


↑こちらの元記事はコチラ↓


https://www.jiji.com/jc/article?k=2021062000177&g=pol


 これって、臨床上の統計的な結果でしかないことは、関連記事を見るとよ

くわかるけど、惑珍と生殖の関係は、その機序による警告がもとだったはず

で、その機序は、以下の Indeep さんに詳しい↓


https://indeep.jp/corona-originally-has-a-mechanism-that-causes-reproductive-failure/


 要するにmRNAが体の特定の臓器に蓄積する、という話で、その「特定の臓

器」に卵巣が含まれている、という話なんだが、このように理屈で考えて影

響がある可能性が高い場合に、臨床の統計結果で今のところ有意な差が無い、

という話を「デマ」の一言で片づけるというのは、政治家が一番やってはい

けない行為ではないんでしょうか?

 河野大臣は、実行力は優れているけれども、思慮が浅はかであることは今

までもよく指摘されてきましたが、その弊害が今回も表れている、という感

じですね。ご用心、ご用心。
326:亀さん:

2021/06/21 (Mon) 06:38:03

host:*.t-com.ne.jp
はぐらめいさん、以下の玉稿ありがとうございました。
『人のために祈ると超健康になる!』(高橋徳)
https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2021-06-20

一読して、脳裏に浮かんだのが在りし日の母でした。母が毎晩のように仏壇の前で正座して、般若心経を読経していたのが、まるで昨日のことのようです。

自分も毎朝、神棚と仏壇の前で祈りを捧げていますが、神棚の前では自分や家族の為に祈るのではなく、ただただ無心に二礼二拍手一礼しております。二礼二拍手一礼は、本来の祈り方ではないという話を時々耳にしますが、小生は上皇陛下が二礼二拍手一礼をされているのをテレビで見て以来、恐れ多きことながら陛下に倣うよう心がけています。

仏壇の場合、自分のことで願い事をすることは一切なく、専ら一日の家族の安全と無事をお願いしています。

それにしても、人のために祈ることでオキシトシンという、神秘的なホルモンが脳内で分泌され、それが己に多幸感をもたらしていることを初めて知りました。有り難うございました。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
325:通りすがり :

2021/06/18 (Fri) 13:56:43

host:*.ocn.ne.jp
グレートリセットは1%によるゴイム支配。

中共による独裁弾圧支配はアジア中に広げなければならない。
中小企業は半分潰して効率化して人口淘汰して、その企業は1%が支配しなければならない。

改正銀行法&改正金融商品取引法で中小企業潰し&支配の道筋が見えてきた。
二階&竹中&アトキンソン&ソフトバンクには1%支配の為に更なる邁進を期待されている。
菅は奴等の傀儡として長期政権を確立しなければならない。

覆すにはトランプ米軍の復権しかない。そうすれば田布施一族も今よりマシに成るかも。
324:堺のおっさん:

2021/06/16 (Wed) 09:19:57

host:*.enabler.ne.jp

自衛隊基地や原子力発電所の周辺、国境離島などの土地の利用を規制する法

(土地規制法)が16日未明の参院本会議で、自民、公明、日本維新の会、

国民民主各党の賛成多数で可決し、成立した。

この法律で言う外国とは中国に他ならない。

先送りせず、正面突破したところにも覚悟が垣間見える。

とは言え、総論的法律であり各論で骨抜きにすることもできる。

結局トップがどこを向いているのかということが実際を決めていく。
323:堺のおっさん:

2021/06/16 (Wed) 08:54:18

host:*.enabler.ne.jp

オリパラ開催が確定し、総選挙の日程が政局化し始めた。

小池が巷間言われていた「オリパラ中止」を出せば少々こじれるが。


不信任案出すなら解散という二階の思惑は菅総理に一蹴された。

オリパラ以降が確定したということになる。

昨年9月の菅内閣発足時、総選挙をやる鴨という話があったが

菅総理は微動もしなかった。

圧勝してしまっては、二階氏の権力が異常なものになり…

ひいては中共の影響力が決定的となってしまうからだ。

その後の流れを見ても、菅総理は二階氏を抱きかかえて排除する…

それを考えると、自民党総裁任期中に総選挙を行い

辛勝はするが総裁責任を負い、それはそのまま二階氏の責任を問うものに。

そんな根本の暗闘がある。


世間では菅総理は安倍氏を裏切り、二階に鞍替えし、

権力の長期化を狙っている…

こうした評価一色ではあるが、そう見えるのも事実。

それも暗闘の一部であって

全てではないと考えないのは近視眼というものだろう。
322:mespesado :

2021/06/15 (Tue) 08:52:38

host:*.eonet.ne.jp

“マスク”に覆われた不平等
…「コロナ禍の教育格差」を直視しない“深刻すぎる”日本の実態
https://twitter.com/i/events/1404279071169671170


↑「コロナで世の中が機能不全になったのを、いかにしてもとの状態に復帰

させるか」← 多くの日本人は、こういう方向にばかり囚われてるような気

がするが、そういう問題が噴出した一例が、この「学校教育問題」だと思う。

こういう話を見聞きするたびに、私なぞは「何でもとに戻す必要があるの?」

と、まず思ってしまう。そもそも頃菜惑珍だって、「頃菜禍前の生活に早く

戻りたい」と思うからこそ「惑珍を打てばもとの生活に戻れる!」という期

待と焦りによって、皆がそういう方向に突き進んでしまうんでしょ?もとの

世界って、そんなに戻りたいと執着するほどご立派なものなんですかね?口

先だけは政治を批判する人も、我々を無自覚に「支配」している根底の価値

観を自覚し、反省して変えるチャンスだ、というところまでは考えが及んで

ない気がしてならない。
321:mespesado :

2021/06/15 (Tue) 08:41:54

host:*.eonet.ne.jp

専業主婦は「働いてる」とは言わないの?と問う漫画
https://twitter.com/i/events/1404273743514333184

漫画を描きながら、主婦の仕事もこなすみこまるさん(@micomalu)が、専
業主婦は「働いてる」とは言えないの?と漫画を通して問いかけます。夫の
言葉が心に響き、「働く」とは何かを考えさせられるエピソードです。


↑こういう話が「問題提起」になっっちゃってるところが何とも…

 この「問題提起」とは、要するに「賃金あるいは所得を得られない仕事は

仕事と言えるのか」ということだと思うのだが、そういう問題の背景には、

「人は仕事によって収入を得なければ消費してはいけない」という「労道」

という名の「宗教」が横たわっていることを忘れている。だからこそ、それ

によって収入が得られないような主婦業など仕事の名に値しない、という価

値観が生まれ、それに対して反発する方も、いや、主婦業だって立派な仕事

だ、と見做せるような何かしらの言い訳を探さなければならなくなる。

 そもそも「仕事」は何のために必要だったのか?それは「生産」するため

でしょう?じゃあ、何のために「生産」するかと言えば、それはその生産物

を「消費」するためでしょう?この「消費」こそが(少なくともこの3次元

世界では)目的のはず。ところが、機械が生産するようになれば、人間によ

る生産は要らなくなり、従ってこの本来の目的で言えば、仕事も要らなくな

る。すると、単に人間社会で消費するのに必要な生産量を確保するための洗

脳思想に過ぎなかった「人は仕事によって収入を得なければ消費してはいけ

ない」という労道倫理も要らなくなる。すると、「主婦業が仕事であるかど

うか」などという話はそもそもどうでもよくなる。「主婦業」なるものが、

相変わらず人手を要してシンドいなら、どんどん自動化してしまえばよい。

つまり「主婦業しかしていない私ははたして義務である仕事なるものをして

いるまともな人間と言えるのだろうか」などという方向で悩むんじゃなくて、

「主婦業はまだこんなに人間による手間がかかって仕方がない。どうやって

これを機械によって自動化して人間がやらなくても済むようになるかな~」

という方向に思考の方向を転換すればいいじゃないか。その方がよほど建設

的だし、気分もポジティブになるだろうに…。
320:はぐらめい :

2021/06/15 (Tue) 05:05:55

host:*.omn.ne.jp
>>318 mespesadoさん >>319ひとことじーさん

なんと、「イベルメクチン」が政局の中心に躍り出てきつつあるように思えます。

たいして怖ろしくもない病気の予防と称して怖ろしいワクチンを接種されるより、
病気に罹ってから安全な治療薬で治す方がすっと賢いやり方だ。
それが「あたりまえ」の判断だろう。

「イベルメクチン」が、インド、アフリカでのすごい治癒実績を引っ提げて表舞台に登場するや、
「あたりまえでない」勢力側に大混乱を巻き起こしつつあるようです。
イベルメクチンは「あたりまえかあたりまえでないか」を判断するリトマス紙の役割を果たします。

   * * * * *

今から半世紀以上も前、「大学自治」やらのタテマエに安住するいかがわしさに嫌気がさして立ち上がった「全共闘」というのがありました。
ふとその時のことを思い出して、「目を覚ませ!全共闘世代」と書いたところです。→https://oshosina3.blog.ss-blog.jp/2021-06-13-1

「全共闘世代」からの反応が欲しい。
319:ひとことじーさん :

2021/06/14 (Mon) 20:02:10

host:*.plala.or.jp

政局が一気に動き始めたようですね。

立民、内閣不信任決議案「15日にも提出」
https://www.sankei.com/article/20210614-EOFHZE6QAFPE7O6AKIVRZNWSFY/

二階氏、不信任案なら「解散を進言」 首相と協議
https://www.sankei.com/article/20210614-7GAWODWFRZNFBKCA33HA7QY6TQ/

野党が政権の「コロナ対策の失政」を突けば自民壊滅状態もあり得るんじゃないでしょうか。

特に「国民を救う治療薬」を隠蔽していた「失政=国民を見殺しにした点」を突かれれば、

コロナの治療に既存薬の緊急使用を 立民が衆院に法案提出
https://www.kanaloco.jp/news/government/article-532300.html

「政権」はひとたまりも無い・・・悪寒。

少なくとも「政権とメディア」の不作為を国民が知るところとなる事だけは間違いがないでしょう。

野党が政権を握っても、国民への「バラマキ」だけはあるでしょうから「今よりはマシ」になるでしょう。

グレートリセッター連が「烏合の政権」に手を焼いてくれれば、「トランプ再登場」までの時間稼ぎが出来る。

いずれにしても、面白くなってきました。

ゆっくり昼寝しながら「政局」の行方を見つめていきます。

318:mespesado :

2021/06/14 (Mon) 12:18:24

host:*.eonet.ne.jp

【前編】なぜ隠す? ! 国産イベルメクチン
「ルーツは静岡のゴルフ場の土!」
https://www.youtube.com/watch?v=RP2x2dnxdJs

【後編】なぜ隠す? ! 国産イベルメクチン
「イベルメクチン5人前!って Dr.梅村に聞いてみたら…」
https://www.youtube.com/watch?v=UVtajq-L5zQ


イベルメクチンシリーズ第3弾! イベルメクチンの治験がなぜ進まないのか
ドクター梅村が徹底解説!
https://www.youtube.com/watch?v=vzfRMchyRRI


↑維新の音喜多氏と梅村議員のトーク動画ですが、梅村議員が医師でもあり、

政治的な裏事情もよく知っているようで、なかなかよい動画でした。

 製薬会社自体が「な・ぜ・か」伊米瑠目句珍の認可に否定的だという。

 これは人類削減計画を遂行するDSによる背後からの脅しというだけでな

く、単純に製薬会社の金儲けの都合でしかない可能性もある。つまり、製薬

会社は今回の新型頃菜を金儲けの絶好のチャンスと捉え、新たな治療薬や惑

珍の開発に躍起になっており、それが認可が下りれば天文学的な利益が得ら

れるのに対し、在来の伊米瑠目句珍で新型頃菜が直ってしまっては、この折

角のチャンスをみすみす逃してしまうことになる。まあ、新自由主義が蔓延

した今日ではその可能性は十分あるだろう。
317:堺のおっさん:

2021/06/14 (Mon) 07:55:40

host:*.enabler.ne.jp

生きてるだけで丸もうけ!

とは、さんまの迷言…いや、名言。

ワクチンを打たないとメディアで宣言した。

理由としては「ほかの人に回してあげたい」とのことだが。

こういう発信力のある立場からの打たない宣言は歓迎だ。

ただ、力のない庶民はそうもいかないのも現実。

上手くかわしてください。
316:suyap :

2021/06/10 (Thu) 15:48:12

host:185.54.228.43

ここんとこの文殊菩薩の記事をかなり心配して(or 不思議な気持で)見ています。本日の記事も、

シティ・オブ・ロンドン株式会社が倒産
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-10196.html

確かにロンドン市は現在「City of London Corporation」とされていますが、その発祥は12世紀。この記事に載っている「CITY OF LONDON CORPORATION LTD」ではない。で、倒産したのは、CITY OF LONDON CORPORATION LTDのほう。下のリンクは上記記事がその「一部」を貼り付けた元のサイトです:

https://find-and-update.company-information.service.gov.uk/company/11820854

感の良い読者なら、上記文殊菩薩記事に切って貼られた部分だけ見ても「アレッ」気づくはずです。だって「CITY OF LONDON CORPORATION LTD」が創業したのは2019年となっていますもん(Incorporated on 12 February 2019)。

さては野崎先生、一部の「乗せられた」Qアノンフォロワーたちを、わざと煽ってる?

315:亀さん:

2021/06/10 (Thu) 13:50:34

host:*.t-com.ne.jp
>>314

> へっぴりごしさんのところで紹介されていた及川幸久さんの最新の動画↓

実わ、小生もへっぴりごしさんの紹介で同動画を観て、新記事を書きました~♪
ウイルスは人類の友
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1889.html

> 闇が深すぎます。

御意。今後のWHOさんの言動が〝楽・し・み〟・・・(爆)



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
314:mespesado :

2021/06/10 (Thu) 12:14:14

host:*.eonet.ne.jp

報告は*山の一角!コロナワクチン接種後の搬送、副反応、
死亡のツイートが多すぎて戦慄!⑥
https://ameblo.jp/sunamerio/entry-12679426194.html


↑膨大な惑珍被害のツイートを紹介するの危険を指摘するブログ記事

 これに対して新型頃菜の被害を軽視する人たちの自業自得を指摘する記事

もある↓


ノーマスクオフ会後に集団発熱!参加者・店を特定!「本当は病院に
行きたいけど孤立するから行けない」身内が本音告白!
https://ririannews.com/567hatsunetsu-1860


 要は、新型頃菜自体も惑珍もどちらも軽視してはいけない。危険なものは

危険とわきまえることが必要、ということなのだが、どうにも世間にはどっ

ちか一方に偏って自分の心のヂレンマを無くして心を安定化させておきたい、

というバイアスがかかるものらしい。

 閑話休題。

へっぴりごしさんのところで紹介されていた及川幸久さんの最新の動画↓


2021.6.9 【中国ワクチン世界戦略】接種国で観戦激増!!
イベルメクチン解禁を!【及川幸久-BREAKING-】
https://www.youtube.com/watch?v=59VQXg9lHV4


 この動画の中で、中国製惑珍を採用した国が新型頃菜が収まるどころか逆

に感染者と死者が激増したことを伝えています。その原因として「中国製惑

珍2回接種でも十分な抗体ができていない」と及川さんは述べていますが、

ここだけ「アレレ???」と思ってしまいました。だって、十分な抗体がで

きていないだけなら「感染者が減少していない」という結論になるハズです

が、逆に「激増」ですからね。これは惑珍そのものが逆に感染を拡大する何

かが含まれていたとしか思えない。つまり、単に効果が弱かった、では説明

が付かない。しかも故意に不純物を入れたという説は、中国側の思惑(汚名

挽回)から考えてあり得ない。ということは、そもそもの惑珍の原理それ自

体に中国側自体も気づかない「罠」が含まれていたのではないのだろうか?

…とにかく、WHOの惑珍奨励と伊米瑠目句珍の使用を断固認めないWHO

の態度も含めて闇が深すぎます。
313:亀さん:

2021/06/08 (Tue) 05:25:22

host:*.t-com.ne.jp
>>297のsuyapさん、そして>>300のmespesadoさん、ありがとうございました。小生、急な仕事が大量に入った上、締め切りがタイトだったので返信が大分遅くなりました m(._.)m

これから仕事の後片付けをしたら、書きかけだったブログの新記事「ウイルスこそ人類の友」、その他予定していた記事を完成させたいと思います。

>>300

> もっとスケールアップしたような「何か」が起きているのは間違いない

御意。その「何か」ですが、>>311でsuyapさんが仰せの「オバマが久々にメディアに登場」に答えが潜んでいると思います。NWOの鉄砲玉であるオバマが、今までに為出かしてきた悪業(オバマゲート)の一端を見事に炙り出していたのが、少々古くなりますが及川幸久氏の以下の動画だったと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=UwGdGSXuWjY

ところで、NWOについて日本では第一人者と言われている林千勝氏、今度新著『ザ・ロスチャイルド』と題した本を出版するとのこと。
https://in.kamijimayoshiro.jp/88roth1_2980

ただ残念なのは林氏の場合、歴史の舞台に登場してから高々二百年に過ぎないロスチャイルドが、NWOの本体と信じ切っているようで、残念でなりません。
https://www.youtube.com/watch?v=Th8pbDnAJtc

NWOはカルタゴ以来、三千年の歴史を有し、ロスチャイルドはNWOの番頭(新顔)に過ぎないことに林氏は気づいていません。ここは一つ、天童竺丸さんの『悪の遺産ヴェネツィア』に、一度は目を通して欲しいと、小生は林氏に対して思っています。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-769.html



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
312:suyap :

2021/06/06 (Sun) 21:51:34

host:185.54.228.133


>>315 補足情報です。

Harano TimesさんのYoutube最新動画によると、中国共産党の高位の官僚が武漢ウイルスの情報を持ってアメリカに亡命し、DIA(Defense Intelligence Agency、米国防総省の諜報機関)によって確保された。FBI、CIAはDS側の巣窟なので、それらには情報共有せずにDIAは彼(彼女)=亡命者から情報を得ている。その事実をFBI、CIA、米民主党ならびにDS側が察知したので、今回の急激な方向転換(新コロウイルス武漢研究所漏洩説を認め、急速に新コロ騒ぎを収束させ、次のアジェンダ=地球温暖化(もちろんこれもデマ)対策へ舵を切ろうとしている。これが本当なら、すべてが納得できます:

史上最も高い役職がついているC○Pの○命者、生物○器の資料を持ってアメリカに○命した官僚?彼(彼女)がどんな情報を公開したか?中国駐ヒューストン総領事館が突然閉鎖
https://www.youtube.com/watch?v=SZbazmP9O80
311:suyap :

2021/06/06 (Sun) 18:42:06

host:185.54.228.83

>>305 ひとことじーさん

ご忠告ありがとうございました。
下記のURLから飛ぶと、初めから見られるようです:
(漫画)ドイツ政府の機密文書が流出しコロナの真相が暴露された話(マンガで分かる)
https://www.youtube.com/watch?v=ugcWk6cAmlI

日本のメディアではあまり取り上げていないようですが、欧米では新コロの武漢ラボ漏洩ニュースで持ちきりです。

気味が悪いのは米民主党筋やらWAPO(ワシントンポスト)やらNT(ニューヨークタイムス)やら、大手ケーブルテレビステーションやらが、こぞって武漢武漢と連呼していること。

張楊チャネルでは、オバマが久々にメディアに登場して、「トランプを追い出したあと民主党の目標の40%は既に達成したので、これからは地球温暖化対策にシフトする」と語ったとか:
https://www.youtube.com/watch?v=NbqKvVUyzy4

まさにプロジェクト・ベリタスがすっぱ抜いたCNNのディレクターが言っていたとおりの筋書きです。

Harano TimesさんのYoutubeも秀逸な情報を流しています。たとえば、
「起源の調査をするとパンドラの箱を開けることになる」米国政府内の反対意見、中国軍が人化された実験用ネズミで研究していた?米中間で責任分担で新しい論争になる可能性
https://www.youtube.com/watch?v=GDPLFpAxSbw

長い元ネタ(https://www.vanityfair.com/news/2021/06/the-lab-leak-theory-inside-the-fight-to-uncover-covid-19s-origins)を、よくまとめて紹介してくれています。

ファウチと習近平を悪者にして、DS本体はさっさと温暖化に逃げる作戦か?

310:mespesado :

2021/06/06 (Sun) 15:44:09

host:*.eonet.ne.jp

武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得実験を行っていた
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/06/2-361.php


> パンデミック発生以来、世界は新型ウイルスは動物から自然発生した、
> と信じ込まされてきた。だがアマチュアネット調査団「ドラスティック」
> の活躍で、風向きは大きく変わった。ドラスティックの発見を知った主
> 要メディアが、新型コロナの始祖ウイルスが発見されたとみられる雲南
> 省の鉱山へ取材に向かったのだ


 ニューズウィーク日本版という、ほぼ普通のメディアでもこのような言説

が「解禁」になってきた。

 ただし、中共と米民主党がズブズブで、オバマ政権の関与があっただろう

ことまでは、ニューズウィークは西側メディア(=米民主党系)だからまだ

解禁になっていないのかもしれないが、いずれにせよ、コロナ人工説がよう

やく白日の下で語られるようになってきたようだ。こんな中で、武漢がコロ

ナの派生源であるという言説が親中とか反中という範囲に収まらないことは

明らかで、ましてやウヨとかサヨのようなカテゴライズが意味をなさなくな

ってきたことは言うまでもない。
309:mespesado :

2021/06/06 (Sun) 14:13:23

host:*.eonet.ne.jp

すまん寝@秩序回復・財務省廃止・反財政再建@sumannne

> 受験時代、「何であの説明で分かるの?」と同級生に聞いて「何で分か
> らないといけないの?」と言われたのは衝撃だったな。
> 分からなくても点が取れりゃ良いという世界があるのだとその時初めて
> 理解した。

> 多分これのせいだと思うんだよな。
> 最近の大学入試問題の作問側が、一時期の「捻りを加えた大問」をやめ
> て基本的なことを問う方向に回帰したのは。

> 案の定基本的な事を聞くと予備校サイドは「難化した」と騒ぐからw

> 数学で言えば、旧帝大を受けに来るような奴らでも、「微分の定義」
> 「積分の定義」に関する基本的なことを聞けば答えられんのよ。

> これ、やってる側からすると「一番簡単な問題だろ」と思っちゃうんで
> すよ。実は一番分かってないのはそういうところ。


↑これ、受験勉強では合格することが目的だから、とにかく点が取れればよ

い。だから内容を理解しようと思うインセンティブはわかない、という風潮

に対する嘆きなのですが、これはワクチンを安全だと思う風潮にも当てはま

らないか?

 世間の人は、コロナにかからないことが目的だから、とにかくコロナ感染

率が低くなれば良い。だからワクチンの機序を理解しようと思うインセンテ

ィブがわかない。ところが上記のツイートをする「すまん寝」さん自身がワ

クチン推進派なのはどういうわけなのか?

 実は上記のツイートで「〇〇の定義」が一番基礎的なこと、と言っている

でしょ?でも、これ、一見するとそのとおりだと思うかもしれないけれど、

実は違うと思うんですよね。

 例えばの話ですが、ちょっと前に、天文学で「惑星の定義」が問題になっ

たことがありましたよね。太陽系の外縁部のカイパーベルトの観測で、微小

天体が増えすぎたために、実はカイパーベルトの小天体のワンノブゼムに過

ぎなかった冥王星を敢えて特別視して惑星と見做す意義に疑問が生じたから、

冥王星を惑星の定義からはずすような新しい厳密な再定義が行われたわけで

すが、この顛末を見ると、人間の思惑とは関係なしに存在している自然物に

対する「定義」なんて、分類好きな人間による単なるご都合主義でしかない

んですよね。だから、「定義こそが基礎」なんて実はウソで、真の基礎は、

「なぜそんな概念を考える必要があるのか。なぜその概念があらゆる研究の

基礎になっているのか」に気付くことの方だと思うんですよね。すまん寝さ

んは数学屋さんだから、数学の世界では、定義と言えば「二つの辺が同じ長

さの三角形を二等辺三角形という」というようなタイプの「定義」だけしか

扱わないので、それがあらゆる学問における「定義」という概念のすべて、

というか本質だと思ってしまう。でも、それは、数学という狭い世界の「井

の中の蛙」に過ぎない、ということに気が付かないと、分野の違う医学・生

理学の世界におけるコロナ・ワクチンに対する本質を突いた理解は得られな

いんじゃないかな、と思うこの頃です。
308:mespesado :

2021/06/06 (Sun) 12:31:29

host:*.eonet.ne.jp

シェイブテイル@shavetail / 5月24日

> コロナワクチン接種により身内に強い副反応が出た人がいるというのを
> テレビで喧伝するのはどうなんだろう。
> 強い副反応どころか接種を200万回受けると、その後20人がなくなって
> いる。ただし因果関係は不明。しかし100万人がコロナ感染すれば1%
> の1万人が死亡する。副反応ゼロのワクチンなどない。


↑数字だけで判断する、反緊縮クラスタなのにワクチン推進派な、例のすま

ん寝さんと同類な人のツイート

 ワクチンによる死亡の因果関係が不明なことは気にするのに、コロナでの

死亡についても死亡の因果関係が不明である(これは厚労省のサイトでコロ

ナにかかって死亡した人は、無関係な死亡でもコロナでの死亡とカウントし

てよいとされている)ことを無視するし、そもそもワクチンによる死亡は一

たびワクチンを接種してしまったら逃れられないけれど、コロナに掛かるの

は自らの予防策で完全ではないにせよ防ぐ手段があるので単純な確率の比較

はそもそも意味が無い。これは、交通事故死の確率より飛行機事故死の確率

の方が遥かに低いのに飛行機に乗るのを拒否する人を嘲笑する愚に似ている。

飛行機は、一旦不具合で墜落となったら個々の客には助かる術が無いが、交

通事故は個々人の注意や機転で完全ではないが死亡を防ぐことができるので

単純な確率の比較は意味が無いのと同じ。
307:堺のおっさん:

2021/06/06 (Sun) 07:29:27

host:*.enabler.ne.jp

同日選挙に住民票の移動の都合が悪い公明党の提案で

都議選に武漢ウイルスを理由とした郵便投票の法案を作る動き。

要注意です。
306:加計呂麻島より :

2021/06/05 (Sat) 21:01:38

host:*.ocn.ne.jp
私の滅後
56億7000万年後に
弥勒菩薩が現れ
ふたたび作仏をなすだろう
これは釈尊の
冷徹なレポートです
それまでの時間に
すべては
生まれ死して洗練されてる
はずだてと
305:ひとことじーさん :

2021/06/05 (Sat) 20:01:07

host:*.plala.or.jp


>> 303:suyapさん

分かりやすい動画のご紹介ありがとうございます。

早速拝見しました。

蛇足ですが、引用のURLだと動画の一番最後に飛ぶようです。

動画下のタイムラインの棒を最初に置いてクリックすると良いと思います。
304:加計呂麻島より :

2021/06/05 (Sat) 19:50:12

host:*.ocn.ne.jp
神々は、なにゆえ
「 Gu 」を歴史に登場せしめたのか ?
わくちんて、なにものなのか?
いや、その Guが
時代を消滅せしめて
新たな時代を創るのかも
その最大の功労者が Gu なのかもです。
303:suyap :

2021/06/05 (Sat) 18:27:33

host:185.54.228.45

>>301 mespesadoさん

はぐらめいさんの記事(議会質問)のご紹介ありがとうございました。それぞれが色んな形で新コロ騒ぎの真相を伝えていきたいですね。

以下のリンクはごっつい内容を巨乳オネエサンが色っぽく説明してくれる漫画です(笑):

(漫画)ドイツ政府の機密文書が流出しコロナの真相が暴露された話(マンガで分かる)
https://www.youtube.com/watch?v=ugcWk6cAmlI&t=740s
302:mespesado :

2021/06/05 (Sat) 10:53:36

host:*.eonet.ne.jp

ネコでもわかる経済問題
https://sites.google.com/site/nekodemokeizai/koronakiki_top/korona_kanzenkoyou


↑経済に関する正しい認識を得るためのとてもよいサイトですので紹介させ

ていただきました。
301:mespesado :

2021/06/05 (Sat) 09:27:12

host:*.eonet.ne.jp

 本日のはぐらめいさんの「移ろうままに2」のエントリー


一般質問(1)新型コロナ感染症をめぐる問題 [コロナ危機]
https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2021-06-05


はすばらしい。GJです!

 議会の質問の前振りで、コロナワクチンの問題点を指摘しているわけです

が、いわゆる陰謀論と疑われるような内容には一切触れないで、誰でも認め

るしかない事実だけを引用して適切に危機感を訴えている。

 これを読んだ人の中で、まさにこれからワクチンを打とうとしている身近

な人に再考を促したいときに、このはぐらめいさんの発言内容を参考にすれ

ば、聞く耳を持ってくれるのではないでしょうか。そういう点で、ローカル

な議会対策としてだけでなく、大変よい仕事をしていただいたのではないで

しょうか。
300:mespesado :

2021/06/05 (Sat) 09:08:17

host:*.eonet.ne.jp

 亀さんが最新のエントリー↓


お家の事情
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1888.html


で、最近の国際情勢の微妙な変化について次のように書いておられる↓


> 次に、NWOの〝お家の事情〟により、ここ二~三週間にかけて米国メ
> ディアの論調が、ガラリと変わったのに読者はお気づきのことだろう。
【中略】
> ワシントン・ポストが従来の新型コロナの自然発生説から、人工説に切
> り替える形で自ら過去記事を否定【中略】他の大手マスコミも右に倣え
> とばかりに、自然発生説から人工説に切り替えたのだが、そうした変化
> が何故起きたのかについて、読者は注意を向けるべきだ。


 しかし一方で、更に深く読むと次のような不思議があることも指摘してお

られます↓


> 同動画で及川氏は〝変化〟の要因として、中国に対する世界の態度が変
> わったところにあると述べており、その点は小生も同意見だが、中共と
> 米民主党は同じ穴の狢(下図)であることを思うに、こうした中共に対
> する態度の変化、どのように解釈すれば良いのか・・・。


 さて、以上のような地球規模の話に比べると小さい話ですが、三橋さんに

よると、日本国内の「経済問題」についての報道にも微妙に変化の兆しがあ

ることが指摘されています↓


緊縮財政の「嘘の強固な前提」が崩れつつある
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12678523294.html


>  また、不思議な話(理由は全く分かりません)ですが、最近、日経新
> 聞に「財政拡大への転換」に向けた良質な記事が、繰り返し載るように
> なりました。

> 『高橋是清の無念 未完に終わった「積極財政」
【中略】
>  無論、日経新聞ですので、一応、
> 「財政再建の旗を降ろせと言いたいのではない」
>  とは書いているのですが、全体的には高橋是清の積極財政による昭和
> 恐慌からの脱却を真っ当に評価した良記事になっています(記者の高橋
> 哲史氏は、以前は中国に滞在し、良記事を書かれていましたが。先日、
> 帰国されたようです)。


【表題を書こうと思ったのですが、この表題自体に禁止ワードが含まれているそうです】
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12678668410.html


> 信じがたい展開です(いい意味で)。


>  経済産業省が、緊縮財政・構造改革路線から「新機軸」へのピボット
> (転換)をぶち上げました。

> 『新たな産業政策、大規模財政支出の必要性も 半導体など念頭=産構審
【中略】
>  特に凄いのが、「「経済産業政策の新機軸」について」において、財
> 政出動が構造改革アプローチでは「小規模・単発・短期」(まさに、財
> 務省アプローチですが)だったのを、経済産業省の「新機軸」として、
> 「大規模・長期・計画的」
>  にするべきと書いている点です。


↑2番目の記事は外資系のマスコミ REUTER によるものですが、以前も触れ

たように、外資系のマスコミから先に変化の兆しが見えていたことを思い出

します。要するに、コロナの影響で、まず海外で経済対策が積極財政に転向

し始めたことを受けて、まず海外のマスコミが手のひらを返し始めた。そし

て海外に右に倣えの日本のマスコミ(の一部)が(おそるおそる)それに同

調し始めた、ということなのでしょう。上記の例では、まず日経新聞が変わ

り始めましたが、これは三橋さんも指摘しているように、もともと良記事を

書いていたという高橋哲史さんという人が、海外から帰って来て書いた記事

だとのこと。おそらくそれまでは、「良記事」を書いて煙たがられて海外に

「ご栄転」させられていたのが、世界の空気の変化によって国内に「召喚」

されたのではないかと思われます。ただ、日本の経済については国内の財務

省の目が光っているので堂々とした手のひら返しはやりにくく、このように

「ひっそり」と、一個人の見解という形で変化を伝え、いざとなれば切り捨

てるよ~、みたいなビクビクした態度で対応しているのでしょう。

 それから二番目の記事の「経産省」の手のひら返しについては、明記され

ていないけれど、恐らく、例の名著『目からウロコが落ちる 奇跡の経済教

室【基礎知識編】』を書いた反緊縮著名人の一人である中野剛志経産省大臣

官房参事官が絡んでいることは間違いないでしょう。経産省は、安倍政権の

もとで、強大な権力を持つ官僚組織の中のラスボスである財務省に対抗する

ため、同じ官僚組織の中で財務省に次いで権力を持つ経産省を使って「毒を

以て毒を制し」てきたのだけれど、安倍総理が「やめさせられ」て、財務省

に弱い菅総理のもと、経産省の影響力が削がれ、財務省の天下になりつつあ

ったところで、突然の経産省による「反乱」です。これは中野さんが「グロ

ーバル産業担当」であることとも関係しているのかもしれません。つまり、

もともとは、おそらくDSの思惑により、反緊縮で名を挙げた中野さんをグ

ローバリズム推進側に取り込むために故意に「グローバル産業担当」に封じ

込めた。ところが、まさにそのグローバルな世界で積極財政への転向が見え

始めた。そこで機を見るに敏な中野さんは、その立場を利用して経産省のグ

ランドデザインに自らの持論である積極財政を反映させた。←こんなウラ事

情が見て取れます。

 コロナに関する世界情勢の微妙な変化。これも役者は日本国内のショボい

連中とはスケールが違って大物ぞろいですからなかなか舞台裏は把握しにく

いですが、きっと上で見た日本国内の経済政策の転換の複雑な政治力学の変

化をもっとスケールアップしたような「何か」が起きているのは間違いない

でしょう。
299:mespesado :

2021/06/04 (Fri) 12:10:27

host:*.eonet.ne.jp

>>298 訂正

× 今までは、これだけ事実が暴露されてきたワクチンを維持でも推進する

〇 今までは、これだけ事実が暴露されてきたワクチンを意地でも推進する
298:mespesado :

2021/06/04 (Fri) 12:05:39

host:*.eonet.ne.jp

イベルメクチンはコロナ治療に有効か無効か
世界的論争の決着に日本は率先して取り組め
https://www.yomiuri.co.jp/choken/kijironko/cknews/20210427-OYT8T50019/


>  イベルメクチンとは、北里大学特別栄誉教授の大村智博士が1974
> 年、静岡県・川奈のゴルフ場近くで発見した微生物が生み出す「アベル
> メクチン」をもとにした化合物(誘導体)である。アメリカの製薬会社
> のメルク社との共同研究で、もともとは家畜やペットの寄生虫、回虫な
> どの治療薬として1981年に開発された。
 【中略】
>  世界保健機関(WHO)の研究者は「これまで出てきたどの熱帯病薬
> 剤と比較しても、けた外れに優れた効果を持つ」とイベルメクチンを高
> く評価し、メルク社と北里大学に協力を求め、1987年から熱帯地方
> の住民に無償で配布することにした。
 【中略】
>  イベルメクチンは今、新型コロナ(COVID-19)のパンデミッ
> ク(世界的大流行)で再び世界中の注目を集めている。試験管レベルの
> 研究で、新型コロナウイルスがヒトの細胞内で増殖する際に、ウイルス
> のたんぱく質の核内移行を妨害し、増殖を抑制することがわかったから
> だ。
 【中略】
>  20年3月、アメリカバージニア州のイースタンバージニア医科大学
> の呼吸器・重症患者治療主任のポール・E・マリク教授がリーダーとな
> って、新型コロナに関する医師連盟であるFLCCC(Front Line
> Covid-19 critical Care Alliance)が設立された。FLCCCは、世界
> で広がっているイベルメクチンの臨床試験の報告をいち早く評価して、
> 自分たちのプロトコルにイベルメクチンを取り入れ、他のグループの臨
> 床試験を集約して評価をはじめた。

>  その結果は20年10月31日、「イベルメクチンはCovid-19
> パンデミックに対する世界的な解決策となる可能性を秘めている」との
> タイトルで、約30報の論文を精査した結果として世界に向けて発信さ
> れた。

>  その評価内容は、以下のような衝撃的なものだった。

> 1、新型コロナウイルスの複製を阻害し、感染した細胞培養において48
>   時間でほぼすべてのウイルス物質を消失させる。

> 2、感染した患者の家族間のCOVID-19の感染と発症を防ぐ。

> 3、軽度から中等度の疾患でも、発症後早期に治療することで回復を早
>   め、悪化を防ぐ。

> 4、入院患者の回復を早め、集中治療室(ICU)への入室や死亡を回
>   避する。

> 5、国民全体に配布・使用されている地域では、症例死亡率の顕著な低
> 下をもたらす。


↑ところが、そんなFLCCCが…↓


Mary Beth Pfeiffer@marybethpf / 5月25日

> FLCC asks you to Tweet this:
> @Covid19Critical has been locked out for "violation of Twitter
> rules." This action is to silence heroic doctors whose protocols
> are saving thousands all over the world. @Twitter, I demand that
> their account be restored immediately.

 ↓ ↓ ↓

偽トノイケ☆ダイスケ(久弥中)@gannbattemasenn / 5月27日

> イベルメクチン絡みの話、これはちょっと酷いことに成ってきたなぁ…
> こういうことを言うと「陰謀論」だと言われるんだろうけど、少なくと
> も「イベルメクチンは効く」という話レベルすら削除したい勢力が強い
> というのは確かなようだ。

 ↓ ↓ ↓

すまん寝@秩序回復・財務省廃止・反財政再建@sumannne / 5月27日

> RT>え、イベルメクチンてそんなことになってんスか。

 ↓ ↓ ↓

Alzhacker@Alzhacker / 5月26日

> これは戦争です。LinkedInはFLCCCの投稿を削除しましたが、これはフェ
> イスブックとまったく同じです。イベルメクチンという言葉さえ使われ
> ていないのに。

https://twitter.com/marybethpf/status/1396985176878637067/photo/1

 ↓ ↓ ↓

すまん寝@秩序回復・財務省廃止・反財政再建@sumannne / 5月27日

> イベルメクチンが効くという話と反ワクチン集団が呼応しててワケ分か
> らんようになってるが、前者と後者は本来全く関係ない。

 ↓ ↓ ↓

偽トノイケ☆ダイスケ(久弥中)@gannbattemasenn / 5月27日

> イベルメクチンの話は「どれだけ効くか?」っていうところに疑問符を
> 突き付けるのは良いとしても(おそらく、感染初期から中期ぐらいに投
> 与しないと難しいっぽい)短期間で重い副作用が出る薬では無いので、
> ここまで情報の削除をするのは流石に駄目でしょう…

 ↓ ↓ ↓

すまん寝@秩序回復・財務省廃止・反財政再建@sumannne / 5月27日

> 躍起になって消すから、逆に本来無関係な反ワクチン集団に燃料与えて
> る気がする。

 ↓ ↓ ↓

偽トノイケ☆ダイスケ(久弥中)@gannbattemasenn / 5月27日

> まぁイベルメクチンさえあればワクチンは要らない!とか言ってる人た
> ちが、一定数いるのは事実なんですが、
> それがいるからと言ってイベルメクチンの情報を消すっていうのは、ま
> さにそういう反ワクチンに対する餌でしかないですからねえ…

 ↓ ↓ ↓

すまん寝@秩序回復・財務省廃止・反財政再建@sumannne / 5月27日

> そもそも、諸外国でのイベルメクチンの使用事例は基本的に治療薬とし
> てなので、ワクチンとバッティングする話じゃない。別のアプローチの
> 話だから喧嘩する必要ない。

> なお、そのイベルメクチンも本邦は買い負けてるようです。
> もう入手困難だそうで。

> 「イベルメクチン」発見者・大村智博士が訴える「特例承認すべき」
>  国内でも服用患者は「あっという間に治った」
https://dailyshincho.jp/article/2021/03141057/

> 作った人によれば、抗ウィルス薬目的で作ったわけではないが、薬効か
> らして効いても全く不思議はないそうだ。
> 使えるものは使うべきであろう。


 今までは、これだけ事実が暴露されてきたワクチンを維持でも推進するか

らには背後で闇の勢力が暗躍しているからだろう、という観点はありました

が、これに加えて「予防薬()」であるワクチンの「ライバル」である「治

療薬」の普及を妨害する勢力があることの証拠が明らかになってきました。

 後半、件の数学屋さんの「すまん寝」氏が参入してきて、盛んに「間違っ

てる」論と「べき」論を展開し出していますが、ちなみにこの「すまん寝」

氏は、ワクチン推進派でワクチン批判派をトンデモ扱いしている人です。例

のごとく、「論理だけでは結論を出せず、ベースとなるファクトの真贋に依

存するような議論では、権威ある当局の発表を鵜呑みにするタイプの人」で

す。実際、数学や貨幣論では、ベースとなるファクトなどなくても純粋に論

理的な演繹だけで何が正しいかが判断できるので、氏の主張は真っ当ですが、

ことコロナパンデミックのような、大元のファクトについての言説について

それが事実であるかどうかによって結論が大きく左右される分野では、自分

で真の理解には当該分野の専門的知識を要する根源まで調べずに権威に依拠

してしまうので、おかしな判断をしてしまうのがこの手の人の特徴です。

 で、上記のツイッターのやりとりですが、「イベルメクチンが効く」とい

う話と「反ワクチン」が呼応しているが、両者は治療と予防という独立した

話なのに反ワクチン派がイベルメクチンを推すのは理解できん、とか、イベ

ルメクチンの効果が完全ではないからといって、イベルメクチンが効果があ

るという主張を不適切と見做すフェイスブックの立場はおかしい、と主張す

るけれど、「ではなぜ彼らは貴方がおかしいと思う行動を取るのか?」とい

う根本の疑問を考えていない。単に彼らはキ〇〇イだから、で思考停止して

しまっているように見えます。

 この根本的な疑問を素直に考えれば「イベルメクチンが普及すると都合が

悪い勢力が居て、フェイスブックなどの影響力のあるプラットフォームに圧

力をかけているのではないか」と思うのが普通だと思うのですが、多分上記

の発言の中にもあるように、そんな考え方は「陰謀論」で考える価値ナシ、

と切り捨てているのでしょう。
297:suyap :

2021/06/03 (Thu) 20:53:00

host:185.54.228.24

>>296 亀さん

野崎博士のこと、中国国内からの情報収集には、やはりかなりの制限とリスクがあるのではと、心配して見ています。でも「ちょっとその情報は違うんじゃない?」と思うところがあれば、たとえリアルで知っている間柄であっても、私はハッキリと表明させていただく主義。逆に私の投稿にそういうものが見られたら、やはりシャープに突っ込んでいただきたい。

最近の放知技の投稿は、一方通行、書きっぱなしで終わるものが大半の傾向があるので、バーチャル、リアル関係なしに、もっと突っ込みあいましょうよ>>皆の衆。

296:亀さん:

2021/06/03 (Thu) 16:01:15

host:*.t-com.ne.jp
>>295

> フェイスブックは正式に否定した・・・

suyapさん、ありがとうございます。恥をかかずに済みました!!!

自身で直接裏付けを取ったわけではなかったので、何となく引っ掛かるものがあったものの、最近の米大手メディアの論調の変化と相まって、何となく〝本当の話〟なのだろうと思っていましたwww


> このところトランプ派には「前向き」なニュースが続いていますが、まだまだ一波乱、二波乱ありそうな噴霧器...w

御意。一層慎重でありたいと思います。ところで・・・

> 本日の文殊菩薩記事で野崎先生が取り上げたニューヨークタイムスのマギー・ハバーマンのツイート・・・
> http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-10189.html

最近の野崎博士の諸ブログ記事、〝勇み足〟が時々見受けられるので、心配しております。今年の三月や五月と、トランプが大統領に復帰するという噂が、ネット界隈のアチコチで飛び交っていましたが、小生は全て眉唾物と思って接していました。だから、トランプの八月大統領復帰も、実際のところ眉唾物と思って接しています。

まずは、共和党内を一本化すること、そして2022年の中間選挙で勝利すること、そうした目標達成に向け、トランプがどのような戦術を打ち立て、行動に移していくのか、我々は注目していきませう。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
295:suyap :

2021/06/03 (Thu) 14:24:17

host:185.54.228.24


>>294 亀さん

http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1888.html
拙投稿の紹介ありがとうございました。

ところでトランプのフェイスブック、インスタグラム復活...ですが、フェイスブックは正式に否定したようです:

UPDATE: Facebook Says Trump’s Account Has NOT Been Reinstated, Contrary to Reports
https://www.thegatewaypundit.com/2021/06/breaking-trumps-facebook-account-reportedly-reinstated/

このところトランプ派には「前向き」なニュースが続いていますが、まだまだ一波乱、二波乱ありそうな噴霧器...w

実は昨日、いつものようにトランプのブログ「from desk」を開けようとしたら、全面的に政治献金のページになってしまうので、仕方なくメンバー登録(居住地とTel番号まで)しても埒開かず...という経験をしました。普通、今まであったブログから移行するとき、こんなやり方をするでしょうか?Jason Millerがなんと言おうと、おそらくサイバー攻撃しかけられてページ封鎖するしかなかったんだろうと感じています。

それに2日前のひとことじーさんの記事
https://ameblo.jp/yamatokokoro500/entry-12678184219.html
で紹介されたbonafidr.comの記事によると、
「7月4日までにトランプ前大統領が『でっちあげられた刑事事件』で起訴されるのは必至とロジャーストーン氏」が言っているとのこと。
https://bonafidr.com/2021/06/01/%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e6%b0%8f%e3%81%af8%e6%9c%88%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%ab%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e8%81%b7%e3%81%ab%e5%be%a9%e5%b8%b0%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%a8%e5%91%a8%e5%9b%b2/

ちなみに同記事では、本日の文殊菩薩記事で野崎先生が取り上げたニューヨークタイムスのマギー・ハバーマンのツイートについてですが、
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-10189.html
このマギー・ハバーマンという記者はとんでもないデマと飛ばし記事の常習者であり、今回のツイートも悪意にもとづく計画的なもの。ニューヨーク州陪審と州検察長官についての数日前のトランプの声明、そしてロジャー・ストーン氏の予測と共に、注意深く成り行きを見ることが大切と思います。
294:亀さん:

2021/06/03 (Thu) 09:11:08

host:*.t-com.ne.jp
ひとことじーさん、以下の情報を有り難うございました。
ブレイキング:トランプのフェイスブックとインスタグラムのアカウントが復活したと伝えられている
https://ameblo.jp/yamatokokoro500/entry-12678321664.html

ブレイキング:トランプのフェイスブックとインスタグラムのアカウントが復活・・・、明らかに風向きが変わってきましたね。ここ二~三週間における米メディアの論調の変化について、小生も先ほど記事にしてアップしました。
お家の事情
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1888.html



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
293:suyap :

2021/06/03 (Thu) 00:28:22

host:185.54.228.105
ウイルスのスパイク蛋白事態が「毒」だった!(他)

ソース&訳:
https://note.com/nakamuraclinic/n/ne0eb76f4640a
------------------------------------
コロナワクチン開発者Byram Bridle氏の後悔
「要するに、結論を言えば、我々は大きな失敗をしたんです。今までそれに気付きませんでした。スパイクタンパクはすばらしい標的抗原だと考えていたんです。でも、我々は知りませんでした。スパイクタンパクそれ自身が毒物であることを。また、スパイクタンパクそれ自身が病原性タンパクであることを。つまり、人々にワクチンを接種するということは、毒物を接種していることに他なりません。
この毒物が循環器系をめぐり、心血管系にダメージを与えます。それに、このワクチンの長期的な安全性については、多くの疑問があります。たとえばこの毒物が卵巣に蓄積すると、若年者では不妊になるのではないか?まぁ疑問はこの辺にしておきます。ヤバすぎる話だと思いますので」
------------------------------------

292:suyap :

2021/06/03 (Thu) 00:19:54

host:185.54.228.105

モデルナで勤務するエンジニアの内部リーク(他)

ソース&訳:
https://note.com/nakamuraclinic/n/ne0eb76f4640a
------------------------------------
「私はモデルナ社で生産技術者として働いています。この新しいワクチンがどのように効果をはっきするのか、多くの人の理解は以下のようなものでしょう。
(1)スパイクタンパクをコードするmRNAを作る。
(2)脂質ナノ粒子を運搬するシステムを作る。
(3)ありがたい効果出現

しかし我々が発見した実際のメカニズムは、以下の通りです。
(1) スパイクタンパクをコードするmRNAを作る。
(2) CYP19A1とCDKN1Bの変異株をコードするmRNAを少量作る。
(3) (1)のmRNAは肝臓に届くように、(2)のmRNAは性腺に届くようにする。
(4)LINE-1逆転写活性をアップレギュレートする添加剤の形と量をアジュバントに紛れ込ませ、意図的に検出困難にする。
(5) (2)と(4)の作用は劣性である。つまり、ワクチン接種者に起こる軽度の発癌作用は何年もの間気付かれないことになる。
(6) (5)の作用は劣性であるが、人口のほとんどがワクチンを接種するため、次世代の女性の子孫は早発性卵巣不全となる。

(6)が問題化するのは、社会はAIやロボットが支配し貧乏人が駆逐される時期と重なるので、動機は探る必要もない」
モデルナ社は、つまり、ビルゲイツは、人口の大半がコロナワクチンを打ち、その次の世代が生まれる頃には、社会はAIやロボットが支配していると考えている。AIやロボットを運用する側のごく一部の超エリートと、大多数の貧乏人と。労働力の大半はAIやロボットが担うから、人間は不要になっている。ワクチン接種者に癌が多発したり女性の早発性卵巣不全が多発することになるが、そのときになって声を上げても、もう遅い。貧乏人の声は、エリート層には届かない。
------------------------------------

まるで放射能の内部被曝と同じ発想だね。「ただちに危険はないw」
291:suyap :

2021/06/03 (Thu) 00:01:15

host:185.54.228.105

>>290 補足

新コロワクチン、とくにmRNAワクチンとサイトカインストームの関係については、ちょこっとウエブサーチしただけでも色々情報が得られますが、中村クリニック、中村篤史先生の↓記事↓には、専門家の怖~い予測だけでなく、うっかり「打っちゃってしまった人」への希望的デトックスも紹介されてます:
https://note.com/nakamuraclinic/n/n458b176b945c

こっちは筋注された新コロワクチンが、どこへ貯まるのかって記事:
https://note.com/nakamuraclinic/n/n2364df97d65d

290:suyap :

2021/06/02 (Wed) 22:41:16

host:185.54.228.105

>>288 mespesadoさん

 >3.11の放射能禍と今回のコロナ禍。

 >この安全論と危険論の流行の違いはどう説明が付くのか?

 >原子力発電は科学の最先端に基づく人工物だから安全で、
 >放射能のことも安全性の中に織り込み済み。
 >対するコロナは自然物だから怖いが、ワクチンは科学に基づいた
 >人工物の救世主だから安全。こんなところなんですかね?

近日のメディアから流れてくる「ニュース」によると、ワクチン接種率60%超のイスラエルが新コロ規制を全面撤廃、ワクチンパスポートも撤廃とか、接種率は40%代だけど、アメリカの多くの州が規制撤廃や緩和、人々の話題もバケーションやパーティが語られるようになっているとか、今頃になって新コロ怖い怖いの、行政の新コロ対策完敗の、ワクチンはよ打ってくれの、こんな状態でオリンピック開催言語道断の、言ってる日本は周回遅れの噴霧器ですw

そこにきて、全世界的に「新コロ撒いたのは中国!」の大合唱が始まった。ファウチが武漢ウイルス研究所への資金援助を認めたし、蜻蛉バイデンまでが新コロの中国との関係ならびに起源究明レポートを3カ月以内に出すと言わざるを得なくなってるし。もしかしたら、新コロの起源がバレそうになって、「諸悪のオオモト」はとりあえず新コロ撤収作戦に入ったのかもしれません。さてババを引かされるのは誰かな?

そして中国が、H10N3型ウイルスの鳥インフルエンザへの人感染を、これまた3カ月遅れのパターンで発表。

ワクチンなるものを身体に仕込めば仕込むほど、近似の異物が侵入(感染)したとき、身体はサイトカインストームを起こしやすくなり重症率致死率は爆上げ。

以上のことを鑑みるに、「諸悪のオオモト」は人工物だからとか、自然物だからとかの理由ではなく、すべて彼らの「利益」に沿った筋書きを描いて事を進めているような噴霧器。ただし近年、その台本がどんどん粗雑化しているのも確か。

2003年、SARS-CoV-1で実験。致死率高すぎて陰謀失敗。

2009年、オバマ政権下でH1N1でプチパンデミック(予行演習+ワクチン儲け)。

以降、SARS-CoV-1をベースに弱毒化、スパイク蛋白質などの改編など「兵器化」の研究をファウチを中心として進める。

2014年、MARSでmRNAワクチンの基礎研究着手。

米国内でファウチのバイオ兵器研究が続行できなくなり、フランスや武漢の研究所に下請け。

2019年、8月PCR発明者不自然死。11月武漢でSARS-CoV-2漏洩。

2020年、遅くとも3月ころまでにトランプ政権は上記の実態を把握。民主党側全面否定。

2021年、3月...だんだん雲行きが怪しくなり...世界中で暴露記事流出...5月、ついにファウチ、米議会で武漢とのタイアップを認める。

それと同期して、イスラエル、米国などで、ワクチン接種を理由にした「患者数の激減」が報道され、市民の表情が明るくなる。言うまでもないことだけど、感染者数、患者数、新コロ死者数は、いくらでも「密かにいじられる」。

2021年、6月1日、中国、H10N3型ウイルスの鳥インフルエンザへの人感染を発表。
   ↑↑
  イマココ

なお、いまインドやブラジル、ベトナム、台湾に続いてついに日本でも周回遅れの新コロパニックが煽られているのは、新コロワクチン接種率を上げるためだと思います。次のパンデミックに備えて、日本人の身体にできるだけワクチンを仕込むために。

289:mespesado :

2021/06/02 (Wed) 12:38:44

host:*.eonet.ne.jp

> 私のような「コロナもワクチンもどちらも怖い」という人


 ↑具体的にどこが怖いのか、という点に触れないと抽象的とも捉えられか

ねないので、例の In Deepさんのエントリーから2つほど最新の記事を貼っ

ておきます↓


大阪大学が「抗体依存性増強の研究」論文を発表。そこから想像できる「ワ
クチン接種拡大と共に死者数が増加する理由」。そして、今のワクチンでは
ADEは避けられないことも
https://indeep.jp/ade-is-inevitable-with-current-corona-vaccines/


コロナが、あるいはそのスパイクタンパク質が「もともと生殖不全を引き起
こす可能性のあるメカニズムを持っている」ことを知る。米CDC報告では、
コロナワクチン副作用報告の80%は女性
https://indeep.jp/corona-originally-has-a-mechanism-that-causes-reproductive-failure/


 いずれもウイルスとワクチンの「同じ部分」が危険の要因になっている、

という話です。どちらもが「同じ理由」で危険なら、コロナにかかっていな

い人がわざわざワクチンを打てば、コロナにかかったのと同じ危険に晒され

る、ということですから、この話「のみ」で判断するなら、件のお医者さん

とは逆に「ワクチンは打たない方がマシ」という結論になりますよね。もち

ろん判断の基準は上記の記事による部分だけではないから、そのような判断

は一方の極論ではありますが、しかし「ワクチンを打つことのメリットがデ

メリットを大きく上回る」という結論はどう逆立ちしても出て来ないような

気がします。
288:mespesado :

2021/06/02 (Wed) 12:14:07

host:*.eonet.ne.jp

 3.11の放射能禍と今回のコロナ禍。

 当初は、「あれ?放射能のときは世論は安全だ~安全だ~という主張に流

されたのに、今回のコロナは一変して危険だ~危険だ~の大合唱。何で逆な

の?」と不思議だったのですが、ワクチンの話が登場してきて、「ワクチン

は安全だ~安全だ~」となって、3.11のときと同じ流れになってきまし

た。もちろん陰謀論的にはすべてDSの思惑だから、って考えもあるのでし

ょうが、そえだと当初のコロナだってDSによる人口削減の手段だったはず

で、それを完遂するならコロナは安全だ~という流れを作ってもよかったは

ずなので、そんな単純なものではないのでしょう。

 この安全論と危険論の流行の違いはどう説明が付くのか?

 よくわからないのですが、「自然の脅威はお手上げ。対して科学に裏打ち

された人工物は救世主」って考えがあるからなのか?

 原子力発電は科学の最先端に基づく人工物だから安全で、放射能のことも

安全性の中に織り込み済み。対するコロナは自然物だから怖いが、ワクチン

は科学に基づいた人工物の救世主だから安全。こんなところなんですかね?
287:mespesado :

2021/06/02 (Wed) 12:03:21

host:*.eonet.ne.jp

 私的な話で恐縮ですが、叔母と義母と義姉(いずれも70歳以上、義母は

90歳以上)がとうとうワクチンを打ってしまいました。

 私も妻もさんざんワクチンの問題点を説明していたのに…。


 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


https://twitter.com/shitamachikko/status/1399862010116857858

手を洗う救急医Taka(木下喬弘)@mph_for_doctors

> 「ワクチンを勧めて副反応が出たら責任を取れるのか?」と言ってくる人
> は、ワクチンを打たずにコロナにかかっても責任を取ってくれませんので、
> 全て無視しましょう。


 ↓ ↓ ↓


手を洗う救急医Taka(木下喬弘)@mph_for_doctors

> 「妊娠中にワクチンを接種して子どもに何かあった責任がとれるの?」
> という人も同じですね。
> 「責任を取れ」という言葉は無責任な脅し。
> 科学的にメリットが圧倒的に上回るなら、それを伝えることが専門家の
> 責任でしょう。


 ↓ ↓ ↓


shitamachikko@shitamachikko

> そういう緊縮財務省脳を丸出しにするから反ワクチンに付け入る隙を与
> えるんだよ。
> 何かあっても政府が保証しますと言える体制を作れよ。お前政府側の人
> 間だろ?
> ワクチンの価値を毀損させてるのはお前ら緊縮財務省脳達なんだよ。



↑ワクチン推進派同志の争いを見つけましたが、最初の人の文章がまず支離

滅裂。「ワクチンを打たずにコロナにかかっても責任を取ってくれません」

じゃなくて「ワクチンを打たずにコロナにかかっても自業自得です」とかで

ないと全体の意味が通じませんw。まあ、それでも実際のところは、「ワク

チンを勧めて副反応が出たら責任を取れるのか?」と言ってくる人は、仮に

「ワクチンを打たずにコロナにかかっ」たら「どうしてもっと強くワクチン

を勧めなかったんだ!」と怒ってくるのがオチでしょう。

 要は、他人に対して責任責任言う人は、自分の身に降りかかることなのに、

自分で調べて意思決定することを避けて、他人に結論を決めてもらいたい人

だ、ということなんでしょう。そういう意味では


> 「責任を取れ」という言葉は無責任な脅し。


というのはそのとおりだと思います。ですが、このお医者様、逆に


# 「ワクチンを打つなと主張する人は、もしそれでコロナに感染したら責
# 任を取れるのか?」と言ってくる(ワクチン肯定派の)人は、ワクチン
# を打って副反応で死んでも責任を取ってくれません(自業自得)なので、
# 全て無視しましょう。


って主張するんですかね?主張は真逆だけど論理は全く同じなんですが。そ

れから、


> 科学的にメリットが圧倒的に上回るなら、それを伝えることが専門家の
> 責任でしょう。


という部分も微妙におかしい。


# 科学的にメリットとデメリットをそのまま伝え、どちらを重視してどう
# 行動するかは個人の判断に委ねる、というのが専門家の責任でしょう。


というのならわかりますが。「科学的にメリットが圧倒的に上回るなら」と

いうところに、「俺たち専門家が科学的にメリットが圧倒的だと主張するん

だからオマイラはそれに従え!」という権威主義が読み取れてしまうのは穿

ち過ぎなんですかね。

 それから、この医者に反論している3番目のツイートの人は、


> 何かあっても政府が保証しますと言える体制を作れよ。


なんて言っているが、ワクチンの危険性が払拭できていない以上、「何を」

保証できるというのでしょう?副反応で死んでから金銭を保証されたって意

味が無いからこそ「ワクチンを勧めて副反応が出たら責任を取れるのか?」

って言う人がいるんだろうし。

 このお二人のような、ワクチン信仰というか、この種の「人間が科学的に

英知を振り絞って発明・発見したことに対する絶大な信頼感」というのはど

こから来るんでしょうかね?今までにだって、サリドマイドとか予防接種に

よるB型肝炎とかの事例があるにもかかわらず…。

 特に、2番目の人は、反緊縮で貨幣のカラクリには気づいているようなの

に、畑が違うと途端に「信仰」に依存してしまうのが、実に不思議です。

 まあ、世の中の多くの人は、「コロナは怖い。だからワクチンを打って安

心したい」という多数派と、「コロナは大したことは無い。むしろワクチン

の方が怖い」という少数派で大部分を占めていて、私のような「コロナもワ

クチンもどちらも怖い」という人はアマノジャクなんでしょうかね。これ、

AとBという対立する立場があるとき、どちらか一方に肩入れして、「Aの

立場に立つ人はBが不都合だからBを否定し、Bの立場に立つ人はAが不都

合だからAを否定する」というのは人間の心理を考えると、とにかく不安を

解消したいから矛盾しないように整合性を取ろうとする自然な考え方なんだ

ろうけれど、ご都合主義ですよね。素直にAにもBにも不都合な点があるな

ら、それらを素直に認めてそんな中で最善手を追求しようと腹をくくった方

がいいような気がするんですけど、どうなんでしょうね。
286:suyap :

2021/05/29 (Sat) 19:02:47

host:185.54.228.153

>>285

堺のおっさん

  >そういえばトランプが武漢ウイルスに感染したとき軍の病院で治療した。
  >そこで行われた治療は極秘事項だろう。
  >私はアビガンも使われたと思っている。

昨年10月初旬のトランプ・コロナ罹患とその迅速な回復。その治療は多くのメディアによって報道されています。アビガンは使われていません。日本開発のアビガンですが、催奇性があることから慎重だった日本を差し置いて、早々と(新コロ以前から)中国がOEMしていましたが、欧米ではそんなにポピュラーではないようです。以下は昨年10月のトランプ治療レシピ記事の一例です:

Donald Trump's COVID-19 Treatment Plan: What to Know About the President's Medications
https://www.health.com/condition/infectious-diseases/coronavirus/donald-trump-covid-19-treatment-medications

8 drugs Trump has been given for his COVID-19 treatment
https://www.beckershospitalreview.com/pharmacy/8-drugs-trump-has-been-given-for-his-covid-19-treatment.html

Update: Here’s what is known about Trump’s COVID-19 treatment
https://www.sciencemag.org/news/2020/10/heres-what-known-about-president-donald-trump-s-covid-19-treatment

上記の内容を元に放知技の健康スレに、私も投稿しています:
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/17232890/299/
-----------------------------------
トラちゃんの過去記事を洗うと、スタチン(高脂血症防止)、アスピリン(血栓防止)、プロペシア(養毛剤/前立腺肥大防止)を常用しているとありました。

それに加えて今回、レムデシビル、デキサメサゾン(ステロイド)、抗体カクテル(REGN-COV2)、ビタミンD、亜鉛、胸やけ軽減薬(Pepcid)、メラトニン、アスピリン...

やっぱり典型的なアメリカ人やな~(笑)
-----------------------------------

要は新コロは「ただの風邪」なんだから、そんな大げさなことしなくても、ビタミンC、お日様の光(ビタミンD)、それに亜鉛などの微量のミネラル...と静養でバッチリ回復!っつーことっすね。

トランプ自身も初期のころから、ワクチンに加えて、必ず「治療薬」の開発にも触れており、それは今でも変わりません。

285:堺のおっさん:

2021/05/29 (Sat) 09:17:11

host:*.enabler.ne.jp

中国人民解放軍がコロナ治療薬として期待される「アビガン」の特許を取得 
巧妙な手口に日本の関係者は危機感 
https://news.goo.ne.jp/article/dailyshincho/nation/dailyshincho-737499.html

そういえばトランプが武漢ウイルスに感染したとき軍の病院で治療した。

そこで行われた治療は極秘事項だろう。

私はアビガンも使われたと思っている。

そして今度は中共の人民解放軍がアビガンの用途特許を押さえた。

ワクチンの後に続く治療薬を巡る事実上の戦争はすでに始まっている。

裏方であった軍が表に出てくるところまで来ている。
284:vagabundo1431 :

2021/05/28 (Fri) 14:31:14

host:*.au-net.ne.jp
>>283
堺のおっさん殿

消えたと言うより消されたんでしょう。
邪魔者は排除・・・。
283:堺のおっさん:

2021/05/27 (Thu) 23:06:41

host:*.enabler.ne.jp

問題はありながらも、緊急的な処方としては有力視されていた…

アビガン。

本当に消えてしまったのか?
282:奥田 正行 :

2021/05/27 (Thu) 19:57:31

host:*.zaq.ne.jp
>>281
続きです

5月26日、朝日新聞は同日の社説において菅首相に対し、オリンピック開催中止決断を
求めながら、反面、公式サイトにおいて同日、東京五輪等オフィシャルパートナー活動の
継続を宣言しました。この公式サイト記載、関連ツイートを紹介します。

また、これらの矛盾について、朝日新聞は、
「1.2016年1月オフィシャルパートナー契約時に『オフィシャルパートナーとしての活動
と言論機関としての報道は一線を画します』と約束した。
2.朝日新聞が五輪に関わる事象を時々刻々、公正な視点で報じていくことに変わりはなく、
社説等の(同社の)言論は是々非々の立場を貫き、今後も紙面・デジタルで多角的視点
からの議論や提言に努める。」と弁明しました。

しかしながら、上記弁明は、報道とスポンサーは別という都合のいいダブルスタンダードで
誠に身勝手の極みであり、かつ、五輪等開催時の逃げ道を確保の卑怯狡猾な言い訳と
考えます。


公式サイト:東京2020オフィシャルパートナーとして
朝日新聞 2021.05.26
https://www.asahi.com/corporate/info/14357747

> 朝日新聞社は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020)の
>オフィシャルパートナーです。オフィシャルパートナーとなったのは、オリンピック
>憲章にうたわれている「スポーツを通じ、若者を教育することにより、平和でより良い
>世界の構築に貢献する」との理念に共感したからです。

> 東京2020の大会ビジョンは「多様性と調和」を掲げています。朝日新聞社はこの
>ビジョンに賛同し、オフィシャルパートナーとして活動してきました。人種や性別、
>障害の有無などの違いを肯定して互いに認め合うことで、障がい者と健常者が分け隔て
>なく暮らす社会の実現や女性の活躍など、ダイバーシティ&インクルージョンにつながる
>取り組みを中心としてきました。

> 新型コロナウイルス感染の拡大により、大会の開催を懸念する声が広がるなど、
>さまざまな議論がなされる状況となっています。感染状況などを注視し、オフィシャル
>パートナーとしての活動を続けてまいります。

> 一方、2016年1月に大会組織委員会とオフィシャルパートナー契約を結んだことを
>お伝えした際、「オフィシャルパートナーとしての活動と言論機関としての報道は一線
>を画します」とお約束しました。朝日新聞が五輪に関わる事象を時々刻々、公正な視点
>で報じていくことに変わりありません。社説などの言論は常に是々非々の立場を貫いて
>います。今後も引き続き紙面や朝日新聞デジタルで、多角的な視点からの議論や提言に
>努めます。


ツイート:上念 司  2021.05.27 13:15
https://twitter.com/smith796000/status/1397768472348614659
@smith796000

>五輪スポンサー降りてしまえという批判に耐えかねて、朝日新聞がこんな
>プレスリリースを出しております。

>報道とスポンサーは別という都合のいいダブスタです。
>朝日は何やってもいい。そんな傲慢さを感じます。

>朝日のなくなる日、平和の日。
>月に3件、新規解約。

>(上記公式サイト記載引用)

tomo
@tom81254920  5時間

>The day when the morning sun disappears, the day of peace.
>3 new cancellations a month.
281:奥田 正行 :

2021/05/26 (Wed) 16:49:52

host:*.zaq.ne.jp
5月26日、朝日新聞はその社説で菅義偉首相に対し、東京五輪・パラリンピック開催中止
を求める主張をしました。その理由は、武漢肺炎感染拡大が止まらない等の事由より
「冷静に、客観的に周囲の状況を見極め、今夏の五輪開催の中止を決断するよう菅首相に
求める」とするものです。同記事社説、関連ツイートを紹介します。

しかし、朝日新聞は、五輪等協賛オフィシャルパートナー(同社は協賛金約60億円支払い)
として五輪を後押ししてきた経緯があり、同パートナーを辞退した上で、五輪等中止を
求めるのが道理であるのに、これに触れないまま、中止要請は無責任と考えます。また、
同社が、今まで五輪等中止提言をしなかったのか、弁明する責任があると思われます。
さらに、五輪等と同時期に、同社主催・夏の甲子園の中止について、同社が言及しないのも
無責任と考えます。


記事:朝日新聞(社説)夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める
朝日  2021.05.26.05時00分
https://www.asahi.com/articles/DA3S14916744.html

>新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、東京都などに出されている緊急事態宣言の
>再延長は避けられない情勢だ。
> この夏にその東京で五輪・パラリンピックを開くことが理にかなうとはとても思えない。
>人々の当然の疑問や懸念に向き合おうとせず、突き進む政府、都、五輪関係者らに対する
>不信と反発は広がるばかりだ。
> 冷静に、客観的に周囲の状況を見極め、今夏の開催の中止を決断するよう菅首相に求める。・・・


ツイート:上念 司 2021.05.26 09:58
https://twitter.com/smith796000/status/1397356543478099972
@smith796000

>朝日新聞社御中

>謹んで質問させていただきます。
>100分以内にご回答ください。

>①そんなこと言うなら五輪スポンサー降りますよね?
>②当然同じロジックで夏の高校野球は中止ですよね?

>回答がない場合、五輪スポンサー降板、夏の甲子園中止を朝日は認めたことになります。>アエラルールです。

>(引用ツイート)
>朝日新聞デジタル
>@asahicom ・ 10時間

>「五輪は延期にしませんか!?」 歩き、問いかける
> https://asahi.com/articles/ASP5P6K72P5MUQIP022.html

>「オリンピックは延期にしませんか!?」。
>東京の下町で、こんなメッセージを「着て」散歩する男性に出会いました。
>東京五輪開催の是非が問われる中、ひとり黙々と始めた意思表示、その思いを聞きました。
280:亀さん:

2021/05/22 (Sat) 09:57:52

host:*.t-com.ne.jp
>>274

自己レスです。

小生は上記投稿で以下のように書きました。

> 歴史の教訓から学ぶことが第一歩

今朝方観た動画でも、 三橋貴明氏が全く同じ事を語っていました。
『南北戦争に隠された謎〜アメリカが人類史上最速で覇権国に成り上がった秘密』
https://www.youtube.com/watch?v=o5iBmWMMAZs

ところで、三橋氏が言うところの「アメリカが人類史上最速で覇権国に成り上がった秘密」ですが、上掲の動画を一通り観ても三橋氏は解答を述べておらず、どうやら有料講座の中で解答が明らかにしているようです。ちなみに、件の有料講座案内を同動画で三橋氏は紹介していました。
https://in.38news.jp/hakn5_2105_vyond

同ページにアクセスして目に留まったのが、「情報」についての三橋氏の考え方です。同氏は「情報」について、以下のように述べています。
__________
(今回の講座を)有料にすることで、情報の受け手にとってもメリットがあります。


学ぶ姿勢が変わるからです。 あなたも経験があると思いますが、無料で読めるニュース記事なんかはさっと読み飛ばすけれど、身銭を切って購入した本は舐め回すように読み込むのではないでしょうか?


学びの本気度が違うので、当然、情報の吸収力も段違いになります。身銭を切ると、何をするにも平凡な日々から、張りのある毎日に変わります。自分でお金を払うことは痛いことですが、しっかりと自分に返ってきます。


結局のところ、限りのある時間の中で、どれだけ密度の濃い時間を過ごせるかどうか。自ら身銭を切って、いろんな情報を吸収しているあなたならおわかりいただけると思います。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
基本的に小生は三橋氏の主張に同意します。確かに、情報を収集する時間が取れない、日々多忙なビジネスマンにとって、プロである三橋氏の情報への投資は良い買い物だと小生も思います。

ただ、小生の場合はパソコンに向かう仕事(翻訳)に従事して22年と、四半世紀近くを過ごしてきたこともあり、翻訳する分野の情報を収集する必要に迫られ、我流ではあるものの、一応の情報収集能力は身につけたつもりです。

また、翻訳を生業にする者として、世間に出しても恥ずかしくない日本語力を身につけるため、個人ブログやHP(ホームページ)を立ち上げたという経緯がありました。

その後、政治・経済といった時事問題や歴史についても、個人ブログやHPで発表するようになり、今日に至っています。そうした積み重ねのお陰で、少しは世間に出しても恥ずかしくない日本語力が、辛うじて身についたかなと思う今日この頃です。

ここで、上掲の三橋氏の情報についての考え方に対して、二件の愚見を述べさせていただきます。

一つは、仕事でも趣味でもよいので、一度は徹底的に情報を収集する経験をすること。これは、情報提供者が提供する情報の「質」を判断することが可能になるので、できれば時間のある若い時に体験しておくべきかと思います。

もう一つは、情報収集で満足することなく、次のステップ、すなわち苦労して収集した情報の分析を試みることです。そして、その時点における己なりの結論を導き出すという、所謂インテリジェンスも体験すべきだと思います。

これからの世の中、お上は信用できぬ、己の判断で生き抜いていかねばならぬ、といった「婆娑羅」の時代に突入することから、自分の頭で考えに考え抜き、並行して放知技といった場で多くの同志と語り合い、その中で軌道修正をしつつ、これからの人生を歩んでいく、切り拓いていく生き様が大切になるのではと思います。

最後に、今回の三橋氏が有料講座で解き明かしているであろう「秘密」、すなわち歴史を紐解くキーワードが、上掲のページに書いてありました(笑)。
__________
現代屈指の経済専門家 三橋貴明独自の視点から世界の歴史を読み解いたのが「覇権国家800年の興亡」です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
小生はブログに「800年周期」と題する記事を書いており、それもあって三橋氏の言うところの「秘密」が、「800年」でピンと来ました。放知技の読者であれば、おそらく小生同様に三橋氏の言う「秘密」、その解答を自力で導き出せるのではないでしょうか。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1756.html

健闘を祈ります。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
279:加計呂麻島より :

2021/05/21 (Fri) 21:54:21

host:*.ocn.ne.jp
堺の先生に
申し訳ないのですが
この掲示板、個人的に
利用させて頂ければと ・ ・
幾十年前
S / R 先生とご縁あり
飯山先生とは違うけどすごい方だ
その当時同じ思いの方々
その御一人は、S / B グループを創業なされた

もし、その方に身近な方おられたら
S / B グループの S 先生へ
S / R 先生の昔話ししたいもの
仙台にいるので、もし機会あれば
昔話し出来れば幸いかなと
S 先生へお伝えして頂ければ幸いかなと




.
278:加計呂麻島より :

2021/05/21 (Fri) 21:14:09

host:*.ocn.ne.jp
数時間後にお縄な
コンビニ強盗さんと
徳川家康さん、実は≒ではないか?
天海僧正さん(明智光秀公)は確かに優秀で
幾百年の治安をレイアウトなされた ・・
しかし、時間切れになれば
泡沫の強盗かなとも言えます

飯山先生は、すごい
なにかの文脈で
道元禅師のお話しになった時
先生は、女子高生ですか?でした
飯山先生のような方が
道元禅師に対しては
お腹を見せて微笑む子犬のようです
それが飯山先生のすごいところ
他の追随を許さじ所かなと

道元禅師は禅僧の系譜の中では異質です
中国禅宗の祖師方は基本
わからずものへは、接近せずです
人の評価なんて辞書にはない
バカなんじゃない、とも言わない

道元禅師はキリストの如く
あーだ・こーだ述べて、説明なされる
飯山先生が道元禅師に対して
生理的根源的に示された敬意
確かに、それは偉人聖人中の偉人
なんだろうな、でした
そしてそれを深く感じておられた先生は
今から思えば道元禅師のような方
同等の方だったんだろうな、です
277:堺のおっさん:

2021/05/21 (Fri) 10:15:54

host:*.enabler.ne.jp

メッさんの言うように、行くところまで行くのは

問題解決にとっては実は最も早い道であった…、

ということは歴史の教えるところ。

問題は破たんするシステムに代わる仕組みがどのような条件であれば

出来上がっていくのかということ。

この解答はいまだ見えてこない。

グローバル経済の発祥は遡ればとても古く、

歴史に覇権国家が誕生して以来と認識しています。

なんやかんやと言いながらその洗練度は行きつくところまで行ってます。

何も生まない金融が最上位に立ち、国家さえも飲み込んでしまう。

ましてや、ローカルな試みも気が付けばグローバル経済の枠に落ち込んでしまう。

たとえば「地産地消」という経済行動も、いくら志が高くとも

全体の経済活動から見れば誤差以下の影響しか持たないのが現状です。

結局「お金」はグローバル経済の市場、仕組みに流れていくのです。

人口削減の動きもこれと連動しています。

何も生み出さない金融では養える人口が限定される。

国家も国家主義への転換をやろうとしてもやりきれない。

ということは、生き延びていくには何らかの自立を自覚していくしかない。

ワクチンから逃げ、国家に依存するのではなく、

したたかに利用していく関係を考えていくしかない。
276:堺のおっさん:

2021/05/20 (Thu) 23:11:27

host:*.enabler.ne.jp

安倍元総理再登場の潮目になりつつあるようだ。
275:mespesado :

2021/05/18 (Tue) 12:13:19

host:*.eonet.ne.jp

 もともと何で自衛隊が担当すんだよ?というところから不思議だった「新

型コロナウイルスワクチン大規模接種センター」

 その予算が、新規に厚労省の予算として建てたものではなく、防衛予算の

中から捻出ということでネット世論があきれ果てていたところへ、今度はそ

の「予約システムに重大欠陥」とのこと↓


https://news.yahoo.co.jp/articles/e3cd31c100652095e1479568e5988303a1cbcf2a


 まあどうぞご勝手に、としか言いようもない程のハチャメチャの屋上屋が

静かにこの世の中で進行しているという…。

 どうか、このまま「行き着くところまで行」って欲しいw

274:亀さん:

2021/05/17 (Mon) 02:14:53

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1621185293.jpg
>>273

>  で・す・が、三橋さんのように新自由主義を食い止めるのが正解か、とい
>
> うと、私はそうは思わない。新自由主義は、行き着くところまで行く方がよ
>
> い。というか、私が望もうと望むまいと、そっちに突き進んでいくと思いま
>
> す。

この行を読んで、飯山さんが仰せだった「外圧」が脳裏に浮かびました。
__________
結局、日本人を変えるには、飯山一郎さんが仰せの〝外圧〟しかなく、外圧無しには決して変わることのない日本人の民族的気質、残念ながら今後も変わることはないだろうと思う。そうであれば、どのような外圧が、どのような形で日本列島を襲うのかという、我が国の未来を予測するには、取り敢えず米大統領選の最終的な結果を見た上で、各自が予測するより他はない。
分水嶺
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1841.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
mespesadoさんが仰せの「新自由主義」を〝外国(とつくに)の外圧〟と読み替えれば、スンナリと読むことが出来ます。

問題は、mespesadoさんの謂う「そっちに突き進んでいくと思います」以後です。

先の大戦で日本を真珠湾攻撃に追い込んだ、〝外国の外圧〟の正体を明らかにしたのはフーバー元米大統領でしたが、そのあたりを稲村公望さんが5年ほど前に公開しています。
『日米戦争を起こしたのは誰か ルーズベルトの罪状・フーバー大統領回顧録を論ず』(勉誠出版)

では、mespesadoさんの謂う「新自由主義は、行き着くところまで行く」、果たして、その後は何が我が国、そして我々の身に起こるのか・・・。このあたりは一人一人が自分の頭で考え、一応の推測を立てた上で、ではどのような対策を講じることがベストなのか、最低でも自身と大切な家族を護っていく、お上に頼ったり、お上を信頼したりすることなく、一人一人の考え(推測)をベースに生き抜いていく・・・、換言すれば婆娑羅的な生き様を貫いていくべきであると、今の自分は思っています。

そのためには歴史の教訓から学ぶことが第一歩だと思うし、稲村さんが共同執筆した上掲の本に目を通したり、あるいは明後日の5月19日までの限定公開ですが、以下の動画を19日に削除される前に、観ておくことをお勧めします。ちなみに、添付した↑カットシーン↑は、以下の動画からです。

【5/19まで限定公開】『知ってはいけない日米戦争の支配者~日本を敗戦に追い込んだ「影の政府」の全貌』
https://www.youtube.com/watch?v=uxvWs6xDnxU



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
273:mespesado :

2021/05/16 (Sun) 10:16:47

host:*.eonet.ne.jp

 はぐらめいさんの5月14日付のエントリー:


星岳雄教授の「ゾンビ企業論」
https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2021-05-14


と、三橋貴明さんの最新のエントリー:


日本史上、最大・最悪の危機(後編)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12674767991.html


は、考察の対称としている人物は異なるものの、どちらも同じ問題点の指摘

だと思います。

 前者は「一昨年スタンフォード大学から東大教授に転身した」と紹介され

ている星岳雄教授、後者は言わずと知れたアトキンソン氏です。

 どちらも「収益性が劣化した中小企業は潰して効率化を図るべし」という、

まさに「最先端」大学や「投資」銀行が理想とする「徹底効率化」社会を目

指しているという点で共通するものがあります。

 で、前者では、

  ①業績が悪く回復見込みが立たないにもかかわらず、

  ②債権者や政府の支援により存続する企業

の二つの条件を満たす企業をゾンビ企業と定義して、この「ゾンビ企業」が

「より、他企業の収益性を低下させ、新規参入を難しく」し、「様々な市場

で混雑現象を引き起こし、健全企業の収益性を低下させるの」から、淘汰し

なくてはいけないのだそうです。この中で、「市場で混雑現象を引き起こ」

す、というのが抽象的でよくわかりませんが、更に読んでいくと、「ゾンビ

企業が存続することで、健全企業、さらには経済全体の収益性が損なわれる」

から良くないのだそうです。

 これ、簡単に言ってしまうと、「新規参入の起業家や既存の成功した企業

人の金儲けの邪魔になる企業は迷惑だから淘汰されろ!」と言っているだけ

のことに過ぎませんよね。まさに「ザ・新自由主義」の極致なんですが、こ

のように言い換えてしまうと、何て無慈悲な!と思うのですが、しかし自分

が企業人の立場に立って考えると、その気持ちはわからないでもない。それ

は、単純に「企業人は強欲だから」という理由でもない。そうではなく、そ

の根底には「昔は右肩上がりで儲かったのに、今はその頃より苦労が増えて

いるのに儲からなくなっている」という被害意識があるのだと思います。だ

からこそ、「儲からなくなった原因は何か」と考えて、「それは不健全なゾ

ンビ企業がのうのうと存続しているせいだ!そうに違いない。だからそんな

不健全な企業は世の中から消えてくれ!」という発想になるのです。

 次に、三橋さんのエントリーでは、銀行法の「改悪」の話で、アトキンソ

ンの出身母体であるゴールドマン・サックスが、13日に日本の金融庁に対

し、「銀行業務の営業免許の申請手続きに入った」ことを取り上げています。

この銀行法の改正というのは、美辞麗句で装飾されてはいるが、要するに、

「技術力に秀でた中小企業に、銀行が出資し、M&Aを推進する」という内

容であり、要は、株主資本主義が蔓延し、短期利益至上主義になって来たた

め、大企業は、中長期の技術投資、研究開発が困難になってきたので「それ

なら独自の技術力を持つ中小企業を買収してしまえ!」という話なのですね。

 つまり、中小企業の技術だけが欲しい。技術を持たない中小企業は要らん、

技術を持った中小企業も中身の技術だけが欲しいので、抜け殻になった中小

企業そのものも要らん!というわけです。これもまた、「ザ・新自由主義」

の極致ですが、なぜこうなったか、という元を正せば「なぜ株主資本主義が

蔓延したか」という問題に帰着します。これは、日本の場合、米国から「輸

入」したものであり、日本はそれまで企業相互間で「株の持ち合い」を行っ

て、株主の短期利益優先を押さえこんでいたのですが、最初に「製造業で日

本との競争で敗れた」米国が、カネを商品とする投資銀行の世界戦略に活路

を見出し、その「外圧」で日本の「株の持ち合い」が解体され、ちょうど日

本の方でも高度成長が終わって収益性が低下して何とか活路を見出したいと

思っていたところだったので、米国の外圧にまんまと乗っかってしまった、

というところだと思うのですね。

 以上のように、はぐらめいさんのエントリーも、三橋貴明さんのエントリ

ーも、「企業の収益性が低下した」ので、それを打開するために資本主義が

暴走している、という点で全く共通の話なのですね。

 で、私も前々から主張しているように、日本で「企業の収益性が低下した」

理由は、ゾンビ企業のせいでも何でもなく、生活必需家電が100%普及し、

企業の売り上げ増が原理的に頭打ちになったからであって、何か悪いことが

起きたから収益性が低下したのではなく、生活必需家電の普及という「善い

こと」が企業収益の悪化という「悪いこと」を齎したわけです。この発想が、

どうしても多くの人には受け入れられないみたいですね。加えて、売上が落

ち込むと、設備投資が不要になって、企業が借金をしないから信用創造によ

る貨幣の創造が減り、しかも国が貨幣を増やさないからデフレになって、消

費者は欲しいものまで買えなくなり、従って企業は更に減収になって給料も

減る、というデフレ・スパイラルになってしまう。真の原因はまさにそっち

なのに、世の中は正しい理由を知らないままに新自由主義の方向へまっしぐ

ら、というのが現状だと思うのです。


 で・す・が、三橋さんのように新自由主義を食い止めるのが正解か、とい

うと、私はそうは思わない。新自由主義は、行き着くところまで行く方がよ

い。というか、私が望もうと望むまいと、そっちに突き進んでいくと思いま

す。そして行き着いた成れの果てで、貨幣経済そのものに根本的な疑念が生

まれ、落ち着くところに一挙に落ち着くんではないかと思います。なぜなら、

今までどおり、危機に陥った中小企業を「保護」したりしても、それは「正

常な状態ではない」という意識が付きまとい、要するに国が保護している、

という状態は、「生活保護を受ける」のと同じで「誰かに借りを作っている」

という意識が抜けず、その結果、世の中に「助ける側」と「助けられる側」

という「階級意識」を作るだけだからです。むしろ、このまま新自由主義が

暴走して、そもそも「保護」のような形で「救済」するという考え方がおか

しく、今だと「救済」や「保護」と見做されている制度が「正常な場合の制

度の一環」とみなされるような仕組みに世の中が相転移するのを待つ方がよ

いのではないか、と今では思っているところです。
272:加計呂麻島より :

2021/05/15 (Sat) 19:57:46

host:*.ocn.ne.jp
たいへん、御無礼ですが
堺の先生にも
勝さんや飯山先生とはまた違うけど
同じ 「 心影流 」 の感じ
あられたなぁ 、でした
271:加計呂麻島より :

2021/05/15 (Sat) 19:14:42

host:*.ocn.ne.jp
飯山先生と
幕末の勝海舟さんは
何か共通する感じがします
勝さんは、
鹿島神傳直心影流の剣客
共通な感じは
この 「 影 」 でしょうか

今を生きる
負けるものか
真剣に自己を全うする
とても分かり易い訓戒です
しかし、古人は 「 影 」 を
到達点となされた
 「 影 」 とは何でしょうか

自己は文学的表現をするなら
大気圏外にあって
その自己の記念碑として
この地に貴重な身体を建てる

大気圏外の自己は
時間の外にあって、生死を知らず
その記念碑の自己が
その時の責務を全うする
表面上に違いはありませんが
二つはまったく別ものと言えます

この 「 心影流 」 の
雰囲気が飯山先生にはあられた
天下一等の方であられた
でしょうか






.
270:加計呂麻島より :

2021/05/14 (Fri) 19:58:01

host:*.ocn.ne.jp
ヒィトラーとか
歴史上の出来事のよう
でも、いいとか言って
幾人の方を今のアウシュビッツへ
合法的に送り込み
それがおかしいとは誰も思わない ・・
n ~ んです
バカなんじゃないとか、チンピラ! 
とか喧嘩うる以前
まさに無明でしょうか 



.
269:亀さん:

2021/05/14 (Fri) 10:07:48

host:*.t-com.ne.jp
>>258

ひとことじーさん、ふたたび新記事をアップしました。
共謀罪と深田萌絵
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1880.html

ところで、ひとことじーさんが取り上げることの多い三橋貴明氏の動画、今朝になってアトキンソンの詐欺師ぶりを完膚無きまで叩いた、同氏の動画数本が削除されてしまいましたね。

幸い、小生は削除された動画全てを観ていたので、何故にアトキンソンを叩いた動画が完璧に削除されたのか、その裏がよぉ~く分かります(嗤)。

ともあれ、三橋氏がイギリス人であるアトキンソンの正体を、完璧に見抜いていたのも、同氏の英国観が本物だからだと小生は思っています。
【三橋貴明】世界の歴史はイギリスから動く
https://38news.jp/europe/07851



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
268:奥田 正行 :

2021/05/12 (Wed) 14:56:57

host:*.zaq.ne.jp
3月30日、大阪地裁における刑事裁判・論告求刑の公判において、大阪地検は関生
(かんなま)即ち連帯ユニオン関西生コン支部委員長の武建一被告人に対し、懲役8年を
求刑、判決は7月頃の予定とのことです。関連記事を紹介します。


記事1.武建一被告に懲役8年が求刑される 大阪地裁で7月にも判決が下るか?
せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』 2021.05.12
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53387488.html

>連帯ユニオン関西生コン支部の委員長である武建一被告に対して、大阪検察庁は
>大阪地方裁判所の法廷で懲役8年を求刑した、判決は7月頃の予定になると報告が
>ありました。・・・


記事2.独占連載「偽装労組」Vol.38 <朝日>が<関生運動>の意見広告掲載
近畿生コン関連協議会(KURS=コース) 2021.03.31
https://www.yui-web.jp/articles/expose-fake-union-v38.html

>・・・

>広告料は<約4千万円>と巨額

><朝日新聞>の広告料金は、全国版・モノクロで3,985万5,000円だ。関生支部は毎年、
>「沖縄意見広告運動」の全国キャラバン隊を組織して寄付を募っている。2020年11月15日
>の広告には、賛同者総数13,012件と記載されている。もちろん、他の掲載紙、
>沖縄タイムスと琉球新報にも多額の広告費は要るが、ここでは省く。2017年に摘発された
>一連の関生事件は、すでに有罪判決が出され、委員長の武被告についても2021年3月30日、
>論告求刑公判が開かれ、検察側は懲役8年を求めた。・・・
267:猿都瑠 :

2021/05/12 (Wed) 01:59:28

host:*.eonet.ne.jp
人民に金を与えるのは単に紙幣をすればいい問題である。

大切なのは、つくられる紙幣に見合うだけの物資を労働者が生産しているかという事である。

仕事が増加せず、そのため生産が同じレベルにとどまっているのなら、余分な金をもらっても、金が少ない時より多く買えるわけではない。

ヒトラーのテーブル・トーク 1941-1944(上)P119より
266:堺のおっさん:

2021/05/10 (Mon) 22:32:17

host:*.enabler.ne.jp

ワクチン、ワクチンと五月蠅い限り。

効くとか効かないとか…

あえて言うならそんなことどうでも良い。

分からないものは近づけないに限る。

シンプルな原理。

今回ワクチンを選択すれば、

ヘタすれば一生、ワクチンを打ち続ける羽目になるだろう。


それよりも、ワクチン警察まで登場しそうだ。

打たないという決意は心に秘めておくのも選択肢だ。

それがリアリズム。


分かっている人は…、逃げなさい。
265:亀さん:

2021/05/05 (Wed) 10:23:50

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1620177831.jpg
高橋洋一氏、一昨日の憲法記念日に「髙橋洋一チャンネル 第155回 ワンワン!財政健全化を言い始める財務省のポチたち」と題する、動画をアップしていたので一通り観てみた。
https://www.youtube.com/watch?v=qSIc5RCQ1xk

相変わらず、古巣の財務省やマスコミに手厳しい批判を行っている高橋氏だが、肝心なことを言っていない。それは、二ヶ月前に西田昌司議員がアップした動画、「財政金融委員会質疑を徹底解説!財政法を生み出したGHQの日本最貧国化計画【西田昌司ビデオレター令和3年3月24日】にもあるように、マスコミが財務省のポチなら、財務省はGHQのポチであるという事実だ。
https://www.youtube.com/watch?v=3jgPXFxC2Rk

まぁ、財務省がGHQのポチなら、大手マスコミはそのポチのポチつうことになる(嗤)

それは兎も角、冒頭の高橋氏の動画で、菅首相が財政出動と財政健全化の両方について、マスコミの前で語った後、大手マスコミは財政出動についての菅首相の発言を故意にカット、財政健全化だけを記事にしていたwww まさに、財務省というGHQポチのポチだけのことはあり、面目躍如つうところ・・・(爆)

まぁ、この調子で朝日新聞をはじめとする大手マスコミが頑張ってくれれば、十年後には連中もこの世から消えていることだろう。その日が今から楽しみである。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
264:mespesado :

2021/05/04 (Tue) 11:32:36

host:*.eonet.ne.jp

>>261

 よく考えたら、こんな露骨な改正でなくても、コロナ禍で、今は緊急事態

宣言でも、「財産権の侵害」の壁があるから、商店の営業自粛を「お願い」

ベースでしかできないが、ここを改正して、緊急時には商店などの営業自粛

を、補償なしで「強制」できる法律を作っても憲法違反にならないように解

釈できるような、「緊急時の強権発動」条項を追加する、という巧妙な手口

も考えられますね。今の「財務省政府」は、国民を守ることより「国家予算

を極力使わない」ことの方を優先しているので、これは十分ありうるシナリ

オです。「財政規律条項」などという抽象的な条項よりよほどタチが悪い。
263:mespesado :

2021/05/04 (Tue) 10:12:37

host:*.eonet.ne.jp

https://twitter.com/antitaxhike/status/1388414521010626561


リフレ女子@antitaxhike

> 連休なので近代史を改めて復習しているが、大平正芳元首相の「政治と
> は、明日枯れる花にも水をやることだ」との言葉が本当に沁みる。至極
> その通りだと思う。今の政治は残念ながら「明日枯れる花は今日にも枯
> らせる」ことを美徳としているように思う。本当の豊かさとは何か?

 ↓ ↓ ↓

GEN KATAKURA@KatakuraGen

> 私が生まれたころの首相ですね~。そんな名言を残しているのですね。
> それに比べ……。

 ↓ ↓ ↓

のぐっちPerfumeSquare中部@nogunogukasi

> 大平さん小渕さん……
> いま思えば偉大な政治家でしたなあ~
> しみじみそうおもう~


↑いわゆる「昔の人は偉かった」論だが…

 本当にそうですかね?

 だって、大平総理って、戦後初めて赤字国債を発行したときに「万死に値

する」って叫んだ人だし↓

https://38news.jp/economy/13325

それから小渕さんって、竹下内閣のとき官房長官として消費税導入に尽力し、

総理のとき少子高齢化対策として引上げが大切だと認識していると国会で答

弁した人ですよ↓

https://www.kantei.go.jp/jp/kinkyukeizai/taisaku-sourikaiken.html


 つまり、大平さんや小渕さんの頃って、高度成長やバブルで企業(前者)

や個人(後者)が借金をしまくって信用創造で貨幣が増えていたからPBゼ

ロでも世の中の羽振りが良かった時代の余韻がまだ残っていただけで、今は

その前提が成立していないから世の中が世知辛いわけで、別に、時の昔の政

治家が偉くて今の政治家が愚かだからではない。今も昔も正しい貨幣の認識

なんか持っていないんだから、そういう意味では同じレベルです。

 温故知新は大切だけど、歴史を学ぶなら正しい見識を持って学ばないと、

かえって「正解」から遠のくような気がします。あたかも、GHQによる洗

脳のもとで第二次世界大戦の歴史を学んでも「軍国主義が誤りだったと反省」

して今必要な最低限の国防すら嫌悪するようになってしまっているのと同じ

ことですね。
262:mespesado :

2021/05/04 (Tue) 09:43:04

host:*.eonet.ne.jp

>>260

> 男女の関係に限らず、そのような人と人との関係にとことんどっぷり浸
> りきってみること、おのずとそこに「詩」が生まれ、それこそが神代以
> 来の日本の「文化」なのではなかったか。
> ところがそこにズカズカ割り込んできたのがゼニカネ感覚


↑近年の少子化の真の原因と言われているのが、デフレによる「一家の大黒

柱」の収入減。財力が無ければ結婚できない、というのがまさに「ズカズカ

割り込んできた」「ゼニカネ感覚」そのものだと思います。

 でも、実は「ゼニカネ」はあくまで表層的なものに過ぎない。もしこの世

から「ゼニカネ」が消滅したら、皆が安心して結婚して子供が増えるのか?

 おそらく今度は「稼ぐ能力」ではなくて「学歴」とか「家柄」とかに拘る

人が代わりに増えていくんじゃないだろうか。つまり「外側にある価値観」

にすがって結婚というものを考えることは変わらず、この「外側にある価値

観」からどれだけ自由になれるかが問われているような気がします。

 しかし、世間の人にとって、「緊縮(家計簿)脳」から脱皮して正しい貨

幣論を理解することのむつかしさと、正しい貨幣論を得てから「外側にある

価値観」から自由になることのむつかしさを比べると、どちらの方が敷居が

高いのでしょうかね?
261:mespesado :

2021/05/04 (Tue) 09:30:26

host:*.eonet.ne.jp

PB黒字化目標は「憲法違反」である
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12672384460.html


↑三橋さんの最新エントリーですが、内容は確かにご尤も。

 でも、今の「誤った貨幣論を信仰している世論」のもとでは、「そのとお

り、PB黒字化は憲法に違反している。だから憲法の方を改正して『財政規

律条項』を追加してPB黒字化を合憲化すべきだ」と言い出す政治家が現れ

て、世論も当然のように同調するという流れになる可能性の方が高いと思う。
260:はぐらめい :

2021/05/04 (Tue) 06:45:48

host:*.omn.ne.jp
>>256 mespesadoさん

>民主主義がダメだから、君主主義の方がよい、という意見を持つ人は、こ
>ういう皇室の方々も誤った貨幣論を信じている状況をどう考えるのだろうか。

「君主主義」から連想したのが、
桐壺帝の第二皇子である光源氏を主人公として繰り広げられる『源氏物語』の世界。
ベーシックインカムが行き渡って「稼ぎとしての暮らし」の心配がなくなった時の世界にも通ずるような気がする。
『源氏物語』の場合は「性愛」と「祈り」ということか。

・・・そんなことをあれこれ思っていたら思い浮かんだのが、
必ずしも理解していたわけではない三島由紀夫の『文化防衛論』。
今回、ウィキペディアにあった要約を読んだらよくわかった。

『チコちゃんに叱られる!』で正解すると漢字の書取り問題が出るが、
それを見るたび国語教育の惨状を思う。
また、『プレバト!!』の俳句短冊でもなかなかいい文字には出会えない。
スラスラ誰でも筆で書けた昔の人はすごかったと思う。
それだけに『文化防衛論』要約冒頭の指摘は、グサリと突き刺さった。
《「華美な風俗」だけが氾濫する戦後の日本文化の衰退や形骸化を「近松も西鶴も芭蕉もゐない昭和元禄」》
《何故そのように「詩の深化」を忘れた文化に陥ったのか》

『源氏物語』を読みつつ思う、和歌による交歓に見る「詩的世界」。
性愛が主題になっているとしても、
その性愛は行き着くところの交合を頂点としたヒエラルキーには必ずしもなってはいないように思える。
「対幻想」的人間関係の総体としての男女の関係、
《ふたりのあいだの思いは無理なく溶け合わせることができる。
細胞レベル、遺伝子レベルで呼び合う恋愛はその極致である。》(https://oshosina.blog.ss-blog.jp/2012-03-21

男女の関係に限らず、そのような人と人との関係にとことんどっぷり浸りきってみること、
おのずとそこに「詩」が生まれ、それこそが神代以来の日本の「文化」なのではなかったか。
ところがそこにズカズカ割り込んできたのがゼニカネ感覚、
そのことで「文化」の多元的な豊饒さは、ひたすら即物的に平板化されて今の世界。
幸か不幸かコロナ禍によってそのことが可視化され、反省されつつあるのではないか。
何がほんとうに大事なのか、みんな足元を見つめ出している、そんな気がする。

夜8時過ぎ公園への散歩を始めて1ヶ月ぐらいになる。
ほとんどだれとも会うこともない。町はひっそりとしずまりかえっている。
「あれもできない、これもできない」と言いながらも、
せわしない今までの暮らしからの解放感に浸りつつ、いい時間を過ごしているのではないだろうか。
そんな気もしてしまう。

『文化防衛論』は、現状日本の「菊と刀」双つながらの喪失を憂えてこう説く。
《日本文化の「全体性と連続性の全的な容認」が大事であり、
現代の日本では「刀」(尚武の要素)が絶たれた結果、
「際限のないエモーショナルなだらしなさ」が氾濫し、
かたや戦時中は『源氏物語』などが発禁、
言論統制されて「菊」(文雅の要素)が絶たれた結果、逆方向に偏ったのである。
よって圧制者の「ヒステリカルな偽善」から、文化のまるごとの容認、包括性を守らなければならない。》

陰極まれば陽生ず、コロナ禍はそのための胎動の時間を与えてくれているのかもしれない。
259:亀さん:

2021/05/03 (Mon) 14:02:31

host:*.t-com.ne.jp
>>258

ひとことじーさん、いつもブログでの貴重な情報提供、誠にありがとうございます。渡邉正次郎さん同様、中共に対する辛辣な記事の数々、加えて、ひとことじーさんの個人的な見解を記事毎に短文で示しておられることもあり、毎日数回はアクセスして拝読させていただいております。
__________
菅政権の言動をみていると、既に日本は「中共の半奴隷国家」に落ちぶれた様に見えますが、

起死回生の道筋が見えるのは「中共」の「新・奴隷制度」に堕ちてからになるのでしょうか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
最初に小生の私見(結論)をズバリ述べるとすれば、「従来の生き方(伝統的な思考・行動様式)には囚われない、まったく新しい生き方を貫ける人たちの時代が、間もなく到来しつつある」と確信しているので、中共による「新・奴隷制度」の時代が到来するとは全く思っておりません。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1875.html

このあたり、ひとことじーさんがブログでも精力的に取り上げておられる、マドモアゼル・愛さんも文明史観に立脚した大転換期が、間もなく到来するだろうと確信を持って述べていることと、通底していると小生は確信しております。
【マドモアゼル・愛 】911の理由ではもうアフガンにはいられなくなった
https://ameblo.jp/yamatokokoro500/entry-12672047092.html

ただ、そうは言っても戦後76年も経つというのに、大多数の日本人が未だにGHQの洗脳から解き放たれておらず、さらにコロナ禍と大不況が加わって、とてもではないが日本の将来が心配で心配で仕方がないと、案じている人たちが大多数なのも確かでしょう。

そこで、本日は憲法記念日ということもあり、憲法に絡めたGHQ洗脳について一刀両断している、以下の動画を紹介します。
参議院憲法審査会開催、憲法制定の歴史こそが議論の本質である!【西田昌司ビデオレター令和3年4月28日】
https://www.youtube.com/watch?v=S9MBQMV8EOA

西田議員の悲痛な叫び声、怒りが今にも聞こえてくるようです。

ともあれ、我々庶民は心を落ち着かせ、長い目で世界の推移を見守っていくしかないでしょうね。尤も、小生の場合は「政治と政治家を糺す会」という運動を始めてしまいましたが・・・(爆) 



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
258:ひとことじーさん :

2021/05/03 (Mon) 08:27:09

host:*.plala.or.jp


>>257 名前: 亀さん

記事拝読いたしました。

その上で小生の感じている事を述べさせていただきます。

自民党・現政権(官僚含む)・野党上層部・経団連など国家のリーダー達には「国民を守る」という意思が欠片も無いと感じております。

最近では、大慌ての「RCEP批准」、大甘の「LINE処分」と「フジテレビ処分」等など・・・。

どう考えても「中韓」への思いやり処置としか見えません。

何よりも「コロナ対策」を見てみると、

肝心の対策に至っては「ワクチン」しか方法が無いという政治家の思考停止発言には呆れるばかり。

「国民の行動を制限する」発言は溢れかえるが、「国民経済の欠損」を補填・補償する発言は皆無に等しい。

首相他政権の発言は、言葉こそ「お願い」であるが、

その実質は「疫病蔓延の責任は国民の行動」によるものと断定し、「国民の行動を抑制」しろと言っている。

すなわち「国民を恫喝」することで「政治の責任」を回避し罪を国民になすりつけている。

アホな野党は「国民」に寄り添う心がもとより存在しないので「政局」を追うばかり・・・、

テレビでは「なんちゃって保守」の「反日壊国・維新の広告塔」が幅を利かせている画には反吐が出そうです。

日本人はバカでは無い、そうした政権や野党の薄汚い心根を見抜いている。

故に、国民感情は「政権不信・政治不信」が極まりつつあるのではないでしょうか。

先日の「国政選挙で自民全敗」となりましたが、

その原因は「自民党支持者が投票に行かなかった」事にあると思います。

すなわち、「自公政権」など応援する気にならないという層が急増していると。

国民の政治家離れ=政権のパワーが落ちて「悪の巣窟・財務省」は欣喜雀躍しているだろうし、

「毒饅頭」を大盤振る舞いしてきた「●●」や「〇〇」に至っては、

「日本切り取り」の絶好の条件が揃ったと舌なめずりしているんじゃないでしょうか。

菅政権の言動をみていると、既に日本は「中共の半奴隷国家」に落ちぶれた様に見えますが、

起死回生の道筋が見えるのは「中共」の「新・奴隷制度」に堕ちてからになるのでしょうか?
257:亀さん:

2021/05/02 (Sun) 09:56:58

host:*.t-com.ne.jp
「中国の魂胆」と題するブログ記事を先ほどアップしました。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1878.html



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
256:mespesado :

2021/04/29 (Thu) 20:49:39

host:*.eonet.ne.jp

眞子さま・小室さんに提案したい、「税金を使わない皇族」という新しい選択肢
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/81978?imp=0


↑タイトルで既に税金を財源だと勘違いしている記事だが、これは著者が勘

違いしているだけでなく、記事を読むと、皇室の方々までが同じ勘違いをし

ていることがわかる。

 民主主義がダメだから、君主主義の方がよい、という意見を持つ人は、こ

ういう皇室の方々も誤った貨幣論を信じている状況をどう考えるのだろうか。
255:mespesado :

2021/04/28 (Wed) 12:30:39

host:*.eonet.ne.jp

>>254 訂正(5行目)

× 現代謝意界

〇 現代社会
254:mespesado :

2021/04/28 (Wed) 12:29:12

host:*.eonet.ne.jp

エリートなのに物知らずで可愛い
……“女子アナ”人気に見る、日本人の歪んだ願望
https://bunshun.jp/articles/-/39126?utm_source=news.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=relatedLink


↑かつて花形職業の代表格だった「女子アナ」の小島慶子さんが、かつての

「天狗」だった自分を冷静に振り返って、現代謝意界の「エリート意識」の

本質を抉るような記事。

 そして最後に行き着いた結論↓


>  女が人柱になるのは一義的には配偶者のためだろうけれども、その配
> 偶者の男性たちもまた、時間と労力と人間性を搾取される、組織のコマ
> でしかない。女も男も幸せになれない世の中で、結局誰が得をするのだ
> ろうか?


 背景に「供給不足」があったからこそ成立し得た「高度成長期」のウキウ

キ感と、性別による「役割分担」の「合理性」の影で、「本当のしんどさ」

が隠れて見えなかったのが、「供給過多」の時代が到達したことによって、

原発事故やコロナ禍が背中の一押しを受けて、世の中が目覚め始めるきっか

けになったのはとても興味深いことだ。同時にいわゆる「男女平等思想」が

歪んだ形で露呈したLGBTをはじめとするポリコレのうさん臭さも同時に

白日の下に晒されてしまっている。なかなか善い傾向ではないか。
253:亀さん:

2021/04/27 (Tue) 13:25:30

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1619497530.jpg
>>250

自己レスです。

> 微力乍ら小生も菅政権の批判を、精力的に続けていきたい

早速、第一弾www 林千勝氏と三橋貴明氏が、「菅政権を影で操る国際金融資本の正体」と題する、興味深い動画をアップしている。
https://www.youtube.com/watch?v=30PhiYWVM70&t=189s

最初に、本投稿に添付した近衛文麿を囲む↑人間関係図↑、これは林氏が作成したもので、西園寺公望、風見章、山本五十六、米内光政、牛場友彦、白洲次郎、尾崎秀実、松本重治といった、歴史に関心のある読者であれば、お馴染みの顔ぶれが雁首を揃えているのが分かるだろう。この図についてだが、拙稿「二・二六事件と現代」で取り上げた二・二六事件の背景、および『告発 コミンテルンの戦争責任 近衛上奏文と皇道派』(山口富永著)を、思い出していただきながら眺めていけば、今まで見えなかったモノも見えてくるはずだ。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1721.html

ところで、動画で特に面白かったのが林氏の牛場友彦評www 竹中平蔵の〝昭和版〟だという評価には笑った。その通りだからだ。

また、後半部で拙稿「世界権力vs.ナショナリズム」と繋がる話、すなわちナショナリズムについて林氏は語っていたが、やはり林氏が作成した、ロスチャイルド年表は注目に値しよう。詳しくは上掲の動画で確認していただきたい。

ところで、2019年5月9日(現地時間)に突然、当時は官房長官だった菅義偉氏が、訪米したことを覚えている読者は多いことだろう。菅氏の訪米目的については様々な憶測が流れていたが、NWOに次期首相のお墨付きをしてもらう、というのが最大の狙いだったと小生は睨んでいたが、今回の動画を観て、小生の推測が当たっていたことを知った。

それから、林氏の解説を聞いて成る程と思ったのは、85年前に近衛文麿も貴族院議長時代の1934年(昭和9年)に訪米、次期首相としてのお墨付きをもらっていたという〝事実〟を知り、そのあたりの林氏の話に思わず唸った次第である。以下はウィキペディア・・・
__________
1934年(昭和9年)5月に横浜を発ってアメリカを訪問し、大統領フランクリン・ルーズベルトおよび国務長官コーデル・ハルと会見した。帰国後記者会見の席上で、「ルーズベルトとハルは、極東についてまったく無知だ」と語っている。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
まさに、歴史は繰り返す・・・


余談ながら、上掲の動画は前半部と後半部とに分かれており、前半部は「共同体」が話の中心であり、小生の共同体観と多くの部分で、林氏の共同体観とが重複しており、嬉しく思った。



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
252:mespesado :

2021/04/27 (Tue) 08:10:04

host:*.eonet.ne.jp

コロナワクチンは発症だけでなく感染も予防する、わかり始めた大きな効果
https://news.yahoo.co.jp/articles/a55201885278c3e0a2806a96710eb413ebd06178?page=1


↑ワクチンの効果に関する記事。

 結構長い文章だが、書かれているのはすべてワクチンの効果に関すること

だけであり、ワクチンの副作用については一切書かれていない。ただ、書い

た人に悪気があるようには思えなかった。単に書いた人にとってはワクチン

の効果だけが関心事なのだろう。

 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

インド由来の変異株について分かっていることは?二重変異ってどういう意味?
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210425-00234435/


↑変異株とか二重変異とはどういうことか、何が危険なのか、について書か

れた記事なのだが、その危険性については、「ワクチンが効きにくい」とか

「再感染のリスクが高い」ということが述べられているだけで、一番肝心な、

感染した場合にどの程度重篤な症状になるのかについては何も書かれていな

い。これもまた、書いている人に悪気があるわけではなく、おそらく「コロ

ナにかかることそれ自体」を問題視しているので、コロナがワクチンで治る

のか、再びかからずに済むのか、というレベルでしか関心が無いからこうい

う記事になるのではないか。


 両記事を通じての感想として、あることがらに対する議論が、新たな事実

の発見とともに深まっていくとき、その都度追加される話題の中で注目され

た話に興味が移っていき、一番最初の「最重要課題」が何であったか、とい

うことが忘れ去られていく、というよくあるパターンに世間の関心やら情報

発信者が乗っかってしまっている、ということなのだろう。
251:猿都瑠 :

2021/04/26 (Mon) 12:31:28

host:*.au-net.ne.jp
靖国神社に斎庭稲穂を現実化させた実物(と呼んでいる)を奉納し、神職のお話を伺ったのが先日。

結論としては憲法改正の話。

神職と自分の考えを和えて述べていく。

神職が言うには、所謂「東京裁判」にて死刑執行された7人の処刑の日は12月23日。

当時皇太子であった現上皇様の15歳の誕生日当日。

もちろん向こう側にも霊的存在があり、こちら側の霊的存在を封じる意味があった。

もちろん憲法9条とセット。

我が日本の國體を破壊する目的があるが、恐らく今では極少数しか知りもしないし気付いてもいない。

ところが現在の陛下が産まれたのは2月23日。

昭和天皇は記憶が大変優れて居たので、あぁ山下奉文陸軍大将の命日(処刑執行日)だなと気付いたはず(推測)。

つまり現在の陛下が産まれた時点で、戦勝国の仕掛けは無に帰したと。

その後戦後75年、憲法の仕掛けを超克している現状を見れば、國魂の方は陛下が産まれ今は天皇の座にある時点で解決していると言える。

常に人類の上に存在する霊的存在の行いが起こった後にタイムラグを経て、三次元世界で現実化する。

今の支配層は程度の幅はあるにせよ、上の次元の霊的存在との繋がりを知っている。

だからこそ集団意識を悪用し、磁場も悪用する。

しかし仕掛けられた集団意識に磁場も3月24日に地球の意思により変わった。

翌日の自分の診察で、担当医が検査をもう1つすると言っていたのに、2日後の看護師が急転直下と言った退院を口にした。

もうこれからは霊的存在が我々一人一人が繋がる時代に突入している。

ざっくり言えば、大地の声が聞こえる、自然の声が聞こえる、地球の意識を感じて意思と波長を合わせる、このような人間しか生き残れないということ。

霊的存在の話を先日のまほろば会でしたのは、安西さんにだけだった。

安西さんも仰っていたけれども、書斎でしている話の流れではあるけれど、この話は人を選ぶ。

岡潔先生も自分が自分ではないような感覚に幾度と囚われると仰っていたけれども、何かはハッキリしないけれども、霊的存在を感じていたと推測する。

放知技メンバーは如何でしょうか。
250:亀さん:

2021/04/26 (Mon) 09:52:38

host:*.t-com.ne.jp
https://bbs6.fc2.com//bbs/img/_409100/409098/full/409098_1619398358.jpg 堺のおっさんが>>245、mespesadoさんが>>247で言及していた、「つなぎの自覚」について小生も一言。

菅氏が首相就任以降、竹中平蔵氏、アトキンソン氏 三浦瑠麗女史ら8名を迎え入れる形で、成長戦略会議を立ち上げ(2020年10月16日)、その後は〝バイデン大統領〟が〝当選〟(2020年11月7日)するに及んで、小生は日本におけるネオコン復活を確信したものです。さらに、二階幹事長といった媚中派という名の獅子身中の虫を、自民党内に抱えていることもあり、菅氏は本音を出さず(本当はやりたい政事が出来ず)、建前を貫く(身動きが取れない状態に置かれる)しかないだろうという予測は立てていました。

菅氏が官房長官時に記者とのやり取りで見せた頭脳明晰な振る舞い、安倍氏の下で7年強にわたって官房長官を務めてきたことを思えば、菅氏本人は「つなぎの自覚」を持っていると思って、まず間違いないでしょう。そのあたりの成果が、昨夜の衆参三選挙で自民党が全敗するという形で見事に出ていたと思います。

その意味で、菅氏には今後も国民感情を逆撫でするような(国民の覚醒を促すような)、言動を続けること期待したいと思うし、>>248でmespesadoさんが仰せの「世の中のブレークスルー」が、本当に実現するよう、微力乍ら小生も菅政権の批判を、精力的に続けていきたいと思います。

ここで誰しもが思うのは、では菅氏は誰に「つなぐ」つもりなのか、ということになりますが、小生はズバリ、安倍晋三前総理の再々登板だと思っています(岸信夫氏の線も考えられるが、未知数)。昨日のブログ「へっぴりごし」でも、以下のような記事を掲載していました。
安倍前首相:動き活発化 「再々登板視野」臆測も
https://ameblo.jp/yamatokokoro500/entry-12670678327.html

同記事中、一昨日(4月22日)において産経新聞が主催したシンポジウム(実は当初、小生は出席するつもりでいましたが、私事で出席を見合わせています)の言及がありましたが、「もう首相じゃないから(憲法改正の)議論しろよと思う」と、枝豆(枝野幸男立憲民主党代表)を嗾けたと受け止められる発言を安倍氏がしたと書いてありました。この憲法改正、亡国の淵に立たされている我が国にとって、最優先課題のテーマだと小生は思います。

小生は最近の拙稿「世界権力vs.ナショナリズム」で、「バイデン政権、米国民主党、ビッグテック、大手メディアといったNWOの鉄砲玉」と書きましたが、その鉄砲玉の一つ、バイデンとの初の日米首脳会談において、最大のテーマだったのは憲法改正であると主張する記事がJPpressに掲載されました。
日米首脳会談によって埋められる憲法改正の外堀
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65060

何故に斯くも憲法改正が、我が国の運命を決定づけるほど重要なのか、そのあたりを考察するにあたって格好の動画が、渡邉哲也氏の以下の動画でしょう。
4/2-229 Vol.1 ・ みんなで頭の体操 もし台湾有事が勃発したら ◎ 二階氏の力の源がついに明かされる‼【渡邉哲也show】
https://www.youtube.com/watch?v=BimcbLTzyHc&list=PLBpcCcLFzLzl9zpOnVqcZx4Q3nHN7nQRi&index=11
4/2-229 Vol.2 ・ 日本の存続危機をこのリスクを誰も語らない ◎ 日中国交正常化・日台断交から連なる系譜と傷【渡邉哲也show】
https://www.youtube.com/watch?v=Ld69HXTAlCY&list=PLBpcCcLFzLzl9zpOnVqcZx4Q3nHN7nQRi&index=10

この動画は、「万一、台湾有事が勃発したら」という想定のもと、シミュレーションを試みたもので、見終えてつくづく小生が思ったことは、一日でも早い憲法改正が我が国の緊急の課題ということでした。

このあたり、拙稿「大英帝国の影」をヒントに、本投稿に↑添付↑したNWOを頂点とする世界権力の構図を眺めれば、お分かりいただけるものと思います。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1868.html



亀さん@人生は冥土までの暇潰し
249:mespesado :

2021/04/26 (Mon) 08:57:13

host:*.eonet.ne.jp

ノートの使い方が全然違う「東大生」凄い思考術
理科三類の学生が語るアウトプットの重要性
https://toyokeizai.net/articles/-/424389


↑いわゆる「賢い人の勉強法」的なお話。

 受験生には参考になるかもしれないけれど、まさにこれって「天才」では

なくて「秀才」の作り方の典型みたいな話ですよね。

 東大法学部卒の高級官僚などによくみられる、「確立されている知識をマ

スターする能力」に秀でた人を作るにはまさにこうすればよい、というのは

とてもよくわかりますし、そもそも優秀なサラリーマンに求められる「情報

処理能力」というのは、まさにこういう能力のことかもしれません。

 でも、この記事の数学(幾何)のノートの話を読んで感じたのは、「解法

のパターンをマスターする」勉強法そのものなんで、それを暗記したって数

学としては何も面白くない。解法を「発見する楽しみ」こそが数学の醍醐味

なんで、「受験数学」に徹したら、数学なんて全然面白くないだろうな、だ

けど多くの受験生にとっては受験を乗り切って大学に合格することが目的だ

からそれでいいんだろうな、とは思いますが、私はイヤですね。自分で解法

をああだこうだ試行錯誤しながら発見することこそが楽しい。まあ、理系オ

タクの人は東大生にも居て、そういう人は受験勉強と称してパズル解きを楽

しみながら実力を付けてるんでしょうけれど、そういう人にはこういう受験

勉強のノウハウものなんて関係ないんでしょうけど、私はそっちの方が好き

ですね。特にこれからの不確実性の時代にはそういうオタクな人こそが求め

られてるんじゃないですかね。
248:mespesado :

2021/04/26 (Mon) 08:46:05

host:*.eonet.ne.jp

「総裁選前の衆院解散考える」 首相発言、時期巡り臆測
https://news.yahoo.co.jp/articles/89ecac703199fff77c918e0468db24ac6f3c549c


↑これに対し、選挙予測分析ではなかなかよい仕事をしている例の池戸万作

氏曰く、


池戸万作@mansaku_ikedo

> 菅義偉自民党総裁の状態で、解散総選挙を行う可能性も出て来たようで
> す。そうなると自民党は議席を減らすとは思いますが、減るのは選挙基
> 盤が弱い「日本の未来を考える勉強会」の議員である可能性が高いです。
> 自民党の積極財政派が落ちて、立憲の緊縮財政派と入れ替わる選挙。


 ↓ ↓ ↓


まる@rainmotion

> うわあ、何て悲観的な予測。でも確かにあり得そうで嫌ですね。


↑確かに反緊縮の頼みの綱に見える安藤裕氏は選挙に弱く、前回もギリギリ

だったはずで、もし総選挙になれば落選するかもしれないし、立憲も、反緊

縮の議員は、居るけれど立場が弱かったり別の面でトンデモ(例えば宮城の

某議員)だったりする。

 なので、上のまるさんじゃないですが、一見すると絶望感ハンパ無いです

が、そもそも安藤さんを見るとわかるように、概して反緊縮の人というのは

「貨幣観等について正しい理解は持ってはいるけれど、政治的実行力が伴わ

ない議員」なので、国会議員としての力はあまり無いので、実はこうした議

員は「政治家としては」居ても居なくてもあまり影響がないとも言えます。

 やはり、堺のおっさんではないですが、菅総理の「自覚」と同じで、リク

ツではない、もっと「肚の底」のところの「何か」によって、世の中のブレ

ークスルーが起きるのではないかと思います。
247:mespesado :

2021/04/25 (Sun) 12:16:19

host:*.eonet.ne.jp

>>245


> 菅総理は、つなぎの役割を果たそうと「自覚」している


 ここでカギ括弧付きの「自覚」が意味深ですね。

 三橋さんが昨日の記事↓


https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12670322719.html
政治的な狂気の後


で、


>  必要なのは協力金ではない。緊急事態宣言により打撃を受ける事業者、
> すなわち全ての日本国内の事業者に対する補償だ。

>  ところが、緊縮財政路線を継続し、PB黒字化目標も破棄しない。今後
> の日本は、ひたすら狂っていくでしょう。

>  狂っていく日本が、最終的にどうなるのか。いや、我々がどうするの
> か。

>  今後も確実に狂気を深めていく祖国において、我々は「情報」を正し
> く知り、「狂気の後」を考えなければなりません。

>  現在の日本で進行中の政治的な狂気こそが、むしろ我々を正気に引き
> 戻す可能性が極めて濃厚なのです。わたくしは、そこに賭けます。


と述べていたのが印象的です。菅さんの「自覚」が本人の意識における「自

覚」を超えて、我々が予期しない、想定外な形で善い結果を齎すような「自

覚」であるような気がしてなりません。
246:mespesado :

2021/04/25 (Sun) 11:57:31

host:*.eonet.ne.jp

給料が安すぎる国・日本
…「賃上げ」が絶対必要なのに「賃金が上がらない」本当の理由
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/82454?page=1


↑脇田成という経済学者